『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 清水 一郎

登録情報の数

有効な情報: 351件 + 無効な情報: 28件 = 全ての情報: 379件

全ての有効な情報 (351件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(3)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(3)
閲覧 (未定義) …(202)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 清水 一郎, 森 博愛 : 心電図一例一話(39), --- 意識喪失発作を訴えた60才の女子 ---, 臨床と研究, Vol.58, No.3, 891-892, 1981年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 佐野 寿昭光, 広瀬 隆則, 野村 日出夫, 桧沢 一夫, 森本 恭史, 竹村 晴光 : 異型上に被覆された胃inflammatory fibroid polyp の一例, 癌の臨床, Vol.28, (号), 1670-1673, 1982年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 松村 光博, 山本 茂, 大浦 正博, 岸 清一郎, 森 博愛, 斉藤 史郎 : 消化性潰瘍患者におけるβ-エンドルフィン様免疫活性の分布動態, 医学のあゆみ, Vol.131, No.5, 311-312, 1984年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 松村 光博, 大浦 正博, 岸 清一郎, 森 博愛 : 883-Sのヒト血中β-エンドルフィン様免疫活性に及ぼす影響, 新薬と臨床, Vol.33, No.12, 1737-1741, 1984年..[著者] ...
閲覧 Mitsuhiro Matsumura, Masumi Ono, Masahiro Ohura, Ichiro Shimizu, Seiichiro Kishi and Shiro Saito : Post-prandial release of neurotensin- like immunoreactivity and its mechanism., Gastroenterologia Japonica, Vol.19, No.6, 543-549, 1984..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 松村 光博, 大浦 正博, 岩崎 明温, 溝渕 美恵子, 辻 泰弘, 岸 清一郎, 森 博愛, 斉藤 史郎, 藤井 尊 : 胆嚢におけるβ-エンドルフィン様免疫活性の局在, (発行所), 東京, 1985年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 大浦 正博, 松村 光博, 溝淵 猛, 岩崎 明温, 溝淵 美恵子, 辻 泰弘, 森 博愛, 斉藤 史郎 : ストレプトゾトシン糖尿病ラットにおける血漿および組織中ニュ-ロテンシン様免疫活性, 医学図書出版社, 東京, 1985年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 松村 光博, 大浦 正博, 岩崎 明温, 溝淵 美恵子, 辻 泰弘, 岸 清一郎, 森 博愛, 中村 敏一, 市原 明 : 初代培養肝細胞における消化管hormoneの影響, Biomedical Research Foundation, 東京, 1985年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : UDCAがエンドルフィン様活性化を賦活, Medical Tribune, Vol.18, No.36, 41, 1985年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 松村 光博, 大浦 正博, 森 博愛, 斉藤 史郎 : 胆汁酸の血漿β-エンドルフィン様免疫活性分布に及ぼす影響, 医学のあゆみ, Vol.132, No.11, 801-802, 1985年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 溝淵 猛, 大浦 正博, 林 紀美子, 井上 修志, 山ノ井 昭, 松村 光博, 伊東 進, 岸 清一郎 : 隆起性胃潰瘍瘢痕の検討, --- 特にcimetidine 使用例について ---, Gastroenterol Endosopy, Vol.27, No.4, 495-500, 1985年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 松村 光博 : In vivoおよびin vitroにおけるβ-エンドルフィン様免疫活性に対するbradykininの影響, 日内分泌会誌, Vol.61, No.12, 1330-1340, 1985年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 松村 光博, 島 健二 : 培養肝細胞におけるグルカゴンの糖原分解作用に及ぼすソマトスタチンの影響, 医学のあゆみ, Vol.135, No.12.13, 1099-1100, 1985年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 松村 光博, 森 博愛, 斉藤 史郎 : 胆石症の疝痛症状に対するursodeoxycholic acidの治療効果, --- Brain-Gut Peptideの分泌動態との関係 ---, 薬理と治療, Vol.13, No.12, 7357-7371, 1985年..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu and Akira Yamanoi : In vivo and in vitro effects of bradykinin on the release of β-endorphin -like immunoreactivity, Neuroendocrinology Letters, Vol.41, No.2, 101-106, 1985..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Susumu Ito, Yasuhiro Tsuji and Seiichiro Kishi : A new device of esophageal dilatation for the severe and recurrent post- operative stenotic stoma., The Tokushima Journal of Experimental Medicine, Vol.32, No.3, 39-44, 1985..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 松村 光博, 島 健二 : 培養肝細胞におけるsecretin/glucagon群のglycogen分解作用, 医学図書出版社, 東京, 1986年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 島 健二 : 培養肝細胞におけるinsulin,glucagon および EGFのDNA合成に及ぼす影響, Biomedical Research Foundation, 東京, 1986年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 島 健二 : セクレチン-グルカゴンファミリ-の糖代謝に及ぼす影響, 日本医学館, 東京, 1986年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 松村 光博, 森 浩子, 森 博愛, 斉藤 史郎 : 脳・腸ペプチド活性分泌動態に及ぼすUDCAの影響, Tokyo Tanabe Quarterly (臨時増刊号), (巻), (号), 41-46, 1986年..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Susumu Ito, Takeshi Mizobuchi, Seiichiro Kishi and Hiroyoshi Mori : An elevated type of gastric ulcer scar in patients treated with cimetidine., Endoscopy, Vol.18, No.1, 7-9, 1986..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Chizuko Ohboshi and M Hirota : Effect of glucagon-like peptide-1 and -2 on glycogenolysis in cultured rat hepatocytes., Biomedical Research (India), Vol.7, No.6, 431-436, 1986..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Mitsuhiro Matsumura, Meisei Hirota, Takeshi Fujii and Kenji Shima : β-Endorphin in the human gallbladder, Regulatory Peptides, Vol.16, No.3, 331-338, 1986..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 吉成 美予, 弘田 明成, 大星 千鶴子, 大黒 成夫, 島 健二 : Glucagon-like peptide, Biomedical Research Foundation, 東京, 1987年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : 消化管疾患に対する腹部超音波検査の有用性, 日本臨床病理学会中国四国支部会誌, Vol.2, (号), 63-64, 1987年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進, 春藤 譲治, 北川 直之, 辻 泰弘, 和田 哲, 岸 清一郎, 森 博愛, 伊井 邦雄 : Guanaseの電顕組織化学的証明法, 医学のあゆみ, Vol.142, No.11, 831-832, 1987年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 岸 清一郎, 伊東 進, 石原 昭彦, 森 博愛, 角谷 昭佳, 四宮 秀美, 浦上 慶仁, 森本 恭史, 小林 総一郎, 領家 由信, 関 啓, 大浦 正博, 井上 修志, 溝渕 猛, 高橋 義典, 石井 敏博 : 逆流性食道炎に対する塩酸ロキサチジンアセタートの1日1回150mg就寝前投与による臨床効果, 診療と新薬, Vol.24, No.12, 2465-2475, 1987年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 弘田 明成, 島 健二 : 培養肝細胞におけるGLP-1,GLP-2の糖代謝に及ぼす影響, 医学図書出版社, 東京, 1987年1月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 弘田 明成, 大星 千鶴子, 島 健二 : Glucagon-like peptide-1 immunoreactivityの分布および分泌動態, 医学図書出版社, 東京, 1987年1月..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu and M Hirota : Effects of gut hormones on bile acid uptake and release in cultured rat hepatocytes., Gastroenterologia Japonica, Vol.22, No.2, 174-178, 1987..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu and M Hirota : Identification and localization of glucagon-like peptide-1 and its receptor in rat brain., Endocrinology, Vol.121, No.3, 1076-1082, 1987..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu and Chizuko Ohboshi : A large molecular form of glucagon-like peptide-1 (GLP-1) immunoreactivity is co-released with glucagon from pancreas by arginine in normal subjects., Clin Chim Acta, Vol.167, No.3, 293-302, 1987..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Chizuko Ohboshi and M Hirota : Effect of the enteroinsular axis on both the A- and B-cell response to arginine after oral glucose in man., Diabetologia, Vol.30, No.11, 846-850, 1987..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, M Hirota, Chizuko Ohboshi and K Shima : Identification and localization of glucagon-like peptide-1 and its receptor in rat brain., Endocrinology, Vol.121, No.3, 1076-1082, 1987..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進, 岩崎 明温, 春藤 譲治, 石原 昭彦, 辻 泰弘, 和田 哲雄, 岸 清一郎, 森 博愛, 伊井 邦雄 : Peroxidase 標識抗体を用いたguanaseの免疫組織化学染色法, 肝臓, Vol.28, No.9, 1261-1262, 1987年..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, M Hirota, Chizuko Ohboshi, A Mizuno and K Shima : Effect of the enteroinsular axis on both the A- and B-cell response to arginine after oral glucose in man., Diabetologia, Vol.30, No.11, 846-850, 1987..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進, 春藤 譲治, 石原 昭彦, 北川 直之, 辻 泰弘, 和田 哲, 岸 清一郎, 森 博愛, 伊井 邦雄 : Yellow tetrazolium を用いたguanaseの電顕組織化学について, 肝臓, Vol.28, No.11, 1439-1443, 1987年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 島 健二 : 小腸切除ラットにおけるenteroinsular axisの存在意義, 医学図書出版社, 東京, 1988年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 春藤 譲治, 矢野 充保, 和田 哲, 辻 泰弘, 伊東 進, 岸 清一郎 : 直腸原発と考えられた悪性リンパ肉腫の1例, (発行所), 東広島, 1988年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 弘田 明成, 島 健二 : Enteroinsular axisの存在とその生体内意義, 医学の世界社, 東京, 1988年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進, 岩崎 明温, 春藤 譲治, 石原 昭彦, 辻 泰弘, 和田 哲, 岸 清一郎, 森 博愛, 伊井 邦雄 : Peroxidase 標識抗体を用いたguanaseの免疫組織化学染色法, 日消誌, Vol.85, No.1, 42-47, 1988年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進, 梶本 浩子, 辻 泰弘, 矢野 充保昭, 和田 哲, 石原 昭彦, 春藤 譲治, 岸 清一郎, 佐野 寿昭 : H2ブロッカ-使用例における潰瘍底の隆起について, --- 特に隆起型潰瘍瘢痕と白色隆起の差異 ---, Gastroenterol Endoscopy, Vol.30, No.1, 84-93, 1988年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 大星 千鶴子, 弘田 明成, 島 健二 : ラット各組織間におけるプログルカゴン関連物質の分布および分子形態, 糖尿病, Vol.31, No.2, 143-147, 1988年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 春藤 譲治, 辻 泰弘, 和田 哲, 岸 清一郎, 森 博愛, 伊井 邦雄, 遠藤 仁 : 腎組織におけるグアナ-ゼ分布の特性に関する組織化学的および生化学的検討, 臨床化学, Vol.16, No.3, 136-141, 1988年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進, 岩崎 明温, 春藤 譲治, 辻 泰弘, 和田 哲, 岸 清 一郎, 伊井 邦雄 : Guanaseの免疫組織化学的研究, --- 特に Western blotting法によるguanase抗体の検討 ---, 日消誌, Vol.85, No.6, 1319, 1988年..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Susumu Ito, Joji Syundo, Yasuhiro Tsuji and Seiichiro Kishi : Cytochemical demonstration of guanase in human liver using yellow tetrazolium, Acta Histochem, Vol.83, No.1, 99-105, 1988..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu and Mitsuhiro Matsumura : Effects of bile salts on plasma concentration of β-endorphin-like immunoreactivity in men., Dig Dis Sci, Vol.33, No.6, 692-696, 1988..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 北川 直之, 伊東 進, 工藤 英治, 辻 泰弘, 梶本 浩子, 石原 昭彦, 春藤 譲治, 岩崎 明温, 岸 清一郎, 山川 卓, 佐尾山 信夫 : 十二指腸と空腸に多発した平滑筋腫の1例., Gastroenterol Endoscopy, Vol.30, No.7, 1556-1560, 1988年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 梶本 宜史, 高岡 司, 矢野 充保, 和田 哲, 春藤 譲治, 岸 清一郎, 伊東 進 : 今日の消化器内視鏡(川井啓市監修), --- H2-blocker使用例における潰瘍底の隆起について 特に隆起型胃潰瘍瘢痕と白色隆起の差異 ---, 日本医学館, 東京, 1989年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 和田 哲, 伊東 進, 島 健二 : 実験的急性膵炎における血中ブラデイキニンの動態に関する研究, 四国医学雑誌, Vol.45, No.6, 555-563, 1989年..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Susumu Ito, Tsukasa Takaoka, Yoshifumi Kajimoto, Satoshi Wada and Joji Shundo : Elevation of the ulcer base in cases treated with an H2-blocker; difference between an elevated type gastric ulcer scar and a white elevated lesion., Digestive Endoscopy, Vol.2, (号), 3-8, 1990..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進 : H2ブロッカー使用例における潰瘍治癒過程における隆起型潰瘍瘢痕と白色隆起について, メデイカルトリビユーン, 東京, 1991年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 矢野 充保, 春藤 譲治, 藤川 晴信, 堀北 実, 日比野 真吾, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 林 広茂, 本田 浩仁, 西條 哲也, 和田 哲, 谷木 利勝, 伊東 進, 広瀬 隆則 : 下血を機に発見された空腸迷入膵の1例, (発行所), 広島, 1991年(0月)..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu : Hepatocyte growth factor in ascites from patients with cirrhosis., The Journal of Biochemistry, Vol.109, No.1, 14-18, 1991..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Susumu Ito, Takeshi Takaoka, Naoki Muguruma, Toshimasa Fukuda, Tatsuhiko Okabe, Minoru Horikita, Singo Hibino, Hiroshige Hayashi and Hirohito Honda : Prevention of posttransfusional non-A, non-B hepatitis by a screen test for hepatitis C virus antibody of donor bloods., The Tokushima Journal of Experimental Medicine, Vol.38, No.1, 19-23, 1991..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Satoshi Wada, Harunobu Fujikawa, Minoru Horikita, Shingo Hibino, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura, Hiroshige Hayashi, Hirohito Honda, Tetsuya Saijo, Mikio Yano, Joji Syundo, Susumu Ito and Yoshiaki Sano : A case of melanosis duodeni in which pigmentation disappeared after the discontinuation of hydralazine administration., Digestive Endoscopy, Vol.3, No.4, 574-580, 1991..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu and A Kaji : Identification of the promoter region of the ribosome-releasing factor cistron., Journal of Bacteriology, Vol.173, No.16, 5181-5187, 1991..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : 潰瘍治癒過程における潰瘍底隆起と防御因子増強剤, メデイカルトリビユーン, 東京, 1992年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 藤川 晴信, 西條 哲也, 堀北 実, 日比野 真吾, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 林 広茂, 本田 浩仁, 矢野 充保, 和田 哲, 伊東 進 : 下部十二指腸および前胃・腺胃境界部結紮による実験的逆流性食道炎作成法の検討, ホワイトPR, 東京, 1992年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 柴 昌子, 六車 直樹, 岡村 誠介, 岡久 稔也, 矢野 充保, 和田 哲, 春藤 譲治進, 伊東 進 : 食道静脈瘤硬化療法が有効であった巨木型食道静脈瘤(pipeline varix)の1例, 臨床と研究, Vol.69, No.3, 827-830, 1992年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進, 日比野 真吾, 林 広茂, 本田 浩仁 : HCV抗体測定の問題点と将来, メディヤサークル, Vol.37, No.3, 81-87, 1992年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進 : 消化性潰瘍, Medicament News, Vol.1364, (号), 31-34, 1992年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進 : アンモニア, 産科と婦人科, Vol.59, 109-112, 1992年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 西條 哲也, 藤川 晴信, 堀北 実, 日比野 真吾, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 林 広茂, 本田 浩仁, 和田 哲, 矢野 充保, 伊東 進, 後藤 義明 : ラット実験的逆流性食道炎モデルの成因について, Ther Res, Vol.13, No.1, 25-26, 1992年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : 防御因子増強剤は白色隆起や隆起型潰瘍瘢痕の発生を抑制する, Medical Tribune, Vol.25, No.25, 29-30, 1992年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : 脂肪食摂取による胃排泄遅延, --- : gastroparesisの治療における意義 ---, Motility, Vol.15, (号), 13, 1992年..[著者] ...
閲覧 本田 浩仁, 新居 千昌, 日比野 真吾, 西角 智子, 清水 一郎, 伊東 進, 渡邊 博文, 古味 信彦, 横石 文夫, 遠藤 悦男 : 輸血用血液におけるHCV(C100-3)抗体スクリーニングの効果, 日本輸血学会雑誌, Vol.39, No.5, 853-859, 1993年..[著者] ...
閲覧 本田 浩仁, 新居 千昌, 日比野 真吾, 西角 智子, 鎌村 真子, 清水 一郎, 伊東 進 : HCV (C100-3) 抗体スクリーニング後の輸血後肝炎について, 医学と薬学, Vol.29, No.3, 632-634, 1993年..[著者] ...
閲覧 日比野 真吾, 本田 浩仁, 林 広茂, 清水 一郎, 伊東 進 : HCV (C100-3) 抗体スクリーニング後の輸血後肝炎および同疑診例の感染源に関する検討, 日本輸血学会誌, Vol.39, No.5, 814-823, 1993年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 西條 哲也, 藤川 晴信, 新居 千昌, 日比野 真吾, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 柴田 啓志, 本田 浩仁, 矢野 充保, 伊東 進 : 実験的逆流性食道炎におよぼす防御因子製剤の効果, ホワイトPR, 東京, 1993年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 新居 千昌, 姚 登福, 西角 智子, 本田 浩仁, 日比野 真吾, 鎌村 真子, 伊東 進 : 揚子江下流域肝癌多発地区における肝疾患の特性とHCV, 医学と薬学, Vol.29, No.3, 635-637, 1993年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 本田 浩仁, 新居 千昌, 日比野 真吾, 西角 智子, 鎌村 真子, 和田 哲, 林 広茂, 佐光 春信, 福田 保, 日下 至弘, 増田 和彦, 梶本 宜史, 猪井 順也, 伊東 進 : 型肝炎のIFN療法における短期副作用(特に白血球数,好中球数および血小板数)について, Pharma Medical, Vol.11, No.5, 173-174, 1993年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進 : γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP), 臨床雑誌 内科, Vol.71, No.6, 1025-1026, 1993年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進 : H2ブロッカー抵抗性潰瘍, 臨床成人病, Vol.23, No.8, 1089-1094, 1993年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進, 藤川 晴信, 西條 哲也, 岡久 稔也, 日比野 真吾, 岡村 誠介, 柴田 啓志, 本田 浩仁, 矢野 充保, 伊井 邦雄 : 十二指腸液逆流にもとづく実験的逆流性食道炎の実験モデル作成法, 日本臨床生理学会雑誌, Vol.23, No.3, 309-311, 1993年..[著者] ...
閲覧 Susumu Ito, Shingo Hibino, Mikio Yano, Mako Kamamura, Tomoko Nishikado, Ichiro Shimizu and Hirohito Honda : Epidemiological characteristics of the incidence of hepatitis C virus (C100-3) antibodies in patients with liver diseases in the inshore area of the Yangtze river., Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.8, No.3, 232-237, 1993..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Satoshi Wada, Toshiya Okahisa, Masako Kamamura, Mitsuyasu Yano, Tsukasa Kodaira, Katsushi Nishino, Kenji Shima and Susumu Ito : Radioimmunoreactive plasma bradykinin levels and histological changes during the course of cerulein-induced pancreatitis in rats., Pancreas, Vol.8, No.2, 220-225, 1993..[著者] ...
閲覧 本田 浩仁, 日比野 真吾, 林 広茂, 清水 一郎, 伊東 進 : HCV(C100-3)抗体スクリーニング後の輸血後肝炎例におけるHCV感染状況と病態に関する研究, 肝臓, Vol.34, No.2, 105-113, 1993年..[著者] ...
閲覧 Hirohito Honda, Shingo Hibino, Chiyo Nii, Minoru Horokita, Masako Kamamura, Tomoko Nishikado, Takahiro Horie, Toshiya Okahisa, Hiroshi Shibata, Ichiro Shimizu and Susumu Ito : Prevalence of HCV-antibodies And HCV-RNA In Donor Blood In Tokushima Prefecture, The Tokushima Journal of Experimental Medicine, Vol.41, No.1-2, 9-15, 1994..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 新居 千昌, 堀北 実, 西角 智子, 堀江 貴浩, 本田 浩仁, 伊東 進, 姚 登福, Xianyong Meng : 中国肝癌多発地区のHCVゲノムの高変異性, 国際医書出版, (都市), 1994年(0月)..[著者] ...
閲覧 Tetsuya Saijyo, Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Ken Saito, Fumiko Kishi, Hirohito Honda, Ichiro Shimizu and Susumu Ito : Autonomic function during upper gastrointestinal endoscopy using blood pressure measurement by tonometry, First World Congress on Stress, Bethesda, USA, (month)1994..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 本田 浩仁, 新居 千昌, 堀北 実, 西角 智子, 堀江 貴浩, 森本 博文, 伊東 進 : C型肝炎のIFN療法における精神的副作用について, Pharma Medica, Vol.12, No.4, 180-183, 1994年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 本田 浩仁, 伊東 進 : 肝疾患, 臨床雑誌 内科, Vol.74, No.3, 413-419, 1994年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 柴田 啓志, 矢野 充保, 六車 直樹, 本田 浩仁, 岡村 誠介, 岡久 稔也, 西條 哲也 : UDCA就寝前1回投与による胆石溶解について, 消化器科, Vol.18, No.4, 407-412, 1994年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 柴田 啓志, 和田 哲, 折野 俊介, 辻 泰弘, 溝渕 茂樹, 和田 久徳, 伊東 進 : 徳島県における消化性潰瘍治療の現況, --- レバミピド併用療法オープン試験とアンケート調査結果を解析して ---, 基礎と臨床, Vol.28, No.10, 2959-2970, 1994年..[著者] ...
閲覧 Susumu Ito, Hirohito Honda, Shingo Hibino, Mako Kamamura, Tomoko Nishikado, Harunobu Fujikawa, Tetsuya Saijyo, Seisuke Okamura and Ichiro Shimizu : HCV infection and its clinical features in recipients of blood screened for HCV (C100-3) antibody., Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.9, No.1, 19-25, 1994..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Mako Kamamura, Takahiro Horie, Tomoko Nishikado, Hirohito Honda and Susumu Ito : Kallikrein-kinin system during the cold pressor test in cirrhotic rats., Int Hepatol Commun, Vol.2, No.3, 170-174, 1994..[著者] ...
閲覧 Susumu Ito, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura, Satoshi Wada, Mikio Yano, Tetsuya Saijo, Hirohito Honda, Hiroshige Hayashi and Ichiro Shimizu : Endoscopic therapy using monopolar and bipolar snare with a high-frequency current in patients with a pacemaker, Endoscopy, Vol.26, No.2, 270, 1994..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Susumu Ito, X-Y Meng and D-F Yao : Virological features of hepatitis C virus infection in patients with liver diseases in the inshore area of the Yangtze River, The Tokushima Journal of Experimental Medicine, Vol.41, No.1, 49-56, 1994..[著者] ...
閲覧 Susumu Ito, D-F Yao, Takahiro Horie, Mako Kamamura, Tomoko Nishikado, Hirohito Honda, Ichiro Shimizu and X-Y Meng : Incidences of hepatitis C virus (HCV) antibodies and HCV-RNA in blood donors and patients with liver diseases in the inshore area of the Yangtze river., Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.9, No.3, 245-249, 1994..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 堀江 貴浩, 新居 千昌, 西角 智子, 鎌村 真子, 本田 浩仁, 伊東 進 : 肝硬変患者腹水中の蛋白合成刺激活性, 医学と薬学, Vol.31, No.3, 643-645, 1994年..[著者] ...
閲覧 野村 昌弘, 名田 智美, 近藤 幸, 由岐中 道子, 多田 由恵, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 中屋 豊 : 64チャンネル超伝導量子干渉計による胃および小腸活動電流の検出, 第1回日本国際消化管運動研究会, (巻), (号), (頁), 1994年4月..[著者] ...
閲覧 森 博愛, 白神 皞, 近藤 一正, 中屋 豊, 齋藤 憲, 清水 一郎 : コメディカルのための内科学, 医学出版社, 東京, 1994年5月..[著者] ...
閲覧 L Janosi, Ichiro Shimizu, A Kaji and Susumu Ito : Ribosome recycling factor (ribosome releasing factor) is essential for bacterial growth., Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.91, No.10, 4249-4253, 1994..[著者] ...
閲覧 西條 哲也, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 柴田 啓志, 本田 浩仁, 清水 一郎, 折野 俊介, 野村 昌弘, 齋藤 憲, 伊東 進 : 高血圧合併消化性潰瘍の自律神経機能の検討, 第11回四国消化性潰瘍研究会, (巻), (号), (頁), 1994年6月..[著者] ...
閲覧 西條 哲也, 野村 昌弘, 安田 貢, 堀江 貴浩, 堀江 千昌, 柴 昌子, 西角 智子, 溝渕 洋子, 本田 浩仁, 清水 一郎, 齋藤 憲, 伊東 進 : トノメトリー連続血圧測定法による内視鏡ファイバー挿入時の自律神経活動, 第48回日本消化器内視鏡学会総会, 1994年10月..[著者] ...
閲覧 西條 哲也, 野村 昌弘, 齋藤 憲, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 篠原 尚典, 山本 浩史, 折野 俊介 : 心拍変動解析による大腸内視鏡検査時の自律神経機能の検討, 第31回日本臨床生理学会総会, 1994年11月..[著者] ...
閲覧 本田 浩仁, 松永 裕子, 西角 智子, 安田 貢, 堀江 貴浩, 清水 一郎, 伊東 進 : 輸血後肝炎におけるHCV抗体陰性例の実態, 消化器科, Vol.21, No.6, 534-540, 1995年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 堀江 千昌, 柴 昌子, 安田 貢, 堀江 貴浩, 西角 智子, 本田 浩仁, 伊東 進 : ジメチルニトロサミン腺維肝におけるコラーゲン代謝の検討, 国際医学出版, 東京, 1995年(0月)..[著者] ...
閲覧 柴 昌子, 堀江 千昌, 安田 貢, 堀江 貴浩, 兼村 真子, 西角 智子, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊井 邦雄, 伊東 進 : ジメチルニトロサミン線維肝と肝硬変患者における寒冷疼痛負荷試験に対するブラデイキニン反応, 医学図書出版社, 東京, 1995年(0月)..[著者] ...
閲覧 西條 哲也, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 柴田 啓志, 本田 浩仁, 清水 一郎, 折野 俊介, 野村 昌弘, 齋藤 憲, 伊東 進 : 高血圧合併消化性潰瘍の自律神経機能の検討, ホワイトPR, (都市), 1995年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 柴田 啓志, 六車 直樹, 横井 孝文, 堀江 千昌, 堀北 実, 安田 貢, 梯 泰昌, 林 重仁, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 伊東 進, 矢野 勇人, 佐野 暢哉 : 各種画像診断にて肝癌と鑑別困難であった肝内多発結節性病変の1例, Liver Cancer, Vol.1, No.1, 43-50, 1995年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 六車 直樹, 岡村 誠介, 岡久 稔也, 梯 泰昌, 林 重仁, 横井 孝文, 安田 貢, 柴田 啓志, 伊東 進, 松森 保道, 梶川 愛一郎, 広瀬 隆則, 林 秀樹 : 大量下血をきたした空腸平滑筋腫の1例, 消化管の臨床, Vol.1, (号), 99-103, 1995年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 柴田 啓志, 和田 哲, 折野 俊介, 辻 泰弘, 溝渕 茂樹, 和田 久徳, 伊東 進 : 徳島県における消化性潰瘍治療の現況, --- レバミピド併用療法オープン試験とアンケート調査結果を解析して ---, 薬理と臨床, Vol.5, No.6, 809-820, 1995年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 柴田 啓志, 折野 俊介, 山野 利尚, 藤本 卓, 平賀 隆, 和田 久徳, 伊東 進 : 非代償性肝硬変患者に対する肝不全用成分栄養剤ヘパンEDの腹水,脳症および臨床検査値改善効果に関する検討, JJPEN, Vol.17, No.9, 765-774, 1995年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 本田 浩仁, 伊東 進 : C型肝炎, 医薬ジャーナル, Vol.31, No.8, 1987-1992, 1995年..[著者] ...
閲覧 西條 哲也, 野村 昌弘, 林 亨, 齋藤 憲, 岸 史子, 本田 浩仁, 清水 一郎, 大木 崇, 伊東 進, 中屋 豊 : 血圧変動および心拍変動解析による急性ストレス負荷時の自律神経活動の検討, 第40回循環器負荷研究会, 1995年2月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 堀江 千昌, 堀江 貴浩, 本田 浩仁, 伊東 進, 姚 登福 : 揚子江下流域肝癌多発地区における肝疾患の特性とHCVに関する研究, 肝臓, Vol.36, No.2, 76-84, 1995年..[著者] ...
閲覧 堀江 千昌, 堀江 貴浩, 安田 貢, 柴 昌子, 横井 孝文, 大黒 隆司, 西角 智子, 鎌村 真子, 松永 裕子, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 : 肝癌組織におけるC型肝炎ウイルス(HCV)ゲノムの高変異性, 第92回日本内科学会総会講演会(名古屋), (巻), (号), (頁), 1995年4月..[著者] ...
閲覧 西條 哲也, 野村 昌弘, 齋藤 憲, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 白石 吉彦, 山本 浩史, 折野 俊介 : 消化性潰瘍発生に及ぼす自律神経の検討, ホワイトPR, (都市), 1996年(0月)..[著者] ...
閲覧 Tetsuya Saijo, Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Ken Saito, Fumiko Kishi, Ichiro Shimizu, Susumu Ito, H Moritoki, Y Shiraishi, H Mima, Takashi Yamamoto, Hirofumi Yamamoto and Shunsuke Orino : Circadian rhythm of autonomic nervous function in patients with hepatic encephalopathy, Annual Meetings of the American Gastroenterological Association and American Association for the Study Liver Diseases at Digestive Disease Week, San Francisco, (month)1996..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 柴田 啓志, 横井 孝文, 六車 直樹, 梯 泰昌, 松永 裕子, 福田 保, 林 重仁, 安田 貢, 堀江 貴浩, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 西條 哲也, 伊東 進 : (題名), 岡山医誌, Vol.108, No.3-6, 197-198, 1996年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : ヘパンEDの腹水,脳症合併例での改善効果, PEN E, Vol.12, No.14, 5-6, 1996年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 六車 直樹, 岡村 誠介, 林 重仁, 横井 孝文, 安田 貢, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 伊東 進, 佐野 暢哉, 日比野 真吾, 和田 哲, 林 秀樹 : 内視鏡的粘膜切除を施行した十二指腸腺腫の1例, 消化管の臨床, Vol.2, (号), 67-71, 1996年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 溝渕 洋子, エスコバル エベル, 馬 躍栄, 松永 裕子, 安田 貢, 伊東 進 : レチノイドの肝線維化予防効果, 医学と薬学, Vol.36, No.6, 1239-1241, 1996年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進 : 病理学的にみた肝線維化と小柴胡湯, 日経BP社, 東京, 1996年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進 : 急性肝炎の鑑別のためのウイルスマーカ検査, (発行所), (都市), 1996年(0月)..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Yoko Mizobuchi, Mitsugu Yasuda and Susumu Ito : Stimulation of rat hepatocyte albumin synthesis by ascites from patients with cirrhosis., The Tokushima Journal of Experimental Medicine, Vol.43, No.3, 159-166, 1996..[著者] ...
閲覧 Chiyo Horie, Hiroyuki Iwahana, Takahiro Horie, Ichiro Shimizu, Katsuhiko Yoshimoto, Shiro Yogita, Seiki Tashiro, Susumu Ito and Mitsuo Itakura : Detection of Different Quasispecies of Hepatitis C Virus Core Region in Cancerous and Non-cancerous Regions., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.218, No.3, 674-681, 1996..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 安田 貢, 松永 裕子, 柴 昌子, 堀江 貴浩, 西角 智子, 本田 浩仁, 伊東 進 : コラーゲン代謝動態における女性ホルモンの役割に関する検討, 医学と薬学, Vol.35, No.2, 357-360, 1996年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 濱 美紀, 藤川 晴信, 本田 浩仁, 伊東 進, 花尾 晋一, 鳴尾 精一, 香川 征, 浜崎 房光, 松本 圭蔵 : 腎癌など多彩な多臓器合併症を伴ったvon-Hippel-Lindau病の1例, 臨床と研究, Vol.73, No.3, 631-636, 1996年..[著者] ...
閲覧 堀江 貴浩, 清水 一郎, 堀江 千昌, 松永 裕子, 安田 貢, 伊東 進 : 肝癌組織中のHCVコア領域の遺伝子変異 消化器疾患における炎症の分子生物学(小俣政男監修), 国際医学出版, 東京, 1996年4月..[著者] ...
閲覧 伊東 進, 清水 一郎 : 病理学的にみた肝繊維化と小紫胡湯, 日経メディカル, 東京, 1996年10月..[著者] ...
閲覧 岡久 稔也, 清水 一郎, 伊東 進 : 胃潰瘍·十二指腸潰瘍の診断と治療, --- -当科における胃·十二支潰瘍の診断と治療- ---, 真興交易医書出版, 東京, 1997年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : エストラジオールの肝線維化抑制, 株式会社 日本小児医事出版社, 東京, 1997年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 福田 直子, 相良 安信, 北田 浩三, 斎賀 美恵子, 宮上 盛史, 石井 敏博, 佐々木 春夫, 安田 貢, 堀江 貴浩, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 伊東 進 : 胃集検における追加撮影の意義, (発行所), (都市), 1997年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 安田 貢, 松永 裕子, 溝渕 洋子, エスコバル エベル, 馬 躍栄, 伊東 進 : 去勢後の実験的線維肝におけるエストラジオール作用, (発行所), 岡山, 1997年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 劉 飛, 溝渕 洋子, 安田 貢, 伊東 進 : 小柴胡湯の肝線維化抑制作用, 自然科学社, 東京, 1997年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 沖田 極, 関塚 永一, 村脇 義和, 持田 智 : 線維化の抑制と慢性肝炎の進展阻止, --- ー伊東細胞の役割と漢方― ---, (発行所), (都市), 1997年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : 針刺し事故の防止, (発行所), (都市), 1997年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 岸 清一郎, 依光 幸夫, 水上 祐治, 内田 善仁 : 最新·消化性潰瘍の成因と治療に関する展望, --- 高齢者消化性潰瘍の治療 ---, シナジー, 東京, 1997年1月..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, D-F Yao, Chiaki Horie, Tomoko Nishikado, X-Y Meng and Susumu Ito : Mutations in a hydrophilic part of the core gene of hepatitis C virus from patients with hepatocellular carcinoma in China., Journal of Gastroenterology, Vol.32, No.1, 47-55, 1997..[著者] ...
閲覧 Susumu Ito, Naoki Muguruma, Shigehito Hayashi, Satoko Taoka, Akemi Tsutsui, Tamotsu Fukuta, Toshiya Okahisa, Yoshio Ohkita and Ichiro Shimizu : Development of an imaging system using fluorescent labeling substances excited by infrared rays., Digestive Endoscopy, Vol.9, No.4, 278-282, 1997..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : 女性ホルモンの肝線維化抑制作用, 日本医事新報社, 東京, 1997年11月..[著者] ...
閲覧 Tomomi Mitani, Masahiro Nomura, Yuki Kondo, Michiko Yukinaka, Ken Saito, Hirohito Honda, Ichiro Shimizu, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Assessment of autonomic nervous activity in liver cirrhosis using blood pressure variability by tonometry, The 11th Biannual scientific meeting Asian Pacific association for the study of liver, Perth, (month)1998..[著者] ...
閲覧 Michiko Yukinaka, Masahiro Nomura, Tomomi Mitani, Yuki Kondo, Ken Saito, Hirohito Honda, Ichiro Shimizu, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Production of nitric oxide and sympathetic nervous dysfunction in patients with liver cirrhosis, The 11th Biannual scientific meeting Asian Pacific association for the study of liver, Perth, (month)1998..[著者] ...
閲覧 Yuki Kondo, Masahiro Nomura, Tomomi Mitani, Michiko Yukinaka, Ken Saito, Hirohito Honda, Ichiro Shimizu, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Clinical significance of 1/f fluctuation of 24-hour heart rate variability: studies in liver cirrhosis, The 11th Biannual scientific meeting Asian Pacific association for the study of liver, Perth, (month)1998..[著者] ...
閲覧 Yuki Kondo, Masahiro Nomura, Michiko Yukinaka, Tomomi Mitani, Ken Saito, Hirohito Honda, Ichiro Shimizu, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Myocardial injury on injections of interferon in patients with chronic hepatitis: assessment by myocardial scintigraphy, World Congresses of Gastroenterology, Wien, (month)1998..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進 : コリンエステラーゼ(ChE), (発行所), (都市), 1998年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進 : ADH, 南江堂, 東京, 1998年(0月)..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Mitsugi Yasuda, Yoko Mizobuchi, Yue-Rong Ma, Fei Liu, Masako Shiba, Takahiro Horie and Susumu Ito : Suppressive effect of estradiol on chemical hepatocarcinogenesis in rats., Gut, Vol.42, No.1, 112-119, 1998..[著者] ...
閲覧 Masako Shiba, Ichiro Shimizu, Mitsugu Yasuda, Kunio Ii and Susumu Ito : Expression of type I and type III collagens during the course of dimethylnitrosamine-induced hepatic fibrosis in rats, Liver, Vol.18, No.3, 196-204, 1998..[著者] ...
閲覧 Junya Inoi, Ichiro Shimizu, Yasuhiro Tsuji, Naoki Muguruma and Susumu Ito : Effect of administration of ursodeoxycholic acid at bedtime on cholesterol saturation of hepatic bile in Japanese patients with gallstone, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.45, No.1,4, 115-122, 1998..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 安田 貢, 伊東 進 : 女性ホルモンの肝線維化抑制作用, 社団法人 日本肝臓学会, (都市), 1998年3月..[著者] ...
閲覧 野村 昌弘, 名田 智美, 近藤 幸, 由岐中 道子, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 齋藤 憲, 伊東 進, 中屋 豊 : 慢性消化性潰瘍形成において自律神経機能異常は必要条件か?心拍変動1/fゆらぎおよびHelicobactor pyroliとの関連性, 第15回四国消化性潰瘍研究会, (巻), (号), (頁), 1998年5月..[著者] ...
閲覧 伊東 進, 清水 一郎, 本田 浩仁 : C型肝炎の発症予防, 総合臨床, Vol.47, No.7, (頁), 1998年..[著者] ...
閲覧 Tetsuya Saijo, Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Ken Saito, Yuki Kondo, Michiko Yukinaka, Ichiro Shimizu and Susumu Ito : Assessment of autonomic nervous activity during gastrointestinal endoscopy, Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.13, 816-820, 1998..[著者] ...
閲覧 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 玉置 大器 : 癌細胞におけるHigh Mobility Group(HMG)-I(Y)の発現と役割, 消化器癌と遺伝子異常·治療, (巻), (号), 29-33, 1998年..[著者] ...
閲覧 由岐中 道子, 野村 昌弘, 近藤 幸, 名田 智美, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 : インターフェロン療法における心筋障害は123I-BMIPP心筋シンチグラフィーで検出可能か?, 第40回日本消化器病学会大会, (巻), (号), (頁), 1998年10月..[著者] ...
閲覧 近藤 幸, 野村 昌弘, 由岐中 道子, 名田 智美, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 : 肝硬変症において心臓交感神経機能異常の評価は可能か?, 第40回日本消化器病学会大会, (巻), (号), (頁), 1998年10月..[著者] ...
閲覧 由岐中 道子, 野村 昌弘, 近藤 幸, 名田 智美, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 : 高血圧合併消化性潰瘍に自律神経機能異常は存在するのか?:Helicobacter pylori感染との関連性について, 第56回日本消化器内視鏡学会総会, (巻), (号), (頁), 1998年11月..[著者] ...
閲覧 近藤 幸, 野村 昌弘, 由岐中 道子, 名田 智美, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 : 上部消化管内視鏡検査中における自律神経活動の検討-血圧変動スペクトル1/fゆらぎの変動, 第56回日本消化器内視鏡学会総会, (巻), (号), (頁), 1998年11月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 本田 浩仁, 伊東 進, 玉置 大器 : 消化器癌と遺伝子異常·治療(小俣政男監修), --- 癌細胞におけるの発現と役割 ---, 国際医書出版, 東京, 1998年11月..[著者] ...
閲覧 Masayuki Shono, Ichiro Shimizu, Toshihiro Omoya, Aya Hiasa, Hirohito Honda, Yumiko Tomita and Susumu Ito : Differences in ethidium bromide and 4'-6-diamidino-2-phenylindole stainig profiles with regard to DNA fragmentation during apoptosis, Biochemistry and Molecular Biology International, Vol.46, No.5, 1055-1061, 1998..[著者] ...
閲覧 Yoko Mizobuchi, Ichiro Shimizu, Mitugi Yasuda, Hitoshi Hori, Masayuki Shono and Susumu Ito : Retinyl palmitate reduces hepatic fibrosis in rats induced by dimethylnitrosamine or pig serum, Journal of Hepatology, Vol.26, No.6, 933-943, 1998..[著者] ...
閲覧 Masayuki Shono, Ichiro Shimizu, T. Omoya, A. Hiasa, H. Honda, Y. Tomita and Susumu Ito : Differences in ethidium bromide and 4'-6-diamidino-2-phenylindole staining profiles with regard to DNA fragmentation during apoptosis., Biochemistry and Molecular Biology International, Vol.46, No.5, 1055-1061, 1998..[著者] ...
閲覧 伊東 進, 本田 浩仁, 清水 一郎 : グアナーゼ(GU), 日本臨牀, Vol.57, (号), 388-390, 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 伊東 進, 清水 一郎, 本田 浩仁 : 妊娠と肝障害, 内科学(第7版), (巻), (号), 1062-1064, 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 伊東 進, 清水 一郎, 本田 浩仁 : C型肝炎, 生体の科学, Vol.50, No.5, 416-417, 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 面家 敏宏, 劉 炎, 日浅 亜弥, 本田 浩仁, 伊東 進 : エストラジオールの星細胞活性化抑制作用, 株式会社 アークメディア, 東京, 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 野村 昌弘, 名田 智美, 近藤 幸, 由岐中 道子, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 齋藤 憲, 伊東 進, 中屋 豊 : 慢性消化性潰瘍形成において自律神経機能異常は必要条件か?心拍変動1/fゆらぎおよびHelicobactor pyloriとの関連性, 四国消化性潰瘍研究会, 松山, 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 Hitoshi Miyajima, Masahiro Nomura, Tomomi Nada, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, Hiroshi Shibata, Seisuke Okamura, Hirohito Honda, Ichiro Shimizu, Susumu Ito and Yutaka Nakaya : Abnormal gastric motility in liver cirrhosis: Effect of autonomic nervous function and volume of portal blood flow, The 7th United European Gastroenterology Week, (巻), (号), (頁), Roma,Italy, (month)1999..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : ツムラ小柴胡湯は抗酸化作用を介して肝細胞を保護し,同時に肝星細胞の活性化・増殖を抑制し強い肝線維化抑制作用を発揮, (発行所), (都市), 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 堀江 貴浩, 尾形 竜郎, 藤本 美幸, 小崎 裕司, 大島 隆志, 山本 浩史, 井内 新, 伊東 進 : 良性反復性肝内胆汁うっ滞症の1例, 大道学館, 福岡, 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 野田 佳子, 筒井 朱美, 多田津 昌也, 六車 直樹, 堀江 貴浩, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 西條 哲也, 佐野 暢哉, 伊東 進 : 良性反復性肝内胆汁うっ滞に胆石を伴わない慢性膵炎を合併した1例, 財団法人 日本消化器病学会, 東京, 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : 小柴胡湯の肝線維化抑制作用, (発行所), (都市), 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : 線維肝モデルにおける小柴胡湯の肝線維化抑制作用, 日経BP社, 東京, 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進, 本田 浩仁 : 小柴胡湯とインターフェロン, (発行所), (都市), 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 本田 浩仁, 伊東 進 : グアナーゼ(GU), 日本臨牀社, 大阪, 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進, 本田 浩仁 : C型肝炎, 株式会社 医学書院, 東京, 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進, 本田 浩仁 : アルコール肝障害と酸化ストレス, 科学評論社, 東京, 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 溝渕 洋子, 面家 敏宏, 劉 炎, 日浅 亜弥, 市川 壮一, 田岡 聡子, 曽我部 正弘, 柴田 啓志, 本田 浩仁, 伊東 進 : ビタミンAの肝線維化抑制作用, ライフサイエンス出版 株式会社, 東京, 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 面家 敏宏, 劉 炎, 日浅 亜弥, 豊田 敬生, 多田 由恵, 六車 直樹, 柴田 啓志, 本田 浩仁, 伊東 進, 庄野 正行 : 脂質過酸化反応と肝線維化, (発行所), 岡山, 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 柴 昌子, 面家 敏宏, 劉 炎, 日浅 亜弥, 本田 浩仁, 伊東 進 : 肝線維化初期過程におけるⅠ型コラーゲンとMMP-1の遺伝子発現と脂質過酸化反応, (発行所), 岡山, 1999年(0月)..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Y Mizobuchi, M Yasuda, M Shiba, Y-R Ma, Takahiro Horie, F Liu and Susumu Ito : Inhibitory effect of estradiol on activation of rat hepatic stellate cells in vivo and in vitro., Gut, Vol.44, No.1, 127-136, 1999..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : 肝機能検査におけるヒアルロン酸とⅣ型コラーゲンの乖離, 日本医事新報社, 東京, 1999年1月..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Yue-Rong Ma, Yoko Mizobuchi, Fei Liu, Tetsuo Miura, Yoichiro Nakai, Mitugi Yasuda, Masako Shiba, Takahiro Horie, Sakae Amagaya, Norifumi Kawada, Hitoshi Hori and Susumu Ito : Effects of Sho-saiko-to, a Japanese Herbal Medicine, on Hepatic Fibrosis in Rats, Hepatology, Vol.29, No.1, 149-160, 1999..[著者] ...
閲覧 Mitugi Ysuda, Ichiro Shimizu, Masako Shiba and Susumu Ito : Suppressive effects of estradiol on dimethylnitrosamine-induced fibrosis of the liver in rats [see comments]., Hepatology, Vol.29, No.3, 719-727, 1999..[著者] ...
閲覧 Takahiro Horie, Ichiro Shimizu, Chiaki Horie and Susumu Ito : Mutations of the core gene sequence of hepatitis C virus isolated from liver tissues with hepatocellular carcinoma., Hepatol Res, Vol.13, No.3, 240-251, 1999..[著者] ...
閲覧 Tatsuro Ogata, Ichiro Shimizu, Takahiro Horie, Koji Yamamoto, Arata Iuchi, Masaya Tadatsu, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura and Susumu Ito : A case of a giant lipoma of the duodenal bulb., Endosc, Vol.11, No.4, 345-349, 1999..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Takahiro Horie, Tatsuro Ogata, Mariko Fujimoto, Yuji Ozaki, Koji Yamamoto, Arata Iuchi and Susumu Ito : A case of penetration of the large intestinal wall by a toothpick., Digestive Endoscopy, Vol.11, No.4, 350-352, 1999..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 面家 敏宏, 日浅 亜弥, 堀江 貴浩, 本田 浩仁, 伊東 進 : エストラジオールの肝発癌抑制作用, 自然科学社, 東京, 1999年2月..[著者] ...
閲覧 Mitugi Yasuda, Ichiro Shimizu, Masako Shiba and Susumu Ito : Suppressive effects of estradiol on dimethylnitrosamine-induced fibrosis of the liver in rats., Hepatology, Vol.29, No.3, 719-727, 1999..[著者] ...
閲覧 由岐中 道子, 野村 昌弘, 近藤 幸, 名田 智美, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 : 肝硬変症における門脈血流波形および門脈血流量の検討:MR angiography (MRA)による検討, 第85回日本消化器病学会総会, (巻), (号), (頁), 1999年4月..[著者] ...
閲覧 名田 智美, 近藤 幸, 野村 昌弘, 矢野 充保, 由岐中 道子, 多田 由恵, 齋藤 憲, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 : 慢性消化性潰瘍における心拍変動1/fゆらぎ解析:自律神経機能異常も潰瘍形成に必要か?, 第57回日本消化器内視鏡学会総会, 1999年5月..[著者] ...
閲覧 野村 昌弘, 近藤 幸, 由岐中 道子, 多田 由恵, 川口 律子, 本田 浩仁, 清水 一郎, 齋藤 憲, 伊東 進 : 老年者における摂食後の胃運動と血圧変動, 第41回日本老年病医学会学術集会, 1999年6月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : 肝炎ウイルスと肝癌, 医薬ジャーナル社, 大阪, 1999年6月..[著者] ...
閲覧 伊東 進, 清水 一郎, 本田 浩仁 : 妊娠と肝障害, 朝倉書店, 東京, 1999年10月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 面家 敏宏, 劉 炎, 日浅 亜弥, 豊田 敬生, 六車 直樹, 柴田 啓志, 本田 浩仁, 堀江 貴浩, 伊東 進 : 女性ホルモン·エストラジオールの肝線維化抑制作用, 株式会社 アークメディア, 東京, 1999年10月..[著者] ...
閲覧 野村 昌弘, 川口 律子, 由岐中 道子, 近藤 幸, 宮島 等, 名田 智美, 多田 由恵, 齋藤 憲, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 中屋 豊 : 高齢者における食後低血圧の成因, --- 自律神経活動および胃運動との関連性について ---, 日本高齢者消化器医学会議会誌, Vol.1, No.2, 36-41, 1999年..[著者] ...
閲覧 川口 律子, 野村 昌弘, 宮島 等, 名田 智美, 多田 由恵, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 : 胃電図および心拍変動解析を用いた高齢者の食後低血圧の検討:若年者との比較, DDW-Japan 1999, (巻), (号), (頁), 1999年10月..[著者] ...
閲覧 宮島 等, 野村 昌弘, 近藤 幸, 名田 智美, 多田 由恵, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 山口 康男, 原田 雅史 : 肝硬変症における胃運動機能の検討:自律神経機能および門脈血流量との関連性について, DDW-Japan 1999, (巻), (号), (頁), 1999年10月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 面家 敏宏, 瀏 炎, 日浅 亜弥, 豊田 敬生, 多田 由恵, 六車 直樹, 柴田 啓志, 本田 浩仁, 伊東 進, 庄野 正行 : 脂質過酸化反応と肝繊維化, 岡山医誌, Vol.111, (号), 131-132, 1999年..[著者] ...
閲覧 本田 浩仁, 豊田 敬生, 清水 一郎, 伊東 進 : 「HBc抗体のみ陽性」に関する臨床疫学的検討, 岡山医学会, 岡山, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 野村 昌弘, 宮島 等, 名田 智美, 森下 智文, 木下 桂午, 多田 由恵, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 中屋 豊 : 老年者における上部消化管内視鏡検査中の自律神経活動およびQTc dispersionの変動, 老年消化器病, Vol.12, No.3, 259-264, 2000年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 河田 則文 : DMN,PSラットモデルを用いて小柴胡湯の脂質過酸化反応による肝線維化抑制作用を探る, (発行所), (都市), 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 本田 浩仁, 豊田 敬生, 伊東 進 : 「HBc抗体のみ陽性」に関する臨床的学的検討, (発行所), 岡山, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 面家 敏宏, Zhou Yajun, 糸永 美奈, 武蔵 陽子, 辻上 幸司, 豊田 敬生, 鈴木 雅晴, 本田 浩仁, 伊東 進 : 実験的障害肝における早期アポトーシスとエストラジオール, 大道学館, 福岡, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : 肝硬変・肝癌における性差, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2000年(0月)..[著者] ...
閲覧 Susumu Ito, Naoki Muguruma, Shigehito Hayashi, Satoko Taoka, Terumi Bando, Yoshiko Kusaka, Soichi Ichikawa, Aya Hiasa, Toshihiro Omoya, Hirohito Honda, Ichiro Shimizu, Kunio Ii and Yoko Goto : Visualization of human gastric cancer with a novel infrared fluorescent labeling marker of anticarcinoembryonic antigen antibody in vitro., Digestive Endoscopy, Vol.12, No.1, 33-36, 2000..[著者] ...
閲覧 Takahiro Horie, Ichiro Shimizu, Arata Iuchi and Susumu Ito : Colonoscopic extirpation of whipworms in the patient with acute abdomen-like symptoms., Digestive Endoscopy, Vol.12, No.1, 52-54, 2000..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Takahiro Horie, Hiroshi Inoue, Mariko Fujimoto, Yuji Ozaki, Koji Yamamoto, Arata Iuchi and Susumu Ito : Penetration by a Giant Gastric Ulcer Induced by a Nonsteroidal Anti-Inflammatory Drug, Endoscopy, Vol.32, No.7, 539-541, 2000..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 面家 敏宏, 劉 炎, Yajun Zhou, 豊田 敬生, 稲山 久美, 日下 至弘, 柴田 啓志, 本田 浩仁, 野村 昌弘, 伊東 進 : 女性ホルモン·エストラジオールの抗酸化作用と肝線維化抑制作用, 性差医学, Vol.6, 95-99, 2000年2月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 劉 炎, 面家 敏宏, 豊田 敬生, 本田 浩仁, 伊東 進 : エストラジオールの抗酸化作用と肝線維化抑制作用, 自然科学社, 東京, 2000年2月..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu : Sho-saiko-to:Japanese herbal medicine for protection against hepatic fibrosis and carcinoma., Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.15 (Suppl l), D84-D90, March 2000..[著者] ...
閲覧 Masahiro Nomura, Michiko Yukinaka, Hitoshi Miyajima, Tomomi Nada, Yuki Kondo, Toshiya Okahisa, Hiroshi Shibata, Seisuke Okamura, Hirohito Honda, Ichiro Shimizu, Ken Saito, T. Oki, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Is autonomic dysfunction a necessary condition for chronic peptic ulcer formation ?, Alimentary Pharmacology & Therapeutics, Vol.14suppl, No.1, 82-86, 2000..[著者] ...
閲覧 宮島 等, 野村 昌弘, 名田 智美, 多田 由恵, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 : 胃運動は食道静脈瘤の有無により影響をうけるのか?胃電図による検討, 第86回日本消化器病学会総会, (巻), (号), (頁), 2000年4月..[著者] ...
閲覧 宮島 等, 野村 昌弘, 名田 智美, 近藤 幸, 多田 由恵, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 原田 雅史, 西谷 弘, 中屋 豊 : 肝硬変症における胃運動機能の検討:食道静脈瘤と門脈血流との関連性について, 第2回国際消化管運動研究会, (巻), (号), (頁), 2000年4月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 長瀬 教夫 : コメディカルのための内科学 (第2版) (森 博愛,伊東 進編著), --- 感染症 ---, 医学出版社, 東京, 2000年4月..[著者] ...
閲覧 宮島 等, 野村 昌弘, 名田 智美, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 : 老年者における上部消化管内視鏡検査中の心電図QT dispersionの推移, 第42回日本老年医学会, (巻), (号), (頁), 2000年6月..[著者] ...
閲覧 野村 昌弘, 宮島 等, 名田 智美, 森下 智文, 木下 桂午, 多田 由恵, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 中屋 豊 : 老年者における上部消化管内視鏡検査中の自律神経活動およびQTc dispersionの変動, 第25回老年消化器病研究討論会, (巻), (号), (頁), 2000年6月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進 : 肝線維化とoxidative stress, 社団法人 日本肝臓学会, (都市), 2000年8月..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Hiroaki Mitani, Masayuki Shono, Toshihiro Omoya, Yoko Musashi, Katsutaka Sannomiya, Masaharu Suzuki, Takahiro Horie, Hirohito Honda and Susumu Ito : An incident involnimg blood sucking by a tick in a suburb in Japan, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.47, No.3, 145-147, 2000..[著者] ...
閲覧 加藤 寛正, 野村 昌弘, 名田 智美, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 : 慢性消化性潰瘍におけるH. pylori除菌前後の自律神経機能の検討, 第42回日本消化器病学会大会, (巻), (号), (頁), 2000年10月..[著者] ...
閲覧 野村 昌弘, 名田 智美, 加藤 寛正, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 多田 由恵, 矢野 充保 : 上部消化管内視鏡検査により不整脈の発生素地は形成されるか?心電図QTc dispersionによる検討, 第42回日本消化器病学会大会, (巻), (号), (頁), 2000年10月..[著者] ...
閲覧 本田 浩仁, 豊田 敬生, Zhou Yajun, 清水 一郎, 伊東 進 : Non-alcoholic steatohepatitis(NASH)とグアナーゼ, 岡山医学会雑誌, Vol.113, (号), 213-214, 2001年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 面家 敏宏, Zhou Yajun, 糸永 美奈, 豊田 敬生, 六車 直樹, 柴田 啓志, 本田 浩仁, 伊東 進 : 女性ホルモン·エストラジオールの肝発癌抑制作用, メジカルセンス, 東京, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 伊東 進, 清水 一郎, 面家 敏宏, Zhou Yajun, 糸永 美奈, 豊田 敬生, 六車 直樹, 柴田 啓志, 本田 浩仁 : 女性ホルモン·エストラジオールの肝発癌抑制作用, 性差医学, (巻), No.7, 69-72, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 面家 敏宏, Zhou Yajun, 糸永 美奈, 豊田 敬生, 六車 直樹, 柴田 啓志, 本田 浩仁, 伊東 進 : 女性ホルモン·エストラジオールの肝発癌抑制作用, 性差医学, (巻), No.7, 69-72, 2001年..[著者] ...
閲覧 柴田 啓志, 筒井 朱美, 四宮 寛彦, 稲山 久美, 中園 雅彦, 六車 直樹, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 清水 一郎, 伊東 進 : 肝細胞に対する経皮的ラジオ波熱焼灼療法(RFA)の検討, 臨床と研究, Vol.78, No.7, 93-98, 2001年..[著者] ...
閲覧 伊東 進, 本田 浩仁, 日下 至弘, 清水 一郎, 六車 直樹, 岡村 誠介 : データ解説, Frontiers in Gastroenterology, Vol.6, No.3, 52-61, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 本田 浩仁, 豊田 敬生, Zhou Yajun, 清水 一郎, 伊東 進 : Non-alcoholic steatohepatitis (NASH) とグアナーゼ, 岡山医学会雑誌, Vol.113, No.2, 213-214, 2001年..[著者] ...
閲覧 加藤 寛正, 野村 昌弘, 越智 由恵, 齋藤 憲, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 : 慢性消化性潰瘍におけるHelivobactor pylori除菌前後の自律神経活動の検討, 四国消化性潰瘍研究会, (都市), 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 伊賀 彰子, 野村 昌弘, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 和田 哲 : 21世紀の高齢化社会に対応する消化器病診断·治療手技,(合同シンポジウム)高齢者における消化器内視鏡検査時の循環動態の検討, 第76回日本消化器病学会四国支部例会, (巻), (号), (頁), 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 森下 智文, 野村 昌弘, 多田 由恵, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 : 「パネルディスカッション:高齢者消化器疾患における内視鏡検査·治療の問題点と対策」高齢者における内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査時の自律神経活動の変動, 第3回日本高齢者消化器医学会議, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 面家 敏宏, Zhou Yajun, 筒井 朱美, 柴田 啓志, 本田 浩仁, 伊東 進 : エストラジオールの肝発癌抑制作用, メジカルセンス, 東京, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : 疾病の性差と薬物副作用の性差, (発行所), (都市), 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 柴田 啓志, 筒井 朱美, 四宮 寛彦, 稲山 久美, 中園 雅彦, 六車 直樹, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 伊東 進 : 肝細胞癌に対する経皮的ラジオ波熱焼灼療法(RFA)の検討, 大道学館, 福岡, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, Zhou Yajun, 井上 博, 面家 敏宏, 糸永 美奈, Lu Guangming, 岡村 住人, 本田 浩仁, 伊東 進 : 選択的エストロゲン受容体モジュレーター,idoxifeneの抗酸化作用,抗アポトーシス作用と肝線維化抑制作用, 自然科学社, 東京, 2001年(0月)..[著者] ...
閲覧 Miyuki Fujimoto, Ichiro Shimizu, Takahiro Horie, Hiroshi Inoue, Michiyo Okazaki, Miyako Niki, Tatsuhiko Shiraishi, Soichiro Fujiwara, Masahiko Murata, Koji Yamamoto, Arata Iuchi, Akiko Hino and Susumu Ito : Recurrent giant longitudinal duodenal ulcer with massive hemorrhage in a Helicobacter pylori-negative patient, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.48, No.3, 210-215, 2001..[著者] ...
閲覧 Susumu Ito, Naoki Muguruma, Yoshiko Kusaka, Masaya Tadatsu, Mikio Yano, Terumi Bando, Hirohito Honda, Ichiro Shimizu and Kunio Ii : Detection of human gastric cancer of resected specimens using a novel infrared fluorescent anti-human carcinoembryonic antigen antibody with an infrared fluorescence endoscope in vitro., Endoscopy, Vol.33, No.10, 849-853, 2001..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Toshihiro Omoya, Yajun Zhou, Mina Itonaga, hiroshi Inoue, Guangming Lu, Hirohito Honda and Susumu Ito : Trends in Gastroenterology and Hepatology: Millennium 2000., Springer-Verlag, Tokyo, Jan. 2001..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu : Antifibrogenic therapies in chronic HCV infection., Curr Drug Targets Infect Disord, Vol.1, No.2, 227-240, Jan. 2001..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Toshihiro Omoya, Yuki Kondo, Kusaka Yoshihiro, Tsutsui Akemi, Hiroshi Shibata, Hirohito Honda, Nobuya Sano and Susumu Ito : Estrogen therapy in a male patient with chronic hepatitis C and irradiation-induced testicular dysfunction, Internal Medicine, Vol.40, No.2, 100-104, 2001..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Toshihiro Omoya, Tukasa Takaoka, Satoshi Wada, Hisanori Wada, Masayo Taoka, Hideki Hayashi, Shigehito Hayashi, Hirohito Honda, Nobuya Sano and Susumu Ito : Serum amino-terminal propeptide of type α procollagen and 7S domain of type β collagen correlate with hepatic iron concentration in patients with chronic hepatitis C following α-interferon therapy, Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.16, No.2, 196-201, 2001..[著者] ...
閲覧 森 博愛, 清水 一郎, 長瀬 教夫, 野村 昌弘, 西角 彰良, 井内 新, 伊東 進, 本田 浩仁, 岡村 誠介, 近森 一正, 齋藤 憲, 白神 皞, 中屋 豊, 岡久 稔也, 橋本 俊顕 : コメディカルのための内科学(第2版), 医学出版社, 東京, 2001年4月..[著者] ...
閲覧 野村 昌弘, 森下 智文, 名田 智美, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 : エパルレスタットの糖尿病性胃運動機能障害への効果:胃電図および心拍変動解析による評価, 第87回日本消化器病学会総会, (巻), (号), (頁), 2001年4月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 堀江 貴浩 : 消化器の臨床, --- 上部消化管の内視鏡的ステンテイング:進行胃癌 ---, ヴァンメディカル, 東京, 2001年4月..[著者] ...
閲覧 森下 智文, 野村 昌弘, 越智 由恵, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 : 内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査時のQT dispersionの変動, 第61回日本消化器内視鏡学会総会, 2001年5月..[著者] ...
閲覧 Toshihiro Omoya, Ichiro Shimizu, Yajun Zhou, Yoshihito Okamura, Hiroshi Inoue, Guangming Lu, Mina Itonaga, Hirohito Honda, Masahiro Nomura and Susumu Ito : Effects of idoxifene and estradiol on NF-kB activation in cultured rat hepatocytes undergoing oxidative stress, Liver, Vol.21, No.3, 183-191, 2001..[著者] ...
閲覧 Hitoshi Miyajima, Masahiro Nomura, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura, Hirohito Honda, Ichiro Shimizu, Masafumi Harada, Ken Saito, Yutaka Nakaya and Susumu Ito : Relationship among gastric motility,autonomic activity,and portal hemodynamics in patients with liver cirrhosis, Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.16, No.6, 647-659, 2001..[著者] ...
閲覧 森下 智文, 野村 昌弘, 六車 直樹, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 : 老年者における内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査時の自律神経活動の変動, 第43回日本老年医学会, (巻), (号), (頁), 2001年6月..[著者] ...
閲覧 野村 昌弘, 伊賀 彰子, 名田 智美, 日浅 亜弥, 加藤 寛正, 越智 由恵, 植村 信隆, 本田 浩仁, 西角 彰良, 清水 一郎, 大木 崇, 伊東 進, 齋藤 憲, 中屋 豊 : 老年者における亜硝酸薬投与による胃運動および自律神経活動の関連性:胃電図および心拍変動スペクトル解析による検討, 第26回老年消化器病研究会, 2001年6月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進 : Ⅵ型コラーゲン受容体結合性の環状ペプチドを用いたラット肝星細胞ターゲット戦略, メディカルレビュー社, 大阪, 2001年7月..[著者] ...
閲覧 伊東 進, 清水 一郎, 本田 浩仁 : 図説消化器病シリーズ 第10巻(三田村圭二編集) ウィルス肝炎,肝硬変, 株式会社 メジカルビュー社, 東京, 2001年8月..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu : Antifibrogenic therapies in chronic HCV infection., Curr Drug Targets Infect Disord, Vol.1, No.2, 227-240, Aug. 2001..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進, 本田 浩仁 : 図解消化器病シリーズ10 ウイルス肝炎,肝硬変(三田村圭二編集), --- II.2. 血液生化学検査 ---, 株式会社 メジカルビュー社, 東京, 2001年8月..[著者] ...
閲覧 Yajun Zhou, Ichiro Shimizu, Guangming Lu, Mina Itonaga, Yoshihito Okamura, Masayuki Shono, Hirohito Honda, Shuji Inoue, Masami Muramatsu and Susumu Ito : Hepatic Stellate Cells Contain the Functional Estrogen Receptor β but Not the Estrogen Receptor α in Male and Female Rats, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.286, No.5, 1059-1065, 2001..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Hiroshi Inoue, Mitsuyasu Yano, Hirohiko Shinomiya, Satoshi Wada, Yasuhiro Tsuji, Akemi Tsutsui, Seisuke Okamura, Hiroshi Shibata and Susumu Ito : Estrogen receptor levels and lipid peroxidation in hepatocellular carcinoma with hepatitis C virus infection, Liver, Vol.21, No.5, 342-349, 2001..[著者] ...
閲覧 野村 昌弘, 伊賀 彰子, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 清水 一郎, 伊東 進 : 亜硝酸薬投与による胃運動および自律神経活動の反応:胃電図および血圧·心拍変動スペクトル解析による検討, 日本消化器病学会大会, (巻), (号), (頁), 2001年10月..[著者] ...
閲覧 伊賀 彰子, 野村 昌弘, 久次米 佐映, 宮本 弘志, 和田 哲, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 : 糖尿病におけるニザチジンの胃運動促進作用の検討:胃電図および心電図による評価, 日本消化器病学会大会, (巻), (号), (頁), 2001年10月..[著者] ...
閲覧 S Ichikawa, Seisuke Okamura, K Tujigami, Y Kusaka, M Tadatsu, Y Okita, A Tsutsui, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, Hiroshi Shibata, Ichiro Shimizu, Susumu Ito and K Umino : Quantitative Analysis of Red Color Sign in the Endoscopic Evaluation of Esophageal Varices, Endoscopy, Vol.33, No.9, 747-753, 2001..[著者] ...
閲覧 本田 浩仁, 久保 謙一郎, 豊田 敬生, 清水 一郎, 伊東 進 : グアナーゼからみたB型肝炎とC型肝炎との差異, 岡山医学会雑誌, Vol.114, (号), 215-216, 2002年..[著者] ...
閲覧 豊田 敬生, 本田 浩仁, 崔 学芝, 呂 广明, 岡本 耕一, 久保 謙一郎, 井上 博, 中園 雅彦, 清水 一郎, 伊井 邦雄, 伊東 進, 田中 秀樹 : H.pylori内視鏡診断におけるIHb値とRAC自動解析結果併用の有用性について, 消化管の臨床, Vol.8, (号), 107-110, 2002年..[著者] ...
閲覧 本田 浩仁, 久保 謙一郎, 豊田 敬生, 崔 学芝, 呂 広明, 清水 一郎, 伊東 進 : グアナーゼからみたB型肝炎とC型肝炎との差異, 岡山医学会雑誌, Vol.114, No.2, 9-30, 2002年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 野村 昌弘, 岡久 稔也 : 高齢者消化器がん検診時の循環動態モニタリングの重要性,(パネルディスカッション), 第64回日本消化器内視鏡学会総会, (巻), (号), (頁), 2002年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : 小柴胡湯による肝線維化および肝発癌阻止機構, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2002年(0月)..[著者] ...
閲覧 野村 昌弘, 伊賀 彰子, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 齋藤 憲, 中屋 豊 : 高齢者の非心臓性胸痛に対するニトロ製剤の是非:硝酸薬投与による胃運動と自律神経活動の検討, 第4回日本高齢者消化器医学会議, 2002年1月..[著者] ...
閲覧 K Katoh, Masahiro Nomura, yutaka Nakaya, Akiko Iga, Tomomi Nada, Aya Hiasa, Yoshie Ochi, Ritsuko Kawaguchi, N Uemura, Hirohito Honda, Susumu Ito and Ichiro Shimizu : Autonomic nervous activity before and after eradication of Helicobacter pylori in patients with chronic duodenal ulcer., Aliment Pharmacol Ther, Vol.16, No.1, 71-77, 2002..[著者] ...
閲覧 Yan Liu, Ichiro Shimizu, Toshihiro Omoya, Susumu Ito, Xiao-Song Gu and Ji Zuo : Protective effect of estradiol on hepatocytic oxidative damage., World Journal of Gastroenterology : WJG, Vol.8, No.2, 363-366, 2002..[著者] ...
閲覧 伊東 進, Lu Guangming, 清水 一郎, 糸永 美奈, Zhou Yajun, 井上 博, 岡村 住人, 庄野 正行, 本田 浩仁 : 肝星細胞におけるエストロゲン受容体βの発現, 医学と薬学, Vol.47, No.2, 229-231, 2002年..[著者] ...
閲覧 K Katoh, Masahiro Nomura, Yutaka Nakaya, Akiko Iga, Tomomi Nada, Aya Hiasa, Y Ochi, R Kawaguchi, N Uemura, Hirohito Honda, Ichiro Shimizu and Susumu Ito : Autonomic nervous activity before and after eradication of Helicobacter pylori in patients with chronic duodenal ulcer, Alimentary Pharmacology & Therapeutics, Vol.16, No.Suppl.2, 180-186, 2002..[著者] ...
閲覧 伊賀 彰子, 野村 昌弘, 和田 哲, 宮本 弘志, 久次米 佐映, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 : 消化器内視鏡下総胆管処置中の循環動態の検討, 第63回日本消化器内視鏡学会総会, (巻), (号), (頁), 2002年4月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 糸永 美奈, Guangming Lu, Xuezhi Cui, 豊田 敬生, 久保 謙一郎, 四宮 寛彦, 筒井 朱美, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 本田 浩仁, 伊東 進 : C型肝炎ウイルス持続感染患者の肝線維化における女性ホルモンの役割, 四国医学雑誌, Vol.58, No.1-2, 22-34, 2002年4月..[著者] ...
閲覧 Masako Kamamura, Hirohito Honda, Hiroshi Inoue, Hirohiko Shinomiya, Kenichiro Kobo, Akemi Tsutsui, Naoki Muguruma, Hiroshi Shibata, Ichiro Shimizu and Susumu Ito : Study of causes of higher mortality rates from chronic liver diseases in Tokushima Prefecture, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.49, No.3-4, 163-171, 2002..[著者] ...
閲覧 Guangming Lu, Ichiro Shimizu, Xuezhi Cui, Mina Itonaga, Katsuyoshi Tamaki, Hiroshi Fukuno, Hiroshi Inoue, Hirohito Honda and Susumu Ito : Interferon-α enhances biological defense activities against oxidative stress in cultured rat hepa-tocytes and hepatic stellate cells, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.49, No.3-4, 172-181, 2002..[著者] ...
閲覧 Yoshio Toyota, Hirohito Honda, Toshihiro Omoya, Kumi Inayama, Masaharu Suzuki, Kenichiro Kubo, Masahiko Nakasono, Naoki Muguruma, Seisuke Okamura, Ichiro Shimizu, Kunio Ii and Susumu Ito : Usefulness of a hemoglobin index determined by electronic endoscopy in the diagnosis of Helicobacter pylori gastritis, Digestive Endoscopy, Vol.14, No.4, 156-162, 2002..[著者] ...
閲覧 Miyako NIKI, Ichiro Shimizu, Takahiro HORIE, Michiyo OKAZAKI, Tatsuhiko SHIRAISHI, Hisashi TAKEUCHI, Soichiro FUJIWARA, Masahiko MURATA, Koji YAMAMOTO, Arata IUCHI, Yoshio ATAGI and Susumu Ito : Hepatic portal venous gas disappearing within 24 hours, Internal Medicine, Vol.41, No.11, 950-952, 2002..[著者] ...
閲覧 豊田 敬生, 本田 浩仁, 板垣 達三, 三宮 勝隆, 久保 謙一郎, 井本 佳孝, 岡本 耕一, 六車 直樹, 岡村 誠介, 清水 一郎, 伊東 進 : ラフチジンの胃粘膜防御能亢進作用についての検討, --- ーラフチジンとファモチジンとの無作為比較試験ー ---, 消化器の臨床, Vol.6, No.5, 585-589, 2003年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 野村 昌弘, 青木 利佳, 福野 天, 居和城 宏, 筒井 朱美, 六車 直樹, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 伊東 進 : 高齢者消化管癌検診時の循環動態モニタリングの重要性, 消化器科, Vol.37, (号), 103-108, 2003年..[著者] ...
閲覧 野山 晏志, 野村 昌弘, 伊賀 彰子, 上村 英子, 友兼 優子, 蔭山 徳人, 山下 潤司, 近藤 憲保, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 西角 彰良, 矢野 充保, 清水 一郎, 伊東 進 : 消化器内視鏡下総胆管処置中における自律神経活動と心電図変化, 消化管の臨床, Vol.9, (号), 57-62, 2003年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : 腹水, 西村書店, (都市), 2003年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : 腹水検査, 西村書店, 新潟, 2003年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : 腹腔鏡, 西村書店, (都市), 2003年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : C型慢性肝炎のインターフェロン治療, 西村書店, (都市), 2003年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : 針刺し事故, 西村書店, (都市), 2003年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : ダイナミック・メディシン, --- 胆道の構造と機能 ---, 西村書店, 新潟, 2003年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : 女性肝臓学入門, --- -ウイルス性慢性肝疾患における女性ホルモンの優れた役割- ---, (発行所), (都市), 2003年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 玉木 克佳, 柴田 啓志, 浦田 真里, 板垣 達三, 大塩 敦郎, 井本 佳孝, 岡本 耕一, 佐藤 康紀, 青木 利佳, 福野 天, 居和城 宏, 村田 昌彦, 筒井 朱美, 六車 直樹, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 伊東 進 : 当科におけるラジオ波焼灼療法を用いた肝腫瘍治療, --- ―preliminary report― ---, 徳島医学会, 徳島, 2003年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, Cui Xuezhi, Lu Guangming, 糸永 美奈, 岡村 住人, 庄野 正行, 三宮 勝隆, 久保 謙一郎, 本田 浩仁, 伊東 進 : 肝細胞アポトーシスにおけるエストラジオールとエストロゲン受容体βの抑制的関与, 自然科学社, 東京, 2003年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 岡崎 三千代, 堀江 貴浩, 竹内 尚, 藤原 堅祐, 藤原 宗一郎, 山本 浩史, 井内 新 : 閉塞性大腸炎と虚血性大腸炎の異同を考えさせられた1例, 朝倉書店, 東京, 2003年(0月)..[著者] ...
閲覧 上原 康三, 野村 昌弘, 上村 英子, 澤 優子, 伊賀 彰子, 原田 顕治, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 西角 彰良, 清水 一郎, 伊東 進, 矢野 充保 : 脈波伝播速度と上部内視鏡検査中の循環動態との関連性, 第5回日本高齢消化器医学会, (巻), (号), (頁), 2003年1月..[著者] ...
閲覧 Toshihiro Omoya, Ichiro Shimizu, Chiaki Horie, D-F Yao, Mina Itonoga, Hirohito Honda and Susumu Ito : Mutations of the core gene sequence of HCV from patients with hepatocellular carcinoma in China., (発行所), Amsterdam, Jan. 2003..[著者] ...
閲覧 Hiroko Matsunaga, Hirohito Honda, Kenichiro Kubo, Katsutaka Sannomiya, Xuezhi Cui, Yoshio Toyota, Toshifumi Mori, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura, Ichiro Shimizu and Susumu Ito : Clinical value of the determination of serum guanase activity in patients with chronic hepatitis type C, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.50, No.1-2, 64-71, 2003..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu : Impact of estrogens on the progression of liver disease., Liver International, Vol.23, No.1, 63-69, Feb. 2003..[著者] ...
閲覧 伊東 進, 清水 一郎, 糸永 美奈, 岡村 住人, 三宮 勝隆, 本田 浩仁 : 肝細胞アポトーシスにおけるエストラジオールとエストロゲン受容体βの抑制的関与, 医学と薬学, Vol.49, No.2, 211-213, 2003年..[著者] ...
閲覧 Cui Xuezhi, 清水 一郎, Lu Guangming, 糸永 美奈, 岡村 住人, 庄野 正行, 三宮 勝隆, 久保 謙一郎, 本田 浩二, 伊東 進 : 肝細胞アポトーシスにおけるエストラジオールとエストロゲン受容体βの抑制的関与, 医学と薬学, Vol.49, No.2, 211-213, 2003年..[著者] ...
閲覧 Hiroshi Inoue, Ichiro Shimizu, Guangming Lu, Mina Itonaga, Xuezhi Cui, Yoshihito Okamura, Masayuki Shono, Hirohito Honda, Satoshi Inoue, Masami Muramatsu and Susumu Ito : Idoxifene and Estradiol Enhance Antiapoptotic Activity Through Estrogen Receptor- in Cultured Rat Hepatocytes, Digestive Diseases and Sciences, Vol.48, No.3, 570-580, 2003..[著者] ...
閲覧 上村 英子, 野村 昌弘, 澤 優子, 伊賀 彰子, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 矢野 充保 : 上部消化器内視鏡検査における循環動態への影響:脈波伝播速度との関連性, 第65回日本消化器内視鏡学会総会, (巻), (号), (頁), 2003年5月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : 別冊「医学のあゆみ」 現代西洋医学からみた東洋医学(今西二郎編集), --- 5. 小柴胡湯による肝線維化および肝発癌阻止機構 ---, 医歯薬出版 株式会社, 東京, 2003年5月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : ダイナミック・メディシン, --- 悪心・嘔吐 ---, 西村書店, 新潟, 2003年5月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : ダイナミック・メディシン, --- 黄疸 ---, 西村書店, 新潟, 2003年5月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : ダイナミック・メディシン, --- 肝腫大 ---, 西村書店, 新潟, 2003年5月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : 肝ダイナミック・メディシン, --- 肝の構造と機能 ---, 西村書店, 新潟, 2003年7月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : ダイナミック・メディシン, --- 肝疾患の薬剤 ---, 西村書店, 新潟, 2003年7月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : ダイナミック・メディシン, --- 慢性肝疾患における女性ホルモンのパワー ---, 西村書店, 新潟, 2003年7月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : ダイナミック・メディシン, --- 女性と肝線維化 ---, 西村書店, 新潟, 2003年7月..[著者] ...
閲覧 庄野 文章, 西岡 安彦, 清水 一郎, 田代 征記, 濱 佳子, 伊東 進, 水口 和生 : 徳島大学医学部附属病院における抗菌薬適正使用の取り組みと使用状況, 医療薬学, Vol.29, No.5, 611-615, 2003年..[著者] ...
閲覧 Xuezhi Cui, Ichiro Shimizu, Guangming Lu, Mina Itonaga, Hiroshi Inoue, Masayuki Shono, Katsuyoshi Tamaki, Hiroshi Fukuno, Hikaru Ueno and Susumu Ito : Inhibitory effect of a soluble transforming growth factor β type II receptor on the activation of rat hepatic stellate cells in primary culture, Journal of Hepatology, Vol.39, No.5, 731-737, 2003..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu : Sho-Saiko-To. In; Herbal Medicines: Molecular Basis in Health and Disease Management., Marcel Dekker.Inc, New York, (month)2004..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu : Recent therapeutic developments in hepatic fibrosis. In; Fibrinogenesis: Cellular and Molecular Basis., Landes Bioscience, Georgetown, (month)2004..[著者] ...
閲覧 伊東 進, 本田 浩仁, 清水 一郎 : 広範囲 血液·尿科学検査 免疫学的検査, --- ーその数値をどう読むかー[第6版] (1) グアナーゼ(GU) ---, 日本臨牀, Vol.62, (号), 415-417, 2004年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : 病院感染対策ガイドライン (国立大学医学部附属病院感染対策協議会編集), --- 3. 針刺し事故対策 ---, 株式会社 じほう, 東京, 2004年1月..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu : Herbal Medicines: Molecular Basis in Health and Disease., (発行所), New York, Jan. 2004..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu : Cellular and Molecular Basis of Fibrinogenesis., (発行所), Georgetown, Jan. 2004..[著者] ...
閲覧 Guangming Lu, Ichiro Shimizu, Xuezhi Cui, Mina Itonaga, Katsuyoshi Tamaki, Hiroshi Fukuno, Hiroshi Inoue, Hirohito Honda and Susumu Ito : Antioxidant and antiapoptotic activities of idoxifene and estradiol in hepatic fibrosis in rats., Life Sciences, Vol.74, No.7, 897-907, 2004..[著者] ...
閲覧 三宮 勝隆, 本田 浩仁, 久保 謙一郎, 崔 学芝, 糸永 美奈, 伊井 邦雄, 清水 一郎, 伊東 進 : 肝臓におけるグアナーゼ研究の新しい可能性, 医学と薬学, Vol.51, No.2, 280-282, 2004年..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 糸永 美奈, 板垣 達三, 三宮 勝隆, 久保 謙一郎, 本田 浩仁, 伊東 進, 上野 光 : 細胞療法の基礎と臨床, --- 可溶型TGF-βⅡ型受容体の肝星細胞活性化抑制作用 ---, 株式会社 アークメディア, 東京, 2004年6月..[著者] ...
閲覧 伊東 進, 清水 一郎, 堀江 貴浩, 藤原 宗一郎, 岡崎 三千代, 白石 達彦 : 胃粘膜下腫瘍様形態を示した肝外発育型肝細胞癌, 消化器内視鏡, Vol.16, No.7, 1204-1205, 2004年7月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 竹内 尚, 堀江 貴浩, 藤原 宗一郎, 岡崎 三千代, 白石 達彦, 伊東 進 : 胃粘膜下腫瘍様形態を示した肝外発育型肝細胞癌, 株式会社 東京医学社, 東京, 2004年7月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 庄野 文章, 濱 佳子 : 徳島大学病院における安全器材の導入と特定抗菌薬の使用届出, 医薬ジャーナル社, 大阪, 2004年11月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進, 本田 浩仁 : グアナーゼ(GU), 日本臨牀社, 大阪, 2004年11月..[著者] ...
閲覧 Katsuyoshi Tamaki, Ichiro Shimizu, Atsuo Oshio, Hiroshi Fukuno, Hiroshi Inoue, Akemi Tsutsui, Hiroshi Shibata, Nobuya Sano and Susumu Ito : Influence of large intrahepatic blood vessels on the gross and histological characteristics of lesions prpduced by radiofrequency ablation in a pig livermodel, Liver International, Vol.24, No.6, 696-701, 2004..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 鈴木 麗子, 庄野 文章 : 針刺し・切り傷の予防と暴露後感染予防法, 南江堂, 東京, 2005年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 岡崎 三千代, 伊東 進, 石川 桃子, 藤原 竪祐, 藤原 宗一郎, 堀江 貴浩, 山本 浩史, 井内 新 : 胃潰瘍治癒過程におけるプロスタグランジンとロイコトリエンの産生に及ぼすプロトンポンプ阻害剤とH2ブロッカーの比較, 朝倉書店, 東京, 2005年(0月)..[著者] ...
閲覧 伊東 進, 本田 浩仁, 清水 一郎, 福野 天, 三宮 勝隆, 大塩 敦朗, 浦田 真理, 板垣 達三, Xinliang Cheng : 肝星細胞のおける酸化ストレスを介したTGF-β発想に及ぼすエストラジオールとプロゲステロンの作用, 医学と薬学, Vol.53, No.1, 96-98, 2005年1月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, Cheng Xinliang, 板垣 達三, 浦田 真理, 大塩 敦郎, 三宮 勝隆, 久保 謙一郎, 福野 天, 本田 浩仁, 伊東 進 : 肝星細胞における酸化ストレスを介したTGF-β発現に及ぼすエストラジオールとプロゲステロンの作用, 自然科学社, 東京, 2005年1月..[著者] ...
閲覧 Takahiro Horie, Ichiro Shimizu, Michiyo Okazaki, Kensuke Fujiwara, Soichiro Fujiwara, Koji Yamamoto, Arata Iuchi, Akihito Tanagami, Mitsuyoshi Hirokawa and Susumu Ito : A patient with adult extrahepatic portal obstruction, of which distinction from intrahepatic cholangiocarcinoma was difficult., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.3, 203-207, 2005..[著者] ...
閲覧 Tatsuzo Itagaki, Ichiro Shimizu, Xinliang Cheng, Ying Yuan, Atsuo Oshio, Katsuyoshi Tamaki, Hiroshi Fukuno, Hirohito Honda, Yoshihito Okamura and Susumu Ito : Opposing effects of oestradiol and progesterone on intracellular pathways and activation processes in the oxidative stress-induced activation of cultured rat hepatic stellate cells., Gut, Vol.54, No.12, 1782-1789, 2005..[著者] ...
閲覧 Susumu Ito, Ichiro Shimizu, Michiyo Okazaki, Kohzo Uehara and Arata Iuchi : A patient with octopus pot-shaped cardial cancer that metastasized to multipleorgans, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.1-2, 122-125, 2005..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進 : 肝炎・肝癌, 徳島医学会, 徳島, 2005年12月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 板垣 達三, 浦田 真理, 三宮 勝隆, 玉木 克佳, 福野 天, 久保 謙一郎, 本田 浩仁, 伊東 進 : 実験的ラット培養肝星細胞における酸化ストレスを介したNADH/NADPHオキシダーゼ活性とTGF-β発現に及ぼすエストラジオールとプロゲステロンの相反する作用, ライフサイエンス出版 株式会社, 東京, 2005年12月..[著者] ...
閲覧 伊東 進, 清水 一郎 : 特集2:健康であるために何をすべきか? 肝炎·肝癌, 四国医学雑誌, Vol.61, No.5,6, 147-154, 2005年12月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 朴 洪宇, 神谷 典穂, 渡部 純二, 横山 英輝, 平田 彰彦, 藤井 尊, 後藤 雅宏, 伊東 進 : 新規経口型ジクロフェナック製剤の開発, 社団法人 化学工学会, 東京, 2006年(0月)..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 鈴木 麗子, 庄野 文章 : (題名), --- 針刺し・切り傷の予防と暴露後感染予防法 ---, (発行所), (都市), 2006年(0月)..[著者] ...
閲覧 伊東 進, 清水 一郎, 板垣 達三, 青柳 えり子, 浦田 真理, 三宮 勝隆, 玉木 克佳, 福野 天, 本田 浩仁 : 1)肝星細胞における収縮運動とエンドセリン受容体発現に及ぼすエストラジオールの抑制作用, 医学と薬学, Vol.55, No.1, 68-70, 2006年1月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : 女性肝臓学入門, --- -肝臓を守る女性のパワーを探る- ---, 株式会社 じほう, 東京, 2006年1月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 袁 穎, 魏 媚, 沈 蜜, 板垣 達三, 青柳 えり子, 浦田 真理, 三宮 勝隆, 玉木 克佳, 福野 天, 本田 浩仁, 伊東 進 : 肝星細胞における収縮運動とエンドセリン受容体発現に及ぼすエストラジオールの抑制作用, 自然科学社, 東京, 2006年1月..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu : Liver Diseases: Biochemical Mechanisms and New Therapeutic Insights., --- Developing therapeutic strategies for hepatic fibrosis. ---, Science Pub Inc, New Hampshire,, Jan. 2006..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 長瀬 教夫 : コメディカルのための内科学 (第3版), --- 感染症 ---, 医学出版社, 東京, 2006年3月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 伊東 進, 本田 浩仁, 岡村 誠介, 六車 直樹 : コメディカルのための内科学 (第3版), --- 消化器疾患 ---, 医学出版社, 東京, 2006年3月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 白石 達彦, 石川 桃子, 藤原 宗一郎, 岡崎 三千代, 堀江 貴浩, 伊東 進 : 深部まで観察しないと発見できなかった十二指腸悪性リンパ腫, 株式会社 東京医学社, 東京, 2006年3月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : 女性肝臓学入門, 西村書店, 東京, 2006年4月..[著者] ...
閲覧 Hongyu Piao, Noriho Kamiya, Junji Watanabe, Hideakira Yokoyama, Akihiko Hirata, Takeru Fujii, Ichiro Shimizu, Susumu Ito and Masahiro Goto : Oral delivery of diclofenac sodium using a novel solid-in-oil suspension., International Journal of Pharmaceutics, Vol.313, No.1-2, 159-162, 2006..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu : Bupleurum Species - Scientific Evaluation and Clinical Applications., --- Chapter14. Anti-hepatofibrotic effect of Xiao-Chaihu-Tang (Sho-Saiko-To) ---, Crc Pr I Llc, (都市), April 2006..[著者] ...
閲覧 Soichiro Fujiwara, Ichiro Shimizu, Momoko Ishikawa, Kohzo Uehara, Hirohumi Yamamoto, Michiyo Okazaki, Susumu Ito, Takahiro Horie and Arata Iuchi : Intestinal Behcet's disease with esophageal ulcers and colonic longitudinal ulcers., World Journal of Gastroenterology : WJG, Vol.12, No.16, 2622-2624, 2006..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : 女性と脂肪肝, --- ―前編― 脂肪肝と内臓脂肪蓄積 ---, 性差と医療, Vol.2006.8, No.3 (8), 863-867, 2006年8月..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Michiyo Okazaki, Tatsuhiko Shiraishi, Takahiro Horie, Arata Iuchi, Yoshio Atagi and Susumu Ito : Hepatobiliary cystadenocarcinoma without mesenchymal stroma showing a good prognosis, Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.21, No.8, 1356-1358, (都市), Aug. 2006..[著者] ...
閲覧 Susumu Ito, Kenichirou Kubo, Hirohito Honda, Katsutaka Sannomiya, Yuan Aying, Wei Mei, Shen Mi, Ichiro Shimizu and Kunio Ii : Histochemical and immunohistochemical investigation of guanase and, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.3.4, 264-270, 2006..[著者] ...
閲覧 清水 一郎 : 女性と脂肪肝, --- ―後編― 閉経前女性は脂肪肝ができにくい ---, 性差と医療, Vol.2006.9, No.3 (9), 961-965, 2006年9月..[著者] ...
閲覧 Momoko Ishikawa, Ichiro Shimizu, Kohzo Uehara, Soichiro Fujiwara, Tatsuhiko Shiraishi, Hirofumi Yamamoto, Takahiro Horie, Arata Iuchi and Susumu Ito : A patient with early syphilis complicated by fatty liver who showed an alleviation of hepatopathy accompanied by jaundice after receiving anti-syphilitic therapy, Internal Medicine, Vol.45, No.16, 953-956, 2006..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, Xinliang Cheng, Ying Yuan, Mei Wei, Mi Shen, Huiwei Huang, Mari Urata, Katsutaka Sannomiya, Hiroshi Fukuno, Tomoko Hashimito-Tamaoki and Susumu Ito : Effects of estradiol and progesterone on tumor necrosis factor alpha-induced apoptosis in human hepatoma HuH-7 cells, Life Sciences, Vol.79, No.21, 1988-1994, Oct. 2006..[著者] ...
閲覧 Jianghong He, 清水 一郎, Huiwei Huang, 板垣 達三, 浦田 真里, 三宮 勝隆, 玉木 克佳, 福野 天, 本田 浩仁, 伊東 進, 新津 洋司郎 : 腫瘍融解ウイルスとNK4による肝癌進展遺伝子治療, (誌名), (巻), (号), (頁), 2006年12月..[著者] ...
閲覧 清水 一郎, 板垣 達三, 浦田 真里, 三宮 勝隆, 玉木 克佳, 福野 天, 本田 浩仁, 伊東 進 : エストロゲンによる肝脂肪化抑制作用, (誌名), (巻), (号), (頁), 2006年12月..[著者] ...
閲覧 Hirohito Honda, Ichiro Shimizu, H Huang, J He, T Itagaki, M Urata, H Fukuno, K Tamaki, M Shono, Y Niitsu and Susumu Ito : Combined gene therapy with oncolytic replication-selective adenovirus and NK-4 against tumor growth and invasion in alpha-fetoprotein-producing hepatocellular carcinoma, 17th Asian Pacific for the Study of the Liver (APASL), (巻), (号), (頁), Kyoto, March 2007..[著者] ...
閲覧 H Takenaka, Ichiro Shimizu, H Huang, J He, M Urata, K Sannomiya, K Tamaki, Hirohito Honda, M Shono and Susumu Ito : Impact of estradiol on the sex-associated difference of fatty liver, Digestive Disease Week, (巻), (号), (頁), Washington DC, May 2007..[著者] ...
閲覧 Ichiro Shimizu, N. Kohno, K. Tamaki, Masayuki Shono, H.W. Hung and D.F. Yao : Femal hepatology: Favorable role of estrogen in chronic liver disease with hepatitis B virus infection, World Journal of Gastroenterology : WJG, Vol.13, No.32, 4295-4305, 2007..[著者] ...
閲覧 Huiwei Huang, Jianghong He, Ying Yuan, Eriko Aoyagi, Hidetaka Takenaka, Tatuzo Itagaki, Katsutaka Sannomiya, Katsuyoshi Tamaki, Nagakatsu Harada, Masayuki Shono, Ichiro Shimizu and Tetsuji Takayama : Opposing effects of estradiol and progesterone on the oxidative stress-induced production of chemokine and proinflammatory cytokines in murine peritoneal macrophages., The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.1-2, 133-141, 2008..[著者] ...
閲覧 Ying Yuan, Ichiro Shimizu, Mi Shen, Eriko Aoyagi, Hidetaka Takenaka, Tatuzo Itagaki, Mari Urata, Katsutaka Sannnomiya, Nao Kohno, Katsuyoshi Tamaki, Masayuki Shono and Tetsuji Takayama : Effects of estradiol and progesterone on the proinflammatory cytokine production by mononuclear cells from patients with chronic hepatitis C., World Journal of Gastroenterology : WJG, Vol.14, No.14, 2200-2207, 2008..[著者] ...
閲覧 Masayuki Shono, Ichiro Shimizu, Eriko Aoyagi, Tatsuya Taniguchi, Hidetaka Takenaka, Momoko Ishikawa, Mari Urata, Katsutaka Sannomiya, Katsuyoshi Tamaki, Nagakatsu Harada, Yutaka Nakaya and Tetsuji Takayama : Reducing Effect of Feeding Powdered Nacre of Pinctada maxima on the Visceral Fat of Rats, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Vol.72, No.10, 2761-2763, 2008..[著者] ...
閲覧 森 博愛, 清水 一郎, 長瀬 教夫, 野村 昌弘, 西角 彰良, 井内 新, 伊東 進, 本田 浩仁, 岡村 誠介, 二宮 恒夫, 齋藤 憲, 田村 禎通, 中屋 豊, 六車 直樹, 橋本 俊顕, 高橋 昌江 : メディカルスタッフのための内科学(第4版), 医学出版社, 東京, 2013年3月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.69, Max(EID) = 405269, Max(EOID) = 1099251.