『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 牛尾 綾 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])

登録情報の数

有効な情報: 84件 + 無効な情報: 7件 = 全ての情報: 91件

全ての有効な情報 (84件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(68)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(68)
閲覧 (未定義) …(16)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Satoko Kujiraoka, Takaaki Tsunematsu, Yukiko Sato, Maki Yoshida, Ayataka Ishikawa, Rei Tohyama, Michio Tanaka, Yutaka Kobayashi, Tomoyuki Kondo, Aya Ushio, Kunihiro Otsuka, Mie Kurosawa, Masako Saito, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Hirokazu Nagai, Hiromasa Nikai, Kengo Takeuchi, Toshitaka Nagao, Youji Miyamoto, Naozumi Ishimaru and Yasusei Kudo : Establishment and characterization of a clear cell odontogenic carcinoma cell line with EWSR1-ATF1 fusion gene., Oral Oncology, Vol.69, 46-55, 2017..[著者] ...
閲覧 Aya Ushio, Rieko Arakaki, Hiroshi Eguchi, Fumika Hotta, Akiko Yamada, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Pathological Analysis of Ocular Lesions in a Murine Model of Sjögren's Syndrome., International Journal of Molecular Sciences, Vol.18, No.6, (頁), 2017..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 牛尾 綾, 鯨岡 聡子, 黒澤 実愛, 常松 貴明, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群疾患モデルにおける胚中心反応の解析, 第28回日本臨床口腔病理学会, Vol.28, (号), (頁), 2017年8月..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, 牛尾 綾, 黒澤 実愛, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : Analysis of follicular helper T cells in a mouse model for Sjogren's syndorome., 日本免疫学会総会·学術集会記録, Vol.46, 81, 2017年12月..[著者] ...
閲覧 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 大塚 邦紘, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : CCL22-producing resident macrophages enhancesnautoimmune lesions in a mouse model of Sjogren's syndorome., 日本免疫学会総会·学術集会記録, Vol.46, (号), 119, 2017年12月..[著者] ...
閲覧 Naozumi Ishimaru, Mie Kurosawa, Rieko Arakaki, Aya Ushio, otsuka kunihiro and Yasusei Kudo : Contributions of CXCL12 and its receptor to the T cell autoimmune response in a Sjögren's syndrome murine model., 14th International Symposium on Sjögren's Syndrome, Washington, D.C., April 2018..[著者] ...
閲覧 Rieko Arakaki, Aya Ushio, Kunihiro Ohtsuka, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : NF-kB2 Controls the Migratory of Memory T cells to the Target Tissues in a Mouse Model of Sjogren's Syndorome by Regulating Expression of CXCR4., 11th International Congress of Autoimmunity, Lisbon, May 2018..[著者] ...
閲覧 Aya Ushio, Rieko Arakaki, Kunihiro Ohtsuka, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : CCL22Producing Resident Macrophages Enhances InflaMMation in Salivary Glands of Sjogren's Syndorome., 11th International Congress of Autoimmunity, (巻), (号), (頁), Lisbon, May 2018..[著者] ...
閲覧 Kunihiro Ohtsuka, Akiko Yamada, Masako Saito, Aya Ushio, Takaaki Tsunematsu, Rieko Arakaki, Yasusei Kudo, Hidehiro Kishimmoto and Naozumi Ishimaru : Analysis of follicular helper T cells in a mouse model for Sjogren's Syndorome., 11th International Congress of Autoimmunity, (巻), (号), (頁), Lisbon, May 2018..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 牛尾 綾, 常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群疾患モデルの自己免疫病変における濾胞ヘルパーT細胞の役割, 日本病理学会会誌, Vol.107, 2018年6月..[著者] ...
閲覧 沼田 雪乃, 大塚 邦紘, 山田 安希子, 牛尾 綾, 常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群疾患モデルにおけるNotchシグナルの役割, 日本病理学会会誌, Vol.107, (号), (頁), 2018年6月..[著者] ...
閲覧 西條 早紀, 大塚 邦紘, 常松 貴明, 大塚 邦紘, 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : Emi1の過剰発現による人工口腔癌幹細胞の作成, 日本病理学会会誌, Vol.107, (号), (頁), 2018年6月..[著者] ...
閲覧 中山 慎一朗, 新垣 理恵子, 牛尾 綾, 大塚 邦紘, 常松 貴明, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルマウス唾液腺におけるIL-33の発現とその役割, 日本病理学会会誌, Vol.107, (号), (頁), 2018年6月..[著者] ...
閲覧 新垣 理恵子, 牛尾 綾, 大塚 邦紘, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 全身吸入暴露による多層化カーボンナノチューブの肺胞マクロファージへの影響, 日本病理学会会誌, Vol.107, (号), (頁), 2018年6月..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 牛尾 綾, 木曽田 暁, 常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群疾患モデルの自己免疫病変における濾胞ヘルパーT細胞の役割, 分子病理学研究会, (巻), (号), (頁), 2018年7月..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 牛尾 綾, 木曽田 暁, 常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : Asc/2を介した濾胞ヘルパーT細胞分化異常が自己免疫疾患の病態形成に関与する., 日本臨床口腔病理学会, 2018年8月..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 牛尾 綾, 木曽田 暁, 常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群疾患モデルの自己免疫病変における濾胞ヘルパーT細胞の役割, 日本歯科基礎医学会誌, 2018年9月..[著者] ...
閲覧 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 大塚 邦紘, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : CCL22産生唾液腺マクロファージはシェーグレン症候群の病態に関与する, シェーグレン症候群学会, (巻), (号), (頁), 2018年9月..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 牛尾 綾, 木曽田 暁, 常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群疾患モデルの自己免疫病変における濾胞ヘルパーT細胞の役割, 日本シェーグレン症候群学会, (巻), (号), (頁), 2018年9月..[著者] ...
閲覧 Kunihiro Ohtsuka, Kohichi Yamada, Yuhji Taquahashi, Rieko Arakaki, Aya Ushio, Masako Saito, Akiko Yamada, Takaaki Tsunematsu, Yasusei Kudo, Jun Kanno and Naozumi Ishimaru : Long-term polarization of alveolar macrophages to a profibrotic phenotype after inhalation exposure to multi-wall carbon nanotubes., PLoS ONE, Vol.13, No.10, e0205702., 2018..[著者] ...
閲覧 Aya Ushio, Rieko Arakaki, Kunihiro Ohtsuka, Akiko Yamada, Takaaki Tsunematsu, Yasusei Kudo, Keiko Aota, Masayuki Azuma and Naozumi Ishimaru : CCL22-Producing Resident Macrophages Enhance T Cell Response in Sjögren's Syndrome., Frontiers in Immunology, Vol.9, 2594, 2018..[著者] ...
閲覧 Kunihiro Ohtsuka, Akiko Yamada, Masako Saito, Aya Ushio, Satoru Kisoda, Takaaki Tsunematsu, Yasusei Kudo, Rieko Arakaki and Naozumi Ishimaru : A crucial role of follicular helper T cells in autoimmunity of a mouse model for Sjogren's syndorome., Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Dec. 2018..[著者] ...
閲覧 Aya Ushio, Rieko Arakaki, Kunihiro Ohtsuka, Akiko Yamada, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : CCL22-producing macrophages promote T cell autoimmunity in the target organ of Sjogren's syndorome., Proceedings of the Japanese Society for Immunology, (巻), (号), (頁), Dec. 2018..[著者] ...
閲覧 Rieko Arakaki, Nakayama Shinichiro, Aya Ushio, Otsuka Kunihiro, Kisoda Satoshi, Takaaki Tsunematsu, Akiko Yamada, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : The role of the cleaved from IL-33 in pathogenesis of Sjogren's syndorome(SS), Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Dec. 2018..[著者] ...
閲覧 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群病態形成におけるCCL22産生マクロファージの役割, 第108回日本病理学会総会, 2019年5月..[著者] ...
閲覧 松倉 春奈, 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群疾患モデルにおける胚病変の解析, 第108回日本病理学会総会, (巻), (号), (頁), 2019年5月..[著者]+[指導教員] ...
閲覧 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 山田 安希子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルマウスの標的組織マクロファージが病態形成に及ぼす影響, 第18回四国免疫フォーラム, 2019年6月..[著者] ...
閲覧 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルマウスの唾液腺病態形成におけるマクロファージの役割, 第38回分子病理研究会, (巻), (号), (頁), 2019年7月..[著者] ...
閲覧 木曽田 暁, 卲 文華, 牛尾 綾, 佐藤 真美, 新垣 理恵子, 石丸 直澄, 工藤 保誠 : 口腔癌におけるpartial-EMTに関する遺伝子の悪性度への関与, 第38回分子病理研究会, 2019年7月..[著者] ...
閲覧 Rieko Arakaki, Aya Ushio, Satoru Kisoda, Mami Sato, Yoshitaka Nakamura, Kanako Yuyama, Riho Tateyama, Satoru Morishita, Noriyuki Monoi, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Novel effects of rooibos extract on tear and saliva secretion mediated by the muscarinic acetylcholine receptor 3 in mice, Journal of Oral Biosciences, Vol.61, No.3, 179-182, 2019..[著者] ...
閲覧 Aya Ushio, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : The new therapeutic strategy targeting chemokine in Sjogren's Syndorome., 日本RNAi研究会, (巻), (号), (頁), Aug. 2019..[著者] ...
閲覧 Kunihiro Otsuka, Akiko Yamada, Masako Saito, Aya Ushio, Mami Sato, Satoru Kisoda, Wenhua Shao, Takaaki Tsunematsu, Yasusei Kudo, Rieko Arakaki and Naozumi Ishimaru : Ascl2-Regulated Follicular Helper T Cells Promote Autoimmunity in a Murine Model for Sjögren's Syndrome., The American Journal of Pathology, Vol.189, No.12, 2414-2427, 2019..[著者] ...
閲覧 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 自己免疫疾患モデルにおける標的臓器常在型マクロファージの役割, 日本歯科基礎医学会誌, 2019年10月..[著者] ...
閲覧 Mami Sato, Rieko Arakaki, Aya Ushio, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Effect of mulyi-wall carbon nanotube exposure on pulmonary immune cells at the early stage., Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Dec. 2019..[著者] ...
閲覧 Aya Ushio, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Yasusei Kudo and Naozumi Ishimaru : Analysis of pulmonary lesions in a murlne model of sjogren's syndorome., Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Dec. 2019..[著者] ...
閲覧 栗尾 奈愛, 鎌田 久美子, 横田 美保, 山村 佳子, 牛尾 綾, 工藤 保誠, 石丸 直澄, 宮本 洋二 : 上顎歯肉に発生した微小嚢胞性付属器癌の1例, 第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2020年1月..[著者] ...
閲覧 林 亜門, 清水 朱里, 中西 美緒, 山内 加奈, 佐藤 真美, 邵 文華, 木曽田 暁, 福井 仁美, 木野 倫子, 牛尾 綾, 山田 安希子, 常松 貴明, 新垣 理恵子, 工藤 保誠, 石丸 直澄 : 口腔分子病態学分野における免疫・癌研究, 徳島県歯科医学大会(四国歯学会第56回例会), 2020年2月..[著者] ...
閲覧 佐藤 真美, 牛尾 綾, 新垣 理恵子, 俵 宏彰, 常松 貴明, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルマウスにおける腺外病変の発症機序, 四国歯学会第57回例会, 2021年3月..[著者] ...
閲覧 Izumi Ohigashi, Melina Frantzeskakis, Alison Jacques, Sayumi Fujimori, Aya Ushio, Fusano Yamashita, Naozumi Ishimaru, Da Yin, Margaret Cam, C Michael Kelly, Parirokh Awasthi, Kensuke Takada and Yousuke Takahama : The thymoproteasome hardwires the TCR repertoire of CD8+ T cells in the cortex independent of negative selection., The Journal of Experimental Medicine, Vol.218, No.4, 2021..[著者] ...
閲覧 佐藤 真美, 牛尾 綾, 福田 一稀, 俵 宏彰, 大塚 邦紘, 常松 貴明, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルマウスにおける腺外病変, 第19回 四国免疫フォーラム, 2021年6月..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 山田 安希子, 齋藤 雅子, 牛尾 綾, 佐藤 真美, 木曽田 暁, 卲 文華, 常松 貴明, 工藤 保誠, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : Achaete-Scute Homologue 2-Regulated Follicular Helper T Cells Promote Autoimmunity in a Murine Model for Sjögren Syndrome., 第32回日本臨床口腔病理学会 奨励賞(実験病理分野), 2021年8月..[著者] ...
閲覧 佐藤 真美, 牛尾 綾, 大塚 邦紘, 常松 貴明, 新垣 理恵子, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルマウス肺病変に対するケモカイン群の機能的解析, 第20回四国免疫フォーラム, 2022年6月..[著者] ...
閲覧 Mami Sato, Aya Ushio, Kazuki FUKUTA, Hiroaki TAWARA, Kunihiro Otsuka, Takaaki Tsunematsu, Rieko Arakaki and Naozumi Ishimaru : Extraglandular lesions in Sjogren's syndorome model mice., 第20回四国免疫フォーラム, June 2022..[著者] ...
閲覧 佐藤 真美, 牛尾 綾, 大塚 邦紘, 常松 貴明, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群疾患モデルマウスの肺病変における濾胞B細胞の自己反応性獲得機構の解明, 先端歯学国際教育研究ネットワーク 先端歯学スクール, 2022年8月..[著者] ...
閲覧 佐藤 真美, 牛尾 綾, 大塚 邦紘, 常松 貴明, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群モデルマウス肺病変におけるケモカインの機能分析, 第64回歯科基礎医学会学術大会, 2022年9月..[著者] ...
閲覧 常松 貴明, 俵 宏彰, 佐藤 真美, 新垣 理恵子, 大塚 邦紘, 牛尾 綾, 石丸 直澄 : 頭頸部扁平上皮癌における染色体パッセンジャー複合体構成因子Borealinの新たな機能, 第64回歯科基礎医学会学術大会, 2022年9月..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 常松 貴明, 牛尾 綾, 佐藤 真美, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群の病理, (発行所), (都市), 2022年10月..[著者] ...
閲覧 Mami Sato, Rieko Arakaki, Hiroaki Tawara, Ruka Nagao, Hidetaka Tanaka, Kai Tamura, Yuki Kawahito, Aya Ushio, Takaaki Tsunematsu and Naozumi Ishimaru : Disturbed natural killer cell homeostasis in the salivary gland enhances autoimmune pathology via IFN-γ in a mouse model of primary Sjogren's syndrome., Frontiers in Medicine, Vol.9, 1036787, 2022..[著者] ...
閲覧 常松 貴明, 俵 宏彰, 大塚 邦紘, 牛尾 綾, 石丸 直澄 : ヒトパピローマウイルス陽性がんにおける脱ユビキチン化酵素の役割, 日本口腔組織培養学会, (都市), 2022年11月..[著者] ...
閲覧 Mami Sato, Aya Ushio, Kunihiro Otsuka, Takaaki Tsunematsu and Naozumi Ishimaru : Th2 response enhances the differentiation into follicular B cells to progress the pulmonary autoimmune lesions in a mouse model of Sjögrens syndrome, 第51回日本免疫学会学術集会, Dec. 2022..[著者] ...
閲覧 俵 宏彰, 常松 貴明, 永尾 瑠佳, 福田 一稀, 佐藤 真美, 大塚 邦紘, 牛尾 綾, 石丸 直澄 : 頭頸部扁平上皮癌における染色体パッセンジャー複合体構成因子Borealinの高発現がもたらす新たな役割, 第58回日本口腔組織培養学会学術大会・総会, 2022年12月..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 近藤 博之, 九十九 伸一, 新垣 理恵子, 永尾 瑠佳, 佐藤 真美, 牛尾 綾, 石丸 直澄, 安友 康二 : CD153-CD30相互反応を介したシェーグレン症候群の病態形成機構の解明, 第112回 日本病理学会総会, 2023年4月..[著者] ...
閲覧 牛尾 綾, 松田-Lennikov 真実, 大塚 邦紘, 常松 貴明, 石丸 直澄, 高浜 洋介 : 自己免疫疾患発症における多様性胸腺髄質上皮細胞の相乗的制御機構, 第112回日本病理学会総会, 2023年4月..[著者] ...
閲覧 永尾 瑠佳, 山本 安希子, 大塚 邦紘, 牛尾 綾, 俵 宏彰, 田中 秀卓, 大塚 邦紘, 常松 貴明, 石丸 直澄 : T細胞の共抑制性受容体を介したシェーグレン症候群の発症機序の解析, 第112回日本病理学会総会, 2023年4月..[著者]+[指導教員] ...
閲覧 俵 宏彰, 常松 貴明, 福田 一稀, 永尾 瑠佳, 佐藤 真美, 大塚 邦紘, 牛尾 綾, 石丸 直澄 : 染色体パッセンジャー複合体構成因子Borealin-Survivin相互作用は頭頸部扁平上皮癌の代謝を制御する, 第112回日本病理学会総会, 2023年4月..[著者] ...
閲覧 常松 貴明, 俵 宏彰, 佐藤 真美, 福田 一稀, 大塚 邦紘, 牛尾 綾, 石丸 直澄 : DNA損傷シグナルによって誘導されるがん細胞の新たな機能とその分子機構, 第112回日本病理学会総会, 2023年4月..[著者] ...
閲覧 Mami Sato-Fukuba, Rieko Arakaki, Aya Ushio, Kunihiro Otsuka, Ruka Nagao, Shigefumi Matsuzawa, Hiroaki Tawara, Takaaki Tsunematsu and Naozumi Ishimaru : CD4 T-cell-dependent differentiation of CD23 follicular B cells contributes to the pulmonary pathology in a primary Sjögren's syndrome mouse model., Frontiers in Immunology, Vol.14, 1217492, 2023..[著者] ...
閲覧 Aya Ushio : Developing the Career Path, Joint Symposium to Promote the Active Participation of Female Researchers, Aug. 2023..[著者] ...
閲覧 俵 宏彰, 常松 貴明, 永尾 瑠佳, 松澤 鎮史, 大塚 邦紘, 牛尾 綾, 石丸 直澄 : 染色体パッセンジャー複合体構成因子Borealin-Survivin相互作用は頭 頚部扁平上皮癌の代謝を制御する, 第34回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 2023年8月..[著者] ...
閲覧 TAWARA Hiroaki, Takaaki Tsunematsu, RUKA Nagao, MATSUZAWA Shigefumi, Aya Ushio, Kunihiro Otsuka and Naozumi Ishimaru : Novel role of nuclear Survivin in head and neck squamous carcinoma, 2023 Tokushima Bioscience Retreat, Sep. 2023..[著者] ...
閲覧 俵 宏彰, 常松 貴明, 大塚 邦紘, 牛尾 綾, 石丸 直澄 : 頭頚部扁平上皮癌における染色体パッセンジャー複合体非依存的なBorealin-Survivin相互作用がもたらす新たな機能, 第65回歯科基礎医学会学術大会, 2023年9月..[著者] ...
閲覧 牛尾 綾, 松田 真美, 石丸 直澄, 高浜 洋介 : 中枢性自己寛容確立に関わる機能的に異なる髄質胸腺上皮サブセットの相互作用, 第65回歯科基礎医学会学術大会, 2023年9月..[著者] ...
閲覧 大塚 邦紘, 近藤 博之, 九十九 伸一, 牛尾 綾, 永尾 瑠佳, 青田 桂子, 石丸 直澄, 安友 康二 : シングルセル解析を基盤としたシェーグレン症候群の病態解明, 第31回 日本シェーグレン症候群学会学術集会, 2023年9月..[著者] ...
閲覧 松澤 鎮史, 牛尾 綾, 永尾 瑠佳, 大塚 邦紘, 俵 宏彰, 常松 貴明, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群と胸腺におけるT細胞の分化・成熟の関連についての検討, 第31回日本シェーグレン症候群学会学術集会, 2023年9月..[著者]+[指導教員] ...
閲覧 牛尾 綾 : 機能的に異なる髄質胸腺上皮サブセットが中枢性自己寛容確立にもたらす相互作用, 第69回日本病理学会秋期特別総会, 2023年11月..[著者] ...
閲覧 牛尾 綾 : 機能的に異なる髄質胸腺上皮サブセットが中枢性自己寛容確立にもたらす相互作用, 第69回日本病理学会秋期特別総会, 2023年11月..[著者] ...
閲覧 牛尾 綾, 松田 真美, 石丸 直澄, 高浜 洋介 : 機能的に異なる髄質胸腺上皮サブセットが中枢性自己寛容確立にもたらす相互作用, 第69回日本病理学会秋期特別総会, 2023年11月..[著者] ...
閲覧 俵 宏彰, 常松 貴明, 大塚 邦紘, 牛尾 綾, 石丸 直澄 : 口腔扁平上皮癌におけるSurvivinの核内蓄積がもたらす新たな機能, 第59回日本口腔組織培養学会総会・学術大会, 2023年11月..[著者] ...
閲覧 Kunihiro Otsuka, Hiroyuki Kondo, Shin-ichi Tsukumo, Aya Ushio, Naozumi Ishimaru and Koji Yasutomo : CD153+ CD4+ T cells and CD30+ cells exacerbate the autoimmune pathology in salivary glands of Sjögren's syndrome, 第52回 日本免疫学会学術集会, Jan. 2024..[著者] ...
閲覧 Takaaki Tsunematsu, RUKA Nagao, MATSUZAWA Shigefumi, Kunihiro Otsuka, Aya Ushio and Naozumi Ishimaru : The molecular mechanism of Cancer cell cannibalism and its significance in cancer progression, 第52回日本免疫学会総会・学術集会, Jan. 2024..[著者] ...
閲覧 KAWAHITO Yuki, Tamura Kai, Mami Sato, Kunihiro Otsuka, Aya Ushio, Takaaki Tsunematsu and Naozumi Ishimaru : The Relation between the Reduction of Mucin 19 and the Onset of Sjögrens syndrome in a Mouse Model, 第52回日本免疫学会総会・学術集会, Jan. 2024..[著者]+[指導教員] ...
閲覧 Kai Tamura, KAWAHITO Yuki, Mami Sato, Kunihiro Otsuka, Aya Ushio, Takaaki Tsunematsu and Naozumi Ishimaru : Pathological analysis of nasal lesions with aging in murine models of Sjögrens syndrome, 第52回日本免疫学会総会・学術集会, Jan. 2024..[著者] ...
閲覧 RUKA Nagao, 山本 安希子, Aya Ushio, Kunihiro Otsuka, TAWARA Hiroaki, MATSUZAWA Shigefumi, Kai Tamura, KAWAHITO Yuki, Takaaki Tsunematsu and Naozumi Ishimaru : Analysis of the suppression mechanism for activated T cells via co-inhibitory receptors in Sjogrens syndrome, 第52回日本免疫学会総会・学術集会, Jan. 2024..[著者]+[指導教員] ...
閲覧 MATSUZAWA Shigefumi, Aya Ushio, RUKA Nagao, TAWARA Hiroaki, Kunihiro Otsuka, Takaaki Tsunematsu and Naozumi Ishimaru : Investigation of the relationship between T cell differation and autophagy in the neonatal thymus., 第52回日本免疫学会総会・学術集会, Jan. 2024..[著者]+[指導教員] ...
閲覧 松澤 鎮史, 牛尾 綾, 永尾 瑠佳, 大塚 邦紘, 俵 宏彰, 常松 貴明, 石丸 直澄 : 新生仔胸腺におけるT細胞の分化・成熟とオートファジーの関連についての検討, 2023年度感染・免疫クラスター・ミニリトリート, 2024年2月..[著者]+[指導教員] ...
閲覧 松澤 鎮史, 常松 貴明, 永尾 瑠佳, 大塚 邦紘, 牛尾 綾, 尾矢 剛志, 石丸 直澄 : 歯肉腫瘍, 日本病理学会中国四国支部学術集会(第143回スライドカンファレンス), 2024年2月..[著者] ...
閲覧 永尾 瑠佳, 常松 貴明, 松澤 鎮史, (著者), 大塚 邦紘, 牛尾 綾, 石丸 直澄 : 下顎骨腫瘍, 第143回日本病理学会中国四国支部学術集会, 2024年2月..[著者] ...
閲覧 Hiroaki Tawara, Takaaki Tsunematsu, Ruka Nagao, Shigefumi Matsuzawa, Kunihiro Otsuka, Aya Ushio and Naozumi Ishimaru : The noncanonical function of borealin, a component of chromosome passenger complex, promotes glycolysis via stabilization of survivin in squamous cell carcinoma cells., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.706, 149741, 2024..[著者] ...
閲覧 常松 貴明, 𠮷川 治孝, 永尾 瑠, 松澤 鎮史, 大塚 邦紘, 牛尾 綾, 石丸 直澄 : がん特殊化リボソームの同定と機能解析, 第113回日本病理学会総会, 2024年3月..[著者] ...
閲覧 俵 宏彰, 常松 貴明, 永尾 瑠佳, 松澤 鎮史, 大塚 邦紘, 牛尾 綾, 石丸 直澄 : Borealin-Survivin複合体は頭頸部扁平上皮癌の分化を直接的に制御する, 第113回日本病理学会総会, 2024年3月..[著者] ...
閲覧 牛尾 綾, 大塚 邦紘, 常松 貴明, 高橋 祐次, 菅野 純, 石丸 直澄 : The influence of multi-walled carbon nanotube for immune systems., 第113回日本病理学会総会, 2024年3月..[著者] ...
閲覧 永尾 瑠佳, 山本 安希子, 牛尾 綾, 大塚 邦紘, 松澤 鎮史, 常松 貴明, 石丸 直澄 : シェーグレン症候群の病態形成におけるT細胞の共抑制性受容体役割の解析, 第113回日本病理学会総会, 2024年3月..[著者]+[指導教員] ...
閲覧 松澤 鎮史, 牛尾 綾, 永尾 瑠佳, 大塚 邦紘, 俵 宏彰, 常松 貴明, 石丸 直澄 : 新生仔の胸腺におけるオートファジーとシェーグレン症候群の関係性, 第113回日本病理学会総会, 2024年3月..[著者]+[指導教員] ...
閲覧 新垣 理恵子, 常松 貴明, 木曽田 暁, 石丸 直澄, 牛尾 綾 : Effect of inhalation exposure to acrbon nanotubes and titanium dioxide on alveolar macrophages, (誌名), (巻), (号), (頁), (年月日)..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.54, Max(EID) = 408650, Max(EOID) = 1107327.