『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 人文地理学会

登録情報の数

有効な情報: 37件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 39件

全ての有効な情報 (37件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(9)
閲覧 閲覧 人文地理学会 …(2)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(9)
閲覧 (未定義) …(15)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 平井 松午 : 丹波地方におけるムラの規模·形態と同族集団, 人文地理, Vol.30, No.6, 75-85, 1978年..[発行所] ...
閲覧 平井 松午 : 山村の社会的·経済的構造と宮座, --- 京都府北桑田郡京北町を事例として ---, 1979年度人文地理学会大会, (巻), (号), (頁), 1979年11月..[発行所] ...
閲覧 平井 松午 : 丹波高地東部における宮座と村落構造, --- 京都府京北町矢代地区を例として ---, 人文地理, Vol.32, No.5, 23-43, 1980年..[発行所] ...
閲覧 平井 松午 : W.H.McNeil & R.S.Adams(eds.): Human Migration, Pattern & Politics.(Book Review), 人文地理, Vol.32, No.6, 93-94, 1980年12月..[発行所] ...
閲覧 平井 松午 : 学会展望(村落), 人文地理, Vol.33, No.3, 43-46, 1981年6月..[発行所] ...
閲覧 富岡 儀八, 平井 松午, 高橋 学, 五十嵐 勉 : 矢野川流域の潅漑水利慣行と村落, 人文地理学会歴史地理部会, (巻), (号), (頁), 1982年10月..[発行所] ...
閲覧 平井 松午 : 明治期における徳島県出身者の北海道移住, 1985年度人文地理学会大会, (巻), (号), (頁), 1985年11月..[発行所] ...
閲覧 平井 松午 : 山形県村山地方における北海道移民の輩出過程, --- 美唄市入植の山形団体を例に ---, 1986年度人文地理学会大会, (巻), (号), (頁), 1986年11月..[発行所] ...
閲覧 平井 松午 : 徳島県出身北海道移民の研究, --- とくに初期北海道移民の輩出過程および後続移民との結び付きについて ---, 人文地理, Vol.38, No.5, 1-21, 1986年..[発行所] ...
閲覧 豊田 哲也 : 浜松市におけるリボン状商業地の形成過程, 昭和62年度人文地理学会大会, (巻), (号), (頁), 1987年11月..[発行所] ...
閲覧 平井 松午 : 北海道藍と徳島県出身移民の研究, --- chain migrationの観点から ---, 人文地理学会第21回歴史地理研究部会, (巻), (号), (頁), 1988年3月..[発行所] ...
閲覧 平井 松午 : 北海道移民の空間移動, 1989年度人文地理学会·日本地理学会合同大会, (巻), (号), (頁), 1989年11月..[発行所] ...
閲覧 平井 松午 : 小作移民の定着過程, --- 北海道本別町利別農場の場合 ---, 人文地理学会第 183回例会(特別例会), (巻), (号), (頁), 1990年2月..[発行所] ...
閲覧 平井 松午 : 学会展望(歴史地理 近代), 人文地理, Vol.43, No.3, 59-61, 1991年6月..[発行所] ...
閲覧 豊田 哲也 : 中心地システムの空間形態と小売業から見た階層構造, --- 静岡都市圏と浜松都市圏の比較- ---, 平成3年度人文地理学会大会, (巻), (号), (頁), 1991年11月..[発行所] ...
閲覧 豊田 哲也 : 大阪府における商業地代と地価変動, 平成4年度人文地理学会大会, (巻), (号), (頁), 1992年11月..[発行所] ...
閲覧 豊田 哲也 : 小売業から見た商業地代の空間構造と地価変動, --- 大阪都市圏の事例研究 ---, 人文地理, Vol.45, No.5, 25-50, 1993年..[発行所] ...
閲覧 豊田 哲也 : 大阪都市圏における住宅地価の分布と変動, --- 非集計的ヘドニック分析の試み ---, 平成5年度人文地理学会大会, (巻), (号), (頁), 1993年11月..[発行所] ...
閲覧 豊田 哲也 : 地代·立地·地価をめぐる諸関係と都市の空間構造, --- 京阪神大都市圏における住宅地価の分布と変動 ---, 人文地理学会第52回経済·都市地理研究部会, (巻), (号), (頁), 1994年3月..[発行所] ...
閲覧 平井 松午, 藤田 裕嗣 : 阿波国国府周辺の灌漑用水, 人文地理学会第205回例会(特別例会), (巻), (号), (頁), 1994年6月..[発行所] ...
閲覧 豊田 哲也 : バブル期前後における大都市居住の動向, --- 東京都区部と大阪市の比較 ---, 平成8年度人文地理学会大会, (巻), (号), (頁), 1996年11月..[発行所] ...
閲覧 豊田 哲也 : 学会展望(都市), 人文地理, Vol.50, No.3, 267-272, 1998年6月..[発行所] ...
閲覧 平井 松午 : 北海道移民と海外移民の送出地域とその社会階層, 1999年度人文地理学会大会, (巻), (号), (頁), 1999年11月..[発行所] ...
閲覧 平井 松午 : 学会展望(歴史地理 近代), 人文地理, (巻), No.3, (頁), 2000年1月..[発行所] ...
閲覧 平井 松午 : 学会展望(歴史地理 近代), 人文地理, Vol.52, No.3, 63-65, 2000年3月..[発行所] ...
閲覧 平井 松午 : 高精細デジタル絵図画像データの課題, --- 徳島大学附属図書館の取り組み ---, 人文地理学会第79回歴史地理研究部会, (巻), (号), (頁), 2000年7月..[発行所] ...
閲覧 豊田 哲也 : 中心市街地活性化事業の展開と問題, --- 都市地理学の視点から ---, 人文地理学会第84回 経済·都市地理研究部会, (巻), (号), (頁), 2000年9月..[発行所] ...
閲覧 豊田 哲也 : 市町村合併推進要綱の策定状況, --- 徳島県の事例を中心に ---, 平成12年度人文地理学会大会, (巻), (号), (頁), 2000年11月..[発行所] ...
閲覧 平井 松午 : 古地図のGIS的世界, --- -歴史地理学研究における古地図を用いたGIS分析の可能性と課題- ---, 人文地理, Vol.60, No.1, 55-60, 2007年11月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 平井 松午 : 第100回歴史地理研究部会, (誌名), (巻), (号), (頁), 2008年7月..[組織]+[発行所] ...
閲覧 平井 松午 : 城下絵図にみる洲本城下町の構造的特質, 2008年人文地理学会大会, (巻), (号), (頁), 2008年11月..[発行所] ...
閲覧 豊田 哲也 : 年齢構成を考慮した世帯所得の地域格差分析-人口高齢化は所得格差拡大の要因か?, 人文地理学会大会研究発表要旨, 103, 2011年11月..[発行所] ...
閲覧 豊田 哲也 : 世帯所得の地域格差から見た大都市圏の構造, 人文地理, Vol.64, No.2, 184-188, 2012年4月..[発行所] ...
閲覧 豊田 哲也 : 地域格差と人口移動から見た三大都市圏の動向-地方創生政策と東京一極集中問題, 人文地理学会大会研究発表要旨, (巻), (号), 2015年11月..[発行所] ...
閲覧 豊田 哲也 : 就業者の都道府県別所得からみた地域格差と人口移動, --- 2007∼2017年就業構造基本調査の分析 ---, 人文地理学会大会研究発表要旨, 152-153, 2019年11月..[発行所] ...
閲覧 豊田 哲也, 奥嶋 政嗣 : 学歴別に見たUターン移動と所得の地域格差―徳島県出身者のアンケート分析―, 研究発表要旨, Vol.2021, 72-73, 2021年11月..[発行所] ...
閲覧 豊田 哲也 : 全国市町村における所得の地域格差と住宅地価形成, 人文地理, Vol.73, No.6, 2021年11月..[発行所] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.92, Max(EID) = 408535, Max(EOID) = 1106838.