『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=閲覧 北海道大学
OWN=閲覧 [学科長]/[徳島大学.総合科学部.人間社会学科] (〜2009年3月31日)

登録情報の数

有効な情報: 16件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 16件

全ての有効な情報 (16件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 北海道大学
閲覧 北海道大学 を参照している情報…(3)
閲覧 閲覧 医学部 ([北海道大学]) …(1)
閲覧 閲覧 言語文化部 ([北海道大学]) …(12)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Christopher Lytle Glick : Science Vocabulary Needs Assessment and Introduction, Language and Culture, (巻), No.28, 211-222, 1994. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick, Cindy Brown, Mark Holst, Paul Stapleton and Joseph Tomei : Interview testing for oral proficiency, --- a pilot test for the Hokudai Oral Proficiency Test (HOPT) ---, Language and Culture, (巻), No.30, 219-238, 1996. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick : An Analysis of the Hausa Aspect System Using Ronald Langacker's Article ``Nouns and Verbs., Language and Culture, (巻), No.32, 171-181, 1997. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick : The Motivation Behind Learners Selection of Less Commonly Taught Languages as Second Languages, Language and Culture, (巻), No.31, 51-76, 1997. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick : Motivation in the Selection of Second Foreign Languages., 176th Monthly Study Session, (巻), (号), (頁), Feb. 1997. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick : Student Course Evaluation Surveys, 言語教育研究会報告資料集, Vol.1, (号), 77-82, 1997. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick : The Japan and the West, --- Concepts of Beauty ---, Comparative Cultural Studies open lecture series of the Institute of Language and Culture Studies, (巻), (号), (頁), July 1997. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick : Reasons Behind the Selection of Foreign Languages Other Than English at Hokkaido University, 言語教育研究会報告資料集, Vol.3, (号), 47-55, 1998. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick, Mark Holst. and Joseph Tomei. : Project Work for Select Faculties, Language and Culture, (巻), No.34, 41-53, 1998. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick, Mark Holst and Joseph Tomei : English Communication Skills for Japanese Medical Students, --- A Course Description ---, Journal of Higher Education and Lifelong Learning, (巻), No.4, 40-44, 1998. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick and Holst Mark : English on Call : Communicative Medical English, Hokkaido University, Sapporo, April 1998. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick and Mikiko Hige-Glick : English and the Development of Language Policies in India and Nigeria, Language and Culture, (巻), No.35, 61-80, 1998. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick : One Pedagogue's Manifesto: History, Evolution, and Approaches, Northern Review, (巻), No.26, 45-63, 1998. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick and Mikiko Hige-Glick : The Social Impact of Prevailing Concepts of Beauty, --- Concepts of Beauty ---, Language and Culture Studies Series, Japan and the West: Cultural Observations, (巻), No.20, 32-37, 1998. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick : Student Writings in E3 Speaking Classes, Language and Culture, (巻), No.36, 611-70, 1999. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick : Modified Hokkaido University Oral Proficiency Test Scoring and Overall Class Performance, by Faculty., 言語教育研究会報告資料集, Vol.6, (号), 49-60, 1999. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (0件)

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 1.11, Max(EID) = 372500, Max(EOID) = 996245.