『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 大塚 邦紘 ([徳島大学.病院.先端歯科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔外科])

登録情報の数

有効な情報: 15件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 16件

全ての有効な情報 (15件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(3)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(3)
閲覧 (未定義) …(12)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 平尾 功治, 湯本 浩通, 大塚 邦紘, 石丸 直澄, 松尾 敬志 : 歯内由来病変と混同しやすい根尖病変様のエックス線透過像を有する症例, 第18回西日本歯内療法学会会研修会(2018年度), (巻), (号), (頁), 2018年9月..[著者] ...
閲覧 牛尾 綾, Kunihiro Otsuka, Rieko Arakaki, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : CCL22 and autoimmune diseases, 臨床免疫・アレルギー科 = Clinical immunology & allergology, Vol.71, No.5, 520-526, 2019..[著者] ...
閲覧 Rieko Arakaki, Aya Ushio, Kunihiro Otsuka, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : A novel method for measuring small amounts of saliva in mice, Oral Science International, Vol.16, No.3, 178-180, 2019..[著者] ...
閲覧 Kunihiro Otsuka, Akiko Yamada, Masako Saito, Aya Ushio, Mami Sato, Satoru Kisoda, Wenhua Shao, Takaaki Tsunematsu, Yasusei Kudo, Rieko Arakaki and Naozumi Ishimaru : Ascl2-Regulated Follicular Helper T Cells Promote Autoimmunity in a Murine Model for Sjögren's Syndrome., The American Journal of Pathology, (巻), (号), (頁), 2019..[著者] ...
閲覧 Aya Miyazaki, Asuna Sugimoto, Keigo Yoshizaki, Keita Kawarabayashi, Kokoro Iwata, Rika Kurogohshi, Takamasa Kitamura, Kunihiro Otsuka, Tomokazu Hasegawa, Yuki Akazawa, Satoshi Fukumoto, Naozumi Ishimaru and Tsutomu Iwamoto : Coordination of WNT signaling and ciliogenesis during odontogenesis by piezo type mechanosensitive ion channel component 1, Scientific Reports, Vol.9, No.1, 14762, 2019..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 安友 康二 : 遺伝・ゲノム学 特発性肺線維症と遺伝子変異, 医学のあゆみ, Vol.275, No.9, 988-989, 2020年(0月)..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 安友 康二 : ヒト免疫疾患の疾患遺伝子解析からのアプローチ 家族性肺線維症の原因遺伝子同定研究から肺線維化の病態を探る, 炎症と免疫, Vol.28, No.6, 454-459, 2020年(0月)..[著者] ...
閲覧 鈴木 昭浩, 大塚 邦紘, 髙成 広起, 永松 謙太郎, 白井 昭博 : 次世代光による細胞光応答の解明, LED総合フォーラム 2020 in 徳島 論文集, Vol.P-17, 105-106, 2020年..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群における濾胞ヘルパーT細胞の役割 (特集 濾胞ヘルパーT細胞と疾患), 臨床免疫·アレルギー科, Vol.73, No.3, 241-248, 2020年3月..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 安友 康二 : 特発性肺線維症の病態におけるネクロプトーシス, 臨床免疫·アレルギー科, Vol.74, No.2, 192-198, 2020年8月..[著者] ...
閲覧 Yuki Sasaki, Kunihiro Otsuka, Hideki Arimochi, Shin-ichi Tsukumo and Koji Yasutomo : Distinct Roles of IL-1 and IL-18 in NLRC4-Induced Autoinflammation., Frontiers in Immunology, Vol.11, (号), 591713, 2020..[著者] ...
閲覧 加治佐 平, 矢野 隆章, 大塚 邦紘, 九十九 伸一, 坂根 亜由子, 駒 貴明, 野間口 雅子, 安友 康二, 佐々木 卓也, 安井 武史 : SARS-CoV-2由来RNAの高感度検出に向けたプラズモニックバイオセンサ, 第68回 応用物理学会春季学術講演会, (巻), (号), (頁), 2021年3月..[著者] ...
閲覧 Michittra Boonchan, Hideki Arimochi, Kunihiro Otsuka, Tomoko Kobayashi, Hisanori Uehara, Thiranut Jaroonwitchawan, Yuki Sasaki, Shin-ichi Tsukumo and Koji Yasutomo : Necroptosis protects against exacerbation of acute pancreatitis., Cell Death & Disease, Vol.12, No.6, (頁), 2021..[著者] ...
閲覧 Boonchan Michittra, Hideki Arimochi, Kunihiro Otsuka, Tomoko Kobayashi, Hisanori Uehara, Jaroonwitchawan Thiranut, Yuki Sasaki, Shin-ichi Tsukumo and Koji Yasutomo : Deficiency in Ripk3 or Mlkl exacerbates acute pancreatitis with increased apoptosis of acinar cell, 第19回 四国免疫フォーラム, (巻), (号), (頁), June 2021..[著者] ...
閲覧 仲原 拓弥, 麻植 凌, 加治佐 平, 時実 悠, 南川 丈夫, 田上 周路, 大塚 邦紘, 坂根 亜由子, 安友 康二, 佐々木 卓也, 安井 武史 : 屈折率センシング光コムを用いたバイオセンシングに関する検討(4)~新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の検出~, 第82回応用物理学会秋季学術講演会, 13p-N322-7, 2021年9月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

閲覧 仲原 拓弥, 麻植 凌, 加治佐 平, 時実 悠, 南川 丈夫, 田上 周路, 大塚 邦紘, 坂根 亜由子, 安友 康二, 佐々木 卓也, 安井 武史 : 屈折率センシング光コムを用いたバイオセンシングに関する検討(4)~新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の検出~, 第82回応用物理学会秋季学術講演会, 13p-N322-7, 2021年9月.---(Modified by 安井 武史 at 2021年8月4日(水) 16:00:18) ...

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.41, Max(EID) = 378121, Max(EOID) = 1011686.