『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=(未定義)
PERM=閲覧 中堀 豊

登録情報の数

有効な情報: 94件 + 無効な情報: 3件 = 全ての情報: 97件

全ての有効な情報 (94件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Michie Shimmoto, Yutaka Nakahori, Ikumi Matsushita, Toshikatsu Shinka, Yoko Kuroki, Kouji Itou and Hitoshi Sakuraba : A human protective protein gene partially overlaps the gene encoding phopholipid transfer protein on the complementary strand of DNA, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.220, No.3, 802-806, 1996..[著者] ...
閲覧 Toshikatsu Shinka, Takushi Naroda, Takamichi Tamura, Kenji Sasahara and Yutaka Nakahori : A rapid and simple method for sex identification by heteroduplex analysis, using denaturing high-performance liquid chromatography (DHPLC), Journal of Human Genetics, Vol.46, No.5, 263-266, 2001..[著者] ...
閲覧 中堀 豊, 李 周遠, A Ashraf Ewis, 新家 利一 : Y染色体の多様性と男性表現型の関連, --- ゲノムサイエンスの新たなる挑戦 ---, 蛋白質核酸酵素, Vol.46, No.16, 2346-2350, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 Juwon Lee, E Svetlana Kotliarova, A Ashraf Ewis, Akio Hida, Toshikatsu Shinka, Yoko Kuroki, Katsushi Tokunaga and Yutaka Nakahori : Y chromosome compound haplotypes with the microsatellite markers DXYS265, DXYS266, and DXYS241, Journal of Human Genetics, Vol.46, No.2, 80-84, 2001..[著者] ...
閲覧 Hiro-omi Kanayama, Weng-Onn Lui, Masayuki Takahashi, Takushi Naroda, Darek Kedra, Fung Ki Wong, Yoko Kuroki, Yutaka Nakahori, Catharina Larsson, Susumu Kagawa and Bin Tean Teh : Association of a novel constitutional translocation t(1q;3q) with familial renal cell carcinoma, Journal of Medical Genetics, Vol.38, No.3, 165-170, 2001..[著者] ...
閲覧 Ashraf A Ewis, Kazuya Kondo, Juwon Lee, Masaru Tsuyuguchi, Masato Hashimoto, Tomoyuki Yokose, Kiyoshi Mukai, Tetsurou Kodama, Toshikatsu Shinka, Yasumasa Monden and Yutaka Nakahori : Occupational cancer genetics: infrequent ras oncogenes point mutations in lung cancer samples from chromate workers, American Journal of Industrial Medicine, Vol.40, No.1, 92-97, 2001..[著者] ...
閲覧 新家 利一, 中堀 豊 : 性分化異常症, 小児科臨床, Vol.56, No.8, 8(8)-14(14), 2002年1月..[著者] ...
閲覧 Ashraf A Ewis, Juwon Lee, Takushi Naroda, Kenji Sasahara, Toshiaki Sano, Susumu Kagawa, Teruaki Iwamoto and Yutaka Nakahori : Linkage between prostate cancer incidence and different alleles of the human Y-linked tetranucleotide polymorphism DYS19, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.49, No.1-2, 56-60, 2002..[著者] ...
閲覧 中堀 豊 : 不妊治療の最前線:Y染色体多型型と造精機能, 第6回日研シンポジウム, (巻), (号), 38-50, 2002年2月..[著者] ...
閲覧 Mohammad Jabasini, Lihua Zhang, Fuguan Dang, Feng Xu, Mohamad R Almofti, Ashraf A Ewis, Juwon Lee, Yutaka Nakahori and Yoshinobu Baba : Analysis of DNA polymorphisms on the human Y-chromosome by microchip electrophoresis, Electrophoresis, Vol.23, No.10, 1537-1542, 2002..[著者] ...
閲覧 閻 洪涛, 新家 利一, 陳 剛, 木下 桂午, 梅野 真由美, 佐藤 陽一, 中堀 豊 : ヒトSOX15の機能に関する研究, 第228回徳島医学会学術集会, 2003年2月..[著者] ...
閲覧 田中 久子, 棟方 百熊, 勢井 雅子, 野村 以徂子, 石本 寛子, 津田 芳見, 中堀 豊 : 徳島県における児童生徒の体格調査, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.48, No.1, 28-29, 2003年..[著者] ...
閲覧 Takeo Nakamura, Mizuho Hirata, Naohito Kawasaki, Seiki Tanada, Takamichi Tamura and Yutaka Nakahori : Decolorization of indigo carmine by charcoal from extracted residue of coffee beans, Journal of Environmental Science and Health. Part A, Toxic/Hazardous Substances & Environmental Engineering, Vol.38, No.3, 555-562, 2003..[著者] ...
閲覧 田中 久子, 笹原 賢司, 勢井 雅子, 新家 利一, 石本 寛子, 津田 芳見, 中堀 豊 : 徳島県における小中学生の児童生徒体格の集計(平成12年度データ), 日本公衆衛生雑誌, Vol.50, No.3, 234-245, 2003年..[著者] ...
閲覧 新家 利一, 中堀 豊 : 小児疾患のとらえ方ー眼でみるベッドサイドの病態生理ー, --- 男も女も元は一緒—性分化の仕組みとその障害— ---, 文光堂, 東京, 2003年4月..[著者] ...
閲覧 Xin-Jun Yang, Hong-Tao Yan and Yutaka Nakahori : Evaluation of the effectiveness of laser in situ keratomileusis and photorefractive keratectomy for myopia: a meta-analysis, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.50, No.3-4, 180-186, 2003..[著者] ...
閲覧 中堀 豊 : Y染色体研究の新しい展開, 科学, Vol.73, No.10, 1081-1085, 2003年10月..[著者] ...
閲覧 田中 久子, 勢井 雅子, 棟方 百熊, 日下 京子, 石本 寛子, 津田 芳見, 新家 利一, 馬原 文彦, 古川 一郎, 鈴江 襄治, 中堀 豊 : 徳島県における児童·生徒の体格の現状, 四国医学雑誌, Vol.59, No.4,5, 195-203, 2003年10月..[著者] ...
閲覧 中堀 豊 : 公衆衛生の人づくりー傍から見ていると, 視点, Vol.67, No.11, 808(2)-809(3), 2003年11月..[著者] ...
閲覧 インドリアニ (名), 勢井 雅子, 田中 久子, 棟方 百熊, 湯浅 京子, 中堀 豊 : 2000-2003年の徳島における6-14歳の肥満学童の傾向(The Trends of Obesity School Children Age 6-14Y in Tokushima from 2000-2003), 日本公衆衛生学会総会抄録集, 200, 2004年(0月)..[著者] ...
閲覧 新家 利一, 中堀 豊 : 性分化·発達の異常, --- IV.内分泌 ---, Annual Review 内分泌,代謝2004, (巻), (号), 283-287, 2004年1月..[著者] ...
閲覧 新家 利一, 中堀 豊 : 性の分化と性染色体, --- 基礎編 第1次性決定機構と性器の分化の遺伝子·分子機構 [概論] ---, 日本臨牀, Vol.62, No.2, 247-254, 2004年2月..[著者] ...
閲覧 山本 浩継, 湯浅 京子, 勢井 雅子, 田村 隆教, 野村 以徂子, 中堀 豊 : 老人保健施設における痴呆症重症度と要介護認定の関連, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.49, No.1, 158-162, 2004年..[著者] ...
閲覧 Iuchi Akio, Yutaka Nakahori and Keito Boki : Uptake of Heterocyclic Aromatic Amine by Insoluble Dietary Fiber in Artificial Gastric and Intestinal Juice, Environmental Health and Preventive Medicine, Vol.9, No.2, 47-52, 2004..[著者] ...
閲覧 佐藤 陽一, 新家 利一, 陳 剛, 閻 洪涛, 坂本 梢, 楊 新軍, 梅野 真由美, 中堀 豊 : 性分化と精子形成機構に対するプロテオミクスからのアプローチ, 四国医学雑誌, Vol.60, No.5-6, 168-171, 2004年..[著者] ...
閲覧 新家 利一, 中堀 豊 : 性分化·発達の異常, --- IV.内分泌 ---, Annual Review 内分泌,代謝2005, (巻), (号), 246-250, 2005年1月..[著者] ...
閲覧 棟方 百熊, 近藤 学, 勢井 雅子, 湯浅 京子, 田中 久子, 野村 以徂子, 中堀 豊 : LMS法を用いた小中学生のBMI基準値の作成とCDCとの比較, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.50, No.1, 139-145, 2005年..[著者] ...
閲覧 Hong-Tao Yan, Toshikatsu Shinka, Keigo Kinoshita, Youichi Sato, Mayumi Umeno, Gang Chen, Keiko Tsuji, Yukiko Unemi, Xin-Jun Yang, Teruaki Iwamoto and Yutaka Nakahori : Molecular analysis of TBL1Y, a Y-linked homologue of TBL1X related with X-linked late-onset sensorineural deafness, Journal of Human Genetics, Vol.50, No.4, 175-181, 2005..[著者] ...
閲覧 Mohammad Jabasini, A Ashraf Ewis, Feng Xu, R Momamad Mohamadi, Guichen Ping, Toshikatsu Shinka, Yutaka Nakahori and Yoshinobu Baba : Multiplex PCR with Multichannel Microchip Electrophoresis: An Ultrafast Analysis for Genetic Diseases, Journal of Chromatographic Science, Vol.43, No.5, 221-225, 2005..[著者] ...
閲覧 Xin-Jun Yang, Toshikatsu Shinka, Shinka Nozawa, Hong-Tao Yan, Miki Yoshiike, Mayumi Umeno, Youichi Sato, Gang Chen, Teruaki Iwamoto and Yutaka Nakahori : Survey of the two polymorphisms in DAZL, an autosomal candidate for the azoospermic factor, in Japanese infertile men and implications for male infertility, Molecular Human Reproduction, Vol.11, No.7, 513-515, 2005..[著者] ...
閲覧 佐藤 陽一, 新家 利一, 中堀 豊 : ヒト性分化機構に対するプロテオミクスからのアプローチ, 特定領域研究「性分化機構の解明」第2回領域会議, 2005年9月..[著者] ...
閲覧 勢井 雅子, 棟方 百熊, 田中 久子, 梅野 真由美, 野村 以徂子, 中野 卓郎, 佐藤 陽一, 吉田 友紀子, 坂本 梢, BinhTran Quang, 元木 良江, 湯浅 京子, 雄西 智惠美, 新家 利一, 中堀 豊 : 地域・学校と連携した生活習慣病予防事業の実践, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.51, No.1, 29-30, 2006年(0月)..[著者] ...
閲覧 中野 卓郎, 新家 利一, 佐藤 陽一, 勢井 雅子, 木下 桂午, 中堀 豊, 梅野 真由美 : 生活習慣病の発病リスクと遺伝的要因, 四国医学雑誌, Vol.62, (号), 85, 2006年(0月)..[著者] ...
閲覧 勢井 雅子, 野村 以徂子, 田中 久子, 棟方 百熊, 津田 芳見, 中堀 豊 : 小中学生の肥満とメタボリックシンドローム, 日本公衆衛生学会総会抄録集, (巻), (号), 668, 2006年(0月)..[著者] ...
閲覧 雄西 智惠美, 湯浅 京子, 野村 以徂子, 吉田 友紀子, 坂本 梢, 中野 卓郎, 勢井 雅子, 中堀 豊 : 高齢者の生活満足度と意思決定に関する研究, 日本公衆衛生学会総会抄録集, (巻), (号), 767, 2006年(0月)..[著者] ...
閲覧 勢井 雅子, 棟方 百熊, 田中 久子, 中堀 豊 : 徳島県の小中学生の生活習慣と体格との関連, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 670, 2006年(0月)..[著者] ...
閲覧 中堀 豊, 勢井 雅子, 田中 久子, 棟方 百熊, 津田 芳見, 石本 寛子 : 徳島県における小児生活習慣病予防の取り組み(続報), 日本公衆衛生学会総会抄録集, 669, 2006年(0月)..[著者] ...
閲覧 津田 芳見, 中堀 豊, 勢井 雅子, 石本 寛子 : かかりつけ医を軸にした小児肥満健康管理システム 管理栄養士派遣の試み, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 511, 2006年(0月)..[著者] ...
閲覧 Keigo Kinoshita, Toshikatsu Shinka, Youichi Sato, Hiroki Karahashi, Hiroe Kowa, Gang Chen, Mayumi Umeno, Kazunori Toida, Emi Kiyokage, Takuro Nakano, Susumu Ito and Yutaka Nakahori : Expression analysis of a mouse orthologue of HSFY, a candidate for the azoospermic factor on the human Y chromosome, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1,2, 117-122, 2006..[著者] ...
閲覧 Takuro Nakano, Toshikatsu Shinka, Masako Sei, Youichi Sato, Mayumi Umeno, Kozue Sakamoto, Isoko Nomura and Yutaka Nakahori : A/G heterozygote of the A-3826G polymorphism in the UCP-1 gene has higher BMI than A/A and G/G homozygote in young Japanese males, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.3,4, 218-222, 2006..[著者] ...
閲覧 佐藤 陽一, 新家 利一, 中堀 豊 : ヒト性分化機構に対するプロテオミクスからのアプローチ, 特定領域研究「性分化機構の解明」第3回領域会議, 2006年9月..[著者] ...
閲覧 Masako Sei, Tadanori Nakatsu, Kyoko Yuasa, Hisako Tanaka, Hokuma Munakata and Yutaka Nakahori : Prevalence of metabolic complications in children with severe obesity., Pediatrics International, Vol.49, No.5, 545-552, 2007..[著者] ...
閲覧 中野 卓郎, 勢井 雅子, 田中 久子, 棟方 百熊, TranQuang Binh, 野村 以徂子, 中堀 豊 : 徳島県の小中学生のBMIに関する地域相関分析, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.52, No.1, 21-22, 2007年(0月)..[著者] ...
閲覧 田中 久子, 勢井 雅子, 棟方 百熊, 湯浅 京子, 石本 寛子, 津田 芳見, 中堀 豊 : 小児の体重分布と肥満傾向児判定割合との関連(平成12年度のデータ), 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.52, No.1, 131-136, 2007年..[著者] ...
閲覧 坂本 梢, 佐藤 陽一, 新家 利一, 勢井 雅子, 野村 以徂子, 中堀 豊 : 肥満関連因子の探索と解析, 第52回日本人類遺伝学会, 2007年9月..[著者] ...
閲覧 佐藤 陽一, 新家 利一, 坂本 梢, 黒岩 裕美, 中堀 豊 : 性決定遺伝子であるSRY遺伝子はDGCR8とSOX3のハイブリッドであり,TFCP2によって制御される, 第52回日本人類遺伝学会, 2007年9月..[著者] ...
閲覧 中野 卓郎, 勢井 雅子, Binh Tran, 郡 尋香, 中堀 豊 : 成長曲線を用いた徳島県小中学生の体格データの解析, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 470, 2007年10月..[著者] ...
閲覧 Hong-Tao Yan, Toshikatsu Shinka, Youichi Sato, Xin-Jun Yang, Gang Chen, Kozue Sakamoto, Keigo Kinoshita, Hiroyuki Aburatani and Yutaka Nakahori : Overexpression of SOX15 Inhibits Proliferation of NT2/D1 Cells Derived from a Testicular Embryonal Cell Carcinoma, Molecules and Cells, Vol.24, No.3, 323-328, 2007..[著者] ...
閲覧 勢井 雅子, 中津 忠則, 津田 芳見, 横田 一郎, 中野 卓郎, 棟方 百熊, 雄西 智惠美, 中堀 豊 : 高校生の体格調査と肥満健康管理システム, 日本公衆衛生学会総会抄録集, (巻), (号), 470, 2008年(0月)..[著者] ...
閲覧 中野 卓郎, 勢井 雅子, 棟方 百熊, 中堀 豊 : 徳島県小中学生の成長に伴う肥満の解析, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 445, 2008年(0月)..[著者] ...
閲覧 Kyoko Yuasa, Masako Sei, Eiji Takeda, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS, Hokuma Munakata, Chiemi Onishi and Yutaka Nakahori : Effects of lifestyle habits and eating meals together with the family on the prevalence of obesity among school children in Tokushima, Japan: a cross-sectional questionnaire-based survey., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.1-2, 71-77, 2008..[著者] ...
閲覧 福田 祥, 勢井 雅子, 中野 卓郎, 藤澤 一俊, 中堀 豊 : 都道府県別指標を用いた糖尿病死亡率の相関分析, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.53, No.1, 37-38, 2008年2月..[著者] ...
閲覧 黒岩 裕美, 佐藤 陽一, 矢野 尚二郎, 中堀 豊 : 性決定因子であるSRYのGPR74発現に及ぼす影響, 第236回徳島医学会学術集会, 2008年2月..[著者] ...
閲覧 紙本 尚幸, 桐野 靖, 佐藤 陽一, 川添 和義, 水口 和生, 中堀 豊 : 高カロリー食付加動物モデルを用いた,血中dipeptidyl peptidase 4(DPP4)活性と肥満ならびに耐糖能異常との関連性について, 日本薬学会年会, (巻), (号), (頁), 2008年3月..[著者] ...
閲覧 矢野 尚二郎, 佐藤 陽一, エヴィス アシュラフ, 中堀 豊 : ヒト性決定因子SRYと相互作用する因子の同定と解析, 第53回日本人類遺伝学会, 2008年9月..[著者] ...
閲覧 坂本 梢, 佐藤 陽一, 新家 利一, 勢井 雅子, 野村 以徂子, 梅野 真由美, エヴィス アシュラフ, 中堀 豊 : プロテオミクス解析,遺伝子発現解析で見出された肥満関連因子の脂肪分化に関わる機序の解析, 第53回日本人類遺伝学会, 2008年9月..[著者] ...
閲覧 佐藤 陽一, 新家 利一, 坂本 梢, 矢野 尚二郎, エヴィス アシュラフ, 中堀 豊 : 性決定因子SRYの発現調節に関わる因子の解析, 第53回日本人類遺伝学会, 2008年9月..[著者] ...
閲覧 紙本 尚幸, 桐野 靖, 腰岡 桜, 佐藤 陽一, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生, 中堀 豊 : ストレプトゾトシン誘発糖尿病ラットモデルにおけるDipptidyl pdptidase 4と脂質代謝異常の関連性について, 第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, (巻), (号), 83, 2008年11月..[著者] ...
閲覧 Youichi Sato, Toshikatsu Shinka, Kozue Sakamoto and Yutaka Nakahori : The male-determining gene SRY is a hybrid of DGCR8 and SOX3, and is regulated by the transcription factor CP2, The American Society of Human Genetics, 58th Annual Meeting, Philadelphia, Nov. 2008..[著者] ...
閲覧 Yasushi Kirino, Youichi Sato, Takayuki Kamimoto, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi and Yutaka Nakahori : Interrelationship of dipeptidyl peptidase IV (DPP IV) with the development of diabetes, dyslipidaemia and nephropathy: A streptozotocin-induced model using wild-type and DPP IV-deficient rats, The Journal of Endocrinology, Vol.200, No.1, 53-61, 2009..[著者] ...
閲覧 中野 卓郎, 勢井 雅子, 棟方 百熊, 中堀 豊 : 徳島県の小中学生を対象とした身長,体重の成長速度の解析, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 446, 2009年(0月)..[著者] ...
閲覧 勢井 雅子, 石本 寛子, 斎藤 泰憲, 中川 洋一, 中野 卓郎, 佐藤 陽一, 坂本 梢, 吉田 友紀子, 中堀 豊 : 徳島県の糖尿病対策班の取り組み, 日本公衆衛生学会総会抄録集, (巻), (号), 170, 2009年(0月)..[著者] ...
閲覧 藤田 美香, 勢井 雅子, 中津 忠則, 中野 卓郎, 西田 望, 中堀 豊 : 徳島県の小児肥満症について考える, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.54, No.1, 25-26, 2009年(0月)..[著者] ...
閲覧 Youichi Sato, Kozue Sakamoto, Masako Sei, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS and Yutaka Nakahori : Proteasome subunits are regulated and expressed in comparable concentrations as a functional cluster, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.378, No.4, 795-798, 2009..[著者] ...
閲覧 矢野 尚二郎, 佐藤 陽一, エヴィス アシュラフ, 中堀 豊 : ヒト性決定因子であるSRYと相互作用するタンパク質の同定と解析, 第238回徳島医学会学術集会, 2009年2月..[著者] ...
閲覧 Yasushi Kirino, Takayuki Kamimoto, Youichi Sato, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi and Yutaka Nakahori : Increased Plasma Dipeptidyl Peptidase IV (DPP IV) Activity and Decreased DPP IV Activity of Visceral But Not Subcutaneous Adipose Tissue in Impaired Glucose Tolerance Rats Induced by High-Fat or High-Sucrose Diet, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.32, No.3, 463-467, 2009..[著者] ...
閲覧 勢井 雅子, 中津 忠則, 横田 一郎, 津田 芳見, 石本 寛子, 棟方 百熊, 中堀 豊 : 徳島県における多機関連携による小児の生活習慣病予防活動, 日本公衆衛生学会雑誌, Vol.56, No.3, 163-171, 2009年..[著者] ...
閲覧 Kozue Sakamoto, Youichi Sato, Toshikatsu Shinka, Masako Sei, Isoko Nomura, Mayumi Umeno, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS and Yutaka Nakahori : Proteasome subunits mRNA expressions correlate with male BMI; implications for a role in obesity, Obesity, Vol.17, No.5, 1044-1049, 2009..[著者] ...
閲覧 Youichi Sato, Toshikatsu Shinka, G Chen, HT Yan, K Sakamoto, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS, H Aburatani and Yutaka Nakahori : Proteomics and transcriptome approaches to investigate the mechanism of human sex determination, Cell Biology International, Vol.33, No.8, 839-847, 2009..[著者] ...
閲覧 坂本 梢, 佐藤 陽一, 勢井 雅子, 中堀 豊 : 肥満関連因子として見出されたProteasomeの脂肪分化に関わる機序の解析, 第54回日本人類遺伝学会, (号), 2009年9月..[著者] ...
閲覧 佐藤 陽一, 矢野 尚二郎, 中堀 豊 : ヒト性決定因子SRYと相互作用する因子の同定と性分化に関わるメカニズムの解析, 第54回日本人類遺伝学会, 2009年9月..[著者] ...
閲覧 腰岡 桜, 佐藤 陽一, 桐野 靖, 紙本 尚幸, 阿部 真治, 川添 和義, 中堀 豊, 水口 和生 : DPP4欠損ラットを用いた1型糖尿病誘発モデルにおける脂質代謝異常発症のメカニズム解明, 第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月..[著者] ...
閲覧 佐藤 陽一, 中堀 豊 : 日本人類学会遺伝分科会平成22年度公開シンポジウム「日本人の成り立ちについての新たな考察―遺伝と形態から―Y染色体からみた日本人の成り立ち, Anthropological Science (Japanese Series), Vol.118, No.2, 115-118, 2010年..[著者] ...
閲覧 Kozue Sakamoto, Youichi Sato, Masako Sei, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS and Yutaka Nakahori : Proteasome activity correlates with male BMI and contributes to the differentiation of adipocyte in hADSC, Endocrine, Vol.37, No.2, 274-279, 2010..[著者] ...
閲覧 Takuro Nakano, Masako Sei, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS, Hokuma Munakata, Chiemi Onishi and Yutaka Nakahori : Tracking overweight and obesity in Japanese children; a six years longitudinal study., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.1-2, 114-123, 2010..[著者] ...
閲覧 Chiemi Onishi, Kyoko Yuasa, Masako Sei, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS, Takuro Nakano, Hokuma Munakata and Yutaka Nakahori : Determinants of life satisfaction among Japanese elderly women attending health care and welfare service facilities., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.1-2, 69-80, 2010..[著者] ...
閲覧 Hokuma Munakata, Masako Sei, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS, Mayumi Umeno, Youichi Sato, Takuro Nakano, Kozue Sakamoto, Yukiko Yoshida, Chiemi Onishi and Yutaka Nakahori : Prediction of Japanese children at risk for complications of childhood obesity: gender differences for intervention approaches., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.1-2, 62-68, 2010..[著者] ...
閲覧 吉田 友紀子, 前田 和寿, 勢井 雅子, 佐藤 陽一, 中堀 豊 : 先天性副腎皮質過形成に関する遺伝相談, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.55, No.1, 20-21, 2010年2月..[著者] ...
閲覧 Youichi Sato, Toshikatsu Shinka, Kozue Sakamoto, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS and Yutaka Nakahori : The male-determining gene SRY is a hybrid of DGCR8 and SOX3, and is regulated by the transcription factor CP2., Molecular and Cellular Biochemistry, Vol.337, No.1-2, 267-275, 2010..[著者] ...
閲覧 佐藤 陽一, 新家 利一, エヴィス アシュラフ, 中堀 豊 : 性決定因子SRYの成り立ち, 日本遺伝学会第82回大会 ワークショップ, (巻), (号), (頁), 2010年9月..[著者] ...
閲覧 吉田 友紀子, 岸江 信介, 佐藤 陽一, 中堀 豊, 井本 逸勢 : 集団遺伝学の立場から見た日本語音調成立についての考察, 日本人類遺伝学会第55回大会, (巻), (号), (頁), 2010年10月..[著者] ...
閲覧 吉田 恭史, Binh Quang Tran, 佐藤 陽一, エヴィス アシュラフ, 中堀 豊, 井本 逸勢 : Y染色体多型における日本人男性とベトナム人男性の相違, 日本人類遺伝学会第55回大会, (巻), (号), (頁), 2010年10月..[著者] ...
閲覧 Youichi Sato, Sakura Kosioka, Yasushi Kirino, Takayuki Kamimoto, Kazuyoshi Kawazoe, Shinji Abe, Kazuo Minakuchi and Yutaka Nakahori : Role of dipeptidyl peptidase IV (DPP4) in the development of dyslipidemia: DPP4 contributes to the steroid metabolism pathway., Life Sciences, Vol.88, No.1-2, 43-49, 2011..[著者] ...
閲覧 Youichi Sato, Yano Shojiro, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS and Yutaka Nakahori : SRY interacts with ribosomal proteins S7 and L13a in nuclear speckles., Cell Biology International, Vol.35, No.5, 449-452, 2011..[著者] ...
閲覧 佐藤 陽一, 新家 利一, 中堀 豊 : Y染色体からみた日本人の成り立ち, 第65回日本人類学会大会, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[著者] ...
閲覧 Yutaka Nakahori, Youichi Sato, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS, Teruaki Iwamoto, Toshikatsu Shinka, Shiari Nozawa, Miki Yoshiike, Xin-Jun Yang, Masako Sei, Mikio Namiki, Eitetsu Kou, Naoki Ito, Kiyoshi Komatsu, Kiyomi Matsumiya and Yasuo Nakagome : Climatic influence on the reproductive characteristics of Japanese males, Journal of Human Genetics, Vol.57, No.6, 375-378, 2012..[著者] ...
閲覧 Youichi Sato, Toshikatsu Shinka, Aiko Yamauchi and Yutaka Nakahori : Overview of the genetic variations in the Y chromosome in the Japanese population, The American Society of Human Genetics, 62nd Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Francisco, Nov. 2012..[著者] ...
閲覧 Youichi Sato, Toshikatsu Shinka, Teruaki Iwamoto, Aiko Yamauchi and Yutaka Nakahori : Y chromosome haplogroup D2* lineage is associated with azoospermia in Japanese males, Biology of Reproduction, Vol.88, No.4, 107, 2013..[著者] ...
閲覧 Youichi Sato, Iwamoto Teruaki, Toshikatsu Shinka, Aiko Yamauchi and Yutaka Nakahori : Seasonal variation on the reproductive characteristics and sperm concentration of Japanese males, 7th Copenhagen Workshop on Endocrine Disrupters, (巻), (号), (頁), Copenhagen, May 2013..[著者] ...
閲覧 (種別) : Hiroka Kori, Masako Sei, Yutaka Nakahori and Issei Imoto : Impact of annual BMI gain on obesity development in Japanese 6-year-old nonobese children., Pediatrics International, (巻), (号), (頁), (発行所), (都市), June 2013..[著者] ...
閲覧 Youichi Sato, Iwamoto Teruaki, Toshikatsu Shinka, Nozawa Shiari, Yoshiike Miki, Koh Eitetsue, Kanaya Jiro, Namiki Mikio, Matsumiya Kiyomi, Tsujimura Akira, Komatsu Kiyoshi, Itoh Naoki, Eguchi Jiro, Aiko Yamauchi and Yutaka Nakahori : Y chromosome gr/gr subdeletion is associated with lower semen quality in young men from the general Japanese population but not in fertile Japanese men, Biology of Reproduction, Vol.90, No.6, 116, 2014..[著者] ...
閲覧 Youichi Sato, Toshikatsu Shinka, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS, Aiko Yamauchi, Teruaki Iwamoto and Yutaka Nakahori : Overview of genetic variation in the Y chromosome of modern Japanese males, Anthropological Science, Vol.122, No.3, 131-136, 2014..[著者] ...
閲覧 Youichi Sato, Toshikatsu Shinka, Shiari Nozawa, Miki Yoshiike, Eitetsue Koh, Jiro Kanaya, Mikio Namiki, Kiyomi Matsumiya, Akira Tsujimura, Kiyoshi Komatsu, Naoki Itoh, Jiro Eguchi, Aiko Yamauchi, Teruaki Iwamoto and Yutaka Nakahori : Y chromosome haplogroup D2a1 is significantly associated with high levels of luteinizing hormone in Japanese men, Andrology, Vol.3, No.3, 520-525, 2015..[著者] ...
閲覧 Mohammad Jabasini, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS, Youichi Sato, Yutaka Nakahori and Yoshinobu Baba : Anomalous Separation of Small Y-Chromosomal DNA Fragments on Microchip Electrophoresis, Scientia Pharmaceutica, Vol.84, No.3, 507-513, 2016..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.72, Max(EID) = 372557, Max(EOID) = 996430.