『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=閲覧 和歌山大学大学院システム工学研究科
REF=閲覧 日本機械学会

登録情報の数

有効な情報: 11件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 11件

全ての有効な情報 (11件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 和歌山大学大学院システム工学研究科
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 菊池 邦友, 三輪 昌史, 土谷 茂樹 : イオン導電性高分子ゲルアクチュエータを用いた可変焦点レンズの開発, 日本機械学会関西支部第82期定時総会講演会講演論文集 074-1, 14-21, 2007年3月..[発行所] ...
閲覧 近谷 厚生, 菊池 邦友, 三輪 昌史, 土谷 茂樹 : 高分子アクチュエータを用いたDrug・Delivery・System(DDS)の開発―薬剤放出用マイクロポンプの開発―, 日本機械学会関西支部第82期定時総会講演会講演論文集 074-1, 14-19, 2007年3月..[発行所] ...
閲覧 芳村 広幸, 菊池 邦友, 三輪 昌史, 土谷 茂樹, 越本 泰弘 : IPMCを利用した無線マイクロロボットの開発, 日本機械学会関西支部第82期定時総会講演会講演論文集 074-1, 14-16, 2007年3月..[発行所] ...
閲覧 横田 武志, 近谷 厚生, 菊地 邦友, 三輪 昌史, 土谷 茂樹 : ポリピロールを用いたマイクロベンディングアクチュエータの開発, 日本機械学会平成18年度関西学生会学生員卒業研究発表講演会講演前刷集, 17-12, 2007年3月..[発行所] ...
閲覧 菊池 邦友, 三輪 昌史, 土谷 茂樹 : ドライフィルムレジストを用いたイオン導電性高分子金属接合体のパターン電極接合, 第 8 回 計測自動制御学会 (SICE) システムインテグレーション部門講演会(SI 2007)論文集 07 SY 0012, 1E4-1, 2007年12月..[発行所] ...
閲覧 三輪 昌史, 松島 誠, 白石 一哲, 南 潔 : リモートコントロールサポートシステムによる小型無人ヘリの操縦支援の効果, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008, 1P1-F12, 2008年6月..[発行所] ...
閲覧 三輪 昌史, 中野 直信, 後藤 裕介, 満田 成紀 : MDDを用いた飛行船の制御系設計, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008, 1P1-F11, 2008年6月..[発行所] ...
閲覧 島村 典尚, 菊池 邦友, 三輪 昌史, 土谷 茂樹 : IPMCを用いたマイクロロボットの駆動及び外部磁場によるエネルギ供給に関する研究, ロボティクス・メカトロニクス講演会2008, 2A1-A15, 2008年6月..[発行所] ...
閲覧 水野 孝則, 三輪 昌史, 後藤 裕介, 満田 成紀, 松島 誠, 南 潔 : MDD を用いた制御系設計, ロボティクス・メカトロニクス講演会2009, 1A2-F03(1)-1A2-F03(2), 2009年5月..[発行所] ...
閲覧 島村 典尚, 三輪 昌史, 菊地 邦友, 土谷 茂樹 : IPMC を用いたマイクロロボットの駆動および外部磁場によるエネルギ供給に関する研究, ロボティクス・メカトロニクス講演会2009, 1P1-B03(1)-1P1-B03(2), 2009年5月..[発行所] ...
閲覧 高橋 喜彦, 三輪 昌史, 菊地 邦友, 土谷 茂樹, 越本 泰弘 : マイクロ光造形法を用いたマイクログリッパの開発, ロボティクス・メカトロニクス講演会2009, 2P1-M04(1)-2P1-M04(2), 2009年5月..[発行所] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.42, Max(EID) = 371502, Max(EOID) = 992136.