『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=(未定義)
PERM=閲覧 山本 登志子 または
閲覧 鈴木 登志子 (->個人[山本 登志子])

登録情報の数

有効な情報: 21件 + 無効な情報: 8件 = 全ての情報: 29件

全ての有効な情報 (21件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 kawada Norifumi, Ueda Natsuo, Mizoguchi Y., Kobayashi K., Monna T., Morisawa S., Kazunori Ishimura, Toshiko Suzuki and Yamamoto Shozo : Increased 5-lipoxygenase activity in massive hepatic cell necrosis in the rat correlates with neutrophil infiltration, Hepatology, Vol.16, No.2, 462-468, 1992. ...
閲覧 Reddy .R. G., Ueda Natsuo, Toshiko Suzuki, Yamamoto Shozo, Kazunori Ishimura, Kawada Norifumi and Mizoguchi Y. : Characterization of arachidonate 12-lipoxygenase found in the liver of mongrel dog and its immunohistochemical localization in neutrophil., The Tokushima Journal of Experimental Medicine, Vol.42, No.1-2, 27-35, 1995. ...
閲覧 Toshiko Suzuki, Kikuko Watanabe, Yoshihiro Kanaoka, Takeyuki Sato and Osamu Hayaishi : Induction of hematopoietic prostaglandin D synthase in human megakaryocytic cells by phorbol ester., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.241, No.2, 288-293, 1997. ...
閲覧 Toshiko Suzuki-Yamamoto, Mikio Nishizawa, Motonari Fukui, Emiko Okuda-Ashitaka, Tatsuya Nakazima, Seiji Ito and Kikuko Watanabe : cDNA cloning, expression and characterization of human prostaglandin F synthase, FEBS Letters, Vol.462, No.3, 335-340, 1999..[著者] ...
閲覧 樋田 一徳, 石村 和敬, 山本 登志子 : 嗅球ニューロン樹状突起の定量的三次元形態解析, 生理学研究年報, Vol.21, (号), 156-157, (都市), 2000年12月..[著者] ...
閲覧 渡部 紀久子, 山本 登志子 : PGE合成酵素およびPGF合成酵素, 現代化学増刊, Vol.38, (号), 151-156, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 Toshiko Suzuki-Yamamoto, Kazunori Toida, Kikuko Watanabe and Kazunori Ishimura : Immunocytochemical localization of prostaglandin F synthase II in the rat spinal cord., Brain Research, Vol.969, No.1-2, 27-35, 2003..[著者] ...
閲覧 清蔭 恵美, 樋田 一徳, 山本 登志子, 石村 和敬 : 嗅球におけるステロイド合成酵素の局在, 四国医学雑誌, Vol.59, No.4-5, 250-251, 2003年10月..[著者] ...
閲覧 Kayoko Uezu, Hiroyoshi Sei, Atsuko Sano, Kazunori Toida, Toshiko Suzuki-Yamamoto, Takeshi Houtani, Tetsuo Sugimoto, Hiroshi Takeshima, Kazunori Ishimura and Yusuke Morita : Lack of nociceptin receptor alters body temperature during resting period in mice, NeuroReport, Vol.15, No.5, 751-755, 2004..[著者] ...
閲覧 山本 登志子 : 脊髄におけるプロスタグランジン, 四国医学雑誌, Vol.61, No.1,2, 25-30, 2005年4月..[著者] ...
閲覧 Kayoko Uezu, Atsuko Sano, Hiroyoshi Sei, Kazunori Toida, Takeshi Houtani, Tetsuo Sugimoto, Toshiko Suzuki-Yamamoto, Hiroshi Takeshima, Kazunori Ishimura and Yusuke Morita : Enhanced hippocampal acetylcholine release in nociceptin-receptor knockout mice, Brain Research, Vol.1050, No.1-2, 118-123, 2005..[著者] ...
閲覧 清蔭 恵美, 樋田 一徳, 山本 登志子, 清水 紀之, 石村 和敬 : ステロイド5αリダクターゼの脳内局在ー嗅球,小脳,海馬ー, 日本顕微鏡学会第50回シンポジウム, PB-1, 2005年11月..[著者] ...
閲覧 水主 智佳, 樋田 一徳, 宝谷 剛志, 清蔭 恵美, 勢井 宏義, 山本 登志子, 杉本 哲夫, 石村 和敬 : ノシセプチン受容体の脳内局在ー視床下部·中隔·海馬ー, 日本顕微鏡学会第50回シンポジウム, (巻), (号), PB-2, 2005年11月..[著者] ...
閲覧 Emi Kiyokage, Kazunori Toida, Toshiko Suzuki-Yamamoto and Kazunori Ishimura : Localization of 5α-Reductase in the Rat Main Olfactory Bulb, The Journal of Comparative Neurology, Vol.493, No.3, 381-395, 2005..[著者] ...
閲覧 川上 祐生, 平野 詩織, 山本 登志子, 倉橋 優子, 岸本 幸治, 和泉 孝志, 小賀 徹, 成宮 周, 山本 尚三, 高橋 吉孝 : 抗ロイコトリエンC4モノクローナル抗体とその単鎖抗体によるロイコトリエン中和作用., 第84回日本生化学会大会, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 平野 詩織, 木下 麻衣, 大槻 朱美, 川上 祐生, 山本 登志子, 岸本 幸治, 和泉 孝志, 山本 尚三, 高橋 吉孝 : ロイコトリエンに対する単鎖抗体を利用した抗体治療薬開発に向けた基礎研究., 第44回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 2011年11月..[著者] ...
閲覧 川上 祐生, 平野 詩織, 木下 麻衣, 大槻 朱美, 下田 一花, 鈴木 麻希子, 青山 沙絵, 山本 登志子, 木本 眞順美, 福島 光夫, 岸本 幸治, 和泉 孝志, 小賀 徹, 成宮 周, 吉本 谷博, 山本 尚三, 高橋 吉孝 : ロイコトリエン作用に対する抗ロイコトリエンC4単鎖抗体の中和効果., 第54回日本脂質生化学会, 2012年5月..[著者] ...
閲覧 平野 詩織, 木下 麻衣, 大槻 朱美, 川上 祐生, 山本 登志子, 岸本 幸治, 和泉 孝志, 山本 尚三, 高橋 吉孝 : ロイコトリエンに対する単鎖抗体を利用した抗体治療薬開発に向けた基礎研究., 第44回日本栄養・食糧学会中国・四国支部大会, 2012年11月..[著者] ...
閲覧 平野 詩織, 木下 麻衣, 大槻 朱美, 下田 一花, 川上 祐生, 山本 登志子, 鈴木 麻紀子, 青山 沙絵, 木本 眞順美, 福島 光夫, 岸本 幸治, 和泉 孝志, 小賀 徹, 成宮 周, 吉本 谷博, 山本 尚三, 高橋 吉孝 : 抗ロイコトリエンC4モノクローナル抗体とその単鎖抗体によるロイコトリエン中和作用., 第85回日本生化学会大会, 2012年12月..[著者] ...
閲覧 Y Kawakami, S Hirano, M Kinoshita, A Otsuki, Toshiko Suzuki-Yamamoto, M MKimoto Suzuki, M Kimoto, S Sasabe, M Fukushima, Koji Kishimoto, T Izumi, T Oga, S Narumiya, M Sugahara, M Miyano, S Yamamoto and Y Takahashi : Neutralization of leukotriene C4 and D4 activity by monoclonal and single-chain antibodies., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1840, No.6, 1625-1633, 2014..[著者] ...
閲覧 津嘉山 泉, 武田 泰典, 戸田 圭祐, 目賀 拓斗, 川上 祐生, 高橋 吉孝, 木本 眞順美, 山本 圭, 村上 誠, 山本 登志子 : 皮膚癌モデルマウスにおける自然薯の抗炎症・抗腫瘍効果, 日本農芸化学会2016, 2016年3月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 0.37, Max(EID) = 382764, Max(EOID) = 1022343.