『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 フラビン (flavin)

登録情報の数

有効な情報: 47件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 47件

全ての有効な情報 (47件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(4)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(4)
閲覧 (未定義) …(27)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Yasushi Imada, Takahiro Kitagawa, Han-Kun Wang, Naruyoshi Komiya and Takeshi Naota : Flavin-catalyzed aerobic oxidation of sulfides in aqueous media, Tetrahedron Letters, Vol.54, No.7, 621-624, 2013..[キーワード] ...
閲覧 今田 泰嗣, 鈴木 陽加, 小宮 成義, 直田 健 : Alloxan 置換フラビンの発光特性, 日本化学会第93春季年会, (巻), (号), (頁), 2013年3月..[キーワード] ...
閲覧 Fumiaki Sato, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Flavin Catalysts Captured in Network Polymers, Advanced Molecular Transformations by Organocatalysts 1st International Conference & 6th Symposium on Organocatalysis, Otsu, May 2013..[キーワード] ...
閲覧 佐藤 文彬, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 多孔性高分子固定化フラビンの合成とその触媒作用, 第33回有機合成若手セミナー, 2013年8月..[キーワード] ...
閲覧 今田 泰嗣 : フラビン触媒を用いた酸素酸化システムの開発, 化学と工業, Vol.67, No.6, 480-482, 2014年..[キーワード] ...
閲覧 今田 泰嗣 : フラビン触媒を用いた酸素酸化システムの開発, 第70回白鷺セミナー, 2014年7月..[キーワード] ...
閲覧 荒川 幸弘, 大西 崇裕, 幸田 貴大, 佐藤 文彬, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 高分子固定化フラビン触媒の開発, 第63回高分子討論会, 2014年9月..[キーワード] ...
閲覧 幸田 貴大, 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 陽イオン交換樹脂を利用するカチオン性フラビンの調製と触媒反応, 第29回中国四国地区高分子若手研究会, 2014年10月..[キーワード] ...
閲覧 河内 梨紗, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 含フラビン架橋ポリスチレンの合成と触媒作用, 第29回中国四国地区高分子若手研究会, 2014年10月..[キーワード] ...
閲覧 芥川 遼, 南川 慶二, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣 : LDH固定化フラビン触媒の合成とその触媒作用, 2014年日本化学会中国四国支部大会, 2014年11月..[キーワード] ...
閲覧 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン分子触媒のレジンへの担持と触媒作用, 2014年日本化学会中国四国支部大会, 2014年11月..[キーワード] ...
閲覧 大西 崇裕, 幸田 貴大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 陽イオン交換樹脂を利用するカチオン性フラビンの調製と触媒反応, 2014年日本化学会中国四国支部大会, 2014年11月..[キーワード] ...
閲覧 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン分子を触媒とした光レドックス反応, LED総合フォーラム2014-2015 in 徳島 論文集, 145-146, 2015年..[キーワード] ...
閲覧 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : LED光を用いたフラビン触媒によるアルデヒドのチオアセタール化反応, LED総合フォーラム2014-2015 in 徳島 論文集, 147-148, 2015年..[キーワード] ...
閲覧 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : アミノ基含有樹脂へのフラビン分子触媒の担持, 日本化学会第95春季年会, 2015年3月..[キーワード] ...
閲覧 大西 崇裕, 幸田 貴大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : カチオン性フラビン分子調製法の開発, 日本化学会第95春季年会, 2015年3月..[キーワード] ...
閲覧 幸田 貴大, 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 陽イオン交換樹脂担持型カチオン性フラビン分子の酸化触媒作用, 日本化学会第95春季年会, 2015年3月..[キーワード] ...
閲覧 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン分子を触媒としたフォトレドックス反応, 日本化学会第95春季年会, 2015年3月..[キーワード] ...
閲覧 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン触媒によるアルデヒドの光誘起チオアセタール化反応, 日本化学会第95春季年会, 2015年3月..[キーワード] ...
閲覧 河内 梨紗, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 含フラビンポリスチレンの合成と触媒作用, 日本化学会第95春季年会, 2015年3月..[キーワード] ...
閲覧 荒川 幸弘, 大西 崇裕, 幸田 貴大, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 陽イオン交換樹脂担持型カチオン性フラビン分子の調製とその触媒作用, 第8回 有機触媒シンポジウム「有機分子触媒による未来型分子変換」 第5回 公開シンポジウム, 2015年5月..[キーワード] ...
閲覧 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン触媒によるアルデヒドの光誘起チオアセタール化反応, 第8回 有機触媒シンポジウム「有機分子触媒による未来型分子変換」 第5回 公開シンポジウム, 2015年5月..[キーワード] ...
閲覧 Haruka Suzuki, Ryo Inoue, Soichiro Kawamorita, Naruyoshi Komiya, Yasushi Imada and Takeshi Naota : Highly Fluorescent Flavins: Rational Molecular Design for Quenching Protection Based on Repulsive and Attractive Control of Molecular Alignment, Chemistry - A European Journal, Vol.21, No.25, 9171-9178, 2015..[キーワード] ...
閲覧 Yukihiro Arakawa, Takahiro Oonishi, Takahiro Kohda, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Novel preparation method of flavinium organocatalysts, The 39th Naito Conference of the chemistry of organocatalysts, Sapporo, Japan, July 2015..[キーワード] ...
閲覧 荒川 幸弘 : フラビン分子を有機フォトレドックス触媒とする分子変換反応の開拓, 第4回有機分子触媒 若手セミナー, 2015年10月..[キーワード] ...
閲覧 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン触媒によるアルデヒドの光誘起チオアセタール化反応, 第5回 CSJ化学フェスタ2015, 2015年10月..[キーワード] ...
閲覧 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン触媒によるアルデヒドのα-オキシアミノ化反応, 第5回 CSJ化学フェスタ, 2015年10月..[キーワード] ...
閲覧 河内 梨紗, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 含フラビン架橋ポリスチレンの合成と触媒作用, 第48回酸化反応討論会, 2015年10月..[キーワード] ...
閲覧 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン触媒によるアルデヒドの光誘起チオアセタール化反応, 第48回酸化反応討論会, 2015年10月..[キーワード] ...
閲覧 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン触媒によるアルデヒドの光誘起α-オキシアミノ化反応, 第48回酸化反応討論会, 2015年10月..[キーワード] ...
閲覧 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : カチオン性フラビン触媒の新規合成法の開発, 第48回酸化反応討論会, 2015年10月..[キーワード] ...
閲覧 荒川 幸弘, 田上 拓磨, 三原 知大, 河内 梨紗, 大西 崇裕, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : N(5)-無置換中性フラビン分子の触媒機能開発, 第48回酸化反応討論会, 2015年10月..[キーワード] ...
閲覧 河内 梨紗, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 官能基化ポリスチレンを担体とする固定化中性フラビンの触媒作用, 第30回中国四国地区高分子若手研究会 「高分子科学のいま,これから」, 2015年11月..[キーワード] ...
閲覧 Takahiro Oonishi, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Development of Facile Method for Preparing Flavinium Organocatalysts, The 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, Kyoto, Nov. 2015..[キーワード] ...
閲覧 Takuma Tagami, Yukihiro Arakawa, Keiji Minagawa and Yasushi Imada : Flavin Catalyzed -Oxyamination of Aldehydes under Visible Light Irradiation, The 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, Kyoto, Nov. 2015..[キーワード] ...
閲覧 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : アミンーフラビン一体型分子の合成とその触媒作用, 2015年日本化学会中国四国支部大会, 2015年11月..[キーワード] ...
閲覧 荒川 幸弘, 山野本 健, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 酸素酸化触媒機能を有する樹脂担持フラボペプチドの開発, 第65回高分子討論会, 2016年9月..[キーワード] ...
閲覧 曽我部 佳子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一, 今田 泰嗣 : 高分子反応による高分子担持型フラビン触媒の合成及び触媒機能評価, 2016日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月..[キーワード] ...
閲覧 馬部 翔伍, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 直田 健, 今田 泰嗣 : フラビン骨格を有するグルコース誘導体のゲル化と触媒作用, 2016年日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月..[キーワード] ...
閲覧 曽我部 佳子, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一, 今田 泰嗣 : 含フラビンポリメタクリル酸の合成とその触媒作用, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月..[キーワード] ...
閲覧 粟谷 皐平, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 含フラビンポリマーマイクロスフィアの調製とその触媒作用, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月..[キーワード] ...
閲覧 田上 拓磨, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビン分子によるフォトレドックス触媒反応系の開発, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月..[キーワード] ...
閲覧 三原 知大, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 可視光照射を鍵とするアルデヒドのチオアセタール化反応, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月..[キーワード] ...
閲覧 有木 健太, 佐藤 文彬, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 多孔性含フラビンポリマーの合成とその触媒作用, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月..[キーワード] ...
閲覧 大西 崇裕, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : フラビニウムレジン触媒を用いる酸化反応, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月..[キーワード] ...
閲覧 山野本 健, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 短いペプチド鎖を有するフラビン分子触媒による酵素類似の酸素酸化反応, 第49回酸化反応討論会, 2016年11月..[キーワード] ...
閲覧 荒川 幸弘, 山野本 健, 南川 慶二, 今田 泰嗣 : 酵素類似の酸素酸化触媒機能を有するN(5)-無置換中性フラビン分子の開発, 第9回有機触媒シンポジウム, 2016年12月..[キーワード] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.70, Max(EID) = 367805, Max(EOID) = 984700.