『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=閲覧 徳島大学
REF=閲覧 尾崎 和美 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健支援学]/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科.口腔保健支援学講座])

登録情報の数

有効な情報: 10件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 10件

全ての有効な情報 (10件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学
閲覧 閲覧 歯学部 ([徳島大学]) …(10)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 吉山 昌宏, 菅 俊行, 尾崎 和美, 恵比須 繁之 : 象牙質知覚過敏症の発症機構, --- レジンライナー塗布法による有効例および無効例の微細形態学的検討 ---, 第95回 日本歯科保存学会秋季学会, (巻), (号), (頁), 1991年11月..[著者] ...
閲覧 Kazumi Ozaki, Takashi Matsuo, Hideaki Nakae, Yuichiro NOIRI, Masahiro YOSHIYAMA and Shigeyuki EBISU : A quantitative comparison of selected bacteria in human carious dentine by microscopic counts., Caries Research, Vol.28, No.3, 137-145, 1994..[著者] ...
閲覧 浦山 明久, 吉山 昌宏, 木持 健, 松岡 希実, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : 人工う蝕象牙質へのレジン浸透性, 日本歯科保存学雑誌, Vol.42, No.3, 529-535, 1999年..[著者] ...
閲覧 綿城 香, 石川 利栄子, 蓮井 義則, 上田(山口) 公子, 西野 瑞穗, 尾崎 和美, 松尾 敬志 : エナメル質形成不全症の1症例, 小児歯科学雑誌, Vol.37, No.3, 620-624, 1999年..[著者] ...
閲覧 藤中 恵子, 川﨑 有希子, 吉田 佳子, 松岡 希実, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 : ヒト感染根管における侵入細菌の局在性に関する免疫組織学的研究, 日本歯科保存学雑誌, Vol.43, No.2, 407-416, 2000年..[著者] ...
閲覧 Akiko Kawasaki, Toshiyuki Suge, Kunio ISHIKAWA, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo : Ammonium hexafluorosilicate increased acid resistance of bovine enamel and dentin, Transactions of the fourth international congress on dental materials, Vol.16, (号), 195, Honolulu, Jan. 2002..[著者] ...
閲覧 Yoshitaka Hosokawa, Tadashi Nakanishi, Daisuke Yamaguchi, Kanako Takahashi, Hiromichi Yumoto, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo : Macrophage Inflammatory Protein 3α-CC chemokine receptor 6 interactions play an important role in CD4+ T-cell accumulation in periodontal diseased tissue., Clinical and Experimental Immunology, Vol.128, No.3, 548-554, 2002..[著者] ...
閲覧 Akiko Kawasaki, Toshiyuki Suge, Kunio Ishikawa, Kazumi Ozaki, Takashi Matsuo and Shigeyuki Ebisu : Ammonium hexafluorosilicate increase acid resistance of bovine enamel and dentin, Journal of Dental Research, Vol.82, No.Special Issue B, B-71, Goteborg, June 2003..[著者] ...
閲覧 木村 智子, 尾崎 和美, 鹿山 鎭男, 藤坂 菊美, 三宅 洋一郎 : Streptococcus mutansの病原性におけるスクロース輸送系遺伝子の役割について, 第81回日本細菌学会総会, (巻), (号), (頁), 2008年3月..[著者] ...
閲覧 Natsumi Fujiwara, Keiji Murakami, Kaya Yoshida, Shunsuke Sakurai, Yasusei Kudo, Kazumi Ozaki, Katsuhiko Hirota, Hideki Fujii, Maiko Suzuki, Yoichiro Miyake and Hiromichi Yumoto : Suppresive effects of 2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine (MPC)-polymer on the adherence of Candida species and MRSA to acrylic denture resin., Heliyon, Vol.6, e04211, 2020..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.44, Max(EID) = 372616, Max(EOID) = 996877.