『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 ドイツ文学 (German literature)

登録情報の数

有効な情報: 37件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 37件

全ての有効な情報 (37件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(9)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(9)
閲覧 (未定義) …(14)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 依岡 隆児 : ポリフォニーな語り, --- ギュンター·グラス『蟹の横歩きで』試論 ---, ドイツ文学論集, (巻), No.37, 1-10, 2004年..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : 交感する情調, --- ドイツ・ハイカイの生成と俳句再評価 ---, 日文研共同研究会「出版と学芸ジャンルの編成と再編成」第17回, 2006年9月..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : 絵入り文芸雑誌の日独影響関係, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.14, (号), 57-70, 2006年..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : ギュンター・グラスの世界, --- その内省的な語りを中心に ---, 鳥影社, 長野, 2007年4月..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : 「パンの会」におけるドイツの影響, --- 「情調」を中心に ---, 日本独文学会第61回春季研究発表会, (巻), (号), (頁), 2007年6月..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : 近代日本における「情調」概念の形成と変容, 文化の往還―東アジアにおける近代諸概念の生成と展開, (巻), (号), (頁), 北京市, 2007年10月..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : 想起と記憶, --- ギュンター・グラス『玉ねぎの皮をむきながら』をめぐって ---, 日本独文学会中国·四国支部学会第56回研究発表会, (巻), (号), (頁), 2007年11月..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : 想起と記憶, --- ギュンター・グラス『玉ねぎの皮をむきながら』について ---, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.15, (号), 101-111, 2007年..[キーワード] ...
閲覧 鈴木 貞美, 竹村 民郎, 依岡 隆児 : 関西モダニズム再考, 思文閣出版, 京都, 2008年1月..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : 近代日本における「情調」概念の形成と変容, 東アジアにおける知的システムの近代的再編をめぐって, (巻), (号), 211-218, 2008年..[キーワード] ...
閲覧 関口 裕昭, 依岡 隆児 : 日本文化におけるドイツ文化受容, 日本独文学会, 東京, 2008年6月..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : グラスとポーランド, --- 東欧20世紀文学へのいざない ---, 第16回ヨーロッパ文化研究会, (巻), (号), (頁), 2008年10月..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : 日本の近代とハイマート(郷土/故郷)概念, 国際研究集会「東アジア近代における概念と知の再編成」, (巻), (号), (頁), 京都, 2008年11月..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : 近代日本におけるハイマート(郷土/故郷)概念の基礎的考察, --- ドイツとの関係から ---, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.16, (号), 101-127, 2008年..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : 日本の近代とハイマート―ドイツからの影響を中心に―, (誌名), (巻), (号), (頁), 2009年5月..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : ギュンター・グラスの影のモチーフについて, (誌名), (巻), (号), (頁), 2009年12月..[キーワード] ...
閲覧 松隈 洋, 笠原 一人, 依岡 隆児 : 建築家 本野精吾展―モダンデザインの先駆者―, 京都工芸繊維大学美術工芸資料館, 京都, 2010年1月..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : 日本の近代とハイマート(郷土/故郷)概念, 国際シンポジウム35 東アジア近代における概念と知の再編成, Vol.35, (号), 249-261, 2010年..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : クルト・マイスナーの『四国奇談実説 古狸合戦』∼その背景と意義, --- ドイツとの関係から ---, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.18, (号), 37∼52, 2010年..[キーワード] ...
閲覧 鈴木 貞美, 天沢 退二郎, 金子 務, 依岡 隆児 : 宮澤賢治 イーハトヴ事典, 弘文堂, 東京, 2010年12月..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : ギュンター・グラスの否定性, --- その現代的意味を考える ---, 『文学における不在 原研二先生追悼論文集』, (巻), (号), 213-226, 2011年..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : 旧制高等学校ドイツ人講師の見た四国, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.19, (号), 39-71, 2011年..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : 核の時代のギュンター・グラス∼日独文学の<対話>研究, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.20, (号), 107-116, 2012年..[キーワード] ...
閲覧 Olaf Schiedges : Franz Kafka und die Rolle der Medien im Roman "Das Schloss", Bulletin of the Foreign Language Center Tokai University, No.34, 73-82, 2013..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : 戦争文学における日独比較, --- 戦争はなぜ語り直されるのか ---, 「関西大学東西学術研究所国際共同研究シリーズ10「戦争の記録と表象―日本・アジア・ヨーロッパ―」, No.10, 33-39, 2013年..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : Japanisch-Deutsche Literarische Gespraeche zwischen Grass und Oe, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.21, 57-68, 2013年..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : 「杵渕博樹著『人類は原子力で滅亡した∼ギュンター・グラスと『女ねずみ』」, ドイツ文学 : Neue Beitrage zur Germanistik, Vol.12/2, No.148, 321-323, 2014年3月..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : 片山敏彦の郷愁∼戦時下における文学者に関する考察∼, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.22, (号), 73-93, 2014年..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : 日独文学の<対話>∼ギュンター・グラスと小田実との関係を中心に∼, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.23, (号), 43-61, 2015年..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : グローバル時代における日独文学の<対話>研究, 報告書「グローバル時代における日独文学の<対話>研究」 平成24年度∼平成27年度科学研究費, 0-80, (都市), 2016年2月..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : 「国際人」黒田礼二∼高知との関係を中心に, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.24, 75-88, 2016年..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : 日独文学にみる「核」の表象についての比較考察, 比較文化研究, No.124, 273-283, 2016年..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : 書くことと描くこと∼ギュンター・グラスと造形芸術, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.25, (号), 23-34, 2017年..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : ギュンター・グラスの講演「学ぶ教師」にみる文学的啓蒙, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.26, (号), 1-15, 2018年..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : ギュンター・グラスのコラボ文学活動詩論, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.27, (号), 49-61, 2019年..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児, 星野 凜 : ブックカフェという「場」における読書会について : 地域における読書振興活動の観点から, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.28, (号), 165-180, 2020年..[キーワード] ...
閲覧 依岡 隆児 : 異分野協働の観点から見た『ブリキの太鼓』 ―小説と映画の間―, 徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.29, (号), 59-77, 2021年..[キーワード] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.23, Max(EID) = 393188, Max(EOID) = 1063864.