『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=(未定義)
REF=閲覧 Immunology (British Society for Immunology)

登録情報の数

有効な情報: 6件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 6件

全ての有効な情報 (6件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 (種別) : H Nagasawa, H Hisaeda, Yoichi Maekawa, H Fujioka, Y Ito, M Aikawa and K Himeno : gamma delta T cells play a crucial role in the expression of 65,000 MW heat-shock protein in mice immunized with Toxoplasma antigen., Immunology, Vol.83, No.3, 347-352, (発行所), (都市), Nov. 1994..[誌名] ...
閲覧 (種別) : H Hisaeda, T Sakai, H Nagasawa, H Ishikawa, K Yasutomo, Yoichi Maekawa and K Himeno : Contribution of extrathymic gamma delta T cells to the expression of heat-shock protein and to protective immunity in mice infected with Toxoplasma gondii., Immunology, Vol.88, No.4, 551-557, (発行所), (都市), Aug. 1996..[誌名] ...
閲覧 (種別) : T Sakai, H Hisaeda, Y Nakano, H Ishikawa, Yoichi Maekawa, K Ishii, Y Nitta, J Miyazaki and K Himeno : Gene gun-mediated delivery of an interleukin-12 expression plasmid protects against infections with the intracellular protozoan parasites Leishmania major and Trypanosoma cruzi in mice., Immunology, Vol.99, No.4, 615-624, (発行所), (都市), April 2000..[誌名] ...
閲覧 (種別) : T Zhang, Yoichi Maekawa, J Hanba, T Dainichi, B F. Nashed, H Hisaeda, T Sakai, T Asao, K Himeno, R A. Good and N Katunuma : Lysosomal cathepsin B plays an important role in antigen processing, while cathepsin D is involved in degradation of the invariant chain inovalbumin-immunized mice., Immunology, Vol.100, No.1, 13-20, (発行所), (都市), May 2000..[誌名] ...
閲覧 Takanori So, Hiro-O Ito, Masato Hirata, Tadashi Ueda and Taiji Imoto : Contribution of conformational stability of hen lysozyme to induction of type 2 T-helper immune responses, Immunology, Vol.104, No.3, 259-268, 2001..[誌名] ...
閲覧 Yoshifumi Nagata, Hiroko Inoue, Koichi Yamada, Hiroyuki Higashiyama, Kenji Mishima, Yasuhiro Kizu, Ienaka Takeda, Fumio Mizuno, Yoshio Hayashi and Ichiro Saito : Activation of Epstein-Barr virus by saliva from Sjogren's syndrome patients, Immunology, Vol.111, No.2, 223-229, 2003..[誌名] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.77, Max(EID) = 383305, Max(EOID) = 1024514.