『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=閲覧 徳島大学
PERM=閲覧 野間 隆文 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.分子医化学])

登録情報の数

有効な情報: 11件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 13件

全ての有効な情報 (11件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学
閲覧 徳島大学 を参照している情報…(4)
閲覧 閲覧 歯学部 ([徳島大学]) …(7)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Kiyoshi Fukui, Takafumi Noma, Kaoru Takeuchi, Nobuyuki Kobayashi, Masakazu Hatanaka and Tasuku Honjo : Origin of Adult T-Cell Leukemia Virus, --- Implication for Its Zoonosis ---, Molecular Biology & Medicine, Vol.1, (号), 447-456, 1983..[著者] ...
閲覧 Junji Yodoi, Keisuke Teshigawara, Toshio Nikaido, Kiyoshi Fukui, Takafumi Noma, Tasuku Honjo, Masahiro Takigawa, Masao Sasaki, Nagahiro Minato, Mitsuru Tsudo, Takashi Uchiyama and Michiyuki Maeda : TCGF (IL-2)-Receptor Inducing Factor(s)., --- I. Regulation of IL 2 Receptor on a Natural Killer-like Cell Line (YT Cells). ---, The Journal of Immunology, Vol.134, No.3, 1623-1630, 1985..[著者] ...
閲覧 野間 隆文 : 細胞障害刺激に対するグリチルリチンの細胞保護機能の解析(1), Progress in Medicine, Vol.22, No.10, 189-194, 2002年..[著者] ...
閲覧 野間 隆文 : アデニル酸キナーゼの構造と機能, 四国歯学会雑誌, Vol.15, No.2, 227-235, 2003年..[著者] ...
閲覧 Takafumi Noma : Control of Inflammation by a Medicinal Herb, The UAE-Japan Joint Workshop Program for Traditional & Herbal Medicine and Recent Topics in Life Science, (巻), (号), (頁), Hiroshima, Feb. 2004..[著者] ...
閲覧 野間 隆文 : 応用プログラムを通して学んだこと, 大学教育ジャーナル, Vol.1, No.1, 65-68, 徳島, 2004年3月..[著者] ...
閲覧 Taro Muto, Keiko Miyoshi, Seiichi Munesue, Hiroshi Nakada, Minoru Okayama, Takashi Matsuo and Takafumi Noma : Differential expression of syndecan isoforms during mouse incisor amelogenesis., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.54, No.3-4, 331-339, 2007..[著者] ...
閲覧 大石 美佳, 松尾 敬志, 野間 隆文 : 高年次学生合宿研修(正課外授業)によるキャリア形成支援教育の効果と可能性についての実践的研究, 大学教育研究ジャーナル, Vol.5, 46-47, 2008年..[著者] ...
閲覧 Koichi Fujisawa, Ryutaro Murakami, Taigo Horiguchi and Takafumi Noma : Adenylate kinase isozyme 2 is essential for growth and development of Drosophila melanogaster., Comparative Biochemistry and Physiology. Part B, Biochemistry & Molecular Biology, Vol.153, No.1, 29-38, 2009..[著者] ...
閲覧 Ivan Arie Wahyudi, Taigo Horiguchi, Keiko Miyoshi, Taro Muto, Trianna Wahyu Utami, Hiroko Hagita and Takafumi Noma : Isolation and Characterization of Mouse Specificity Protein 6 Promoter, The Indonesian Journal of Dental Research, Vol.2010, Volume 1, No.1, 21-34, 2010..[著者] ...
閲覧 市川 哲雄, 野間 隆文, 三好 圭子, 西川 啓介, 水澤 典子, 松山 美和, 吉村 弘, 細木 眞紀 : 連携機能を活用した口腔からQOL向上を目指す研究報告書, 連携機能を活用した口腔からQOL向上を目指す研究報告書, 1-67, (都市), 2012年(0月)..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.30, Max(EID) = 360832, Max(EOID) = 966486.