『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 田部 慎一

登録情報の数

有効な情報: 48件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 50件

全ての有効な情報 (48件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(17)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(17)
閲覧 閲覧 日本口腔衛生学会 …(1)
閲覧 (未定義) …(29)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 日野出 大輔, Daniel Grenier, Denis Mayrand, 田部 慎一, 吉岡 昌美, 中村 亮 : 歯周病原性細菌由来のDnaK様蛋白質の免疫学的研究, 口腔衛生学会雑誌, Vol.46, No.4, 532-533, 1996年9月..[著者] ...
閲覧 Daisuke Hinode, Shin-ichi Tanabe, Masami Yoshioka, Daniel Grenier, Denis Mayrand and Ryo Nakamura : Protease activities of non-pigmented mutants of Porphyromonas gingivalis, Journal of Dental Research, Vol.76, No.5, 1174, May 1997..[著者] ...
閲覧 日野出 大輔, 田部 慎一, 大塚 千亜紀, 冨田 耗治, 中村 亮 : Porphyromonas gingivalis の熱ショック蛋白質, 口腔衛生学会雑誌, Vol.47, No.4, 412-413, 1997年9月..[著者] ...
閲覧 Daisuke Hinode, Shin-ichi Tanabe, Masami Yoshioka and Ryo Nakamura : Characterization of Non Hemagglutinating Mutants of Porphyromonas gingivalis., Journal of Dental Research, Vol.77, No.Special Issue B, 855, Nice, France, March 1998..[著者] ...
閲覧 Shin-ichi Tanabe, Daisuke Hinode, Masami Yoshioka and Ryo Nakamura : Heat shock protein of Campylobacter rectus, Journal of Dental Research, Vol.77, No.5, 1299, May 1998..[著者] ...
閲覧 吉岡 昌美, 三木 修, 田部 慎一, 杉山 明子, 日野出 大輔, 中村 亮 : 歯周病原菌の病原因子による細胞毒性活性測定法についての検討, 口腔衛生学会雑誌, Vol.48, No.4, 412-413, 1998年9月..[著者] ...
閲覧 Daisuke Hinode, Masami Yoshioka, Shin-ichi Tanabe, Osamu Miki, Kaname Masuda and Ryo Nakamura : The GroEL-like protein from Campylobacter rectus: immunological characterization and interleukin-6 and -8 induction in human gingival fibroblast, FEMS Microbiology Letters, Vol.167, No.1, 1-6, 1998..[著者] ...
閲覧 日野出 大輔, 吉岡 昌美, 冨田 耗治, 田部 慎一, 中村 亮 : インプラント患者のメインテナンス, --- 上部構造装着後の保健管理が不良と思われる3症例についての考察 ---, 口腔衛生学会雑誌, Vol.48, No.5, 720, 1998年10月..[著者] ...
閲覧 Daisuke Hinode, Shin-ichi Tanabe, Osamu Miki, Kaname Masuda, Masami Yoshioka and Ryo Nakamura : Interleukin Secretion by the GroEL-like Protein from Campylobacter rectus., Journal of Dental Research, Vol.78, No.Special Issue, 418, Vancouver, Canada, March 1999..[著者] ...
閲覧 Shin-ichi Tanabe, Daisuke Hinode, Chiaki Ohtsuka, Akiko Sugiyama and Ryo Nakamura : Purification of the GroEL-like Protein from Campylobacter rectus, Journal of Dental Research, Vol.78, No.5, 1117, May 1999..[著者] ...
閲覧 田部 慎一, 三木 修, 杉山 明子, 日野出 大輔, 中村 亮 : Campylobacter rectus GroEL様蛋白質の宿主細胞に対する影響, 口腔衛生学会雑誌, Vol.49, No.4, 632-633, 1999年9月..[著者] ...
閲覧 吉岡 昌美, 冨田 耗治, 三木 修, 田部 慎一, 嶋田 順子, 日野出 大輔, 近藤 久美子, 中村 亮 : 徳島県木頭村の児童生徒に対する歯科保健活動, --- 6年間の成果と今後の課題について ---, 口腔衛生学会雑誌, Vol.49, No.5, 827, 1999年10月..[著者] ...
閲覧 日野出 大輔, 田部 慎一, 吉岡 昌美, 中村 亮 : 歯周病原性細菌の産生する熱ショック蛋白質, 口腔衛生学会雑誌, Vol.50, No.1, 2-11, 2000年1月..[著者] ...
閲覧 日野出 大輔, 田部 慎一, 赤木 毅, 横山 正明, 吉岡 昌美, 中村 亮 : 歯周病原性細菌とHelicobacter pyloriの免疫学的関連性, 日本歯周病学会雑誌, Vol.42, (号), 159, 2000年5月..[著者] ...
閲覧 赤木 毅, 日野出 大輔, 増田 かなめ, 田部 慎一, 福井 誠, 吉岡 昌美, 中村 亮 : Campylobacter rectus とHelicobacter pylori の共通抗原, 口腔衛生学会雑誌, Vol.50, No.4, 592-593, 2000年9月..[著者] ...
閲覧 吉岡 昌美, 赤木 毅, 玉谷 香奈子, 田部 慎一, 横山 正明, 横山 希実, 佐藤 裕, 日野出 大輔, 中村 亮 : 口臭が気になる患者に対するアプローチ診査,治療の進め方, 口腔衛生学会雑誌, Vol.50, No.5, 836, 2000年10月..[著者] ...
閲覧 Shin-ichi Tanabe, Masaaki Yokoyama, Makoto Fukui, Daisuke Hinode and Ryo Nakamura : Immunological relationship between periodontopathogenic bacteria and Helicobacter pylori, Journal of Dental Research, Vol.80, No.Special Issue, 679, Chiba, March 2001..[著者] ...
閲覧 Masaaki Yokoyama, Daisuke Hinode, Shin-ichi Tanabe, Nozomi Matsuoka, Masami Yoshioka and Ryo Nakamura : Antigenic Property of the GroEL-like Protein from Campylobacter rectus., Journal of Dental Research, Vol.80, No.4, 1333, April 2001..[著者] ...
閲覧 田部 慎一, 日野出 大輔, 横山 正明, 宮本 洋二, 中村 亮 : 骨結合型インプラント治療の予後に対する喫煙の影響 文献的考察から, 口腔衛生学会雑誌, Vol.51, No.3, 196-202, 2001年7月..[著者] ...
閲覧 Makoto Fukui, Nozomi Matsuoka, Tuyoshi Akagi, Shin-ichi Tanabe, Kanako Tamatani, Masaaki Yokoyama, Masami Yoshioka, Daisuke Hinode and Ryo Nakamura : The relationship between tongue plaque and secretary-IgA in saliva from patients with breath odor, Fifth International Conference on Breath Odor Research, (巻), (号), (頁), Tokyo, July 2001..[著者] ...
閲覧 増田 かなめ, 田部 慎一, 吉岡 昌美, 日野出 大輔, 中村 亮 : Purification of Characterization of Arginine Carboxypeptidase Produced by Porphyromonas gingivalis, (誌名), (巻), (号), (頁), 2001年7月..[著者] ...
閲覧 日野出 大輔, 田部 慎一, 横山 正明, 吉岡 昌美, 中村 亮 : 歯周病原細菌由来熱ショックタンパク質の病原性, 歯界展望, (巻), (号), 384, 東京, 2001年8月..[著者] ...
閲覧 横山 希実, 吉岡 昌美, 田部 慎一, 赤木 毅, 福井 誠, 日野出 大輔, 中村 亮 : ヒト歯肉細胞由来マトリックスメタロプロテアーゼに対する阻害剤の影響, 口腔衛生学会雑誌, Vol.51, No.4, 554-555, 2001年9月..[著者] ...
閲覧 横山 正明, 田部 慎一, 福井 誠, 嶋田 順子, 玉谷 香奈子, 日野出 大輔, 中村 亮 : 骨結合型インプラント治療に対する喫煙の影響, --- -文献的考察から- ---, 口腔衛生学会雑誌, Vol.51, No.4, 857, 2001年10月..[著者] ...
閲覧 Daisuke Hinode, Masaaki Yokoyama, Shin-ichi Tanabe, Masami Yoshioka and Ryo Nakamura : Antigenic properties of the GroEL-like protein of Campylobacter rectus, Oral Microbiology and Immunology, Vol.17, No.1, 16-21, 2002..[著者] ...
閲覧 Masaaki Yokoyama, Shin-ichi Tanabe, Masami Yoshioka, Daisuke Hinode and Ryo Nakamura : Immunological characterization of the GroEL-like protein from Campylobacter rectus, 80th General session of the International Association for Dental Research, (巻), (号), (頁), San Diego, March 2002..[著者] ...
閲覧 福井 誠, 横山 正明, 田部 慎一, 日野出 大輔, 中村 亮 : 熱ショックタンパク質に対する唾液分泌型IgA抗体と歯周病との関連性, 口腔衛生学会雑誌, Vol.52, No.4, 548-549, 2002年8月..[著者] ...
閲覧 田部 慎一, 横山 正明, 福井 誠, 本那 智昭, 日野出 大輔, 中村 亮 : 介護老人福祉施設利用者の口腔内状態について, 口腔衛生学会雑誌, Vol.52, No.5, 725-726, 2002年10月..[著者] ...
閲覧 Shin-ichi Tanabe, Daisuke Hinode, Masaaki Yokoyama, Makoto Fukui, Ryo Nakamura, Masami Yoshioka, Daniel Grenier and Denis Mayrand : Helicobacter pylori and Campylobacter rectus share a common antigen, Oral Microbiology and Immunology, Vol.18, No.2, 79-87, 2003..[著者] ...
閲覧 横山 正明, 本那 智昭, 玉谷 香奈子, 田部 慎一, 横山 希実, 福井 誠, 吉岡 昌美, 日野出 大輔, 中村 亮 : 定期的口腔健康管理を受けている者の現在歯数の変化について, 口腔衛生学会雑誌, Vol.53, No.5, 618, 2003年10月..[著者] ...
閲覧 増田 かなめ, 横山 希実, 吉岡 昌美, 田部 慎一, 本那 智昭, 日野出 大輔, 中村 亮 : Expression of Bradykiin B1 receptor mRNA in Human Gingival Fibroblast, Journal of Dental Research, Vol.82, No.Special Issue C, C-436, 2003年12月..[著者] ...
閲覧 吉岡 昌美, 横山 正明, 本那 智昭, 福井 誠, 横山 希実, 田部 慎一, 玉谷 香奈子, 坂本 治美, 佐藤 晶子, 中村 亮, 日野出 大輔 : 予防歯科臨床における定期的口腔健康管理, 四国歯学会雑誌, Vol.16, No.2, 401-409, 2004年1月..[著者] ...
閲覧 日野出 大輔, 福井 誠, 田部 慎一, 本那 智昭, 増田 かなめ, 吉岡 昌美 : 歯周病原性細菌 Actinobacillus actinomycetemcomitans 由来 GroELとヒトファイブロネクチンの分子相同性, 口腔衛生学会雑誌, Vol.54, No.4, 451, 2004年9月..[著者] ...
閲覧 吉岡 昌美, 本那 智昭, 福井 誠, 横山 正明, 田部 慎一, 玉谷 香奈子, 日野出 大輔 : 徳島県K村における児童生徒のう蝕罹患状況─10年間のフッ化物洗口の効果と今後の課題─, 口腔衛生学会雑誌, Vol.54, No.5, 589, 2004年10月..[著者] ...
閲覧 Shin-ichi Tanabe, Masaaki Yokoyama, Nozomi Yokoyama, Masami Yoshioka and Daisuke Hinode : Smoking and osseointegrated implant failure: a meta-analysis, 52nd Annual Meeting of the Japanese Association for Dental Research, (巻), (号), (頁), Nov. 2004..[著者] ...
閲覧 吉岡 昌美, 横山 希実, 福井 誠, 横山 正明, 田部 慎一, 玉谷 香奈子, 日野出 大輔 : 官能試験の結果および質問票による口臭患者の分析, 口腔衛生学会雑誌, Vol.55, No.2, 83-88, 2005年..[著者] ...
閲覧 田部 慎一, 横山 正明, 福井 誠, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 : 要介護高齢者口腔ケア実習に対する歯学部学生の意識調査, 第24回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, (巻), (号), (頁), 2005年7月..[著者] ...
閲覧 吉岡 昌美, 増田 かなめ, 横山 希実, 横山 正明, 田部 慎一, 日野出 大輔 : Peptostreptococcus microsのサイトカイン産生誘導能に対する酵素の関与, 口腔衛生学会雑誌, Vol.55, No.4, 371, 2005年8月..[著者] ...
閲覧 福井 誠, 吉岡 昌美, 本那 智昭, 横山 正明, 田部 慎一, 玉谷 香奈子, 横山 希実, 増田 かなめ, 日野出 大輔, 中村 亮 : フッ化物洗口実施校におけるう蝕予防効果─歯群別分析および乳歯う蝕と永久歯う蝕の関連性についての分析─, 口腔衛生学会雑誌, Vol.55, No.4, 423, 2005年8月..[著者] ...
閲覧 Masami Yoshioka, Kaname Masuda, Nozomi Yokoyama, Masaaki Yokoyama, Shin-ichi Tanabe, Daisuke Hinode and Daniel Grenier : Contribution of Peptostreptococcus Micros proteases in cytokine response by human gingival fibroblasts, 4th General Annual Meeting of the International Conference on Protease Inhibitors, (巻), (号), (頁), Quebec City, Oct. 2005..[著者] ...
閲覧 吉岡 昌美, 本那 智昭, 福井 誠, 横山 正明, 田部 慎一, 玉谷 香奈子, 横山 希実, 増田 かなめ, 日野出 大輔, 中村 亮 : フッ化物洗口実施校におけるう蝕予防効果, --- 歯群別分析および乳歯う蝕と永久歯う蝕の関連性についての分析 ---, 口腔衛生学会雑誌, Vol.55, No.5, 552-558, 2005年..[著者] ...
閲覧 田部 慎一, 横山 正明, 福井 誠, 本那 智昭, 玉谷 香奈子, 横山 希実, 吉岡 昌美, 森 達哉, 日野出 大輔 : 口腔ケア活動による介護老人福祉施設職員の意識・行動の変化, 口腔衛生学会雑誌, Vol.55, No.5, 630, 2005年10月..[著者] ...
閲覧 Daisuke Hinode, Makoto Fukui, Masaaki Yokoyama, Shin-ichi Tanabe and Masami Yoshioka : Role of Salivary IgA directed to GroEL in Periodontitis Patients., 84th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research, (巻), (号), (頁), Brisbane, June 2006..[著者] ...
閲覧 Daisuke Hinode, Shin-ichi Tanabe, Masaaki Yokoyama, Kenji Fujisawa, Eiji Yamauchi and Youji Miyamoto : Influence of smoking on osseointegrated implant failure: a meta-analysis, Clinical Oral Implants Research, Vol.17, No.4, 473-478, Aug. 2006..[著者] ...
閲覧 横山 正明, 日野出 大輔, 福井 誠, 田部 慎一, 吉岡 昌美, 伊藤 博夫 : 妊婦における歯周疾患と唾液中の女性ホルモンおよび血管内皮増殖因子(VEGF)の関連性, 口腔衛生学会雑誌, Vol.56, No.4, 593, 2006年8月..[著者] ...
閲覧 Makoto Fukui, Daisuke Hinode, Masaaki Yokoyama, Shin-ichi Tanabe and Masami Yoshioka : Salivary immunoglobulin A directed to oral microbial GroEL in patients with periodontitis and their potential protective role., Oral Microbiology and Immunology, Vol.21, No.5, 289-295, 2006..[著者] ...
閲覧 吉岡 昌美, 本那 智昭, 福井 誠, 横山 正明, 田部 慎一, 増田 かなめ, 日野出 大輔, 伊藤 博夫 : 学校歯科健診における歯肉炎の評価についての考察, 口腔衛生学会雑誌, Vol.56, No.5, 723, 2006年10月..[著者] ...
閲覧 Masaaki Yokoyama, Daisuke Hinode, Masami Yoshioka, Makoto Fukui, Shin-ichi Tanabe, Daniel Grenier and Hiro-O Ito : Relationship between Campylobacter rectus and periodontal status during pregnancy., Oral Microbiology and Immunology, Vol.23, No.1, 55-59, 2008..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 1.21, Max(EID) = 372478, Max(EOID) = 996155.