『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=閲覧 北海道大学

登録情報の数

有効な情報: 56件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 58件

全ての有効な情報 (56件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 北海道大学
閲覧 北海道大学 を参照している情報…(18)
閲覧 閲覧 医学部 ([北海道大学]) …(1)
閲覧 閲覧 言語文化部 ([北海道大学]) …(12)
閲覧 閲覧 低温科学研究所 ([北海道大学]) …(5)
閲覧 閲覧 文学部 ([北海道大学]) …(19)
閲覧 閲覧 理学研究科 ([北海道大学]) …(1)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Jiro Hamada : A mathematical model for brightness and contour perception., XXIst International Congress of Psychology., Paris, July 1976. ...
閲覧 濱田 治良 : 辺縁輝度分布の明るさ知覚に及ぼす影響, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.40, 1976年9月. ...
閲覧 Jiro Hamada : A mathematical model for brightness and contour perception., Hokkaido Report of Psychology, HRP-11-76-17., 1-19, 1976. ...
閲覧 今井 四郎, 濱田 治良 : 再生率におよぼす課題中断および課題変化の効果Ⅰ,Ⅱ, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.41, 1977年9月. ...
閲覧 濱田 治良 : 輪郭線効果に見られる同化·対比機構の分離, 北海道心理学会第24回大会, 1977年11月. ...
閲覧 Jiro Hamada : Antagonistic and nonantagonistic processes for the lightness perception., Hokkaido Behavioral Science Report. Series P., No.4, 1-19, 1978. ...
閲覧 濱田 治良 : 輪郭線輝度分布の明るさ知覚に及ぼす影響, 北海道大学文学部人文科学論集, No.14, 1-16, 1978年. ...
閲覧 濱田 治良 : 輪郭線効果に見られる明·暗過程の非同一性, 北海道心理学会第25回大会, 1978年6月. ...
閲覧 濱田 治良 : 明暗情報処理における拮抗·非拮抗過程, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.42, 1978年10月. ...
閲覧 濱田 治良 : Craik-O'Brien効果に見られる対比と同化, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.43, 1979年9月. ...
閲覧 濱田 治良 : 矩形状輝度パタンによる明暗変化誘導, 北海道心理学会第26回大会, 1979年11月. ...
閲覧 濱田 治良 : 増分および減分輝度パターンによる明暗変化, 電子通信学会技術報告, Vol.79, No.236, 19-27, 1980年. ...
閲覧 濱田 治良 : 明暗対比誘導に関する模型構成および心理物理学的研究, 博士論文(北海道大学·文学博士), No.1557, 1-202, 1980年. ...
閲覧 濱田 治良 : Craik-O'Brien効果およびCornsweet効果の誘導機序について, 心理学研究, Vol.51, No.2, 55-62, 1980年. ...
閲覧 Jiro Hamada : Antagonistic and nonantagonistic processes for the lightness perception., XXII International Congress of Psychology., Leipzig, July 1980. ...
閲覧 濱田 治良 : 明暗変化に伴う明るさ水準の低下, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.44, 1980年8月. ...
閲覧 濱田 治良 : 明暗順応下における対比と同化, 北海道心理学会第27回大会, 1980年11月. ...
閲覧 濱田 治良 : 明暗変化に伴う明るさ水準の低下(続), 日本心理学会大会発表論文集, Vol.45, 1981年9月. ...
閲覧 今井 四郎, 伊藤 進, 濱田 治良 : パタン生成過程Ⅰ,Ⅱ, 日本心理学会大会発表論文集, Vol.45, 1981年9月. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick : Science Vocabulary Needs Assessment and Introduction, Language and Culture, (巻), No.28, 211-222, 1994. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick, Cindy Brown, Mark Holst, Paul Stapleton and Joseph Tomei : Interview testing for oral proficiency, --- a pilot test for the Hokudai Oral Proficiency Test (HOPT) ---, Language and Culture, (巻), No.30, 219-238, 1996. ...
閲覧 Atsushi Mori, Minoru Maruyama and Yoshinori Furukawa : Second-Order Expansion of Gibbs-Thomson Equation and Melting Point Depression of Ice Crystallite, Journal of the Physical Society of Japan, Vol.65, No.9, 2742-2744, 1996. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick : An Analysis of the Hausa Aspect System Using Ronald Langacker's Article ``Nouns and Verbs., Language and Culture, (巻), No.32, 171-181, 1997. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick : The Motivation Behind Learners Selection of Less Commonly Taught Languages as Second Languages, Language and Culture, (巻), No.31, 51-76, 1997. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick : Motivation in the Selection of Second Foreign Languages., 176th Monthly Study Session, (巻), (号), (頁), Feb. 1997. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick : Student Course Evaluation Surveys, 言語教育研究会報告資料集, Vol.1, (号), 77-82, 1997. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick : The Japan and the West, --- Concepts of Beauty ---, Comparative Cultural Studies open lecture series of the Institute of Language and Culture Studies, (巻), (号), (頁), July 1997. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick : Reasons Behind the Selection of Foreign Languages Other Than English at Hokkaido University, 言語教育研究会報告資料集, Vol.3, (号), 47-55, 1998. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick, Mark Holst. and Joseph Tomei. : Project Work for Select Faculties, Language and Culture, (巻), No.34, 41-53, 1998. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick, Mark Holst and Joseph Tomei : English Communication Skills for Japanese Medical Students, --- A Course Description ---, Journal of Higher Education and Lifelong Learning, (巻), No.4, 40-44, 1998. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick and Holst Mark : English on Call : Communicative Medical English, Hokkaido University, Sapporo, April 1998. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick and Mikiko Hige-Glick : English and the Development of Language Policies in India and Nigeria, Language and Culture, (巻), No.35, 61-80, 1998. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick : One Pedagogue's Manifesto: History, Evolution, and Approaches, Northern Review, (巻), No.26, 45-63, 1998. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick and Mikiko Hige-Glick : The Social Impact of Prevailing Concepts of Beauty, --- Concepts of Beauty ---, Language and Culture Studies Series, Japan and the West: Cultural Observations, (巻), No.20, 32-37, 1998. ...
閲覧 Tetsuro Ohmori, Kouichi Ito, Tomohiro Abekawa and Tsukasa Koyama : Psychotic relapse and maintenance therapy in paranoid schizophrenia:a 15 year follow up, European Archives of Psychiatry and Clinical Neuroscience, Vol.249, (号), 73-78, 1999. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick : Student Writings in E3 Speaking Classes, Language and Culture, (巻), No.36, 611-70, 1999. ...
閲覧 Christopher Lytle Glick : Modified Hokkaido University Oral Proficiency Test Scoring and Overall Class Performance, by Faculty., 言語教育研究会報告資料集, Vol.6, (号), 49-60, 1999. ...
閲覧 Tetsuro Ohmori, Tomohiro Abekawa and Tsukasa Koyama : Context determines the type of sensitized behaviour:a brief review and a hypothesis on the role of environment in behavioural sensitization., Behavioural Pharmacology, Vol.11, No.3·4, 211-221, 2000. ...
閲覧 野口 昌幸, 小畑 利之 : インスリン情報伝達におけるTCL-1の役割, 実験医学, Vol.18, No.19, 2691-2694, 2000年12月. ...
閲覧 Edigius Vanagas, Ye Jia-yu, Masafumi Miwa, Saulius Juodkazis and Hiroaki Misawa : Three dimensional recording in glass, Proceedings of the Third International WLT-Conference on Lasers in Manufacturing 2005, (巻), (号), (頁), ミュンヘン, (month)2005. ...
閲覧 Saulius Juodkazis, Mizeikis Vygantas, Seet K, Masafumi Miwa and Hiroaki Misawa : Two-photon lithography of nanorods in SU-8 photoresist, Nanotechnology, Vol.16, No.6, 846-849, 2005. ...
閲覧 森 篤史, 墻内 孝祐, 古川 雄一郎, 湯浅 元明, 古川 英光 : 磁場中で調製したゲルの構造異方性, 高分子学会年次大会予稿集, Vol.56, No.1, 874, 2007年5月. ...
閲覧 森 篤史, 墻内 孝祐, 古川 英光 : 磁場中で調製したシリカゲルの構造異方性, 日本物理学会講演概要集, Vol.62, No.2, 379, 2007年9月. ...
閲覧 森 篤史, 墻内 孝祐, 古川 英光 : 磁場中で調製したシリカゲルの構造異方性, 第57回高分子学会年次大会予稿集, Vol.57, No.1, 1002, 2008年5月. ...
閲覧 Atsushi Mori, Takamasa Kaito and Hidemitsu Furukawa : Structural anisotropy of silica hydrogels prepared under magnetic field, Materials Letters, Vol.62, No.19, 3459-3461, 2008. ...
閲覧 森 篤史, 墻内 孝祐, 古川 英光, 山登 正文 : 磁場中で調製した鉛をドープしたシリカゲルの構造異方性, 日本物理学会講演概要集, Vol.62, No.2, 379, 2008年9月. ...
閲覧 鈴木 良尚, 佐崎 元, 柳谷 伸一郎, 田村 勝弘 : グルコースイソメラーゼ結晶の結晶化素過程における活性化体積, NCCG-39予稿集, 130, 2009年11月. ...
閲覧 Yoshio Ohashi, Teruki Motohashi, Yuji Masubuchi, Toshihiro Moriga, Kei-ichiro Murai and Shinichi Kikkawa : Preparation, crystal structure, and superconductive characteristics of new oxynitrides (Nb1-xMx)(N1-yOy) where M=Mg, Si, and x~y, Journal of Solid State Chemistry, Vol.184, No.8, 2061-2065, 2011. ...
閲覧 川上 翔, 森 篤史, 長嶋 剣, 橋本 修一, 原口 雅宣, 澤田 勉 : ゲル固定化コロイド結晶を用いたフォトニックバンド/プラズモニクスハイブリッド効果による強力な電場増強効果を示すナノ構造の作製, 学習院大学計算機センター特別企画「結晶成長の数理」第9回研究会―多成分エピタキシャル成長―, 2014年12月. ...
閲覧 Sho Kawakami, Atsushi Mori, Ken Nagashima, Shuichi Hashimoto, Masanobu Haraguchi and Tsutomu Sawada : Observation of nanostructure for hybrid plasmonic-photonic crystal formed on gel-immobilized colloidal crystal, International Forum on Advanced Technologies IFAT2015 Proceedings, (巻), (号), 140-142, Tokushima, March 2015. ...
閲覧 川上 翔, 森 篤史, 長嶋 剣, 橋本 修一, 原口 雅宣, 澤田 勉 : 金ナノ粒子分散液に浸漬させたゲル固定化コロイド結晶表面の観察, 第45回結晶成長国内会議, 127, 2015年10月. ...
閲覧 川上 翔, 森 篤史, 長嶋 剣, 橋本 修一, 原口 雅宣, 澤田 勉 : ゲル固定化コロイド結晶上に形成したプラズモニック・フォトニック結晶ナノ構造の観察, 第24回ポリマ材料フォーラム, 44, 2015年11月. ...
閲覧 川上 翔, 森 篤史, 長嶋 剣, 橋本 修一, 原口 雅宣 : ゲル固定化コロイド結晶上に形成したプラズモニック・フォトニック結晶の構造観察とチューニング, 化学工学会第81年会, (頁), 2016年3月. ...
閲覧 Sho Kawakami, Atsushi Mori, Ken Nagashima, Shuichi Hashimoto and Masanobu Haraguchi : Nanostrucure for Hybrid Plasmonic-Potonic Crystal Formed on Gel-Immobilized Colloidal Crystal Observer by AFM after Drying, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.89, No.3, 385-393, 2016. ...
閲覧 Sho Kawakami, Atsushi Mori, Ken Nagashima, Shuichi Hashimoto, Masanobu Haraguchi and Toshihiro Okamoto : Nanostructure for Hybrid Plasmonic-Photonic Crystal Formed on Gel-Immobilized Colloidal Crystal Observed by SEM after Solvent Exchange, 18th International Conference on Crystal Growth and Epitaxy, (巻), (号), (頁), Nagoya, Aug. 2016. ...
閲覧 Sho Kawakami, Atsushi Mori, Ken Nagashima, Masanobu Haraguchi and Toshihiro Okamoto : Hybrid plasmonic-photonic crystal formed on gel-immobilized colloidal crystal via solvent substitution, Journal of Crystal Growth, Vol.468, No.1, 740-743, 2017. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.89, Max(EID) = 372532, Max(EOID) = 996366.