『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 梅野 真由美

登録情報の数

有効な情報: 24件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 26件

全ての有効な情報 (24件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(8)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(8)
閲覧 (未定義) …(16)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 喜多 知子, 森田 秀芳, 梅野 真由美, 喜多 青三, 下村 滋 : 臨床応用を目的とした誘導結合プラズマ発光分析法による血清中微量元素の多元素同時分析, 分析化学, Vol.38, No.11, 547-552, 1989年..[著者] ...
閲覧 喜多 知子, 中村 観善, 磯部 淳一, 藤井 正信, 齋藤 憲, 香川 典子, 松浦 千惠子, 梅野 真由美, 細井 英司, 百瀬 圭三, 大西 敏男, 吉野 富雄, 長澤 秀行, 岡 三希生, 姫野 國祐 : 医療技術短期大学部衛生技術学科,臨床検査技師学校及び大学衛生学科における基礎及び臨床専門科目の実習に関する実態調査, 平成2年度 教育研究方法等改善経費研究成果報告書, (巻), (号), 131-133, (都市), 1991年3月..[著者] ...
閲覧 喜多 知子, 中村 観善, 磯部 淳一, 藤井 正信, 斎藤 憲, 香川 典子, 松浦 千恵子, 梅野 真由美, 細井 英司, 百瀬 圭三, 大西 敏男, 吉野 富雄, 長澤 秀行, 岡 三希生, 姫野 國祐 : 臨床検査技師養成施設における基礎·臨床専門科目の実習に関する調査, 徳島大学医療技術短期大学部紀要, Vol.1, (号), 175-219, 1991年..[著者] ...
閲覧 Hideyoshi Morita, Tomoko Kita, Mayumi Umeno, Masatoshi Morita, Jun Yoshinaga and Kensaku Okamoto : Analysis of serum elements and the contamination from devices used for serum preparation by inductively coupled plasma mass spectrometry, The Science of the Total Environment, Vol.151, No.1, 9-17, 1994..[著者] ...
閲覧 藤井 正信, 梅野 真由美, 香川 典子, その他9名 : 薬害による災害とその防止対策,廃液の分別収集, 感染予防と危険防止のマニュアル, (巻), (号), 13-26, 1995年4月..[著者] ...
閲覧 喜多 知子, 梅野 真由美, 岸田 望, 林 恵子, 岡本 留美, 森田 秀芳 : イオンクロマトグラフィーによる血清中陰イオンの測定に関する研究Ⅰ, 徳島県臨床衛生検査技師会誌, Vol.33, No.1, 7-10, 1996年..[著者] ...
閲覧 藤井 正信, 梅野 真由美, 香川 典子, その他9名 : 徳島大学医療技術短期市部における感染予防と危険防止マニュアル, --- 担当部分タイトル:薬品による災害とその防止対策,廃液の分別収集 ---, 平成7年度 カリキュラム改革調査研究経費研究成果報告書, (巻), (号), 13-26, (都市), 1996年3月..[著者] ...
閲覧 森田 秀芳, 喜多 知子, 梅野 真由美, 北川 晋士, 田中 秀治, 下村 滋 : 医療器具類から溶出してくる元素の分析とその解析, 第57回 分析化学討論会, (巻), (号), (頁), 1996年5月..[著者] ...
閲覧 森田 秀芳, 喜多 知子, 梅野 真由美, 田中 秀治, 岡本 研作 : 血液保存用及び高カロリー輸液用プラスチック容器からの元素の溶出, 分析化学, Vol.45, No.12, 1101-1105, 1996年..[著者] ...
閲覧 梅野 真由美, 喜多 知子, 森田 秀芳, 喜多 青三, 東条 浩 : 健常者および透析患者血清における遊離型と原血清中元素濃度の研究, 日本臨床化学会四国支部会誌, Vol.15, No.1, 59-66, 1998年..[著者] ...
閲覧 梅野 真由美, 喜多 知子, 浜口 記久子, 岸 美佐子, 浜井 悟, 井上 千尋, 志摩 重美子, 阿部 房江 : 臨床化学検査に及ぼすビタミンC投与の影響, 徳島大学医療技術短期大学部紀要, Vol.10, 199-210, 2000年..[著者] ...
閲覧 閻 洪涛, 新家 利一, 陳 剛, 木下 桂午, 梅野 真由美, 佐藤 陽一, 中堀 豊 : ヒトSOX15の機能に関する研究, 第228回徳島医学会学術集会, 2003年2月..[著者] ...
閲覧 佐藤 陽一, 新家 利一, 陳 剛, 閻 洪涛, 坂本 梢, 楊 新軍, 梅野 真由美, 中堀 豊 : 性分化と精子形成機構に対するプロテオミクスからのアプローチ, 四国医学雑誌, Vol.60, No.5-6, 168-171, 2004年..[著者] ...
閲覧 Hong-Tao Yan, Toshikatsu Shinka, Keigo Kinoshita, Youichi Sato, Mayumi Umeno, Gang Chen, Keiko Tsuji, Yukiko Unemi, Xin-Jun Yang, Teruaki Iwamoto and Yutaka Nakahori : Molecular analysis of TBL1Y, a Y-linked homologue of TBL1X related with X-linked late-onset sensorineural deafness, Journal of Human Genetics, Vol.50, No.4, 175-181, 2005..[著者] ...
閲覧 Xin-Jun Yang, Toshikatsu Shinka, Shinka Nozawa, Hong-Tao Yan, Miki Yoshiike, Mayumi Umeno, Youichi Sato, Gang Chen, Teruaki Iwamoto and Yutaka Nakahori : Survey of the two polymorphisms in DAZL, an autosomal candidate for the azoospermic factor, in Japanese infertile men and implications for male infertility, Molecular Human Reproduction, Vol.11, No.7, 513-515, 2005..[著者] ...
閲覧 勢井 雅子, 棟方 百熊, 田中 久子, 梅野 真由美, 野村 以徂子, 中野 卓郎, 佐藤 陽一, 吉田 友紀子, 坂本 梢, BinhTran Quang, 元木 良江, 湯浅 京子, 雄西 智惠美, 新家 利一, 中堀 豊 : 地域・学校と連携した生活習慣病予防事業の実践, 四国公衆衛生学会雑誌, Vol.51, No.1, 29-30, 2006年(0月)..[著者] ...
閲覧 中野 卓郎, 新家 利一, 佐藤 陽一, 勢井 雅子, 木下 桂午, 中堀 豊, 梅野 真由美 : 生活習慣病の発病リスクと遺伝的要因, 四国医学雑誌, Vol.62, (号), 85, 2006年(0月)..[著者] ...
閲覧 Mayumi Umeno, Toshikatsu Shinka, Youichi Sato, Xin-Jun Yang, Yoshinobu Baba, Teruaki Iwamoto and Yutaka Nakahori : A rapid and simple system of detecting deletions on the Y chromosome related with male infertility using multiplex PCR, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1,2, 147-152, 2006..[著者] ...
閲覧 Keigo Kinoshita, Toshikatsu Shinka, Youichi Sato, Hiroki Karahashi, Hiroe Kowa, Gang Chen, Mayumi Umeno, Kazunori Toida, Emi Kiyokage, Takuro Nakano, Susumu Ito and Yutaka Nakahori : Expression analysis of a mouse orthologue of HSFY, a candidate for the azoospermic factor on the human Y chromosome, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1,2, 117-122, 2006..[著者] ...
閲覧 Takuro Nakano, Toshikatsu Shinka, Masako Sei, Youichi Sato, Mayumi Umeno, Kozue Sakamoto, Isoko Nomura and Yutaka Nakahori : A/G heterozygote of the A-3826G polymorphism in the UCP-1 gene has higher BMI than A/A and G/G homozygote in young Japanese males, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.3,4, 218-222, 2006..[著者] ...
閲覧 坂本 梢, 佐藤 陽一, 新家 利一, 勢井 雅子, 野村 以徂子, 梅野 真由美, エヴィス アシュラフ, 中堀 豊 : プロテオミクス解析,遺伝子発現解析で見出された肥満関連因子の脂肪分化に関わる機序の解析, 第53回日本人類遺伝学会, 2008年9月..[著者] ...
閲覧 Kozue Sakamoto, Youichi Sato, Toshikatsu Shinka, Masako Sei, Isoko Nomura, Mayumi Umeno, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS and Yutaka Nakahori : Proteasome subunits mRNA expressions correlate with male BMI; implications for a role in obesity, Obesity, Vol.17, No.5, 1044-1049, 2009..[著者] ...
閲覧 Hokuma Munakata, Masako Sei, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS, Mayumi Umeno, Youichi Sato, Takuro Nakano, Kozue Sakamoto, Yukiko Yoshida, Chiemi Onishi and Yutaka Nakahori : Prediction of Japanese children at risk for complications of childhood obesity: gender differences for intervention approaches., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.1-2, 62-68, 2010..[著者] ...
閲覧 Tomomi Iba, Yuya Yano, Mayumi Umeno, Kenji Hinokio, Akira Kuwahara, Minoru Irahara, Shuji Yamano and Toshiyuki Yasui : Roscovitine in combination with calcium ionophore induces oocyte activation through reduction of M-phase promoting factor activity in mice., Zygote, Vol.20, No.4, 321-325, 2011..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 1.12, Max(EID) = 383369, Max(EOID) = 1024705.