『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 坂東 美和

登録情報の数

有効な情報: 25件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 27件

全ての有効な情報 (25件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(16)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(16)
閲覧 閲覧 日本生化学会 …(1)
閲覧 (未定義) …(5)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Akihiko Tsuji, Chiemi Hine, Yasuhiro Tamai, Kayoko Yonemoto, Kazushige Mori, Shigeru Yoshida, Miwa Bando, Eri Sakai, Kenji Mori, Tetsuya Akamatsu and Yoshiko Matsuda : Genomic organization and alternative splicing of human PACE4 (SPC4), Kexin-like processing endoprotease., The Journal of Biochemistry, Vol.122, No.2, 438-452, 1997..[著者] ...
閲覧 松岡 厚志, 坂東 美和, 平山 幸子, 辻 明彦, 松田 佳子 : ズブチリシン様前駆体タンパク質プロセシングプロテアーゼPACE4アイソフォーム:PACE4Cの生理的役割, 第73回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2000年10月..[著者] ...
閲覧 松田 佳子, 堀 均, 辻 明彦, 永澤 秀子, 宇都 義浩, 黒田 理恵子, 葛西 宗江, 坂東 美和, 吉田 一郎, 上田 祐司, サハルディン B. モハマッド : 新医薬品の開発をめざした脳神経特異的発現遺伝子産物のプロテオミクス解析, 徳島大学工学部研究報告, Vol.46, (号), 49-56, 2001年..[著者] ...
閲覧 坂東 美和, 嶋田 知訓, 辻 明彦, 松田 佳子 : 巨核球分化におけるプロセシングプロテアーゼPACE4の生理機能の解析, 第74回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2001年10月..[著者] ...
閲覧 嶋田 知訓, 坂東 美和, 開 裕司, 宿南 知佐, 辻 明彦, 松田 佳子 : ATDC5細胞の軟骨分化過程におけるSPCファミリーの動態, 第74回日本生化学会大会, (巻), (号), (頁), 2001年10月..[著者] ...
閲覧 木戸 博, 奥村 裕司, 日吉 峰麗, 坂東 美和, 木下 盛敏, 福田 陽司 : ダイヤモンドDNAチップ「ジーンダイヤ 」の応用とチップを用いたプロテオミクス解析, 電子情報通信学会誌, Vol.85, No.10, 725-727, 2002年..[著者] ...
閲覧 木戸 博, 山田 博司, 奥村 裕司, 日吉 峰麗, 坂東 美和, 矢野 仁康 : インフルエンザウイルスの特性:増殖と感染のメカニズムー最新の知見をもとにー, 内科, Vol.90, (号), 809-815, 2002年..[著者] ...
閲覧 Miwa Bando, Atsushi Matsuoka, Akihiko Tsuji and Yoshiko Matsuda : The proprotein convertase PACE4 is upregulated by PDGF-BB in megakaryocytes: gene expression of PACE4 and furin is regulated differently in Dami cells, The Journal of Biochemistry, Vol.132, No.1, 127-134, 2002..[著者] ...
閲覧 坂東 美和, 山下 大, 木戸 博, 辻 明彦, 松田 佳子 : 巨核球分化におけるプロセシングプロテアーゼPACE4とfurinの転写調節機構, 生化学, Vol.74, No.8, 1016, 2002年10月..[著者] ...
閲覧 益田 沙代子, 沼谷 ちえ, 青柳 えり子, 坂東 美和, 細井 英司, 廣瀬 政雄, 竹中 真由美, 松本 真弓 : 赤血球系への分化誘導に伴うH抗原の発現, 第28回徳島県医学検査学会抄録集, (巻), (号), 106, 2003年12月..[著者] ...
閲覧 沼谷 ちえ, 益田 沙代子, 青柳 えり子, 坂東 美和, 細井 英司, 水田 奈緒子, 芳地 一, 水口 和生 : 血小板活性化と細胞内Ca2+濃度との関係について, 第28回徳島県医学検査学会抄録集, (巻), (号), 101, 2003年12月..[著者] ...
閲覧 青柳 えり子, 沼谷 ちえ, 益田 沙代子, 坂東 美和, 細井 英司, 竹中 真由美, 松本 真弓 : ヒト培養白血病細胞株を用いた巨核球·血小板分化誘導の検討, 第28回徳島県医学検査学会抄録集, (巻), (号), 100, 2003年12月..[著者] ...
閲覧 細井 英司, 坂東 美和, 廣瀬 政雄 : 血液細胞分化過程におけるH血液型抗原の発現機構の解析, 第52回日本輸血学会抄録集, (巻), (号), 355, 2004年6月..[著者] ...
閲覧 坂東 美和, 細井 英司, 竹中 真由美, 冨永 辰也, 松本 真弓, 廣瀬 政雄 : 血液細胞分化過程における血液型H抗原の発現解析, 日本輸血学会第49回中国四国地方会抄録, (巻), (号), 36, 2004年10月..[著者] ...
閲覧 井上 めぐみ, 沼谷 ちえ, 水田 奈緒子, 坂東 美和, 細井 英司, 芳地 一, 水口 和生 : ヒト血小板内Ca2+濃度の変動と凝集の制御 ∼抗血小板薬を用いての検討∼, 第125年会日本薬学会プログラム集, (巻), (号), 156, 2005年3月..[著者] ...
閲覧 榎本 匡志, 沼谷 ちえ, 坂東 美和, 細井 英司, 廣瀬 政雄 : フローサイトメトリー法による赤血球抗原の解析, 第29回徳島県医学検査学会抄録集, (巻), (号), 26, 2005年12月..[著者] ...
閲覧 安田 裕美, 坂東 美和, 細井 英司, 井上 めぐみ, 白潟 朋美, 石澤 啓介, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一 : ヒト活性化血小板における抗血小板薬の効果, 第29回徳島県医学検査学会抄録集, (巻), (号), 27, 2005年12月..[著者] ...
閲覧 三好 雅士, 杉 豪介, 坂東 美和, 細井 英司, 竹中 真由美, 松本 真弓, 廣瀬 政雄 : 巨核球·血小板系への分化誘導に伴う表面抗原の発現, 第29回徳島県医学検査学会抄録集, (巻), (号), 25, 2005年12月..[著者] ...
閲覧 白潟 朋美, 道倉 亜実, 阿部 真治, 沼田 ちえ, 杉 豪介, 田中 麻衣, 坂東 美和, 細井 英司, 川添 和義, 芳地 一, 水口 和生 : ヒト活性化血小板における抗血小板薬の効果, 第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), 138, 2006年10月..[著者] ...
閲覧 小林 憲司, 杉 豪介, 沼谷 ちえ, 坂東 美和, 細井 英司, 白潟 朋美, 道倉 亜実, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一, 廣瀬 政雄 : フローサイトメトリー法による血小板表面抗原の解析1∼血小板活性化マーカーの検出法について∼, 第30回徳島県医学検査学会, (巻), (号), (頁), 2006年12月..[著者] ...
閲覧 杉 豪介, 小林 憲司, 沼谷 ちえ, 坂東 美和, 細井 英司, 白潟 朋美, 道倉 亜実, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一, 廣瀬 政雄 : フローサイトメトリー法による血小板表面抗原の解析2∼アスピリン・シロスタゾール・イブプロフェンの血小板活性抑制効果について∼, 第30回徳島県医学検査学会, (巻), (号), (頁), 2006年12月..[著者] ...
閲覧 山下 由起, 坂東 美和, 細井 英司, 白潟 朋美, 道倉 亜実, 川添 和義, 水口 和生, 芳地 一, 廣瀬 政雄 : ヒト血小板機能に及ぼす一般用医薬品 (イブプロフェン)の影響について, 第30回徳島県医学検査学会, (巻), (号), (頁), 2006年12月..[著者] ...
閲覧 道倉 亜実, 阿部 真治, 沼田 ちえ, 田中 麻衣, 坂東 美和, 細井 英司, 川添 和義, 芳地 一, 水口 和生 : ヒト血小板機能に及ぼす抗てんかん剤の影響, 第46回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, (巻), (号), 158, 2007年11月..[著者] ...
閲覧 Kazuhiko Sawada, Eiji Hosoi, Miwa Bando, Hiromi Sakata-Haga, N.S. Lee, Y.G Jeong and Yoshihiro Fukui : Differential alterations in expressions of ryanodine receptor subtypes in cerebellar cortical neurons of an ataxic mutant, rolling mouse Nagoya, Neuroscience, Vol.152, No.3, 609-617, 2008..[著者] ...
閲覧 Koichi Suzuki, Mineyoshi Hiyoshi, Hitomi Tada, Miwa Bando, Takao Ichioka, Norio Kamemura and Hiroshi Kido : Allergen diagnosis microarray with high-density immobilization capacity using diamond-like carbon-coated chips for profiling allergen-specific IgE and other immunoglobulins, Analytica Chimica Acta, Vol.706, No.2, 321-327, 2011..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.07, Max(EID) = 375612, Max(EOID) = 1006450.