『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 独立行政法人 水産大学校

登録情報の数

有効な情報: 26件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 26件

全ての有効な情報 (26件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(26)
閲覧 閲覧 独立行政法人 水産大学校 …(26)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(26)
閲覧 閲覧 広島大学 …(1)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 鈴木 喜隆, 依田 敏行, 金森 憲雄 : 炎症と生物フォトン, 化学療法の領域, Vol.9, No.6, 1097-1105, 1993年6月..[組織] ...
閲覧 Nobutaka Suzuki, S. Iwanaga, K. Shibata, Norio Kanamori, Y. Ohmiya, M. Hasegawa, Tateo Nomoto and Binkoh Yoda : Rate constants of peptide with superoxide: Antioxidative activity measured by the Cypridina chemiluminescence method., Chemistry Express, Vol.8, No.7, 455-458, 1993..[組織] ...
閲覧 Nobutaka Suzuki, Tateo Nomoto, Y. Toya, Norio Kanamori, Binkoh Yoda and A. Saeki : Synthetic reactions in PEG. PEG-assisted synthesis of 2-cyano-6-methoxybenzothiazole, a key intermediate of the synthesis of firefly luciferin., Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.57, No.9, 1561-1562, 1993..[組織] ...
閲覧 Nobutaka Suzuki, Norio Kanamori, K. Nakamura, Tateo Nomoto, M. Namiki and Binkoh Yoda : Reaction rate constants of chlorophyll derivatives with superoxide: Antioxidative activity of oxygen stress reliever., Chemistry Express, Vol.8, No.9, 709-712, 1993..[組織] ...
閲覧 Nobutaka Suzuki, Norio Kanamori, Shinro Mashiko and Yasusuke Takasu : Antioxidative activity with superoxide of oxgen stress relievers; chlorophyll derivatives., Journal of Shimonoseki University Fisheries, Vol.42, No.2, 81-84, 1994..[組織]+[発行所] ...
閲覧 鈴木 喜隆, 金森 憲雄, 渡辺 治夫 : 120パーセント科学英語 第3章 徹底指導! 科学英語論文の常識, 株式会社 化学同人, 京都, 1994年8月..[組織] ...
閲覧 M. Namiki, M. Oka, M. Otsuka, T. Miyazawa, K. Fujimoto, K. Namiki, Norio Kanamori and Nobutaka Suzuki : Chemiluminescence developed at an early state of the Maillard reaction. In Maillard Reactions in Chemistry, Food, and Health, Royal Society of Chemistry, Cambridge(England), Dec. 1994..[組織] ...
閲覧 Nobutaka Suzuki, Hideo Hatate, Norio Kanamori, Tateo Nomoto, M. Namiki and Binkoh Yoda : Antioxidative activity of chlorophyll derivatives, oxygen stress relievers, to superoxide measured by using Cypridina luciferin analogues., Fisheries Sci., Vol.61, No.1, 65-67, 1995..[組織] ...
閲覧 鈴木 喜隆, 金森 憲雄, 依田 敏行, 小沢 昭弥, 佐藤 厚, 鈴木 英次, 山下 正通 : 耳からの理工医薬英語 薬学と医学の英語, 国際技術交流協会英語教育部会 JEC サービス, 一宮, 1995年3月..[組織] ...
閲覧 金森 憲雄, 鈴木 喜隆, 伊丹 利明, 小沢 昭弥 : 電磁場と人間の健康, 国際技術交流協会英語教育部会 JEC サービス, 一宮, 1995年8月..[組織] ...
閲覧 鈴木 喜隆, 金森 憲雄, 佐藤 厚, 小沢 昭弥, 鈴木 英次, H.M. Friend, 山下 正通, 長 哲郎, J.C. Nardi : 耳からの理工英語 発音と短文, 国際技術交流協会英語教育部会 JEC サービス, 一宮, 1995年10月..[組織] ...
閲覧 Nobutaka Suzuki, Norio Kanamori, Takeshi Nomoto and Binkoh Yoda : Antioxadative activity against active oxygen species., Journal of National Fisheries University, Vol.44, No.1, 47-54, Dec. 1995..[組織]+[発行所] ...
閲覧 鈴木 喜隆, 金森 憲雄, 佐藤 厚, 高本 孝子, 古賀 元章, 山下 正通, 小沢 昭弥 : 耳からの理工医薬英語 薬学と医学の英語, 国際技術交流協会英語教育部会 JEC サービス, 一宮, 1996年7月..[組織] ...
閲覧 Nobutaka Suzuki, Hideo hatate, Toshiaki Itami, Yukinori Takahashi, Itaro Oguni and Norio Kanamori : Antioxidatie Activity against Superoxide of Anti-carcinogenic Tea-leaf Catechins: Measurement by the Cypridina Chemiluminescence Method, in "Proceedings of the Intern. Conf. on Food Factors: Chemistry and Cancer Prevention", Springer-Verlag, Tokyo, Dec. 1997..[組織] ...
閲覧 鈴木 喜隆, 金森 憲雄, 佐藤 厚, 小沢 昭弥, 鈴木 英次, H.M. Friend, 山下 正通, 長 哲郎, J.C. Nardi : 改訂版 発音と短文 「耳からの理工医薬バイオ系英語Vol. 1」, 国際技術交流協会英語教育部会 JEC サービス, 一宮, 2000年4月..[組織] ...
閲覧 Takeshi Nagai, Norio Kanamori, Nobutaka Suzuki, Y. Katagiri-Tsunehiro, T. Tada and F. Ngayama : Quantitative Analysis of Serotonin Metabolites in Fish Organs., ITE Leters on Batteries, New Technologies & Medicine (with News), Vol.2, No.1, 120-123, 2001..[組織] ...
閲覧 Hiroko Matsuya, Norio Kanamori, Nobutaka Suzuki and Binkoh Yoda : Superoxide Generated from Beefstake., ITE Leters on Batteries, New Technologies & Medicine (with News), Vol.2, No.1, 102-105, 2001..[組織] ...
閲覧 Takeshi Nagai, Norio Kanamori and Nobutaka Suzuki : Characterization od Skipjack Liver Alcohol Dehydrogenase-1 as Isozyme., Food. Sci. Technol. Int., Vol.7, No.1, 22-25, 2001..[組織] ...
閲覧 鈴木 喜隆, 永井 毅, 金森 憲雄 : 「食品の光劣化防止技術」第2章 食品の光劣化防止の技術的アプローチ, サイエンスフォーラム, 東京, 2001年1月..[組織] ...
閲覧 Takeshi Nagai, E. Yamashita, K. Taniguchi, Norio Kanamori and Nobutaka Suzuki : Isolation and Charachterization of Collagen from the Outer Skin Waste Material of Cuttle fish (Sepia lycidas)., Food Chemistry, Vol.72, No.4, 425-429, 2001..[組織] ...
閲覧 鈴木 喜隆, 金森 憲雄 : 食の科学 -水産食品を中心に- 活性酸素の体内での働き, 成山堂書店, 東京, 2001年5月..[組織] ...
閲覧 Nobutaka Suzuki, Takeshi Nagai, H. Kusanagi, I. Mizumoto, Hiroko Matsuya, Binkoh Yoda, Toshiaki Itami, Yukinori Takahashi, Tateo Nomoto and Norio Kanamori : Antioxidative Activities of Some Dietry Fibers against Singlet Oxygen., ITE Leters on Batteries, New Technologies & Medicine (with News), Vol.2, No.6, 832-835, 2001..[組織] ...
閲覧 Hiroko Matsuya, Norio Kanamori, Nobutaka Suzuki and Binkoh Yoda : Active Oxygens Generated from Heat-Browned Beef: Determination by the Chemiluminescence of a Cypridina Luciferin Analogue, 2-Methyl-6-(p-methoxy-phenyl)-3,7-dihydroimidazo[1,2-a]pyrazine-3-one., ITE Leters on Batteries, New Technologies & Medicine (with News), Vol.2, No.6, 829-831, 2001..[組織] ...
閲覧 Nobutaka Suzuki and Norio Kanamori : Antioxidative Activities and Peroxidation in Food Constituents. In "Oxidative Degradation and Antioxidative Activities of Food Constitutents", Research Signpost Reviews, Trivandrum, Dec. 2002..[組織] ...
閲覧 Nobutaka Suzuki, Takeshi Nagai, Hideo Hatate, I. Mizumoto, Binkoh Yoda, Toshiaki Itami, Yukinori Takahashi, Tateo Nomoto, Norio Kanamori and Akiya Kozawa : Antioxidative Activities of Some Dietary Fibers against Superoxide. In "Bioluminescence and Chemiluminescence 2002", World Scientific Printers, Singapore, Dec. 2002..[組織] ...
閲覧 永井 毅, 鈴木 喜隆, 飯島 憲章, 井上 鈴二, 金森 憲雄, 野本 健雄, 松谷 ひろ子, 依田 敏行 : 生活習慣病と食品の機能, 水産社, 東京, 2003年1月..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.04, Max(EID) = 382135, Max(EOID) = 1020781.