『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 生活の質 (quality of life) または
閲覧 クオリティ・オブ・ライフ (QOL)

登録情報の数

有効な情報: 47件 + 無効な情報: 3件 = 全ての情報: 50件

全ての有効な情報 (47件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(9)
閲覧 閲覧 香川県歯科医師会 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(9)
閲覧 (未定義) …(32)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Takao Yokoe, Tsunehiro Ishida, Suketami Tominaga, Tetsuo Kuroishi, Tadaoki Morimoto, Hideya Tashiro, Sueyoshi Itoh, Rikiya Abe, Jun Ota, Toshio Horino, Tetsuo Taguchi, Kazuyoshi Honda, Michizou Sasakawa, Yoshitomo Kashiki, Satoru Yamamoto, Kohji Enomoto, Masami Ogita, Koichi Yoshida, Choichiro Kido, Mamoru Fukuda, Hiromu Watanabe and Masaru Izuo : Effect of mass screening for breast cancer from the aspect of psychosocial assessment of the quality of life, Japanese Journal of Cancer Research, Vol.84, No.4, 365-370, 1993..[キーワード] ...
閲覧 F Numa, H Ogata, Y Suminami, N Tsunaga, Y Nakamura, H Tamura, N Takasugi, H Kato, Akira Tangoku, T Uchiyama, M Oka, T Suzuki, M Yamamoto and K Naito : Pelvic exenteration for the treatment of gynecological malignancies., Archives of Gynecology and Obstetrics, Vol.259, No.3, 133-138, 1997..[キーワード] ...
閲覧 Yasuhiro Kaneda and Tetsuro Ohmori : Impact of risperidone medication on quality of life and gonadal axis hormones in schizophrenia male patients with acute exacerbation, The International Journal of Neuropsychopharmacology, Vol.6, No.3, 247-252, 2003..[キーワード] ...
閲覧 兼川 康宏, 河村 一郎, 藤井 哲, 大森 哲郎 : 定型抗精神病薬から非定型抗精神病薬へのスイッチングが統合失調症患者のQOLおよび性腺機能に及ぼす影響, 臨床精神薬理, Vol.7, (号), 483-492, 2004年..[キーワード] ...
閲覧 多田 敏子, 橋本 文子, 谷岡 哲也, 松下 恭子, 永峰 勲, 山下 留理子 : ホスピスにおけるがん患者のQOLに関する検討, Quality of Life Journal, Vol.5, No.1, 95-102, 2004年. ...
閲覧 多田 敏子, 谷岡 哲也, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 永峰 勲, 森口 博基, 森川 富昭, 片山 貴文, 川野 公江 : 山間地域の在宅高齢者のQOLと健康長寿との関連, Quality of Life Journal, Vol.51, No.2, (頁), 2004年9月. ...
閲覧 多田 敏子, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子, 森口 博基, 片山 貴文, 森川 富昭, 谷岡 哲也, 永峰 勲 : 山間地域の在宅後期高齢者の生きがいと健康長寿の関連, 日本公衆衛生雑誌, Vol.51, No.10, 682, 2004年10月..[キーワード] ...
閲覧 片山 貴文, 森川 富昭, 森口 博基, 多田 敏子, 永峰 勲, 谷岡 哲也, 橋本 文子, 松下 恭子, 山下 留理子 : 地域在宅高齢者の閉じこもり傾向の関連要因の検討, 日本公衆衛生学会誌, Vol.51, No.10, 699, 2004年10月..[キーワード] ...
閲覧 田吉 信哉, 大森 哲郎 : 抗精神病薬による統合失調症の再発予防戦略, 精神科治療学, Vol.20, No.1, 59-65, 2005年(0月)..[キーワード] ...
閲覧 Toshiko Tada, Tetsuya Tanioka, Fumiko Hashimoto, Yasuko Matsushita, Ruriko Yamashita, Isao Nagamine and Chiemi Kawanishi : ASSOCIATION BETWEEN QOL AND HEALTHY LONGEVITY IN THE ELDERLY LIVING AT HOME IN MOUNTAINOUS REGIONS, ISOQOL 13th Annual Conference, (巻), (号), 43, San Francisco, Oct. 2005..[キーワード] ...
閲覧 原田 貴史, 中村 明美, 友竹 正人, 大森 哲郎 : 女性看護職の強迫傾向が主観的QOLに及ぼす影響, 心身医学, Vol.47, No.1, 33-40, 2007年. ...
閲覧 Yutaka Nakaya, Kiwamu Okita, Kazuyuki Suzuki, Hisataka Moriwaki, Akinobu Kato, Yoshiyuki Miwa, Koichi Shiraishi, Hiroaki Okuda, Morikazu Onji, Hidenori Kanazawa, Hirohito Tsubouchi, Shinzo Kato, Masahiko Kaito, Akiharu Watanabe, Daiki Habu, Susumu Ito, Tomohisa Ishikawa, Naohiro Kawamura and Yasuyuki Arakawa : BCAA-enriched snack improves nutritional state of cirrhosis, Nutrition, Vol.23, No.2, 113-120, 2007..[キーワード] ...
閲覧 北村 直也, 石田 光生, 出口 博代, 畑 毅, 岡本 哲治, 細田 超 : 大腸癌が上顎および頸部リンパ節に転移した1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.53, No.8, 504-508, 2007年..[キーワード] ...
閲覧 Hirofumi Aki, Masahito Tomotake, Yasuhiro Kaneda, Junichi Iga, Sawako Kinouchi, Sumiko Shibuya-Tayoshi, Shin-Ya Tayoshi, Ikuyo Motoki, Kazuhiko Moriguchi, Satsuki Sumitani, Ken Yamauchi, Takahide Taniguchi, Yasuhito Ishimoto, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Subjective and objective quality of life, levels of life skills, and their clinical determinants in outpatients with schizophrenia., Psychiatry Research, Vol.158, No.1, 19-25, 2007..[キーワード] ...
閲覧 Ken Yamauchi, Hirofumi Aki, Masahito Tomotake, Junichi Iga, Shusuke Numata, Ikuyo Motoki, Yumiko Izaki, Shinya Tayoshi, Sawako Kinouchi, Satsuki Sumitani, Sumiko Tayoshi, Yumiko Takikawa, Yasuhiro Kaneda, Takahide Taniguchi, Yasuhito Ishimoto, Shu-ichi Ueno and Tetsuro Ohmori : Predictors of subjective and objective quality of life in outpatients with schizophrenia., Psychiatry and Clinical Neurosciences, Vol.62, No.4, 404-411, 2008..[キーワード] ...
閲覧 Satoshi Ogawa, Takeshi Yamashita, Yoshifusa Aizawa, Hirotsugu Atarashi, Hiroshi Inoue, Tohru Ohe, Hiroshi Ohtsu, Ken Okumura, Takao Katoh, Shiro Kamakura, Koichiro Kumagai, Yoshihisa Kurachi, Itsuo Kodama, Yukihiro Koretsune, Tetsunori Saikawa, Masayuki Sakurai, Kaoru Sugi, Toshifumi Tabuchi, Haruaki Nakaya, Toshio Nakayama, Makoto Hirai, Masahiko Fukatani, Hideo Mitamura and Investigators J-RHYTHM : Optimal treatment strategy for patients with paroxysmal atrial fibrillation: J-RHYTHM Study., Circulation Journal, Vol.73, No.2, 242-248, 2008..[キーワード] ...
閲覧 杉原 治美, 多田 敏子, 森口 博基, 森川 富昭, 大岡 裕子 : バーチャル看護相談室開設から4年間の利用状況分析, 日本医療マネジメント学会雑誌, Vol.10, No.2, 404-409, 2009年..[キーワード] ...
閲覧 上村 浩一, 日吉 峰麗, 武田 英雄, 北山 淳, 高見 栄喜, 澤近 房和, 山口 美輪, 有澤 孝吉 : 【生活習慣と中高年期における疾病の予防】 生活習慣と骨粗鬆症 脆弱性骨折の予防, 四国医学雑誌, Vol.65, No.5-6, 111-116, 2009年. ...
閲覧 曽根 三郎, 倉本 卓哉, 佐藤 正大, 三橋 惇志, 柿内 聡司, 後東 久嗣, 多田 浩也, 西岡 安彦 : がん分子標的治療, 日本臨牀, Vol.68, No.6, 997-1006, 2010年6月. ...
閲覧 Yuko Yasuhara, Sanae Takada, Tetsuya Tanioka, Chiemi Kawanishi and C. Rozzano Locsin : Illness experiences of patients with iscemic heart disease during their transitional phase from hospitalization to discharge in Japan, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.3.4, 293-304, 2010..[キーワード] ...
閲覧 安原 由子, 川西 千恵美, 谷岡 哲也, 藤川 栄二 : 地域で生活する虚血性心疾患患者のQOLの変化―待機的PCI患者と緊急PCI患者,性別での比較―, 日本看護学論文集 地域看護, (巻), (頁), 2010年10月..[キーワード] ...
閲覧 組橋 由記, 埴淵 昌毅, 富本 英樹, 東 桃代, 兼松 貴則, 柿内 聡司, 後東 久嗣, 多田 浩也, 西岡 安彦, 曽根 三郎 : 非小細胞肺癌患者のpatient-reported outcome(PRO)評価法の現状と問題点 ―第III 相臨床試験論文のreview―, 肺癌, Vol.50, No.6, 791-802, 2010年. ...
閲覧 友竹 正人, 大森 哲郎 : 統合失調症治療におけるアウトカム指標, 精神医学, Vol.53, No.2, 177-183, 2011年2月..[キーワード] ...
閲覧 岡久 玲子, 多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子 : 看護学生が記述したケアリング体験の中に含まれている言葉, Quality of Life Journal, Vol.12, No.1, 145-150, 2011年..[キーワード] ...
閲覧 重木 明日香, 谷脇 聖佳, 多田 敏子, 岡久 玲子, 松下 恭子, 藤井 智惠子 : 四国遍路へのお接待におけるケアリングとQOL, Quality of Life Journal, Vol.12, No.2, 5, 2011年9月..[キーワード] ...
閲覧 重木 明日香, 谷脇 聖佳, 多田 敏子, 岡久 玲子, 松下 恭子, 藤井 智惠子 : お遍路さんとお接待をする地域住民におけるケアリングとQOL, Quality of Life Journal, Vol.12, No.1, 135-143, 2011年..[キーワード] ...
閲覧 岡久 玲子, 多田 敏子, 松下 恭子, 藤井 智惠子 : 看護学生のケアリング体験とQOL, Quality of Life Journal, Vol.12, No.2, 6, 2011年9月..[キーワード] ...
閲覧 Xuan Song-Yu, Omar Maningo Rodis, Sagiri Ogata, Jin Can-Hu, Michiko Nishimura and Seishi Matsumura : Postural stability and occlusal status among Japanese elderly., Gerodontology, Vol.29, No.2, e988-e997, 2011..[キーワード] ...
閲覧 Hiroshi Hagino, Toshiyuki Takano, Masao Fukunaga, Masataka Shiraki, Toshitaka Nakamura and Toshio Matsumoto : Eldecalcitol reduces the risk of severe vertebral fractures and improves the health-related quality of life in patients with osteoporosis., Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.31, No.2, 183-189, 2012..[キーワード] ...
閲覧 松山 美和 : いつまでもお口で食べて,健やかに!, 2013年 徳島大学 大学開放実践センター 公開講座, 2013年12月..[キーワード] ...
閲覧 松山 美和 : 食べることは生きる力「噛んでいきいき,歯っぴーライフ!!」, 香川県医療推進協議会 県民公開講座, 2014年1月..[キーワード] ...
閲覧 (種別) : 野中 俊介, 境 泉洋 : ひきこもり状態がQuality of lifeに及ぼす影響, 心理學研究, Vol.85, No.3, 313-318, 日本心理学会, (都市), 2014年8月. ...
閲覧 Akiko Abe, Maki Matoda, Sanshiro Okamoto, Eiji Kondo, Kazuyoshi Kato, Kohei Omatsu, Kenji Umayahara, Kuniko Utsugi and Nobuhiro Takeshima : Resection of the vaginal vault for vaginal recurrence of cervical cancer after hysterectomy and brachytherapy, World Journal of Surgical Oncology, Vol.13, (号), 137, 2015..[キーワード] ...
閲覧 二宮 雅美 : QOL向上のための歯周治療, 道東歯学研究会・釧路歯科医師会共催講演, 2015年6月. ...
閲覧 二宮 雅美 : 歯周組織再生療法の変遷ーQOL向上のための歯周治療ー, 松本歯科大学 歯周病学特別講義, 2015年7月. ...
閲覧 二宮 雅美 : 歯周疾患の治療計画ーQOL向上のための歯周治療ー, 松本歯科大学特別講演, 2016年12月..[キーワード] ...
閲覧 山本 哲也, 吉本 潤一郎 : 人工知能とライフログを活用したQOL向上のための行動変容法, 日本健康心理学会第30回記念大会発表論文集, (巻), (号), 126, 2017年9月. ...
閲覧 Chikako Kane, Masahito Tomotake, Sayo Hamatani, Shin-ichi Chiba and Tetsuro Ohmori : Clinical factors influencing quality of life in anorexia nervosa patients, Open Journal of Psychiatry, Vol.8, 50-60, 2018..[キーワード] ...
閲覧 兼安 祐子, 藤原 久也, 西村 哲夫, 加藤 真吾, 大野 達也, 櫻井 英幸, 猪本 智子, 生島 仁史, 宇野 隆, 徳丸 直郎, 播磨 洋子, 五味 弘道, 喜多 みどり, 野田 真永, 高橋 健夫, 新部 譲, 戸板 孝文 : 子宮頸癌患者に対する日本語版QOL調査票の開発, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, Vol.36, No.4, 682-691, 2018年. ...
閲覧 二宮 雅美 : QOL向上のための歯周治療 -有病者や若年者の歯周病症例を通して-, 徳島大学大学院顎機能咬合再建学分野同門会 学術講演, 2019年3月..[キーワード] ...
閲覧 安達 佳仁, 甲斐 義弘, 恩田 萌子, 端山 淳子, 趙 岳人, 谷岡 哲也, 高瀬 憲作 : ALS 患者のための視線検出デバイスを用いたマルチコプタの操作システム (視野を考慮した操作画面の設計および実験), 日本機械学会論文集, Vol.85, No.876, 2019年..[キーワード] ...
閲覧 横谷 亜希子, 松山 美和, 中居 伸行 : 歯科初診患者の歯周病重症度と口腔関連QOL の関連性, 日本歯周病学会会誌, Vol.61, No.4, 168-177, 2019年..[キーワード] ...
閲覧 二宮 雅美 : QOL向上につながる歯周治療ー歯周組織再生剤「リグロス」でここまで治るー, リグロス発売3周年記念 歯周治療実践セミナー, 2020年7月..[キーワード] ...
閲覧 Misako Kawai, Hisako Ibaraki, Yuuki Takashima, Takanori KANAZAWA and Hiroaki Okada : Development of a Liquid Crystal Formulation that Can Penetrate the Stratum Corneum for Intradermal Delivery of Small Interfering RNA., Molecular Pharmaceutics, Vol.18, No.3, 1038-1047, 2021..[キーワード] ...
閲覧 Kana Beppu, Rie Tsutsumi, Satoshi Ansai, Nana Ochiai, Mai Terakawa, Marie Mori, Masashi Kuroda, Kazuki Horikawa, Takumi Tomoi, Joe Sakamoto, Yasuhiro Kamei, Kiyoshi Naruse and Hiroshi Sakaue : Development of a screening system for agents that modulate taste receptor expression with the CRISPR-Cas9 system in medaka., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.601, (号), 65-72, 2022..[キーワード] ...
閲覧 Souichi Yanamoto, Yasuyuki Michi, Mitsunobu Otsuru, Toru Inomata, Hideki Nakayama, Takeshi Nomura, Takumi Hasegawa, Yoshiko Yamamura, Shin-Ichi Yamada, Jingo Kusukawa, Nobuhiro Yamakawa, On Hasegawa, Michihiro Ueda, Yoshimasa Kitagawa, Akimitsu Hiraki, Toshihiro Hasegawa, Yoichi Ohiro, Wataru Kobayashi, Seiji Asoda, Takanori Kobayashi, Mitsuyoshi Iino, Masayuki Fukuda, Naomi Ishibashi-Kanno, Koji Kawaguchi, Reona Aijima, Kazuma Noguchi, Masaya Okura, Akira Tanaka, Tsuyoshi Sugiura, Yukari Shintani, Kazuhiro Yagihara, Masashi Yamashiro, Yoshihide Ota, Akihiro Miyazaki, Akinori Takeshita, Hitoshi Kawamata, Iwabuchi Hiroshi, Kenichiro Uchida, Masahiro Umeda, Hiroshi Kurita and Tadaaki Kirita : Protocol for a multicentre, prospective observational study of elective neck dissection for clinically node-negative oral tongue squamous cell carcinoma (END-TC study)., BMJ Open, Vol.12, No.9, e059615, 2022..[キーワード] ...
閲覧 濱野 裕章, 座間味 義人, Soichiro Ushio, 新村 貴博, 合田 光寛, 石澤 有紀, 石澤 啓介 : [Development of Preventive Methods for Drug-induced Cardiotoxicity Using a Large-scale Medical Information Database]., 薬学雑誌, Vol.144, No.3, 257-264, 2024年(0月)..[キーワード] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.25, Max(EID) = 407307, Max(EOID) = 1103849.