『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 田中 貴大

登録情報の数

有効な情報: 45件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 46件

全ての有効な情報 (45件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(45)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Atsushi Inoue, Koichi Okamoto, Yasuteru Fujino, Jinsei Miyoshi, Takahiro Tanaka, Tetsuo Kimura, Masako Kaji, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura and Tetsuji Takayama : Aberrant Crypt Foci in Patients With Sessile Serrated Adenomas, Digestive Disease Week2011, Chicago, May 2011..[著者] ...
閲覧 田中 大基, 谷 直也, 武原 正典, 田中 宏典, 田中 貴大, 友成 哲, 谷口 達哉, 中川 忠彦, 高山 哲治, 河野 正樹, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 宇山 真由, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 : 模擬腹水を用いた胸腹水濾過濃縮装置の評価・教育システムの構築, 第53回日本人工臓器学会大会, 2015年11月..[著者] ...
閲覧 Tatsuya Taniguchi, Kazuhiro Kishi, Tadahiko Nakagawa, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Tetsu Tomonari, Koichi Okamoto, Masahiro Sogabe, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Naoki Muguruma, Mayumi Kajimoto, Ikuko Sagawa and Tetsuji Takayama : Poly-(ADP-Ribose) Polymerase-1 Promotes Prothrombin Gene Transcription and Produces Des-Gamma-Carboxy Prothrombin in Hepatocellular Carcinoma., Digestion, Vol.95, No.3, 242-251, 2017..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 田中 貴大, 高山 哲治 : MRP3発現に基づく切除不能進行肝細胞癌の治療戦略., 第53回日本肝臓学会総会, 2017年6月..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 田中 貴大, 高山 哲治 : MRP3発現に基づく切除不能進行肝細胞癌の個別化治療, 第25回日本消化器関連学会週間(JDDW2017), 2017年10月..[著者] ...
閲覧 Rie Harada, Masako Kimura, Yasushi Sato, Tatsuya Taniguchi, Tetsu Tomonari, Takahiro Tanaka, Hironori Tanaka, Naoki Muguruma, Hirohiko Shinomiya, Hirohito Honda, Issei Imoto, Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama : APOB codon 4311 polymorphism is associated with hepatitis C virus infection through altered lipid metabolism., BMC Gastroenterology, Vol.18, No.1, 24, 2018..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 新居 徹, 津保 友香, 宮本 佳彦, 田中 宏典, 田中 貴大, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 曽我部 正弘, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 : 集学的治療奏功例を含む進行肝癌に対するRegorafenibの初期治療成績., 第54回日本肝癌研究会, 2018年6月..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 宮本 佳彦, 田中 宏典, 田中 貴大, 高山 哲治 : 集学的治療奏功例を含む進行肝癌に対する Regorafenib の初期治療成績., 第18回日本肝がん分子標的治療研究会, 2018年7月..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 田中 貴大, 田中 宏典, 高山 哲治 : 切除不能進行肝癌におけるレンバチニブの治療成績., 株式会社 アークメディア, (都市), 2019年1月..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 田中 宏典, 田中 貴大, 高山 哲治 : 実臨床におけるLenvatinibの使用経験, 第19回日本肝がん分子標的治療研究会, 2019年1月..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 田中 貴大, 田中 宏典, 高山 哲治 : 切除不能進行肝癌に対する分子標的治療薬の有害事象プロファイル―Sorafenib, Regorafenib, Lenvatinibの比較―, 第19回日本肝がん分子標的治療研究会, 2019年1月..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 田中 貴大, 高山 哲治 : 切除不能進行肝癌に対するレンバチニブの有効性と安全性の検討., 第105回日本消化器病学会総会, 2019年5月..[著者] ...
閲覧 Jinsei Miyoshi, Noriaki Murayama, Kumiko Tanaka, Takahiro Tanaka, Fumika Nakamura, Yasuteru Fujino, Keiichiro Matsumura, Miwako Kagawa, Tetsu Tomonari, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Yasushi Sato, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama : Development of a Novel Mirna-Based Signature to Predict Invasion and Metastasis in Rectal Neuroendocrine Tumors., digestive disease week2019, Vol.156, No.6, 133, San Diego, May 2019..[著者] ...
閲覧 Hironori Tanaka, Tetsu Tomonari, Takahiro Tanaka, Akihiro Hirao, Fumika Nakamura, Kumiko Tanaka, Koichi Okamoto, Yasushi Sato, Masahiro Sogabe, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama : Therapeutic efficacy of chemoradiotherapy with Miriplatin for hepatocellular carcinoma., digestive disease week2019, San Diego, May 2019..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 田中 貴大, 高山 哲治 : 切除不能進行肝癌に対するレンバチニブの有効性と安全性の検討., 第55回日本肝臓学会総会, 2019年5月..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 田中 宏典, 田中 貴大, 高山 哲治 : 進行肝癌に対するレンバチニブの治療経過における肝予備能の推移., 日本肝がん分子標的治療研究会, 2019年6月..[著者] ...
閲覧 三好 人正, 村山 典聡, 寺前 智史, 宮本 佳彦, 田中 宏典, 岡田 泰行, 三井 康裕, 藤野 泰輝, 田中 貴大, 田中 久美子, 松村 圭一郎, 香川 美和子, 友成 哲, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 : 直腸NETのmicroRNA網羅的発現解析を用いた転移機序の解明と新規転移予測バイオマーカーの探索., 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2019年7月..[著者] ...
閲覧 Hironori Tanaka, Koichi Okamoto, 岡田 泰行, 宮本 佳彦, Yasuhiro Mitsui, Fumika Nakamura, Jinsei Miyoshi, Yasuteru Fujino, Takahiro Tanaka, Tetsu Tomonari, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Yasushi Sato and Tetsuji Takayama : Therapeutic efficacy of miriplatin in combination with radiotherapy for advanced hepatocellular carcinoma., 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会, July 2019..[著者] ...
閲覧 Naoki Muguruma, Fujimoto Daisaku, Yasuteru Fujino, Kashihara Takanori, Kazuyoshi Noda, Fukuya Akira, Takehara Masanori, Hirao Akihiro, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Tetsu Tomonari and Tetsuji Takayama : Linked Color Imaging System in the Endoscopic Detection of Sessile Serrated Adenoma/Polyp, Korea International Digestive Endoscopy Congress 2019, (都市), Aug. 2019..[著者] ...
閲覧 川口 智之, 武原 正典, 影本 開三, 寺前 智史, 中村 文香, 田中 貴大, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 高山 哲治 : 胸腺を含む5臓器にわたって10個の同時性多発重複癌を呈したLynch症候群の一例 ., 第57回日本癌治療学会学術集会, 2019年10月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 大浦 雅博, 賀川 久美子, 曽我部 公子, 藤井 志朗, 中村 信元, 三木 浩和, 田中 宏典, 田中 貴大, 友成 哲, 高山 哲治, 原田 武志, 安倍 正博 : 同種造血幹細胞移植後のHBV再活性化の単施設後方視的検討, 四国医学雑誌, Vol.75, No.5-6, 171-178, 徳島医学会, (都市), 2019年12月..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 田中 宏典, 田中 貴大, 谷口 達哉, 齋藤 裕, 居村 暁, 島田 光生, 高山 哲治 : 進行肝癌におけるLenvatinibを用いたConversion Therapyの可能性―肝切除, Microwave ablation, 肝動脈塞栓術による追加治療の検討―., 第21回日本肝がん分子標的治療研究会, 2020年1月..[著者] ...
閲覧 Yasushi Sato, Tetsu Tomonari, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Hirao Akihiro, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Kagiwada Harumi, Kitazawa Masashi, Fukui Kazuhiko, Horimoto Katsuhisa and Tetsuji Takayama : Potential use of lenvatinib for patients with unresectable hepatocellular carcinoma beyond progression of sorafenib treatment: A real-world evidence and in vitro assessment with protein phosphorylation array, ASCO Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO-GI 2020), San Francisco, Jan. 2020..[著者] ...
閲覧 Tetsu Tomonari, Yasushi Sato, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Yasuteru Fujino, Yasuhiro Mitsui, Akihiro Hirao, Tatsuya Taniguchi, Koichi Okamoto, Masahiro Sogabe, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Harumi Kagiwada, Masashi Kitazawa, Kazuhiro Fukui, Ktsuhisa Horimoto and Tetsuji Takayama : Potential use of lenvatinib for patients with unresectable hepatocellular carcinoma including after treatment with sorafenib: Real-world evidence and in vitro assessment via protein phosphorylation array., Oncotarget, Vol.11, No.26, 2531-2542, 2020..[著者] ...
閲覧 Hironori Tanaka, Koichi Okamoto, Yasushi Sato, Takahiro Tanaka, Tetsu Tomonari, Fumika Nakamura, Yasuteru Fujino, Yasuhiro Mitsui, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Akinori Morita, Hitoshi Ikushima and Tetsuji Takayama : Synergistic anti-tumor activity of miriplatin and radiation through PUMA-mediated apoptosis in hepatocellular carcinoma., Journal of Gastroenterology, Vol.55, No.11, 1072-1086, 2020..[著者] ...
閲覧 Tetsu Tomonari, Yasushi Sato, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Tatsuya Taniguchi, Masahiro Sogabe, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama : Sorafenib as second-line treatment option after failure of lenvatinib in patients with unresectable hepatocellular carcinoma, JGH Open, Vol.4, No.6, 1135-1139, 2020..[著者] ...
閲覧 立木 佐知子, 冨永 誠記, 田中 貴大, 山田 眞一郎, 島田 光生 : 徳島県における肝炎医療コーディネーターの活動―肝疾患診療連携拠点病院との連携から地域の肝炎医療コーディネーターの活動拡充へ―, 第56回日本肝臓学会総会, (巻), (号), (頁), 2020年8月..[著者] ...
閲覧 Tetsu Tomonari, Yasushi Sato, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Tatsuya Taniguchi, Masahiro Sogabe, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Yu Saitou, Satoru Imura, Yoshimi Bando, Mitsuo Shimada and Tetsuji Takayama : Conversion therapy for unresectable hepatocellular carcinoma after lenvatinib Three case reports., Medicine, Vol.99, No.42, e22782, 2020..[著者] ...
閲覧 湯浅 麻美, 西尾 進, 森田 沙瑛, 松本 力三, 平田 有紀奈, 山尾 雅美, 田中 貴大, 齋藤 裕, 島田 光生, 佐田 政隆 : 神経内分泌癌との鑑別が困難であった膵腺房細胞癌の1例, 日本超音波医学会第30回四国地方会学術集会, (巻), (号), (頁), 2020年10月..[著者] ...
閲覧 松本 力三, 西尾 進, 大豆本 圭, 森田 沙瑛, 湯浅 麻美, 平田 有紀奈, 山尾 雅美, 田中 貴大, 金山 博臣, 佐田 政隆 : 多房性嚢胞状腎細胞癌の2症例, 日本超音波医学会第30回四国地方会学術集会, (巻), (号), (頁), 2020年10月..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 田中 宏典, 田中 貴大, 高山 哲治 : 切除不能進行肝癌に対するLenvatinib治療後のSorafenib, Ramucirumabの治療成績., 第22回日本肝がん分子標的治療研究会, 2020年11月..[著者] ...
閲覧 Hironori Tanaka, Yoshihito Saijyo, Tetsu Tomonari, Takahiro Tanaka, Tatsuya Taniguchi, Shusuke Yagi, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Masahiro Sogabe, Yasushi Sato, Naoki Muguruma, Koichi Tsuneyama, Masataka Sata and Tetsuji Takayama : An Adult Case of Congenital Extrahepatic Portosystemic Shunt Successfully Treated with Balloon-occluded Retrograde Transvenous Obliteration, Internal Medicine, Vol.60, No.12, 1839-1845, 2021..[著者] ...
閲覧 Tetsu Tomonari, Yasushi Sato, Joji Tani, Akira Hirose, Chikara Ogawa, Akihiro Morishita, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Tatsuya Taniguchi, Koichi Okamoto, Masahiro Sogabe, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Kazushige Uchida, Tsutomu Masaki and Tetsuji Takayama : Comparison of therapeutic outcomes of Sorafenib and Lenvatinib as primary treatments for hepatocellular carcinoma with a focus on molecular-targeted agent sequential therapy: A propensity score-matched analysis., Hepatology Research, Vol.51, No.4, 472-481, 2021..[著者] ...
閲覧 田中 宏典, 友成 哲, 田中 貴大, 谷口 達哉, 高山 哲治 : 肝細胞癌焼灼術後の再発リスク評価における超音波エラストグラフィの有用性, 日本超音波医学会第94 回学術集会, 2021年5月..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 谷 丈二, 田中 宏典, 田中 貴大, 谷口 達哉, 森下 朝弘, 正木 勉, 高山 哲治 : 薬物療法既治療例を含む切除不能肝癌に対するアテゾリズマブ+ベバシズマブ併用療法の初期治療成績., 第24回日本肝がん分子標的治療研究会, 2021年8月..[著者] ...
閲覧 溝渕 令, 田中 宏典, 谷 直也, 野田 和克, 田中 貴大, 友成 哲, 谷口 達哉, 松浦 朋美, 佐田 政隆, 高山 哲治 : 超音波観察を併用することで安全に治療した高度腎機能低下を合併した猪瀬型肝性脳症の1例, 第263回徳島医学会学術集会, 2021年8月..[著者] ...
閲覧 Akihiro Hirao, Yasushi Sato, Hironori Tanaka, Kensei Nishida, Tetsu Tomonari, Misato Hirata, Masahiro Bando, Yoshifumi Kida, Takahiro Tanaka, Tomoyuki Kawaguchi, Hironori Wada, Tatsuya Taniguchi, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Toshihito Tanahashi and Tetsuji Takayama : MiR-125b-5p is Involved in Sorafenib Resistance through Ataxin-1-Mediated Epithelial-Mesenchymal Transition in Hepatocellular Carcinoma., Cancers, Vol.13, No.19, 4917, 2021..[著者] ...
閲覧 Tetsu Tomonari, Yasushi Sato, Hironori Tanaka, Takeshi Mitsuhashi, Akihiro Hirao, Takahiro Tanaka, Tatsuya Taniguchi, Koichi Okamoto, Masahiro Sogabe, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama : Therapeutic efficacy of lenvatinib in nonviral unresectable hepatocellular carcinoma., JGH Open, Vol.5, No.11, 1275-1283, 2021..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 谷 丈二, 田中 宏典, 田中 貴大, 谷口 達哉, 森下 朝洋, 正木 勉, 高山 哲治 : 薬物療法既治療例を含む切除不能肝癌に対するアテゾリズマブ+ベバシズマブ併用療法の初期治療成績., JDDW2021(第29回日本消化器医関連学会週間), 2021年11月..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 谷 丈二, 田中 宏典, 田中 宏典, 田中 貴大, 谷口 達哉, 森下 朝洋, 佐藤 康史, 正木 勉, 高山 哲治 : 後治療を見据えた肝細胞癌に対するアテゾリズマブ+ベバシズマブ併用療法の治療戦略., 第25回日本肝がん分子標的治療研究会, 2022年1月..[著者] ...
閲覧 平尾 章博, 佐藤 康史, 田中 宏典, 田中 貴大, 友成 哲, 谷口 達哉, 岡本 耕一, 六車 直樹, 西田 憲生, 高山 哲治 : 肝細胞癌においてmiR-125b-5pは上皮間葉転換を引き起こし,ソラフェニブに対して耐性を獲得する, 第19回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2022年2月..[著者] ...
閲覧 田中 宏典, 田中 貴大, 友成 哲, 谷口 達哉, 高山 哲治 : NAFLD/NASHの線維化評価におけるME Elastographyの有用性., 第58回日本肝臓学会総会, 2022年6月..[著者] ...
閲覧 友成 哲, 谷 丈二, 田中 宏典, 田中 貴大, 谷口 達哉, 正木 勉, 高山 哲治 : 肝癌薬物療法における根治的Combination therapyの有効性, 第26回日本肝がん分子標的治療研究会, 2022年6月..[著者] ...
閲覧 Tetsu Tomonari, Joji Tani, Yasushi Sato, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Tatsuya Taniguchi, Akihiro Morishita, Koichi Okamoto, Masahiro Sogabe, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Tsutomu Masaki and Tetsuji Takayama : Initial therapeutic results of atezolizumab plus bevacizumab for unresectable advanced hepatocellular carcinoma and the importance of hepatic functional reserve., Cancer Medicine, Vol.online ahead of print, 2022..[著者] ...
閲覧 Tetsu Tomonari, Joji Tani, Chikara Ogawa, Akihiro Deguchi, Tomonori Senoh, Akio Moriya, Hiroshi Shibata, Hiroshi Fukuno, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Tatsuya Taniguchi, Masahiro Sogabe, Yutaka Kawano, Akihiro Morishita, Koichi Takaguchi, Hiroshi Miyamoto, Yasushi Sato, Tsutomu Masaki and Tetsuji Takayama : Multicenter retrospective study of Initial treatment outcome and feasibility of initiating dose reduction of cabozantinib in unresectable hepatocellular carcinoma., Hepatology Research, Vol.Online ahead of print, 2022..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 3, LA = 0.31, Max(EID) = 393039, Max(EOID) = 1062777.