『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 海江田 義也

登録情報の数

有効な情報: 123件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 123件

全ての有効な情報 (123件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(3)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(3)
閲覧 (未定義) …(120)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 海江田 義也, 松田 公扶 : 鋳鉄の熱疲労, 鋳物, Vol.46, No.6, 501-507, 1974年..[著者] ...
閲覧 小口 醇, 海江田 義也, 信木 稔, 太田口 稔 : 高温高圧下におけるFe-Al-Si合金の機械的性質, 日本金属学会誌, Vol.42, No.6, 577-582, 1978年..[著者] ...
閲覧 小口 醇, 信木 稔, 太田口 稔, 海江田 義也 : 高温高圧下曲げ試験装置, 日本金属学会誌, Vol.42, No.6, 573-576, 1978年..[著者] ...
閲覧 A. Oguchi, M. Nobuki, Yoshinari Kaieda and A. Otaguchi : Plastic Deformation Behavior of a Brittle material under High Pressure and High Temperature, High-Pressure Science and Techonology, Vol.2, (号), 519-524, 1979..[著者] ...
閲覧 海江田 義也, 小口 醇 : 高温高静水圧下におけるFe-Cr合金(σ相)のぜい性破壊応力, 日本金属学会誌, Vol.43, No.3, 161-169, 1979年..[著者] ...
閲覧 海江田 義也, 小口 醇 : 高温高静水圧下におけるγ-黄銅のぜい性-延性遷移, 日本金属学会誌, Vol.43, No.12, 1158-1163, 1979年..[著者] ...
閲覧 小口 醇, 信木 稔, 海江田 義也, 太田口 稔 : 高温高圧下におけるぜい性材料の機械的性質に関する研究, 金属材料技術研究所研究報告集, Vol.1, 120-139, 1980年..[著者] ...
閲覧 Atsushi Oguchi, Yoshinari Kaieda, Minoru Nobuki and Minoru Otaguchi : Mechanical Properties of an Fe-Al-Si Alloy under High Pressure and High Temperature, Transactions of National Research Institute for Metals, Vol.22, No.1, 43-49, 1980..[著者] ...
閲覧 Atsushi Oguchi, Minoru Nobuki, Minoru Otaguchi and Yoshinari Kaieda : An Apparatus for Bending Test under High Pressure and High Temperature, Transactions of National Research Institute for Metals, Vol.22, No.1, 38-42, 1980..[著者] ...
閲覧 Yoshinari Kaieda and Atsushi Oguchi : Brittle Fracture Stress and Brittle to Ductile Transition of Some Brittle Alloys under Hydrostatic Pressure and High Temperature, High Pressure in Research and Industry, Vol.1, (号), 392-395, 1981..[著者] ...
閲覧 Yoshinari Kaieda and Atsushi Oguchi : Brittle to ductile Transition of a γ-brass under High Hydrostatic Pressure and High Temperature, Transactions of the Japan Institute of Metals, Vol.22, No.5, 326-336, 1981..[著者] ...
閲覧 Yoshinari Kaieda and A. Oguchi : Brittle Fracture Stress of an Fe-Cr Alloy(σ phase) under High Hydrostatic Pressure and High Temperature, Transactions of the Japan Institute of Metals, Vol.22, No.2, 83-95, 1981..[著者] ...
閲覧 太田口 稔, 信木 稔, 海江田 義也, 小口 醇 : 側圧付加押出し加工法, 塑性と加工, Vol.23, No.260, 892-896, 1982年..[著者] ...
閲覧 Yoshinari Kaieda and K. D. Pae : Fracture Stress Difference of Notched Polycarbonate between atmospheric Pressure and a Hydrostatic Pressure, Journal of Materials Science, Vol.17, No.2, 369-376, 1982..[著者] ...
閲覧 小口 醇, 信木 稔, 海江田 義也, 太田口 稔 : 難加工性材料の高温高圧押出し加工法の研究, 金属材料技術研究所研究報告集, Vol.4, (号), 280-289, 1983年..[著者] ...
閲覧 Yoshinari Kaieda and A. Oguchi : Brittle to Ductile Transition of an Al-Cu Eutectic Alloy and a Hypo-Eutectic white Cast Iron under High Hydrostatic Pressure and Elevated Temperature, Advanced Technology of Plasticity, Vol.1, (号), 78-83, 1984..[著者] ...
閲覧 上原 重昭, 笹野 久興, 海江田 義也, 本間 一広, 鈴木 敏之 : Ti-50at%Ni混合圧粉体の焼結過程と密度に及ぼす静水圧の影響, 粉体および粉末冶金, Vol.31, No.4, 146-151, 1984年..[著者] ...
閲覧 萩原 益夫, 海江田 義也, 河部 義邦 : 回転電極法粉末を熱間静水圧プレスして製造したTi-6Al-4V合金の組織と 引張り特性, 日本金属学会誌, Vol.48, No.11, 1092-1098, 1984年..[著者] ...
閲覧 Minoru Otaguchi, Minoru Nobuki, Yoshinari Kaieda and Atsushi Oguchi : An Extrusion Method with Lateral Additional Pressure, Transactions of National Research Institute for Metals, Vol.27, No.1, 35-41, 1985..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : HIP, --- 熱間等方圧プレス技術 ---, 配管技術, Vol.'85, No.1, 79-85, 1985年1月..[著者] ...
閲覧 Shigeaki Uehara, Hisaoki Sasano, Yoshinari Kaieda and Toshiyuki Suzuki : The Effect of Hydrostatic pressure on the Sintering Characteristics and Density of Blended Elemental TiNi Compacts, Titanium, Science and Technology, Vol.1, No.4, 311-318, 1985..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : セラミック粒子分散強化型(ODS)耐熱合金の開発動向, ターボ機械, Vol.13, No.4, 220-225, 1985年4月..[著者] ...
閲覧 S. Uehara, H. Sasano, Yoshinari Kaieda and T. Suzuki : Effect of Hydrostatic Pressure on the Sintering Behavior and Density of Blended Elemental TiNi Compacts, Powder Metallurgy Intemational, Vol.17, No.5, 229-232, 1985..[著者] ...
閲覧 Yoshinari Kaieda and Atsushi Oguchi : Strain-induced Transformation and Plastic Deformation Behaviour of a 17Cr-7Ni-1Al Steel at High Hydrostatic Pressure, Journal of Materials Science, Vol.20, No.5, 1847-1858, 1985..[著者] ...
閲覧 萩原 益夫, 海江田 義也 : チタン合金の粉末冶金, 塑性と加工, Vol.26, No.298, 1076-1081, 1985年..[著者] ...
閲覧 小島 重信, 海江田 義也, 太田口 稔, 木村 秀夫 : 高エネルギ·ボールミルの運転特性とNi基合金粉末の機械的合金化過程, 塑性と加工, Vol.27, No.309, 1196-1202, 1986年..[著者] ...
閲覧 海江田 義也, 小口 醇 : 高静水圧力下における17Cr-7Ni-1Al鋼の加工誘起変態と塑性変形挙動, 塑性と加工, Vol.27, No.301, 257-267, 1986年..[著者] ...
閲覧 Yoshinari Kaieda : Trends in Development of Oxide-Dispersion-Strengthened Superalloys, Transactions of National Research Institute for Metals, Vol.28, No.3, 224-230, 1986..[著者] ...
閲覧 Yoshinari Kaieda and Atsushi Oguchi : Plastic Deformation and Transformation of a Steel, Physica B : Condensed Matter, Vol.139&140B, 754-757, 1986..[著者] ...
閲覧 萩原 益夫, 海江田 義也, 河部 義邦 : 素粉末混合法Ti-6Al-4V合金の組織制御による機械的特性の改善, 鉄と鋼, Vol.72, No.6, 685-692, 1986年..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : 金属系新素材, 株式会社 日刊工業新聞社, 東京, 1986年7月..[著者] ...
閲覧 海江田 義也, P J. James : HIPとCIP, 株式会社 日刊工業新聞社, 東京, 1986年8月..[著者] ...
閲覧 Yoshinari Kaieda : HIP, --- Hot Isostatic Pressing Technology ---, Transactions of National Research Institute for Metals, Vol.29, No.1, 8-14, 1987..[著者] ...
閲覧 小田原 修, 海江田 義也 : 新しいセラミックスの合成法, --- SHSプロセス ---, 塑性と加工, Vol.28, No.312, 3-8, 1987年..[著者] ...
閲覧 海江田 義也, 黒田 恒生, 和田 仁, 伊藤喜 久男, 新美 忠邦, 小田原 修 : 酸化物系超伝導材料に及ぼす等方圧力の効果, 粉体および粉末冶金, Vol.34, No.10, 663-666, 1987年..[著者] ...
閲覧 吉田 秀彦, 海江田 義也 : セラミック粒子分散強化型高性能複合材料の開発に関する研究, 金属材料技術研究所研究報告集, Vol.9, 1-19, 1988年..[著者] ...
閲覧 O. Odawara and Yoshinari Kaieda : A New Process for Ceramic Synthesis, --- SHS Process ---, Transactions of National Research Institute for Metals, Vol.30, (号), 74-80, 1988..[著者] ...
閲覧 Yoshinari Kaieda, Osamu Odawara, Kikuo Itoh, Tsuneo Kuroda, Hitoshi Wada and Tadashi Oie : Effect of Isostatic Pressing on Oxide Superconductor, Proceedings of the 31st Japan Congress on Materials Research, (巻), (号), 113-116, Tokyo, (month)1988..[著者] ...
閲覧 Morihiko Nakamura and Yoshinari Kaieda : Microstructure and Mechanical Properties of Sintered TiAl, Powder Metallurgy, Vol.31, No.3, 201-209, 1988..[著者] ...
閲覧 Yoshinari Kaieda, Shigenobu Kojima, Minoru Otaguchi and Hideo Kimura : Mechanical Alloying of Ni-Base Superalloy, SINTERING '87, Vol.1, (号), 629-634, (都市), (month)1988..[著者] ...
閲覧 Yoshinari Kaieda, Minoru Otaguchi, Osamu Odawara, Morihiko Nakamura, Tadashi Oie and Shuji Shite : Self-Propagating High-Temperature Synthesis of Intermetallic Compounds, SINTERING '87, Vol.1, (号), 557-562, Tokyo, (month)1988..[著者] ...
閲覧 大橋 修, 海江田 義也 : SUS304ステンレス鋼拡散接合部のHIP処理, 溶接学会論文集, Vol.6, No.4, 493-498, 1988年..[著者] ...
閲覧 K. Itoh, H. Wada, T. Kuroda, Yoshinari Kaieda, O. Odawara and T. Oie : Superconducting Critical Current Densities and flux Trapping in Sintered YBaCuO, Cryogenics, Vol.28, No.9, 575-579, 1988..[著者] ...
閲覧 石井 孝彦, 海江田 義也 : HIPとその開発動向, 高圧ガス, Vol.25, No.12, 920-936, 1988年12月..[著者] ...
閲覧 鈴木 正, 武藤 功, 白石 春樹, 海江田 義也 : 鉄基合金の液体金属中の共存性に関する研究, 金属材料技術研究所研究報告集, Vol.10, 205-215, 1989年..[著者] ...
閲覧 Chikashi Nishimura, Yoshinari Kaieda and Muneyuki Amano : Hydrogen Storage Characteristics of ZrNi Prepared by Self-Propagating High-Temperature Synthesis, MRS International Meeting on Advanced Materials, Vol.2, (号), 105-110, (都市), (month)1989..[著者] ...
閲覧 Yuh Yamada, Takehiko Matsumoto, Yoshinari Kaieda and Nobuo Mori : Pressure Effects on Tc of Superconductor YBa2Cu4O8, Technical Report of ISSP, Vol.A, No.2224, 1-19, 1989..[著者] ...
閲覧 小泉 光恵, 海江田 義也, 古賀 新, 藤川 隆男 : 最近のHIP·CIP装置の利用技術とその動向, 高圧ガス, Vol.26, No.10, 740-755, 1989年(0月)..[著者] ...
閲覧 Yutaka Taneoka, Yoshinari Kaieda and Osamu Odawara : Influence of Al and B Contents on Combustion Synthesis of Ti-Al-B System, Proceedings of the 32nd Japan Congress on Materials Research, (巻), (号), 164-167, (都市), (month)1989..[著者] ...
閲覧 Yoshinari Kaieda, Tsuneo Kuroda, Hitoshi Wada, Kikuo Itoh, Tadakuni Niimi and Osamu Odawara : Effect of Isostatic Pressing on Oxide Superconductor, Transactions of National Research Institute for Metals, Vol.31, No.2, 45-48, 1989..[著者] ...
閲覧 Yuh Yamada, Masanori Yata, Yoshinari Kaieda, Hirosada Irie and Takehiko Matsumoto : The Phase Decomposition of YBa2Cu3O6.9 Induced by HIP, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.28, No.5, L797-L800, 1989..[著者] ...
閲覧 小黒 信高, 太田口 稔, 海江田 義也, 伊藤 圭二 : Bi系超電導体の相成長に及ぼす熱処理時間の影響, 粉体および粉末冶金, Vol.36, No.5, 620-623, 1989年..[著者] ...
閲覧 太田口 稔, 小黒 信高, 海江田 義也, 伊藤 圭二 : Bi系超電導体の相成長に及ぼすPb添加量と冷却速度の影響, 粉体および粉末冶金, Vol.36, No.5, 615-619, 1989年..[著者] ...
閲覧 Yoshinari Kaieda, Minoru Otaguchi, Nobutaka Oguro, Tadashi Oie, Shuji Shite and Mafumi Hatakeyama : Self-Propagating High-Temperature Synthesis of NiTi Alloy, --- A New Production Process of Shape Memory Alloy from Elemental Powder ---, MRS International Meeting on Advanced Materials, Vol.9, (号), 623-628, (都市), (month)1989..[著者] ...
閲覧 海江田 義也, 小黒 信高, 太田口 稔, 伊藤 圭二 : Bi系超電導体の相成長に及ぼす仮焼と冷却条件の影響, 粉体および粉末冶金, Vol.36, No.5, 624-628, 1989年..[著者] ...
閲覧 海江田 義也, 和田 仁, 伊藤 喜久男, 黒田 恒生, 小田原 修 : Y-Ba-Cu-O系の超電導特性に及ぼす冷間等方圧加圧(CIP)の影響, 粉体および粉末冶金, Vol.36, No.5, 611-614, 1989年..[著者] ...
閲覧 海江田 義也, 和田 仁, 伊藤 喜久男, 黒田 恒生, 小田原 修 : Y-Ba-Cu-O系の超電導特性に及ぼす焼結助材の影響, 粉体および粉末冶金, Vol.36, No.5, 607-610, 1989年..[著者] ...
閲覧 Yutaka Taneoka, Osamu Odawara and Yoshinari Kaieda : Combustion Synthesis of the Titanium-Aluminum-Boron System, Journal of American Ceramic Society, Vol.72, No.6, 1047-1049, 1989..[著者] ...
閲覧 Yoshinari Kaieda, M Nakamura, M Otaguchi and N Oguro : Combustion Synthesis of TiAl Intermetallic Compound, Proceedings of the First US-Japanese Workshop on Combustion Synthesis, (巻), (号), 207-217, (都市), (month)1990..[著者] ...
閲覧 C. Masuda, Yoshinari Kaieda, Y. Tanaka, M. Otaguchi and N. Oguro : Development of SiC Whiskers Reinforced TiAl SHS Intermetallic Compound Matrix Composite, Proceedings of the First US-Japanese Workshop on Combustion Synthesis, (1990)189-199, (巻), (号), 189-199, (都市), (month)1990..[著者] ...
閲覧 小川 恵一, 海江田 義也 : 新超電導材料の創製に関する基礎研究, 金属材料技術研究所研究報告集, Vol.11, (号), 417-418, 1990年..[著者] ...
閲覧 河部 義邦, 海江田 義也 : 強力チタン合金の性能向上に関する研究, 金属材料技術研究所研究報告集, Vol.11, (号), 171-189, 1990年..[著者] ...
閲覧 Yoshinari Kaieda, Minoru Otaguchi and Nobutaka Oguro : Combustion Synthesis of Intermetallic Compounds, Combustion and Plasma Synthesis of High-Temperature Materials, (巻), (号), 106-113, 1990..[著者] ...
閲覧 Morihiko Nakamura and Yoshinari Kaieda : Mechanical Properties of Sintered TiAl Prepared by Canning Hipping, Powder Metallurgy, Vol.33, No.2, 133-139, 1990..[著者] ...
閲覧 太田口 稔, 海江田 義也, 小黒 信高, 志手 秀司, 尾家 正 : 燃焼合成法によるNiTi金属間化合物製造の可能性, 日本金属学会誌, Vol.54, No.2, 214-223, 1990年..[著者] ...
閲覧 Yoshinari Kaieda and J B. Holt : Proceedings of the First US-Japanese Workshop on Combustion Synthesis, National Research Institute for Metals, Tokyo, April 1990..[著者] ...
閲覧 西村 睦, 天野 宗幸, 海江田 義也 : ZrNiの燃焼合成における反応過程, 日本金属学会誌, Vol.54, No.5, 603-610, 1990年..[著者] ...
閲覧 Chikashi Nishimura, Muneyuki Amano and Yoshinari Kaieda : Reaction Process in the Combustion Synthesis of ZrNi, Materials Transactions, Vol.31, No.6, 471-477, 1990..[著者] ...
閲覧 萩原 益夫, 海江田 義也, 河部 義邦, 三浦 伸 : 素粉末混合Ti-6Al-4V合金の疲労特性に及ぼす微視組織の影響, 鐵と鋼, Vol.76, No.12, 2182-2189, 1990年..[著者] ...
閲覧 海江田 義也, 太田口 稔, 小黒 信高 : 燃焼合成法による金属間化合物の製造に関する研究, 金属材料技術研究所研究報告集, Vol.12, (号), 113-120, 1991年..[著者] ...
閲覧 辻本 得蔵, 海江田 義也 : 軽量耐熱金属間化合物材料の開発に関する研究, 金属材料技術研究所研究報告集, Vol.12, (号), 1-17, 1991年..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : セラミック粒子分散強化合金, バウンダリー, (巻), No.11, 56-61, 1991年(0月)..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : 耐熱金属材料の進歩, バウンダリー, (巻), No.10, 52-55, 1991年(0月)..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : 熱に強い複合材料, --- 分散強化合金を中心に ---, バウンダリー, (巻), No.9, 56-59, 1991年(0月)..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : 思われてるほどカッコよくないのよ, バウンダリー, (巻), No.7, 58-59, 1991年(0月)..[著者] ...
閲覧 Masuo Hagiwara, Yoshinari Kaieda, Yoshikuni Kawabe and Shin Miura : Fatigue Property Enhancement of α-β Titanium Alloys by Blended Elemental P/M Approach, ISIJ International, Vol.31, No.8, 922-930, 1991..[著者] ...
閲覧 Yoshinari Kaieda, Nobutaka Oguro and Minoru Otaguchi : Effects of the Conditions of Calcination and the Cooling on the Growth of Superconductive Phase of Bi-System Superconductor, Transactions of National Research Institute for Metals, Vol.33, No.1, 23-26, 1991..[著者] ...
閲覧 Minoru Otaguchi, Nobutaka Oguro and Yoshinari Kaieda : Effects of Amount of the Pb Additive and the Cooling Rate on the Growth of Superconductive Phase of Bi-System Superconductor, Transactions of National Research Institute for Metals, Vol.33, No.1, 19-22, 1991..[著者] ...
閲覧 Nobutaka Oguro, Minoru Otaguchi and Yoshinari Kaieda : Effect of Heat Treatment Period on the Growth of Superconductive Phase of Bi-System Superconductor, Transactions of National Research Institute for Metals, Vol.33, No.1, 16-18, 1991..[著者] ...
閲覧 Yoshinari Kaieda, Hitoshi Wada, Kikuo Itoh, Tsuneo Kuroda and Osamu Odawara : Effect of Cold Isostatic Pressing on Superconductivity in the Y-Ba-Cu-O System, Transactions of National Research Institute for Metals, Vol.33, No.1, 12-15, 1991..[著者] ...
閲覧 Yoshinari Kaieda, Hitoshi Wada, Kikuo Itoh, Tsuneo Kuroda and Osamu Odawara : Effect of Binders on Superconductivity of Y-Ba-Cu-O System, Transactions of National Research Institute for Metals, Vol.33, No.1, 9-11, 1991..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : 燃焼合成法, 熱処理, Vol.31, No.1, 15-22, 1991年..[著者] ...
閲覧 萩原 益夫, 海江田 義也, 河部 義邦, 三浦 伸, 平野 忠男, 長崎 俊介 : 組織制御を施した素粉末混合法Ti-5Al-2.5Fe合金の製造とその機械的性質, 鐵と鋼, Vol.77, No.1, 139-146, 1991年..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : 最近のHIPとCIP, 高圧ガス保安協会, 東京, 1991年4月..[著者] ...
閲覧 海江田 義也, 太田口 稔, 小黒 信高, 尾家 正, 平山 尚志 : 燃焼合成法を利用したTiNi,TiAl金属間化合物の新製造法の開発, 日本金属学会会報, Vol.30, No.6, 554-556, 1991年..[著者] ...
閲覧 萩原 益夫, 海江田 義也, 河部 義邦, 山口 弘二, 下平 益夫, 三浦 伸 : α-β型チタン合金の組織制御を施した素粉末混合法による高性能化, 鐵と鋼, Vol.77, No.12, 2131-2138, 1991年..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : 金属間化合物の燃焼合成法, 金属, Vol.3, (号), 76-81, 1992年(0月)..[著者] ...
閲覧 海江田 義也, 尾家 正 : 金属間化合物の新製造法の開発, ニューセラミックス, Vol.3, (号), 87-91, 1992年(0月)..[著者] ...
閲覧 Yoshinari Kaieda, M. Otaguchi and N. Oguro : Combustion Synthesis of an Oxide-Superconductor, International Journal Self-Propagating High-Temperature Synthesis, Vol.1, No.2, 246-256, 1992..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : 市販のセラミック粒子分散強化合金の開発の現状, バウンダリー, (巻), No.2, 48-49, 1992年(0月)..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : セラミック粒子分散強化合金の製造, バウンダリー, (巻), No.1, 58-64, 1992年(0月)..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : 金属材料の化学, 株式会社 日刊工業新聞社, 東京, 1992年2月..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : 燃焼合成の化学, 株式会社ティー·アイ·シィー, 大阪, 1992年5月..[著者] ...
閲覧 Yoshinari Kaieda : Self-Propagating Reaction Sintering of Intermetallic Compounds, Proceedings of 1993 Powder Metallurgy World Congress, (巻), (号), 395-400, 1993..[著者] ...
閲覧 海江田 義也, 太田口 稔, 小黒 信高, Zuhair A. Munir : 燃焼合成法に関する研究, 金属材料技術研究所研究報告集, Vol.14, (号), 149-151, 1993年..[著者] ...
閲覧 Scott E. Niedzialek, Gregory C. Stangle and Yoshinari Kaieda : Functionally Gradient Materials for Use in Thermal Barrier Coating Applications, International Journal of Self-Propagating High-Temperature Synthesis, Vol.2, No.3, 269-280, 1993..[著者] ...
閲覧 Scott E. Niedzialek, Gregory C. Stangle and Yoshinari Kaieda : Combustion Synthesized Functionally Gradient Refractory Materials, Journal of Materials Research, Vol.8, No.8, 2026-2034, 1993..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : 燃焼合成法による金属間化合物の製造技術に関する研究, 金属材料技術研究所研究報告集, Vol.15, (号), 225-234, 1994年..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : 燃焼合成法による金属間化合物の合成と応用, セラッミクス, Vol.29, No.3, 203-205, 1994年(0月)..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : 燃焼工学ハンドブック, 日本機械学会, 東京, 1994年3月..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : 金属間化合物素形材, 素形材センター, 東京, 1994年3月..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : 粉末の成形と加工-粉からニアネットシェイプへ-, 株式会社 コロナ社, 東京, 1994年7月..[著者] ...
閲覧 Yoshinari Kaieda : Properties of TiNi Intermetallic Compound Industrially Produced by Combustion Synthesis, Advanced Synthesis and Processing Of Composites and Advanced Ceramics, Vol.56, (号), 27-38, 1995..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : 機能性金属間化合物の創製と特性評価に関する研究,コロイドプロセッシングによる特殊構造セラミックスの総合的研究開発,燃焼合成法によるセラミックスと金属間化合物材料の製造と研究, 金属材料技術研究所研究報告集, Vol.16, (号), 93-120, 1995年..[著者] ...
閲覧 海江田 義也, 太田口 稔, 小黒 信高, 和田 仁, 伊藤 喜久男, 黒田 恒生 : 高圧成形用超伝導材料原料粉末の諸特性に関する研究, 金属材料技術研究所研究報告集, Vol.18, (号), 143-154, 1996年..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : 燃焼合成法による金属間化合物製造の現況と展望, まてりあ, Vol.35, No.6, 613-615, 1996年6月..[著者] ...
閲覧 海江田 義也, 太田口 稔, 小黒 信高 : 固体の化学反応と伝播,合成に関する研究, 金属材料技術研究所研究報告集, Vol.19, (号), 103-110, 1997年..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : 微小重力下での窒化反応によるチタンの微視組織, 粉体および粉末冶金, Vol.46, No.1, 9-15, 1999年..[著者] ...
閲覧 Yoshinari Kaieda : Morphology Change in the Optical Microscopic Microstructure of Titanium by Nitriding Reaction and Combustion Synthesis under Normal and Microgravity, Journal of Materials Synthesis and Processing, Vol.7, No.2, 67-82, 1999..[著者] ...
閲覧 海江田 義也, 小黒 信高 : 燃焼合成反応の研究, 金属材料技術研究所研究報告集, Vol.22, 73-78, 2000年..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : 形状記憶合金の特性と応用展開, 株式会社 シーエムシー出版, 東京, 2001年1月..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : 私の発明手法, 発明, Vol.98, No.4, 94-95, 2001年4月..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : 燃焼合成法による金属間化合物製造の研究開発, Science & Technonews Tsukuba, Vol.62, No.4, 2-4, 2002年4月..[著者] ...
閲覧 海江田 義也, 小黒 信高 : TiとCの生成熱を利用したMgB2超電導体の燃焼合成法による製造, 粉体および粉末冶金, Vol.49, No.7, 588-592, 2002年..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : 均質な合金を作る, 筑波石川研究交流会機関誌, Vol.15, No.10, 4, 2002年10月..[著者] ...
閲覧 海江田 義也, 小黒 信高 : TiとBの生成熱を利用したMgB2超電導体の燃焼合成法による製造, 粉体および粉末冶金, Vol.49, No.11, 964-968, 2002年..[著者] ...
閲覧 海江田 義也, 小黒 信高 : 燃焼合成法で作製しプラズマ活性化焼結したTiAl-Mn材の酸化特性, 粉体および粉末冶金, Vol.49, No.11, 969-973, 2002年..[著者] ...
閲覧 Yoshinari Kaieda : Fabrication of Composition-Controlled TiNi Shape Memory Wire Using Combustion Synthesis Process and the Influence of Ni Content on PhaseTransformation Behavior, Science and Technology of Advanced Materials, Vol.4, No.3, 239-246, 2003..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : 燃焼合成法で製造したTiNi形状記憶金属間化合物の圧延集合組織, 粉体および粉末冶金, Vol.50, No.3, 163-167, 2003年..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : 燃焼合成法で工業生産したTiNi形状記憶金属間化合物線材の相変態温度に及ぼす熱処理の影響, 粉体および粉末冶金, Vol.50, No.5, 333-340, 2003年..[著者] ...
閲覧 Takano Yoshihiko, Oguro Nobutaka, Yoshinari Kaieda and Togano Kazumasa : Superconducting properties of combustion synthesized MgB2, Physica C: Superconductivity, Vol.412-414, No.1, 125-129, 2004..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : 燃焼合成法によるTiNi形状記憶金属間化合物の製造, (誌名), 2006年9月..[著者] ...
閲覧 海江田 義也 : 形状記憶合金の応用展開, 株式会社 シーエムシー出版, 東京, 2006年10月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.74, Max(EID) = 378215, Max(EOID) = 1011923.