『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 社団法人 日本循環器学会

登録情報の数

有効な情報: 111件 + 無効な情報: 3件 = 全ての情報: 114件

全ての有効な情報 (111件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 (未定義) …(109)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 中矢 修一郎, 新居 英昭, 野村 昌弘, 中屋 豊, 森 博愛 : AmiodaronのVmaxにおよぼす急性及び慢性効果, 第50回日本循環器学会総会, 1987年3月..[発行所] ...
閲覧 斉藤 泰憲, 野村 昌弘, 村上 昌, 中屋 豊, 森 博愛 : 陳旧性下壁梗塞における拡大高速心電図U波の検討, 第52回日本循環器学会総会, 1988年5月..[発行所] ...
閲覧 中屋 豊, 野村 昌弘, 渡部 克介, 竹内 明美, 片山 まり子, 森 博愛 : WPW症候群の副伝導路存在部位の推定-心臓磁界図およびMRIを用いた部位診断, 第53回日本循環器学会総会, 1989年3月..[発行所] ...
閲覧 野村 昌弘, 中屋 豊, 三好 由貴子, 若槻 哲三, 齋藤 憲, 西角 彰良, 浜井 一人, 坂東 重信, 伊東 進, 日浅 芳一, 相原 令 : 心室頻拍およびWPW症候群の心室最早期興奮部位の推定-心臓磁界およびMRIを用いた部位推定-, 第56回日本循環器学会総会, (巻), (号), (頁), 1992年3月..[発行所] ...
閲覧 若槻 哲三, 中屋 豊, 三好 由貴子, 野村 昌弘, 齋藤 憲, 伊東 進 : 冠動脈血管平滑筋の2種のKチャンネルに対するVasopressinの作用, 第56回日本循環器学会総会, (巻), (号), (頁), 1992年3月..[発行所] ...
閲覧 西角 彰良, 坂東 重信, 山本 克人, 生藤 博行, 浜井 一人, 篠原 明宏, 山本 浩史, 野村 昌弘, 伊東 進 : Torsade de pointesに対する硫酸マグネシウムの実験的および臨床的有効性の検討, 第56回日本循環器学会総会, (巻), (号), (頁), 1992年3月..[発行所] ...
閲覧 Suguru Mastuoka, Hiroshi Akita, Yoshiyuki Taguchi, Masahiro Kubo, Tetsuya Kitagawa, Oiki Miki and Itsuo Katoh : Clinical significance of late potentials in patients after intracardiac opration for congenital heart disease., Japanese Circulation Journal, Vol.56, No.7, 641-648, 1992..[発行所] ...
閲覧 野村 昌弘, 中屋 豊, 齋藤 憲, 岸 史子, 越智 由恵, 三好 宏和, 伊東 進, 久保 雅宏, 松岡 優 : 糖尿病における心室遅延電位:Vector Magnitude法および高速フーリエ変換による心筋障害の早期診断, 第57回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1993年3月..[発行所] ...
閲覧 野村 昌弘, 齋藤 憲, 中屋 豊, 岸 史子, 三好 宏和, 渡部 克介, 大木 崇, 伊東 進 : 僧帽弁逸脱における自律神経機能の日内変動ー心拍スペクトル解析による検討ー, 第57回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1993年3月..[発行所] ...
閲覧 渡部 克介, 三好 宏和, 野村 昌弘, 齋藤 憲, 中屋 豊, 伊東 進 : 培養ブタ冠動脈平滑筋細胞のCa2+依存性Kチャンネル(KCa)のcAMPによる活性化機序, 第57回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1993年3月..[発行所] ...
閲覧 三好 宏和, 渡部 克介, 野村 昌弘, 齋藤 憲, 中屋 豊, 伊東 進 : ブタ冠動脈平滑筋におけるATP感受性Kチャンネルに対するcAMPの作用, 第57回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1993年3月..[発行所] ...
閲覧 中屋 豊, 岸 史子, 齋藤 憲, 野村 昌弘, 三好 宏和, 渡部 克介, 西角 彰良, 坂東 重信 : III群抗不整脈薬の単一内向き整流K電流(iK1)に対する作用, 第57回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1993年3月..[発行所] ...
閲覧 岸 史子, 齋藤 憲, 野村 昌弘, 三好 宏和, 渡部 克介, 中屋 豊, 西角 彰良, 坂東 重信, 伊東 進 : 培養ブタ冠動脈平滑筋細胞のCa2+依存性KチャンネルのプロテインキナーゼCによる阻害, 第57回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1993年3月..[発行所] ...
閲覧 中屋 豊, 齋藤 憲, 野村 昌弘, 三好 宏和, 渡部 克介, 岸 史子, 西角 彰良, 坂東 重信, 伊東 進 : ATP感受性KチャンネルのATP感受性よりみたK-channel opener, pinacidilの臓器特異性, 第57回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1993年3月..[発行所] ...
閲覧 Suguru Matsuoka, Hiroshi Akita, Yasunobu Hayabuchi, Yoshiyuki Taguchi, Masahiro Kubo, Tetsuya Kitagawa, Itsuo Katoh and Kunio Ii : Abnormal signal averaged ECG after surgical repair of tetralogy of Fallot: A combined analysis in the time and frequency domain., Japanese Circulation Journal, Vol.57, No.9, 841-850, 1993..[発行所] ...
閲覧 野村 昌弘, 中屋 豊, 齋藤 憲, 岸 史子, 伊東 進 : 自律神経の房室伝導時間への関与 ー体表面加算平均心電図法を用いた検討ー, 第58回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1994年3月..[発行所] ...
閲覧 野村 昌弘, 中屋 豊, 齋藤 憲, 岸 史子, 生藤 博行, 山本 克人, 西角 彰良, 坂東 重信, 伊東 進 : 心筋梗塞症における梗塞および心筋虚血ベクトルの位置関係ー心臓磁界測定による電流源の位置推定ー, 第58回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1994年3月..[発行所] ...
閲覧 野村 昌弘, 中屋 豊, 齋藤 憲, 岸 史子, 三好 宏和, 伊東 進 : ホルター心電図と運動負荷時の呼気ガス分析を併用した1日のエネルギー消費量の推定, 第59回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1995年4月..[発行所] ...
閲覧 野村 昌弘, 中屋 豊, 岸 史子, 三好 宏和, 西條 哲也, 伊東 進 : 意識障害例のサーカディアンリズムー昏睡度分類による検討, 第59回日本循環器学会学術集会, 1995年4月..[発行所] ...
閲覧 野村 昌弘, 中屋 豊, 齋藤 憲, 岸 史子, 三好 宏和, 伊東 進 : 心臓磁界測定による心房性再分極波の検討―電流源の3次元位置推定, 第59回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1995年4月..[発行所] ...
閲覧 岸 史子, 野村 昌弘, 三好 宏和, 齋藤 憲, 中屋 豊, 伊東 進 : 99mTc-MIBI心拍同期SPECTによる心機能評価法―収縮による梗塞部の心筋のねじれの影響, 第59回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1995年4月..[発行所] ...
閲覧 野村 昌弘, 齋藤 憲, 岸 史子, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊 : 心電図検診における右脚ブロックパターン例の自律神経活動の検討ー心拍変動スペクトル解析および123I-MIBG心筋シンチによる検討ー, 第60回日本循環器学会総会, (巻), (号), (頁), 1996年3月..[発行所] ...
閲覧 岸 史子, 野村 昌弘, 齋藤 憲, 西條 哲也, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊 : 上部内視鏡検査時の自律神経活動ー血圧変動および心拍変動スペクトル解析の比較ー, 第60回日本循環器学会総会, (巻), (号), (頁), 1996年3月..[発行所] ...
閲覧 野村 昌弘, 由岐中 道子, 近藤 幸, 齋藤 憲, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊 : 初期QRSベクトルは心室中隔の起電力によって生じるか? -心臓磁界測定による心室中隔ベクトルの三次元的位置測定による検討-, 第61回日本循環器学会総会学術集会, (巻), (号), (頁), 1997年3月..[発行所] ...
閲覧 野村 昌弘, 由岐中 道子, 近藤 幸, 岸 史子, 齋藤 憲, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊 : QT dispersionと心筋虚血ベクトルの関連性:心臓磁界測定による検討, 第61回日本循環器学会総会学術集会, (巻), (号), (頁), 1997年3月..[発行所] ...
閲覧 由岐中 道子, 野村 昌弘, 近藤 幸, 岸 史子, 若槻 哲三, 西角 彰良, 齋藤 憲, 大木 崇, 伊東 進, 原田 雅史, 田岡 良章, 中屋 豊 : Magnetic Resonance Coronary Angiography (MRCA)によるPTCA前後での冠動脈血流速度-再狭窄診断への応用-, 第61回日本循環器学会総会学術集会, (巻), (号), (頁), 1997年3月..[発行所] ...
閲覧 由岐中 道子, 野村 昌弘, 近藤 幸, 岸 史子, 齋藤 憲, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊 : 陳旧性心筋梗塞における99mTc-MIBIおよび123I-MIBG心筋SPECTの心筋集積解離:心室遅延電位(LP)との関連, 第61回日本循環器学会総会学術集会, (巻), (号), (頁), 1997年3月..[発行所] ...
閲覧 近藤 幸, 野村 昌弘, 由岐中 道子, 齋藤 憲, 田畑 智継, 井内 新, 大木 崇, 伊東 進, 原田 雅史, 田岡 良章, 中屋 豊 : シネMRAによる僧帽弁口および肺静脈血流速波形の評価:パルス·ドプラ法との比較-, 第61回日本循環器学会総会学術集会, (巻), (号), (頁), 1997年3月..[発行所] ...
閲覧 田岡 良章, 原田 雅史, 由岐中 道子, 野村 昌弘 : 冠動脈血流のMRIによる流速評価ー高速撮像PC法による流速値の精度を含めて-, 第61回日本循環器学会総会学術集会, (巻), (号), (頁), 1997年3月..[発行所] ...
閲覧 岸 史子, 野村 昌弘, 由岐中 道子, 齋藤 憲, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊 : ブタ血管内皮細胞におけるNO産生に対するhistamine recepter subtypeの関与, 第61回日本循環器学会総会学術集会, (巻), (号), (頁), 1997年3月..[発行所] ...
閲覧 Yoshiaki Taoka, Masahiro Nomura, Masafumi Harada, Tomomi Mitani, Junko Endo, Yuki Kondo, Michiko Yukinaka, Susumu Ito, Yutaka Nakaya and Hiromu Nishitani : Coronary-Pulmonary Artery Fistulae Depicted by Multiplanar Reconstruction Using Magnetic Resonance Imaging, Japanese Circulation Journal, Vol.62, No.6, 455-457, 1998..[発行所] ...
閲覧 野村 昌弘, 近藤 幸, 由岐中 道子, 齋藤 憲, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊 : 加齢により心起電力の大きさは減少するのか? 心臓磁界から求めた電流dipoleの大きさによる検討, 第62回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1998年3月..[発行所] ...
閲覧 由岐中 道子, 野村 昌弘, 近藤 幸, 齋藤 憲, 大木 崇, 伊東 進, 田岡 良章, 原田 雅史, 中屋 豊 : MR coronary angiographyによる健常および虚血心筋へ灌流する冠動脈血流速波形の検討, 第62回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1998年3月..[発行所] ...
閲覧 由岐中 道子, 野村 昌弘, 近藤 幸, 齋藤 憲, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊 : 右室負荷疾患において99mTc-Tetrofosmin心筋シンチにおける洗い出し率による検討, 第62回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1998年3月..[発行所] ...
閲覧 由岐中 道子, 野村 昌弘, 近藤 幸, 齋藤 憲, 大木 崇, 伊東 進, 田岡 良章, 原田 雅史, 中屋 豊 : 硝酸イソソルビド投与およびニフェジピンの冠循環におよぼす影響:fCARD PCを用いた冠動脈血流速度による検討, 第62回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1998年3月..[発行所] ...
閲覧 近藤 幸, 野村 昌弘, 由岐中 道子, 齋藤 憲, 西角 彰良, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊, 田岡 良章 : MR coronary angiographyにおいてcoronary stent留置後の再狭窄の評価は可能か?, 第62回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1998年3月..[発行所] ...
閲覧 近藤 幸, 野村 昌弘, 由岐中 道子, 齋藤 憲, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊 : MRアンギオ(Cine PC法)を用いた本態性高血圧の脳血流速度の評価, 第62回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1998年3月..[発行所] ...
閲覧 近藤 幸, 野村 昌弘, 由岐中 道子, 齋藤 憲, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊, 恵美 滋文 : 慢性肝炎におけるインターフェロン療法における心筋障害の検出:123I-BMIPP心筋シンチグラフィーによる評価, 第62回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1998年3月..[発行所] ...
閲覧 由岐中 道子, 野村 昌弘, 近藤 幸, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊, 井上 実, 黒澤 裕之, 田沢 周作, 石田 聡 : Amlodipine,CarvedilolおよびNifedipineの急性経口投与における心臓交感神経機能への影響:高血圧自然発症ラットによる実験的検討, 第62回日本循環器学会学術集会, 1998年3月..[発行所] ...
閲覧 岸 史子, 野村 昌弘, 由岐中 道子, 近藤 幸, 齋藤 憲, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊 : Human chymaseによるbig endothelinのprocessing-endothelin (1-31)の生成とその生理活性についての検討, 第62回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1998年3月..[発行所] ...
閲覧 野村 昌弘, 名田 智美, 近藤 幸, 由岐中 道子, 齋藤 憲, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊, 七條 茂文 : トータル·ヘルス·プロモーション·プランによる生活習慣病の予防効果:最大酸素摂取量との関連性について, 第63回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1999年3月..[発行所] ...
閲覧 野村 昌弘, 名田 智美, 近藤 幸, 由岐中 道子, 齋藤 憲, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊 : 心室肥大とQT dispersionとの関連性:心臓磁界における検討, 第63回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1999年3月..[発行所] ...
閲覧 由岐中 道子, 野村 昌弘, 近藤 幸, 名田 智美, 齋藤 憲, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊, 原田 雅史 : 肥大型心筋症における冠動脈血流速動態と99mTc-Tetrofosmin心筋シンチグラフィとの対比, 第63回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1999年3月..[発行所] ...
閲覧 由岐中 道子, 野村 昌弘, 近藤 幸, 名田 智美, 齋藤 憲, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊, 原田 雅史 : 糖尿病における冠動脈微小循環障害をMR coronary angiographyにより診断可能か?, 第63回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1999年3月..[発行所] ...
閲覧 由岐中 道子, 野村 昌弘, 近藤 幸, 名田 智美, 齋藤 憲, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊, 原田 雅史 : 冠動脈MR coronary angiographyを用いた本態性高血圧症における冠動脈血流速波形の検討, 第63回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1999年3月..[発行所] ...
閲覧 由岐中 道子, 野村 昌弘, 近藤 幸, 名田 智美, 齋藤 憲, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊, 原田 雅史 : 糖尿病における心筋細胞機能障害の検出:123I-MIBG/99mTc-MIBIにおける検討, 第63回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1999年3月..[発行所] ...
閲覧 由岐中 道子, 野村 昌弘, 近藤 幸, 名田 智美, 齋藤 憲, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊, 原田 雅史 : 冠動脈MR coronary angiographyにより微小血管性狭心症の診断は可能か?, 第63回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1999年3月..[発行所] ...
閲覧 近藤 幸, 野村 昌弘, 名田 智美, 由岐中 道子, 齋藤 憲, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊 : 交感神経機能異常とTWAとの関連性:僧帽弁逸脱における検討, 第63回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1999年3月..[発行所] ...
閲覧 近藤 幸, 野村 昌弘, 名田 智美, 由岐中 道子, 齋藤 憲, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊 : 心尖部肥大型心筋症における123I-BMIPP dynamic SPECTの検討:後期心筋洗い出し率との比較, 第63回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1999年3月..[発行所] ...
閲覧 近藤 幸, 野村 昌弘, 名田 智美, 由岐中 道子, 齋藤 憲, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊 : QGSプログラムにおいて梗塞部心筋の壁運動は評価可能か?, 第63回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 1999年3月..[発行所] ...
閲覧 赤池 雅史, 井内 貴彦, 高森 信行, 粟飯原 賢一, 吉田 智則, 金川 泰彦, 遠藤 逸朗, 三ツ井 貴夫, 東 博之, 重清 俊雄, 松本 俊夫 : 先天性ヘパリンコファクターII(HC II)欠乏症でみられた多発性動脈病変 : 動脈硬化症の進展におけるHCIIの臨床的意義の検討, 第63回日本循環器学会学術集会, Vol.63, No.1, 645, 1999年3月..[発行所] ...
閲覧 赤池 雅史, 東 博之, 香川 礼香, 井内 貴彦, 藤村 光則, 橋詰 俊二, 高森 信行, 吉田 智則, 粟飯原 賢一, 金川 泰彦, 松本 俊夫, 松本 和也, 林 郁郎, 田村 克也, 西内 健 : 血中リポ蛋白(a)濃度に及ぼすアスピリンの影響 : アポリポ蛋白(a)アイソフォーム解析を用いた検討, 第64回日本循環器学会学術集会, Vol.64, No.0, 427, 2000年3月..[発行所] ...
閲覧 宮島 等, 野村 昌弘, 近藤 幸, 名田 智美, 齋藤 憲, 西角 彰良, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊 : WPW症候群におけるカテーテルアブレーション前後における左室壁運動変化:pFAST法による検討, 第64回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2000年4月..[発行所] ...
閲覧 野村 昌弘, 宮島 等, 近藤 幸, 名田 智美, 齋藤 憲, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊 : 検診にてBrugada型心電図を指摘された例における123I-MIBG心筋シンチの検討:ST上昇の形態により違いがあるのか?, 第64回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2000年4月..[発行所] ...
閲覧 野村 昌弘, 中屋 豊, 宮島 等, 近藤 幸, 名田 智美, 齋藤 憲, 大木 崇, 伊東 進 : 初期QRSベクトルは心室中隔からのみの心起電力か?心臓磁界による検討, 第64回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2000年4月..[発行所] ...
閲覧 豊嶋 敏弘, 野村 昌弘, 西角 彰良, 宮島 等, 近藤 幸, 齋藤 憲, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊, 原田 雅史 : 99mTc-tetrofosmin心筋SPECTにおける運動負荷時血流増加率と冠動脈血流速波との関連, 第64回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2000年4月..[発行所] ...
閲覧 Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, S Morishita, Tomomi Nada, Hitoshi Miyajima, Ken Saito, Akiyoshi Nishikado, Takashi Oki and Susumu Ito : Relationship between insulin resistance and various parameters in total health promotion planning, The 65th Anniversary Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, (巻), (号), (頁), March 2001..[発行所] ...
閲覧 Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, S Morishita, Tomomi Nada, Hitoshi Miyajima, Ken Saito, Akiyoshi Nishikado, Takashi Oki and Susumu Ito : Visualization of cardiac electrical current using 32-channel high temperature superconducting quantum interference device, The 65th Anniversary Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, (巻), (号), (頁), March 2001..[発行所] ...
閲覧 S Morishita, Masahiro Nomura, Akiyoshi Nishikado, Ken Saito, Takashi Oki, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Evaluation of fatty acid metabolism in the left ventricular myocardium by 123I-BMIPP myocardial scintigraphy in patients with right ventricular overload, The 65th Anniversary Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, (巻), (号), (頁), March 2001..[発行所] ...
閲覧 T Toyoshima, Masahiro Nomura, Tomohito Kawano, S Hashizume, M Murakami, K Kawahara, I Hayashi, T Niki, S Morishita, Takashi Oki, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Is left ventricular wall motion detected correctly using QGS method in infarcted myocardium?, The 65th Anniversary Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, March 2001..[発行所] ...
閲覧 (種別) : 岩瀬 俊, 藤村 光則, 日浅 由紀子, 加藤 みどり, 森岡 将臣, 金川 泰彦, 赤池 雅史, 安倍 正博, 東 博之, 松本 俊夫, 堀 隆樹, 北川 哲也 : 90)巨大脾膿瘍を形成した腸球菌による感染性心内膜炎の一例(日本循環器学会 第79回中国四国地方会), Circulation Journal, Vol.66, No.0, 971, 社団法人 日本循環器学会, (都市), 2002年4月..[発行所] ...
閲覧 Manabu Kinoshita, Yutaka Nakaya, Nagakatsu Harada, Akira Takahashi, Masahiro Nomura and Shigenobu Bando : Combination Therapy of Exercise and Angiotensin-Converting Enzyme Inhibitor Markedly Improves Insulin Sensitivities in Hypertensive Patients With Insulin Resistance, Circulation Journal, Vol.66, No.7, 655-658, 2002..[発行所] ...
閲覧 N Kageyama, Kohzou Uehara, Masahiro Nomura, Akiyoshi Nishikado, K Harada, K Kusunoki, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Ken Saito, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Influence of sleep apnea on autonomic nervous activity in patients with essential hypertension, 67th annual scientific meeting of the Japanese Circulation society, (巻), (号), (頁), March 2003..[発行所] ...
閲覧 Tomohito Kawano, Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Can supplementation of L-arginine improves insulin resistance and lipid metabolism in diabetic rat?, 67th annual scientific meeting of the Japanese Circulation society, March 2003..[発行所] ...
閲覧 Kozo Uehara, Masahiro Nomura, Akiyoshi Nishikado, Kenji Harada, Kanji Kusunoki, N Kageyama, Yutaka Nakaya, Ken Saito, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata and Susumu Ito : Relationship among high-sensitive CRP, maximum oxygen uptake and insulin resistance., 67th annual scientific meeting of the Japanese Circulation society, (巻), (号), (頁), March 2003..[発行所] ...
閲覧 Kenji Harada, Masahiro Nomura, Akiyoshi Nishikado, Kouzoh Uehara, Kanji Kusunoki, A Saito, N Kageyama, Eriko Kimura, E Tanaka, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Effect of glimepiride on coronary blood flow reserve: evaluation by % uptake increases during exercise myocardial scintigraphy, 67th annual scientific meeting of the Japanese Circulation society, (巻), (号), (頁), March 2003..[発行所] ...
閲覧 Kanji Kusunoki, Kohzou Uehara, Masahiro Nomura, Akiyoshi Nishikado, K Harada, N Kageyama, Yutaka Nakaya, Ken Saito, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata and Susumu Ito : Detection of myocardial microvasular disorders using dynamic 99mTc-MIBI SPECT., 67th annual scientific meeting of the Japanese Circulation society, (巻), (号), (頁), March 2003..[発行所] ...
閲覧 Masahiro Nomura, Akiyoshi Nishikado, Tomotsugu Tabata, Tetsuzo Wakatsuki, H Tanaka, Kanji Kusunoki, Tomohito Kawano, Norihito Kageyama, Eriko Kimura, Shinichiro Miyazaki, Junji Yamashita, Eiko Uemura, Susumu Ito, Yutaka Nakaya and Ken Saito : Current density map in ventricular repolarization phase in diabetic patients., The 68th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, (巻), (号), (頁), March 2004..[発行所] ...
閲覧 Kanji Kusunoki, Masahiro Nomura, Tomohito Kawano, Norihito Kageyama, Eriko Kimura, Koji Yamaguchi, H Tanaka, Tetsuzo Wakatsuki, Tomotsugu Tabata, Akiyoshi Nishikado and Susumu Ito : Clinical efficacy of azelnidipine on sympathetic activities: Examination using spectral analysis of heart rate/blood pressure variabilities and 123I-MIBG myocardial scintigraphy, The 68th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, (巻), (号), (頁), March 2004..[発行所] ...
閲覧 Junji Yamashita, Masahiro Nomura, Akiyoshi Nishikado, Tomotsugu Tabata, Tetsuzo Wakatsuki, H Tanaka, Kanji Kusunoki, Tomohito Kawano, Kouji Yamaguchi, Norihito Kageyama, Eriko Kimura, Shinichiro Miyazaki, Eiko Uemura, Susumu Ito, Yutaka Nakaya and Ken Saito : Mechanism of ST segment depression during exercise test in patients with liver cirrhosis., The 68th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, (巻), (号), (頁), March 2004..[発行所] ...
閲覧 Tomohito Kawano, Masahiro Nomura, Akiyoshi Nishikado, Tomotsugu Tabata, Tetsuzo Wakatsuki, H Tanaka, Kanji Kusunoki, Norihito Kageyama, Eriko Kimura, Shinichiro Miyazaki, Junji Yamashita, Eiko Uemura, Susumu Ito, Yutaka Nakaya and Ken Saito : Electrophysiological improvement of the atrium by losartan potassium (Nu-Lotan®) in hypertensive patients., The 68th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, (巻), (号), (頁), March 2004..[発行所] ...
閲覧 Tomohito Kawano, Masahiro Nomura, Akiyoshi Nishikado, Tomotsugu Tabata, Tetsuzo Wakatsuki, H Tanaka, Kanji Kusunoki, Norihito Kageyama, Eriko Kimura, Shinichiro Miyazaki, Junji Yamashita, Eiko Uemura, Susumu Ito, Yutaka Nakaya and Ken Saito : The anti-atherosclerosis effect of glimepiride: Examination by inflammatory cytokines, pulse wave velocity (baPWV) and agumentation index (AI), The 68th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, (巻), (号), (頁), March 2004..[発行所] ...
閲覧 Kouji Yamaguchi, Masahiro Nomura, Akiyoshi Nishikado, Tomotsugu Tabata, Tetsuzo Wakatsuki, Eiji Tanaka, Tomohito Kawano, Kanji Kusunoki, Norihito Kageyama, Eriko Kimura, Shinichiro Miyazaki, Junji Yamashita, Eiko Uemura, Susumu Ito, Yutaka Nakaya and Ken Saito : Effect of CPAP therapy in hypertensive patients with obstructive sleep apnea: Analysis of automonic activity, adhesion molecules and inflammatory signs, The 68th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, (巻), (号), (頁), March 2004..[発行所] ...
閲覧 Masahiro Nomura, Akiko Iga, Akiyoshi Nishikado, Ken Saito, Takashi Oki, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Relation between insulin resistance and 123I-BMIPP myocardial scintigraphy, 66th annual scientific meeting of the Japanese Circulation society, (巻), (号), (頁), April 2004..[発行所] ...
閲覧 Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Akiko Iga, Akiyoshi Nishikado, Ken Saito, Takashi Oki and Susumu Ito : Detection of electrical conduction velocity using 32-channel high temperature superconducting quantum interference device, 66th annual scientific meeting of the Japanese Circulation society, (巻), (号), (頁), April 2004..[発行所] ...
閲覧 Masahiro Nomura, Akiko Iga, Akiyoshi Nishikado, Ken Saito, Takashi Oki, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Evaluation of coronary microvascular disorder using 99mTc-MIBI myocardial SPECT, 66th annual scientific meeting of the Japanese Circulation society, (巻), (号), (頁), April 2004..[発行所] ...
閲覧 K Uehara, Masahiro Nomura, T Nakayama, M Yukinaka, Y Ozaki, S Morishita, H Ikefuji, H Fujinaka, M Kimura, K Tikamori, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Clinical significance of high sensitivity CRP as risk factor for LV remodeling in patients with acute myocardial infarction treated by reperfusion therapy, 66th annual scientific meeting of the Japanese Circulation society, April 2004..[発行所] ...
閲覧 山口 普史, 七條 加奈, 松下 隆哉, 池田 康将, 森岡 将臣, 加藤 みどり, 橋詰 俊二, 藤村 光則, 吉田 智則, 粟飯原 賢一, 井上 大輔, 赤池 雅史, 東 博之, 松本 俊夫 : 拡張型心筋症様病態を呈したCushing病の一例, 第83回日本循環器学会中国・四国合同地方会, Vol.68, No.0, 828, 2004年4月..[発行所] ...
閲覧 Kimiko Nakayasu, Yutaka Nakaya, Oki Yuko, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Long Term Follow-up in Japanese Public Office Workers of the Influence of Blood Pressure on ECG Changes, Circulation Journal, Vol.68, No.6, 563-567, 2004..[発行所] ...
閲覧 Group. of Elevated Cholesterol in the Primary Prevention Group of Adult Japanese (MEGA) Study Management : Design and baseline characteristics of a study of primary prevention of coronary events with pravastatin among Japanese with mildly elevated cholesterol levels., Circulation Journal, Vol.68, No.9, 860-867, 2004..[発行所] ...
閲覧 Noriyasu Kondo, Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Susumu Ito and Takashi Ohguro : Association of Inflammatory Marker and Highly Sensitive C-Reactive Protein With Aerobic Exercise Capacity, Maximum Oxygen Uptake and Insulin Resistance in Healthy Middle-Aged Volunteers, Circulation Journal, Vol.69, No.4, 452-457, 2005..[発行所] ...
閲覧 Hirotsugu Yamada, Kenya Kusunose, A Iga, T Niki, K Yamaguchi, K Koshiba, Takeshi Soeki and Tetsuzo Wakatsuki : E/e' as a Predictor of the Cardiac Response to Increment of Preload in Patients with Atrial Fibrillation., Circulation Journal, Vol.72, No.0, S_749, 2008..[発行所] ...
閲覧 (種別) : 伊勢 孝之, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 八木 秀介, 種池 里佳, 橋村 一彦, 粟飯原 賢一, 尾崎 修治, 赤池 雅史, 安倍 正博, 松本 俊夫 : 34) 高度心機能障害に対して自家末梢血幹細胞移植が有効であった原発性心アミロイドーシスの一例(第91回日本循環器学会四国地方会), Circulation Journal, Vol.72, No.0, 910, 社団法人 日本循環器学会, (都市), 2008年4月..[発行所] ...
閲覧 Satoshi Ogawa, Takeshi Yamashita, Yoshifusa Aizawa, Hirotsugu Atarashi, Hiroshi Inoue, Tohru Ohe, Hiroshi Ohtsu, Ken Okumura, Takao Katoh, Shiro Kamakura, Koichiro Kumagai, Yoshihisa Kurachi, Itsuo Kodama, Yukihiro Koretsune, Tetsunori Saikawa, Masayuki Sakurai, Kaoru Sugi, Toshifumi Tabuchi, Haruaki Nakaya, Toshio Nakayama, Makoto Hirai, Masahiko Fukatani, Hideo Mitamura and Investigators J-RHYTHM : Optimal treatment strategy for patients with paroxysmal atrial fibrillation: J-RHYTHM Study., Circulation Journal, Vol.73, No.2, 242-248, 2008..[発行所] ...
閲覧 Sunao Kojima, Tomohiro Sakamoto, Hisao Ogawa, Akira Kitagawa, Kunihiko Matsui, Hideki Shimomura, Kazuo Kimura, Yasuhiro Ogata, Naritsugu Sakaino and Multicenter Study for Aggressive Lipid-lowering Strategy by HMG-CoA Reductase Inhibitors Investigators. : Standard-dose statin therapy provides incremental clinical benefits in normocholesterolemic diabetic patients., Circulation Journal, Vol.74, No.4, 779-785, 2010..[発行所] ...
閲覧 Ayaka Endo, Shun Kohsaka, Shinya Suzuki, Hirotsugu Atarashi, Shiro Kamakura, Masayuki Sakurai, Haruaki Nakaya, Masahiko Fukatani, Hideo Mitamura, Tsutomu Yamazaki, Takeshi Yamashita, Satoshi Ogawa and J-RHYTHM Investigators : Impact of drug alteration to maintain rhythm control in paroxysmal atrial fibrillation. Subanalysis from J-RHYTHM study., Circulation Journal, Vol.74, No.5, 870-875, 2010..[発行所] ...
閲覧 Michio Shimabukuro, H. Masuzaki and Masataka Sata : Intensive glucose lowering in cardiovascular risk management., --- unsolved questions ---, Circulation Journal, Vol.76, No.3, 593-595, 2012..[発行所] ...
閲覧 弘田 大智, 西尾 進, 山田 博胤, 遠藤 桂輔, 冨田 紀子, 林 修司, 平田 有紀奈, 玉井 利奈, 中川 摩耶, 佐田 政隆, 齋藤 憲 : 陳旧性心筋梗塞におけるV1誘導のP波と左房負荷:心エコー・ドプラ法を用いた検討, The 76th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, 2012年3月..[発行所] ...
閲覧 Hirofumi Soejima, Hisao Ogawa, Takeshi Morimoto, Masafumi Nakayama, Sadanori Okada, Shiro Uemura, Masao Kanauchi, Naofumi Doi, Mio Sakuma, Hideaki Jinnouchi, Seigo Sugiyama, Masako Waki, Yoshihiko Saito and the JPAD trial investigators : Aspirin reduces cerebrovascular events in type 2 diabetic patients with poorly controlled blood pressure. Subanalysis from the JPAD trial., Circulation Journal, Vol.76, No.6, 1526-1532, 2012..[発行所] ...
閲覧 伊勢 孝之, 佐田 政隆 : 専門医トレーニング問題Ⅱ, 循環器専門医, Vol.21, No.1, 132-134, 2013年3月..[発行所] ...
閲覧 楠瀬 賢也, 佐田 政隆 : 用語解説TAVR(transcatheter aortic valve replacement), 循環器専門医, Vol.21, No.1, 16, 2013年3月..[発行所] ...
閲覧 八木 秀介, 石田 昌義, 佐田 政隆 : 用語解説 マイクロRNAと循環器疾患, 循環器専門医, Vol.21, No.1, 97, 2013年3月..[発行所] ...
閲覧 S Hayashi, Hirotsugu Yamada, Mika Bando, Junko Hotsuchi, Takayuki Ise, Koji Yamaguchi, Takashi Iwase, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Toshiaki Tamaki and Masataka Sata : Augmentation Index does not Reflect the Risk of Coronary Artery Disease in Elderly Patients., Circulation Journal, Vol.78, No.5, 1176-1182, 2014..[発行所] ...
閲覧 A Takashima, Takayuki Ise, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, S Kimura, Yuka Ueda, K Nishikawa, A Ishii, Toshiyuki Niki, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Shinsuke Katoh, Masashi Akaike and Masataka Sata : Cardiac rehabilitation reduces serum levels of oxidized low-density lipoprotein., Circulation Journal, Vol.78, No.11, 2682-2687, 2014..[発行所] ...
閲覧 Takeshi Soeki, Koji Yamaguchi, Toshiyuki Niki, E Uematsu, S Bando, T Matsuura, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Junko Hotsuchi, Takeshi Tobiume, Shusuke Yagi, Daiju Fukuda, Yoshio Taketani, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki, Michio Shimabukuro and Masataka Sata : Plasma microRNA-100 is associated with coronary plaque vulnerability., Circulation Journal, Vol.79, No.2, 413-418, 2015..[発行所] ...
閲覧 楠瀬 賢也, 佐田 政隆 : atrial appendage occlusion (左心耳閉鎖デバイス), 循環器専門医, Vol.23, No.1, 85, 2015年3月..[発行所] ...
閲覧 S Momomura, Y Seino, Y Kihara, H Adachi, Y Yasumura, H Yokoyama, H Wada, Takayuki Ise, K Tanaka and investigator SAVIOR-C : Adaptive servo-ventilation therapy for patients with chronic heart failure in a confirmatory, multicenter, randomized, controlled study., Circulation Journal, Vol.79, No.5, 981-990, 2015..[発行所] ...
閲覧 Kimie Tanaka and Masataka Sata : Visualization of human coronary vasa vasorum in vivo., Circulation Journal, Vol.79, No.6, 1211-1212, 2015..[発行所] ...
閲覧 Hiromu Yamazaki, Koji Yamaguchi, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Toshiyuki Niki, Yoshio Taketani, Atsunori Kitaoka, Kenya Kusunose, Takayuki Ise, Takeshi Tobiume, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada and Masataka Sata : Impact of indoxyl sulfate, a uremic toxin, on non-culprit coronary plaque composition assessed by integrated backscatter intravascular ultrasound., Circulation Journal, Vol.79, No.8, 1773-1779, 2015..[発行所] ...
閲覧 Michio Shimabukuro, T Saito, T Higa, K Nakamura, H Masuzaki, Masataka Sata and group Fukuoka diabetologists the : Risk stratification of coronary artery disease in asymptomatic diabetic subjects using multidetector computed tomography, Circulation Journal, Vol.79, No.11, 2422-2429, 2015..[発行所] ...
閲覧 Toshiyuki Niki, Tetsuzo Wakatsuki, Koji Yamaguchi, Yoshio Taketani, Hiroyasu Oeduka, Kenya Kusunose, Takayuki Ise, Takashi Iwase, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki and Masataka Sata : Effects of the addition of eicosapentaenoic acid to strong statin therapy on inflammatory cytokines and coronary plaque components assessed by integrated backscatter intravascular ultrasound., Circulation Journal, Vol.80, No.2, 450-460, 2016..[発行所] ...
閲覧 Michio Shimabukuro, T Saito, H Masuzaki and Masataka Sata : Screening of coronary artery disease in diabetic patients: who and how? -reply-, Circulation Journal, Vol.80, No.2, 544, 2016..[発行所] ...
閲覧 Kenya Kusunose, M Sato, Hirotsugu Yamada, Y Saijo, Mika Bando, Y Hirata, S Nishio, S Hayashi and Masataka Sata : Prognostic implications of non-invasive vascular function tests in high-risk atherosclerosis patients., Circulation Journal, Vol.80, No.4, 1034-1040, 2016..[発行所] ...
閲覧 T Hayashi, S Yamada, H Iwano, M Nakabachi, M Sakakibara, K Okada, D Murai, H Nishino, Kenya Kusunose, K Watanabe, T Ishizu, K Wakami, Hirotsugu Yamada, K Dohi, Y Seo, N Ohte, T Mikami and H Tsutsui : Left Ventricular Global Strain for Estimating Relaxation and Filling Pressure- A Multicenter Study., Circulation Journal, Vol.80, No.5, 1163-1170, 2016..[発行所] ...
閲覧 A Takashima, Shusuke Yagi, Koji Yamaguchi, S Watanabe, N Yamamoto, H Ito, M Kadota, T Hara, H Yamazaki, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Takeshi Tobiume, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata : Purulent pericarditis accompanying pericardial abscess induced by nocardia in an immunocompromised patient., Circulation Journal, Vol.80, No.11, 2409-2411, 2016..[発行所] ...
閲覧 Akira Takashima, Tatsuro Ogata, Hirotsugu Yamada, Tetsuzo Wakatsuki and Masataka Sata : Intracardiac echocardiography-guided biopsy of a lipomatous cardiac tumor arising from the interatrial septum., Circulation Journal, Vol.81, No.10, 1553-1555, 2017..[発行所] ...
閲覧 Akihiro Tokushige, Shinichiro Ueda, Hirofumi Tomiyama, Mituru Ohishi, Takahide Kohro, Yukihito Higashi, Bonpei Takase, Toru Suzuki, Tomoko Ishizu, Tsutomu Yamazaki, Tomoo Furumoto, Kazuomi Kario, Teruo Inoue, Shinji Koba, Yasuhiko Takemoto, Takuzo Hano, Masataka Sata, Yutaka Ishibashi, Koichi Node, Koji Maemura, Yusuke Ohya, Taiji Furukawa, Hiroshi Ito and Akira Yamashina : Association Between Waist-to-Height Ratio and Endothelial Dysfunction in Patients With Morbidity A Report From the FMD-J Study, Circulation Journal, Vol.81, No.12, 1911-1918, 2017..[発行所] ...
閲覧 Kageyuki Oba, Minetaka Maeda, Gulinu Maimaituxun, Satoshi Yamaguchi, Osamu Arasaki, Daiju Fukuda, Shusuke Yagi, Hirata Yukina, Susumu Nishio, Takashi Iwase, Shoichiro Takao, Kenya Kusunose, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Masafumi Harada, Hiroaki Masuzaki, Masataka Sata and Michio Shimabukuro : Effect of the Epicardial Adipose Tissue Volume on the Prevalence of Paroxysmal and Persistent Atrial Fibrillation., Circulation Journal, Vol.82, No.7, 1778-1787, 2018..[発行所] ...
閲覧 Yukina Hirata, Hirotsugu Yamada and Masataka Sata : Epicardial Fat and Pericardial Fat Surrounding the Heart Have Different Characteristics., Circulation Journal, Vol.82, No.10, 2475-2476, 2018..[発行所] ...
閲覧 佐田 政隆, 田中 君枝 : 心外膜脂肪と心疾患, 循環器専門医, Vol.23, 73-79, 2019年(0月)..[発行所] ...
閲覧 佐田 政隆 : 編集後記, 循環器専門医, Vol.23, (号), 174, 2019年(0月)..[発行所] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.14, Max(EID) = 375122, Max(EOID) = 1005250.