『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=閲覧 徳島大学
PERM=閲覧 石村 和敬

登録情報の数

有効な情報: 10件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 10件

全ての有効な情報 (10件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学
閲覧 閲覧 医学部 ([徳島大学]) …(2)
閲覧 閲覧 工学部 ([徳島大学]) …(4)
閲覧 閲覧 薬学部 ([徳島大学]/1951年4月1日〜) …(4)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Chie Yuasa, Yumiko Tomita, Masayuki Shono, Kazunori Ishimura and Akira Ichihara : Importance of cell aggregation for expression of liver functions and regeneration demonstrated with primary cultured hepatocytes, Journal of Cellular Physiology, Vol.156, No.3, 522-530, 1993..[著者] ...
閲覧 吉田 一郎, 小出 静代, 樋田 一徳, 石村 和敬, 辻 明彦, 松田 佳子 : 神経特異的bHLH型転写因子Mash-1による前駆体タンパク質活性化酵素PACE4の神経発生過程における制御, 第24回日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2001年12月..[著者] ...
閲覧 小出 静代, 樋田 一徳, 石村 和敬, 辻 明彦, 松田 佳子 : 胎盤特異的bHLH型転写因子MASH-2によるPACE4の胎盤発生過程における制御, 第75回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2002年10月..[著者] ...
閲覧 Akihiko Tsuji, Kensuke Sakurai, Emi Kiyokage, Takahito Yamazaki, Shizuyo Koide, Kazunori Toida, Kazunori Ishimura and Yoshiko Matsuda : Secretory proprotein convertases PACE4 and PC6A are heparin-binding proteins which are localized in the extracellular matrix. Potential role of PACE4 in the activation of proproteins in the extracellular matrix, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics, Vol.1645, No.1, 95-104, 2003..[著者] ...
閲覧 松山 和渡, 市川 竜也, 新田 雄一, 河上 希, 石村 和敬, 生駒 良雄, 福井 裕行 : ヒト胎盤におけるヒスタミンH1受容体の検出(第104回日本薬理学会近畿部会), 日本薬理学雑誌, Vol.123, No.2, 40P, 2003年11月..[著者] ...
閲覧 新田 雄一, 松山 和渡, 市川 竜也, 石村 和敬, 生駒 良雄, 福井 裕行 : ヒト胎盤におけるヒスタミンH1受容体の発現(第42回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会), ファルマシア, Vol.39, No.10, 1017, 2003年11月..[著者] ...
閲覧 松山 和渡, 新田 雄一, 市川 竜也, 石村 和敬, 生駒 良雄, 福井 裕行 : ヒト及びラット胎盤におけるヒスタミンH1受容体の発現, 日本薬学会第124年会要旨集, Vol.4, (号), 62, 2004年3月..[著者] ...
閲覧 Hisashi Ueta, Hideko Nagasawa, Yuriko Oyabu-Manabe, Kazunori Toida, Kazunori Ishimura and Hitoshi Hori : Localization of enolase in synaptic plasma membrane as an alpha gamma heterodimer in rat brain., Neuroscience Research, Vol.48, No.4, 379-386, 2004..[著者] ...
閲覧 Moe Kyaw, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Shoji Kagami, Yuki Izawa, Yoshiko Fujita, Nermin Ali, Yasuhisa Kanematsu, Kazunori Toida, Kazunori Ishimura and Toshiaki Tamaki : Src and Cas are essentially but differentially involved in angiotensin II-stimulated migration of vascular smooth muscle cell via extracellur signal-regulated kinase 1/2 and c-Jun NH2-terminal kinase activation, Molecular Pharmacology, Vol.65, No.4, 832-841, 2004..[著者] ...
閲覧 新田 雄一, 市川 竜也, 松山 和渡, 河上 希, 石村 和敬, 生駒 良雄, 福井 裕行 : 胎盤におけるヒスタミンH1受容体の発現(第105回日本薬理学会近畿部会), 日本薬理学雑誌, Vol.124, No.2, 29P, 2004年6月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.46, Max(EID) = 372616, Max(EOID) = 996877.