『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=閲覧 徳島大学
REF=閲覧 片桐 豊雅

登録情報の数

有効な情報: 13件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 13件

全ての有効な情報 (13件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学
閲覧 閲覧 口腔科学研究科 ([徳島大学]/2004年4月1日〜) …(1)
閲覧 閲覧 先端酵素学研究所 ([徳島大学]/2016年4月1日〜) …(1)
閲覧 閲覧 大学院医歯薬学研究部 ([徳島大学]/2015年4月1日〜) …(11)
閲覧 閲覧 病院 ([徳島大学]/2003年10月1日〜) …(1)
閲覧 閲覧 薬学研究科 ([徳島大学]/2004年4月1日〜) …(10)
閲覧 閲覧 薬学部 ([徳島大学]/1951年4月1日〜) …(4)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Namhee Kim, Tetsuro Yoshimaru, Yi-An Chen, Taisuke Matsuo, Masato Komatsu, Yasuo Miyoshi, Eiji Tanaka, Mitsunori Sasa, Kenji Mizuguchi and Toyomasa Katagiri : BIG3 Inhibits the Estrogen-Dependent Nuclear Translocation of PHB2 via Multiple Karyopherin-Alpha Proteins in Breast Cancer Cells., PLoS ONE, Vol.10, No.6, 2015..[著者] ...
閲覧 金 南希, 吉丸 哲郎, 片桐 豊雅, 田中 栄二 : 乳がん細胞におけるがん抑制分子PHB2のエストロゲン依存性核内移行機序の解明, 第74回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, (巻), (号), 194, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 圭佑, 吉丸 哲郎, 小松 正人, 重永 章, 片桐 豊雅, 大髙 章 : Development of stapled peptides targeting BIG3-PHB2 interaction in breast cancer cells, 第53回ペプチド討論会, (巻), (号), (頁), 2016年10月..[著者] ...
閲覧 Akira Otaka, Keisuke Aihara, Tetsuro Yoshimaru, Akira Shigenaga and Toyomasa Katagiri : Development of long-lasting stapled peptides targeting BIG3-PHB2 interaction in breast cancer cells, The 6th Pharmaceutical Sciences World Congress 2017, (巻), (号), (頁), Stockholm, May 2017..[著者] ...
閲覧 安養寺 啓太央, 粟飯原 圭祐, 吉丸 哲郎, 重永 章, 片桐 豊雅, 大髙 章 : がん 抑制タンパク質PHB2からの創薬シード発掘, 第50回若手ペプチド夏の勉強会, (巻), (号), (頁), 2018年8月..[著者] ...
閲覧 Keitaroh Anyohji, Keisuke Aihara, Tetsuro Yoshimaru, Akira Shigenaga, Toyomasa Katagiri and Akira Otaka : Development of anti-cancer peptide based on prohibitin 2, 10th International Peptide Symposium, (巻), (号), (頁), Kyoto, Dec. 2018..[著者] ...
閲覧 安養寺 啓太央, 粟飯原 圭佑, 吉丸 哲郎, 重永 章, 片桐 豊雅, 大髙 章 : がん抑制タンパク質PHB2を基盤とした新規創薬シーズの開発, 日本薬学会第139年会, (巻), (号), (頁), 2019年3月..[著者] ...
閲覧 Keitaroh Anyohji, Keisuke Aihara, Tetsuro Yoshimaru, Akira Shigenaga, Toyomasa Katagiri and Akira Otaka : Development of anti-cancer peptide based on prohibitin 2, Peptide Science 2018, (巻), (号), 46, 2019..[著者] ...
閲覧 安養寺 啓太央, 粟飯原 圭佑, 吉丸 哲郎, 重永 章, 片桐 豊雅, 大髙 章 : がん抑制因子PHB2の部分配列を基盤とした乳がん阻害ペプチドの開発, 創薬懇話会2019 in 秋保, (巻), (号), (頁), 2019年6月..[著者] ...
閲覧 光村 豊, 小林 大志朗, 杉木 俊彦, 吉丸 哲郎, 倉岡 瑛祐, 傳田 将也, 藤原 敏道, 片桐 豊雅, 大髙 章 : Cys-Trp 架橋型乳がん抑制ペプチド(ERAP)の合成及び活性評価, 創薬懇話会2021 in 京都, (巻), (号), (頁), 2021年6月..[著者] ...
閲覧 Chiho Shinozaki, Yutaka Kohmura, Tetsuro Yoshimaru, Tsuyoshi Tahara, Masaya Denda, Hidefumi Mukai, Kohta Mohri, Yi Long Chen, Toyomasa Katagiri and Akira Otaka : Study on a lipidated anti-cancer peptide allowing long-lasting duration in mice model, AIMECS 2023, Seoul, June 2023..[著者] ...
閲覧 篠﨑 千穂, 光村 豊, 吉丸 哲郎, 傳田 将也, 片桐 豊雅, 大髙 章 : 脂肪酸修飾型乳がん増殖抑制ペプチドの開発, 第40回メディシナルケミストリーシンポジウム, (巻), (号), (頁), 2023年11月..[著者] ...
閲覧 Daishiroh Kobayashi, Masaya Denda, JUNYA Hayashi, Kohta Hidaka, Yutaka Kohmura, Takaaki Tsunematsu, Kohei Nishino, Harunori Yoshikawa, OHKAWACHI Kento, Kiyomi Nigorikawa, Tetsuro Yoshimaru, Naozumi Ishimaru, Nomura Wataru, Toyomasa Katagiri, Hidetaka Kosako and Akira Otaka : Sulfoxide-mediated Cys-Trp-selective bioconjugation that enables protein labeling and peptide heterodimerization, ChemRxiv, (巻), (号), (頁), 2024..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.32, Max(EID) = 406933, Max(EOID) = 1103067.