『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=(未定義)
PERM=閲覧 南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])

登録情報の数

有効な情報: 105件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 107件

全ての有効な情報 (105件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Yukiko Matsuzawa, Keiji Minagawa, Kenichi Yoshikawa and Masao Doi : Dynamic Behavior of Large DNA Molecules in an Aqueous Solution toward the Understanding of Pulsed-Field Electrophoresis, Nucleic Acids Symposium Series, Vol.22, (号), 77-78, 1990..[著者] ...
閲覧 Yukiko Matsuzawa, Keiji Minagawa, Kenichi Yoshikawa, Mitsuhiro Matsumoto and Masao Doi : Conformational Dynamics of DNA Affected by Intercalation and Minor Groove Binding: Direct Observation of Large DNA, Nucleic Acids Symposium Series, Vol.25, (号), 131-132, 1991..[著者] ...
閲覧 Keiji Minagawa, Yukiko Matsuzawa, Kenichi Yoshikawa, Mitsuhiro Matsumoto and Masao Doi : Direct Observation of the Biphasic Conformational Change of DNA Induced by Cationic Polymers, FEBS Letters, Vol.295, (号), 67-69, 1991..[著者] ...
閲覧 Mitsuhiro Matsumoto, Toshimasa Sakaguchi, Hideyuki Kimura, Masao Doi, Keiji Minagawa, Yukiko Matsuzawa and Kenichi Yoshikawa : Direct Observation of Brownian Motion of Macromolecules by Fluorescence Microscope, Journal of Polymer Science Part B: Polymer Physics, Vol.30, (号), 779-783, 1992..[著者] ...
閲覧 南川 慶二, 吉川 研一 : DNA分子のダイナミックスの直接観察, 化学, Vol.47, No.8, 101-102, 1992年8月..[著者] ...
閲覧 Kenichi Yoshikawa, Yukiko Matsuzawa, Keiji Minagawa, Masao Doi and Mitsuhiro Matsumoto : Opposite Effect between Intercalator and Minor Groove Binding Drugs on the Higher Order Structure of DNA as Is Visualized by Fluorescence Microscopy, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.188, No.3, 1274-1279, 1992..[著者] ...
閲覧 Keiji Minagawa, Yukiko Matsuzawa, Kenichi Yoshikawa, Chitoshi Nishimura, Mizuo Maeda and Makoto Takagi : Dynamical Conformational Change of DNA Molecules Induced by Synthetic Polymers: Direct Observation by Fluorescence Microscopy, Nucleic Acids Symposium Series, Vol.27, (号), 69-70, 1992..[著者] ...
閲覧 Keiji Minagawa, Yukiko Matsuzawa, Kenichi Yoshikawa, Yuichi Masubuchi, Mitsuhiro Matsumoto, Masao Doi, Chitoshi Nishimura and Mizuo Maeda : Change of the Higher Order Structure of DNA Induced by the Complexation with Intercalating Synthetic Polymer, as Is Visualized by Fluorescence Microscopy, Nucleic Acids Research, Vol.21, No.1, 37-40, 1993..[著者] ...
閲覧 Yuichi Masubuchi, Hidehiro Oana, Kentaro Ono, Mitsuhiro Matsumoto, Masao Doi, Keiji Minagawa, Yukiko Matsuzawa and Kenichi Yoshikawa : Periodic Behavior of DNA Molecules during Steady Field Gel Electrophoresis, Macromolecules, Vol.26, No.19, 5269-5270, 1993..[著者] ...
閲覧 Keiji Minagawa, Yukiko Matsuzawa, Kenichi Yoshikawa, Alexei R. Khokhlov and Masao Doi : Direct Observation of the Coil-globule Transition in DNA Molecules, Biopolymers, Vol.34, No.4, 555-558, 1994..[著者] ...
閲覧 南川 慶二 : 微粒子分散系流体のエレクトロレオロジー効果とエレクトロマグネトレオロジー効果, 新化学発展協会クラスター·超微粒子分科会第1回ミニシンポジウム, (巻), (号), (頁), 1995年2月..[著者] ...
閲覧 三島 有二, 本仲 純子, 丸山 健一, 南川 慶二, 池田 早苗 : カーボンペースト電極上での固定DNAとトリスビピリジルオスミウム(II/III)錯体の相互作用, 第24回核酸シンポジウム, (巻), (号), (頁), 1997年10月..[著者] ...
閲覧 三島 有二, 本仲 純子, 丸山 健一, 南川 慶二, 池田 早苗 : オスミウム錯体を用いた電極測定法によるDNA配列認識, 第24回核酸シンポジウム, (巻), (号), (頁), 1997年10月..[著者] ...
閲覧 久米 克典, 本仲 純子, 増田 精造, 南川 慶二 : α-アセトアミドアクリル酸のスチレンとの共重合及び電極への固定, 第5回中国四国支部分析化学若手セミナー, (巻), (号), (頁), 1999年8月..[著者] ...
閲覧 久米 克典, 本仲 純子, 増田 精造, 南川 慶二, 三島 有二 : αーアセドアミドアクリル酸のスチレンとの共重合および電極への固定, 日本化学会第77秋季年会, (巻), (号), (頁), 1999年9月..[著者] ...
閲覧 本仲 純子, 三島 有二, 丸山 健一, 久米 克典, 南川 慶二, 増田 精造 : 共重合高分子膜を用いる金属イオン測定用電極の挙動, 第46回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会, (巻), (号), (頁), 2000年11月..[著者] ...
閲覧 Sachiyo Kamitani, Yuka Arai, Yuki Konishi, Shinsuke Nakanishi, Takuya Oshima, Junko Yamaguchi, Arisa Ishii, Tomoki Fujita, Keiji Minagawa and Mikito Yasuzawa : Chemistry Laboratory Class in Senior High School by University Students, Proceedings of Asian Conference on Engineering Education 2009 (ACEE2009), Busan, Oct. 2009..[著者] ...
閲覧 Mikito Yasuzawa, Keiji Minagawa, Sachiyo Kamitani, Yuka Arai, Yuki Konishi, Shinsuke Nakanishi, Takuya Oshima, Junko Yamaguchi, Arisa Ishii, Tomoki Fujita, Hidemi Mishima, Akihiro Orino and Eisaku Satou : Production of Chemistry Laboratory Class for Senior High School Freshmen, Proceedings of Asian Conference on Engineering Education 2009 (ACEE2009), Busan, Oct. 2009..[著者] ...
閲覧 荒川 幸弘, 大西 崇裕, 幸田 貴大, 佐藤 文彬, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 高分子固定化フラビン触媒の開発, 第63回高分子討論会, 2014年9月..[著者] ...
閲覧 幸田 貴大, 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 陽イオン交換樹脂を利用するカチオン性フラビンの調製と触媒反応, 第29回中国四国地区高分子若手研究会, 2014年10月..[著者] ...
閲覧 戸田 祐次, 坂東 貴典, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 田中 正己 : α,α-二置換型両親媒性モノマーを用いた有機ー無機ハイブリッド材料の合成, 第29回中国四国地区高分子若手研究会, 2014年10月..[著者] ...
閲覧 河内 梨紗, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 含フラビン架橋ポリスチレンの合成と触媒作用, 第29回中国四国地区高分子若手研究会, 2014年10月..[著者] ...
閲覧 芥川 遼, 南川 慶二, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣 : LDH固定化フラビン触媒の合成とその触媒作用, 2014年日本化学会中国四国支部大会, 2014年11月..[著者] ...
閲覧 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン分子触媒のレジンへの担持と触媒作用, 2014年日本化学会中国四国支部大会, 2014年11月..[著者] ...
閲覧 大西 崇裕, 幸田 貴大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 陽イオン交換樹脂を利用するカチオン性フラビンの調製と触媒反応, 2014年日本化学会中国四国支部大会, 2014年11月..[著者] ...
閲覧 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : アミノ基含有樹脂へのフラビン分子触媒の担持, 日本化学会第95春季年会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 大西 崇裕, 幸田 貴大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : カチオン性フラビン分子調製法の開発, 日本化学会第95春季年会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 幸田 貴大, 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 陽イオン交換樹脂担持型カチオン性フラビン分子の酸化触媒作用, 日本化学会第95春季年会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン分子を触媒としたフォトレドックス反応, 日本化学会第95春季年会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン触媒によるアルデヒドの光誘起チオアセタール化反応, 日本化学会第95春季年会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 上田 峻, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フローマイクロリアクターを用いたニトロンへの求核付加反応, 日本化学会第95春季年会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 河内 梨紗, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 含フラビンポリスチレンの合成と触媒作用, 日本化学会第95春季年会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 南川 慶二 : よみがえった「徳島エンゲル楽団」, --- エンゲル・松江記念音楽祭15年間のあゆみ ---, 青島戦ドイツ兵俘虜収容所研究, (巻), No.12, 49-58, (都市), 2015年4月..[著者] ...
閲覧 Yukihiro Arakawa, Takahiro Oonishi, Takahiro Kohda, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Novel preparation method of flavinium organocatalysts, The 39th Naito Conference of the chemistry of organocatalysts, Sapporo, Japan, July 2015..[著者] ...
閲覧 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン触媒によるアルデヒドの光誘起α-オキシアミノ化反応, 第48回酸化反応討論会, 2015年10月..[著者] ...
閲覧 石坂 森一郎, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 安澤 幹人, 田中 正己 : リン脂質類似双性イオン側鎖を持つポリマーの合成, エレクロトレオロジー研究会第35回例会, 2015年12月..[著者] ...
閲覧 柏木 諒, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 田中 正己 : 無保護α-アミノ酸からの2-イミノヒダントインのワンポット合成, エレクロトレオロジー研究会第35回例会, 2015年12月..[著者] ...
閲覧 宮本 拓弥, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 田中 正己 : アミノアルコールを中間体とする光学活性1,2-グアニジノチオールの合成, エレクロトレオロジー研究会第35回例会, 2015年12月..[著者] ...
閲覧 Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Visible Light-Induced alfa-Oxyamination of Aldehydes with Flavin Organocatalysts, LED総合フォーラム2015 in 徳島 論文集, 121-122, 2015..[著者] ...
閲覧 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビンーアミン複合型触媒によるアルデヒドの光誘起αーオキシアミノ化反応, 「有機分子触媒による未来型分子変換」 第6回 公開シンポジウム, 2016年1月..[著者] ...
閲覧 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : ペプチド鎖を有するフラビン分子による触媒的酸素酸化反応, 「有機分子触媒による未来型分子変換」 第6回 公開シンポジウム, 2016年1月..[著者] ...
閲覧 Yoshiaki Taniguchi, Tsubasa Miki, Takanori Mitsuno, Yasuhide Ohno, Masao Nagase, Keiji Minagawa and Mikito Yasuzawa : Hydrophilic Graphene Film by Molecular Functionalization, The 43rd International Symposium on Compound Semiconductor, (都市), June 2016..[著者] ...
閲覧 南川 慶二 : よみがえった「徳島エンゲル楽団」(2), --- 徳島・板東収容所に響いたバイオリンの調べ ---, 青島戦ドイツ兵俘虜収容所研究, (巻), No.13, 37-56, (都市), 2016年8月..[著者] ...
閲覧 荒川 幸弘, 山野本 健, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 酸素酸化触媒機能を有する樹脂担持フラボペプチドの開発, 高分子討論会, 2016年9月..[著者] ...
閲覧 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 : フェニルトロキサミンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 高分子討論会, 2016年9月..[著者] ...
閲覧 Taniguchi Yoshiaki, Miki Tsubasa, Mitsuno Takanori, Yasuhide Ohno, Masao Nagase, Keiji Minagawa and Mikito Yasuzawa : Fabrication of hydrophilic graphene film by molecular functionalization, Physica Status Solidi (B) Basic Solid State Physics : PSS, Vol.254, No.2, 1600524-(4pp), 2016..[著者] ...
閲覧 谷口 嘉昭, 三木 翼, 光野 琢仁, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 南川 慶二, 安澤 幹人 : 新規合成分子を用いた表面修飾による単結晶グラフェンの親水化, 第8回集積化MEMSシンボジウム, No.25pm4-PM-017, (頁), 2016年10月..[著者] ...
閲覧 曽我部 佳子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一, 今田 泰嗣 : 高分子反応による高分子担持型フラビン触媒の合成及び触媒機能評価, 2016日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 三木 翼, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 安澤 幹人, 今田 泰嗣 : ホスホリルコリン基を有するピレン誘導体の合成, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 田仲 桃子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : アキラルなジグアニジンとキラルな酸との塩形成を鍵とする不斉有機塩基触媒の開発, 2016年日本化学会中国四国大会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 悴山 榛香, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : ケトニトロンとカルボジイミドによる[3+2]環化付加反応, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 林 晃己, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : ジカルボジイミドとジアミンの付加反応による大環状グアニジン化合物の合成とその触媒作用, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 馬部 翔伍, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 直田 健, 今田 泰嗣 : フラビン骨格を有するグルコース誘導体のゲル化と触媒作用, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 Taniguchi Yoshiaki, Miki Tsubasa, Mitsuno Takanori, Yasuhide Ohno, Masao Nagase, Keiji Minagawa and Mikito Yasuzawa : Protein adsorption characteristics on bare and phosphorylcholine-modified graphene films on SiC substrate, 29th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2016), No.11P-11-16, Kyoto, Japan, Nov. 2016..[著者] ...
閲覧 曽我部 佳子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一, 今田 泰嗣 : 含フラビンポリメタクリル酸の合成とその触媒作用, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 粟谷 皐平, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 含フラビンポリマーマイクロスフィアの調製とその触媒作用, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン分子によるフォトレドックス触媒反応系の開発, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 可視光照射を鍵とするアルデヒドのチオアセタール化反応, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 有木 健太, 佐藤 文彬, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 多孔性含フラビンポリマーの合成とその触媒作用, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビニウムレジン触媒を用いる酸化反応, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 短いペプチド鎖を有するフラビン分子触媒による酵素類似の酸素酸化反応, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 荒川 幸弘, 山野本 健, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 酵素類似の酸素酸化触媒機能を有するN(5)-無置換中性フラビン分子の開発, 第9回有機触媒シンポジウム, 2016年12月..[著者] ...
閲覧 Yukihiro Arakawa, Risa Kawachi, Yoshihiko Tezuka, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Synthesis of Insoluble Polystyrene-Supported Flavins and Their Catalysis in Aerobic Reduction of Olefins, Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, Vol.55, No.10, 1706-1713, 2017..[著者] ...
閲覧 谷口 嘉昭, 三木 翼, 光野 琢仁, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 南川 慶二, 安澤 幹人 : 分子修飾機能化による SiC 上グラフェンの非特異吸着の抑制, 第64回応用物理学会春季学術講演会(応物2017春), No.15a-B6-7, 15-085-(1pp), 2017年3月..[著者] ...
閲覧 Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Mechanistic Aspect of Photoinduced -Oxyamination of Aldehydes Catalyzed by Flavin-Amine Integrated Molecules, The 97th CSJ annual meeting, March 2017..[著者] ...
閲覧 Yukihiro Arakawa, Takahiro Kohda, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Brønsted Acid Catalysed Aerobic Reduction of Olefins by Diimide Generated In Situ from Hydrazine, SynOpen, Vol.1, No.1, 11-14, 2017..[著者] ...
閲覧 Yukihiro Arakawa, Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Keiji Minagawa, Masami Tanaka, Naoki Haraguchi, Shinichi Itsuno and Yasushi Imada : Design of Peptide-Containing N5-Unmodified Neutral Flavins That Catalyze Aerobic Oxygenations, Chemical Science, No.8, 5468-5475, 2017..[著者] ...
閲覧 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 : カルビノキサミンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第66回高分子学会年次大会, 2017年5月..[著者] ...
閲覧 谷口 嘉昭, 三木 翼, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 南川 慶二, 安澤 幹人 : ホスホリルコリン修飾によるグラフェン表面のタンパク質吸着抑制, 電子デバイス研究会(ED), (号), 13, 2017年8月..[著者] ...
閲覧 杉岡 賢人, 谷口 嘉昭, 三木 翼, 田原 雅章, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 安澤 幹人 : SiC グラフェンを用いた親水化処理における修飾分子依存性, 第78回応用物理学会秋季学術講演会(応物2017秋), No.8a-C16-16, 15-186-(1pp), 2017年9月..[著者] ...
閲覧 Taniguchi Yoshiaki, Milki Tsubasa, Yasuhide Ohno, Masao Nagase, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada, Keiji Minagawa and Mikito Yasuzawa : Intrinsic response of protein adsorption to graphene film on SiC substrate, Proceedings of 2017 International Conference on Solid State Devices and Materials, (都市), Sep. 2017..[著者] ...
閲覧 田中 正己, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 荒川 幸弘 : オルフェナドリンとヒト血清アルブミンとの相互作用, 第66回高分子討論会, 2017年9月..[著者] ...
閲覧 南川 慶二 : よみがえった「徳島エンゲル楽団」(3), --- 徳島市での「歓喜の歌」日本初演100周年 ---, 青島戦ドイツ兵俘虜収容所研究, (巻), No.14, 45-54, (都市), 2017年9月..[著者] ...
閲覧 谷口 嘉昭, 三木 翼, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 南川 慶二, 安澤 幹人 : ホスホリルコリン修飾グラフェンのタンパク質吸着特性, 第9回「集積化MEMSシンボジウム」, (号), 02am2-B-2-(3pp), 2017年11月..[著者] ...
閲覧 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビニウムレジン触媒を用いる酸素酸化反応, 第10回有機触媒シンポジウム, 2017年11月..[著者] ...
閲覧 山野本 健, 喜多 葉月, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 酵素類似酸化能を実現する含フラビンペプチドの理論設計, 第10回有機触媒シンポジウム, 2017年11月..[著者] ...
閲覧 谷口 嘉昭, 三木 翼, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 南川 慶二, 安澤 幹人 : 分子修飾技術を用いたグラフェン表面のタンパク質吸着抑制, 平成 29 年度第 4 回半導体エレクトロニクス部門委員会・講演会, (号), P10-(4pp), 2018年1月..[著者] ...
閲覧 谷口 嘉昭, 三木 翼, 大野 恭秀, 永瀬 雅夫, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 南川 慶二, 安澤 幹人 : イミノビオチン修飾グラフェンによるアビジン吸着特性の pH 制御, 第65回応用物理学会春季学術講演会(応物2018春), No.18a-C202-10, 15-057-(1pp), 2018年3月..[著者] ...
閲覧 原 桃子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 主鎖にグアニジノ基を配列したキラルポリマーの合成とその触媒作用, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 NGUYEN THI TUYET MAI, 岩井 健祐, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : アセチルアセトンをプロ求核剤とする環状ニトロンα位の直接アセトニル化反応, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 喜多 葉月, 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : N5-無置換中性フラビン分子を触媒とする酸素酸化Baeyer-Villiger反応, 日本化学会第98春季年会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 Takahiro Oonishi, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Development of Flavinium-Resins as Readily Available Oxidation Organocatalysts, 日本化学会第98春季年会, March 2018..[著者] ...
閲覧 Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Design of Peptide-Containing N5-Unmodified Neutral Flavins That Catalyze Aerobic Oxygenations, 日本化学会第98春季年会, March 2018..[著者] ...
閲覧 Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Development of Flavin-Amine Integrated Catalysts for Dual Photoredox and Enamine Catalysis, 日本化学会第98春季年会, March 2018..[著者] ...
閲覧 Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Enzyme-like Regiodivergent Behavior of a Flavopeptide Catalyst in Aerobic Baeyer-Villiger Oxidation, Chimia, Vol.72, No.12, 866-869, 2018..[著者] ...
閲覧 荒川 幸弘, 喜多 葉月, 山野本 健, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 樹脂担持フラボペプチドの酸化触媒機能開拓, 第67回高分子討論会, 2018年9月..[著者] ...
閲覧 Hazuki Kita, Ken Yamanomoto, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Enzyme-like Aerobic Oxygenations Catalyzed by a Peptide-Containing N5-Unmodified Neutral Flavin, The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, Kyoto, Nov. 2018..[著者] ...
閲覧 Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Flavin-Amine Integrated Catalysts for Dual Photoredox and Enamine Catalysis, The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, Kyoto, Nov. 2018..[著者] ...
閲覧 Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Neutral-Flavin Catalyzed Oxidations with Hydrogen Peroxide, The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, Kyoto, Nov. 2018..[著者] ...
閲覧 Takahiro Oonishi, Takayuki Kawahara, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Practical Preparation of N5-Ethylated Flavin Catalysts, The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, Kyoto, Nov. 2018..[著者] ...
閲覧 桑田 真廉, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : ジスルフィドを反応剤とする触媒的チオエステル交換反応, 2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 原 桃子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 規則的配列を有する集積型キラルグアニジンの合成とその触媒作用, 2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 松本 優一, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 光学活性な大環状テトラグアニジンの合成とその触媒作用, 2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 川﨑 康平, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 高分子担持型N5位エチル化フラビンの合成とその触媒作用, 2018年日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Design of Peptide-Containing N5-Unmodified Neutral Flavins That Catalyze Aerobic Oxygenations, The 12th SPSJ International Polymer Conference (IPC 2018), Hiroshima, Dec. 2018..[著者] ...
閲覧 Momoko Hara, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Synthesis of Chiral Polymers Containing Sequenced Guanidino Groups in the Main Chain and Their Catalysis, The 12th SPSJ International Polymer Conference, Hiroshima, Dec. 2018..[著者] ...
閲覧 Takahiro Oonishi, Takayuki Kawahara, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Greener Preparation of 5-Ethyl-4a-hydroxyisoalloxazine and Its Use for Catalytic Aerobic Oxygenations, European Journal of Organic Chemistry, Vol.2019, No.8, 1791-1795, 2019..[著者] ...
閲覧 川原 孝之, 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : N5-エチル-4a-ヒドロキシイソアロキサジンの実用的合成法とその酸素酸化触媒機能, 日本化学会第99春季年会, 2019年3月..[著者] ...
閲覧 上田 祐, 喜多 葉月, 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 均一系フラボペプチド触媒による酵素類似酸素酸化反応, 日本化学会第99春季年会, 2019年3月..[著者] ...
閲覧 亀井 健佑, 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 環状ジチオアセタール S,S-ジオキシドからカルボニルへの可視光駆動型直接変換反応, 日本化学会第99春季年会, 2019年3月..[著者] ...
閲覧 Ken Yamanomoto, Hazuki Kita, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : N5-Unmodified flavins that catalyze enzyme-like oxidations, 日本化学会第99春季年会, March 2019..[著者] ...
閲覧 Taniguchi Yoshiaki, Miki Tsubasa, Yasuhide Ohno, Masao Nagase, Yukihiro Arakawa, Yasushi Imada, Keiji Minagawa and Mikito Yasuzawa : Suppression of protein adsorption on a graphene surface by phosphorylcholine functionalization, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.58, No.5, 055001, 2019..[著者] ...
閲覧 Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Flavin-Peptide-Polymer Hybrid as a Biomimetic Oxidation Catalyst, The 1st International Symposium on Hybrid Catalysis for Enabling Molecular Synthesis on Demand, Tokyo, May 2019..[著者] ...
閲覧 Keiji Minagawa, Minoru Watanabe, Takahito Saito and Hiroyuki Ukida : Learning through Teaching Programs of Science and Technology for University Students, 8th Asian Conference on Engineering Education (ACEE2019), (巻), (号), (頁), Kota Kinabalu, June 2019..[著者] ...
閲覧 Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Efficient Use of Photons in Photoredox/Enamine Dual Catalysis with a Peptide-Bridged FlavinAmine Hybrid, Organic Letters, Vol.21, No.17, 6978-6982, 2019..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.61, Max(EID) = 359798, Max(EOID) = 963761.