『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=閲覧 徳島大学
OWN=閲覧 倉科 昌 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質機能化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質機能化学講座])

登録情報の数

有効な情報: 20件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 21件

全ての有効な情報 (20件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学
閲覧 閲覧 工学部 ([徳島大学]) …(8)
閲覧 閲覧 大学院社会産業理工学研究部 ([徳島大学]/2017年4月1日〜) …(3)
閲覧 閲覧 大学院理工学研究部 ([徳島大学]/2016年4月1日〜) …(5)
閲覧 閲覧 放射線総合センター ([徳島大学]/2000年4月1日〜) …(7)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 三好 弘一, 片山 周平, 倉科 昌, 金崎 英二 : 酸化チタンナノカプセルの調製と光化学特性, 日本化学会第87春季年会, 2007年3月. ...
閲覧 片山 周平, 三谷 恵理子, 三好 弘一, 坂田 孝夫, 森 博太郎, 倉科 昌, 金崎 英二 : 酸化チタンナノカプセルに被包したメチルビオロゲンの光化学, 2007年日本化学会西日本大会, 2007年11月. ...
閲覧 片山 周平, 三好 弘一, 三谷 恵理子, 坂田 孝夫, 森 博太郎, 倉科 昌, 金崎 英二 : 酸化チタンナノカプセルに被包された長寿命メチルビオロゲンラジカルカチオンの生成, 日本化学会第88春季年会, 2008年3月. ...
閲覧 三好 弘一, 片山 周平, 倉科 昌, 金崎 英二 : 酸化チタンナノ構造体に被包したメチルビオロゲンの光化学的挙動, 第27回固体・表面光化学討論会, 2008年11月. ...
閲覧 櫂谷 繁広, 日浦 宏一, 三好 弘一, 片山 周平, 倉科 昌, 金崎 英二 : ルテニウム錯体を内部に高密度に固定し被包した酸化チタンナノ構造体の調製, 第27回固体・表面光化学討論会, 2008年11月. ...
閲覧 AkIhiro Shimamura, Masashi Kurashina and Eiji Kanezaki : Thermal behavior of phosphate intercalated Mg/Al-layered double hydroxides, International Journal of Modern Physics B, Vol.24, No.15n16, 3226-3229, 2010. ...
閲覧 Masashi Kurashina, Akio Eguchi, Eiji Kanezaki, Takuya Shiga and Hiroki Oshio : Synthesis and Properties of Cobalt and Nickel Hydroxide Nanosheets, International Journal of Modern Physics B, Vol.24, No.15n16, 2291-2296, 2010. ...
閲覧 Hirokazu Miyoshi, Kensho Sakamoto, Masashi Kurashina and Eiji Kanezaki : Photo-induced Electron Accumulation of Titanium Dioxide Nanoparticle Modified Electrodes, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2011, Tokushima, July 2011. ...
閲覧 Hirokazu Miyoshi, Kensho Sakamoto, Masashi Kurashina and Eiji Kanezaki : Photoinduced Electron Accumulation of Titanium Dioxide Nanoparticle Modified Electrodes, International Journal of Modern Physics: Conference Series, Vol.6, No.1, 61-66, 2012. ...
閲覧 倉科 昌 : 層状複水酸化物のリン酸イオン吸脱着能の結晶サイズによる制御, 日本海水学会第67年会, 2016年6月. ...
閲覧 倉科 昌 : レーダー 無機層状化合物の剥離ナノシートの複合体と機能, 化学と教育, Vol.64, No.9, 446-447, 2016年9月. ...
閲覧 倉科 昌 : 層状複水酸化物のリン酸イオン吸脱着能の結晶サイズによる制御, 第3回日本海水学会若手会 海水・生活・化学連携シンポジウム, 2016年10月. ...
閲覧 倉科 昌, 吉岡 真希, Ho Hong Quyen, 安澤 幹人 : 環境親和型材料を用いたリン酸イオンの吸脱着と回収, 日本海水学会第68年会, 2017年6月. ...
閲覧 倉科 昌, 吉岡 真希, Ho Hong Quyen, 安澤 幹人 : 環境親和型材料を用いたリン酸イオンの吸脱着と回収, 第4回海水・生活・化学連携シンポジウム, 2017年10月. ...
閲覧 倉科 昌, 約150名以上 共同執筆 : リンの事典, 朝倉書店, 東京, 2017年11月. ...
閲覧 倉科 昌, 鈴鹿 史明, 安澤 幹人 : 酵素または銅ナノ構造を用いたグルコース酸化電極, 日本海水学会第69年会, 2018年6月. ...
閲覧 Masashi Kurashina, Ikeuchi Daiki, Ohara Masaki, Toshio Takayanagi and Mikito Yasuzawa : Syntheses and properties of copper hydroxide nanosheets and controlled deposition, International Journal of Modern Physics B, Vol.32, No.19, 1840047-1-1840047-5, 2018. ...
閲覧 Mikito Yasuzawa, Nakataki Shinsaku, Li Jiang, Masashi Kurashina and Harada Toshihiko : Sensitivity Improvement of a Low-Invasive Type Amperometric Glucose Sensor, Americas International Meeting on Electrochemistry and Solid State Science (AiMES 2018), (巻), (号), (頁), Cancun, Oct. 2018. ...
閲覧 Masashi Kurashina, Suzuka Fumiaki and Mikito Yasuzawa : Electrochemical Oxidation of Glucose Using Copper Hydroxide Nanosheets, Americas International Meeting on Electrochemistry and Solid State Science (AiMES 2018), (巻), (号), (頁), Cancun, Oct. 2018. ...
閲覧 HO HONG QUYEN, 森下 雄太, 柴田 和希, 倉科 昌, 安澤 幹人, 平賀 由起, 梶浦 平旭 : Synthesis of borate adsorbent using chitosan nanofiber, 日本海水学会第70年会, (巻), (号), (頁), 2019年6月. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (1件)

閲覧 河村 保彦, 高木 均, 前田 健一, 獅々堀 正幹, 中野 晋, 多田 吉宏, 玉谷 純二, 下村 直行, 上田 隆雄, 上野 勝利, 渦岡 良介, 岡部 健士, 木戸 崇博, 塚越 雅幸, 野田 稔, 橋本 親典, 三神 厚, 武藤 裕則, 渡邉 健, 倉科 昌, 中村 真紀, 鈴木 良尚, 岡本 敏弘, 黒田 トクエ, 山下 陽子, 田端 厚之, 佐々木 由香, 島木 美香, 武政 康平 : 安全マニュアル, 徳島大学 工学部, 徳島, 2015年3月.

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 1.72, Max(EID) = 360814, Max(EOID) = 966431.