『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 内山 恒夫

登録情報の数

有効な情報: 192件 + 無効な情報: 5件 = 全ての情報: 197件

全ての有効な情報 (192件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(187)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 西 泰明, 内山 恒夫, 宮田 輝夫, 山口 政光, 深沢 広祐 : カリフラワーRNAポリメラーゼIの精製とポリミンPの効果について, 日本植物学会第41回大会, (巻), (号), (頁), 1976年10月..[著者] ...
閲覧 Hirosuke Fukasawa and Tsuneo Uchiyama : The selective extraction of RNA polymerase I (A) from cauliflower inflorescence, Plant & Cell Physiology, Vol.18, No.5, 1159-1162, 1977..[著者] ...
閲覧 K Takeda, Tsuneo Uchiyama and K Yamanouchi : Large-scale purification of measles virus hemagglutinin in soluble form, Annual Report of the Institute for Virus Research, Vol.22, (号), 48-5224, 1979..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama, K. Takeda, T. Yonezawa and S. Matsumoto : Replication of measles virus in long term infection in organized cultures of hamster dorsal root ganglion, Annual Report of the Institute for Virus Research, Vol.22, (号), 52-54, 1979..[著者] ...
閲覧 竹田 和正, 内山 恒夫 : 麻疹ウイルス構成蛋白の単離と性質について, 第27回日本ウイルス学会総会, 1979年10月..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama, K. Takeda, T. A. Sato and K Yamamoto : Comparative studies on the distribution of HA and M antigens in measles and SSPE virus-infected cells, Annual Report of the Institute for Virus Research, Vol.23, (号), 1-7, 1980..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫, 竹田 和正, 佐藤 威, 山内 一也 : 麻疹及びSSPEウイルス感染細胞中のウイルス抗原分布の比較解析, 第28回日本ウイルス学会総会, 1980年10月..[著者] ...
閲覧 佐藤 猛, 小林 了, 安野 みどり, 内山 恒夫, 竹田 和正 : SSPEの免疫異常, --- ウイルスのM (matrix) 蛋白について ---, 脳と発達, Vol.13, 184-188, 1981年..[著者] ...
閲覧 佐藤 猛, 安野 みどり, 新井 京子, 竹田 和正, 内山 恒夫 : SSPEウイルス構成ポリペプチドと患者の応答抗体の解析, 第29回日本ウイルス学会総会, 1981年10月..[著者] ...
閲覧 佐藤 猛, 安野 みどり, 竹田 和正, 内山 恒夫, 富樫 武弘 : 中枢神経系のウイルス感染症と免疫異常, --- SSPEについて ---, 脳と神経, Vol.35, 443-449, 1983年(0月)..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫, 内田 孝宏 : Neuroblastoma株細胞における単純ヘルペスウイルスの増殖抑制について, 第186回徳島医学会, 1983年1月..[著者] ...
閲覧 竹田 和正, 内山 恒夫, 佐藤 猛, : SSPEウイルス構成蛋白の細胞内局在, 第24回日本神経学会総会, 1983年5月..[著者] ...
閲覧 内田 孝宏, 内山 恒夫 : 単純ヘルペスウイルスの持続感染について, 第1回中国四国ウイルス研究会, 1983年7月..[著者] ...
閲覧 内田 孝宏, 内山 恒夫 : Neuroblastoma株化細胞における単純ヘルペスウイルスの増殖抑制, --- I. cyclic AMPの影響 ---, 第31回日本ウイルス学会総会, 1983年10月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫, 内田 孝宏 : Neuroblastoma株化細胞における単純ヘルペスウイルスの増殖抑制, --- II. 抑制における諸要因の検討 ---, 第31回日本ウイルス学会総会, 1983年10月..[著者] ...
閲覧 竹田 和正, 内山 恒夫, 佐藤 猛, 安野 みどり : 麻疹ウイルス構成蛋白に対する単クローン抗体によるSSPEウイルス感染細胞および実験的麻疹脳炎動物の脳組織細胞における抗原局在, 第31回日本ウイルス学会総会, 1983年10月..[著者] ...
閲覧 内田 孝宏, 内山 恒夫 : 神経芽腫株化細胞における単純ヘルペスウイルスの増殖抑制と活性化について, 第25回日本臨床ウイルス学会, 1983年10月..[著者] ...
閲覧 内田 孝宏, 内山 恒夫 : 神経芽腫株化細胞における単純ヘルペスウイルスの増殖抑制と再活性化について, 臨床とウイルス, Vol.12, 425-427, 1984年..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫, 内田 孝宏 : 神経芽腫株化細胞における単純ヘルペスウイルスの増殖抑制に関与する諸要因について, 第188回徳島医学会, 1984年1月..[著者] ...
閲覧 安野 みどり, 佐藤 猛, 竹田 和正, 内山 恒夫 : SSPE:モノクローナル抗体による麻疹ウイルス構成蛋白の局在, 最新医学, Vol.39, No.2, 267-272, 1984年2月..[著者] ...
閲覧 内田 孝宏, 内山 恒夫, 田代 文 : 神経芽腫株化細胞への単純ヘルペスウイルスの感染, 第2回中国四国ウイルス研究会, 1984年6月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫, 内田 孝宏 : cyclic AMPによるneuroblastoma株化細胞での単純ヘルペスウイルスの増殖抑制とその除去に伴う増殖回復, 第32回日本ウイルス学会総会, 1984年7月..[著者] ...
閲覧 T Sato, M Anno, K Takeda and Tsuneo Uchiyama : Ultrastructural localization of SSPE virus polypeptides using monoclonal antibodies, 6th International Congress of Virology, Sendai, Sep. 1984..[著者] ...
閲覧 T. Uchida and Tsuneo Uchiyama : Restriction of herpes simplex virus type 1 multiplication in neuroblastoma cells by cyclic AMP, 6th International Congress of Virology, Sendai, Sep. 1984..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama and T. Uchida : Reactivation of herpes simplex virus type 1 from the quiescent state in neuroblastoma cells treated with cyclic AMP, 6th International Congress of Virology, Sendai, Sep. 1984..[著者] ...
閲覧 K Takeda, Tsuneo Uchiyama and K Yamanouchi : Monoclonal antibody to measles virus phosphorylated protein cross-reactive with antigens of uninfected cells, 6th International Congress of Virology, Sendai, Sep. 1984..[著者] ...
閲覧 馬原 文彦, 古賀 敬一, 沢田 誠三, 谷口 哲三, 重見 文雄, 内田 孝宏, 小山 一, 内山 恒夫, 坪井 義昌, 大谷 明 : 紅斑を主徴としWeil-Felix反応 OX2陽性を示した3症例について, 第54回日本感染症学会西日本地方会総会, 1984年11月..[著者] ...
閲覧 馬原 文彦, 古賀 敬一, 沢田 誠三, 谷口 哲三, 重見 文雄, 坪井 義昌, 大谷 明, 小山 一, 内山 恒夫, 内田 孝宏 : 紅斑と高熱を主徴としWeil-Felix反応OX2陽性を示した3症例について, The Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases, Vol.59, 424-425, 1985年..[著者] ...
閲覧 馬原 文彦, 古賀 敬一, 沢田 誠三, 谷口 哲三, 重見 文雄, 須藤 恒久, 坪井 義昌, 大谷 明, 小山 一, 内山 恒夫, 内田 孝宏 : わが国初の紅斑熱群リケッチア感染症, 感染症学雑誌, Vol.59, (号), 1165-1172, 1985年..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫, 内田 孝宏 : 培養系における単純ヘルペスウイルスの潜伏感染とその再活性化, 第190回徳島医学会, 1985年1月..[著者] ...
閲覧 馬原 文彦, 古賀 敬一, 沢田 誠三, 谷口 哲三, 重見 文雄, 小山 一, 内山 恒夫, 内田 孝宏 : 紅斑熱リケッチア症の3症例, 第190回徳島医学会, 1985年1月..[著者] ...
閲覧 馬原 文彦, 古賀 敬一, 沢田 誠三, 谷口 哲三, 重見 文雄, 須藤 恒久, 坪井 義昌, 大谷 明, 小山 一, 内山 恒夫, 内田 孝宏 : わが国初めての紅斑熱群リケッチア感染症, 第59回日本感染症学会総会, 1985年5月..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama, K. Takeda and K Yamanouchi : Replication of measles virus and localization of the viral antigens in long-term infection in organotypic cultures of hamster dorsal-root ganglion, The Japanese Journal of Experimental Medicine, Vol.55, No.3, 109-121, 1985..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫, 内田 孝宏 : 神経芽腫株化細胞におけるHSV増殖抑制に対する培養温度の影響, 第4回中国四国ウイルス研究会, 1986年5月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫, 内田 孝宏 : サイクリックAMPによる神経芽腫株化細胞での単純ヘルペスウイルス1型の増殖抑制に及ぼす培養温度の影響, 第34回日本ウイルス学会総会, 1986年10月..[著者] ...
閲覧 内田 孝宏, 内山 恒夫 : わが国で分離された紅斑熱群リケッチアの性状について, 第60回日本細菌学会総会, 1987年3月..[著者] ...
閲覧 内田 孝宏, 内山 恒夫, 宮本 弘, 三ッ井 貴夫 : 徳島県住民の紅斑熱群リケッチアに対する抗体保有状況, 第57回日本感染症学会西日本地方会総会, 1987年10月..[著者] ...
閲覧 S. Yamamoto, N. Kawabata, Tsuneo Uchiyama and T. Uchida : Evidence for infection caused by spotted fever group rickettsia in Kyushu, Japanese Journal of Medical Science and Biology, Vol.40, 75-789, 1988..[著者] ...
閲覧 I. Kaiho, M. Tokieda, M. Ohtawara, Tsuneo Uchiyama and T. Uchida : Occurrence of rickettsiosis of spotted fever group in Chiba Prefecture of Japan, Japanese Journal of Medical Science & Biology, Vol.41, No.2, 69-71, 1988..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama and T. Uchida : Ultrastructural study on Japanese isolates of spotted fever group rickettsiae, Microbiology and Immunology, Vol.32, No.11, 1163-1166, 1988..[著者] ...
閲覧 岡 暢之, 加藤 譲, 出来尾 哲, 西尾 崇, 板垣 朝夫, 内山 恒夫, 内田 孝宏 : 山陰地区で初めて発見された紅斑熱群リケッチア感染症の一例, 第62回日本感染症学会総会, 1988年4月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫, 内田 孝宏, 船戸 豊彦, 柴田 啓志, 北村 嘉男 : 紅斑熱血清学的診断に用いる免疫蛍光法のリケッチア抗原の検討, 第62回日本感染症学会総会, 1988年4月..[著者] ...
閲覧 内田 孝宏, 内山 恒夫, 宮本 弘, 三ツ井 貴夫 : 徳島県住民の紅斑熱群リケッチアに対する抗体保有状況, 第62回日本感染症学会総会, 1988年4月..[著者] ...
閲覧 内田 孝宏, 内山 恒夫, 宮本 弘, 三ツ井 貴夫 : 徳島県住民の紅斑熱群リケッチアに対する抗体保有状況, 第62回日本感染症学会総会, 1988年4月..[著者] ...
閲覧 内田 孝宏, 内山 恒夫, X. Yu, D. H. Walker : 紅斑熱リケッチア分離株の抗原分析, 第6回中国四国ウイルス研究会, (巻), (号), (頁), 1988年5月..[著者] ...
閲覧 T Uchida, Tsuneo Uchiyama and A H. Koyama : Isolation of spotted fever group rickettsiae from humans in Japan, The Journal of Infectious Diseases, Vol.158, No.3, 664-665, 1988..[著者] ...
閲覧 内田 孝宏, 内山 恒夫, X. Yu, D. H. Walker : 紅斑熱群リケッチア日本株の抗原分析, 第36回日本ウイルス学会総会,, 1988年11月..[著者] ...
閲覧 T. Uchida, X. J. Yu, Tsuneo Uchiyama and D. H. Walker : A unique spotted fever group rickettsia from humans in Japan, 37th Annual Meeting of the American Society of Tropical Medicine and Hygiene, Washington, D.C., Dec. 1988..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫, 内田 孝宏, 岡 暢之, 加藤 譲 : Rickettsia japonicaのOfloxacin感受性の検討, 感染症学雑誌, Vol.63, 95, 1989年..[著者] ...
閲覧 内田 孝宏, 内山 恒夫 : 日本において分離した紅斑熱群リケッチアの抗原特異性について, 第62回日本細菌学会総会, 1989年3月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫, 内田 孝宏, 岡 暢之, 加藤 譲 : Rickettsia japonicaのOfloxacin感受性の検討, 第63回日本感染症学会総会, 1989年4月..[著者] ...
閲覧 内田 孝宏, 内山 恒夫 : Rickettsia japonica の抗原特異性について, 第63回日本感染症学会総会, 1989年4月..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama, T. Uchida and D. H. Walker : Monoclonal antibodies to a new species of spotted fever group rickettsia isolated from a patient in Japan, 89th Annual Meeting of the American Society for Microbiology, New Orleans, May 1989..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama and T. Uchida : Comparison of antigenic reactivity between intracellular and extracellular rickettsiae of spotted fever group, The Tokushima Journal of Experimental Medicine, Vol.36, No.1-2, 25-27, 1989..[著者] ...
閲覧 T Uchida, X J. Yu, Tsuneo Uchiyama and D H. Walker : Identification of a unique spotted fever group rickettsia from humans in Japan, The Journal of Infectious Diseases, Vol.159, No.6, 1122-1126, 1989..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama, T. Uchida and D. H. Walker : Analysis of antigens of Rickettsia japonica with monoclonal antibodies, 8th Sesqui-Annual Meeting of the American Society for Rickettsiology and Rickettsial Diseases, Diamond Point, USA, Sep. 1989..[著者] ...
閲覧 岡 暢之, 加藤 譲, 出来尾 哲, 西尾 崇, 板垣 朝夫, 内山 恒夫, 内田 孝宏 : 山陰地方で初めて発見された紅斑熱リケッチア症の1例, 感染症学雑誌, Vol.64, 136-142, 1990年..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama, T. Uchida and D. H. Walker : Analysis of surface polypeptides of Rickettsia japonica, 9th Sesqui-Annual Meeting of the American Society for Rickettsiology and Rickettsial Diseases, Galveston, USA, May 1990..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama, T. Uchida and D. H. Walker : Species-specific monoclonal antibodies to Rickettsia japonica, a newly identified spotted fever group rickettsia, Journal of Clinical Microbiology, Vol.28, No.6, 1177-1180, 1990..[著者] ...
閲覧 T. Uchida, Tsuneo Uchiyama and D. H. Walker : Rickettsia japonica: etiological agent of spotted fever group rickettsiosis in Japan, IUMS Congress: Bacteriology and Mycology, Osaka, Sep. 1990..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama, T. Uchida and D. H. Walker : Species-specific monoclonal antibodies to Rickettsia japonica, a newly identified spotted fever group rickettsia, IUMS Congress: Bacteriology and Mycology, (巻), (号), (頁), Osaka, Sep. 1990..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama, T. Uchida and D. H. Walker : Analysis of antigens of Rickettsia japonica with species-specific monoclonal antibodies, 4th International Symposium on Rickettsiae and Rickettsial Diseases, Piestany Spa, Czech and Slovak Federal Republic, Oct. 1990..[著者] ...
閲覧 T. Uchida, Tsuneo Uchiyama, A. H. Koyama, X. J. Yu, D. H. Walker, T. Funato and Y. Kitamura : Isolation and identification of Rickettsia japonica, a causative agent of spotted fever group rickettsial infections in Japan, 4th International Symposium on Rickettsiae and Rickettsial Diseases, Piestany Spa, Czech and Slovak Federal Republic, Oct. 1990..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫, 内田 孝宏 : Rickettsia japonica抗原のモノクローナル抗体による解析, 第38回日本ウイルス学会総会, 1990年11月..[著者] ...
閲覧 T. Uchida, Tsuneo Uchiyama, A. H. Koyama, X. J. Yu, D. H. Walker, T. Funato and Y. Kitamura : Isolation and identification of Rickettsia japonica, causative agent of spotted fever group rickettsial infections in Japan, Publishing House of the Slovak Academy of Sciences, Bratislava, Czechoslovakia, (month)1991..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama, T. Uchida and D. H. Walker : Analysis of antigens of Rickettsia japonica with species-specific monoclonal antibodies, Publishing House of the Slovak Academy of Sciences, Bratislava, Czechoslovakia, (month)1991..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama : Rickettsiae and rickettsial diseases at the turn of the third millennium, --- Role of major surface antigens of Rickettsia japonica in the attachment to host cells ---, Elsevier, Paris, (month)1991..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama, P. de Crocquet Belligny, T. Uchida and D. H. Walker : Cloning a genomic library of DNA of Rickettsia japonica in λgtll which expresses fusion proteins reactive with anti-Rickettsia japonica antisera, 9th Sesqui-Annual Meeting of the American Society for Rickettsiology and Rickettsial Diseases, (巻), (号), (頁), Galveston, USA, May 1991..[著者] ...
閲覧 熊野 恵子, 内山 恒夫, 内田 孝宏 : Rickettsia japonicaの性状について, 第9回中国四国ウイルス研究会, 1991年5月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫, 内田 孝宏 : Rickettsia japonica主要表面抗原蛋白遺伝子のクローニング, 第39回日本ウイルス学会総会, 1991年10月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫, 内田 孝宏 : Rickettsia japonica主要表面抗原遺伝子のクローニング, 第44回日本細菌学会中国四国支部総会, 1991年10月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : Rickettsia japonica種特異抗原遺伝子のクローニングとその解析, 平成3年度徳島大学教育研究学内特別経費による研究報告書, 229-236, 徳島, 1992年(0月)..[著者] ...
閲覧 Takahiro Uchida, Tsuneo Uchiyama, Keiko Kumano and David H. Walker : Rickettsia japonica sp. nov., the etiological agent of spotted fever group rickettsiosis in Japan, International Journal of Systematic Bacteriology, Vol.42, No.2, 303-305, 1992..[著者] ...
閲覧 内田 孝宏, 熊野 恵子, 内山 恒夫 : Rickettsia japonicaの性状について, 第65回日本細菌学会総会, 1992年4月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫, 内田 孝宏 : Rickettsia japonica 120kDa種特異表面抗原遺伝子のクローニング, 第65回日本細菌学会総会, 1992年4月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫, 内田 孝宏 : Rickettsia japonica 主要表面抗原蛋白の解析, 第10回中国四国ウイルス研究会, 1992年5月..[著者] ...
閲覧 Y Yan, Tsuneo Uchiyama and T Uchida : Differentiation of Rickettsia japonica by restriction endonuclease fragment length polymorphism using products of polymerase chain reaction amplification with Rickettsia rickettsii 190-kilodalton surface antigen primers, Microbiology and Immunology, Vol.37, No.6, 441-445, 1993..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫, 趙 立成, 内田 孝宏 : Rickettsia japonica 主要表面抗原蛋白質遺伝子のクローニングとその発現, 第41回日本ウイルス学会総会, 1993年10月..[著者] ...
閲覧 厳 延生, 内山 恒夫, 内田 孝宏 : Rickettsia japonica 表面抗原遺伝子の塩基配列:PCR増幅産物について, 第12回中国四国ウイルス研究会, 1994年6月..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama, Takahiro Uchida and David H. Walker : Analysis of major surface polypeptides of Rickettsia japonica, Microbiology and Immunology, Vol.38, No.7, 575-579, 1994..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama, T. Uchida, J. W. Wen and D. H. Walker : Demonstration of heat-labile and heat-stable epitopes of Rickettsia japonica on ultrathin sections, Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.71, No.3, 432-437, 1994..[著者] ...
閲覧 厳 延生, 内山 恒夫, 内田 孝宏 : Rickettsia japonica 表面抗原遺伝子の解析, 第42回日本ウイルス学会総会, 1994年10月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫, 趙 立成, 内田 孝宏 : Rickettsia japonica と Rickettsia typhi との交差抗原性について, 第42回日本ウイルス学会総会, 1994年10月..[著者] ...
閲覧 Yansheng Yan, Tsuneo Uchiyama and Takahiro Uchida : Nucleotide sequence of polymerase chain reaction product amplified from Rickettsia japonica DNA using Rickettsia rickettsii 190-kilodalton surface antigen gene primers, Microbiology and Immunology, Vol.38, No.11, 865-869, 1994..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : Rickettsia japonicaの抗原解析, 平成6年度徳島大学教育研究学内特別経費による研究報告書, 309-318, 徳島, 1995年(0月)..[著者] ...
閲覧 相良 淳二, 内山 恒夫, 河合 明彦 : 狂犬病ウイルス感染によって生じるERM蛋白質を中心とする細胞の膜骨格の変化について, 第43回日本ウイルス学会総会, 1995年10月..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama, Licheng Zhao, Yansheng Yan and Takahiro Uchida : Cross-reactivity of Rickettsia japonica and Rickettsia typhi demonstrated by immunofluorescence and Western immunoblotting, Microbiology and Immunology, Vol.39, No.12, 951-957, 1995..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama, Licheng Zhao and Takahiro Uchida : Demonstration of a heat-stable 120-kilodalton protein of Rickettsia japonica as a spotted fever group-common antigen, Microbiology and Immunology, Vol.40, No.2, 133-139, 1996..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : Rickettsia japonica 熱安定性 120 kDa 蛋白質の局在, 第44回日本ウイルス学会総会, 1996年10月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : Rickettsia japonica rOmp B 遺伝子の解析, 第70回日本細菌学会総会, 1997年3月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : Rickettsia japonica PS120 耐熱性蛋白質の遺伝子解析, 第45回日本ウイルス学会総会, 1997年9月..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama : Intracytoplasmic Localization of Antigenic Heat-Stable 120- to 130-Kilodalton Proteins (PS120) Common to Spotted Fever Group Rickettsiae Demonstrated by Immunoelectron Microscopy, Microbiology and Immunology, Vol.41, No.10, 815-818, 1997..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : Rickettsia japonica 主要表面抗原 rOmp B の解析, 第4回リケッチア研究会, 1997年10月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : Rickettsia japonica 主要表面抗原蛋白質の遺伝子クローニング,発現,精製, 第71回日本細菌学会総会, 1998年4月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : Rickettsia japonica 主要表面抗原蛋白質の精製·可溶化, 第46回日本ウイルス学会学術集会, 1998年10月..[著者] ...
閲覧 福森 知治, 明里 宏文, 飯田 慎也, 内山 恒夫, 足立 昭夫 : HIV-1 vif 遺伝子変異体のウイルス粒子構造の解析, 第46回日本ウイルス学会学術集会, 1998年10月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : Rickettsia japonica 分離株の比較解析, 第5回リケッチア研究会, 1998年10月..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama : Phenotypic and Genotypic Homogeneity of the Strains of Rickettsia japonica Isolated from Patients with Oriental Spotted Fever, Microbiology and Immunology, Vol.43, No.7, 717-721, 1999..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : Rickettsia japonica主要表面抗原蛋白質の機能ドメインの解析, 平成9年度∼10年度 文部省科学研究費補助金·基盤研究 (C) (2) (09670285) 研究成果報告書, 1-20, (都市), 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : 偏性細胞内寄生細菌·リケッチアの宿主細胞内への侵入機構の解析, 第24回大山健康財団学術研究助成金による研究成果報告書, 1-8, (都市), 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : リケッチアの宿主細胞への付着における主要外膜蛋白質の関与, 第72回日本細菌学会総会, 1999年3月..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama : Role of major surface antigens of Rickettsia japonica in the attachment to host cells, International Conference on Rickettsiae and Rickettsial Diseases and American Society for Rickettsiology 14th sesquiannual joint meeting, Marseille, France, June 1999..[著者] ...
閲覧 T Sakaguchi, Tsuneo Uchiyama and T Yoshida : Liposome-like vesicles released from mammalian cells expressing the matrix protein of vesicular stomatitis virus have double layered membranes, 11th International congress of virology, Sydney, Aug. 1999..[著者] ...
閲覧 坂口 剛正, 内山 恒夫, 吉田 哲也 : 水胞性口内炎ウイルス (VSV) のM蛋白による二重膜小胞の細胞外への放出, 第52回日本細胞生物学会総会, 1999年8月..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama : Sequence Analysis of the Gene Encoding a Spotted Fever Group-Specific Intracytoplasmic Protein PS120 of Rickettsia japonica, Microbiology and Immunology, Vol.43, No.10, 983-987, 1999..[著者] ...
閲覧 Takemasa Sakaguchi, Tsuneo Uchiyama, Yutaka Fujii, Katsuhiro Kiyotani, Atsushi Kato, Yoshiyuki Nagai, Akihiko Kawai and Tetsuya Yoshida : Double-Layered Membrane Vesicles Released from Mammalian Cells Infected with Sendai Virus Expressing the Matrix Protein of Vesicular Stomatitis Virus, Virology, Vol.263, No.1, 230-243, 1999..[著者] ...
閲覧 Hirofumi Akari, Tsuneo Uchiyama, Tomoharu Fukumori, Shinya Iida, Hajime A Koyama and Akio Adachi : Pseudotyping human immunodeficiency virus type 1 by vesicular stomatitis virus G protein does not reduce the cell-dependent requirement of Vif for optimal infectivity: functional difference between Vif and Nef, The Journal of General Virology, Vol.80, No.11, 2945-2949, 1999..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama : Sequence Analysis of the Gene Encoding the Major Outer Membrane Protein rOmp B of Rickettsia japonica, Microbiology and Immunology, Vol.43, No.11, 1061-1065, 1999..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : 非病原性の紅斑熱群リケッチアRickettsia montana感染細胞におけるアポトーシス, 第47回日本ウイルス学会学術集会, 1999年11月..[著者] ...
閲覧 坂口 剛正, 清谷 克寛, 内山 恒夫, 黄 誠, 藤井 豊, 福原 徳子, 永井 美之, 吉田 哲也 : M蛋白のシステイン残基を変異させたセンダイウイルスの増殖と病原性, 第47回日本ウイルス学会学術集会, 1999年11月..[著者] ...
閲覧 雨山 智, 中原 知美, 河合 明彦, 三舟 求真人, 内山 恒夫 : 狂犬病ウイルスMタンパクの構造と機能の解析 (1), 第47回日本ウイルス学会学術集会, 1999年11月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : 紅斑熱群リケッチアの宿主細胞への付着, 第6回リケッチア研究会, 1999年11月..[著者] ...
閲覧 市田 文弘, 黒岩 幸雄, 内山 恒夫, 平野 俊彦 : 臨床薬物治療学ー疾病の解説と薬の使い方ー, --- リケッチア感染症(恙虫病, 紅斑熱, Q熱) ---, 株式会社 アークメディア, 東京, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : 紅斑熱群リケッチア主要外膜蛋白質rOmp Bを菌体表面に発現する組換え大腸菌のVero細胞への付着, 第73回日本細菌学会総会, 2000年5月..[著者] ...
閲覧 船津 智之, 石川 智之, 北田 栄, 荻島 正, 内山 恒夫, 伊藤 明夫 : 細胞内寄生細菌におけるMPP-like-protein(MLP)の機能解析, 第73回日本生化学会大会, 2000年10月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : 紅斑熱群リケッチア外膜蛋白質rOmp Bおよびβ-ペプチドの宿主細胞への付着侵入における役割, 第48回日本ウイルス学会学術集会, 2000年10月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : 紅斑熱群リケッチアの宿主細胞への付着侵入機構の組換え大腸菌による解析, 第7回リケッチア研究会, 2000年10月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : リケッチア外膜蛋白質rOmp Bおよびβ-ペプチドを共発現する組換え大腸菌の宿主細胞への付着侵入, 第74回日本細菌学会総会, 2001年4月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : 紅斑熱群リケッチアの宿主細胞への付着侵入における外膜蛋白質rOmp Aの役割, 第49回日本ウイルス学会学術集会, 2001年11月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : 紅斑熱群リケッチア外膜蛋白質rOmp Aの機能解析, 第8回リケッチア研究会, 2001年11月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : リケッチア細胞壁と主要蛋白質の機能, 細胞, Vol.33, No.14, 553-556, 2001年12月..[著者] ...
閲覧 佐藤 哲男, 内山 恒夫, 平野 俊彦 : わかりやすい疾患と処方薬の解説2003, --- リケッチア感染症 ---, 株式会社 アークメディア, 東京, 2002年(0月)..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : リケッチアのゲノムと病原性, 現代医療, Vol.34, No.5, 1107-1115, 2002年(0月)..[著者] ...
閲覧 Takemasa Sakaguchi, Tsuneo Uchiyama, Cheng Huang, Noriko Fukuhara, Katsuhiro Kiyotani, Yoshiyuki Nagai and Tetsuya Yoshida : Alteration of Sendai virus morphogenesis and nucleocapsid incorporation due to mutation of cystein residues of the matrix protein., Journal of Virology, Vol.76, No.4, 1682-1690, 2002..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : 発疹チフス群リケッチアの宿主細胞への付着侵入における主要外膜蛋白質SLPの役割, 第75回日本細菌学会総会, 2002年4月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : リケッチアの細胞壁とその機能, 日本電子顕微鏡学会第58回学術講演会, 2002年5月..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama : Adherence to and invasion of Vero cells by recombinant Escherichia coli expressing the outer membrane protein rOmpB of Rickettsia japonica., International Conference on Rickettsiae and Rickettsial Disease & American Society for Rickettsiology 16th sesquiannual joint meeting, Ljubljana, Slovenia, Sep. 2002..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫, 北田 栄, 河野 裕明, 楠原 義人, 荻島 正, 伊藤 明夫 : リケッチアゲノム上に存在するミトコンドリアプロセシングペプチダーゼ相同性蛋白質遺伝子の発現, 第20回日本クラミジア研究会·第9回リケッチア研究会合同研究発表会, 2002年9月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : ミトコンドリアプロセッシングペプチダーゼと相同性のリケッチア蛋白質の遺伝子発現, 第50回日本ウイルス学会学術集会, 2002年10月..[著者] ...
閲覧 北田 栄, 内山 恒夫, 船津 智之, 伊藤 明夫 : ミトコンドリア共生進化におけるプロセシングペプチダーゼの構造と機能, 第2回ミトコンドリア研究会, 2002年12月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : リケッチアの遺伝子学:新世紀の感染症学(下), --- -ゲノム·グローバル時代の感染症アップデート- Ⅱ.感染症の遺伝子学 ---, 日本臨牀, Vol.61, No.3, 766-771, 2003年(0月)..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : リケッチアにおけるミトコンドリアプロセシングペプチダーゼ相同性蛋白質の局在, 第76回日本細菌学会総会, 2003年4月..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama : Adherence to and invasion of Vero cells by recombinant Escherichia coli expressing the outer membrane protein rOmpB of Rickettsia japonica., New York Academy of Sciences, New York, June 2003..[著者] ...
閲覧 佐藤 一樹, 坂口 暁, 六車 博昭, 矢野 聖二, 曽根 三郎, 内山 恒夫, 足立 昭夫 : 発疹熱の一症例, 第227回徳島医学会, 2003年7月..[著者] ...
閲覧 T Sakaguchi, Tsuneo Uchiyama, F. Sugahara, H. Watanabe, A. Adachi and T. Yoshida : Systematic study of virus-like particle formation by Sendai virus proteins: acceleration of release by the C protein and possible involvement of host factors, 3rd Awaji International Forum on Infection and Immunity, Sumoto, Japan, Aug. 2003..[著者] ...
閲覧 Satoshi Ameyama, Harufusa Toriumi, Takuo Takahashi, Yuji Shimura, Tomomi Nakahara, Yoshikazu Honda, Kumato Mifune, Tsuneo Uchiyama and Akihiko Kawai : Monoclonal antibody #3-9-16 recognizes one of the two isoforms of rabies virus matrix protein that exposes its N-terminus on the virion surface., Microbiology and Immunology, Vol.47, No.9, 639-651, 2003..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama, S Kitada, T Funatsu, H Kawano, Y Kusuhara, T Ogishima and A Ito : Expression of a rickettsial homologue of mitochondrial processing peptidase, 18th Meeting of the American Society for Rickettsiology, Flintstone, Maryland, USA, Sep. 2003..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : ミトコンドリアプロセシングペプチダーゼ相同性蛋白質のリケッチア内局在, 第51回日本ウイルス学会学術集会, 2003年10月..[著者] ...
閲覧 菅原 文博, 坂口 剛正, 内山 恒夫, 足立 昭夫, 吉田 哲也 : ウイルス様粒子を用いたセンダイウイルス出芽の解析, 第51回日本ウイルス学会学術集会, 2003年10月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫, 河野 裕明, 楠原 義人, 坂口 暁, 六車 博昭, 矢野 聖二, 曽根 三郎, 佐藤 一樹 : 日本における発疹熱:徳島県における一症例の血清学的診断, 第21回日本クラミジア研究会·第10回リケッチア研究会合同研究発表会, 2003年11月..[著者] ...
閲覧 Jun'ichi Shoji, Yuko Tanihara, Tsuneo Uchiyama and Akihiko Kawai : Preparation of Virosomes Coated with the Vesicular Stomatitis Virus Glycoprotein as Efficient Gene Transfer Vehicles for Animal Cells, Microbiology and Immunology, Vol.48, No.3, 163-174, 2004..[著者] ...
閲覧 鵜飼 桃代, 西岡 安彦, 内山 恒夫, 小川 基彦, 高崎 智彦, 倉根 一郎, 曽根 三郎 : 輸入感染症として経験した発疹熱の一例, 徳島呼吸器感染症学術講演会, 2004年3月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : 昆虫細胞における発疹チフス群および紅斑熱群リケッチアの増殖, 第77回日本細菌学会総会, 2004年4月..[著者] ...
閲覧 鵜飼 桃代, 西岡 安彦, 内山 恒夫, 小川 基彦, 高崎 智彦, 倉根 一郎, 曽根 三郎 : ベトナムで感染·発症した発疹熱の一症例, 第78回日本感染症学会総会, 2004年4月..[著者] ...
閲覧 Satoshi Sakaguchi, Ichiki Sato, Hiroaki Muguruma, Hiroaki Kawano, Yoshito Kusuhara, Seiji Yano, Saburo Sone and Tsuneo Uchiyama : Reemerging murine typhus, Japan., Emerging Infectious Diseases, Vol.10, No.5, 964-965, 2004..[著者] ...
閲覧 Fumihiro Sugahara, Tsuneo Uchiyama, Hitoshi Watanabe, Yukie Shimazu, Masaru Kuwayama, Yutaka Fujii, Katsuhiro Kiyotani, Akio Adachi, Nobuoki Kohno, Tetsuya Yoshida and Takemasa Sakaguchi : Paramyxovirus Sendai virus-like particle formation by expression of multiple viral proteins and acceleration of its release by C protein., Virology, Vol.325, No.1, 1-10, 2004..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : 昆虫細胞におけるリケッチアの増殖:付着侵入過程, 第22回日本クラミジア研究会·第11回リケッチア研究会合同学術集会, 2004年10月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : リケッチアの昆虫細胞への付着侵入, 第52回日本ウイルス学会学術集会, 2004年11月..[著者] ...
閲覧 藤田 美歌子, カムセー ブンルアン, 櫻井 明子, アブハイ ジェレ, 内山 恒夫, 足立 昭夫 : HIV-2 VpxおよびVprの発現量の解析, 第52回日本ウイルス学会学術集会, 2004年11月..[著者] ...
閲覧 Tamiko Nagao, Akiko Yoshida, Akiko Sakurai, Ahmad Piroozmand, Abhay Jere, Mikako Fujita, Tsuneo Uchiyama and Akio Adachi : Determination of HIV-1 infectivity by lymphocytic cell lines with integrated luciferase gene, International Journal of Molecular Medicine, Vol.14, No.6, 1073-1076, 2004..[著者] ...
閲覧 Huaqing Wang, Akiko Sakurai, Boonruang Khamsri, Tsuneo Uchiyama, Hongxi Gu, Akio Adachi and Mikako Fujita : Unique characteristics of HIV-1 Vif expression, Microbes and Infection, Vol.7, No.3, 385-390, 2005..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : 昆虫細胞および哺乳動物細胞へのリケッチアの付着侵入, 第78回日本細菌学会総会, 2005年4月..[著者] ...
閲覧 Akiko Yoshida, Ahmad Piroozmand, Akiko Sakurai, Mikako Fujita, Tsuneo Uchiyama, Tooru Kimura, Yoshio Hayashi, Yoshiaki Kiso and Akio Adachi : Establishment of a biological assay system for human retroviral protease activity, Microbes and Infection, Vol.7, No.5-6, 820-824, 2005..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama : Growth of typhus group and spotted fever group rickettsiae in insect cells, 4th International Conference on Rickettsiae and Rickettsial Diseases, Logroño, La Rioja, Spain, June 2005..[著者] ...
閲覧 Mikako Fujita, Boonruang Khamsri, Fumiko Murao, Akiko Yoshida, Akiko Sakurai, Tsuneo Uchiyama, K Kamada, H Shirai, Yo Matsuo and Akio Adachi : Comparative study on the structure and cytopathogenic activity of HIV Vpr/Vpx proteins, 5th Awaji International Forum on Infection and Immunity, Sumoto, Japan, Sep. 2005..[著者] ...
閲覧 Boonruang Khamsri, Fumiko Murao, Akiko Yoshida, Akiko Sakurai, Tsuneo Uchiyama, Hiroki Shirai, Yo Matsuo, Mikako Fujita and Akio Adachi : Comparative study on the structure and cytopathogenic activity of HIV Vpr/Vpx proteins, Microbes and Infection, Vol.8, No.1, 10-15, 2006..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama, Hiroaki Kawano and Yoshito Kusuhara : The major outer membrane protein rOmpB of spotted fever group rickettsiae functions in the rickettsial adherence to and invasion of Vero cells, Microbes and Infection, Vol.8, No.3, 801-809, 2006..[著者] ...
閲覧 Tomoki Yamashita, Masako Nomaguchi, Ariko Miyake, Tsuneo Uchiyama and Akio Adachi : Status of APOBEC3G/F in cells and progeny virions modulated by Vif determines HIV-1 infectivity., Microbes and Infection, Vol.12, No.2, 166-171, 2009..[著者] ...
閲覧 Tamiko Nagao, Tomoki Yamashita, Ariko Miyake, Tsuneo Uchiyama, Masako Nomaguchi and Akio Adachi : Different interaction between HIV-1 Vif and its cellular target proteins APOBEC3G/APOBEC3F., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.1-2, 89-94, 2010..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫, 岸 真帆美, 小川 基彦 : 非病原性リケッチアRickettsia montanensisの増殖制御機序, 第58回日本ウイルス学会学術集会, 2010年11月..[著者] ...
閲覧 小川 基彦, 深澤 征義, 内山 恒夫 : つつが虫病リケッチア感染による脂肪滴形成に関する研究~第一報~, 第3回日本リケッチア症臨床研究会・第17回リケッチア研究会合同研究発表会, 2011年1月..[著者] ...
閲覧 小川 基彦, 内山 恒夫 : つつが虫病リケッチア培養系からの抗菌薬によるマイコプラズマ汚染の除去の試み, 第3回日本リケッチア症臨床研究会・第17回リケッチア研究会合同研究発表会, 2011年1月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫, 岸 真帆美, 小川 基彦 : 非病原性リケッチア株の培養細胞における増殖抑制, 第3回日本リケッチア症臨床研究会・第17回リケッチア研究会合同研究発表会, 2011年1月..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama, Mahomi Kishi and Motohiko Ogawa : Restriction of the growth of a nonpathogenic spotted fever group rickettsia., 6th International meeting on rickettsiae and rickettsial diseases, Heraklion, Greece, June 2011..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama and Motohiko Ogawa : Coinfection of pathogenic and nonpathogenic rickettsiae., XIII International Congress of Bacteriology and Applied Microbiology, Sapporo, Japan, Sep. 2011..[著者] ...
閲覧 Motohiko Ogawa, Masayoshi Fokasawa and Tsuneo Uchiyama : Infection with the obligated intracellular bacterium Orientia tsutsugamushi, a causative agent of scrub typhus facilitates formation of lipid droplets in L-929, mouse fibroblast cells., XIII International Congress of Bacteriology and Applied Microbiology, Sapporo, Japan, Sep. 2011..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama and Hiromi Fujita : Coinfection of mammalian and tick cells with pathogenic and nonpathogenic spotted fever group rickettsiae., The Joint Meeting fo the XVIIth International Symposium on Gnotobiology and the XXXIVth Congress of the Society for Microbial Ecology and Disease, Yokohama, Japan, Nov. 2011..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama and Hiromi Fujita : Coinfection of mammalian and tick cells with pathogenic and nonpathogenic spotted fever group rickettsiae, Microbial Ecology in Health and Disease, Vol.23, No.17461, 2012..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama, Mahomi Kishi and Motohiko Ogawa : Restriction of the growth of a nonpathogenic spotted fever group rickettsia, FEMS Immunology and Medical Microbiology, Vol.64, No.1, 42-47, 2012..[著者] ...
閲覧 森田 裕司, 内山 恒夫, 藤田 博己 : 日本紅斑熱に対するバンコマイシンとホスホマイシンの効果の検討., 第4回日本リケッチア症臨床研究会・第18回リケッチア研究会合同研究発表会, 2012年2月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫, 小川 基彦, 藤田 博己 : 非病原性紅斑熱群リケッチアの哺乳動物細胞における増殖抑制, 第85回日本細菌学会総会, 2012年3月..[著者] ...
閲覧 小川 基彦, 内山 恒夫, 安藤 秀二 : 抗菌薬によるつつが虫病リケッチアおよびQ熱リケッチアの細胞培養系からのマイコプラズマ汚染の除去, 第85回日本細菌学会総会, 2012年3月..[著者] ...
閲覧 Tsuneo Uchiyama : Tropism and pathogenicity of rickettsiae, Frontiers in Microbiology, Vol.3, 230, 2012..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : 徳島県吉野川以北に生息するマダニからのリケッチア分離, 第21回日本ダニ学会大会, 2012年9月..[著者] ...
閲覧 宮﨑 恭行, 三宅 在子, 野間口 雅子, 内山 恒夫, 足立 昭夫 : in vitro 再構築系を用いた HIV-2 CA アセンブリーの安定性に関する解析., 第60回日本ウイルス学会学術集会, 2012年11月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : 徳島県北部で採取したマダニからのリケッチア分離とその性状解析, 第60回日本ウイルス学会学術集会, 2012年11月..[著者] ...
閲覧 Motohiko Ogawa, Tsuneo Uchiyama, Masaaki Satoh and Shuji Ando : Decontamination of mycoplasma-contaminated Orientia tsutsugamushi strains by repeating passages through cell cultures with antibiotics, BMC Microbiology, Vol.13, No.32, 2013..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : キチマダニ若虫から分離したリケッチアの性状解析, 第86回日本細菌学会総会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : 徳島県吉野川以北に生息するマダニからのウイルス分離, 第22回日本ダニ学会大会, 2013年9月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : 徳島県吉野川以北に生息するマダニからのウイルス分離, 第22回日本ダニ学会大会, 2013年9月..[著者] ...
閲覧 宮﨑 恭行, 三宅 在子, 野間口 雅子, 内山 恒夫, 足立 昭夫 : In vitro再構築系を用いたHIV-1/HIV-2 CAアセンブリーの安定性に関する解析., 第61回日本ウイルス学会学術集会, 2013年11月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : 紅斑熱群リケッチアのプラックサイズ変異体の性状解析, 第61回日本ウイルス学会学術集会, 2013年11月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : 徳島県吉野川以北に生息するマダニから分離したリケッチアの性状解析, 第87回日本細菌学会総会, 2014年3月..[著者] ...
閲覧 Motohiko Ogawa, Masayoshi Fukasawa, Masaaki Satoh, Kentaro Hanada, Masayuki Saijo, Tsuneo Uchiyama and Shuji Ando : The intracellular pathogen Orientia tsutsugamushi responsible for scrub typhus induces lipid droplet formation in mouse fibroblasts., Microbes and Infection, Vol.16, No.11, 962-966, 2014..[著者] ...
閲覧 宮﨑 恭行, 泉 泰輔, 野間口 雅子, 内山 恒夫, 足立 昭夫 : In vitro構築系を用いたHIV-1/HIV-2 CA重合能の関する解析., 第62回日本ウイルス学会学術集会, 2014年11月..[著者] ...
閲覧 土肥 直哉, 宮﨑 恭行, 酒井 遥介, 泉 泰輔, 内山 恒夫, 足立 昭夫, 野間口 雅子 : HIV-1 Gag-CAへリックス7の変異がウイルス複製後期過程に及ぼす影響の解析., 第62回日本ウイルス学会学術集会, 2014年11月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : 紅斑熱非発生地域のマダニより分離したリケッチアの性状解析., 第62回日本ウイルス学会学術集会, 2014年11月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫, 山本 大 : 紅斑熱非発生地域のマダニから分離したリケッチアの血管内皮細胞における増殖性., 第88回日本細菌学会総会, 2015年3月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫, 山本 大, 清水 一磨 : 紅斑熱非発生地域のマダニより分離したリケッチアの系統樹解析, 第63回日本ウイルス学会学術集会, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 河合 明彦, 内山 恒夫 : Lactoferrinが狂犬病ウイルスの複製を促進・増強する仕組み, 第63回日本ウイルス学会学術集会, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 内山 恒夫 : 付着能の弱いリケッチア株の主要外膜蛋白質rOmpBを菌体表面に発現する大腸菌の作製, 第89回日本細菌学会総会, 2016年3月..[著者] ...
閲覧 Yasuyuki Miyazaki, Ariko Miyake, Noya Doi, Takaaki Koma, Tsuneo Uchiyama, Akio Adachi and Masako Nomaguchi : Comparison of Biochemical Properties of HIV-1 and HIV-2 Capsid Proteins., Frontiers in Microbiology, Vol.8, No.1, 1082, 2017..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.43, Max(EID) = 375407, Max(EOID) = 1006122.