『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 樫田 美雄

登録情報の数

有効な情報: 144件 + 無効な情報: 17件 = 全ての情報: 161件

全ての有効な情報 (144件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(57)
閲覧 閲覧 筑波大学 …(20)
閲覧 閲覧 財団法人 電気通信普及財団 …(1)
閲覧 閲覧 東京都立大学 …(3)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(57)
閲覧 (未定義) …(62)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 滝口 哲史, 樫田 美雄 : 婦人のパート内職労働に関する調査報告書, 婦人のパート内職労働に関する調査報告書, 10-70, 東京, 1987年3月..[著者] ...
閲覧 坂 幸夫, 樫田 美雄 : 男女雇用機会均等法の施行と労基法改訂にともなう対応状況調査報告, 男女雇用機会均等法の施行と労基法改定にともなう対応状況調査報告, 15-73, 東京, 1987年5月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 自損事故の判例調査, --- 事例調査 富山県 T.Nさん 福井県 H.Kさん ---, (誌名), 21-33, 東京, 1988年3月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 施設内文化の研究, --- 二つの悪循環過程の例示とその意味の考察 ---, 母子研究, No.11, 12-27, 1991年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : アグネス論文における〈非ゲーム的パッシング〉の意味, --- エスノメソドロジーの現象理解についての若干の考察 ---, 年報筑波社会学, No.3, 74-98, 1991年..[著者] ...
閲覧 Yoshio Kashida : On The Reflexive Organization of Participation Frame,Towards a critical examination of the conventional discrimination, International Institute for Ethnomethodology Conversation Analysis, No.19, 55-71, (都市), Aug. 1992..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 衛生行政·社会行政, 戦後日本における社会保障制度の研究 厚生省史の研究, 52-66, つくば, 1993年10月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 協同的達成としてのパッシング, --- エスノメソドロジー的秩序理解の試み ---, 微視的権力状況における会話分析, 55-64, 1993年..[著者] ...
閲覧 Yoshio Kashida : On the Reflexive Organization of Participation Frame, --- Towards a critical examination of the conventional distinction between the "content-level" and the "relation-level" ---, Tsukuba Journal of Sociology, No.19, 57-71, 1994..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 達成されるものとしての権力, --- 権力現象を探求するためのノート ---, 社会学ジャーナル, No.19, 145-152, 1994年..[著者] ...
閲覧 副田 義也, 樽川 典子, 中山 慎吾, 樫田 美雄 : 自損事故遺児家庭の実態調査, --- 事故と父親の仕事 ---, 自損事故遺児家庭の実態調査, 14-25, 東京, 1994年6月..[著者] ...
閲覧 副田 義也, 樽川 典子, 中山 慎吾, 樫田 美雄 : 自損事故遺児家庭の実態調査, 自損事故遺児家庭の実態調査, 76-80, 東京, 1994年6月..[著者] ...
閲覧 江原 由美子, 椎野 信雄, 高山 啓子, 水川 喜文, 樫田 美雄 : シンポジウム「エスノメソドロジーの可能性と展開」, 現代社会理論研究, No.4, 147-185, 1994年10月..[著者] ...
閲覧 副田 義也, 樫田 美雄 : 自損事故の判例調査, --- 事例調査(インタビュー記録) ---, 自損事故の判例調査, 21-33, 東京, 1995年3月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 老人と菊づくり, 社会学ジャーナル, No.20, 153-174, 1995年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : デイケアの社会学, --- K市中間施設における観察記録から ---, 臨床心理学研究, Vol.33, No.1, 16-28, 1995年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 119番通話における緊急電話らしさの達成, 年報社会学論集, No.8, 227-238, 1995年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 学際的教養教育の新モデル, 筑波大学新聞, No.169, 5, 1995年11月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 医療におけるコミュニケーションの可能性, --- 終末期医療の社会学的研究 ---, 臨床心理学研究, Vol.33, No.3, 2-17, 1996年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : エスノメソドロジーと権力, --- エスノメソドロジーは権力をどのように扱うのか ---, 社会学ジャーナル, No.21, 102-113, 1996年..[著者] ...
閲覧 副田 義也, 宗像 恒次, 樫田 美雄 : シンポジウム記録 パターナリズムからインフォームド·コンセントへ, --- 医療におけるコミュニケーションの問題 ---, 社会学ジャーナル, No.21, 120-127, 1996年3月..[著者] ...
閲覧 副田 義也, 樫田 美雄 : 書評セッション 生活保護制度の社会史, 母子研究, No.17, 85-111, 1996年3月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄, 浦野 茂, 高山 啓子 : 通信司令室業務のビデオ分析, エスノメソドロジー・会話分析研究会第2回ワークショップ, 1996年3月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 自損事故保険の社会学·序論, 母子研究, No.17, 63-73, 1996年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 119番通話研究の意義について, 現代社会理論研究, No.6, 113-120, 1996年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 緊急電話の会話分析-応対要領の改善に向けての社会学的実証研究の試み-, 電気通信普及財団研究調査報告書, No.11, 437-443, 東京, 1997年2月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 医療におけるコミュニケーションの可能性, --- グレーザー&ストラウスと奥山立論を比較する ---, 臨床心理学研究, Vol.34, No.4, 107-110, 1997年..[著者] ...
閲覧 張江 洋直, 井出 裕久, 佐野 正彦, 樫田 美雄 : 恋愛と結婚, --- あなたはロマンチック・ラブを信じていますか ---, 白菁社, 東京, 1997年4月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : <文献紹介>井上真理子·大村英昭編著「ファミリズムの再発見」, 家族社会学研究, No.9, 108, 1997年7月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 知事選,「よりまし」選択で円藤氏, 徳島新聞, 1997年9月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄, 西阪 仰 : エスノメソドロジーと会話分析:東と西国際会議で報告して, エスノメソドロジー·会話分析研究会ニューズレター, (巻), (号), (頁), 1997年10月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : ラジオスタジオの相互行為分析と,あけぼの会の「母の日」キャンペーン, 筑波社会学会ニューズレター, (巻), (号), (頁), 1997年11月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : エスノメソドロジーとその周辺(平成9年度徳島大学総合科学部樫田ゼミナール ゼミ論集), (誌名), (巻), (号), 98, 1998年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : ラジオスタジオの相互行為分析(平成9年度徳島大学総合科学部社会調査実習報告書(第一版)), (誌名), (巻), (号), 1-157, 徳島, 1998年(0月)..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : ラジオスタジオの相互行為分析(平成9年度徳島大学総合科学部社会調査実習報告書(第二版)), (誌名), (巻), (号), 1-169, 徳島, 1998年(0月)..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄, 喜多 加実代 : 緊急電話受付業務の社会学, --- 通信司令室のインテリジェント化を成功させるための相互行為分析 ---, 電気通信普及財団研究調査報告書, No.12, 437-443, 東京, 1998年2月..[著者] ...
閲覧 Yoshio Kashida and Kamiyo Kita : On institutional Settings:Ethnomethodological study of emergency calls, Social Science Research University of Tokushima, No.11, 97-138, 1998..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 講演:精神保健ボランティア, 徳島県神山保健所講演会, 1998年4月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 講演:ターミナルケアの社会学, 徳島県緩和ケア研究会講演会, 1998年4月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 書評 山崎敬一著「美貌の陥穽-セクシュアリティのエスノメソドロジー」, 社会学評論, Vol.49, No.1, 149-151, 1998年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : エスノメソドロジーと福祉・医療・性(平成10年度徳島大学総合科学部樫田ゼミナール ゼミ論集), (誌名), 1-178, 徳島, 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 Keiichi Yamazaki and Yoshio Kashida : How the emergency call are accomplished through /within institutional settings?, The Politics of Discourse(Technical Report on Grant-in-aid for Scientific Research A), 17-30, Saitama, Jan. 1999..[著者] ...
閲覧 橋本 文子, 樫田 美雄 : ライフコースとセルフヘルプグループ, --- あけぼの会(乳ガン患者のセルフヘルプグループ)T支部幹部へのインタビュー調査から- ---, 徳島大学社会科学研究, No.12, 1-41, 1999年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 講演:文化としての障害, 徳島県理学療法士会学習会, 1999年4月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 菊づくり, 福祉社会事典, 187, 1999年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 公共家族, 福祉社会事典, 261, 1999年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : スティグマ, 福祉社会事典, 555, 1999年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : やまあらしジレンマ, 福祉社会事典, 982-983, 1999年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 高齢者は「活動的」であるべきか, --- 「持続的撤退」の日々を生きるために ---, いのち輝く, No.32, 4-5, 1999年9月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 障害者スポーツにおける相互行為分析(平成11年度徳島大学総合科学部社会調査実習報告書(第一版)), (誌名), 1-78, 徳島, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 日常生活の諸相(平成11年度徳島大学総合科学部樫田ゼミナール ゼミ論集), (誌名), 1-118, 徳島, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄, 樋口 良成, 安藤 由美, 立山 徳子, 佐藤 友光子, 加藤 朋江, 松信 ひろみ, 柴田 義人, 南山 浩一, 魚住 明代 : 新世紀の家族捜し, --- 第7章 恋愛と結婚 ---, 学文社, 東京, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 市田 泰弘, 樫田 美雄 : 言語としての手話·文化としてのろう, 徳島大学社会科学研究, No.13, 53-80, 2000年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 初期の内務行政と地方自治, 内務省史の研究, 11-17, つくば, 2000年3月..[著者] ...
閲覧 増子 勝義, 樫田 美雄 : Love and Marriage, 学文社, 東京, 2000年5月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 作業としてのビデオ分析-道具とその運用,或いは,データ収集から公開まで-, エスノメソドロジー・会話分析研究会研究大会, 2000年9月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 現代社会の探究, 平成12年度徳島大学総合科学部樫田ゼミナール ゼミ論集, 1-132, 徳島, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄, 寺嶋 吉保, 広瀬 京子, 橋本 文子, 他 8名 : カウンセリング系電話相談におけるトラブル処理-がん電話相談の準備と連動としての研究(1)-, 電気通信普及財団研究調査報告書, No.16, 330-336, 東京, 2001年1月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄, 橋本 文子, 阿部 智恵子 : カウンセリング系電話相談の研究, --- <中四国電話相談調査紙法調査>報告書(平成12年度調査) ---, 中四国電話相談調査紙調査報告書, 1-104, 徳島, 2001年4月..[著者] ...
閲覧 野々山 久也, 樫田 美雄 : 家族社会学の分析視角, --- 第6章 エスノメソドロジー的アプローチ ---, ミネルヴァ書房, 京都, 2001年9月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄, 岡田 光弘, 中村 和生, 福井 義浩, 坂田 ひろみ, 澤田 和彦 : 解剖実習のエスノメソドロジー, --- 社会的達成としての医学教育 ---, 年報筑波社会学, No.13, 96-127, 2001年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄, 橋本 文子, 阿部 智恵子 : がん電話相談のエスノメソドロジー, 第14回日本電話相談学会大会プログラム・抄録集, 2001年..[著者] ...
閲覧 阿部 智恵子, 樫田 美雄, 岡田 光弘 : 資源としての障害パースペクティブの可能性, --- 障害スポーツ(水泳)選手へのインタビュー調査から ---, 年報筑波社会学, Vol.13, No.13, 17-51, 2001年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄, 寺嶋 吉保, 広瀬 京子, 橋本 文子, 他 9名 : カウンセリング系電話相談におけるトラブル処理-がん電話相談の準備と連動としての研究(2)-, 電気通信普及財団研究調査報告書, No.17, 216-224, 東京, 2002年1月..[著者] ...
閲覧 藤村 正之, 久保田 滋, 樋口 直人, 梶浦 豊子, 前野 洋子, 佐伯 明彦, 樫田 美雄 : 地域とボランティアの未来, 徳島大学社会科学研究, (巻), No.15, 273-327, 2002年2月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 教育対象者との相互行為としての遠隔教育-レシピエントデザインの相互行為的構成-, 衛星利用の遠隔授業·日本語教育と社会人教育の効率化に関する基礎的研究, (巻), (号), 17-21, 徳島, 2002年3月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : <文献紹介>清水 新二 編「共依存とアディクション-心理·家族·社会-」, 家族社会学研究, Vol.13, No.2, 60, 2002年3月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : インフォームドコンセントに家族はどのゆに関わっているか, 第12回日本家族社会学会, 2002年9月..[著者] ...
閲覧 米谷 隆雄, 荒尾 五郎, 中林 久美子, 前野 洋子, 影石 公昭, 太田 能, 毛利 公美, 森井 昌克, 樫田 美雄 : 地域ボランティア福祉活動支援情報通信システムの運用, --- -徳島県海南町福祉支援情報通信システムの開発·展開事業- ---, 信学技報, No.111, 15-20, 2002年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 社会学教育の困難と社会調査実習の可能性-社会学入門科目としてのエスノメソドロジー的社会調査実習のすすめ-, 第75回日本社会学会大会シンポジウム, 2002年11月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 社会学教育の困難と社会調査実習の可能性, --- 社会学入門科目としてのエスノメソドロジー的社会調査実習のすすめ ---, 日本社会学会75回大会発表, 2002年11月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : インタビューと対話の相互行為分析-気配りと配慮の社会学- 平成14年度徳島大学総合科学部社会調査実習報告書(第一版), (誌名), (巻), (号), 1-211, 徳島, 2003年(0月)..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : インタビューと対話の相互行為分析-気配りと配慮の社会学- 平成14年度徳島大学総合科学部社会調査実習報告書(第二版), (誌名), (巻), (号), 1-211, 徳島, 2003年(0月)..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 2002年秋のシンポジウムの企画宣伝に携わって, EMCA研究会 ニューズレーター, No.14, 6-7, 2003年2月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄, 寺嶋 吉保 : インフォームド·コンセントに家族はどのように関わっているか, --- -エスノメソドロジー的検討- ---, 社会学年誌, No.44, 33-55, 2003年..[著者] ...
閲覧 金澤 貴之, 樫田 美雄, 岡田 光弘 : 障害者スポーツはなぜ「面白い」のか, --- -聾者バレーボールにおけるコミュニケーションの編成- ---, 群馬大学教育学部紀要 人文·社会科学編, Vol.52, No.52, 449-459, 2003年..[著者] ...
閲覧 橋本 英樹, 栗岡 幹英, 樫田 美雄 : シンポジウム「病いをめぐる意味·語り·会話」, 保健医療社会学論集, Vol.14, No.2, 21-25, 2003年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : エスノメソドロジー・会話分析から見た医師と患者の会話, 日本保健医療社会学会大会シンポジウム, 2003年5月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 文献紹介 恋愛と性愛, 家族社会学研究, Vol.15, No.1, 94, 2003年7月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄, 木野 綾子 : 地域住民参加型の新しい子育て組織の研究, --- ファミリー・サポート・センターで何がおきているか ---, 徳島大学総合科学部社会科学講座, 徳島, 2003年12月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : エスノメソドロジー·会話分析からみた医師と患者の会話, --- 患者の同意の共同的達成 ---, 保健医療社会学論集, Vol.14, No.2, 21-31, 2004年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄, 浜 日出夫, 水川 善文, 池谷 のぞみ, 山崎 晶子, 菅 靖子, 葛岡 英明, 田中 博子, 岡田 光弘, 西阪 仰, 山田 富秋, 樫村 志郎, 浦野 茂, 是永 論, 藤守 義光, 加藤 浩, 鈴木 栄幸 : 第7章 調査実習としてのエスノメソドロジー, 株式会社 有斐閣, (都市), 2004年(0月)..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 社会学の窓-ドラマティックな日常生活, 平成15度徳島大学総合科学部樫田ゼミナール ゼミ論集, 1-134, 徳島, 2004年2月..[著者] ...
閲覧 ダグラス W メイナード, 樫田 美雄, 岡田 光弘 : 医療現場の会話分析, --- 悪いニュースをどう伝えるか ---, 勁草書房, 東京, 2004年2月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 訳者あとがき, 医療現場の会話分析, 185-189, 2004年2月..[著者] ...
閲覧 藤守 義光, 寺嶋 吉保, 玉置 俊晃, 森口 博基, 相野田 紀子, 樫田 美雄 : 医療のエスノメソドロジー研究の現状と課題, 徳島大学社会科学研究, Vol.17, No.17, 207-253, 2004年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 専門職論からの考察(シンポジウムのパネリストとしての講演), 第52回日本医療社会事業全国大会兼第24回日本医療社会事業学会大会, 2004年5月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄, 中村 和生 : 〈助言者-相談者〉という装置, 社会学評論, Vol.55, No.2, 80-97, 2004年..[著者] ...
閲覧 髙橋 晋一, 豊田 哲也, 平井 松午, 樫田 美雄, 出口 竜也 : 中央政府にとって地方政府の公共事業を補助することの意義は何か, 平成13年度∼16年度日本学術振興学科研究費補助金研究成果報告書『GIS(地理情報システムを援用した吉野川流域の, 125-134, (都市), 2005年(0月)..[著者] ...
閲覧 曾田 紘二, 樫田 美雄, 杉山 茂, 野村 昌弘, 北 研二, 山本 真由美, 前田 朋彦 : レポート作成指導ハンドブック, --- 徳島大学FD推進ハンドブック.第3号,第9巻 ---, 大学開放実践センター, 徳島, 2005年1月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 義肢・装具のエスノメソドロジー(平成16年度徳島大学総合科学部地域調査実習報告書), 徳島大学総合科学部社会学研究室, 徳島, 2005年2月..[著者] ...
閲覧 新井 JAPO, 樫田 美雄 : インターセックスと性のグラデーション, --- 徳島大学総合科学部共通科目『健康と福祉』特別講義から ---, 徳島大学社会科学研究, Vol.18, No.18, 243-261, 2005年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄, : 医学教育のエスノメソドロジー-OSCEとPBLチュートリアルを題材として-, 医学教育, Vol.36, 74, 2005年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 質的調査法を社会学教育のなかのどこに位置づけるのか, 第78回日本社会学会大会, 2005年10月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : ボランティア・市民活動立ち上げ支援事業, 四国経済ナビ, (巻), No.732, 29-30, (都市), 2006年(0月)..[著者] ...
閲覧 竹岡 勝行, 真鍋 陸太郎, 樫田 美雄 : 『かきこマップ』と連動したユニバーサル・デザイン調査の可能性, --- 徳島県郷土文化会館UD調査の事例から ---, 徳島大学社会科学研究, Vol.19, No.19, 231-250, 2006年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 生活の中の相互行為(平成17年度徳島大学総合科学部樫田ゼミナール ゼミ論集), 平成17年度徳島大学総合科学部樫田ゼミナール ゼミ論集, 1-101, 徳島, 2006年2月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 「弱者の抵抗」の非個人能力主義的解釈, ソシオロジ, Vol.51, No.1, 171-177, 2006年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 新版 構築主義の社会学-実在論争を超えて, --- 第8章 フィールド研究の倫理とエスノメソドロジー-社会リアリティの変化と社会理解ループの変化 ---, 世界思想社, 京都, 2006年5月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : <能力>と<能力評価>のエスノメソドロジー-養護老人ホーム,就職面接,PBLチュートリアルの3つの場面からのビデオ分析-, 第79回日本社会学会大会, 2006年10月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄, 南 保輔, 五十嵐 素子, 田中 剛太, 相野田 紀子 : 医学教育のエスノメソドロジー, 平成15~17年度科学研究費補助金基盤(B) 研究成果報告書, (都市), 2007年(0月)..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 生きることの未来を「どりーまあサービス」から学ぶ, 10周年記念誌「夢」, 38, 2007年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 鍼灸のエスノメソドロジー, --- 平成18年度 地域調査実習報告書&大学院人間・自然環境研究家地域調査論Ⅲ・社会組織論レポート集 ---, 鍼灸のエスノメソドロジー, 1-48, (都市), 2007年(0月)..[著者] ...
閲覧 佐竹 文子, 上野 加代子, 樫田 美雄 : 児童虐待事例のつくられかた, --- D.スミス「Kは精神病だ」の分析方法を基軸として ---, 徳島大学社会科学研究, Vol.20, No.20, 19-36, 2007年..[著者] ...
閲覧 yoshimitsu fujimori, Yoshio Kashida, mitsuhiro okada and Yoshiyasu Terashima : Examining Examinations, --- on logic of practices in OSCE ---, Social Science Research University of Tokushima, Vol.20, No.20, 57-73, 2007..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 大学病院におけるリスク・マネージメント-医療訴訟対策と現代社会-, 第33回日本保健医療社会学会大会, 2007年5月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : ある戦争遺跡にみる追悼の重層性と相互反映性, --- 地域づくり資源・学習資源・観光資源としての陸軍病院壕 ---, 死の社会学的研究:平成17年度∼平成19年度科学研究費補助金(基盤(A))研究成果報告書, 146-154, (都市), 2008年(0月)..[著者] ...
閲覧 五十嵐 素子, 岡田 光弘, 樫田 美雄, 宮崎 彩子 : 医学教育の問題基盤型学習における「介入」技法」, 教育目標・評価学会紀要, No.18, 77-86, 2008年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 公開講座を企画して―精神障害当事者主演映画「キチガイの一日」の上映および「ヒアリングヴォイシズ後援会」, ヒアリング・ヴォイシズニューズレター, No.65, 7-9, 2008年1月..[著者] ...
閲覧 伊藤 英明, 樫田 美雄, 小松 真弓, 中村 健信, 尾崎 史典, 齋藤 ゆみ, 川路 茂保 : 熟練技能中心設計によるイノベーションの創出, 情報処理学会論文誌(IPSJジャーナル), Vol.49, No.4, 1581-1593, 2008年..[著者] ...
閲覧 中恵 真理子, 樫田 美雄, 吉沢 毅, 山本 明子, 佐藤 和喜雄 : <聴声(ヒアリング・ヴォイシズ)>というアプローチが紡ぎ出す世界, --- インタビュー記録と若干の覚え書き ---, Discussion Paper in Social Sciences, No.4, 1-23, 徳島, 2008年5月..[著者] ...
閲覧 Yoshio Kashida, Mitsuhiro OKADA and Motoko IGARASHI : Cooperative and tool-used acievement of a completion of presentation:Did the members of the PBL tutorial manage the troubles by using tools?(Video-based ethnography), ISCAR International 2008, San Diego, Sep. 2008..[著者] ...
閲覧 Mitsuhiro OKADA, Yoshio Kashida and Motoko IGARASHI : A normative order in medical education(problem-based learning):Use of whiteboard and its consequence on turn-taking organization, ISCAR International 2008, (都市), Sep. 2008..[著者] ...
閲覧 Motoko IGARASHI, Mitsuhiro OKADA and Yoshio Kashida : Design of interventional acts to promote clinical reasoning: A case of Problem-Based Learning, ISCAR International 2008, (都市), Sep. 2008..[著者] ...
閲覧 (種別) : 副田 義也, 時岡 新, 阿部 俊彦, 市川 紀美, 嶋根 久子, 嶋根 克己, 遠藤 惠子, 樫田 美雄, 中筋 直哉, 藤崎 宏子, 村上 貴美子, 波内 知津 : 書評セッション 副田義也著『内務省の社会史』, 参加と批評, (巻), No.3, 220-294, 副田研究室, 東京, 2009年1月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄, 齋藤 雅彦, 松藤 彩加, 吉田 愛, 前田 朝美, 黒住 美晴, 中恵 真理子 : 現場で起きていること―エスノメソドロジーの立場から―, 平成21年度徳島大学総合科学部樫田ゼミ論集, 1-90, 徳島, 2009年2月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : ボランティア・市民活動立ち上げ支援事業, 平成20年度徳島大学地域連携事業成果報告書, 23, 徳島, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄, 座主 果林, 西田 厚子, 土方 由起子, 山内 美月, 櫻井 裕子, 中塚 朋子, 奥野 友香, 中恵 真理子, 山本 智子, 米満 美貴, 栗岡 幹英 : エスノメソドロジーによる探求―ALS,写真,鍼灸―, 奈良女子大学実践スキルゼミナールゼミ論集, No.5, 1-64, 徳島, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 阿部 智恵子, 樫田 美雄 : キャリア転換を促す要因について-医師を目指す看護師へのインタビューを通して, 第35回日本保健医療社会学会大会, 2009年5月..[著者] ...
閲覧 岡田 光弘, 平 英美, 樫田 美雄 : 医療コミュニケーション―実証研究への多面的アプローチ 藤崎 和彦 (著), 橋本 英樹 (著), 医療コミュニケーション研究会 (編集), --- 第2章 会話分析から見た医療コミュニケーション ---, 株式会社 篠原出版新社, 東京, 2009年12月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄, 高森 明, 氏家 靖浩, 山本 智子, 山本 真由美 : 特別支援教育と発達障害-その構造と論理の批判的検討-, 臨床心理学研究, Vol.46, No.3, 2-18, 2009年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄, 山本 智子, 氏家 靖浩 : 発達障害にビデオエスノグラフィーは挑戦する〈第1部〉, 臨床心理学研究, Vol.47, No.3, 16-21, 2010年..[著者] ...
閲覧 氏家 靖浩, 山本 智子, 樫田 美雄 : 発達障害にビデオエスノグラフィーは挑戦する〈第2部〉, 臨床心理学研究, Vol.47, No.3, 21-26, 2010年..[著者] ...
閲覧 中塚 朋子, 櫻井 裕子, 山内 美月, 樫田 美雄 : 写真鑑賞場面における相互行為分析―地域の歴史写真集を介した夫婦のコミュニケーション, 徳島大学社会科学研究, No.23, 1-29, 2010年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 教室のビデオエスノグラフィー:自閉症スペクトラムと思われる小学生を巡る相互行為分析, シンポジウム「エスノメソドロジーのフロンティア-ケアと教育の現場から」報告書, 2-5, (都市), 2010年3月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄, 氏家 靖浩, 山本 智子, ほか : A君の合理性と教室の秩序-自閉症スペクトラムと思われる小学生をめぐる相互行為分析-, 第21回日本発達心理学会大会, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 串田 秀也・好井 裕明編『エスノメソドロジーを学ぶ人のために』 第7章 病院に行く-医療場面のコミュニケーション分析-, 世界思想社, 京都, 2010年4月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 串田 秀也・好井 裕明編『エスノメソドロジーを学ぶ人のために』 第8章 施設で暮らす, 世界思想社, 京都, 2010年4月..[著者] ...
閲覧 Yoshio Kashida, Yasuhiro Ujiie and Tomoko Yamamoto : Lived Experience of Developmental Disorder :The clarification, ISA RC 15 Session 3A Health, Illness and Embodiment, (都市), July 2010..[著者] ...
閲覧 Yoshio Kashida, Yamamoto Tomoko and Ujiie Yasuhiro : Lived Experience of Developmental Disorder :The clarification of two institutional orders by Video-based ethnography, ISA RC 15 Session 3A Health, Illness and Embodiment, 232, (都市), July 2010..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 書評 西阪仰著『分散する身体-エスノメソドロジー的相互行為分析の展開』, 社会学評論, Vol.61, No.2, 220-221, 2010年..[著者] ...
閲覧 米田 憲市, 「臨床教育場面の経験的比較研究」研究チーム, 樫田 美雄 : 法科大学院の法曹養成課程からキャリア開発まで-鹿児島大学法科大学院の取組み-, 臨床法学セミナー, No.9, 83-95, 2010年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 周辺への/周辺からの社会学-社会学の新しい基盤としての市民教育ニーズと専門職教育ニーズ, 社会学評論, Vol.61, No.3, 235-256, 2010年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄, 下夷 美幸 : 特集によせて (<特集> 周辺への/周辺からの社会学), 社会学評論, Vol.61, No.3, 232-234, 2010年..[著者] ...
閲覧 斉藤 雅彦, 樫田 美雄 : 医療化する家庭・家庭化する医療-在宅医療のエスノメソドロジー-, 徳島大学社会科学研究, No.24, 13-56, 2011年..[著者] ...
閲覧 山本 智子, 氏家 靖浩, 樫田 美雄 : 「場面」が異なることで見える「コミュニケーション特性」の違い-アスペルガー症候群と診断されたSくんの事例から-, 社会学論集, No.18, 51-65, 2011年..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 書評 広瀬 美千代著『家族介護者のアンビバレントな世界-エビデンスとナラティブからのアプローチ-』, 家族社会研究, Vol.23, No.1, 112-113, 2011年4月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 大学院格差問題から考える社会科学系学会の新機能, 書斎の窓, No.604, 54-59, 2011年5月..[著者] ...
閲覧 IGARASHI Motoko, OKADA Mitsuhiro, Yoshio Kashida and MIYAZAKI Ayako : Teacher's conversational devices for promoting student clinical reasoning:The case for problem-based learning, IIEMCA, Switzerland, July 2011..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : なぜアウトカム基盤型で考えるのか-社会変容と医学教育-, 医学教育学会パネルディスカッション, 2011年7月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : インタビューの仕方とまとめ方の初歩(半構造化面接の場合), 質的心理学研究法セミナー, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 樫田 美雄 : 藤村正之編『いのちとライフコースの社会学』, --- I. 第1章 「医療の社会学」 ---, 弘文堂, 東京, 2011年11月..[著者] ...
閲覧 大上 梨奈, 樫田 美雄 : 中途診断というカテゴリー変化の中で生きる : 発達障害者の中途診断経験と自己探求の社会学, 徳島大学地域科学研究, Vol.1, No.0, 1-14, 2011年..[著者] ...
閲覧 (種別) : 樫田 美雄 : 臨床教育のビデオエスノグラフィー-高等教育における臨床教育場面の経験的比較研究, 『法曹養成と臨床教育』, No.No.5, 144-145, 臨床法学教育学会, (都市), 2012年11月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.46, Max(EID) = 374826, Max(EOID) = 1004513.