『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 ストレス (stress)

登録情報の数

有効な情報: 15件 + 無効な情報: 3件 = 全ての情報: 18件

全ての有効な情報 (15件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 (未定義) …(11)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 佐藤 健二 : トラウマティック·ストレスと自己開示, ストレス科学, Vol.19, No.4, 189-198, 2005年..[キーワード] ...
閲覧 森田 恭子, 関山 敦生, 六反 一仁 : ストレスと神経·内分泌ネットワーク, 脳と神経, Vol.57, No.5, 397-406, 2005年5月..[キーワード] ...
閲覧 Kazuhito Rokutan, Kyoko Morita, Kiyoshi Masuda, Kumiko Tominaga, Michiyo Shikishima, Shigetada Kondo, Tetsuro Omori and Atsuo Sekiyama : Gene expression profiling in peripheral blood leukocytes as a new approach for assessment of human stress response, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.3,4, 137-144, Aug. 2005..[キーワード] ...
閲覧 Yoshiko Nakae, Peter J. Stoward, Ivan A. Bespalov, Robert J. Melamede and Susan S. Wallace : A new technique for the quantitative assessment of 8-oxoguanine in nuclear DNA as a marker of oxidative stress. Application to dystrophin-deficient DMD skeletal muscles., Histochemistry and Cell Biology, Vol.124, No.3-4, 335-345, 2005..[キーワード] ...
閲覧 Atsuo Sekiyama, Haruyasu Ueda, Shin-ichiro Kashiwamura, Kensei Nishida, Seiko Yamaguchi, Hideyuki Sasaki, Yuki Kuwano, Kaori Kawai, Shigetada Kondo, Kazuhito Rokutan and Haruki Okamura : A role of the adrenal gland in stress-induced up-regulation of cytokines in plasma, Journal of Neuroimmunology, Vol.171, No.1-2, 38-44, 2006..[キーワード] ...
閲覧 (名) Suryono, Jun-ichi Kido, Noriko Hayashi, Masatoshi Kataoka, Yasuo Shinohara and Toshihiko Nagata : Norepinephrine Stimulates Calprotectin Expression in Human Monocytic Cells, Journal of Periodontal Research, Vol.41, No.3, 159-164, 2006..[キーワード] ...
閲覧 高山 英里, 正木 由紀, 穂岐山 藍, 奥田 紀久子, 山下 留理子, 郷木 義子, 廣原 紀恵 : 医療系学生がイメージする小·中学生の姿に関する調査(2), --- ストレス等を中心に ---, 中国・四国学校保健学会講演集, (巻), (号), (頁), 2008年5月..[キーワード] ...
閲覧 益崎 裕章, 島袋 充生 : 糖尿病研究の進歩と展望 (膵β細胞死の分子機構)肥満脂肪組織の炎症と機能異常, 糖尿病学の進歩, Vol.44, 189-195, 2010年9月..[キーワード] ...
閲覧 益崎 裕章, 山川 研, 島袋 充生 : 【核内受容体とアディポサイエンス】 臨床 脂肪組織グルココルチコイド作用過剰とアディポサイエンス, アディポサイエンス, Vol.7, No.2, 168-174, 2010年12月..[キーワード] ...
閲覧 Stephen Githinji Karungaru, Yoshida Toshihiro, Seo Toru, Minoru Fukumi and Kenji Terada : Monotonous Tasks and Alcohol Consumption effects on the Brain by EEG Analysis using Neural Networks, International Journal of Computational Intelligence and Applications, Vol.11, No.3, 1250015, 2012..[キーワード] ...
閲覧 中本 真理子, 酒井 徹 : 豆乳摂取は大学生のストレス状態を改善する, 大豆たん白質研究, Vol.36, No.18, 182-187, (都市), 2016年6月..[キーワード] ...
閲覧 寺田 賢治 : Webカメラを用いたVDT作業者の疲労度計測 第11章第3節, 株式会社 技術情報協会, 東京, 2019年10月..[キーワード] ...
閲覧 葉久 真理, 井上 葵 : 子育てをする男性が妻の言動によりストレスを感じた体験, 第54回徳島母性衛生学会, 3, 2022年9月..[キーワード] ...
閲覧 Yukie Matsuura, Yoko Abe, Yoshie Motoki, HoangNam Tran and Toshiyuki Yasui : Menstrual Abnormalities in Female International Students in Japan: Changes during Pre-Arrival, Difficult, and Current Periods, European Journal of Investigation in Health, Psychology and Education, Vol.13, No.7, 1362-1377, 2023..[キーワード] ...
閲覧 Yukie Matsuura, HoangNam Tran, Nguyen Thanh Binh, Phan Ngoc Quang, Nguyen Trung Kien and Toshiyuki Yasui : Menstruation-Related Symptoms and Associated Factors among Female University Students in Vietnam, Youth, Vol.4, No.1, 344-356, 2024..[キーワード] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 4, LA = 0.27, Max(EID) = 408814, Max(EOID) = 1107753.