『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 久保 均

登録情報の数

有効な情報: 79件 + 無効な情報: 5件 = 全ての情報: 84件

全ての有効な情報 (79件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(22)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(22)
閲覧 (未定義) …(54)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 中西 篤, 井村 三奈恵, 畑 辰司, 上永 裕之, 大山 泰, 久保 均 : X線撮影室の待ち行列理論の適応, 日本放射線技師会雑誌, Vol.39, No.1, 45-54, 1992年..[著者] ...
閲覧 久保 均, 紀ノ定 保臣, 松島 秀, 荒木 昭信 : SE,FSE,SE-EPIにおける横緩和時間の定量的検討, 日本磁気共鳴医学会雑誌, Vol.17, No.2, 84-93, 1997年..[著者] ...
閲覧 久保 均, 森谷 浩人, 佐久間 肇, 荒木 昭信, 竹田 寛 : 心臓用4チャンネルフェイズドアレイコイルの評価 -S/N比改善の定量的検討-, 日本磁気共鳴医学会雑誌, Vol.18, No.4, 220-226, 1998年..[著者] ...
閲覧 Hitoshi Kubo, Hajime Sakuma, Hiroaki Maki, Genji Asanuma, Noriyuki Katoh, Akinobu Araki and Kan Takeda : Clinical Usefulness of Contrast Enhanced 3D-MR Angiography using Automated Stepping Table Method., International Society for Magnetic Resonance in Medicine 7th Scientific Meeting & Exhibition, Philadelphia, May 1999..[著者] ...
閲覧 高野 勝弘, 松村 要, 渡辺 ゆり, 山田 剛, 久保 均, 内藤 寛, 成田 有吾, 葛原 茂樹 : ドパミントランスポータイメージング剤123I-FP-CITの第1相臨床試験(第1報), --- -体内薬物動態と吸収線量の検討- ---, 核医学, Vol.36, No.7, 735-744, 1999年..[著者] ...
閲覧 本村 信篤, 市原 隆, 高山 卓三, 青木 茂, 久保 均, 竹田 寛 : 123Iイメージングにおける高エネルギーガンマ線による散乱成分の除去方法, 核医学, Vol.36, No.9, 997-1005, 1999年..[著者] ...
閲覧 高野 勝弘, 松村 要, 渡辺 ゆり, 山田 剛, 久保 均, 内藤 寛, 成田 有吾, 葛原 茂樹, 竹田 寛 : ドパミントランスポータイメージング剤123I-FP-CITの第1相臨床試験(第2報), --- -脳組織中放射能濃度の分析- ---, 核医学, Vol.36, No.9, 1013-1022, 1999年..[著者] ...
閲覧 宮地 利明, 安彦 茂, 大久 敏弘, 小倉 明夫, 久保 均, 瀧澤 修, 竹田 浩泰, 土橋 俊男, 土井 司, 中野 努 : 学術調査研究班報告 MRI装置の性能評価法の検討, 日本放射線技術学会雑誌, Vol.55, No.12, 1167-1179, 1999年..[著者] ...
閲覧 Hitoshi Kubo, H Sakuma, N Kawada, A Nozaki, H Kabasawa, K Nagasawa and K Takeda : Quantitative Evaluation of Contrast Enhancement in the Normal Myocardium using a Fast Myocardial Perfusion Sequence with Echo-Planar Readouts., International Society for Magnetic Resonance in Medicine 8th Scientific Meeting & Exhibition, Colorado, (month)2000..[著者] ...
閲覧 原田 雅史, 久保 均, 米田 和英, 森田 奈緒美, 大塚 秀樹, 西谷 弘 : 生体内における代謝,拡散,緩和時間の測定とその臨床的意義, 日本磁気共鳴学会雑誌, Vol.21, No.4, 121-127, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 Hajime Sakuma, Nanaka Kawada, Hitoshi Kubo, Yoshiya Nishide, Katsuhiro Takano, Noriyuki Kato and Kan Takeda : Effect of Breath Holding on blood flow measurement using fast velocity encoded cine MRI., Magnetic Resonance in Medicine, Vol.45, No.2, 346-348, 2001..[著者] ...
閲覧 Hitoshi Kubo, Masayuki Maeda, K Yata, M Hayashi, Hajime Sakuma and Kan Takeda : High B Value Diffusion MR Imaging: A Comparison of Apparent Diffusion Coefficients (ADCs) Values Between Two-point and Multi-point Analyses., International Society for Magnetic Resonance in Medicine 9th Scientific Meeting & Exhibition, Glasgow, April 2001..[著者] ...
閲覧 Hitoshi Kubo, Masayuki Maeda and Akinobu Araki : A Comparison of Apparent Diffusion Coefficients (ADCs) Values between Two-point and Multi-point Analyses using High B Value Diffusion MR Imaging., Japanese Journal of Radiological Technology, Vol.57, No.6, 634-638, 2001..[著者] ...
閲覧 八木 浩史, 久保 均, 竹川 佳宏, 黒田 トクエ : 医療用線量標準四国地区センター報告(26), 日本医学放射線学会第26回医療用標準線量研究会(名古屋) 2001,医用標準線量, Vol.6, No.2, 48-49, 2001年8月..[著者] ...
閲覧 八木 浩史, 久保 均, 黒田 トクエ, 竹川 佳宏 : 医療用線量標準四国地区センターの現状ー「医療用線量標準四国地区センター」からの報告ー, 徳島大学医療技術短期大学部紀要, Vol.11, 7-13, 2001年..[著者] ...
閲覧 笠井 俊文, 土井 司, 久保 均 : 放射線技術学シリーズ MR撮像技術学, 株式会社 オーム社, 東京, 2001年12月..[著者] ...
閲覧 原田 雅史, 住谷 さつき, 久保 均, 岡田 稔子, 西谷 弘, 大森 哲郎 : 強迫性障害におけるproton MRSによる評価, --- 特にグルタミン酸とグルタミン代謝に対して ---, 日本磁気共鳴医学会雑誌, Vol.22, No.Suppl, 248, 2002年..[著者] ...
閲覧 Hitoshi Kubo, Masafumi Harada, Minoru Sakama and Hiromu Nishitani : Reproducibility of Absolute Metabolite's Concentration Evaluated by Intraclass Correlation Coefficient using Clinical MR Apparatus., International Society for Magnetic Resonance in Medicine 10th Scientific Meeting & Exhibition, Honolulu, May 2002..[著者] ...
閲覧 八木 浩史, 久保 均, 竹川 佳宏, 黒田 トクエ : 医療用線量標準四国地区センター報告(27), 日本医学放射線学会第27回医療用標準線量研究会(千葉) 2002,医用標準線量, Vol.7, No.2, 67-68, 2002年8月..[著者] ...
閲覧 Hitoshi Kubo, Masafumi Harada, Minoru Sakama and Hiromu Nishitani : Reproducibility of Metabolite Concentration Evaluated by Intraclass Correlation Coefficient Using Clinical MR Apparatus., Journal of Computer Assisted Tomography, Vol.27, No.3, 449-453, 2003..[著者] ...
閲覧 Shun Toyota, Hidetoshi Seta, Hitoshi Kubo and M Muramatsu : Relationship between Head Fixation Pins for Radiosurgery and the Skull Bone - Usefulness of a Torque Wrench., Radiation Medicine, Vol.21, No.2, 94-98, 2003..[著者] ...
閲覧 Hitoshi Kubo, Masafumi Harada, Minoru Sakama and Hiromu Nishitani : Reproducibility of Proton MR Spectra Depending on Accuracy of Curve Fitting using LCModel., European Congress of Radiology 2003, (巻), (号), (頁), Wien, (month)2003..[著者] ...
閲覧 Hitoshi Kubo, Masafumi Harada, Minoru Sakama and Hiromu Nishitani : Improvement of Reproducibility by Selection of MRS data Depending on Spectral Quality Expressed by Lower Bounds of Linear Model Curve Fitting., International Society for Magnetic Resonance in Medicine 11th Scientific Meeting & Exhibition, (巻), (号), (頁), Tronto, July 2003..[著者] ...
閲覧 久保 均, 八木 浩史, 竹川 佳宏, 黒田 トクエ : 医療用線量標準四国地区センター報告(28), 日本医学放射線学会第28回医療用標準線量研究会(盛岡) 2003,医療標準線量, Vol.8, No.2, 65-66, 2003年9月..[著者] ...
閲覧 Hitoshi Kubo, Masafumi Harada, Ishikawa M and Hiromu Nishitani : Hemodynamics changes of Liver Cirrhosis measured by Dynamic Contrast Enhanced MRI using Compartment Modeling Analysis., (誌名), (巻), (号), (頁), Kyoto, (month)2004..[著者] ...
閲覧 住谷 さつき, 原田 雅史, 久保 均, 大森 哲郎 : 薬物応答性の異なるOCDのProton MRSによる検討, 第26回 日本生物学的精神医学会, (巻), (号), (頁), 2004年7月..[著者] ...
閲覧 住谷 さつき, 原田 雅史, 久保 均, 大森 哲郎 : 薬物応答性の異なるOCDのProton MRSを用いた検討, 第6回OCD研究会, (巻), (号), (頁), 2004年11月..[著者] ...
閲覧 八木 浩史, 久保 均, 竹川 佳宏, 黒田 トクエ : 医療用線量標準四国地区センター報告2004, 第29回医療用標準線量研究会(千葉) 医用標準線量, Vol.9, No.2, 47-48, 2004年12月..[著者] ...
閲覧 住谷 さつき, 原田 雅史, 久保 均, 大森 哲郎 : 薬物応答性の異なるOCDのprotonMRSを用いた検討, 厚生労働省 精神神経疾患研究委託費 精神疾患における脳の画像解析学的研究, (巻), (号), (頁), 2004年12月..[著者] ...
閲覧 Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Masafumi Harada, Hiromu Nishitani and Hitoshi Kubo : MR Imaging and MR Spectroscopy of Female Intra-Pelvic Tumors:Preliminary Experience at 3.0 Tesla, ISMRM 2005, (巻), (号), (頁), Miami, May 2005..[著者] ...
閲覧 住谷 さつき, 原田 雅史, 久保 均, 田吉 伸哉, 田吉 純子, 木内 佐和子, 上野 修一, 大森 哲郎 : 3T1H-MRSを用いた強迫性障害の脳内代謝物の検討, 強迫性障害の研究7, (巻), (号), 15-21, 2006年(0月)..[著者] ...
閲覧 Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hiromu Nishitani and Hitoshi Kubo : Free-Breathing and High B-Value Diffusion-Weighted MR Images of Hepatic Cavernous Hemangiomas, ISMRM 2006, (巻), (号), (頁), Seattle, May 2006..[著者] ...
閲覧 Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hiromu Nishitani and Hitoshi Kubo : Free-Breathing and High B-Value Diffusion-Weighted MR Images of Solid Pancreatic Tumors and Tumor-Like Lesions, ISMRM 2006, (巻), (号), (頁), Seattle, May 2006..[著者] ...
閲覧 住谷 さつき, 原田 雅史, 久保 均, 田吉 伸哉, 田吉 純子, 木内 佐和子, 上野 修一, 大森 哲郎 : 3T proton MRSを用いたOCDの脳内代謝物の検討, (誌名), (巻), (号), (頁), 2006年9月..[著者] ...
閲覧 佐瀬 卓也, 本田 朋子, 前田 恵理子, 原田 雅史, 久保 均, 三好 弘一, 前澤 博 : 非破壊検査手法を用いる病変モモ果実の検出, 日本放射線安全管理学会 第5回学術大会, (巻), (号), (頁), 2006年12月..[著者] ...
閲覧 Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hiromu Nishitani and Hitoshi Kubo : High b-value diffusion-weighted MR images of biliary tumors and tumor-like lesions, ISMRM_ESMRMB2007, (巻), (号), (頁), Berlin, May 2007..[著者] ...
閲覧 Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hiromu Nishitani and Hitoshi Kubo : Free-breathing and high b-value diffusion-weighted MR images of malignant urinary tract obstruction, ISMRM_ESMRMB2007, (巻), (号), (頁), Berlin, May 2007..[著者] ...
閲覧 Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hiromu Nishitani and Hitoshi Kubo : MR manifestations of endometrial cysts at 3T compared to 1.5T, ISMRM_ESMRMB2007, (巻), (号), (頁), Berlin, May 2007..[著者] ...
閲覧 上野 有美, 佐瀬 卓也, 坂根 仁, 桑原 義典, 入倉 奈美子, 立花 さやか, 三好 弘一, 久保 均, 原田 雅史, 前澤 博 : 非破壊検査手法を用いるモモ果実生理障害の観察, 日本放射線安全管理学会 第6回学術大会, (巻), (号), (頁), 2007年12月..[著者] ...
閲覧 Aoi Matsuoka, Masako Minato, Masafumi Harada, Hitoshi Kubo, Yoshikatsu Bandou, Akira Tangoku, Kiichirou Nakano and Hiromu Nishitani : Comparison of 3.0-and 1.5-tesla diffusion-weighted imaging in the visibility of breast cancer., Radiation Medicine, Vol.26, No.1, 15-20, 2008..[著者] ...
閲覧 Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hitoshi Kubo and Hiromu Nishitani : Magnetic resonance manifestations of endometrial cysts at 3 T compared with 1.5 T, Journal of Computer Assisted Tomography, Vol.32, No.3, 369-371, 2008..[著者] ...
閲覧 Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hitoshi Kubo and Hiromu Nishitani : High-b-value diffusion-weighted magnetic resonance imaging of pancreatic cancer and mass-forming chronic pancreatitis: preliminary results, Acta Radiologica, Vol.49, No.4, 383-386, 2008..[著者] ...
閲覧 Mayumi Takeuchi, Kenji Matsuzaki, Hitoshi Kubo and Hiromu Nishitani : Diffusion-weighted magnetic resonance imaging of urinary epithelial cancer with upper urinary tract obstruction: preliminary results, Acta Radiologica, Vol.49, No.10, 1195-1199, 2008..[著者] ...
閲覧 Kosuke Ohyama, 久保 均, 原田 雅史, Yuji Sasahara, Atsushi Nozaki, Naoyuki Takei, 髙尾 正一郎, 西谷 弘 : 1.5Tと比較した3TにおけるWhole Heart Coronary MRA(WHCA)の検討, 日本放射線技術学会雑誌, Vol.64, No.12, 1540-1546, 2008年..[著者] ...
閲覧 久保 均, 原田 雅史, 前澤 博, 阿部 孝政 : 13C-NMR, 放射線生物研究, Vol.44, No.4, 447-459, 2009年(0月)..[著者] ...
閲覧 久保 均, 原田 雅史, 前澤 博, 阿部 孝政 : 13C-NMR測定による代謝情報可視化の試み, 放射線生物研究, Vol.44, No.4, 447-459, 2009年12月..[著者] ...
閲覧 Masafumi Harada, Hitoshi Kubo, Takamasa Abe, Hiroshi Maezawa and Hideki Otsuka : Selection of endogenous 13C substrates for observation of intracellilar metabolism using the dynamic nuclear polarization technique, Japanese Journal of Radiology, Vol.28, No.2, 173-179, 2010..[著者] ...
閲覧 Hitoshi Kubo, Masafumi Harada, Abe Takamasa, Hiroshi Maezawa and Hiromu Nishitani : Evaluation of the Early Metabolic Response Induced by 5-Fluorouracil on Mouse Mammary Cancer Cells Under Fasting Conditions Using Hyperpolarized 13C-Labeled Pyruvate., Joint Annual Meeting ISMRM-ESMRMB 2010, (巻), (号), (頁), Stockholm, Sweden, May 2010..[著者] ...
閲覧 Masafumi Harada, Hitoshi Kubo, Naomi Morita, Hiromu Nishitani and Matsuda Tsuyoshi : Clinical Significance of Ischemic Hypeointence Findings in Vessels and Tissue in Gradient Echo T2*-Weighted Images at 3 Tesla Evaluated by Simple Visual Estimation in Stroke Patients Treated with Intravenous Rt-PA., Joint Annual Meeting ISMRM-ESMRMB 2010, (巻), (号), (頁), Stockholm, Sweden, May 2010..[著者] ...
閲覧 岩﨑 英隆, 戸田 直紀, 東 貴弘, 高橋 美香, 中村 克彦, 久保 均, 原田 雅史, 大崎 康宏, 武田 憲昭 : 病的共同運動に対するボツリヌス・ミラーバイオフィードバック療法が大脳皮質運動野に与える影響:fMRIによる検討, 第33回日本顔面神経研究会, 2010年5月..[著者] ...
閲覧 Hirokazu Iwasaki, Hitoshi Kubo, Masafumi Harada and Hiromu Nishitani : Temporomandibular joint and 3.0T pseudodynamic magnetic resonance imaging. Part 1: evaluation of condylar and disc dysfunction., Dento Maxillo Facial Radiology, Vol.39, No.8, 475-485, 2010..[著者] ...
閲覧 Hirokazu Iwasaki, Hitoshi Kubo, Masafumi Harada, Hiromu Nishitani and Ohashi Yasushi : Temporomandibular joint and 3.0T pseudodynamic magnetic resonance imaging. Part 2: evaluation of articular disc obscurity., Dento Maxillo Facial Radiology, Vol.39, No.8, 486-493, 2010..[著者] ...
閲覧 Yoichi Watanabe and Hitoshi Kubo : A variable echo-number method for estimating R2 in MRI-based polymer gel dosimetry., Medical Physics, Vol.38, No.2, 975-982, 2011..[著者] ...
閲覧 Masafumi Harada, Masako M. Taki, Ayumi Nose, Hitoshi Kubo, Kenji Mori, Hiromu Nishitani and Tsuyoshi Matsuda : Non-invasive evaluation of the GABAergic/glutamatergic system in autistic patients observed by MEGA-editing proton MR spectroscopy using a clinical 3 tesla instrument., Journal of Autism and Developmental Disorders, Vol.41, No.4, 447-454, 2011..[著者] ...
閲覧 久保 均 : MRA入門, 日本放射線技術学会第67回総会学術大会, 2011年4月..[著者] ...
閲覧 Masafumi Harada, Hitoshi Kubo, Ayumi Nose, Hiromu Nishitani and Tsuyoshi Matsuda : Measurement of variation in the human cerebral GABA level by in vivo MEGA-editing proton MR spectroscopy using a clinical 3 T instrument and its dependence on brain region and the female menstrual cycle., Human Brain Mapping, Vol.32, No.5, 828-833, 2011..[著者] ...
閲覧 Y Funakoshi, T Sumiyoshi, Masafumi Harada and Hitoshi Kubo : Interference of default mode neural network by visual stimulation and subject's attension dependeing on the resting functional MRI, ISMRM 2011, (巻), (号), (頁), Montreal, May 2011..[著者] ...
閲覧 岩永 崇, 原田 雅史, 久保 均, 大西 恭平, 椛沢 宏之, 松田 豪 : pseudo-CASLの虚血性疾患における局所脳血流定量性 -123I-IMP SPECTとの比較-, 第39回日本磁気共鳴医学会大会, (巻), (号), (頁), 2011年9月..[著者] ...
閲覧 中山 千明, 原田 雅史, 久保 均, 野口 麻里, 能勢 歩美, 松田 豪 : Proton MRSによる年齢,撮像条件別グルタチオン濃度の測定, 第39回日本磁気共鳴医学会大会, (巻), (号), (頁), 2011年9月..[著者] ...
閲覧 野口 麻里, 原田 雅史, 中山 千明, 久保 均, 阪間 稔, 能勢 歩美, 松田 豪 : グルタチオン定量解析を行うためのLCModel Basis-setファイルの作成, 第39回日本磁気共鳴医学会大会, (巻), (号), (頁), 2011年9月..[著者] ...
閲覧 岸上 尚也, 原田 雅史, 久保 均, 船越 康宏, 住吉 友美 : 運動野における機能局在の検出とneural conectivityとの関連の検討, 第39回日本磁気共鳴医学会大会, (巻), (号), (頁), 2011年9月..[著者] ...
閲覧 住吉 友美, 原田 雅史, 久保 均, 船越 康宏 : resting fMRIにおける視覚刺激によるneural conectivityへの影響の検討, 第39回日本磁気共鳴医学会大会, (巻), (号), (頁), 2011年9月..[著者] ...
閲覧 能勢 歩美, 原田 雅史, 久保 均, 音海 暘一, 能勢 隼人, 大塚 秀樹, 影治 照喜 : Gliomaと悪性リンパ腫でのpseudo-CASLによる血流量の比較検討, 第39回日本磁気共鳴医学会大会, (巻), (号), (頁), 2011年9月..[著者] ...
閲覧 玉川 晋也, 八塚 研治, 阿部 真治, 久保 均, 土屋 浩一郎, 原田 雅史, 根本 尚夫 : 新規MRI造影剤の開発研究, 第37回反応と合成の進歩シンポジウム, 2011年11月..[著者] ...
閲覧 久保 均, 大谷 環樹, 大塚 秀樹, 原田 雅史 : 自己遮蔽型サイクロトロンが直上階の小動物用PET/CT装置へ与える影響の評価, 中四国放射線医療技術フォーラム, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[著者] ...
閲覧 村上 紗也香, 久保 均, 山中 拓也, 大谷 環樹, 原田 雅史 : 小動物用PET/CT装置におけるX線CTでの造影剤濃度とHU値の関係の評価, 中四国放射線医療技術フォーラム, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[著者] ...
閲覧 大谷 環樹, 久保 均, 原田 雅史 : 皮下腫瘍移植マウスにおける18F-FDG投与量がSUVおよび動態解析結果に与える英挙の検討, 中四国放射線医療技術フォーラム, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[著者] ...
閲覧 山中 拓也, 久保 均, 村上 紗也香, 大谷 環樹, 原田 雅史 : 皮下移植腫瘍マウスを用いた18F-FDGにおける吸収補正法が定量値に与える影響の検討, 中四国放射線医療技術フォーラム, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[著者] ...
閲覧 服部 顕輝, 久保 均, 原田 雅史 : 3T MRI装置を用いた血管内皮機能評価法の検討, 中四国放射線医療技術フォーラム, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[著者] ...
閲覧 大西 恭平, 岩永 崇, 久保 均, 原田 雅史 : SWANおよびT2WIを用いた脳腫瘍のヒストグラム解析, 中四国放射線医療技術フォーラム, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[著者] ...
閲覧 佐藤 貴弘, 久保 均, 櫻川 加奈子, 原田 雅史 : 3D MR-Dosimetryに用いるポリマーゲルにおける架橋剤の効果の検討, 中四国放射線医療技術フォーラム, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[著者] ...
閲覧 太田 傑, 久保 均, 中村 教泰, 原田 雅史 : 酸化鉄粒子を用いた新規MRI用プローブ開発における緩和時間特性の評価, 中四国放射線医療技術フォーラム, (巻), (号), (頁), 2011年11月..[著者] ...
閲覧 三好 弘一, 誉田 栄一, 伏見 賢一, 佐瀬 卓也, 蕪木 宏行, 森谷 洋治, 小西 憲治, 大塚 秀樹, 古谷 俊介, 森田 康彦, 岩本 誠司, 川口 和雅, 久保 均, 多田 章久, 桑原 義典, 入倉 奈美子, 合田 康代, 大東 のぞみ : 徳島大学アイソトープ総合センターニュース, 徳島大学アイソトープ総合センターニュース, No.9, 1-40, 2012年2月..[著者] ...
閲覧 久保 均, 原田 雅史 : 磁気共鳴スペクトルの医学応用 -MRSの基礎から臨床まで-, --- 多核種MRS ---, インナービジョン, 東京都文京区, 2012年3月..[著者] ...
閲覧 Hitoshi Kubo, Masafumi Harada, Minoru Sakama, Tsuyoshi Matsuda and Hideki Otsuka : Preliminary observation of dynamic changes in alcohol concentration in the human brain with proton magnetic resonance spectroscopy on a 3T MR instrument, Magnetic Resonance in Medical Sciences, Vol.12, No.3, 235-240, 2013..[著者] ...
閲覧 Michihiro Nakamura, Koichiro Hayashi, Hitoshi Kubo, Masafumi Harada, Keisuke Izumi and Kazunori Ishimura : Organosilica Nanoparticles for Multimodal imaging, 7th International Symposium on Nanomedicine (ISNM2013), (都市), Nov. 2013..[著者] ...
閲覧 Hitoshi Kubo, Tamaki Otani, Hideki Otsuka and Masafumi Harada : The impact of self-shielded cyclotron operation on small-animal PET/CT equipment installed nearby, on the floor just above., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.1-2, 46-52, 2014..[著者] ...
閲覧 Mohamed Mokhtar, Kazuya Kondo, Hiromitsu Takizawa, Tamaki Otani, Hideki Otsuka, Hitoshi Kubo, Koichiro Kajiura, Yasushi Nakagawa, Yukikiyo Kawakami, Mitsuteru Yoshida, Haruhiko Fujino, Shoji Sakiyama and Akira Tangoku : Non-invasive monitoring of anticancer effects of cisplatin on lung cancer in an orthotopic SCID mouse model using [¹⁸F] FDG PET-CT., Oncology Reports, Vol.31, No.5, 2007-2014, 2014..[著者] ...
閲覧 Maerjianghan Abuduli, Hirokazu Ohminami, Tamaki Otani, Hitoshi Kubo, Haruka Ueda, Yoshichika Kawai, Masashi Masuda, Hisami Okumura, Hiroshi Sakaue, Hironori Yamamoto, Eiji Takeda and Yutaka Taketani : Effects of dietary phosphate on glucose and lipid metabolism., American Journal of Physiology, Endocrinology and Metabolism, Vol.310, No.7, E526-E538, 2016..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 2, LA = 0.36, Max(EID) = 407420, Max(EOID) = 1104068.