『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 藤中 雄一

登録情報の数

有効な情報: 132件 + 無効な情報: 4件 = 全ての情報: 136件

全ての有効な情報 (132件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(9)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(9)
閲覧 (未定義) …(118)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 藤中 雄一, 横越 浩, 齋藤 史郎, 関 邦彦, 佐野 壽昭 : 下垂体腺腫を伴ったアミロイドーシスの一症例, ホルモンと臨床, Vol.41, (号), 50-54, 1993年..[著者] ...
閲覧 Matsumoto Kazuya, Yokogoshi Yutaka, Yuichi Fujinaka, Zhang Chen-Yu and Shiro Saito : Molecular cloning and sequencing of porcine somatostatin receptor 2, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.199, (号), 298-305, 1994..[著者] ...
閲覧 Chen-Yu Zhang, Yutaka Yokogoshi, Katsuhiko Yoshimoto, Yuichi Fujinaka, Kazuya Matsumoto and Shiro Saito : Point mutation of the somatostatin receptor 2 gene in the human small cell lung cancer cell line COR-L103, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.210, (号), 805-815, 1995..[著者] ...
閲覧 Chen-Yu Zhang, Yuichi Fujinaka, Yutaka Yokogoshi and Shiro Saito : Calcium ionophore A23187 inhibits ACTH secretion from a human small cell lung cancer cell line, COR-L103, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.207, No.1, 238-243, 1995..[著者] ...
閲覧 松本 和也, 浦野 芳夫, 中西 秀樹, 井上 利之, 内田 尚之, 荒瀬 誠治, 藤中 雄一 : 悪性リンパ腫を合併した基底細胞癌の2例, 形成外科, Vol.39, No.9, 911-916, 1996年..[著者] ...
閲覧 Zhong-Hui Liu, Yasumi Shintani, Yukihiro Sakamoto, Kazuyo Harada, Chen-Yu Zhang, Yuichi Fujinaka, Masahiro Abe, Tetsuya Goto and Shiro Saito : Effects of LHRH, FSH and activin A on follistatin secretion from cultured rat anterior pituitary cells, Endocrine Journal, Vol.43, No.3, 321-327, 1996..[著者] ...
閲覧 Yuichi Fujinaka, Yutaka Yokogoshi, Chen-Yu Zhang, Toshihiro Ohkura, Kouki Kitagawa and Shiro Saito : Tissue-specific molecular heterogeneity of human growth hormone-releasing hormone receptor protein, FEBS Letters, Vol.394, No.1, 1-4, 1996..[著者] ...
閲覧 Kunihiko Seki, Shingo Wakatsuki, Kazuo Hizawa, Tadashi Hasegawa, Yuichi Fujinaka, Hiroshi Yokogoshi, Shiro Saito and Toshiaki Sano : Multiple endocrine neoplasms in a patient with AL amyloidosis-associated plasma cell dyscrasia, Endocrine Pathology, Vol.8, No.2, 153-160, 1997..[著者] ...
閲覧 藤中 雄一, 新谷 保実, 松本 俊夫 : 癌遺伝子と癌抑制遺伝子 ヒト癌と癌遺伝子・癌抑制遺伝子, --- 内分泌癌 ---, 現代医療, Vol.30, No.7, 1999-2004, 1998年(0月)..[著者] ...
閲覧 藤中 雄一, 松本 俊夫 : 糖尿病性昏睡, (発行所), (都市), 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 藤中 雄一, 松本 俊夫 : 糖尿病, (発行所), (都市), 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 Masahiro Abe, Yasumi Shintani, Yuzuru Eto, Kazuyo Harada, Yuichi Fujinaka, Masaaki Kosaka and Toshio Matsumoto : Interleukin-1 β enhances and interferon-γ suppresses activin A actions by reciprocally regulating activin A and follistatin secretion from bone marrow stromal fibroblasts, Clinical and Experimental Immunology, Vol.126, No.1, 64-68, 2001..[著者] ...
閲覧 新谷 保実, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : 検査値異常から読む病態と診断計画, --- 第2章 疾患における病態へのアプローチと診断計画 Ⅷ.内分泌・代謝性疾患 4.尖端巨大症 ---, 臨床医, Vol.28, (号), 1586-1589, 2002年(0月)..[著者] ...
閲覧 新谷 保実, 藤中 雄一 : 女性内科シリーズ 副腎クリーゼ, 産科と婦人科, Vol.69, No.3, 371-377, 2002年(0月)..[著者] ...
閲覧 藤中 雄一, 井上 大輔, 松本 俊夫 : 重篤な骨粗鬆症および内分泌異常を認めた潰瘍性大腸炎の1例, 治療学, Vol.37, No.12, 1315-1319, 2003年..[著者] ...
閲覧 新谷 保実, 藤中 雄一, 高橋 幸志, 伊藤 祐司, 加藤 修司, 井上 大輔, 松本 俊夫, 栗田 信浩, 田代 征記, 坂東 良美, 佐野 壽昭, 宮 恵子 : 空腹時の血漿インスリン濃度は常に低値で,グルカゴンにより著明なインスリン分泌反応が誘導されたインスリノーマの1例, 糖尿病, Vol.46, No.8, 679-684, 2003年..[著者] ...
閲覧 新谷 保実, 加藤 修司, 藤中 雄一, 井上 大輔, 宮 恵子, 松本 俊夫 : 血糖コントロールに解離して糖化蛋白が異常高値を示した胃切除後糖尿病患者の1例, 内分泌・糖尿病科, Vol.16, No.4, 389-394, 2003年..[著者] ...
閲覧 新谷 保実, 吉田 守美子, 鈴木 康博, 加藤 修司, 藤中 雄一, 井上 大輔, 松本 俊夫, 宮 恵子, 長田 淳一, 小阪 昌明 : 絶食試験後の食事再開時に著しい高血糖をきたしたBulimia nervosaの1例, ホルモンと臨床, Vol.51, No.6, 575-579, 2003年..[著者] ...
閲覧 藤中 雄一, 福永 絵里, 鈴木 康博, 井上 大輔, 松本 俊夫 : 重篤な内分泌異常,骨代謝異常を認めた重症潰瘍性大腸炎の一例, 日本内分泌学会雑誌, Vol.79, No.0, 51-54, 2003年..[著者] ...
閲覧 藤中 雄一, 松本 俊夫 : 糖尿病 最新の治療 2004-2006, --- XIII その他の合併症 6. 骨病変 ---, 南江堂, 東京, 2004年2月..[著者] ...
閲覧 三原 正朋, 小島 愛, 賀川 久美子, 川島 正裕, 松下 隆哉, 藤中 雄一, 松崎 泰之, 玉木 康民, 木村 成昭, 武市 俊彰, 藤本 浩史, 増田 和彦, 白神 あきら, 今川 大仁, 元木 康文, 元木 健二, 大島 千寿子, 澤 靖彦, 田口 義行 : 白血球・血小板減少を契機に診断されたパルボウイルスB19感染症の成人の8例, 綜合臨牀, Vol.53, No.4, 1611-1615, 2004年..[著者] ...
閲覧 藤中 雄一, 吉田 守美子, 鈴木 康博, 井上 大輔, 松本 俊夫, 影治 照喜, 松﨑 和仁, 岡崎 敏之, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 隈 晴二, 佐野 壽昭, 新谷 保実, 福本 礼 : 片側性副腎腫瘤を合併した Cushing 病の1例, ホルモンと臨床, Vol.52, (号), 135-140, 2004年..[著者] ...
閲覧 Yuichi Fujinaka, Darinka Sipula, Adolfo Garcia-Ocaña and C Rupangi Vasavada : Characterization of mice doubly transgenic for parathyroid hormone-related protein and murine placental lactogen: a novel role for placental lactogen in pancreatic beta-cell survival, Diabetes, Vol.53, No.12, 3120-3130, 2004..[著者] ...
閲覧 Yuichi Fujinaka and C. Rupangi Vasavada : Lactogens Protect Beta Cells Via JAK/STAT and PI3K/Akt Signaling Pathways, and Bcl-XL Upregulation., American Diabetes Association 65th Scientific Sessions, (巻), (号), (頁), San Diego, June 2005..[著者] ...
閲覧 Adolfo Garcia-Ocaña, Yuichi Fujinaka, A - Pertusa Jose Gonzalez and C. Rupangi Vasavada : Parathyroid Hormone-related Protein (PTHrP) is a Beta Cell Mitogen in vivo and in vitro through PI3K/PKC Activation., American Diabetes Association 65th Scientific Sessions, (巻), (号), (頁), San Diego, June 2005..[著者] ...
閲覧 Yuichi Fujinaka, Lin Wang, Takaya Matsushita and C. Rupangi Vasavada : Roles of Parathyroid Hormone-Related Protein and Lactogens in the Pancreatic Beta Cell, (発行所), (都市), (month)2006..[著者] ...
閲覧 C. Rupangi Vasavada, A. Jose Gonzalez-Pertusa, Yuichi Fujinaka, Nathalie Fiaschi-Taesch, Irene Cozar-Castellano and Adolfo Garcia-Ocaña : Growth Factors and Beta Cell Replication, The International Journal of Biochemistry & Cell Biology, Vol.38, No.5,6, 931-950, (month)2006..[著者] ...
閲覧 C. Rupangi Vasavada and Yuichi Fujinaka : BclXL is critical for lactogen-mediated survival of beta cells, Keystone Symposia Pancreatic Islets: From Development to Transplantation (X2), Taos, Feb. 2006..[著者] ...
閲覧 藤中 雄一, 松本 俊夫 : トピックス: メタボリックシンドロームと骨粗鬆症, 最新医学, Vol.61, No.6, 1421-1427, 2006年6月..[著者] ...
閲覧 Lin Wang, Yuichi Fujinaka, A. Jose Gonzalez-pertusa, C. Rupangi Vasavada and Adolfo Garcia-Ocaña : PKC zeta Activation/Expression Is Essential for Hepatocyte Growth Factor (HGF)-Mediated Beta Cell Proliferation., American Diabetes Association 66th Scientific Sessions, Washington, D.C., June 2006..[著者] ...
閲覧 藤中 雄一 : 糖尿病の征圧に向けて -薬物治療について-, 四国医学雑誌, Vol.62, No.5,6, 187-190, 2006年12月..[著者] ...
閲覧 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 木内 美瑞穂, 藤中 雄一, 井上 大輔, 福本 誠二, 大歯 浩一, 遠藤 健次, 安井 夏生, 長谷川 匡, 上原 久典, 坂東 良美, 松本 俊夫 : 腫瘍性骨軟化症の一例, 日本内分泌学会雑誌, Vol.83, (号), 136-138, 2007年..[著者] ...
閲覧 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : carbamazepineで著明な骨量減少と下垂体検査異常を呈した一例, 第17回臨床内分泌代謝Update, 2007年3月..[著者] ...
閲覧 (種別) : (著者) : (題名), (誌名), (発行所), (都市), (年月日). ...
閲覧 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 木内 美瑞穂, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 福本 誠二, 遠藤 健次, 上原 久典, 髙尾 正一郎 : 腫瘍性骨軟化症の1例, 第96回日本内科学会四国地方会, 2007年5月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 池田 康将, 八木 秀介, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 近藤 剛史, 重清 友理, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 活性化ビタミンDの抗動脈硬化作用に関する臨床的検討, 第80回日本内分泌学会学術総会, Vol.83, No.1, 159, 2007年6月..[著者] ...
閲覧 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 重清 友理, 木内 美瑞穂, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 井上 大輔, 工藤 英治, 福本 誠二, 松本 俊夫 : 低リン血症性骨軟化症を来した腫瘍合併の成人2症例, 第80回日本内分泌学会学術総会, Vol.83, No.1, 156, 2007年6月..[著者] ...
閲覧 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : Carbamazepineで著明な骨量減少と下垂体検査異常を呈した一例, 第80回日本内分泌学会学術総会, Vol.83, No.3, 784, 2007年6月..[著者] ...
閲覧 藤中 雄一 : メタボリックシンドロームの克服に向けて, --- メタボリックシンドロームと肥満 ---, 四国医学雑誌, Vol.63, No.3,4, 86-89, 2007年8月..[著者] ...
閲覧 近藤 剛史, 小島 直, 伊勢 孝之, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 栗若 里佳, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : 進行性の頭蓋骨陥凹と骨粗鬆症を来たした一例, 日本内分泌学会第7回四国支部学術集会, Vol.83, No.4, 834, 2007年9月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 栗若 里佳, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 八木 秀介, 住友 由佳, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 活性型ビタミンDは血漿アンチトロンビン活性の制御に関与する, 日本内分泌学会第7回四国支部学術集会, Vol.83, No.4, 834, 2007年9月..[著者] ...
閲覧 Yuichi Fujinaka, K. Karen Takane, Hiroko Yamashita and C. Rupangi Vasavada : Lactogens promote beta cell survival through JAK2/STAT5 activation and Bcl-XL upregulation., The Journal of Biological Chemistry, Vol.282, No.42, 30707-30717, 2007..[著者] ...
閲覧 Rupangi C. Vasavada, Lin Wang, Yuichi Fujinaka, Karen K. Takane, Taylor C. Rosa, Jose MD. Mellado-Gil, Peter A. Friedman and Adolfo Garcia-Ocaña : Protein kinase C-{zeta} activation markedly enhances {beta}-cell proliferation: an essential role in growth factor-mediated {beta}-cell mitogenesis., Diabetes, Vol.56, No.11, 2732-2743, 2007..[著者] ...
閲覧 藤中 雄一 : 糖尿病の足病変とフットケア, 糖尿病フォーラム徳島2007, 2007年11月..[著者] ...
閲覧 近藤 剛史, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : 心腎障害の改善にACE阻害薬とARBの併用が有効であった高レニン性高血圧症の1例, 第97回日本内科学会四国地方会, 2007年12月..[著者] ...
閲覧 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 樫原 茂, 松本 俊夫 : IFN-α2bおよびリバビリン治療後に甲状腺機能異常と劇症1型類似の糖尿病を発症した1例, 第97回日本内科学会四国地方会, 2007年12月..[著者] ...
閲覧 藤中 雄一, 松本 俊夫 : メタボリックシンドロームと骨粗鬆症, Keywordで学ぶメタボリックシンドローム, (巻), (号), (頁), 2008年(0月)..[著者] ...
閲覧 三原 正朋, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 小杉 知里, 木内 美瑞穂, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : トロンビンによるインスリン抵抗性制御機構の解析, 第52回日本糖尿病学会年次学術集会, Vol.51, No.Suppl.1, S-126, 2008年5月..[著者] ...
閲覧 近藤 剛史, 小島 直, 伊勢 孝之, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 栗若 里佳, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : 進行性の頭蓋骨陥凹と骨粗鬆症を来たした一例, 第81回日本内分泌学会学術総会, Vol.83, No.4, 834, 2008年5月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 左室拡張能における脂質代謝異常の影響に関する検討, 第81回日本内分泌学会学術総会, Vol.84, No.1, 222, 2008年5月..[著者] ...
閲覧 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 頸動脈血行動態における副腎アンドロゲンの臨床的意義, 第81回日本内分泌学会学術総会, Vol.84, No.1, 202, 2008年5月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : インスリン強化療法導入による血糖コントロールの改善により左室機能障害の回復をみた糖尿病性心筋症の2例, 第98回日本内科学会四国地方会, (巻), (号), (頁), 2008年6月..[著者] ...
閲覧 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : カルバマゼピンでビタミンD欠乏と下垂体機能検査異常を呈した1例, 第98回日本内科学会四国地方会, 2008年6月..[著者] ...
閲覧 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 副腎アンドロゲンの頸動脈硬化抑制作用に関する検討, 第40回日本動脈硬化学会総会, (巻), (号), 253, 2008年7月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 脂質代謝異常による左室拡張障害の臨床的検討, 第40回日本動脈硬化学会総会, (巻), (号), 249, 2008年7月..[著者] ...
閲覧 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : 甲状腺乳頭癌を合併した原発性副甲状腺機能亢進症の一例, 第8回 内分泌学会四国支部学術集会, 2008年9月..[著者] ...
閲覧 遠藤 逸朗, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : IFN-α2bおよびリバビリン治療後に劇症1型糖尿病,下垂体機能低下症,尋常性乾癬を発症した1例, 第8回 内分泌学会四国支部学術集会, 2008年9月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆 : 左室拡張能に対する脂質代謝異常の意義, 第31回 日本高血圧学会総会, 2008年10月..[著者] ...
閲覧 遠藤 逸朗, 藤村 光則, 吉田 守美子, 栗若 里佳, 木戸 慎介, 岩瀬 俊, 井上 大輔, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 冠動脈不安定プラーク予測因子としてのICTP, 第26回日本骨代謝学会学術集会, (巻), (号), 194, 2008年10月..[著者] ...
閲覧 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : PEG-IFN-α2bおよびリバビリン治療後に劇症1型糖尿病をふくむ多彩な自己免疫疾患を発症した2例, 第99回日本内科学会四国地方会, 2008年11月..[著者] ...
閲覧 Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Sumitomo Yuka, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Yuichi Fujinaka, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto : Dehydroepiandrosterone sulfate is an antivascular remodeling factor in elderly individuals., Scientific Sessions 2008, American Heart Association, New Orleans, Nov. 2008..[著者] ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Takayuki Ise, Sumitomo Yuka, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Yuichi Fujinaka, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto : Increased serum triglyceride but not LDL cholesterol is associated with left ventricular diastolic dysfunction., Scientific Sessions 2008, American Heart Association, New Orleans, Nov. 2008..[著者] ...
閲覧 遠藤 逸朗, 吉田 守美子, 栗若 里佳, 木戸 慎介, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 藤村 光則, 松本 俊夫 : 冠動脈不安定ブラーク予測因子としてのICTP, 第3回 徳島Vascular Endocrinology conference, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 吉田 守美子, 藤中 雄一, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫, 松本 真一, 大島 康志 : 重症筋無力症を合併したグレーブス眼症の一例, 第19回臨床内分泌代謝Up date, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : 甲状腺機能低下症の経過中にGraves眼症を来した一例, 第19回臨床内分泌代謝Up date, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 : Dehydroepiandrosterone sulfate is an antivascular remodeling factor, 第73回日本循環器学会総会・学術集会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 : Increased serum triglyceride but not LDL cholesterol is associated with left ventricular diastolic dysfunction., 第73回日本循環器学会総会・学術集会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆 : ロスバスタチンによる心筋リモデリング抑制効果の検討, 第83回 日本内分泌学会学術総会 国立京都国際会館, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 住友 由佳, 松本 俊夫, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史 : DHEASは血管内皮機能に依存せず動脈硬化を抑制する(頸動脈エコーを用いた臨床的検討), 第106回日本内科学会総会・講演会, Vol.98, No.Suppl., 139, 2009年4月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 吉田 守美子, 鈴木 麗子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : 内臓脂肪増大因子に関する臨床的検討, 第106回日本内科学会総会・講演会, Vol.98, No.Suppl., 233, 2009年4月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 吉田 守美子, 鈴木 麗子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : 尿中アルブミンは内臓脂肪蓄積の強力な増悪因子である, 第82回日本内分泌学会学術総会, Vol.85, No.1, 337, 2009年4月..[著者] ...
閲覧 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 西尾 進, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 : 副腎アンドロゲンDHEASは血管内皮機能非依存的に頸動脈硬化を抑制する, 第82回日本内分泌学会学術総会, Vol.85, No.1, 366, 2009年4月..[著者] ...
閲覧 遠藤 逸朗, 藤村 光則, 吉田 守美子, 栗若 里佳, 木戸 慎介, 岩瀬 俊, 井上 大輔, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 : 冠動脈不安定プラーク予測因子としてのICTP, 第82回日本内分泌学会学術総会, Vol.85, No.1, 283, 2009年4月..[著者] ...
閲覧 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 : 一酸化炭素中毒にて急性心筋梗塞を発症した2型糖尿病の1例, 第100回日本内科学会四国地方会, (巻), (号), (頁), 2009年5月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 木内 美瑞穂, 鈴木 麗子, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : 内蔵脂肪蓄積因子の臨床的検討ーメタボリックシンドローム検診から見えたことー, 第7回徳島リスクファクター研究会, 2009年6月..[著者] ...
閲覧 遠藤 逸朗, 大西 幸代, 木戸 里佳, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 藤中 雄一, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 福本 誠二, 松本 俊夫 : 新規calcilytics,JTT305は常染色体優性低Ca血症におけるCa感知受容体活性型変異シグナルを抑制する, 第27回日本骨代謝学会学術集会, (巻), (号), 195, 2009年7月..[著者] ...
閲覧 倉橋 清衛, 中村 信元, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆 : 一酸化炭素中毒を契機に発見された急性心筋梗塞の一例, 第9回徳島総合診療研究会, 2009年7月..[著者] ...
閲覧 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 : Regular use of rosuvastatin attenuates carotid atherosclerosis regardless of LDL cholesterol lowering effect, 第41回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2009年7月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 上田 由佳, 平田 陽一郎, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 : Influence of lipid profile on endothelial function in subjects with cardiovascular risk factors, 第41回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2009年7月..[著者] ...
閲覧 藤中 雄一, 粟飯原 賢一, 鈴木 麗子, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : 当院メタボリックシンドローム検診における糖代謝異常の検討., 第239回徳島医学会学術総会, 2009年8月..[著者] ...
閲覧 遠藤 逸朗, 大西 幸代, 木戸 里佳, 倉橋 清衛, 藤中 雄一, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 安倍 正博, 福本 誠二, 松本 俊夫 : Ca感知受容体機能に及ぼすcalcilyticsの作用, 第3回瀬戸内フォーラム, 2009年8月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 藤中 雄一 : [Diabetic osteoarthropathy], Clinical Calcium, Vol.19, No.9, 1299-1303, (発行所), (都市), 2009年9月..[著者] ...
閲覧 Itsuro Endo, Onishi Yukiyo, Kido Rika, Kurahashi Kiyoe, Ito Yuuji, Yuichi Fujinaka, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Masahiro Abe, Fukumoto S and Toshio Matsumoto : A new calcilytic compound,JTT-305,inhibits enhanced signaling by activating mutations of calcium-sensing receptor in autosomal dominant hypocalcemia (ADH), ASBMR 31st Annual Meeting, Denver, Sep. 2009..[著者] ...
閲覧 西尾 進, 楠瀬 賢也, 山田 博胤, 冨田 紀子, 遠藤 桂輔, 千葉 ちひろ, 平岡 葉月, 佐藤 光代, 鈴木 麗子, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 佐田 政隆 : 糖尿病の動脈硬化指標:%FMDを用いた検討, 第57回日本心臓病学会学術集会, (巻), (号), (頁), 2009年9月..[著者] ...
閲覧 Yumi Kuwamura, Yada Mamiko, Ishikawa Yuichi, Yuichi Fujinaka, Masami Yoshioka, Takako Minagawa, Takako Ichihara and Ayako Tamura : Oral health behaviors, oral health conditions, and subjective masticatory function in patients with type 2 diabetes in Japan, The 1st International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Scinse, 140, Kobe, Sep. 2009..[著者] ...
閲覧 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 渡部 真也, 大森 哲郎 : 脳波の徐波化を伴う重症低血糖昏睡を来たした神経性食思不振症の一例, 第9回 日本内分泌学会 四国支部学術集会, 2009年9月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 鈴木 麗子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 平田 陽一郎, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 : 内臓脂肪蓄積制御に関わる因子の臨床的検討, 第32回日本高血圧学会総会, (巻), (号), 196, 2009年10月..[著者] ...
閲覧 藤中 雄一, 粟飯原 賢一, 鈴木 麗子, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : メタボリックシンドローム検診における糖代謝異常の検討, 第47回日本糖尿病学会中国四国地方会, 2009年11月..[著者] ...
閲覧 吉田 守美子, 藤中 雄一, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫 : SPIDDMが疑われる1型糖尿病の家族内集積例, 第47回日本糖尿病学会中国四国地方会, 2009年11月..[著者] ...
閲覧 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : 家族内集積が疑われた緩徐進行1型糖尿病の一例, 第47回に本糖尿病学会中国四国地方会, 2009年11月..[著者] ...
閲覧 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 : 下肢虚血モデルを用いたアンドロゲン受容体による虚血臓器保護効果の検討, 第15回徳島内分泌研究会, 2009年11月..[著者] ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Mizuho Kinouchi, Yuichi Fujinaka, Sumiko Yoshida, Yuka Ueda, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Uemoto Ryoko, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto : Albuminuria is an independent aggravating factor for visceral fat obesity regardless of diabetes mellitus: a study using abdominal CT scan imaging, Scientific Sessions 2009, American Heart Association, Florida, Nov. 2009..[著者] ...
閲覧 Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Shusuke Yagi, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Yuichi Fujinaka, Nishio Susumu, Hirotsugu Yamada, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto : Dehydroepiandrosterone sulfate is an endothelial function-independent protective factor against carotid atherosclerosis., Scientific Sessions 2009, American Heart Association, Florida, Nov. 2009..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : 強化インスリン療法による血糖コントロールの改善により左室拡張能の改善がみられた3例, 第101回日本内科学会四国地方会, 2009年11月..[著者] ...
閲覧 木戸 里佳, 藤中 雄一, 寺澤 敏秀, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 瀬尾 浩二, 笠松 哲司, 松本 俊夫, 鶴尾 美穂 : インスリン治療中に副腎不全および粘液水腫を合併し,意識障害を伴う低血糖を繰り返した一例, 第101回日本内科学会四国地方会, 2009年11月..[著者] ...
閲覧 Masatomo Mihara, Ken-ichi Aihara, Yasumasa Ikeda, Sumiko Yoshida, Mizuho Kinouchi, Kiyoe Kurahashi, Yuichi Fujinaka, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto : Inhibition of thrombin action ameliorates insulin resistance in type 2 diabetic db/db mice., Endocrinology, Vol.151, No.2, 513-519, 2009..[著者] ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Kurahashi Kiyoe, Mizuho Kinouchi, Itsuro Endo, Yuichi Fujinaka and Toshio Matsumoto : Increased serum triglyceride is associated with left ventricular diastolic dysfunction, 14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Japan, (都市), March 2010..[著者] ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Yuichi Fujinaka, Mizuho Kinouchi, Sumiko Yoshida, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Yuka Ueda, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Uemoto Ryoko, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirata Yoichiro, Suzuki Reiko, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto : Albuminuria is an independent aggravating factor for visceral fat obesity regardless of diabetes mellitus: a study using abdominal CT scan imaging, 14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Japan, (都市), March 2010..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆 : ロスバスタチンによる心筋リモデリング抑制効果の検討, 第83回日本内分泌学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2010年3月..[著者] ...
閲覧 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : 抗副腎薬投与により内因性コルチゾールの低下とともにACTHの劇的な低下が得られた異所性ACTH症候群の一例, 第83回日本内分泌学会学術総会, Vol.86, No.1, 144, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Yuichi Fujinaka, Mizuho Kinouchi, Sumiko Yoshida, Yuka Ueda, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Uemoto Ryoko, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirata Yoichiro, Suzuki Reiko, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto : Albuminuria is an independent aggravating factor for visceral fat obesity regardless of diabetes mellitus: a study using abdominal CT scan imaging, 14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, March 2010..[著者] ...
閲覧 Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Kurahashi Kiyoe, Mizuho Kinouchi, Itsuro Endo, Yuichi Fujinaka and Toshio Matsumoto : Increased serum triglyceride is associated with left ventricular diastolic dysfunction., 14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, March 2010..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 : 血管内皮機能と頸動脈硬化症の連関に関する検討, 第102回日本内科学会四国地方会, 2010年5月..[著者] ...
閲覧 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫 : ピオグリタゾンが著効したWerner症候群の1例, 第102回日本内科学会四国地方会, 2010年5月..[著者] ...
閲覧 藤中 雄一, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 木内 美瑞穂, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫, 斎藤 美菜子, 福本 大輔, 大島 康志 : インスリングルリジンの少量投与が有効であった即時型インスリンアレルギーの一例, 第10回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2010年9月..[著者] ...
閲覧 安積 麻衣, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 松久 宗英 : 2型糖尿病患者の左室拡張障害に対する強化インスリン療法の効果, 第10回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2010年9月..[著者] ...
閲覧 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : hCG, FSH製剤の併用によりパートナーの妊娠が確認された低ゴナドトロピン性男性性腺機能低下症の一例, 第103回日本内科学会四国地方会, 2010年11月..[著者] ...
閲覧 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 粟飯原 賢一 : hCG, FSH製剤の併用によりパートナーの妊娠が確認された低ゴナドトロピン性男性性腺機能低下症の一例, 第16回徳島内分泌研究会, (巻), (号), (頁), 2010年11月..[著者] ...
閲覧 門田 宗之, 藤中 雄一, 廣野 友理, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 低ナトリウム血症で発症したトルコ鞍部腫瘍の一例, 第20回臨床内分泌代謝Update, 2011年1月..[著者] ...
閲覧 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : hCG,FSH製剤の併用によりパートナーの妊娠が確認された低ゴナドトロピン性男性性腺機能低下症の一例, 第20回臨床内分泌Update, 2011年1月..[著者] ...
閲覧 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : 当院での原発性アルドステロン症に対するエプレレノンの効果, Meet the Specialist, 2011年3月..[著者] ...
閲覧 藤中 雄一, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 : トリロスタン投与により内分泌学的な寛解状態が得られた異所性ACTH症候群一例, 第84回日本内分泌学会学術総会, 2011年4月..[著者] ...
閲覧 原 知也, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫 : 血清エイコサペンタエン酸/アラキドン酸比は心血管リスクを有する高齢者のCKDリスクマーカーである, 第84回日本内分泌学会学術総会, 2011年4月..[著者] ...
閲覧 津川 愛, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松久 宗英, 松本 俊夫 : DPP-4阻害薬シタグリプチンの臨床効果の特徴に関する検討, 第84回日本内分泌学会学術総会, 2011年4月..[著者] ...
閲覧 吉田 守美子, 大政 暁, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 強化インスリン療法からGLP-1アナログ製剤少量投与に変更し,良好な血糖コントロールが得られた1例, 第104回日本内科学会四国地方会, 2011年5月..[著者] ...
閲覧 吉田 守美子, 藤中 雄一, 粟飯原 賢一, 鈴木 麗子, 木内 美瑞穂, 近藤 絵里, 片岡 菜奈子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 : メタボリックシンドローム検診受診者における耐糖能異常の検討, 第32回日本肥満学会, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 鈴木 麗子, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 片岡 菜奈子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 慢性腎臓病と内臓脂肪蓄積病態の連関, 第32回日本肥満学会, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 藤中 雄一, 木内 美瑞穂, 小杉 知里, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 谷口 寿章, 松本 俊夫 : Wntシグナル抑制因子sFRP4の肥満・糖代謝との関連性についての検討, 第32回日本肥満学会, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 木内 美瑞穂, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 鈴木 麗子, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 内臓脂肪肥満とアルブミン尿の連関に関する検討, 日本糖尿病学会 中国四国地方会第49回総会, 2011年11月..[著者] ...
閲覧 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 伊勢 孝之, 池田 康将, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 : ロスバスタチンによる脂質低下作用非依存的な形態的および機能的頸動脈硬化改善作用, Progress in Medicine, Vol.32, No.2, 315-320, 2012年..[著者] ...
閲覧 吉田 守美子, 藤中 雄一, 粟飯原 賢一, 鈴木 麗子, 木内 美瑞穂, 近藤 絵里, 安藝 菜奈子, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 当院検診受診者における耐糖能異常の特徴, 第109回日本内科学会総会・講演会, 2012年4月..[著者] ...
閲覧 島 健二, 新谷 保実, 福島 泰江, 野間 喜彦, 松久 宗英, 小松 まち子, 鶴尾 美穂, 白神 敦久, 藤中 雄一, 石本 寛子, 播 紀子 : 糖尿病死亡率ワーストワンからの脱却を目指してー糖尿病対策活動の成果ー, 第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月..[著者] ...
閲覧 Shuji Kato, Itsuro Endo, Mitsunori Fujimura, Rika Kuriwaka-Kido, Yuichi Fujinaka, Ken-ichi Aihara, Takashi Iwase, Daisuke Inoue, Masashi Akaike, Masahiro Abe and Toshio Matsumoto : Serum carboxy-terminal telopeptide of type I collagen (ICTP) as a surrogate marker for vulnerable plaques in atherosclerotic patients: A pilot study., Atherosclerosis, Vol.229, No.1, 182-185, 2013..[著者] ...
閲覧 近藤 剛史, 黒田 暁生, 曽我部 公子, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松久 宗英, 松本 俊夫 : 術前後で持続血糖モニター(CGM)を比較しえたアドレナリン優位褐色細胞腫の1例, 糖尿病, Vol.57, No.9, 729-735, 2014年..[著者] ...
閲覧 銀 花, 黒田 暁生, 玉木 悠, 田木 真和, 森口 博基, 松本 俊夫, 藤中 雄一, 安藝 宏信, 森川 富昭, 松久 宗英 : ITを活用した徳島県糖尿病医療連携システム構築のこころみ, 日本先進糖尿病治療研究会雑誌, Vol.9, 47, 2014年1月..[著者] ...
閲覧 Mizuho Kinouchi, Ken-ichi Aihara, Yuichi Fujinaka, Sumiko Yoshida, Yukari Ooguro, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Kondo, Nanako Aki, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa and Toshio Matsumoto : Diabetic conditions differentially affect the endothelial function, arterial stiffness and carotid atherosclerosis., Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.21, No.5, 486-500, 2014..[著者] ...
閲覧 鶴尾 美穂, 白神 敦久, 松久 宗英, 福島 泰江, 新谷 保実, 小松 まち子, 藤中 雄一, 天満 仁, 黒田 暁生, 安芸 菜奈子, 大島 康志, 金崎 淑子, 湯浅 智之, 近藤 絵里, 阿部 多賀子, 加藤 修司, 伊藤 祐司, 倉橋 清衛, 三浦 眞司, 野間 喜彦, 島 健二, 川島 周 : 地域糖尿病療養指導士(LCDE)の徳島県における発足と発展, 第57回日本糖尿病学会年次学術集会ポスター, 2014年5月..[著者] ...
閲覧 出口 憲市, 藤中 雄一, 松久 宗英, 江西 哲也, 佐藤 紀, 加藤 真介 : 一過性のインターバル形式の運動が急性血糖降下に及ぼす影響, 第57回日本糖尿病学会年次学術集会, 2014年5月..[著者] ...
閲覧 白神 敦久, 鶴尾 美穂, 天満 仁, 勢井 雅子, 藤中 雄一, 新谷 保実, 福島 泰江, 柴原 恵美, 鎌村 好孝, 松本 正子, 中川 洋一, 岡本 好史, 田中 俊夫, 宮本 道代, 吉田 結花, 吉積 美代, 松久 宗英, 野間 喜彦, 井本 逸勢, 宮永 俊彦, 大塚 明廣 : 地域糖尿病療養指導士におけるインスリン治療に対する心理的障害の検討, 第58回日本糖尿病学会年次学術集会 ポスター, 2015年5月..[著者] ...
閲覧 Kenichi Deguchi, Tetsuya Enishi, Nori Sato, Hajime Miura, Yuichi Fujinaka, Munehide Matsuhisa and Shinsuke Katoh : Acute effect of fast walking on postprandial blood glucose control in type 2 diabetes, Diabetology International, (巻), (号), (頁), 2015..[著者] ...
閲覧 Eiji Takeda, Hisami Okumura, Yutaka Taketani, Nobuya Inagaki, Masaya Hosokawa, Kenichiro Shide, Hiroshi Maegawa, Keiko Kondo, Eiji Kawasaki, Shoko Shinozaki, Yuichi Fujinaka, Tsukasa Matsubara, Takafumi Katayama, Hajime Sasaki, Akihiro Kawashima and Hiromitsu Aonuma : Effect of nutritional counseling and long term isomaltulose based liquid formula (MHN-01) intake on metabolic syndrome., Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.57, No.2, 140-144, 2015..[著者] ...
閲覧 Takeshi Kondo, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Ohnishi Yukiyo, Dong Bingzi, Oguro Yukari, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Yuichi Fujinaka, Akio Kuroda, Munehide Matsuhisa, Seiji Fukumoto, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe : Serum carboxy-terminal telopeptide of type I collagen levels are associated with carotid atherosclerosis in patients with cardiovascular risk factors., Endocrine Journal, Vol.63, No.4, 397-404, 2016..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.37, Max(EID) = 362802, Max(EOID) = 970669.