『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=閲覧 徳島大学
PERM=閲覧 宮脇 克行 ([徳島大学.バイオイノベーション研究所]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.生物生産システム講座])

登録情報の数

有効な情報: 28件 + 無効な情報: 3件 = 全ての情報: 31件

全ての有効な情報 (28件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学
閲覧 閲覧 工学部 ([徳島大学]) …(28)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Taro Mito, Yoshiko Inoue, S Kimura, Katsuyuki Miyawaki, Nao Niwa, Yohei Sinmyo, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Formation of new organizing regions by cooperation of hedgehog, wingless, and dpp in regeneration of the insect leg; a verification of the boundary model In Morphogenesis and pattern formation in biological systems (Sekimura et al. eds.), Springer, (都市), (month)2003..[著者] ...
閲覧 Katsuyuki Miyawaki, Taro Mito, Isao Sarashina, Hongjie Zhang, Yohei Shinmyo, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Involvement of Wingless/Armadillo signaling in the posterior sequential segmentation in the cricket, Gryllus bimaculatus (Orthoptera), as revealed by RNAi analysis, Mechanisms of Development, Vol.121, No.2, 119-130, 2004..[著者] ...
閲覧 Sumihare Noji, Taro Mito, Y Tanaka, Katsuyuki Miyawaki, (名) Shinmyo and Hideyo Ohuchi : Involvement of Wnt and EGF signaling systems in regeneraion of cricket legs, 8th international Conference Limb Development and Regeneration, (巻), (号), 47, Dundee, UK, July 2004..[著者] ...
閲覧 Yohei Shinmyo, Taro Mito, Takashi Matsushita, Isao Sarashina, Katsuyuki Miyawaki, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : piggyBac-Mediated somatic transformation of the two-spotted cricket, Gryllus bimaculatus (cricket)., Development Growth & Differentiation, Vol.46, No.4, 343-349, 2004..[著者] ...
閲覧 Yoshiko Inoue, Katsuyuki Miyawaki, Taiki Terasawa, Kyoko Matsushima, Yohei Shinmyo, Nao Niwa, Taro Mito, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Expression patterns of dachshund during head development of Gryllus bimaculatus (cricket), Gene Expression Patterns, Vol.4, No.6, 725-731, 2004..[著者] ...
閲覧 Taro Mito, Katsuyuki Miyawaki, Y Shinmyo, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Genome-wide RNAi in the cricket Gryllus bimaculactus as a new model system to study gene functions, 10th Anniversary of Kazusa DNA Research Institute 14th International Workshop, (巻), (号), (頁), Japan, Oct. 2004..[著者] ...
閲覧 Yohei Shinmyo, Taro Mito, Taro Matsushita, Isao Sarashina, Katsuyuki Miyawaki, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : caudal is required for gnathal and thoracic patterning and for posterior elongation in the intermediate-germband cricket Gryllus bimaculatus, Mechanisms of Development, Vol.122, No.2, 231-239, 2005..[著者] ...
閲覧 Isao Sarashina, Taro Mito, Michiko Saito, Hiroyuki Uneme, Katsuyuki Miyawaki, Yohei Shinmyo, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Location of micropyles and early embryonic development of the two-spotted cricket Gryllus bimaculatus (Insecta, Orthoptera), Development Growth & Differentiation, Vol.47, No.2, 99-108, 2005..[著者] ...
閲覧 Taro Mito, Isao Sarashina, Hongjie Zhang, Akihiro Iwahashi, Haruko Okamoto, Katsuyuki Miyawaki, Yohei Shinmyo, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Non-canonical functions of hunchback in segment patterning of the intermediate germ cricket Gryllus bimaculatus, Development, Vol.132, No.9, 2069-2079, 2005..[著者] ...
閲覧 Honghie Zhang, Yohei Shinmyo, Taro Mito, Katsuyuki Miyawaki, Isao Sarashina, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Expression patterns of the homeotic genes Scr, Antp, Ubx, and abd-A during embryogenesis of the cricket Gryllus bimaculatus, Gene Expression Patterns, Vol.5, No.4, 491-502, 2005..[著者] ...
閲覧 Taro Mito, Haruko Okamoto, Wakako Shinahara, Yohei Shinmyo, Katsuyuki Miyawaki, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : Kruppel acts as a gap gene regulating expression of hunchback and even-skipped in the intermediate germ cricket Gryllus bimaculatus., Developmental Biology, Vol.294, No.2, 471-481, 2006..[著者] ...
閲覧 Taro Mito, Chiharu Kobayashi, Isao Sarashina, H Zhang, Wakako Shinahara, Katsuyuki Miyawaki, Yohei Shinmyo, Hideyo Ohuchi and Sumihare Noji : even-skipped has gap-like, pair-rule-like, and segmental functions in the cricket Gryllus bimaculatus, a basal, intermediate germ insect (Orthoptera)., Developmental Biology, Vol.303, No.1, 202-213, 2007..[著者] ...
閲覧 川上 烈生, 宮脇 克行, 玉谷 元, 榎木 一史, 白濱 達夫, 大塩 誠二, 山路 諭, 吉田 雅彦, 前田 鎮廣 : 鮮度保持のためのLED光触媒技術に関する研究, LED総合フォーラム2014-2015 in 徳島, 137-140, 2015年1月..[著者] ...
閲覧 川上 烈生, 宮脇 克行, 玉谷 元, 東 知里, 宇野 久史, 大塩 誠二, 山路 諭, 吉田 雅彦, 大西 和男, 大野 民之助, 松下 俊雄 : LED光触媒に基づく鮮度保持技術のスケールアップ化, LED総合フォーラム2015 in 徳島, 117-120, 2015年12月..[著者] ...
閲覧 原口 雅宣, 木内 陽介, 北田 貴弘, 永瀬 雅夫, 安井 武史, 宮脇 克行, 髙橋 章, 岡久 稔也 : LEDライフイノベーション総合プラットフォーム推進事業におけるテラヘルツLED応用基盤技術に関する取り組み, LED総合フォーラム2016in徳島 論文集, 201-202, 2016年12月..[著者] ...
閲覧 川上 烈生, 宮脇 克行, 白井 昭博, 東 知里, 冨士本 賢吾, 大塩 誠二, 山路 諭, 吉田 雅彦, 大西 和男, 大野 民之助, 松下 俊雄 : LED光触媒ナノ粒子を使った鮮度保持技術の開発, LED総合フォーラム2016 in 徳島, 157-160, 2016年12月..[著者] ...
閲覧 川上 烈生, 宮脇 克行, 白井 昭博, 東 知里, 冨士本 賢吾, 大塩 誠二, 山路 諭, 吉田 雅彦, 大西 和男, 大野 民之助, 松下 俊雄 : LED光触媒ナノ粒子を使った鮮度保持技術の開発, LED総合フォーラム2016 in 徳島, 157-160, 2016年12月..[著者] ...
閲覧 川上 烈生, 宮脇 克行, 白井 昭博, 東 知里, 冨士本 賢吾, 大塩 誠二, 山路 諭, 吉田 雅彦, 大西 和男, 大野 民之助, 松下 俊雄 : LED光触媒ナノ粒子を使った鮮度保持技術の開発, LED総合フォーラム2016 in 徳島, 157-160, 2016年12月..[著者] ...
閲覧 川上 烈生, 宮脇 克行, 白井 昭博, 東 知里, 芳谷 勇樹, 吉岡 誠人, 南 雄也, 山路 諭, 吉田 雅彦, 大西 和男, 大野 民之助 : LED照射下での光触媒ナノ複合材の鮮度保持機能, LED総合フォーラム2018 in 徳島, 125-126, 2018年2月..[著者] ...
閲覧 川上 烈生, 宮脇 克行, 白井 昭博, 東 知里, 芳谷 勇樹, 吉岡 誠人, 南 雄也, 山路 諭, 吉田 雅彦, 大西 和男, 大野 民之助 : LED照射下での光触媒ナノ複合材の鮮度保持機能, LED総合フォーラム2018 in 徳島, 125-126, 2018年2月..[著者] ...
閲覧 川上 烈生, 宮脇 克行, 白井 昭博, 吉田 雅彦, 芳谷 勇樹, 髙見 直樹, 東 知里, 山路 諭 : 可視光LEDによる光触媒ナノ複合材シートの鮮度保持効果, LED総合フォーラム2019 in 徳島, 77-78, 2019年2月..[著者] ...
閲覧 川上 烈生, 髙見 直樹, 芳谷 勇樹, 味元 勇樹, 東 知里, 宮脇 克行, 白井 昭博, 吉田 雅彦, 山路 諭 : 可視光LED照射下でのプラズマ支援アニーリングした光触媒TiO2ナノ粒子の鮮度保持効果, LED総合フォーラム2020 in 徳島, 83-84, 2020年2月..[著者] ...
閲覧 泉 匠人, 川上 烈生, 粟飯原 睦美, 白井 昭博, 宮脇 克行, 向井 孝志 : 植物養液への非平衡大気圧空気プラズマジェット照射効果, 2020年度 応用物理・物理系学会中国四国支部 合同学術講演会, 10, 2020年8月..[著者] ...
閲覧 川上 烈生, 味元 勇樹, 宮脇 克行, 白井 昭博, 吉田 雅彦 : 熱支援プラズマ処理したアナターゼ/ルチル混晶型光触媒TiO2ナノ粒子の光分解と鮮度保持効果, LED総合フォーラム2021 in 徳島, (巻), (号), 145-146, 2021年2月..[著者] ...
閲覧 泉 匠人, 川上 烈生, 粟飯原 睦美, 白井 昭博, 宮脇 克行, 向井 孝志 : 大気圧低温プラズマジェット照射による植物養液殺菌効果, 第68回春季応用物理学会学術講演会, (巻), (号), 07-070, 2021年3月..[著者] ...
閲覧 泉 匠人, 川上 烈生, 粟飯原 睦美, 松村 拓海, 白井 昭博, 宮脇 克行, 向井 孝志 : 物養液への大気圧低温空気プラズマジェット殺菌効果, 2021年度 応用物理・物理系学会中国四国支部 合同学術講演会, (巻), (号), 40, 2021年7月..[著者] ...
閲覧 Izumi Takuto, Aihara Mutsumi, Retsuo Kawakami, Akihiro Shirai, Urakami Tomona, Katsuyuki Miyawaki and Takashi Mukai : Bactericidal Effects of Nonequilibrium Atmospheric-Pressure Plasma Jet on Hydroponic Nutrient Solutions, Proceedings of International Symposium of Dry Process 2021, (巻), (号), 129-130, Tokyo, Nov. 2021..[著者] ...
閲覧 川上 烈生, 植田 迅, 味元 勇樹, 白井 昭博, 宮脇 克行, 吉田 雅彦 : プラズマ支援熱焼結処理したアナターゼTiO2ナノ粒子の光殺菌と鮮度保持効果, LED総合フォーラム2022 in 徳島, (巻), (号), 133-134, 2022年1月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.82, Max(EID) = 383955, Max(EOID) = 1027009.