『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=(未定義)
OWN=閲覧 山﨑 尚志 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.生命薬学系.薬物治療学])

登録情報の数

有効な情報: 101件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 102件

全ての有効な情報 (101件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 紙田 真喜夫, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 : ラットミトコンドリアADP/ATP透過担体をコードする遺伝子の転写調節機構の解析, 日本薬学会 第112年会, (巻), (号), (頁), 1992年3月. ...
閲覧 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 褐色脂肪組織に特異的なタンパク質をコードする遺伝子の解析, 日本薬学会 114年会, (巻), (号), (頁), 1994年3月. ...
閲覧 山﨑 尚志, 島 厚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 褐色脂肪組織に特異的なタンパク質をコードするcDNAの単離と構造解析, 日本薬学会 第115年会, (巻), (号), (頁), 1995年3月. ...
閲覧 山﨑 尚志, 島 厚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 褐色脂肪組織に特異的なタンパク質をコードするcDNAの単離と構造解析, 第68会日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 1995年9月. ...
閲覧 山﨑 尚志, 山中 靖久, 篠原 康雄, 島 厚志, 寺田 弘 : ヒト筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠをコードするcDNAの単離と構造解析, 日本薬学会 第116年会, (巻), (号), (頁), 1996年3月. ...
閲覧 Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : Isolation and characterization of cDNA and genomic clones encoding human muscle type carnitine palmitoyltransferase I, 12th International Symposium of Federation of Asian and Oceanian Biochemists and Molecular Biologist, (巻), (号), (頁), Tokushima, July 1996. ...
閲覧 大黒 多希子, 篠原 康雄, 島 厚志, 山﨑 尚志, 寺田 弘 : 褐色脂肪組織と白色脂肪組織におけるエネルギー代謝機構の相違, 第69回日本生化学会・第19回日本分子生物学会年会合同年会, (巻), (号), (頁), 1996年8月. ...
閲覧 山﨑 尚志, 山中 靖久, 橋本 良子, 篠原 康雄, 島 厚志, 寺田 弘 : ヒト筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠをコードする遺伝子の単離と構造解析, 第69回日本生化学会・第19回日本分子生物学会年会合同年会, (巻), (号), (頁), 1996年8月. ...
閲覧 山中 靖久, 橋本 良子, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 : ヒトの筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠをコードする遺伝子の単離と構造解析, 日本薬学会 第117年会, (巻), (号), (頁), 1997年3月. ...
閲覧 山﨑 尚志, 山中 靖久, 橋本 良子, 篠原 康雄, 島 厚志, 寺田 弘 : ヒトの筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠをコードする遺伝子とその上流領域の構造解析, 第70回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 1997年9月. ...
閲覧 大黒 多希子, 篠原 康雄, 島 厚志, 山﨑 尚志, 寺田 弘 : 寒冷条件下で誘発される褐色脂肪細胞における筋型脂肪酸結合タンパク質の特異的転写レベルの亢進, 第70回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 1997年9月. ...
閲覧 橋本 良子, 山﨑 尚志, 寺田 弘 : 筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠ遺伝子の構造解析, 第36回日本薬学会・日本病院薬剤師会学術大会 中国四国支部大会, (巻), (号), (頁), 1997年11月. ...
閲覧 山﨑 尚志, 平松 隆之, 篠原 康雄, 寺田 弘 : マウス筋型carnitine palmitoyltransferase IをコードするcDNAおよびゲノムDNAの単離と構造解析, 日本薬学会 第118年会, (巻), (号), (頁), 1998年3月. ...
閲覧 橋本 良子, 山﨑 尚志, 平松 隆之, 山中 靖久, 寺田 弘 : 筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠをコードする遺伝子の上流領域の構造解析, 日本薬学会 第118年会, (巻), (号), (頁), 1998年3月. ...
閲覧 大黒 多希子, 佐野 友香, 山﨑 尚志, 島 厚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 褐色脂肪組織においてUCPと協調的に発現するH-FABP, 日本薬学会 第118年会, (巻), (号), (頁), 1998年3月. ...
閲覧 大黒 多希子, 篠原 康雄, 山﨑 尚志, 寺田 弘 : 褐色脂肪組織で営まれているエネルギー代謝系のキャラクタリゼーション, 第3回 アディポサイエンス研究会, (巻), (号), (頁), 1998年8月. ...
閲覧 山﨑 尚志, 平松 隆之, 中村 香織, 篠原 康雄, 寺田 弘 : ヒト,ラット,マウスの筋型carnitine palmitoyltransferase Iをコードする遺伝子の上流領域の構造的特徴, 第71回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 1998年10月. ...
閲覧 山﨑 尚志, 中村 香織, 平松 隆之, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 上流に位置する遺伝子中にoverlapして存在するヒト筋型carnitine palmitoyltransferase I遺伝子エクソンの存在意義, 日本薬学会 第119年会, (巻), (号), (頁), 1999年3月. ...
閲覧 佐野 友香, 大黒 多希子, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 心筋型脂肪酸結合タンパク質の遺伝子構造と転写調節機構, 日本薬学会 第119年会, (巻), (号), (頁), 1999年3月. ...
閲覧 大黒 多希子, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 褐色脂肪組織でのエネルギー代謝に関わるタンパク質の発現, 日本薬学会 第119年会, (巻), (号), (頁), 1999年3月. ...
閲覧 平松 隆之, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠをコードする遺伝子の上流領域の構造解析, 第72回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 1999年10月. ...
閲覧 山﨑 尚志, 新藤 雅之, 梶本 和昭, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 上流に位置する遺伝子中にoverlapして存在するヒト筋型carnitine palmitoyltransferase I遺伝子, 第72回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 1999年10月. ...
閲覧 山﨑 尚志, 新藤 雅之, 篠原 康雄, 寺田 弘 : ヒト筋型CPTIとCK/EKの2つの遺伝子領域を含んだmRNAのキャラクタリゼーション, 日本薬学会 第120年会, (巻), (号), (頁), 2000年3月. ...
閲覧 Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : Novel carnitine palmitoyltransferase I isoform in rat BAT, The Joint Symposium between Seoul National University and University of Tokushima on Pharmacy (10th Anniversary of Exchange Program), (巻), (号), (頁), Aug. 2000. ...
閲覧 山﨑 尚志, 梶本 和昭, 大黒 多希子, 濱田 祐二, 日野 真美, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 褐色脂肪組織に優位に発現している新規cDNAクローンの解析, 日本薬学会 第121年会, (巻), (号), (頁), 2001年3月. ...
閲覧 梶本 和昭, 大黒 多希子, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 : イソクエン酸脱水素酵素の褐色脂肪組織におけるドミナントな発現, 日本薬学会 第121年会, (巻), (号), (頁), 2001年3月. ...
閲覧 谷田 佳代, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 哺乳類のミトコンドリアに発現したADP/ATP透過担体の構造特性, 第74回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2001年10月. ...
閲覧 梶本 和昭, 大黒 多希子, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 褐色脂肪組織におけるイソクエン酸脱水素酵素の転写レベルの解析, 第74回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2001年10月. ...
閲覧 山﨑 尚志, 日野 真美, 山本 武範, 篠原 康雄, 寺田 弘 : 上流に位置する遺伝子領域を介した筋型carnitine palmitoyltransferase I遺伝子の転写調節, 第74回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2001年10月. ...
閲覧 梶本 和昭, 篠原 康雄, 大黒 多希子, 島 厚志, 山﨑 尚志, 寺田 弘 : 褐色脂肪組織における心筋型脂肪酸結合タンパク質の発現とその転写調節機構, 第23回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2001年11月. ...
閲覧 Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : High Expression of a Novel Carnitine Palmitoyltransferase I in Brown Adipose Tissue and Muscle: Isolation and Characterization of its cDNA and Genomic Clones, The 9th Korea-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Seoul, May 2002. ...
閲覧 喜多 史代, 梶本 和昭, 篠原 康雄, 山﨑 尚志, 寺田 弘 : 褐色脂肪組織におけるミトコンドリアタンパク質の発現量とミトコンドリア含量との相関性に関する解析, 第75回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2002年10月. ...
閲覧 久保井 覚, 鶴本 智大, 佐川 幾子, 真島 英司, 篠原 康雄, 寺田 弘 : がん細胞ミトコンドリアで発現増大するタンパク質群の解析, 第75回 日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2002年10月. ...
閲覧 Kazuaki Kajimoto, Takiko Daikoku, Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : Dominant Expression of NAD+-dependent Isocitrate Dehydrogenase in Brown Adipose Tissue, 42nd American Society for Cell Biology Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Francisco, Dec. 2002. ...
閲覧 梶本 和昭, 山﨑 尚志, 島 厚志, 寺田 弘, 篠原 康雄, 馬場 嘉信 : 褐色脂肪組織におけるエネルギー代謝系のキャラクタリゼーション, 平成14年度産業技術総合研究所四国センターシンポジウム, (巻), (号), (頁), 2002年12月. ...
閲覧 Mami Hino, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : Effect of Serum on Glucose transporter and Hexokinase in Fibroblast 3Y1, 42nd American Society for Cell Biology Annual Meeting, (巻), (号), (頁), San Francisco, Dec. 2002. ...
閲覧 久保井 覚, 鶴本 智大, 佐川 幾子, 真島 英司, 篠原 康雄, 寺田 弘 : がん細胞ミトコンドリアにおけるADP/ATP透過担体複合体のアイソフォーム変動, 日本薬学会 第123年会, (巻), (号), (頁), 2003年3月. ...
閲覧 山﨑 尚志 : 筋型カルニチンパルミトイル転移酵素の発見とその極めて稀な遺伝子構造の解明, 日本薬学会第124年会要旨集, (巻), (号), (頁), 2004年3月. ...
閲覧 渡邊 裕美, 豊田 行康, 三輪 一智, 白石 彰彦, 清野 裕, 八代 嘉美, 稲垣 員洋, 篠原 康雄, 吉江 紀夫 : ラット肝実質細胞ミトコンドリアにおけるグルコキナーゼの分布, 日本薬学会第124年会要旨集, (巻), (号), (頁), 2004年3月. ...
閲覧 松尾 泰佑, 鈴木 真希子, 倉田 美保, 山﨑 尚志, 篠原 康雄 : 筋型カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠ遺伝子の多型の解析, 第6回長井長義記念シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2005年7月. ...
閲覧 山﨑 尚志, 今村 早喜, 佐藤 裕一, 山本 武範, 篠原 康雄, 寺田 弘 : Characterization of Novel cDNA from Rat Brown Adipose Tissue: It Codes a Protein Containing Dbl Homology, Bin/Amphiphysin/Rvs and Src Homology 3 Domains, 第78回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2005年10月. ...
閲覧 渡邊 政博, 山本 武範, 喜多 史代, 梶本 和昭, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 寺田 弘, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 : 褐色脂肪組織の機能亢進に伴う遺伝子発現変動のマイクロアレイ解析, 第26回日本肥満学会, (巻), (号), (頁), 2005年10月. ...
閲覧 山本 武範, 山田 安希子, 吉村 勇哉, 山下 菊治, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Caイオンによって誘導される酵母ミトコンドリアの透過性遷移とシトクロムc放出, 第27回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2005年11月. ...
閲覧 松尾 泰佑, 鈴木 真希子, 倉田 美保, 山﨑 尚志, 篠原 康雄 : 変異導入したM-CPTIの安定性および酵素活性の解析, 第44回 日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2005年11月. ...
閲覧 赤峰 理恵, 山本 武範, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 石川 満, 馬場 嘉信, 篠原 康雄 : 組織間や動物種間での遺伝子発現の比較に適した標準遺伝子, 第44回 日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2005年11月. ...
閲覧 Takenori Yamamoto, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Two critical factors affecting the release of mitochondrial cytochrome c as revealed by studies using N,N'-dicyclohexylcarbodiimide as an inducer of permeability transition, The 11th Korea-Japan Joint Symposium on Drug Design and Development, (巻), (号), (頁), Cheju, May 2006. ...
閲覧 Naoshi Yamazaki, Saki Imamura, Hirokazu Sato, Arisa Hironaga, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara and Hiroshi Terada : cDNA from Rat Brown Adipose Tissue Codes a Novel Protein Containing DH, BAR, and SH3 Domains, 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, (巻), (号), (頁), Kyoto, June 2006. ...
閲覧 山﨑 尚志 : 褐色脂肪組織に特徴的なタンパク質の探索, 国立大学法人徳島大学薬友会近畿支部総会及び大阪サテライトオフィス合同交流会, (巻), (号), (頁), 2006年7月. ...
閲覧 山本 武範, 山田 安希子, 渡邊 政博, 吉村 勇哉, 山﨑 尚志, 吉村 好之, 山内 卓, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Expression levels of voltage-dependent anion channel (VDAC) isoforms in mitochondrial outer membrane revealed by immunological and proteomics techniques, 第28回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2006年11月. ...
閲覧 山田 安希子, 山本 武範, 山﨑 尚志, 永田 俊彦, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Differential protein release from mitochondria induced by Ca2+ and valinomycin as revealed by immunological and proteomics techniques, 第6回ミトコンドリア学会, (巻), (号), (頁), 2006年12月. ...
閲覧 Ken Hirano, Yuichiro Yoshida, Tomomi Ishido, Yukihisa Wada, Naoji Moriya, Naoshi Yamazaki, Yoshiyuki Mizushina, Yoshinobu Baba and Mitsuru Ishikawa : Consecutive incorporation of fluorophore-labeled nucleotides by mammalian DNA polymerase beta, Analytical Biochemistry: Methods in the Biological Sciences, Vol.405, No.2, 160-167, 2010. ...
閲覧 平野 研, 吉田 雄一郎, 石堂 智美, 山﨑 尚志, 水品 善之, 馬場 嘉信, 石川 満 : 蛍光標識ヌクレオチドを連続取り込み可能なDNA polymeraseβの機能解析, 第33回日本分子生物学会・第83回日本生化学会合同大会, (巻), (号), (頁), 2010年11月. ...
閲覧 Tomomi Ishido, Naoshi Yamazaki, Mitsuru Ishikawa and Ken Hirano : Characterization of DNA polymerase from Danio rerio by overexpression in E. coli using the in vivo/in vitro compatible pIVEX plasmid., Microbial Cell Factories, Vol.10, 84, 2011. ...
閲覧 中本 淳子, 板東 由佳, 淺木 千佳, 德村 彰, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 : ラット血管肥厚形成への内因性リゾホスファチジン酸の関与, 第50回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2011年11月. ...
閲覧 新田 芳久, 塩田 祐子, 下川 義彦, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 : 毛髪を用いた肝CYP3A4代謝活性評価に関する基礎的検討, 第50回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2011年11月. ...
閲覧 Tomomi Ishido, 山﨑 尚志, 石川 満, Ken Hirano : Characterization of DNA polymerase b from model fish organisms Medaka and Zebrafish., 第34回日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2011年12月. ...
閲覧 阿萬 明, 朝倉 有紀, 南川 典昭, 滝口 祥令, 山﨑 尚志 : 改変U1snRNAによる遺伝子発現抑制, 第51回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月. ...
閲覧 柳沢 未来, 滝口 祥令, 山﨑 尚志 : CPT1アイソフォームのSDS-PAGE移動度の違い, 第51回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月. ...
閲覧 Yusaku Kikuchi, Naoshi Yamazaki, Noriko Tarashima, Kazuhiro Furukawa, Yoshiharu Takiguchi, Kouji Itou and Noriaki Minakawa : Gene suppression via U1 small nuclear RNA interference (U1i) machinery using oligonucleotides containing 2'-modified-4'-thionucleosides, Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.21, No.17, 5292-5296, 2013. ...
閲覧 Noriko Saito-Tarashima, Kojima Takamitsu, Hashimoto Yosuke, Kazuhiro Furukawa, Naoshi Yamazaki, Hiroshi Kiwada, Tatsuhiro Ishida, Noriaki Minakawa and Yoshiharu Takiguchi : A novel approach of gene suppression using an intelligent shRNA expressing device (iRed), 9th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society, Naples(Italy), Oct. 2013. ...
閲覧 門田 美香, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 : CPT1アイソフォームのSDS-PAGE移動度の違い, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月. ...
閲覧 藤原 裕士, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 : 改変U1 snRNAによる遺伝子発現制御, 第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月. ...
閲覧 Tarashima Noriko, Naoshi Yamazaki, Kazuhiro Furukawa and Noriaki Minakawa : Enzymatic incorporation of unnatural ImNN:NaOO base pair consisting of four hydrogen bonds, The 40th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 神奈川大学(神奈川県), Nov. 2013. ...
閲覧 藤原 裕士, 山﨑 尚志, 南川 典昭, 滝口 祥令 : 複数の改変U1 snRNAを用いた遺伝子発現抑制, 第23回アンチセンスシンポジウム, 2013年11月. ...
閲覧 山﨑 尚志, 阿萬 明, 朝倉 有紀, 藤原 裕士, 南川 典昭, 滝口 祥令 : 改変U1 snRNAによる遺伝子発現抑制効果の検討, 第23回アンチセンスシンポジウム, 2013年11月. ...
閲覧 田良島 典子, 山﨑 尚志, 古川 和寛, 南川 典昭 : 人工塩基対ImNN :NaO0 のPCR増幅とRNAi創薬への応用, 日本薬学会 第134年回, 2014年3月. ...
閲覧 朝倉 有紀, 三木 和也, 木村 麻里安, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 : 改変U1 snRNAによる遺伝子発現抑制効果の検討, 第53回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月. ...
閲覧 三木 和也, 山﨑 尚志, 吉良 太孝, 田良島 典子, 古川 和寛, 南川 典昭, 滝口 祥令 : ナノ核酸デバイスを用いたsiRNAオフターゲット効果の抑制, 第53回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月. ...
閲覧 田中 翔子, 金澤 慶祐, 山﨑 尚志, 池 啓伸, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 : 改変U1 snRNAによるヒトカテプシンAスプライス異常修復の試み, 第53回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月. ...
閲覧 伊藤 優希, 井上 真緒, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 : CPTⅠタンパク質のアイソフォーム間におけるSDS-PAGE移動度の違い, 第36回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2014年11月. ...
閲覧 金澤 慶佑, 山﨑 尚志, 池 啓伸, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 : 改変U1 snRNAによるヒトカテプシンAスプライス異常修復, 遺伝子・デリバリー研究会 第15回シンポジウム, 2015年5月. ...
閲覧 伊藤 優希, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 : Carnitine palmitoyltransferase 1アイソフォームのSDS-PAGE移動度に違いをもたらす領域の同定, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月. ...
閲覧 金澤 慶祐, 木村 麻里安, 斎藤 朱里, 山﨑 尚志, 池 啓伸, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 : 改変U1 snRNAを用いたヒトカテプシンAエクソンスキッピングの修復, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月. ...
閲覧 木村 麻里安, 金澤 慶祐, 斎藤 朱里, 山﨑 尚志, 池 啓伸, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 : 改変U1 snRNAを用いた変異カテプシンAスプライス異常の修復, BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月. ...
閲覧 三木 和也, 山村 桃子, 田良島 典子, 山﨑 尚志, 南川 典昭, 滝口 祥令 : 新規機能性RNA発現デバイスiRedを用いたmiRNA産生による遺伝子発現抑制効果の検討, BMB2015 第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月. ...
閲覧 木村 麻里安, 池 啓伸, 斎藤 朱里, 山﨑 尚志, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 : 塩基改変したU1 snRNAによるカテプシンAスプライス異常修復効果の検討, 第57回日本生化学会 中国四国支部例会, 2016年5月. ...
閲覧 Iffat Sonia Ara Rahman, Kazuhito Tsuboi, Yoko Okamoto, Toru Uyama, 山﨑 尚志, 田中 保, 德村 彰, Natsuo Ueda : Glycerophosphodiesterases, GDE4 and GDE7, are novel lysophospholipase D-type enzymes generating N-acylethanolamine and LPA, 第57回日本生化学会 中国四国支部例会, 2016年5月. ...
閲覧 松田 璃沙, 坪井 一人, 岡本 蓉子, 山下 量平, Rahman Ara Sonia Iffat, 日高 麻由美, 山﨑 尚志, 上田 夏生, 田中 保, 德村 彰 : 口腔粘膜上皮細胞に存在する膜結合型リゾホスホリパーゼD, 第58回日本脂質生化学会, 2016年6月. ...
閲覧 坪井 一人, Iffat Sonia Ara Rahman, 岡本 蓉子, 宇山 徹, 山﨑 尚志, 田中 保, 德村 彰, 上田 夏生 : GDE7はリゾホスホリパーゼD型酵素としてN-アシルエタノールアミンとLPAを生成する, 第89回日本生化学会大会, 2016年9月. ...
閲覧 木村 麻里安, 四宮 槙子, 池 啓伸, 齋藤 朱里, 山﨑 尚志, 伊藤 孝司, 南川 典昭, 滝口 祥令 : カテプシンAスプライシング異常の修復を目指した改変U1 snRNA発現系の構築, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月. ...
閲覧 井上 真緒, 高田 元太, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 : トランススプライシングを用いたヒトカテプシンAスプライシング異常修復の検討, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月. ...
閲覧 Iffat Sonia Ara Rahman, Kazuhito Tsuboi, Zahir Hussain, Ryouhei Yamashita, Yoko Okamoto, Toru Uyama, Naoshi Yamazaki, Tamotsu Tanaka, Akira Tokumura and Natsuo Ueda : Calcium-dependent generation of N-acylethanolamines and lysophosphatidic acids by glycerophosphodiesterase GDE7., Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids, Vol.1861, No.12 pt A, 1881-1892, 2016. ...
閲覧 Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara, Kouji Itou, Noriaki Minakawa and Yoshiharu Takiguchi : Rescue of mutation-induced exon 7 skipping in human Cathepsin A by using modified U1 small nuclear RNA, 2016 ASCB Annual Meeting, San Francisco, Dec. 2016. ...
閲覧 山村 桃子, 高田 元太, 冨永 和也, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 : ヒトカテプシンAスプライス異常修復を目指したトランススプライシング法の確立, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月. ...
閲覧 齋藤 朱里, 四宮 槙子, 高橋 里奈, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 : ヒトカテプシンAエクソン7スキッピングにおける3 'スプライスサイトの関与, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月. ...
閲覧 河口 由佳, 徳橋 尚紀, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 滝口 祥令 : ヒトCPT1a mRNAの3 '-UTRに存在する逆向きAlu配列とRNA編集, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月. ...
閲覧 河口 由佳, 徳橋 尚紀, 山﨑 尚志, 篠原 康雄, 滝口 祥令 : ヒトCPT1a mRNA 3'-UTR中の逆向きAlu配列はA-to-I RNA編集を受ける, 2017年度 生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月. ...
閲覧 四宮 槙子, 小出 華永, 高橋 里奈, 月本 準, 山﨑 尚志, 伊藤 孝司, 滝口 祥令 : 改変U1 snRNAによるカテプシンAスプライス異常修復効果の検討, 第59回日本生化学会 中国四国支部例会, 2018年5月. ...
閲覧 Naoshi Yamazaki, Makiko Shinomiya, Hironobu Ike, Yasuo Shinohara, Noriaki Minakawa, Kouji Itou and Yoshiharu Takiguchi : Use of modified U1 small nuclear RNA for improved formation of properly spliced mRNA encoding human cathepsin A from the gene having an IVS7 +3a>g mutation, FEBS Open Bio, Vol.8, No.Supplement 1, ShT.35-1, July 2018. ...
閲覧 Naoshi Yamazaki, Makiko Shinomiya, Hironobu Ike, Yasuo Shinohara, Noriaki Minakawa, Kouji Itou and Yoshiharu Takiguchi : Use of modified U1 small nuclear RNA for improved formation of properly spliced mRNA encoding human cathepsin A from the gene having an IVS7 +3a>g mutation, The 43rd FEBS Congress, Praha, July 2018. ...
閲覧 高田 元太, 橋本 晴香, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 : トランススプライシングを用いたヒトカテプシンAエクソン7スキップの修復, 第91回日本生化学会大会, 2018年9月. ...
閲覧 徳橋 尚紀, 河口 由佳, 山﨑 尚志, 宮城 さくら, 篠原 康雄, 滝口 祥令 : ヒトCPT1A mRNAの3'-UTR中の逆向きAlu配列はADARによってRNA編集を受ける, 第91回日本生化学会大会, 2018年9月. ...
閲覧 四宮 槙子, 小出 華永, 高橋 里奈, 山﨑 尚志, 月本 準, 伊藤 孝司, 滝口 祥令 : Exon specific U1 snRNAを用いたCTSAエクソン7スキッピングの修復, 第91回日本生化学会大会, 2018年9月. ...
閲覧 高田 元太, 橋本 晴香, 山﨑 尚志, 滝口 祥令 : トランススプライシングを用いたヒトカテプシンAエクソンスキップ修復の試み, 第57回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月. ...
閲覧 四宮 槙子, 小出 華永, 高橋 里奈, 山﨑 尚志, 月本 準, 伊藤 孝司, 滝口 祥令 : Exon specific U1 snRNAによる CTSAエクソン7スプライス異常の修復, 第57回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月. ...
閲覧 徳橋 尚紀, 河口 由佳, 山﨑 尚志, 宮城 さくら, 篠原 康雄, 滝口 祥令 : ヒトCPT1A mRNAの3'-UTRにおけるA-to-I RNA編集, 第57回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月. ...
閲覧 Naoshi Yamazaki, Keisuke Kanazawa, Maria Kimura, Hironobu Ike, Makiko Shinomiya, Shouko Tanaka, Yasuo Shinohara, Noriaki Minakawa, Kouji Itou and Yoshiharu Takiguchi : Use of modified U1 small nuclear RNA for rescue from exon 7 skipping caused by 5-splice site mutation of human cathepsin A gene, Gene, Vol.677, 41-48, 2018. ...
閲覧 奥村 俊樹, 山﨑 尚志, 高石 誠太郎, 宮城 さくら, 滝口 祥令 : ヒトCPT1A mRNAにおけるA-to-I RNA編集の意義の解明, 第58回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月. ...
閲覧 高橋 里奈, 植田 百花, 小出 華永, 川合 真央, 山﨑 尚志, 月本 準, 伊藤 孝司, 滝口 祥令 : イントロンやエクソン内の配列と結合する改変U1 snRNAによるCTSAエクソン7スプライス異常の修復, 第58回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月. ...
閲覧 堤 敏彦, 山﨑 尚志, 德村 彰 : グリセロホスホジエステラーゼによるリゾホスファチジン酸産生と腎障害, 令和2年度 日本生化学会 九州支部例会, 32, 2020年5月. ...
閲覧 宮城 さくら, 山﨑 尚志, 古藤 遼佑, 篠原 康雄, 滝口 祥令 : A-to-I RNA編集によるヒトCPT1a発現量の変化, 第59回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2020年11月. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (1件)

閲覧 (種別) : (著者), (著者), (著者) and (著者) : (題名), (誌名), (発行所), (都市), (年月日).

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.71, Max(EID) = 375659, Max(EOID) = 1006582.