『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 鎌田 伸之

登録情報の数

有効な情報: 89件 + 無効な情報: 7件 = 全ての情報: 96件

全ての有効な情報 (89件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 閲覧 広島大学 …(1)
閲覧 (未定義) …(85)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 井上 志乃, 鎌田 伸之, 横山 和博, 飛梅 悟, 長山 勝, 高野 浩章, 瀧脇 弘嗣, 奈路田 拓史, 香川 征 : 上顎歯肉,陰茎,腎,大腸に生じた異時性4重複癌の1例, 第32回日本口腔外科学会中国四国地方部会, 1984年11月..[著者] ...
閲覧 藤澤 健司, 林 英司, 鎌田 伸之, 長山 勝 : ウサギ口腔粘膜における創傷治癒遅延モデルの作製, 日本口腔粘膜学会雑誌, Vol.4, No.1, 54-62, 1998年..[著者] ...
閲覧 Nobuyuki Kamata, Kazuhiro Yokoyama, Ryoichi Fujimoto, Naohiro Ueda, Eiji Hayashi, Hiroaki Nakanishi and Masaru Nagayama : Growth of normal oral keratinocytes and aquamous cell carcinoma cells in a novel protein-free defined medium, In Vitro Cell. Dev. Biol.-Animal, Vol.35, (号), 635-641, 1999..[著者] ...
閲覧 Naohiro Ueda, Nobuyuki Kamata, Eiji Hayashi, Kazuhiro Yokoyama, Toshiaki Hoteiya and Masaru Nagayama : Effects of an anti-angiogenic agent, TNP-470, on the growth of oral squamous cell carcinomas, Oral Oncology, Vol.35, No.6, 554-560, 1999..[著者] ...
閲覧 新田 幸司, 林 英司, 藤澤 健司, 鎌田 伸之, 長山 勝, 石丸 直澄, 林 良夫 : エナメル上皮線維歯牙腫の2例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.46, No.8, 481-483, 2000年..[著者] ...
閲覧 野田 佳子, 藤澤 健司, 小積 麻衣子, 鎌田 伸之, 長山 勝, 林 良夫 : 下顎骨に発生した形質細胞腫の1例, 第29回日本口腔外科学会中国四国地方会, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 林 英司, 藤澤 健司, 鎌田 伸之, 長山 勝 : 口腔顎頗面外科におけるバイポーラシザーズ(Power Star) の使用経験, 第54回日本口腔科学会総会, (巻), (号), (頁), 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 新田 幸司, 桃田 幸弘, 里村 一人, 林 英司, 鎌田 伸之, 長山 勝, 柳 久美子, 林 良夫 : 口腔白板症の臨床病理学的検討, 第10回日本口腔粘膜学会総会, (巻), (号), (頁), 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 桃田 幸弘, 野田 佳子, 里村 一人, 鎌田 伸之, 長山 勝, 石丸 直澄 : 上顎洞に発症したアスペルギルス症の2例-PCR法を用いた遺伝子診断-, 第45回日本口腔外科学会総会, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 山之内 浩司, 布袋屋 智朗, 鎌田 伸之, 桃田 幸弘, 久米 景子, 林 英司, 長山 勝 : 生体吸収性ポリーL乳酸(PLLA)骨接合ミニプレートによる下顎骨骨折の治療経験, 第20回日本口腔インプラント学会中国・四国支部総会・学術大会, (巻), (号), (頁), 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 林 英司, 里村 一人, 藤澤 健司, 鎌田 伸之, 長山 勝 : 口腔顎顔面手術におけるバイポーラシザーズの使用経験, 歯界展望, Vol.98, No.5, 1141-1144, 2001年..[著者] ...
閲覧 桃田 幸弘, 鎌田 伸之, 里村 一人, 長山 勝 : 上顎洞アスペルギルス症の原因菌種の同定-PCR法を用いた検索-, 第30回(社)日本口腔外科学会中国・四国地方会, (巻), (号), (頁), 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 藤澤 健司, 増田 尚子, 飛梅 悟, 舘原 誠晃, 桃田 幸弘, 林 英司, 鎌田 伸之, 長山 勝 : 下顎骨関節突起骨折の臨床統計的検討, 第3回口腔顎顔面外傷研究会, (巻), (号), (頁), 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 藤澤 健司, 住友 孝史, 合田 大亮, 友成 真弓, 小積 麻衣子, 鎌田 伸之, 長山 勝 : 当科における顎関節症患者の臨床統計的検討, 第14回日本顎関節学会総会, (巻), (号), (頁), 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 北岡 栄一郎, 里村 一人, 久米 景子, 西庄 佐智子, 林 英司, 鎌田 伸之, 長山 勝, 帯刀 益夫 : SV40T抗原トランスジェニツクマウス肋軟骨由来の軟骨細胞株の樹立とその性状, 第74回日本組織培養学会, (巻), (号), (頁), 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 Kazuhiro Yokoyama, Nobuyuki Kamata, Eiji Hayashi, Tomoaki Hoteiya, Naohiro Ueda, Ryouichi Fujimoto and Masaru Nagayama : Reverse correlation of E-cadherin and snail expression in oral squamous cell carcinoma cells in vitro, Oral Oncology, Vol.37, No.1, 65-71, 2001..[著者] ...
閲覧 Ryoichi Fujimoto, Nobuyuki Kamata, Kazuhiro Yokoyama, Naohiro Ueda, Kazuhito Satomura, Eiji Hayashi and Masaru Nagayama : Expression of telomerase components in oral keratinocytes and squamous cell carcinoma, Oral Oncology, Vol.37, No.2, 132-140, 2001..[著者] ...
閲覧 鎌田 伸之, 二宮 雅美, 藤本 良一, 友成 真弓, 永田 俊彦, 長山 勝 : 智歯·埋伏歯の移植術へのエムドゲインの応用, 第55回日本口腔科学会総会, (巻), (号), (頁), 2001年4月..[著者] ...
閲覧 鎌田 伸之, 二宮 雅美, 東 智子, 藤本 良一, 永田 俊彦, 長山 勝 : 智歯·埋伏歯の移植歯への応用, 四国歯学会 第25回例会·第20回総会, (巻), (号), (頁), 2001年6月..[著者] ...
閲覧 野田 佳子, 桃田 幸弘, 里村 一人, 鎌田 伸之, 石丸 直澄, 長山 勝 : 上顎洞に発症したアスペルギルス症の1例 : 血清学的検査の有用性についての考察, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.47, No.12, 811-814, 2001年..[著者] ...
閲覧 細川 浩良, 横山 和博, 武知 正晃, 里村 一人, 鎌田 伸之, 長山 勝 : 再生不良性貧血を合併した上顎洞癌の1例, 第50回日本口腔科学会中国四国地方部会, 2002年(0月)..[著者] ...
閲覧 瀧 雅行, 鎌田 伸之, 横山 和博, 藤本 良一, 堤 聡, 友成 真弓, 長山 勝 : 扁平上皮癌細胞における上皮間葉移行によるWnt-4及びWnt-5a遺伝子発現の変化, 第75回日本組織培養学会, 2002年5月..[著者] ...
閲覧 瀧 雅行, 湯淺 哲也, 鎌田 伸之, 日比 弓紀子, 長山 勝 : Bernard-Soulier症候群患者の抜歯の1例, 第31回日本口腔外科学会中・四国地方会, 2002年6月..[著者] ...
閲覧 山之内 浩司, 宮本 洋二, 桃田 幸弘, 久米 景子, 鎌田 伸之 : 舌体深部へのボディーピアス迷入の1例, 第31回日本口腔外科学会中・四国地方会, (巻), (号), (頁), 2002年6月..[著者] ...
閲覧 藤本 良一, 鎌田 伸之, 横山 和博, 瀧 雅行, 友成 真弓, 堤 聡, 山之内 浩司, 長山 勝 : テロメラーゼ遺伝子導入による不死化ヒト口腔粘膜上皮細胞の樹立, 日本口腔粘膜学会雑誌, Vol.8, No.1, 1-8, 2002年..[著者] ...
閲覧 藤本 良一, 鎌田 伸之, 瀧 雅行, 友成 真弓, 横山 和博, 長山 勝, 安本 茂 : ヒト正常上皮細胞の老化,不死化におけるテロメラーゼ関連遺伝子の発現, 第12回日本口腔粘膜学会, 2002年7月..[著者] ...
閲覧 藤澤 健司, 飛梅 悟, 鎌田 伸之, 長山 勝, 山之内 浩司 : 高度な骨性癒着をきたした顎関節強直症の1例, 日本顎関節学会雑誌, Vol.14, No.2, 222-226, 2002年..[著者] ...
閲覧 中西 宏彰, 住友 孝史, 徳山 麗子, 里村 一人, 鎌田 伸之, 長山 勝, 金川 泰彦, 南 満芳, 橋本 隆 : 広範な口腔粘膜病変を初発症状とした腫瘍随伴性天疱瘡の1例, 日本口腔粘膜学会雑誌, Vol.8, No.2, 68-74, 2002年..[著者] ...
閲覧 鎌田 伸之, 北岡 栄一郎, 山之内 浩司, 桃田 幸弘, 林 良夫, 長山 勝 : 6歳児の下顎骨に発生した若年性(侵襲性)化骨性線維腫の1例, 小児口腔外科雑誌, Vol.12, No.2, 25-28, 2002年..[著者] ...
閲覧 藤澤 健司, 宮本 洋二, 鎌田 伸之, 長山 勝, 松本 文博 : クローズドロックに対するパンピング·マニピュレーション,上関節腔洗浄療法について, 四国歯学会雑誌, Vol.15, No.2, 243-250, 2003年..[著者] ...
閲覧 二宮 雅美, 赤澤 佳代子, 里村 一人, 鎌田 伸之, 長山 勝, 森山 啓司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 : 慢性根尖性歯周炎の進行に伴って形成されたセメント質過形成症, 四国歯学会雑誌, Vol.15, No.2, 263-269, 2003年..[著者] ...
閲覧 Kazuhiro Yokoyama, Nobuyuki Kamata, Ryoichi Fujimoto, Seiji Tsutsumi, Mayumi Tomonari, Masayuki Taki, Hiroyoshi Hosokawa and Masaru Nagayama : Increased invasion and matrix metalloproteinase-2 expression by Snail-induced mesenchymal transition in squamous cell carcinomas., International Journal of Oncology, Vol.22, No.4, 891-898, 2003..[著者] ...
閲覧 藤澤 健司, 住友 孝史, 舘原 誠晃, 宮本 洋二, 鎌田 伸之, 長山 勝 : 下顎骨関節突起骨折の臨床的検討, 日本顎関節学会雑誌, Vol.15, No.1, 18-23, 2003年..[著者] ...
閲覧 Hiroaki Nakanishi, Kazuhito Satomura, Nobuyuki Kamata and Masaru Nagayama : Measurement of protoporphyrin_ IX enhancement in ALA-PDT with a blue-Violet diode laser and fibro-optic spectrometer, 9th World Congress of The International Photodynamic Association, Miyazaki, May 2003..[著者] ...
閲覧 瀧 雅行, 鎌田 伸之, 横山 和博, 長山 勝 : 扁平上皮癌細胞における上皮・間葉移行による悪性化とその分子機構, 第76回日本組織培養学会, 2003年5月..[著者] ...
閲覧 Hiroaki Nakanishi, Kazuhiro Yokoyama, Kazuhito Satomura, Nobuyuki Kamata and Masaru Nagayama : Measurement of photoporphyrin IX enhancement in ALA-PDT with a blue-violet clode laser and fibro-optic spectrometer, (誌名), (巻), (号), (頁), Miyazaki, May 2003..[著者] ...
閲覧 宮本 洋二, 舘原 誠晃, 藤澤 健司, 北岡 栄一郎, 湯淺 哲也, 鎌田 伸之, 長山 勝, 山内 英嗣 : 垂直的歯槽骨延長と即時荷重インプラントによって機能回復を図った外傷性歯槽骨欠損の1例, 日本口腔顎顔面外傷雑誌, Vol.22, No.1, 15-21, 2003年..[著者] ...
閲覧 Ryoichi Fujimoto, Nobuyuki Kamata, Masayuki Taki, Mayumi Tomonari, Masaru Nagayama and S Yasumoto : Gene expression of telomerase related proteins in human normal oral and ectocervical epithelial cells, Oral Oncology, Vol.39, No.5, 445-452, 2003..[著者] ...
閲覧 Masayuki Taki, Nobuyuki Kamata, Kazuhiro Yokoyama, Ryoichi Fujimoto, Satoshi Tsutsumi and Masaru Nagayama : Down-regulation of Wnt-4 and up-regulation of Wnt-5a expression by epithelial-mesenchymal transition in human squamous carcinoma cells, Cancer Science, Vol.94, No.7, 593-597, 2003..[著者] ...
閲覧 北岡 栄一郎, 鎌田 伸之, 山之内 浩司, 藤澤 健司, 林 良夫, 長山 勝 : 顎関節に発生した滑膜性軟骨腫症の1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.49, No.8, 513-516, 2003年..[著者] ...
閲覧 瀧 雅行, 鎌田 伸之, 横山 和博, 堤 聡, 友成 真弓, 長山 勝 : 扁平上皮癌細胞の上皮・間葉移行におけるSnailとTGF-βシグナルのクロストーク, 第62回日本癌学会総会, 2003年9月..[著者] ...
閲覧 横山 和博, 鎌田 伸之, 瀧 雅行, 堤 聡, 友成 真弓, 長山 勝 : 扁平上皮癌細胞におけるSnail発現に村するサイトカインの影響, 第62回日本癌学会総会, 2003年9月..[著者] ...
閲覧 堤 聡, 鎌田 伸之, 丸岡 豊, 中久木 康一, 榎本 昭二, 小村 健, 天笠 光雄, 長山 勝, 山岡 孝, 板倉 光夫 : 新規骨系統疾患Gnathodiaphyseal Dysplasia遺伝子のポジショナルクローニング, 第48回日本口腔外科学会総会, 2003年10月..[著者] ...
閲覧 横山 和博, 鎌田 伸之, 瀧 雅行, 堤 聡, 友成 真弓, 長山 勝 : 口腔扁平上皮癌における上皮・間葉系移行関連Snailのプロモータ領域の解析, 第48回日本口腔外科学会総会, 2003年10月..[著者] ...
閲覧 瀧 雅行, 鎌田 伸之, 横山 和博, 堤 聡, 友成 真弓, 長山 勝 : 扁平上皮癌細胞における上皮・間葉移行およびTGF-βによるケモカインとその受容体の発現制御, 第48回日本口腔外科学会総会, 2003年10月..[著者] ...
閲覧 藤澤 健司, 横山 和博, 宮本 洋二, 鎌田 伸之, 長山 勝 : 薬物療法を行った顎関節症患者の臨床的検討, 日本顎関節学会雑誌, Vol.15, No.3, 260-265, 2003年..[著者] ...
閲覧 山之内 浩司, 鎌田 伸之, 宮本 洋二, 桃田 幸弘, 北岡 栄一郎 : 舌体部へのピアス迷入の1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.50, No.4, 255-258, 2004年..[著者] ...
閲覧 Satoshi Tsutsumi, Nobuyuki Kamata, J Tamara Vokes, Yutaka Maruoka, Koichi Nakakuki, Shoji Enomoto, Ken Omura, Teruo Amagasa, Masaru Nagayama, Fumiko Saito-Ohara, Johji Inazawa, Maki Moritani, Takashi Yamaoka, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : The novel gene encoding a putative transmembrane protein is mutated in gnathodiaphyseal dysplasia (GDD)., American Journal of Human Genetics, Vol.74, No.6, 1255-1261, 2004..[著者] ...
閲覧 鎌田 伸之, 堤 聡, 丸岡 豊, 中久木 康一, 二宮 雅美, 樺沢 勇司, 山田 俊平, 黒原 一人, 小村 健, 天笠 光雄, 永田 俊彦, 長山 勝, 板倉 光夫 : 顎骨の骨およびセメント質形成病変における遺伝子変異検索, 第58回日本口腔科学会総会, (巻), (号), 132, 2004年5月..[著者] ...
閲覧 瀧 雅行, 鎌田 伸之, 友成 真弓, 長山 勝 : 扁平上皮癌細胞における上皮・間葉移行による悪性度上昇機構の解明, 第77回日本組織培養学会, 2004年5月..[著者] ...
閲覧 武知 正晃, 鎌田 伸之, 久米 景子, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 長山 勝 : 再生不良性貧血患者にみられた異時性口腔多発癌の1例, 日本口腔外科学会雑誌, Vol.50, No.7, 438-441, 2004年..[著者] ...
閲覧 Nobuyuki Kamata, Ryouichi Fujimoto, Mayumi Tomonari, Masayuki Taki, Masaru Nagayama and Shigeru Yasumoto : Immortalization of human dental papilla, dental pulp, periodontal ligament cells and gingival fibroblasts by telomerase reverse transcriptase, Journal of Oral Pathology & Medicine, Vol.33, No.7, 417-423, 2004..[著者] ...
閲覧 瀧 雅行, 鎌田 伸之, 友成 真弓, 長山 勝 : 扁平上皮癌細胞における上皮・間葉移行に伴うWnt-5aの発現誘導の意義, 第63回日本癌学会総会, 2004年9月..[著者] ...
閲覧 湯淺 哲也, 大下 修弘, 鎌田 伸之, 江口 覚, 舘原 誠晃, 里村 一人, 長山 勝 : 顎裂閉鎖術を行った精神発達遅滞患者の 1例, 6th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery,第49回日本口腔外科学会総会, 千葉, 2004年10月..[著者] ...
閲覧 湯淺 哲也, 武知 正晃, 瀧 雅行, 前田 恵利子, 鎌田 伸之, 長山 勝 : Bernard-Soulier症候群患者の抜歯経験, 四国歯学会雑誌, Vol.17, No.2, 253-256, 2005年..[著者] ...
閲覧 前田 恵利子, 里村 一人, 徳山 麗子, 瀧 雅行, 工藤 景子, 山崎 泰文, 鎌田 伸之, 長山 勝 : マウス骨髄問質細胞の歯原性細胞への分化誘導, 第50回(社)日本口腔外科学会総会, (巻), (号), (頁), 2005年10月..[著者] ...
閲覧 前田 恵利子, 里村 一人, 徳山 麗子, 瀧 雅行, 工藤 景子, 山崎 泰文, 鎌田 伸之, 長山 勝 : マウス骨髄間質細胞の歯原性細胞への分化誘導, (誌名), (巻), (号), (頁), 2005年10月..[著者] ...
閲覧 Noriko Mizusawa, Shinya Uchino, Takeo Iwata, Masaru Tsuyuguchi, Yasuyo Suzuki, Tsunenori Mizukoshi, Yoshio Yamashita, Akihiro Sakurai, Shinichi Suzuki, Mutsuo Beniko, Hideki Tahara, Masato Fujisawa, Nobuyuki Kamata, Kenji Fujisawa, Tohru Yashiro, Daisuke Nagao, Golam Md. Hossain, Toshiaki Sano, Shiro Noguchi and Katsuhiko Yoshimoto : Genetic analyses in patients with familial isolated hyperparathyroidism and hyperparathyroidism-jaw tumour syndrome., Clinical Endocrinology, Vol.65, No.1, 9-16, 2006..[著者] ...
閲覧 Kuniko Mizuta, Satoshi Tsutsumi, Hiroshi Inoue, Yukiko Yamashita, Katsutoshi Miyatake, Katsuyuki Miyawaki, Sumihare Noji, Nobuyuki Kamata and Mitsuo Itakura : Molecular characterization of GDD1/TMEM16E, the gene product responsible for autosomal dominant gnathodiaphyseal dysplasia., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.357, No.1, 126-132, 2007..[著者] ...
閲覧 Masaaki Tatsuka, Sunao Sato, Akifumi Kanda, Tomoharu Miki, Nobuyuki Kamata, Shojiro Kitajima, Yasusei Kudo and Takashi Takata : Oncogenic role of nuclear accumulated Aurora-A., Molecular Carcinogenesis, Vol.48, No.9, 810-820, 2009..[著者] ...
閲覧 Véronique Bolduc, Gareth Marlow, M Kym Boycott, Khalil Saleki, Hiroshi Inoue, Johan Kroon, Mitsuo Itakura, Yves Robitaille, Lucie Parent, Frank Baas, Kuniko Mizuta, Nobuyuki Kamata, Isabelle Richard, P Wim H J Linssen, Ibrahim Mahjneh, Marianne Visser de, Rumaisa Bashir and Bernard Brais : Recessive mutations in the putative calcium-activated chloride channel Anoctamin 5 cause proximal LGMD2L and distal MMD3 muscular dystrophies., American Journal of Human Genetics, Vol.86, No.2, 213-221, 2010..[著者] ...
閲覧 V Bolduc, G Marlow, KM Boycott, TC Conte, R Larivière, K Saleki, Hiroshi Inoue, J Kroon, Mitsuo Itakura, Y Robitaille, L Parent, F Baas, K Mizuta, Nobuyuki Kamata, I Richard, WHJP Linssen, I Mahjneh, M Visser de, R Bashir and B Brais : Recessive mutations in the putative calcium-activated chloride channel Anoctamin 5 cause proximal LGMD2L and distal MMD3 muscular dystrophies, The Ottawa Conference on New Directions in Biology & Disease of Skeletal Muscle, (都市), May 2010..[著者] ...
閲覧 V Bolduc, G Marlow, TC Conte, R Larivière, KM Boycott, K Saleki, Hiroshi Inoue, J Kroon, Mitsuo Itakura, Y Robitaille, L Parent, F Baas, K Mizuta, Nobuyuki Kamata, I Richard, WHJP Linssen, I Mahjneh, M Visser de, R Bashir and B Brais : Recessive mutations in the putative calcium-activated chloride channel Anoctamin 5 cause proximal LGMD2L and distal MMD3 muscular dystrophies, 5th International Congress of the World Muscle Society, (都市), Oct. 2010..[著者] ...
閲覧 Hiroko Hatano, Hideo Shigeishi, Yasusei Kudo, Koichiro Higashikawa, Kei Tobiume, Takashi Takata and Nobuyuki Kamata : RHAMM/ERK interaction induces proliferative activities of cementifying fibroma cells through a mechanism based on the CD44-EGFR., Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.91, No.3, 379-391, 2010..[著者] ...
閲覧 Thao Phuong Nguyen, Yasusei Kudo, Maki Yoshida, Nobuyuki Kamata, Ikuko Ogawa and Takashi Takata : N-cadherin expression is involved in malignant behavior of head and neck cancer in relation to epithelial-mesenchymal transition., Histology and Histopathology, Vol.26, No.2, 147-156, 2011..[著者] ...
閲覧 Hiroko Hatano, Hideo Shigeishi, Yasusei Kudo, Koichiro Higashikawa, Kei Tobiume, Takashi Takata and Nobuyuki Kamata : Overexpression of receptor for hyaluronan-mediated motility (RHAMM) in MC3T3-E1 cells induces proliferation and differentiation through phosphorylation of ERK1/2., Journal of Bone and Mineral Metabolism, (巻), (号), (頁), 2011..[著者] ...
閲覧 波多野 寛子, 重石 秀生, 工藤 保誠, 東川 晃一郎, 飛梅 圭, 高田 隆, 鎌田 伸之 : 骨形成線維腫の病態解明への基礎研究, 組織培養研究, Vol.30, No.2-4, 135-143, 2012年..[著者] ...
閲覧 H Hatano, Yasusei Kudo, I Ogawa, H Shimasue, H Shigeishi, K Ohta, K Higashikawa, Masaaki Takechi, Takashi Takata and Nobuyuki Kamata : Establishment of mesenchymal cell line derived from human developing odontoma., Oral Diseases, (巻), (号), (頁), 2012..[著者] ...
閲覧 PT Nguyen, 犬伏 俊博, 常松 貴明, 工藤 保誠, 鎌田 伸之, 小川 郁子, 高田 隆 : FGFR-1 inhibitor PD173074 induces mesenchymal-epithelial tramsition through suppression of AP-1 in Head and Neck Squamous Cell Carcinoma, 第23回日本臨床口腔病理学会, (巻), (号), (頁), 2012年9月..[著者] ...
閲覧 Hiroko Hatano, Ikuko Ogawa, Hideo Shigeishi, Yasusei Kudo, Kouji Ohta, Koichiro Higashikawa, Masaaki Takechi, Takashi Takata and Nobuyuki Kamata : Expression of receptor for hyaluronan-mediated motility (RHAMM) in ossifying fibromas., Histology and Histopathology, Vol.28, No.4, 473-480, 2013..[著者] ...
閲覧 中西 宏彰, 徳山 麗子, 藤澤 健司, 里村 一人, 鎌田 伸之, 長山 勝 : 光線力学療法を応用した口腔粘膜多発癌の1例, 第58回日本口腔科学会総会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 友成 真弓, 鎌田 伸之, 横山 和博, 瀧 雅行, 堤 聡, 長山 勝 : 口腔粘膜再構成三次元培養系における口腔癌の浸潤能に及ぼすMT1-MMPおよびMMP-2の作用, 第58回日本口腔科学会総会, (年月日)..[著者] ...
閲覧 藤澤 健司, 湯淺 哲也, 鎌田 伸之, 宮本 洋二, 長山 勝, 北瀬 由紀子, 掘内 信也, 森山 啓司 : 口唇口蓋裂に伴う上顎劣成長に対し,RED systemを用いて骨延長を行った2例, 第14回日本顎変形症学会総会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 瀧 雅行, 鎌田 伸之, 友成 真弓, 堤 聡, 長山 勝 : 扁平上皮痛細胞における上皮・間葉移行によるETS-1の発現誘導とその意義, 第58回日本口腔科学会総会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 中西 宏彰, 里村 一人, 桃田 幸弘, 鎌田 伸之, 長山 勝 : 5-ALAと青紫色ダイオードレーザーを用いた口腔癌蛍光診断システムの開発, 第14回日本光線力学学会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 前田 恵利子, 北岡 栄一郎, 鎌田 伸之, 山之内 浩司, 藤澤 健司, 桃田 幸弘, 瀧 雅行, 長山 勝 : 細胞生物学的研究を行った顎関節滑膜性軟骨腫症の1例, 第33回日本口腔外科学会地方会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 友成 真弓, 鎌田 伸之, 瀧 雅行, 長山 勝 : 口腔癌の3次元浸潤能におけるMTl-MMP/MMP2系を介した上皮間葉相互作用の検討, 第41回日本口腔組織培養学会総会, (年月日)..[著者] ...
閲覧 瀧 雅行, 鎌田 伸之, 横山 和博, 藤本 良一, 友成 真弓, 細川 浩良, 長山 勝 : 扁平上皮癌細胞における上皮・間葉移行機構およびTGF-βシグナルによるMMP-2の発現制御, 第57回日本口腔科学会総会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 山之内 浩司, 鎌田 伸之, 桃田 幸弘, 北岡 栄一郎, 久米 景子, 長山 勝 : 抗凝固剤維持量投与下における観血的処置の検討, 第57回日本口腔科学会総会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 北岡 栄一郎, 鎌田 伸之, 桃田 幸弘, 山之内 浩司, 藤澤 健司, 瀧 雅行, 林 良夫, 長山 勝 : 顎関節に発症した滑膜性軟骨腫症の1例, 第57回日本口腔科学会総会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 藤澤 健司, 横山 和博, 宮本 洋二, 鎌田 伸之, 長山 勝 : 薬物療法を行った顎関節症患者の臨床統計的検討, 第16回日本顎関節学会総会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 北岡 栄一郎, 中西 宏彰, 宮本 洋二, 鎌田 伸之, 林 良夫, 長山 勝 : 長期にわたり経過覿察を行っている先天性舌リンパ管腫の1例, 第15回日本小児口腔外学会, (年月日)..[著者] ...
閲覧 Tetsuya Yuasa, Youji Miyamoto, Yukihiro Momota, Nobuyuki Kamata, Masaru Nagayama, Masayuki Kon and Kunio Ishikawa : Effects of sintered apatite, apatite cement on differentiation of human immortalized dental papilla cells, 3rd Asian BioCeramic Symposium(ABC 2003)in conjunction with Hard-Tissue Nano-Biomaterials Symposium 2003, (巻), (号), (頁), Fukuoka, (年月日)..[著者] ...
閲覧 藤本 良一, 鎌田 伸之, 堤 聡, 友成 真弓, 瀧 雅行, 横山 和博, 長山 勝, 安本 茂 : テロメラーゼ導入によるヒト正常歯乳頭,歯髄,歯根膜および歯肉線維芽細胞の不死化, 第56回日本口腔科学会総会, (年月日)..[著者] ...
閲覧 中西 宏彰, 藤澤 健司, 里村 一人, 横山 和博, 鎌田 伸之, 長山 勝 : 放射線治療後に光線力学療法(PDT)を応用した頬粘膜癌の1例, 第51回日本口腔科学会中国四国地方部会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 北岡 栄一郎, 鎌田 伸之, 横山 和博, 藤本 良一, 瀧 雅行, 長山 勝 : 細胞生物学的検討を行った舌軟骨腫の1例, 第56回日本口腔科学会総会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 藤澤 健司, 飛梅 悟, 宮本 洋二, 鎌田 伸之, 長山 勝 : 関節突起骨折患者の臨床統計的観察, 第15回日本顎関節学会総会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 中西 宏彰, 住友 孝史, 横山 和博, 藤澤 健司, 宮本 洋二, 鎌田 伸之, 長山 勝 : 下顎骨骨折線上の歯に関する臨床統計学的検討, 第2回日本外傷歯学会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...
閲覧 北岡 栄一郎, 鎌田 伸之, 山之内 浩司, 桃田 幸弘, 林 良夫, 長山 勝 : 6歳児の下顎骨に発生した若年性(侵襲性)化骨性線維種の1例, 第14回日本小児口腔外科学会, (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 1.38, Max(EID) = 383943, Max(EOID) = 1026867.