『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=閲覧 徳島大学
REF=閲覧 工藤 英治

登録情報の数

有効な情報: 15件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 15件

全ての有効な情報 (15件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学
閲覧 閲覧 医学部 ([徳島大学]) …(14)
閲覧 閲覧 病院 ([徳島大学]/2003年10月1日〜) …(1)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 水澤 典子, 岩花 弘之, 山岡 孝, 工藤 英治, 伊井 節子, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)のcDNAクローニング, 第64回日本生化学会大会(福岡), (巻), (号), (頁), 1992年10月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 水澤 典子, 工藤 英治, 伊井 節子, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)cDNAのPCRを用いた遺伝子クローニング, 第26回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(仙台), (巻), (号), (頁), 1993年2月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 山岡 孝, 水谷 正一, 水澤 典子, 工藤 英治, 伊井 節子, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)酵素蛋白のアミノ酸配列とmRNAの組織別発現, 第26回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(仙台), (巻), (号), (頁), 1993年2月..[著者] ...
閲覧 閔 洪中, 泉 啓介, 工藤 英治, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 板倉 光夫 : LECラットの自然発生およびニトロサミン誘発肝腫瘍におけるp53およびras遺伝子の解析, 第52回日本癌学会総会(仙台), (巻), (号), (頁), 1993年10月..[著者] ...
閲覧 Maki Moritani, Katsuhiko Yoshimoto, J. Miyazaki, F. Tashiro, Setsuko Ii, Eiji Kudo, Hiroyuki Iwahana, Yoshio Hayashi, Toshiaki Sano and Mitsuo Itakura : (Workshop) Local Production of IL-10 in Pancreatic Islet A-Cells in Transgenic NOD Mice Accelerates Autoimmune Insulitis and Diabetes., Combined Meeting of the 8th International Lymphokine Workshop and The 4th International Workshop on Cytokines, (巻), (号), (頁), Osaka, Oct. 1993..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 田代 文, 橋本 力, 宮崎 純一, 伊井 節子, 工藤 英治, 岩花 弘之, 林 良夫, 佐野 壽昭, 板倉 光夫 : 膵ランゲルハンス島(膵ラ島)A細胞からIL-10を分泌するNODトランスジェニックマウス(Tg)における膵ラ島B細胞の自己免疫性破壊の促進, 第23回日本免疫学会総会・学術集会(仙台), (巻), (号), (頁), 1993年11月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 水澤 典子, 工藤 英治, 板倉 光夫 : 多種類の蛍光色素とコンピューター画像を用いたMF-PCR-SSCP解析, 第16回日本分子生物学会年会(千葉), (巻), (号), (頁), 1993年12月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 岡 純, 水澤 典子, 片島 るみ, 村上 大輔, 工藤 英治, 伊井 節子, 吉本 勝彦, Edward W. Holmes, 板倉 光夫 : ヒト・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)蛋白の精製とcDNAクローニング, 第27回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(名古屋), (巻), (号), (頁), 1994年2月..[著者] ...
閲覧 板倉 光夫, 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 田代 文, 橋本 力, 宮崎 純一, 伊井 節子, 工藤 英治, 岩花 弘之, 林 良夫, 佐野 壽昭 : (ワークショップ)「トランスジェニック動物の糖尿病学への貢献」,IL-10を膵ラ氏島A細胞で発現するNODトランスジェニックマウス, 第37回日本糖尿病学会年次学術集会(徳島), (巻), (号), (頁), 1994年5月..[著者] ...
閲覧 森谷 眞紀, 吉本 勝彦, 田代 文, 橋本 力, 宮崎 純一, 伊井 節子, 工藤 英治, 岩花 弘之, 林 良夫, 佐野 壽昭, 板倉 光夫 : (膵ランゲルハンス島(膵ラ島)A細胞にIL-10を発現させたトランスジェニックマウス(Tg)における糖尿病発症の促進, 第37回日本糖尿病学会年次学術集会(徳島), (巻), (号), (頁), 1994年5月..[著者] ...
閲覧 吉本 勝彦, 森谷 眞紀, 田代 文, 橋本 力, 宮崎 純一, 伊井 節子, 工藤 英治, 岩花 弘之, 林 良夫, 佐野 壽昭, 板倉 光夫 : 膵ランゲルハンス島A細胞にIL-10を発現させたトランスジェニックNODマウスにおける糖尿病発症の促進, 第67回日本内分泌学会学術総会(長崎), (巻), (号), (頁), 1994年6月..[著者] ...
閲覧 岩花 弘之, 岡 純, 水澤 典子, 片島 るみ, 村上 大輔, 工藤 英治, 伊井 節子, 山岡 孝, 吉本 勝彦, Edward W. Holmes, 板倉 光夫 : ヒト・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)蛋白の精製とcDNAクローニング, 第67回日本生化学会大会(大阪), (巻), (号), (頁), 1994年9月..[著者] ...
閲覧 Kunio Ii, Eiji Kudo, K. Hizawa, Hiroyuki Iwahana, Katsuhiko Yoshimoto, Setsuko Ii and Mitsuo Itakura : Early Onset Familial Alzheimer's Disease (AD) in the Largest Family with AD in Japan. - Histopathological, Immunohistochemical and Amyloid Precursor Protein (APP) Gene Analysis Studies., The XIIth International Congress of Neuropathology, (巻), (号), (頁), Toronto, Sep. 1994..[著者] ...
閲覧 Hongzhong Min, Eiji Kudo, Akiko Hino, Katsuhiko Yoshimoto, Hiroshi Iwahana, Mitsuo Itakura and Keisuke Izumi : p53 Gene Mutation in N-(4-hydroxybutyl) nitrosamine-induced Urinary Bladder Tumors and N-methyl-N-nitrosourea-induced Colon Tumors of Rats., Cancer Letters, Vol.117, No.1, 81-86, 1997..[著者] ...
閲覧 松崎 健司, 竹内 麻由美, 坂東 良美, 工藤 英治, 宇都宮 徹, 島田 光生 : 細胆管癌の2例:CTおよびMRI所見を中心に, 第24回腹部放射線研究会, (巻), (号), (頁), 2010年6月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 5, LA = 1.59, Max(EID) = 382804, Max(EOID) = 1022457.