『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=閲覧 徳島大学
REF=閲覧 徳島大学.大学院理工学研究部.理工学部門.社会基盤デザイン系.構造・材料分野 (2016年4月1日〜2017年3月31日)

登録情報の数

有効な情報: 23件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 23件

全ての有効な情報 (23件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学
閲覧 閲覧 工学部 ([徳島大学]) …(1)
閲覧 閲覧 理工学部 ([徳島大学]/2016年4月1日〜) …(22)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 橋本 親典 : 施工性能にもとづくコンクリートの配合設計・施工指針改訂小委員会, --- 土木学会コンクリート委員会特集 ---, セメント新聞, 2016年3月..[組織] ...
閲覧 橋本 親典 : 4.資源の有効利用および環境負荷の低減への貢献 4.4 セメント系固化材にリサイクル材料を大量置換した地盤改良用固化材の開発,4.5 廃石膏ボード微粉末,製紙スラッジ焼却灰,フライアッシュ及び再生骨材微粉末を用いたセメント系固化材の開発,4.6 細骨材の種類がポーラスコンクリートの強度特性や耐久性に与える影響, 各種混和材料のコンクリートへの積極利用による高性能の付与に関する研究委員会報告書, Vol.JCI S-12, 193-206, 高松, 2016年3月..[組織] ...
閲覧 橋本 親典 : 2.フライアッシュを使用したコンクリート 2.2 用途の拡大 2.2.1 ハイボリュームフライアッシュ再生骨材コンクリートの効果性状に関する実験的検討,2.2.2 鉱物質微粉末を細骨材の一部に混合した再生骨材モルタルの強度発現メカニズムに関する一考察, 各種混和材料のコンクリートへの積極利用による高性能の付与に関する研究委員会報告書, Vol.JCI S-12, 115-128, 高松, 2016年3月..[組織] ...
閲覧 橋本 親典 : 3. 銅スラグ細骨材を用いたコンクリート 3.1 高性能の付与 3.1.1 銅スラグ細骨材とフライアッシュを使用した乾燥収縮ひび割れ抑制コンクリートの開発,3.1.2 拘束条件の有無による非鉄スラグ細骨材を用いたコンクリートの収縮特性の評価, 各種混和材料のコンクリートへの積極利用による高性能の付与に関する研究委員会報告書, Vol.JCI S-12, 151-164, 高松, 2016年3月..[組織] ...
閲覧 橋本 親典 : 3. 銅スラグ細骨材を用いたコンクリート 3.2 用途の拡大 3.2.2 非鉄スラグ細骨材を用いたコンクリートの施工性能および強度に関する実験的検討, 各種混和材料のコンクリートへの積極利用による高性能の付与に関する研究委員会報告書, Vol.JCI S-12, 173-178, 高松, 2016年3月..[組織] ...
閲覧 石丸 啓輔, 須貝 成喜, 橋本 親典, 渡邉 健 : FA 混入による低度処理再生骨材コンクリートの施工性能の改善に関する実験的検討, --- jsce7-041-2016 ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, 2016年5月..[組織] ...
閲覧 葛西 博文, 橋本 親典, 渡邉 健, 岡野 真弥, 小田島 勉 : 6号砕石ポーラスコンクリートに使用した細骨材の違いが強度や耐久性に及ぼす影響, --- jsce7-031-2016 ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, 2016年5月..[組織] ...
閲覧 西山 航平, 渡邉 健, 橋本 親典, 中島 和俊 : AE 法を適用した使用骨材の異なるモルタルの乾燥収縮特性の評価, --- jsce7-049-2016 ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, 2016年5月..[組織] ...
閲覧 三宅 純平, 渡邉 健, 山田 悠二, 橋本 親典 : 測定条件や配合条件に対するシリンダーを用いた簡易透気試験の適用性, --- jsce7-048-2016 ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, 2016年5月..[組織] ...
閲覧 福冨 隼人, 渡邉 健, 橋本 親典, 宮崎 一樹 : 超音波を用いたコンクリート内部の鉄筋近傍における欠陥の検出に関する検討, --- jsce7-063-2016 ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, 2016年5月..[組織] ...
閲覧 森 成美, 渡邉 健, 橋本 親典, 石丸 啓輔 : 内部欠陥が弾性波伝搬特性へ及ぼす影響に関する基礎的検討, --- jsce7-051-2016 ---, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集, Vol.22, 2016年5月..[組織] ...
閲覧 山口 晶子, 永野 哲平, 橋本 親典, 後藤 昭彦 : フライアッシュを混合した高強度コンクリートの施工性能および強度性状に関する実験的検討, コンクリート工学年次論文集, Vol.38, No.1, 123-128, 2016年..[組織] ...
閲覧 山田 悠二, 稲葉 諒, 橋本 親典, 渡邉 健 : フェロニッケルスラグ骨材を混合した舗装用スリップフォームコンクリートの施工性能および硬化特性の評価, コンクリート工学年次論文集, Vol.38, No.1, 1659-1664, 2016年..[組織] ...
閲覧 平田 大希, 橋本 親典, 横井 克則, 渡邉 健 : 多量のフライアッシュおよび高炉スグ細骨材の使用による低度処粗骨材コンクリートの耐凍害性向上に関する研究, コンクリート工学年次論文集, Vol.38, No.1, 1785-1790, 2016年..[組織] ...
閲覧 岡 友貴, 橋本 親典, 渡邉 健, 石丸 啓輔 : 低度処理再生骨材およびフライアッシュを使用したコンクリートの施工性能および初期強度発現性状に関する実験的検討, コンクリート工学年次論文集, Vol.38, No.1, 1569-1574, 2016年..[組織] ...
閲覧 福冨 隼人, 渡邉 健, 宮崎 一樹, 橋本 親典 : 超音波法による鉄筋腐食の早期発見に関する実験的検討, コンクリート工学年次論文集, Vol.38, No.1, 2169-2174, 2016年..[組織] ...
閲覧 三宅 純平, 山田 悠二, 渡邉 健, 橋本 親典 : 各種要因がシリンダーを用いた簡易透気試験に及ぼす影響, コンクリート工学年次論文集, Vol.38, No.1, 1995-2000, 2016年..[組織] ...
閲覧 山田 悠二, 岡 友貴, 橋本 親典, 渡邉 健 : 非鉄スラグ細骨材コンクリートの間隙通過性に影響を与える要因に関する一考察, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.71, (号), 641-642, 2016年9月..[組織] ...
閲覧 福冨 隼人, 渡邉 健, 橋本 親典, 宮崎 一樹 : 超音波法による鉄筋腐食の発生状況の定量的評価に向けた基礎的検討, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.71, (号), 951-952, 2016年9月..[組織] ...
閲覧 青江 匡剛, 石丸 啓輔, 橋本 親典, 渡邉 健 : 原コンクリートのAE 剤有無を判定するための液化窒素による簡易試験方法の開発, 土木学会年次学術講演会講演概要集, Vol.71, (号), 321-322, 2016年9月..[組織] ...
閲覧 須田 裕子, 橋本 親典, 渡邉 健, 石丸 啓輔 : ポーラスコンクリートにおける細骨材の種類が力学的特性に与える影響, セメント·コンクリート研究討論会論文報告集(論文), Vol.43, (号), 77-80, 2016年..[組織] ...
閲覧 橋本 親典, 塚越 雅幸 : 2 四国内の銅スラグ細骨材を用いたコンクリートの普及状況に関するアンケート, コンクリートの品質向上を目指した CUS 利用普及のための技術研究委員会報告書(DVD), Vol.JCI S-18, (号), 10-21, 高松, 2020年6月..[組織] ...
閲覧 橋本 親典 : 4.四国内の教育機関等におけるCUSコンクリートの先進的研究 4.5 徳島大学における先進的研究紹介, コンクリートの品質向上を目指した CUS 利用普及のための技術研究委員会報告書(DVD), Vol.JCI S-18, (号), 76-90, 高松, 2020年6月..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.57, Max(EID) = 376450, Max(EOID) = 1008218.