『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 日本生理学会

登録情報の数

有効な情報: 48件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 48件

全ての有効な情報 (48件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(5)
閲覧 閲覧 愛知学院大学 …(1)
閲覧 閲覧 熊本大学 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(5)
閲覧 閲覧 日本生理学会 …(4)
閲覧 (未定義) …(32)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Fumio Ito and Norio Kanamori : Abortive spikes recorded intracellulary from sensory nerve terminals in the frog muscle spindle., Journal of Physiological Society of Japan, Vol.36, No.1, 19-20, 1974..[発行所] ...
閲覧 Hideki Matoba and Naotoshi Murakami : Histochemical changes of rat skeletal muscles induced by cold acclimation, The Japanese Journal of Physiology, Vol.31, 273-278, 1981..[発行所] ...
閲覧 Norio Akaike, Toshikazu Kiyohara and Yasuo Oyama : Quantitative in vivo studies on the active Na+-K+ transports in "tonic" muscle of the hypokalemic rat, The Japanese Journal of Physiology, Vol.33, (号), 323-336, 1983..[発行所] ...
閲覧 金森 憲雄 : レゼルピン性PGO波に伴う大脳皮質視覚領野ニューロンの活動変化., 日本生理学雑誌, Vol.45, No.7, 301-306, 1983年..[発行所] ...
閲覧 的場 秀樹, 杉浦 崇夫, 村上 悳 : ラット骨格筋の単一筋線維における筋線維タイプとミオシンlight chainパタ―ンの対応について, --- 第36回西日本生理学会(大分医科大学) ---, 日本生理学雑誌, Vol.48, 514, 1985年10月..[発行所] ...
閲覧 的場 秀樹, 村上 悳 : 雌雄マウス·ヒラメ筋の生後発育に関する組織化学的研究, 日本生理学雑誌, Vol.48, No.4, 466-473, 1986年..[発行所] ...
閲覧 吉﨑 和男, 早野 尚志, 亘 弘 : ラクテート・オキシダーゼによる乳酸の1H-NMR共鳴線の同定, 第71回日本生理学会大会, 1994年3月..[発行所] ...
閲覧 吉﨑 和男, 池原 敏孝, 早野 尚志 : マスト細胞の顆粒に結合したヒスタミンの1H-NMR法による研究, 第72回日本生理学会大会, 1995年3月..[発行所] ...
閲覧 池原 敏孝, 山口 久雄, 細川 敬子, 髙橋 章, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 培養HeLa細胞における利尿剤感受性外向きと内向きK+輸送, 第72回日本生理学会大会, (巻), (号), (頁), 1995年3月..[発行所] ...
閲覧 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 髙橋 章, 吉﨑 和男 : 低K+条件下におけるHeLa細胞の細胞周期調節因子の発現, 第72回日本生理学会大会, (巻), (号), (頁), 1995年3月..[発行所] ...
閲覧 吉﨑 和男, 池原 敏孝, 早野 尚志 : マスト細胞からのヒスタミン遊離機序の1H-NMRによる研究, 第73回日本生理学会大会, 1996年4月..[発行所] ...
閲覧 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 髙橋 章, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 同調した細胞の細胞周期調節蛋白の発現とKイオンの役割, 第73回日本生理学会大会, (巻), (号), (頁), 1996年4月..[発行所] ...
閲覧 池原 敏孝, 山口 久雄, 細川 敬子, 髙橋 章, 宮本 博司, 吉﨑 和男 : HeLa細胞の利尿剤感受性K+排出とRb+取込みに及ぼす細胞内外イオンの影響, 第73回日本生理学会大会, (巻), (号), (頁), 1996年4月..[発行所] ...
閲覧 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 髙橋 章, 吉﨑 和男 : 低K+条件下での細胞周期調節因子の発現量とその局在, 第74回日本生理学会大会, (巻), (号), (頁), 1997年3月..[発行所] ...
閲覧 池原 敏孝, 朴 基豪, 會沢 勝夫, 山口 久雄, 細川 敬子, 吉﨑 和男, 宮本 博司, 木内 陽介 : 培養HeLa細胞のCa2+依存性K+チャネルが変動強磁界より受ける影響, 第74回日本生理学会大会, 1997年3月..[発行所] ...
閲覧 會沢 勝夫, 池原 敏孝, 山口 久雄, 細川 敬子, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 細胞膜表在性蛋白質構造に対する変動磁界及び水素イオン濃度の影響, 第75回日本生理学会大会, 1998年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : HeLa細胞の細胞周期調節蛋白の発現量と細胞内Kイオンの役割, 第75回日本生理学会大会, 1998年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 池原 敏孝, 芳地 一, 山口 久雄, 細川 敬子, 朴 基豪, 木内 陽介 : 副腎クロマフィン細胞に及ぼす変動強磁界の影響, 第75回日本生理学会大会, 1998年3月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 池原 敏孝, 芳地 一, 山口 久雄, 細川 敬子, 朴 基豪, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 副腎クロマフィン細胞に及ぼす変動強磁界の影響, 第75回日本生理学会大会, 1998年3月..[発行所] ...
閲覧 池原 敏孝, 朴 基豪, 細川 敬子, 山口 久雄, 芳地 一, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 副腎髄質細胞の細胞内Ca2+濃度増加機構に及ぼす変動強磁界の影響, 第76回日本生理学会大会, 1999年3月..[発行所] ...
閲覧 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司 : 骨芽細胞の細胞内情報伝達機構へのELF磁界の影響, Chemical Record, 1999年3月..[発行所] ...
閲覧 會沢 勝夫, 池原 敏孝, 山口 久雄, 細川 敬子, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : K+脱分極による細胞膜表面構造の動態, 第76回日本生理学会大会, 1999年3月..[発行所] ...
閲覧 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 北村 光夫, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 骨芽細胞の増殖と分化に及ぼすELF磁界の影響, 日本生理学会雑誌, Vol.63, No.4, 137, 2001年(0月)..[発行所] ...
閲覧 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司 : 培養骨芽細胞の分化発現に及ぼすELF磁界の影響, 第78回日本生理学会大会, 2001年3月..[発行所] ...
閲覧 會沢 勝夫, 池原 敏孝, 山口 久雄, 細川 敬子, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : K+脱分極に伴う細胞膜構成脂肪酸のC-H振動の変動について, 第78回日本生理学会大会, 2001年3月..[発行所] ...
閲覧 池原 敏孝, 朴 基豪, 村戸 良平, 細川 敬子, 山口 久雄, 芳地 一, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司 : 副腎髄質由来細胞に及ぼす変動磁界の影響, 第78回日本生理学会大会, 2001年3月..[発行所] ...
閲覧 Hajime Miura, Kevin McCully, Hong Long, Shoko Nioka and Britton Chance : Regional difference of muscle oxygen saturation and blood volume during exercise determined by near infrared imaging device, The Japanese Journal of Physiology, Vol.51, No.5, 596-606, 2001..[発行所] ...
閲覧 中野 芳子, 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 北村 光夫, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 培養骨芽細胞の分化誘導に及ぼすELF 変動磁界の影響, 日本生理学会雑誌, Vol.64, No.4, 90, 2002年(0月)..[発行所] ...
閲覧 池原 敏孝, 村戸 良平, 朴 基豪, 芳地 一, 山口 久雄, 細川 敬子, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 牛副腎髄質クロマフィン細胞のCa2+ 動態に及ぼす変動磁界の影響, 日本生理学雑誌, Vol.64, No.4, 90, 2002年(0月)..[発行所] ...
閲覧 細川 敬子, 中野 芳子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 北村 光夫, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : ELF 変動磁界が培養骨芽細胞の分化誘導に及ぼす影響, 日本生理学雑誌, Vol.64, No.12, 295, 2002年(0月)..[発行所] ...
閲覧 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 中野 芳子, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 培養骨芽細胞の分化機構に及ぼすELF磁界の影響, 第79回日本生理学会大会, 2002年3月..[発行所] ...
閲覧 池原 敏孝, 村戸 良平, 朴 基豪, 芳地 一, 山口 久雄, 細川 敬子, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 副腎髄質由来細胞の細胞内情報伝達機構に及ぼす変動磁界の影響, 第79回日本生理学会大会, 2002年3月..[発行所] ...
閲覧 池原 敏孝, 朴 基豪, 芳地 一, 細川 敬子, 山口 久雄, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 副腎髄質由来細胞におよぼす1.5Tesla変動強磁界の影響, 第80回日本生理学会大会, 2003年3月..[発行所] ...
閲覧 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 中野 芳子, 北村 光夫, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司 : 骨芽細胞の増殖と分化に及ぼすELF磁界の影響, 第80回日本生理学会大会, 2003年3月..[発行所] ...
閲覧 Koji Kashihara, Yousuke Takahashi, Kaori Chatani, Toru Kawada, Can Zheng, Meihua Li, Masaru Sugimachi and Kenji Sunagawa : Intravenous angiotensin II does not affect dynamic baroreflex characteristics of the neural or peripheral arc., The Japanese Journal of Physiology, Vol.53, No.2, 135-143, 2003..[発行所] ...
閲覧 山口 久雄, 田中 弘之, 池原 敏孝, 細川 敬子, 平尾 友二, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 試作の超音波ドプラ血流速度計測装置による漸増漸減運動負荷時の血流動態, 日本生理学雑誌, Vol.66, No.2, 69, 2004年(0月)..[発行所] ...
閲覧 Ken-ichi Miyamoto, Hiroko Segawa, Mikiko Ito and Masashi Kuwahata : Physiological Regulation of Renal Sodium-Dependent Phosphate Cotransporters, The Japanese Journal of Physiology, Vol.54, No.2, 93-102, 2004..[発行所] ...
閲覧 池原 敏孝, 寺本 忠弘, 芳地 一, 山口 久雄, 細川 敬子, 木内 陽介, 吉﨑 和男, 宮本 博司 : 培養牛副腎髄質由来細胞の情報伝達機構に及ぼす変動磁界の影響, 第81回日本生理学会大会, 2004年6月..[発行所] ...
閲覧 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 七条 裕衣, 北村 光夫, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司, 會沢 勝夫 : Imspector法による培養骨芽細胞の分化に及ぼすELF磁界の影響, 第81回日本生理学会大会, 2004年6月..[発行所] ...
閲覧 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 七条 裕衣, 北村 光夫, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司, 会沢 勝夫 : 骨芽細胞の分化に及ぼすELF磁界のシグナル伝達への影響, The Japanese Journal of Physiology, (巻), (号), (頁), 2005年5月..[組織] ...
閲覧 Toshitaka Ikehara, Hiromi Sasaki, Yuki Minami, Keiko Hosokawa, Hisao Yamaguchi, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi and Hiroshi Miyamoto : Effects of a time-varying magnetic field on intracellular organells of bovine adrenal chronmaffin cells in culture, The Journal of Physiological Sciences, Vol.56, S110, March 2006..[発行所] ...
閲覧 Hisao Yamaguchi, Keiko Hosokawa, Toshitaka Ikehara, Hiroe Shichijo, Mitsuo Kitamura, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi, Hiroshi Miyamoto and Katsuo Aizawa : Effects of ELF differetiation of cultured osteoblast-like cells, The Journal of Physiological Sciences, Vol.56, S111, March 2006..[発行所] ...
閲覧 藤井 拓人, 渡辺 智子, 尾矢 剛志, 堀川 直樹, 田渕 圭章, 竹口 紀晃, 塚田 一博, 酒井 秀紀 : ヒト胃癌におけるaquaporin-5の機能, 日本生理学会大会発表要旨集, Vol.2007, No.0, 77, 2007年(0月)..[発行所] ...
閲覧 Azhim Azran, Hisao Yamaguchi, Masatake Akutagawa, Toshitaka Ikehara, Noboru Utsuyama, Kazuo Yoshizaki, Hiroyuki Tanaka and Yohsuke Kinouchi : Simultaneous measurement of the maximum blood flow velocity in common carotid, branchial and femoral arteries during head-up-tilt by Doppler ultrasound method, The 84th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan, March 2007..[発行所] ...
閲覧 早野 尚志, 北村 光夫, 浜岡 建城, 吉﨑 和男 : 1H-NMRによる拡散画像測定法の開発, 日本生理学雑誌, Vol.70, No.2, 66, 2008年(0月)..[発行所] ...
閲覧 Kazuyoshi Kitaoka : Sleep architecture and homeostasis in senescence-accelerated prone (SAMP8) mice., 第85回 日本生理学会大会, (巻), (号), (頁), March 2008..[発行所] ...
閲覧 Hideki Matoba, Masayuki Satake, Shigeru Obara and Toshio Tanaka : Running training markedly reduces serum TNF-alpha level in middle-aged and elderly runners, --- The 36th International Congress of Physiological Sciences (IUPS2009) ---, The Journal of Physiological Sciences, Vol.59, No.Suppl., 357, Kyoto, July 2009..[発行所] ...
閲覧 Koichi Yada and Hideki Matoba : Vitamin C supplementation does not alter high-intensity endurance training-induced mitochondrial biogenesis in rat epitrochlearis muscle, --- Epub ahead of print ---, The Journal of Physiological Sciences, Vol.64, No.2, 113-118, 2013..[発行所] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.16, Max(EID) = 382164, Max(EOID) = 1020881.