『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=(未定義)
REF=閲覧 堀内 信也 ([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])

登録情報の数

有効な情報: 36件 + 無効な情報: 4件 = 全ての情報: 40件

全ての有効な情報 (36件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 辻 けい子, 堀内 信也, 二宮 雅美, 永田 俊彦, 森山 啓司 : 骨粗鬆症を有する両側性口唇口蓋裂患者に対し歯周·矯正治療を平行して行った1症例, 第63回日本矯正歯科学会大会, (巻), (号), 302, 2004年11月..[著者] ...
閲覧 内田 玲子, 谷本 起穗, 堀内 信也, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 上下顎同時移動術を行った骨格性下顎前突の2症例, 第48回 中·四国矯正歯科学会大会, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[著者] ...
閲覧 堀内 信也, 谷本 起穗, 高橋 巧, 森山 啓司 : 矯正歯科治療により良好な咬合を確立したAchondroplasiaの1症例, 第45回日本先天異常学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[著者] ...
閲覧 中野 雅德, 佐藤 裕, 竹内 久裕, 細木 眞紀, 西川 啓介, 坂東 永一, 細木 秀彦, 堀内 信也 : 咬合および舌習癖の管理によって下顎頭の骨変化の進行を防いだと思われる1症例(口演発表), 第18回 日本顎関節学会総会·学術大会 プログラム·抄録集, Vol.B-2-6, (号), 114, 2005年7月..[著者] ...
閲覧 堀内 信也, 今 政幸, 淺岡 憲三, 森山 啓司 : リン酸亜鉛セメント硬化体のアパタイト置換を応用した新しいバイオマテリアルの開発, 第64回 日本矯正歯科学会大会, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 辻 けい子, 山内 里津, 堀内 信也, 森山 啓司 : 上顎前突症患者におけるElastic open activatorの治療効果に関する検討, 第64回日本矯正歯科学会大会 学術展示, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[著者] ...
閲覧 塩屋園 敦, 堀内 信也, 大庭 康雄, 金子 和之, 内田 玲子, 森山 啓司 : 非接触型三次元計測装置を用いた外科的矯正治療による顔貌変化の評価について, 第49回 中·四国矯正歯科学会大会, (巻), (号), (頁), 2006年7月..[著者] ...
閲覧 堀内 信也, 高橋 巧, 森山 啓司, 湯淺 哲也, 長山 勝, 松本 和也, 中西 秀樹 : 顔面多発骨折による咬口不全に対して集学的治療を行った1症例, 第24回日本頭蓋顎顔面外科学会, 2006年11月..[著者] ...
閲覧 内田 玲子, 谷本 起穗, 堀内 信也, 大庭 康雄, 森山 啓司 : 上下顎移動術を行った顎偏位を伴う下顎前突の1治験例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.19, No.1, 29-36, 2007年..[著者] ...
閲覧 髙丸 菜都美, 玉谷 哲也, 内田 大亮, 堀内 信也, 永井 宏和, 田中 栄二, 宮本 洋二 : 最近,頭を悩ませた臨床症例(その5) 片側性下顎頭過成長を伴う顔面非対称症例の治療経験, 四国歯学会雑誌, Vol.23, No.2, 142, 2010年(0月)..[著者] ...
閲覧 藤原 慎視, 桂 智子, 中村 竜也, 永田 久美子, 堀内 信也, 田中 栄二 : 低出力超音波パルスを用いた顎顔面領域の骨治癒促進効果の検討, 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, (巻), (号), 258, 2010年9月..[著者] ...
閲覧 松田 りえ, 堀内 信也, 川上 恵実, 内田 玲子, 細木 秀彦, 森山 啓司, 田中 栄二 : 先天性リンパ管腫を伴う下顎側方偏位の一治療例, 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, (巻), (号), 290, 2010年9月..[著者] ...
閲覧 森 博子, 高原 一菜, 阿部 直樹, 堀内 信也, 田中 栄二 : 持続的噛みしめにおける顎関節内応力解析, 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, (巻), (号), 251, 2010年9月..[著者] ...
閲覧 堀内 信也, 日浅 雅博, 木内 奈央, 泰江 章博, 浜田 賢一, 淺岡 憲三, 田中 栄二 : リン酸亜鉛カルシウムを添加した亜鉛徐放性アパタイトセメントの開発, 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, (巻), (号), 208, 2010年9月..[著者] ...
閲覧 Shinji Fujihara, Tomoko Kataura, Tatsuya Nakamura, Kumiko Nagata, Shinya Horiuchi and Eiji Tanaka : The effect of low-intensity pulsed ultrasound on maxillofacial bone healing, 89th IADR, San Diego, March 2011..[著者] ...
閲覧 天知 良太, 堀内 信也, 川合 暢彦, 木内 奈央, 藤原 慎視, 黒田 晋吾, 田中 栄二 : 三次元デジタルモデルを用いた片側性口唇口蓋裂患者の咬合評価に関する検討, 日本口蓋裂学会雑誌, Vol.36, No.2, 120, 2011年4月..[著者] ...
閲覧 松田 りえ, 堀内 信也, 川上 恵実, 阿部 直樹, 藤澤 健司, 永井 宏和, 田中 栄二 : 上下顎移動術を施行した骨格性下顎前突症の3治験例 上顎骨の回転移動と軟組織変化との関連性, 日本顎変形症学会雑誌, Vol.21, No.2, 128, 2011年5月..[著者] ...
閲覧 川上 恵実, 堀内 信也, 松田 りえ, 内田 玲子, 黒田 晋吾, 宮本 洋二, 天真 覚, 田中 栄二 : 骨格性開咬症に対する下顎骨の反時計方向を伴う外科的下顎骨移動術の長期安定性:15年経過症例, 第70回日本矯正歯科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2011年10月..[著者] ...
閲覧 Eiji Tanaka, Shinya Horiuchi and Shingo Kuroda : Orthognathic and orthodontic treatments for TMJ-osteoarthritis with jaw deformity, The Japanese Journal of Jaw Deformities, Vol.22, No.Suppl, S23-S30, 2012..[著者] ...
閲覧 岩浅 亮彦, 木内 奈央, 永田 久美子, 堀内 信也, 田中 栄二 : インプラント固定を用いて垂直的被蓋の改善を行った顎関節症を伴う骨格性開咬の治療例, 日本顎関節学会雑誌, Vol.24, No.Suppl., 127, 2012年11月..[著者] ...
閲覧 堀内 信也, 泰江 章博, 川合 暢彦, 黒田 晋吾, 宮本 洋二, 田中 栄二 : 先端巨大症に起因した骨格性下顎前突症に対し舌縮小術を併用して外科的矯正治療を行った1例, 第23回日本顎変形症学会大会, (巻), (号), (頁), 2013年6月..[著者] ...
閲覧 井澤 俊, 森 浩喜, 堀内 信也, 川合 暢彦, 田中 栄二 : ブタ下顎頭軟骨および関節窩軟骨の動的粘弾性特性解析, 日本顎関節学会雑誌, Vol.25, No.Supplement, 84, 2013年7月..[著者] ...
閲覧 藤原 慎視, 中村 竜也, 永田 久美子, 桂 智子, 塩田 智子, 堀内 信也, 黒田 晋吾, 清家 卓也, 橋本 一郎, 中西 秀樹, 永井 宏和, 宮本 洋二, 田中 栄二 : 顎顔面領域における骨治癒に対する低出力超音波パルス照射の使用経験, 四国歯学会雑誌, Vol.26, No.2, 41-47, 2014年..[著者] ...
閲覧 泰江 章博, 前田 有一, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 白井 愛実, 堀内 信也, 田中 栄二 : 過大な顎裂を有する片側性唇顎蓋裂に対し集学的治療を行った1例, 日本口蓋裂学会雑誌, Vol.41, No.2, 137, 2016年4月..[著者] ...
閲覧 泰江 章博, 前田 有一, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 白井 愛実, 堀内 信也, 橋本 一郎, 田中 栄二 : 過大な顎裂を有する片側性唇顎蓋裂に対し集学的治療を行った1例, 第40回日本口蓋裂学会総会・学術集会 抄録号, Vol.41, No.2, 137, 2016年5月..[著者] ...
閲覧 佐藤 南, 岩浅 亮彦, 森 浩喜, 堀内 信也, 田中 栄二 : 関節滑膜細胞に対する低出力超音波照射によって生じる抗炎症シグナル伝達経路の解明, 日本顎関節学会雑誌., 124., 2016年6月..[著者] ...
閲覧 佐藤 博子, 井澤 俊, 森 浩喜, 岩浅 亮彦, 木内 奈央, 堀内 信也, 田中 栄二 : Le Fort III型骨延長術後に上下顎骨移動術を施行したApert症候群の1例, 第59回中・四国矯正歯科学会大会 学術口演, (巻), (号), (頁), 2016年7月..[著者] ...
閲覧 黒田 優子, 堀内 信也, 渡邉 佳一郎, 泰江 章博, 田中 栄二 : 口唇裂口蓋裂児の裂型は幼児期における上顎歯槽部の垂直的な成長に影響を及ぼす, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.28, No.(1), 127, 2016年8月..[著者] ...
閲覧 森 仁志, 森 浩喜, 篠原 丈裕, 天知 良太, 塩屋園 玲子, 渡邉 佳一郎, 堀内 信也, 菅野 貴浩, 田中 栄二 : 比較的大きな顎裂を有する口唇口蓋裂患者に対する骨トランスポート骨延長法の応用, 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集., 263., 2016年11月..[著者] ...
閲覧 白井 愛実, 川合 暢彦, ODO BAYARSAIKHAN, 七條 なつ子, 森 博世, 泰江 章博, 堀内 信也, 田中 栄二 : 下顎骨単独骨切り術と上下顎同時移動術を行った骨格性下顎前突症例の顎顔面形態の比較, 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集., 218, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 日浅 雅博, 天知 良太, 天眞 寛文, 堀内 信也, 安倍 正博, 石丸 直澄, 田中 栄二 : RelBは古典的NF-κB経路の活性化を阻害し骨癒合不全と偽関節形成を予防する, 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集., 192., 2016年11月..[著者] ...
閲覧 Minami Sato, Mutsumi Fujita, Akihiko Iwasa, Hiroki Mori, Akiko Mino, Natsuko Hichijo, Shinya Horiuchi and Eiji Tanaka : Effect of Low-intensity Pulsed Ultrasound on ATDC5 Cells Under Inflammation, 95th General Session & Exhibition of the IADR program book, (巻), (号), (頁), San Francisco, March 2017..[著者] ...
閲覧 Silvia Naomi Mitsui Akagi, Akihiro Yasue, Shinya Horiuchi, Seiichi Oyadomari and Eiji Tanaka : Rogdi is required for enamel biomineralization, 第50回日本発生生物学会, (巻), (号), (頁), May 2017..[著者] ...
閲覧 Silvia Naomi Mitsui Akagi, Akihiro Yasue, Shinya Horiuchi, Seiichi Oyadomari and Eiji Tanaka : CRISPR/Cas9-mediaated targeting for the analysis of ROGDI in enamel mineralization, The 65th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research, (巻), (号), (頁), Nov. 2017..[著者] ...
閲覧 (種別) : Shinya Horiuchi, Hiromichi Yumoto, Tomoko Kimura, Minami Sato, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Masahiro Hiasa, Eiji Nishikawa, Tarek El-Bialy and Eiji Tanaka : Effect of pulsed ultrasound toothbrush on Streptococcus mutans biofilm removal., American Journal of Dentistry, Vol.31, No.2, 67-70, (発行所), (都市), April 2018..[著者] ...
閲覧 Megumi Takada, Akira Nakajima, Shingo Kuroda, Shinya Horiuchi, Noriyoshi Shimizu and Eiji Tanaka : In vitro evaluation of frictional force of a novel elastic bendable orthodontic wire., The Angle Orthodontist, Vol.88, No.5, 602-610, 2018..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 4, LA = 2.74, Max(EID) = 360823, Max(EOID) = 966453.