『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 ミツイ アカギ シルビア ナオミ

登録情報の数

有効な情報: 50件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 52件

全ての有効な情報 (50件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(37)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(37)
閲覧 (未定義) …(12)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 森 博世, 内田 玲子, 泰江 章博, 川合 暢彦, 中村 彩花, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 黒田 晋吾, 田中 栄二 : 骨格性下顎前突症患者における下顎枝矢状分割術後の咽頭部気道形態の変化, 日本顎変形症学会雑誌, (巻), (号), (頁), 2011年6月..[著者] ...
閲覧 米田 尚子, 泰江 章博, 渡邉 哲平, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 田中 栄二 : 核酸医薬からの瘢痕組織形成抑制アプローチ, 第71回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 237, 2012年9月..[著者] ...
閲覧 Silvia Naomi Mitsui Akagi, Akihiro Yasue, Keiichiro Watanabe, Teppei Watanabe, Naoko Yoneda, Shinya Horiuchi and Eiji Tanaka : Msx1 gene analysis in non-syndromic tooth agenesis, 第71回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 301, Sep. 2012..[著者] ...
閲覧 Silvia Naomi Mitsui Akagi, Akihiro Yasue, Keiichiro Watanabe, Shinya Horiuchi and Eiji Tanaka : Candidate gene analysis in patients with tooth agenesis, 第60回国際歯科研究学会日本部会総会・学術大会, Dec. 2012..[著者] ...
閲覧 前田 有一, 泰江 章博, 大浦 徳永 律子 律子, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 中村 竜也, 渡邉 佳一郎, 高橋 巧, 田中 栄二 : Hypodontiaを伴う二卵性双生児の下顎後退症例, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.25, No.1, 43-50, 2013年..[著者] ...
閲覧 荒井 大志, 泰江 章博, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 米田 尚子, 渡邉 哲平, 田中 栄二 : Smad3リン酸化阻害剤を用いた瘢痕組織形成抑制法の開発, 第72回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 2013年10月..[著者] ...
閲覧 Silvia Naomi Mitsui Akagi, Akihiro Yasue, Shinya Horiuchi, Shingo Kuroda and Eiji Tanaka : Long-term stability of conservative orthodontic treatment in a patient with temporomandibular joint disorder, 第72回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, (巻), (号), (頁), Oct. 2013..[著者] ...
閲覧 泰江 章博, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 渡辺 崇人, 佐久間 哲史, 親泊 政一, 山本 卓, 野地 澄晴, 三戸 太郎, 田中 栄二 : TALEN,CRISPR/Casシステムを用いたマウス1細胞期胚における標的遺伝子破壊, 第3回ゲノム編集研究会, 2013年10月..[著者] ...
閲覧 Akihiro Yasue, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Teppei Watanabe, T Sakuma, Seiichi Oyadomari, T Yamamoto, Sumihare Noji, Taro Mito and Eiji Tanaka : A high efficient gene targeting in one-cell mouse embryos mediated by TALEN and CRISPR/Cas system, 第36回日本分子生物学会, Dec. 2013..[著者] ...
閲覧 Akihiro Yasue, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Teppei Watanabe, T Sakuma, Seiichi Oyadomari, T Yamamoto, Sumihare Noji, Taro Mito and Eiji Tanaka : A high efficient gene targeting in one-cell mouse embryos mediated by TALEN and CRISPR/Cas system, 第36回日本分子生物学会, Dec. 2013..[著者] ...
閲覧 Silvia Naomi Mitsui Akagi, Akihiro Yasue, Kiyoshi Masuda, Keiichiro Watanabe, Shinya Horiuchi, Issei Imoto and Eiji Tanaka : Novel PAX9 Mutations Cause Non-syndromic Tooth Agenesis., Journal of Dental Research, Vol.93, No.3, 245-249, 2014..[著者] ...
閲覧 Akihiro Yasue, Silvia Naomi Mitsui Akagi, H Watanabe, T Sakuma, Seiichi Oyadomari, T Yamamoto, Sumihare Noji, Taro Mito and Eiji Tanaka : A high efficient gene targeting in one-cell mouse embryos mediated by TALEN and CRISPR/Cas system., International Symposium on RNAi and Genome Editing Methods, Tokushima, March 2014..[著者] ...
閲覧 Akihiro Yasue, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Takahito Watanabe, Tetsushi Sakuma, Seiichi Oyadomari, Takashi Yamamoto, Sumihare Noji, Taro Mito and Eiji Tanaka : Highly efficient targeted mutagenesis in one-cell mouse embryos mediated by the TALEN and CRISPR/Cas systems., Scientific Reports, Vol.4, 5705, 2014..[著者] ...
閲覧 Erica Hattori-Hara, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Hiroyo Mori, Keiji Arafurue, Takuji Kawaoka, Kanji Ueda, Akihiro Yasue, Shingo Kuroda, Harm Jan Koolstra and Eiji Tanaka : The influence of unilateral disc displacement on stress in the contralateral joint with a normally positioned disc in a human temporomandibular joint: An analytic approach using the finite element method., Journal of Cranio-Maxillo-Facial Surgery, Vol.42, 2018-2024, 2014..[著者] ...
閲覧 Akihiro Yasue, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Teppei Watanabe, T Sakuma, Seiichi Oyadomari, T Yamamoto, Sumihare Noji, Taro Mito and Eiji Tanaka : Highly efficient targeted mutagenesis in one-cell mouse embryos mediated by TALEN and CRISPR/Cas systems, X meeting for Spanish Society for Developmental Biology (SEBD), (頁), Madrid, Oct. 2014..[著者] ...
閲覧 Silvia Naomi Mitsui Akagi, Akihiro Yasue, K Matsuda, Keiichiro Watanabe, Shinya Horiuchi, Issei Imoto and Eiji Tanaka : Sequence analysis and in vitro study of novel mutations identified in patients with tooth agenesis, The 3rd ASEAN Plus and Tokushima Joint International Conference, (巻), (号), (頁), Makassar, Indonesia., Dec. 2014..[著者] ...
閲覧 Silvia Naomi Mitsui Akagi, Akihiro Yasue and Eiji Tanaka : Mutation affecting the C-terminal of MSX1 causes non-syndromic tooth agenesis, 93rd IADR, Boston, March 2015..[著者] ...
閲覧 吉永 薫, 渡邉 佳一郎, 中村 瑠里, 佐藤 南, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 天知 良太, 岩浅 亮彦, 堀内 信也, 黒田 晋吾, 田中 栄二 : 歯科矯正用アンカースクリューの導入による診断内容の変化∼抜歯・非抜歯および抜歯部位の判定に関する検討∼, 第58回中·四国矯正歯科学会大会, 18, 2015年7月..[著者] ...
閲覧 MANSJUR KARIMA QURNIA, Shingo Kuroda, Yuichi Maeda, Minami Sato, Silvia Naomi Mitsui Akagi, ODO BAYARSAIKHAN, Keiichiro Watanabe and Eiji Tanaka : Applications of parathyroid hormone and low intensity pulsed ultrasound enhance fracture healing in osteoporotic rats, 第74回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, (巻), (号), 142, Nov. 2015..[著者] ...
閲覧 泰江 章博, 前田 有一, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 白井 愛実, 堀内 信也, 田中 栄二 : 過大な顎裂を有する片側性唇顎蓋裂に対し集学的治療を行った1例, 日本口蓋裂学会雑誌, Vol.41, No.2, 137, 2016年4月..[著者] ...
閲覧 泰江 章博, 前田 有一, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 白井 愛実, 堀内 信也, 橋本 一郎, 田中 栄二 : 過大な顎裂を有する片側性唇顎蓋裂に対し集学的治療を行った1例, 第40回日本口蓋裂学会総会・学術集会 抄録号, Vol.41, No.2, 137, 2016年5月..[著者] ...
閲覧 Akihiro Yasue, Takuya Naruto, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Tomohiro Komoto, Issei Imoto and Eiji Tanaka : Detection of small deletion in PAX9 gene in a Japanese family with oligodontia by combined targeted resequencing and quantitative PCR analysis, 12th Tooth Morphogenesis and Differentiation conference, (巻), (号), (頁), Porvoo, Finland, June 2016..[著者] ...
閲覧 Silvia Naomi Mitsui Akagi, Akihiro Yasue, Kiyoshi Masuda, Takuya Naruto, Seiichi Oyadomari, Sumihare Noji, Issei Imoto and Eiji Tanaka : Conserved C-terminal domain of MSX1 is essential for tooth development, 12th Tooth Morphogenesis and Differentiation conference, (巻), (号), (頁), Porvoo, Finland, June 2016..[著者] ...
閲覧 Silvia Naomi Mitsui Akagi, Akihiro Yasue, Shingo Kuroda and Eiji Tanaka : Long-term stability of conservative orthodontic treatment in a patient with temporomandibular joint disorder., Journal of Orthodontic Science, Vol.5, No.3, 104-108, 2016..[著者] ...
閲覧 Silvia Naomi Mitsui Akagi, Akihiro Yasue, Issei Imoto, Seiichi Oyadomari and Eiji Tanaka : Biological validation of tooth agenesis causing mutation using CRISPR/Cas system in mice., The 75th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society, Nov. 2016..[著者] ...
閲覧 Silvia Naomi Mitsui Akagi, Akihiro Yasue, Kiyoshi Masuda, Takuya Naruto, Yoshiyuki Minegishi, Seiichi Oyadomari, Sumihare Noji, Issei Imoto and Eiji Tanaka : Novel human mutation and CRISPR/Cas genome-edited mice reveal the importance of C-terminal domain of MSX1 in tooth and palate development., Scientific Reports, Vol.6, 2016..[著者] ...
閲覧 Akihiro Yasue, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Daishi Arai, Seiichi Oyadomari and Eiji Tanaka : In vivo DNA deleiton assay of Msx1 gene in mice using CRISPR/Cas system, Joint Meeting of the German and Japanese Societies of Developmental Biologists, (巻), (号), (頁), Kiel, Germany, March 2017..[著者] ...
閲覧 Akihiro Yasue, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Daishi Arai, Seiichi Oyadomari, Keita Sato, Junji Inoue, Seiichi Oyadomari and Eiji Tanaka : In vivo DNA deletion assay of MSX1 gene in mice using CRISPR/Cas system, JOINT MEETING of the German and Japanese Societies of Developmental Biologists, Kiel, Germany, March 2017..[著者] ...
閲覧 Silvia Naomi Mitsui Akagi, Akihiro Yasue, Shinya Horiuchi, Seiichi Oyadomari and Eiji Tanaka : Rogdi is required for enamel biomineralization, 第50回日本発生生物学会, (巻), (号), (頁), May 2017..[著者] ...
閲覧 Akihiro Yasue, Daishi Arai, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Seiichi Oyadomari and Eiji Tanaka : Functional verification of each Msx homology domain of Msx1 gene for tooth morphogenesis using CRISPR/Cas system., 第50回日本発生生物学会, (巻), (号), (頁), May 2017..[著者] ...
閲覧 泰江 章博, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 荒井 大志, 田中 栄二 : CRISPR/Cas システムを用いた in vivo におけるマウス Msx1 機能ドメインの解析, 第59回歯科基礎医学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2017年9月..[著者] ...
閲覧 ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 泰江 章博, 田中 栄二 : Rogdi 遺伝子はマウスエナメル質石灰化において重要である, 第59回歯科基礎医学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2017年9月..[著者] ...
閲覧 荒井 大志, 泰江 章博, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 親泊 政一, 田中 栄二 : CRISPR/Casシステムを用いたMsx1遺伝子各ドメインの形態形成における機能検証., 第76回日本矯正歯科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2017年10月..[著者] ...
閲覧 白井 愛実, 川合 暢彦, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 七條 なつ子, 泰江 章博, 田中 栄二 : 骨格性下顎前突症患者の顎口腔機能に対する術後ガム咀嚼訓練の効果, 第76回日本矯正歯科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2017年10月..[著者] ...
閲覧 七條 なつ子, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 荒井 大志, 川合 暢彦, 田中 栄二 : 片側性の多数歯根肥大歯により開咬を呈した症例, 第76回日本矯正歯科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2017年10月..[著者] ...
閲覧 Silvia Naomi Mitsui Akagi, Akihiro Yasue, Shinya Horiuchi, Seiichi Oyadomari and Eiji Tanaka : The role of Rogdi in enamel biomineralization., 第76回日本矯正歯科学会学術大会, Oct. 2017..[著者] ...
閲覧 Akihiro Yasue, Daishi Arai, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Seiichi Oyadomari and Eiji Tanaka : In vivo deletion assay of mouse MSX1 gene using CRISPR/Cas system, The 65th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research, (巻), (号), (頁), Nov. 2017..[著者] ...
閲覧 Silvia Naomi Mitsui Akagi, Akihiro Yasue, Shinya Horiuchi, Seiichi Oyadomari and Eiji Tanaka : CRISPR/Cas9-mediaated targeting for the analysis of ROGDI in enamel mineralization, The 65th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research, (巻), (号), (頁), Nov. 2017..[著者] ...
閲覧 Akihiro Yasue, Daishi Arai, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Seiichi Oyadomari and Eiji Tanaka : In vivo deletion assay of mouse MSX1 gene using CRISPR/Cas system., 第65回国際歯科研究学会日本部会総会・学術大会 JADR, (巻), (号), (頁), Nov. 2017..[著者] ...
閲覧 Silvia Naomi Mitsui Akagi, Akihiro Yasue, Shinya Horiuchi, Seiichi Oyadomari and Eiji Tanaka : CRISPR/Cas9-mediated targeting for the analysis of ROGDI in enamel mineralization., 第65回国際歯科研究学会日本部会総会・学術大会 JADR, (巻), (号), (頁), Nov. 2017..[著者] ...
閲覧 Manami Shirai, Nobuhiko Kawai, Natsuko Hichijo, Masahiko Watanabe, Hiroyo Mori, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Akihiro Yasue and Eiji Tanaka : Effects of gum chewing exercise on maximum bite force according to facial morphology., Clinical and Experimental Dental Research, Vol.4, No.2, 48-51, 2018..[著者] ...
閲覧 (種別) : Shinya Horiuchi, Hiromichi Yumoto, Tomoko Kimura, Minami Sato, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Masahiro Hiasa, Eiji Nishikawa, Tarek El-Bialy and Eiji Tanaka : Effect of pulsed ultrasound toothbrush on Streptococcus mutans biofilm removal., American Journal of Dentistry, Vol.31, No.2, 67-70, (発行所), (都市), April 2018..[著者] ...
閲覧 Shinya Horiuchi, Hiromichi Yumoto, Tomoko Kimura, Minami Sato, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Masahiro Hiasa, Eiji Nishikawa, Tarek El-Bialy and Eiji Tanaka : Effect of pulsed ultrasound tooth brush on Streptococcus mutans biofilm removal, American Journal of Dentistry, Vol.31, No.2, 67-70, 2018..[著者] ...
閲覧 武川 香織, 岩浅 亮彦, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 国田 智成, 松木 優承, 山本 貴志, 齋藤 早紀, 川合 暢彦, 田中 栄二 : 歯科衛生士による歯科矯正患者に対する口腔筋機能療法に関する実態調査., 第61回中・四国矯正歯科学会大会, Vol.30, No.1, 73-74, 2018年7月..[著者] ...
閲覧 渡邊 正彦, 川合 暢彦, 白井 愛実, 七條 なつ子, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 泰江 章博, 田中 栄二 : 外科的矯正治療と矯正単独治療を行った骨格性下顎前突症患者の顎口腔機能評価, 第61回中・四国矯正歯科学会大会, Vol.30, No.1, 2018年7月..[著者] ...
閲覧 市原 亜起, 泰江 章博, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 渡辺 八十夫, 田中 栄二 : 多数歯欠損症患者におけるPAX9遺伝子変異の検出, 第77回日本矯正歯科学会学術大会: 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 77回 Page244(2018.10), 244, 2018年10月..[著者] ...
閲覧 沢田 正樹, 岩浅 亮彦, 吉村 宗之, 市原 亜起, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 塩屋園 玲子, 日浅 雅博, 泰江 章博, 田中 栄二 : シルエットを用いた側貌に対する審美的評価, 第62回中・四国矯正歯科学会大会, Vol.31, No.1, (頁), 2019年7月..[著者] ...
閲覧 市原 亜起, 泰江 章博, 荒井 大志, 沢田 正樹, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 親泊 政一, 田中 栄二 : 多数歯欠損症の原因遺伝子Msx1のC末端領域は骨形成において重要である, 第78回日本矯正歯科学会学術大会: 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 78回 Page184.(2019), (巻), (号), 184, 2019年11月..[著者] ...
閲覧 荒井 大志, 泰江 章博, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 親泊 政一, 田中 栄二 : 歯の形態形成におけるMsx1遺伝子MH6ドメインの機能検証, 第78回日本矯正歯科学会学術大会: 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 78回 Page187.(2019), (巻), (号), 187, 2019年11月..[著者] ...
閲覧 Silvia Naomi Mitsui Akagi, Akihiro Yasue, Shinya Horiuchi, Seiichi Oyadomari and Eiji Tanaka : Rogdi plays an important role during bone and enamel development, 第78回日本矯正歯科学会学術大会: 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 78回 Page283.(2019), (巻), (号), 283, Nov. 2019..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.57, Max(EID) = 362759, Max(EOID) = 970276.