『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 金子 和之

登録情報の数

有効な情報: 26件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 28件

全ての有効な情報 (26件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(10)
閲覧 閲覧 中·四国矯正歯科学会 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(10)
閲覧 閲覧 日本矯正歯科学会 …(1)
閲覧 閲覧 早稲田大学 …(3)
閲覧 (未定義) …(8)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Ken'ichi Yokoyama, Kazuyuki Kaneko, Keiji Moriyama, Kenzo Asaoka, Jun'ichi Sakai and Michihiko Nagumo : Hydrogen embrittlement of Ni-Ti superelastic alloy in fluoride solution, Journal of Biomedical Materials Research, Vol.65A, No.2, 182-187, 2003..[著者] ...
閲覧 Kazuyuki Kaneko, Ken'ichi Yokoyama, Keiji Moriyama, Kenzo Asaoka, Jun'ichi Sakai and Michihiko Nagumo : Delayed fracture of beta titanium orthodontic wire in fluoride aqueous solutions., Biomaterials, Vol.24, No.12, 2113-2120, 2003..[著者] ...
閲覧 Masahiko Yokozeki, Afanador Elain, Masumi Nishi, Kazuyuki Kaneko, Shimokawa Hitoyata, Yokote Koutaro, Deng Chuxia, Kunihiro Tsuchida, Hiromu Sugino and Keiji Moriyama : Smad3 is required for enamel biomineralization., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.305, No.3, 684-690, 2003..[著者] ...
閲覧 Ken'ichi Yokoyama, Kazuyuki Kaneko, Keiji Moriyama and Kenzo Asaoka : Degradation of tensile strength due to hydrogen absorption of nickel-titanium superelastic alloys in fluoride solution, Journal of Dental Research, Vol.82, No.Spec B, 341, Goteborg, June 2003..[著者] ...
閲覧 Kazuyuki Kaneko, Ken'ichi Yokoyama, Keiji Moriyama and Kenzo Asaoka : Delayed fracture of beta titanium alloys in fluoride solutions, Journal of Dental Research, Vol.82, No.Spec B, 341, Goteborg, June 2003..[著者] ...
閲覧 Ken'ichi Yokoyama, Kazuyuki Kaneko, Youji Miyamoto, Kenzo Asaoka, Jun'ichi Sakai and Michihiko Nagumo : Fracture associated with hydrogen absorption of sustained tensile-loaded titanium in acid and neutral fluoride solutions, Journal of Biomedical Materials Research. Part A, Vol.68, No.1, 150-158, 2004..[著者] ...
閲覧 Masahiko Yokozeki, Elain Afanador, Masumi Nishi, Kazuyuki Kaneko, H Shimokawa, K Yokote, C Deng, K Tsuchida, H Sugino and Keiji Moriyama : Smad3 plays critical roles in enamel biomineralizaton, IADR 82nd General Session, (巻), (号), (頁), Honolulu, March 2004..[著者] ...
閲覧 Ken'ichi Yokoyama, Kazuyuki Kaneko, Eiji Yabuta, Kenzo Asaoka and Jun'ichi Sakai : Fracture of nickel-titanium superelastic alloy in sodium hypochlorite solution, Materials Science and Engineering A, Vol.369, No.1-2, 43-48, 2004..[著者] ...
閲覧 Ken'ichi Yokoyama, Kazuyuki Kaneko, Keiji Moriyama, Kenzo Asaoka, Jun'ichi Sakai and Michihiko Nagumo : Delayed fracture of Ni-Ti superelastic alloys in acidic and neutral fluoride solutions., Journal of Biomedical Materials Research. Part A, Vol.69A, No.1, 105-113, 2004..[著者] ...
閲覧 Kazuyuki Kaneko, Ken'ichi Yokoyama, Keiji Moriyama, Kenzo Asaoka and Jun'ichi Sakai : Degradation in performance of orthodontic wires caused by hydrogen absorption during short-term immersion in 2.0% acidulated phosphate fluoride solution., The Angle Orthodontist, Vol.74, No.4, 487-495, 2004..[著者] ...
閲覧 Ken'ichi Yokoyama, Kazuyuki Kaneko, Toshio Ogawa, Keiji Moriyama, Kenzo Asaoka and Jun'ichi Sakai : Hydrogen embrittlement of work-hardened Ni-Ti alloy in fluoride solutions., Biomaterials, Vol.26, No.1, 101-108, 2005..[著者] ...
閲覧 Putranto Rama, Yasuo Oba, Kazuyuki Kaneko, Atsushi Shioyasono and Keiji Moriyama : Effect of bisphosphonate on odontoclasts during experimental tooth movement, 5 th Asian-Pacific Orthodontic Conference, (巻), (号), 195, Beijing, April 2005..[著者] ...
閲覧 西 真寿美, 谷本 起穗, 冨田 優子, 金子 和之, 佐竹 秀太, 辻 けい子, 高橋 巧, 森山 啓司 : 徳島大学病院矯正歯科における過去10年間の口唇裂・口蓋裂患者に関する実態調査, 第29回日本口蓋裂学会総会・学術集会, 2005年5月..[著者] ...
閲覧 大庭 康雄, 泰江 章博, 金子 和之, 内田 玲子, 藤澤 健司, 長山 勝, 森山 啓司 : PLLA製スクリューを用いた下顎枝矢状分割術後の近位・遠位骨片の術後変化-手術後の骨片の回転変化に関する検討-, 第15回日本顎変形症学会総会, (巻), (号), (頁), 2005年6月..[著者] ...
閲覧 金子 和之, 内田 玲子, 泰江 章博, 大庭 康雄, 藤澤 健司, 長山 勝, 森山 啓司 : PLLA製スクリューを用いて下顎枝矢状分割術を行った下顎非対称を伴う下顎前突症患者における術後安定性-正面頭部X線規格写真を用いた検討-, 第15回日本顎変形症学会総会, (巻), (号), (頁), 2005年6月..[著者] ...
閲覧 ラマ プトラント, 大庭 康雄, 金子 和之, 塩屋園 敦, 森山 啓司 : 実験的歯の移動時におけるサイトカインを介した歯根吸収に対するビスホスホネートの効果, 第64回 日本矯正歯科学会大会, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[著者] ...
閲覧 塩屋園 敦, 大庭 康雄, 金子 和之, 内田 玲子, 森山 啓司 : 非接触型三次元顔面形状計測における頭位の影響に関する検討, 第16回日本顎変形症学会総会, Vol.16, No.2, 129, 2006年6月..[著者] ...
閲覧 塩屋園 敦, 大庭 康雄, 金子 和之, 内田 玲子, 森山 啓司 : 非接触型三次元計測装置を用いた顔面形状計測に頭位が及ぼす影響, 第49回 中·四国矯正歯科学会大会, (巻), (号), (頁), 2006年7月..[著者] ...
閲覧 塩屋園 敦, 堀内 信也, 大庭 康雄, 金子 和之, 内田 玲子, 森山 啓司 : 非接触型三次元計測装置を用いた外科的矯正治療による顔貌変化の評価について, 第49回 中·四国矯正歯科学会大会, (巻), (号), (頁), 2006年7月..[著者] ...
閲覧 金子 和之, 堀内 信也, 森山 啓司 : ダイレクトボンディングが歯質に与える影響について-ボンディング法による比較-, 日本矯正歯科学会雑誌, (巻), (号), (頁), 2006年9月..[著者] ...
閲覧 Yasuo Oba, Kazuyuki Kaneko, Ryoko Uchida, Atsushi Shioyasono and Keiji Moriyama : Stability of mandibular segments following sagittal split ramus osteotomy with poly-L-lactic acid (PLLA) screws, 第65回日本矯正歯科学会大会・第一回日韓ジョイントミーティング, (巻), (号), 367, Sep. 2006..[著者] ...
閲覧 金子 和之, 大庭 康雄, 内田 玲子, 泰江 章博, 塩屋園 敦, 森山 啓司 : PLLA製スクリューを用いて下顎枝矢状分割術を行った下顎非対称を伴う骨格性下顎前突症患者における術後安定性 ー正面頭部X線規格写真を用いた検討ー, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.19, (号), 15-20, 2007年..[著者] ...
閲覧 塩屋園 敦, 大庭 康雄, 金子 和之, 森山 啓司 : 非接触型三次元顔面計測時における被験動作に関する検討, 第50回 中·四国矯正歯科学会大会, (巻), (号), (頁), 2007年7月..[著者] ...
閲覧 塩屋園 敦, 大庭 康雄, 金子 和之, 内田 玲子, 森山 啓司 : 非接触型三次元顔面形状計測における頭位の影響に関する検討, Orthodontic Waves-Japanese Edition, Vol.66, No.3, 134-142, 2007年..[著者] ...
閲覧 Yasuo Oba, Akihiro Yasue, Kazuyuki Kaneko, Ryoko Uchida, Atsushi Shioyasono and Keiji Moriyama : Comparison of stability of mandibular segments following the sagittal ramus osteotomy with poly-L-lactic acid (PLLA) screws and titanium screws fixation, Orthodontic Waves, Vol.67, No.1, 1-8, 2008..[著者] ...
閲覧 Shinya Horiuchi, Kazuyuki Kaneko, H Mori, Emi Kawakami, T Tsukahara, K Yamamoto, Kenichi Hamada, Kenzo Asaoka and Eiji Tanaka : Enamel bonding of self-etching and phosphoric acid-etching orthodontic adhesives in simulated clinical conditions: Debonding force and enamel surface, Dental Materials Journal, Vol.28, No.4, 419-425, 2009..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.38, Max(EID) = 383961, Max(EOID) = 1027015.