『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 日本癌学会

登録情報の数

有効な情報: 20件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 21件

全ての有効な情報 (20件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 閲覧 金沢大学 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 閲覧 日本癌学会 …(2)
閲覧 (未定義) …(13)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Yumiko Tomita, Akira Ichihara, Hiroshi Masuji and Jiro Sato : Isozyme Patterns of Branched-Chain Amino Acid Transaminase in Cultured Morris Hepatoma 7316A, Gann : Japanese Journal of Cancer Research, Vol.67, No.3, 465-467, 1976..[発行所] ...
閲覧 Yumiko Tomita, Akira Ichihara and Toshio Kuroki : Further Studies on the Isozyme Patterns of Branched-Chain Amino Acid Transaminase in Cultured Rat Hepatocytes, Gann : Japanese Journal of Cancer Research, Vol.67, No.5, 747-749, 1976..[発行所] ...
閲覧 Nobuya Sano, Masashi Shibata, Keisuke Izumi and Hisashi Otsuka : Histopathological and Immunohistochemical Studies on Nickel Sulfide-induced Tumors in F344 Rats, Japanese Journal of Cancer Research, Vol.79, No.2, 212-221, 1988..[発行所] ...
閲覧 Kazuhiro Kakimi, Yoshiko Kishida, Ikuko Higuchi, Takahiro Kiyomasu, Hiroyuki Sakai, Riri Shibata, Shin-ichiro Yanagawa, Akio Adachi and Akinori Ishimoto : . Fv-1 restriction of endogenous feline C-type RD114 virus genome phenotypically mixed with ecotropic murine leukemia viruses, Japanese Journal of Cancer Research, Vol.81, No.8, 768-772, 1990..[発行所] ...
閲覧 Masaki Q Fujita, Toshiyuki Yasui, Bunzo Sato, Naomi Uchida, Kiyohisa Uchida, Osamu Shiratori, Kenichi Takeda and Keishi Matsumoto : Maintenance of Androgen-,Glucocorticoid-or Estrogen-responsive Growth in Shionogi Carcinoma 115 Subline Subline Sustained in Castrated Mice with High Dose of Estrogen for 30 Generations(3 Years), Gann : Japanese Journal of Cancer Research, Vol.83, No.9, 995-1001, 1992..[発行所] ...
閲覧 Kayo Mitani, Yasuhiko Nishioka, Kazue Yamabe, Hirohisa Ogawa, Toyokazu Miki, Hiroaki Yanagawa and Saburo Sone : Soluble Fas in malignant pleural effusion and its expression in lung cancer cells, Cancer Science, Vol.94, No.3, 302-307, 2003..[発行所] ...
閲覧 谷口 寿章 : がん進展のプロテオミクスから分子標的創薬への橋渡し研究, --- がんのプロテオミクス:診断とメカニズム ---, 日本癌学会シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2003年4月..[発行所] ...
閲覧 Tetsuyuki Takahashi, Nobuo Takasuka, Masaaki Iigo, Masaki Baba, Hoyoku Nishino, Hiroyuki Tsuda and Toru Okuyama : Isoliquiritigenin, a flavonoid from licorice, reduces prostaglandin E2 and nitric oxude, causes apoptosis, and suppresses aberrant crypt foci development, Cancer Science, Vol.95, No.5, 448-453, 2004..[発行所] ...
閲覧 宇都 義浩, 永澤 秀子, 堀 均 : p53の阻害を介して正常細胞のダメージを軽減する低酸素細胞放射線増感剤の開発, 第64回日本癌学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2005年9月..[発行所] ...
閲覧 Tomoyuki Yuasa, Seiji Yano, Yasuhiko Nishioka, Yoshiaki Kubo, Masayuki Takahashi, Hiroyoshi Nakatsuji, Hisao Nagaya, Hiro-omi Kanayama, Seiji Arase, Saburo Sone and Yousuke Ebina : Soluble insulin receptor ectodomain in the plasma is a possible broad-spectrum tumor marker, 第68回 日本癌学会学術総会記事, 450, Oct. 2009..[発行所] ...
閲覧 Eiji Nakata, Yukimachi Yoshihiro, Nazumi Yoshijiro, Abe Chiaki, Yoshihiro Uto, Hiroshi Maezawa and Hitoshi Hori : Bioreductively-Activated Fluorescent pH Probe for Tumor Hypoxia Imaging, 第7回がんとハイポキシア研究会, Dec. 2009..[発行所] ...
閲覧 髙橋 徹行, Hafez Ezar, 泉 啓介 : Subacute toxicity study of 2-tetradecylcyclobutaoe i F344 rats, 日本癌学会第69回総会, 2010年9月..[発行所] ...
閲覧 Sha Hogchao, 上原 久典, 髙橋 徹行, 泉 啓介 : Ihibitio of osteoblast differetiatio by direct cotact betwee osteoblasts ad osteolytic prostate cacer cells, 日本癌学会第69回総会, 2010年9月..[発行所] ...
閲覧 吉丸 哲郎, 松尾 泰佑, 三好 康雄, 笹 三徳, 中村 祐輔, 片桐 豊雅 : 遺伝子発現解析によるトリプルネガティブ乳癌の分子機構の解明, 第69回日本癌学会学術総会, 大阪, 2010年9月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 松尾 泰佑, 吉丸 哲郎, 三好 康雄, 笹 三徳, 中村 祐輔, 片桐 豊雅 : 新規乳癌治療標的分子BCGT1の同定とその機能解析, 第69回日本癌学会学術総会, 大阪, 2010年9月..[組織] ...
閲覧 中田 栄司, 宇都 義浩, 前澤 博, 堀 均 : がん細胞内pHを検出するための蛍光性pHインジケーターの開発, 第69回日本癌学会学術総会, 2010年9月..[発行所] ...
閲覧 常松 貴明, 工藤 保誠, 高田 隆 : 分裂期においてGemininはAurora-Aによるリン酸化によってユビキチン分解を免れる, 日本癌学会総会記事, (巻), (号), (頁), 2012年9月..[発行所] ...
閲覧 大林 真理子, 吉田 真希, 工藤 保誠, 高田 隆 : 口腔癌における浸潤抑制因子としてのmiR-203の同定, 日本癌学会総会記事, (巻), (号), (頁), 2012年9月..[発行所] ...
閲覧 工藤 保誠, 常松 貴明, 近藤 智之, 石丸 直澄, 高田 隆 : 染色体パッセンジャータンパクであるBorealinは,APC/C-Cdh1ユビキチンリガーゼ複合体により制御される, 日本癌学会総会記事, (巻), (号), (頁), 2012年9月..[発行所] ...
閲覧 Yoshihiro Hayakawa, Manabu Kawada, Hiroyoshi Nishikawa, Takahiro Ochiya, Hideyuki Saya, Hiroyuki Seimiya, Ryoji Yao, Masahiro Hayashi, Chieko Kai, Akira Matsuda, Tomoki Naoe, Atsushi Ohtsu, Taku Okazaki, Hideo Saji, Masataka Sata, Haruhiko Sugimura, Yuichi Sugiyama, Masakazu Toi and Tatsuro Irimura : Report on the use of non-clinical studies in the regulatory evaluation of oncology drugs., Cancer Science, Vol.107, No.2, 189-202, 2016..[発行所] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.38, Max(EID) = 386212, Max(EOID) = 1046579.