『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=(未定義)
REF=閲覧 日本生化学会

登録情報の数

有効な情報: 36件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 38件

全ての有効な情報 (36件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Yoshiyuki Tamura, Kazuko Okamura-Ikeda, Akihiro Otsuka and Setsuro Fujii : The role of C1 esterase inhibitor in the activation of C1r, a subcomponent of the first component of complement from human plasma., The Journal of Biochemistry, Vol.79, No.2, 313-319, 1976..[発行所] ...
閲覧 德村 彰, 塚谷 博昭 : 血小板活性化因子の拮抗薬, 生化学, Vol.57, No.12, 1618-1623, 1985年12月..[発行所] ...
閲覧 蛯名 洋介 : インスリン受容体とその遺伝子, 生化学, Vol.58, No.7, p477-482, 1986年7月..[発行所] ...
閲覧 松尾 義則, 岩橋 和彦, 河合 良訓, 市川 佳幸 : シトクロームPー450ⅡDsubfamilyの解析:debrisoquine 4-hydroxylase及びbufuralol 1'-hydroxylaseの組織分布, 日本生化学会第64回大会, (巻), (号), (頁), 1991年10月..[発行所] ...
閲覧 松尾 義則, 富田 修平, 辻田 麻紀, 指吸 俊次, 井柳 堯, 市川 佳幸 : ミクロソーム型レチノイン酸合成酵素としてのシトクロムP-450依存性モノオキシゲナーゼ, 日本生化学学会第65回大会, (巻), (号), (頁), 1992年10月..[発行所] ...
閲覧 桜庭 均, 伊藤 孝司, 新本 美智枝 : 多機能性保護タンパク質とその遺伝性欠損症'ガラクトシアリドーシス', 生化学, Vol.65, (号), 561-566, 1993年(0月)..[発行所] ...
閲覧 横井川 久己男, 左右田 健次 : 5章 酵素的合成 5-5 その他, 日本生化学会, 東京, 1993年5月..[発行所] ...
閲覧 Hiroyuki Fukui, Hiroyuki Mizuguchi, Ye Qi Liu, Nai Ping Wang, Hideyuki Hayashi, Kenji Kangawa, Tateaki Wakamiya, Rob Leurs, Tetsuo Shiba and Hisayuki Matsuo : Purification and characterization of [3H]mepyramine (histamine H1 antagonist)-binding protein from rat liver: a highly homologous protein with cytochrome P450 2D, The Journal of Biochemistry, Vol.117, No.5, 993-998, 1995..[発行所] ...
閲覧 杉野 弘, 中村 隆範 : アクチビン:多様な生理作用と情報伝達機構, 生化学, Vol.68, No.8, 1405-1428, 1996年8月..[発行所] ...
閲覧 Emiko Yamauchi, Reiko Kiyonami, Michiko Kanai and Hisaaki Taniguchi : Presence of conserved domains in the C-terminus of MARCKS, a major in vivo substrate of protein kinase C: application of ion trap mass spectrometry to the elucidation of protein structures., The Journal of Biochemistry, Vol.123, No.4, 760-765, 1998..[発行所] ...
閲覧 Michihiko Kobayashi, Eiji Sakuradani and Sakayu Shimizu : Genetic Analysis of Cytochrome b5 from Arachidonic Acid-Producing Fungus, Mortierella alpina 1S-4: Cloning, RNA Editing and Expression of the Gene in Escherichia coli, and Purification and Characterization ofthe Gene Product., The Journal of Biochemistry, Vol.125, No.6, 1094-1103, 1999..[発行所] ...
閲覧 Tsuyoshi Shimo, Tohru Nakanishi, Takashi Nishida, Masahiro Asano, Manabu Kanyama, Takuo Kuboki, Takuya Tamatani, Katsunari Tezuka, Motohide Takemura, Tomohiro Matsumura and Masaharu Takigawa : Connective tissue growth factor induces the proliferation, migration, and tube formation of vascular endothelial cells in vitro, and angiogenesis in vivo., The Journal of Biochemistry, Vol.126, No.1, 137-145, 1999..[発行所] ...
閲覧 織田 聡, 佐々木 卓也, 高井 義美 : Doc2を介する神経伝達物質放出のメカニズム., 生化学, Vol.71, No.7, 530-535, 1999年7月..[発行所] ...
閲覧 伊藤 孝司 : 保護タンパク質/カテプシンAおよびリソソーム性シアリダーゼと遺伝性代謝異常症, 生化学, Vol.72, (号), 1160-1164, 2000年(0月)..[発行所] ...
閲覧 矢野 仁康 : 分子シャペロンと蛋白質分解酵素に認められた新機能,ヌクレオシド2リン酸キナーゼ型酵素活性, 生化学, Vol.72, No.1, 41-45, 2000年..[発行所] ...
閲覧 船津 智之, 石川 智之, 北田 栄, 荻島 正, 内山 恒夫, 伊藤 明夫 : 細胞内寄生細菌におけるMPP-like-protein(MLP)の機能解析, 第73回日本生化学会大会, 2000年10月..[発行所] ...
閲覧 親泊 政一 : 糖尿病と小胞体ストレス, 生化学, Vol.75, No.10, 1324-1331, 2003年(0月)..[発行所] ...
閲覧 高木 健由, 千種 香織, 神吉 知徳, 李 冰, 庄野 正行, 湊元 幹太, 吉村 哲郎 : 養殖魚類の細菌及びウイルス感染症に対する経口リポソームワクチンの開発, 第67回日本生化学会中部支部例会, (巻), (号), (頁), 2003年5月..[発行所] ...
閲覧 T. Takagi, K. Chigusa, T. Kamiyoshi, B. Li, 庄野 正行, K. Tsumoto, T. Miyazaki, T. Yoshimura : Development of orally administrated liposome vaccine against bacteria- and virus-infectious diseases, 第76回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2003年10月..[発行所] ...
閲覧 谷口 寿章 : プロテオミクスで何が分かるか, 日本生化学会シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2003年10月..[発行所] ...
閲覧 T. Takagi, B. Li, K. Tsumoto, 庄野 正行, T. Miyazaki, T. Yoshimura : Preparation and properties of orally administrated liposome vaccines against bacteria- and virus-infectious diseases in cultured fishes, 第77回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2004年10月..[発行所] ...
閲覧 谷口 寿章 : 質量分析による微量タンパク質構造解析とシグナル伝達系のプロテオミクス, 日本生化学会, 京都, 2004年10月..[発行所] ...
閲覧 谷口 寿章 : プロテオミクスの解析技術·その現状と展望, 第78回日本生化学会大会, Vol.BS7, No.1, 1101, 2005年10月..[発行所] ...
閲覧 T. Yoshimura, T. Takagi, B. Li, A. Kamiya, K. Tsumoto, 庄野 正行, T. Miyazaki : Development of orally administrated liposome vaccine agains viruts-infectious diseases in cultured fishes, 第78回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[発行所] ...
閲覧 宮本 賢一 : 無機リン酸の生体内代謝, --- 無機リン酸の生体内代謝 ---, 生化学, Vol.78, No.12, 1131-1140, 2006年12月..[発行所] ...
閲覧 德村 彰 : 細胞外でリゾ脂質メディエーターを産生するホスホジエステラーゼ, 生化学, Vol.78, No.12, 1141-1154, 2006年12月..[発行所] ...
閲覧 辻 大輔, 伊藤 孝司 : リソソーム病の分子病理と治療ターゲット, 生化学, Vol.79, No.7, 678-682, 2007年7月..[発行所] ...
閲覧 坂口 末廣 : プリオンタンパク質の正常機能とプリオン病における役割, 生化学, Vol.79, No.9, 843-852, 2007年9月..[発行所] ...
閲覧 Daiju Yamazaki, 山﨑 哲男, Hiroshi Takeshima : TRICチャネルの生理的機能, 生化学, Vol.81, No.11, 1004-1008, 2009年11月..[発行所] ...
閲覧 (種別) : 竹谷 豊 : リン酸トランスポーターと心血管疾患, 生化学, Vol.82, No.8, 727-729, 日本生化学会, 東京, 2010年8月..[発行所] ...
閲覧 清水 嘉文, 德村 彰 : リゾホスファチジン酸の生理学的役割および疾患との関連, 生化学, Vol.83, No.6, 506-517, 2011年6月..[発行所] ...
閲覧 一瀬 彩香, 海野 英昭, 郷田 秀一郎, 中川 秀幸, 畠山 智充 : ラッパウニ叉棘由来ガラクトース特異的レクチンSUL-Iの遺伝子クローニングと機能解析, 第87回日本生化学大会要旨集, 303, 2014年10月..[発行所] ...
閲覧 岡崎 拓, 岡崎 一美 : 抑制性免疫補助受容体PD-1によるがんと自己免疫の制御, 生化学, Vol.87, No.6, 693-704, 2015年12月..[発行所] ...
閲覧 山本 圭 : 皮膚の恒常性や疾患を調節する新しい脂質メディエーター, 生化学, Vol.88, No.6, 786-790, 2016年12月..[発行所] ...
閲覧 西岡 安彦, 阿部 真治 : ポドプラニンを標的とした悪性胸膜中皮腫に対する新規抗体医薬開発, 生化学, Vol.89, No.4, 564-567, 2017年8月..[発行所] ...
閲覧 田中 保, 森戸 克弥 : ペルオキシソームにおける脂肪酸酸化の役割, 生化学, Vol.92, No.5, 632-639, 2020年10月..[発行所] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.95, Max(EID) = 374074, Max(EOID) = 1001459.