『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=閲覧 徳島大学.工学部
PERM=閲覧 池原 敏孝 ([徳島文理大学])

登録情報の数

有効な情報: 46件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 46件

全ての有効な情報 (46件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学
閲覧 閲覧 工学部 ([徳島大学])
閲覧 閲覧 電気電子工学科 ([工学部]) …(46)
閲覧 電気電子工学科 ([工学部]) を参照している情報…(3)
閲覧 閲覧 電気電子システム講座 ([電気電子工学科]) …(43)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 朴 基豪, 木内 陽介, 池原 敏孝, 山口 久雄, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 変動強磁界が及ぼす細胞膜1価イオン輸送への影響, 日本生体磁気学会論文誌, Vol.9, No.2, 55-62, 1997年..[著者] ...
閲覧 Ki Ho Park, Toshitaka Ikehara, Yohsuke Kinouchi, Hisao Yamaguchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of time-varying strong magnetic fields on K+ uptake through Ca2+ Dependent K+ channels, Abstracts of Second World Congress for Electricity and Magnetism in Biology and Medicine, Bologna, Italy, June 8-13, 1997, 243-244, Bologna, June 1997..[著者] ...
閲覧 Ki Ho Park, Yohsuke Kinouchi, Toshitaka Ikehara, Hisao Yamaguchi, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Influences of time-varying 1.6T magnetic fields on K+ uptake in cultured HeLa cells, Medical & Biological Engineering & Computing, Vol.35, No.Suppl. Part 1, 40, Nice, France, Sep. 1997..[著者] ...
閲覧 朴 基豪, 池原 敏孝, 芳地 一, 木内 陽介, 山口 久雄, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 変動強磁界が副腎髄質細胞の細胞内Ca2+に及ぼす影響, 日本生体磁気学会誌, Vol.11, No.1, 160-161, 1998年..[著者] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Ki Ho Park, Hitoshi Houchi, Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, masayuki Shono, Kazuo Minakuchi, Toshiaki Tamaki, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Effects of a Time-varying Strong Magnetic Field on Transient Increase in Cytosolic Free Ca2+ Induced by Bradykinin in Cultured Bovine Adrenal Chromaffin Cells, FEBS Letters, Vol.435, No.2-3, 229-232, 1998..[著者] ...
閲覧 Park Ho Ki, Toshitaka Ikehara, Hitoshi Houchi, Hisao Yamaguchi, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Effects of a Time-Varying Strong Magnetic Fields on Ca2+ Concentration in Cultured Bovine Adrenal Chromaffin Cells, Proceedings of the 20th Annual International Conference of the IEEE-EMBS, Vol.20, (号), 3290-3293, Hong Kong, Oct. 1998..[著者] ...
閲覧 朴 基豪, 池原 敏孝, 山口 久雄, 芳地 一, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司 : 副賢髓質クロマフイン細胞のアセチルコリンによる細胞内カルシウムイオン増加に及ぼす変動強磁界の影響, 日本磁気歯科学会雑誌, Vol.8, No.1, 35-40, 1999年..[著者] ...
閲覧 福井 康弘, 朴 基豪, 木内 陽介, 細川 敬子, 池原 敏孝, 山口 久雄, 吉﨑 和男 : ELF磁界による歯根膜誘導電流の解析 歯槽骨再生の基礎, 日本磁気歯科学会雑誌, Vol.8, No.1, 41-47, 1999年..[著者] ...
閲覧 Ki Ho Park, Toshitaka Ikehara, Yohsuke Kinouchi, Hisao Yamaguchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of Time-Varying Strong Magnetic Field on K+ Uptake through Ca2+-Dependant K+ Channel, Electricity and Magnetism in Biology and Medicine, 585-588, 1999..[著者] ...
閲覧 Keiko Hosokawa, Hisao Yamaguchi, Hideki Kashimoto, Ki Ho Park, Akira Soda, Yohsuke Kinouchi, Toshitaka Ikehara, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Effects of ELF Magnetic Fields on Regulation of Ca2+ Concentration in Cultured Osteoblasts, Proceedings of Annual Meeting of Bioelectromagnetics Society, 194-195, Long Beach, USA, June 1999..[著者] ...
閲覧 Hideki Kashimoto, Ki Ho Park, Toshitaka Ikehara, Hitoshi Houchi, Yohsuke Kinouchi, Hisao Yamaguchi, Akira Soda, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Effect of Switched Strong Magnetic Field on Ca2+ Release from Intracellular Vesicles of Cultured Chromaffin Cells, Proceedings of Annual Meeting of Bioelectromagnetics Society, 106, Long Beach, USA, June 1999..[著者] ...
閲覧 樫本 英樹, 朴 基豪, 細川 敬子, 池原 敏孝, 木内 陽介, 山口 久雄, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 骨芽細胞の細胞内カルシウムイオン濃度に及ぼすELF磁界の効果, 第22回日本エム・イー学会中国四国支部大会抄録集, (巻), (号), 33, 1999年11月..[著者] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Ki Ho Park, Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Kazuo Yoshizaki, Hiroshi Miyamoto, Katsuo Aizawa and Yohsuke Kinouchi : Effects on Rb+(K+) Uptake of HeLa Cells in a High K+ Medium of Exposure to a Switched 1.7 Tesla Magnetic Field, Bioelectromagnetics, Vol.21, No.3, 228-237, 2000..[著者] ...
閲覧 Keiko Hosokawa, Hisao Yamaguchi, Hideki Kashimoto, Ki Ho Park, Akira Soda, Yohsuke Kinouchi, Toshitaka Ikehara, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Effects of ELF Magnetic Fields on Regulation of Signal Transduction with Differentiation of Cultured Osteoblasts, Proceeding of Annual Meeting of Bioelectromagnetics Society, 183, Munich, Germany, June 2000..[著者] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Ki Ho Park, Hideki Kashimoto, Hitoshi Houchi, Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Effects of Time-Varying Magnetic Field on Ca2+ Release from Intracellular Ca2+ store of Adrenal Chromaffin Cells, Proceeding of Annual Meeting of Bioelectromagnetics Society, 167-168, Munich, Germany, June 2000..[著者] ...
閲覧 Ki Ho Park, Ryohei Murato, Toshitaka Ikehara, Hitoshi Houchi, Hisao Yamaguchi, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Effects of Intermittent Magnetic Fields on Transient Increase in Free Cytosolic Ca2+ Induced by Acetylcholine in Cultured Chromaffin Cells, Proceeding of Annual Meeting of Bioelectromagnetics Society, 198-199, St. Paul, USA, June 2001..[著者] ...
閲覧 Keiko Hosokawa, Hisao Yamaguchi, Yoshiko Nakano, Ki Ho Park, Akira Soda, Yohsuke Kinouchi, Toshitaka Ikehara, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Different Effects of ELF Magnetic Fields and Triiodothyronine on Induction of Differentiation in Cultured Osteoblasts, Proceeding of Annual Meeting of Bioelectromagnetics Society, 197-198, St. Paul, USA, June 2001..[著者] ...
閲覧 Ki Ho Park, Toshitaka Ikehara, Hitoshi Houchi, Keiko Hosokawa, Hisao Yamaguchi, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Effects of Time-Varying Strong Magnetic Fields on Cellular Functions, Conference Digest of Asia-Pacific Radio Science Conference, 257, Tokyo, Aug. 2001..[著者] ...
閲覧 Ki Ho Park, Ryohei Murato, Toshitaka Ikehara, Keiko Hosokawa, Hitoshi Houchi, Hisao Yamaguchi, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Effects of Time-Varying Magnetic Fields on Neuronal Cells, Conference Digest of Asia-Pacific Radio Science Conference, 405, Tokyo, Aug. 2001..[著者] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Ki Ho Park, Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Hitoshi Houchi, Mami Azuma, Kazuo Minakuchi, Hideki Kashimoto, Mitsuo Kitamura, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Effects of Time-Varying Strong Magnetic Fields on Rerease of Cytosolic Free Ca2+ from Intracellular Stores in Cultured Bovine Adrenal Chromaffin Cells, Bioelectromagnetics, Vol.23, No.7, 505-515, 2002..[著者] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Ki Ho Park, Keiko Hosokawa, Mitsuo Kitamura, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki, Hisao Yamaguchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of Time-Varying Magnetic Fields on Increase in Intracellular Free Ca2+ in Cultured Cells, Proc. of International Symposium on Bioelectromagnetics, (巻), (号), 134-137, Kyoto, Oct. 2002..[著者] ...
閲覧 山口 久雄, 中野 芳子, 細川 敬子, 池原 敏孝, 北村 光夫, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 培養骨芽細胞の分化誘導に及ぼすELF変動磁界の影響, 日本生体磁気学会誌, Vol.16, No.1, 82-83, 2003年5月..[著者] ...
閲覧 Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Yoshiko Nakano, Ki Ho Park, Toshitaka Ikehara, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Effects of ELF Magnetic Fields on Regulation in Cultured Osteoblast-Like Cells, Proceedings of 25th BEMS Meeting, 288, Maui, Hawaii, June 2003..[著者] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Ki Ho Park, Keiko Hosokawa, Hisao Yamaguchi, Yohsuke Kinouchi, Kazuo Yoshizaki and Hiroshi Miyamoto : Effects of Time-Varying Magnetic Field on Intracellular Energy Metabolism of Adrenal Chromaffin Cells, Proceedings of 25th BEMS Meeting, 292, Maui, Hawaii, June 2003..[著者] ...
閲覧 七條 裕衣, 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 北村 光夫, 庄野 正行, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司, 會沢 勝夫 : ImSpector法による培養骨芽細胞に及ぼすELF変動磁界の影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.179, 49-52, 2004年7月..[著者] ...
閲覧 内上 裕介, 池原 敏孝, 寺本 忠弘, 細川 敬子, 山口 久雄, 芳地 一, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司 : 副腎髄質由来細胞の細胞内Ca2+濃度変化に及ぼす変動強磁界曝露の影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.179, 53-56, 2004年7月..[著者] ...
閲覧 内上 裕介, 門脇 直弘, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 池原 敏孝, 細川 敬子, 寺本 忠弘, 山口 久雄 : 変動強磁界曝露によるミトコンドリアへの影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, (巻), (号), (頁), 2004年9月..[著者] ...
閲覧 七條 裕衣, 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 北村 光夫, 庄野 正行, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司, 會沢 勝夫 : 培養骨芽細胞に及ぼすELF変動磁界の影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, (巻), (号), (頁), 2004年9月..[著者] ...
閲覧 門脇 直弘, 内上 裕介, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 池原 敏孝, 細川 敬子, 寺本 忠弘, 山口 久雄 : 変動強磁界によるHela細胞の影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, (巻), (号), (頁), 2004年9月..[著者] ...
閲覧 七條 裕衣, 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 北村 光夫, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司, 會沢 勝夫 : 培養骨芽細胞のシグナル伝達に及ぼすELF磁界の影響, 日本生体磁気学会誌 特別号 第20回日本生体磁気学会論文集, Vol.18, No.1, 166-167, 2005年..[著者] ...
閲覧 森 美怜, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : 紫外発光LEDの大腸菌への影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.105, No.222, 25-28, 2005年7月..[著者] ...
閲覧 七條 裕衣, 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 吉﨑 和男, 會沢 勝夫, 木内 陽介 : 骨芽細胞の情報伝達機構に及ぼすELF磁界の影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.105, No.222, 29-32, 2005年7月..[著者] ...
閲覧 門脇 直弘, 内上 裕介, 池原 敏孝, 細川 敬子, 山口 久雄, 芳地 一, 吉﨑 和男, 宮本 博司, 木内 陽介 : 培養細胞のカルシウム増加機構に及ぼす変動強磁界の影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.105, No.222, 33-36, 2005年7月..[著者] ...
閲覧 Yusuke Uchigami, Naohiro Kadowaki, Toshitaka Ikehara, Hitoshi Houchi, Hisao Yamaguchi, Kazuo Yoshizaki, Hiroshi Miyamoto and Yohsuke Kinouchi : Effects of Time-Varying Magnetic Fields on Transient increase in Intracellular Ca2+ Concentration of Cultured Cells, Proceedings of the 27th Annual Conference of the IEEE-EMBS, Vol.7, (号), 446-448, Shanghai, Sep. 2005..[著者] ...
閲覧 森 美怜, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : 紫外発光LEDを用いた殺菌作用に関する研究, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, (巻), (号), 225, 2005年9月..[著者] ...
閲覧 七條 裕衣, 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 吉﨑 和男, 會沢 勝夫, 木内 陽介 : 骨芽細胞の情報伝達系に及ぼすELF磁界の影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, (巻), (号), 227, 2005年9月..[著者] ...
閲覧 内上 裕介, 門脇 直弘, 池原 敏孝, 芳地 一, 吉﨑 和男, 宮本 博司, 木内 陽介 : 変動教磁界がクロマフィン細胞の細胞内Ca2+濃度変化に及ぼす影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, (巻), (号), 228, 2005年9月..[著者] ...
閲覧 門脇 直弘, 内上 裕介, 池原 敏孝, 細川 敬子, 山口 久雄, 芳地 一, 吉﨑 和男, 宮本 博司, 木内 陽介 : Hela細胞のカルシウム増加機構への変動教磁界の影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, (巻), (号), 229, 2005年9月..[著者] ...
閲覧 南 有紀, 池原 敏孝, 細川 敬子, 山口 久雄, 石澤 啓介, 庄野 正行, 川添 和義, 水口 和生, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司 : 副賢クロマフィン細胞の細胞容積調節に及ぼす変動磁界の影響, 日本生体磁気学会誌, Vol.19, No.1, 156-157, 2006年..[著者] ...
閲覧 森 美怜, 濱本 晶子, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : 紫外発光LEDの細菌への影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.162, 5-8, 2006年7月..[著者] ...
閲覧 森 美怜, 濱本 晶子, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : 紫外発光LEDを用いた殺菌, 平成18年度(第39回)照明学会全国大会講演論文集, (巻), (号), 245, 2006年8月..[著者] ...
閲覧 森 美怜, 濱本 晶子, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : 紫外発光LEDの病原性菌への影響, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, (巻), (号), 196, 2006年9月..[著者] ...
閲覧 森 美怜, 濱本 晶子, 中野 政之, 芥川 正武, 髙橋 章, 池原 敏孝, 木内 陽介 : 紫外発光LEDによる殺菌, 第21回生体・生理工学シンポジウム論文集, (巻), (号), 547-548, 2006年11月..[著者] ...
閲覧 田中 弘之, 山口 久雄, 小原 繁, アズラン アズヒム, 片井 自生, 神谷 達明, 平尾 友二, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 池原 敏孝, 宇都山 登, 宮本 博司 : 頸動脈血流速度波形解析, 第58回日本生体医工学会中・四国地方会, 2006年11月..[著者] ...
閲覧 池原 敏孝, 川添 和義, 山口 久雄, 木内 陽介, 宮本 博司 : 低浸透圧溶液中のウシ副腎髄質細胞の容積変化に及ぼす磁界の影響, 日本磁気歯科学会雑誌, Vol.16, No.1, 50, 2007年(0月)..[著者] ...
閲覧 池原 敏孝, 川添 和義, 山口 久雄, 木内 陽介, 宮本 博司 : 低浸透圧溶液中のウシ副腎髄質由来細胞の容積調節に及ぼす変動磁界の影響, 日本磁気歯科学会雑誌, Vol.17, No.1, 73-74, 2008年..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.66, Max(EID) = 374153, Max(EOID) = 1001966.