『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=(未定義)
REF=閲覧 動物 (animal)

登録情報の数

有効な情報: 16件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 16件

全ての有効な情報 (16件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 四釜 洋介, 船山 ひろみ, 島内 英俊, 横地 高志, 菅原 俊二, 高田 春比古, 遠藤 康男 : 細菌感染症と宿主応答 TLR LPSによるマウス肺への急性血小板集積とアナフィラキシー様ショック反応 アドレナリンα受容体の関与, 日本免疫学会総会·学術集会記録, Vol.36, 47, 2006年(0月)..[キーワード] ...
閲覧 四釜 洋介, 島内 英俊, 菅原 俊二, 遠藤 康男 : Adrenaline(Ad)に対するin vivoでの血小板反応 adrenergic antagonists,マクロファージ(Mφ)の枯渇,および補体C5阻害薬の効果, Journal of Oral Biosciences, Vol.48, No.Suppl., 138, 2006年(0月)..[キーワード] ...
閲覧 四釜 洋介, とう 雪, 島内 英俊, 高田 春比古, 菅原 俊二, 遠藤 康男 : Muramyl-dipeptideによるマウス組織におけるIL-1βの産生:エンドトキシンショック増強効果との関連性, 日本免疫学会総会·学術集会記録, Vol.37, 161, 2007年(0月)..[キーワード] ...
閲覧 (種別) : 漆原 真樹, 高松 昌徳, 北村 明子, 木下 ゆき子, 清水 真樹, 須賀 健一, 松浦 里, 近藤 秀治, 香美 祥二 : Extracellular signal regulated kinase(ERK)5のラットメサンギウム細胞(MC)における役割検討, 日本腎臓学会誌, Vol.49, No.3, 307, (発行所), (都市), 2007年(0月)..[キーワード] ...
閲覧 村上 太一, 吉川 和寛, 繁田 令子, 岸 誠司, 荒岡 利和, 冨永 辰也, 安部 秀斉, 土井 俊夫 : メサンギウム増殖性腎炎モデルにおける腎糸球体上皮細胞でのアクチン関連分子Trophoblast glycoprotein(Tpbg)の検討, 生化学, Vol.80, No.7, 687, 2008年7月..[キーワード] ...
閲覧 四釜 洋介, 島内 英俊 : Muramyl-dipeptide(MDP)による炎症性サイトカイン産生およびエンドトキシンショック増強効果とそのメカニズム解析, 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集, 213, 2009年(0月)..[キーワード] ...
閲覧 四釜 洋介, 黒石 智誠, 永井 康裕, 島内 英俊, 高田 春比古, 菅原 俊二, 遠藤 康男 : LPSによる炎症反応のMuramyl-dipeptide(MDP)による増強 マクロファージ(Mφ)との関連性, Journal of Oral Biosciences, Vol.51, No.Suppl., 113, 2009年(0月)..[キーワード] ...
閲覧 Yosuke Shikama, Yasuhiro Nagai, Hidetoshi Shimauchi, Haruhiko Takada, Shunji Sugawara and Yasuo Endoh : Muramyldipeptide augments the actions of LPS in mice by stimulating macrophages to produce pro-IL-1β and by downregulation of suppressor of cytokine signaling 1 (SOCS1) within them, Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Vol.39, 105, (month)2009..[キーワード] ...
閲覧 四釜 洋介, 永井 康裕, 岡田 諭, 大泉 丈史, 島内 英俊, 菅原 俊二, 遠藤 康男 : マクロファージ(Mφ)におけるalendronateによるpro-IL-1β産生誘導とclodronateによるその抑制, Journal of Oral Biosciences, Vol.52, No.Suppl, 143, 2010年(0月)..[キーワード] ...
閲覧 益崎 裕章, 島袋 充生 : 糖尿病研究の進歩と展望 (膵β細胞死の分子機構)肥満脂肪組織の炎症と機能異常, 糖尿病学の進歩, Vol.44, 189-195, 2010年9月..[キーワード]+[キーワード] ...
閲覧 益崎 裕章, 山川 研, 島袋 充生 : 【核内受容体とアディポサイエンス】 臨床 脂肪組織グルココルチコイド作用過剰とアディポサイエンス, アディポサイエンス, Vol.7, No.2, 168-174, 2010年12月..[キーワード]+[キーワード] ...
閲覧 (種別) : モハナッド アシテル, 天真 寛文, 寺町 順平, 日浅 雅博, 谷本 幸多朗, 小田 明日香, 岩佐 昌美, 原田 武志, バトエルデネ アリウンザヤ, 曾我部 公子, 大浦 雅博, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 中村 信元, 三木 浩和, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : ROSの骨髄腫の骨病変と癌治療関連骨減少症の誘発における役割(Roles of ROS in induction of bone disease and cancer treatment-induced bone loss in myeloma), 臨床血液, Vol.59, No.9, 1604, (一社)日本血液学会-東京事務局, (都市), 2018年9月..[キーワード] ...
閲覧 (種別) : Mohannd Ashter, 天真 寛文, 寺町 順平, 日浅 雅博, 谷本 幸多朗, 小田 明日香, 岩佐 昌美, 原田 武志, 藤井 志朗, 香川 久美子, 大浦 雅博, 曽我部 公子, 中村 信元, 三木 浩和, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : ROSの骨髄腫の骨病変と癌治療関連骨減少症の誘発における重要な役割(Critical roles of ROS in induction of bone disease and cancer treatment-induced bone loss in myeloma), International Journal of Myeloma, Vol.9, No.1, 90, 日本骨髄腫学会, (都市), 2019年5月..[キーワード] ...
閲覧 (種別) : 谷本 幸多朗, 日浅 雅博, 天真 寛文, 寺町 順平, Mohannad Ashtar, 小田 明日香, 岩佐 昌美, 曽我部 公子, 大浦 雅弘, 原田 武志, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 : 不動は骨吸収と骨髄腫進展を促進させる(Immobilization promotes bone resorption and tumor expansion in myeloma), International Journal of Myeloma, Vol.9, No.1, 88, 日本骨髄腫学会, (都市), 2019年5月..[キーワード] ...
閲覧 Hirofumi Tenshin, アシテル モハナッド, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Kotaro Tanimoto, Sou Shimizu, 比嘉 佳基, Takeshi Harada, Masahiro Oura, Kimiko Sogabe, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : 抗腫瘍薬が誘導するROSは破骨細胞分化を促進する Xanthine oxidase阻害剤febuxostatの治療効果, The Annual Meeting of the Japanese Society for Bone and Mineral Research Program & Abstracts, (巻), (号), 148, Oct. 2020..[キーワード] ...
閲覧 Hirofumi Tenshin, アシテル モハナッド, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Kotaro Tanimoto, Sou Shimizu, 比嘉 佳基, Takeshi Harada, Masahiro Oura, Kimiko Sogabe, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, 松本 俊夫 and Masahiro Abe : 抗腫瘍薬が誘導するROSは破骨細胞分化を促進する Xanthine oxidase阻害剤febuxostatの治療効果, The Annual Meeting of the Japanese Society for Bone and Mineral Research Program & Abstracts, 148, Oct. 2020..[キーワード] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 0.54, Max(EID) = 386243, Max(EOID) = 1046976.