『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 日本レオロジー学会

登録情報の数

有効な情報: 13件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 13件

全ての有効な情報 (13件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(11)
閲覧 閲覧 京都大学 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(11)
閲覧 (未定義) …(1)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Nobutake Tamai, Hajime Aono, Daisuke Tatsumi and Takayoshi Matsumoto : Differences in Rheological Properties of Solutions of Plant and Bacterial Cellulose in LiCl/N,N-Dimethylacetamide, Journal of Society of Rheology Japan, Vol.31, No.3, 119-130, 2003..[発行所] ...
閲覧 青木 康典, 森 健, 南川 慶二, 田中 正己 : ウレタン化合物を用いたコア-シェル型分散系のER効果, 日本レオロジー学会第31年会講演予稿集, (巻), (号), (頁), 2004年5月..[発行所] ...
閲覧 Hajime Aono, Nobutake Tamai, Daisuke Tatsumi and Takayoshi Matsumoto : Aggregate Structure and Rheological Properties of Mercelized Cellulose / LiCl-DMAc Solution, Journal of Society of Rheology Japan, Vol.32, No.4, 169-177, 2004..[発行所] ...
閲覧 南川 慶二, 青木 康典, 森 健, 田中 正己 : ポリエーテルを用いた種々の混合系におけるドロップレットの構造変化とER効果, 第52回レオロジー討論会講演要旨集, (巻), (号), (頁), 2004年9月..[発行所] ...
閲覧 青木 康典, 森 健, 南川 慶二, 田中 正己 : モンモリロナイトコンポジット粒子を用いた分散系のER効果, 第53回レオロジー討論会講演要旨集, (巻), (号), (頁), 2005年11月..[発行所] ...
閲覧 高木 一也, 森 健, 南川 慶二, 田中 正己 : ポリエチレングリコールを用いた種々のER流体の調製, 第53回レオロジー討論会講演要旨集, (巻), (号), (頁), 2005年11月..[発行所] ...
閲覧 高木 一也, 南川 慶二, 田中 正己 : ポリエチレングリコール粒子分散系ER流体の沈降状態からのER効果発現メカニズム, 第54回レオロジー討論会講演要旨集, (巻), (号), (頁), 2006年10月..[発行所] ...
閲覧 徳山 直宜, 池宮 昌平, 池内 良典, 南川 慶二, 田中 正己 : ポリエーテル混合系におけるER効果の温度依存性, 日本レオロジー学会第35年会, 2008年5月..[発行所] ...
閲覧 南川 慶二, 池宮 昌平, 田中 正己 : ポリエチレングリコールを用いた粒子分散系および液体混合系のER効果, 第56回レオロジー討論会, 2008年10月..[発行所] ...
閲覧 皆川 綾子, 前田 朋子, 四方 俊幸, 平野 朋広, 右手 浩一 : ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)の水和におよぼす立体規則性の影響, 第56 回レオロジー討論会, 2008年10月..[発行所] ...
閲覧 南川 慶二, 池宮 昌平, 田中 正己 : ポリエチレングリコール系ER流体のスリップ層形成とER効果, 第57回レオロジー討論会, 2009年10月..[発行所] ...
閲覧 南川 慶二, 土井 邦朗, 上木 健司, 池内 良典, 田中 正己 : カルボキシル化ポリエチレングリコールを用いたER流体の調製, 日本レオロジー学会第37年会, 2010年5月..[発行所] ...
閲覧 松本 憲治, 太田 光浩, 岩田 修一 : 牛乳紙容器への牛乳充填プロセスの三次元数値解析, 日本レオロジー学会誌, Vol.44, No.3, 159-166, 2016年..[発行所] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 0.51, Max(EID) = 371967, Max(EOID) = 994430.