『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=(未定義)
OWN=閲覧 村上 明一 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔微生物学])

登録情報の数

有効な情報: 14件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 15件

全ての有効な情報 (14件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Yukiko Nishi, Akikazu Murakami, Yuko Murayama, Narutoshi Tsukahara, Shiki Okamoto, Sawako Nakachi, Kazuho Morichika, Keita Tamaki, Hirofumi Noguchi, Masayuki Matsushita, Ken-Nosuke Karube, Takuya Fukushima, Satoko Morishima, Hidehiro Kishimoto and Hiroaki Masuzaki : Adipose tissue-derived mesenchymal stem cells ameliorate bone marrow aplasia related with graft-versus-host disease in experimental murine models., Transplant Immunology, Vol.55, (号), (頁), 2019. ...
閲覧 Chathuni Jayathilake, Shigefumi Kumachi, Hidenao Arai, Maiko Motohashi, Takuya Terai, Akikazu Murakami and Naoto Nemoto : In vitro selection of anti-gliadin single-domain antibodies from a naïve library for cDNA-display mediated immuno-PCR., Analytical Biochemistry: Methods in the Biological Sciences, Vol.589, (号), (頁), 2019. ...
閲覧 Taro Ikegami, Hitoshi Hirakawa, Narutoshi Tsukahara, Akikazu Murakami, Norimoto Kise, Asanori Kiyuna, Takayoshi Kosugi, Shinya Agena, Hidetoshi Kinjyo, Narumi Hasegawa, Masatomo Touyama, Shunsuke Kondo, Hiroyuki Maeda, Mikio Suzuki and Akira Ganaha : Coordinated Expression of HPV-6 Genes with Predominant E4 and E5 Expression in Laryngeal Papilloma., Microorganisms, Vol.9, No.3, (頁), 2021. ...
閲覧 Taro Ikegami, Norimoto Kise, Hidetoshi Kinjyo, Shunsuke Kondo, Mikio Suzuki, Narutoshi Tsukahara, Akikazu Murakami, Asanori Kiyuna, Shinya Agena, Katsunori Tanaka, Narumi Hasegawa, Junko Kawakami, Akira Ganaha, Hiroyuki Maeda and Hitoshi Hirakawa : Development of Antibodies against HPV-6 and HPV-11 for the Study of Laryngeal Papilloma., Viruses, Vol.13, No.10, (頁), 2021. ...
閲覧 Emina Ikeuchi, Daisuke Kuroda, Makoto Nakakido, Akikazu Murakami and Kouhei Tsumoto : H antibodies., Scientific Reports, Vol.11, No.1, (頁), 2021. ...
閲覧 Akihito Inoue, Takanobu Yasuda, Bo Zhu, Tetsuya Kitaguchi, Akikazu Murakami and Hiroshi Ueda : Evaluation and selection of potent fluorescent immunosensors by combining fluorescent peptide and nanobodies displayed on yeast surface., Scientific Reports, Vol.11, No.1, (頁), 2021. ...
閲覧 村上 明一, 中島 雄介 : 合成ライブラリー法と分子進化法による単ドメイン抗体の産業利用, 酵素工学ニュース, No.85, 21-25, 2022年4月. ...
閲覧 Akihiro Nishiguchi, Akikazu Murakami, Takachika Azuma and Masayuki Oda : A Trade-off Between Thermostability and Binding Affinity of Anti-(4-hydroxy-3-nitrophenyl)Acetyl Antibodies During the Course of Affinity Maturation., The Protein Journal, Vol.41, No.2, 293-303, 2022. ...
閲覧 Narutoshi Tsukahara, Akikazu Murakami, Maiko Motohashi, Hiroshi Nakayama, Yoshiro Kondo, Yuji Ito, Takachika Azuma and Hidehiro Kishimoto : An alpaca single-domain antibody (VHH) phage display library constructed by CDR shuffling provided high-affinity VHHs against desired protein antigens., International Immunology, Vol.34, No.8, 421-434, 2022. ...
閲覧 井上 暁人, 安田 貴信, 朱博 (名), 北口哲也 (名), 村上 明一, 上田 宏 : 酵母細胞表面層提示系を用いたナノ抗体由来 ''nano Q-body" の Trp 変異進化, 化学工学会第88年会, (巻), (号), (頁), 2023年3月. ...
閲覧 村上 明一 : バクテリオファージを利用した抗菌剤・抗体医薬品・ワクチン材料の開発, 第14回日本RNAi研究会, (巻), (号), (頁), 2023年8月. ...
閲覧 Ito Tomoyuki, Kawada Sakiya, Nakazawa Hikaru, 村上 明一, Umetsu Mitsuo : 微生物発現と構造安定性を考慮した機械学習支援による抗体断片の親和性成熟, 第75回日本生物工学会, (巻), (号), (頁), 2023年9月. ...
閲覧 Suzuki Satoko, Oyama Taiji, Yamane Ai, Horiguchi Yasuo, Akao Ken-ichi, Akikazu Murakami, Micsonai András, Kardos József, Nagamori Koushi and Tsumoto Kouhei : Higher Order Structure, Stability, and Similarity Assessment of VHH Antibodies Using CD Spectroscopy, Protein and Antibody Engineering Summit, (巻), (号), (頁), (都市), Nov. 2023. ...
閲覧 立山 実弥, 田端 千歳, 村上 明一, 藤猪 英樹 : 口腔細菌に対する天然バクテリオファージの単離技術の最適化, 四国歯学会雑誌, (巻), (号), (頁), (年月日). ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (1件)

閲覧 (著者) : 口腔微生物学分野における研究と今後の展望, 四国歯学会雑誌, (巻), (号), (頁), 2023年3月.

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 0.37, Max(EID) = 407829, Max(EOID) = 1104850.