『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 髙成 広起 ([徳島大学.ポストLEDフォトニクス研究所])

登録情報の数

有効な情報: 29件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 31件

全ての有効な情報 (29件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(13)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(13)
閲覧 (未定義) …(16)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Masaki Morishima, Eriko Iwata, Chisato Nakada, Yoshiyuki Tsukamoto, Hiroki Takanari, Shinji Miyamoto, Masatsugu Moriyama and Katsushige Ono : Atrial Fibrillation-Mediated Upregulation of miR-30d Regulates Myocardial Electrical Remodeling of the G-Protein-Gated K(+) Channel, IK.ACh., Circulation Journal, Vol.80, No.6, 1346-1355, 2016..[著者] ...
閲覧 FangFang Ma, Hiroki Takanari, Kimiko Masuda, Masaki Morishima and Katsushige Ono : Short- and long-term inhibition of cardiac inward-rectifier potassium channel current by an antiarrhythmic drug bepridil., Heart and Vessels, Vol.31, No.7, 1176-1184, 2016..[著者] ...
閲覧 Fumitoshi Yagishita, Jun-ichi Tanigawa, Chiho Nii, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Hiroki Takanari, Yasushi Imada and Yasuhiko Kawamura : Fluorescent Imidazo[1,5-a]pyridinium Salt for a Potential Cancer Therapy Agent, ACS Medicinal Chemistry Letters, Vol.10, No.8, 1110-1114, 2019..[著者] ...
閲覧 山口 堅三, 長谷 栄治, 金村 洋平, 髙成 広起, 岡本 敏弘, 原口 雅宣, 安井 武史 : 金ナノ粒子を用いたバイオイメージングにおけるコントラストの増強, 生体医工学シンポジウム2019, 2A-30, 2019年9月..[著者] ...
閲覧 八木下 史敏, 梅林 隆太, 岡本 将輝, 田端 厚之, 長宗 秀明, 髙成 広起, 今田 泰嗣, 河村 保彦 : D-π-A 型イミダゾ [1,2-a] ピリジニウム塩の合成とミトコンドリアイメージングへの応用, 2019年光化学討論会, 2019年9月..[著者] ...
閲覧 八木下 史敏, 谷川 純一, 新居 千穂, 田端 厚之, 長宗 秀明, 髙成 広起, 今田 泰嗣, 河村 保彦 : 光線力学療法への応用を狙いとしたイミダゾ[1,5-a]ピリジニウム塩の合成, 2019年日本化学会中国四国支部大会徳島大会, 2019年11月..[著者] ...
閲覧 八木下 史敏, 岡本 将輝, 髙成 広起, 長谷 栄治, 田端 厚之, 長宗 秀明, 今田 泰嗣, 安井 武史, 河村 保彦 : ミトコンドリアイメージングを可能とするイミダゾ[1,2-a]ピリジニウム塩の合成, 2019年日本化学会中国四国支部大会徳島大会, 2019年11月..[著者] ...
閲覧 鈴木 昭浩, 大塚 邦紘, 髙成 広起, 永松 謙太郎, 白井 昭博 : 次世代光による細胞光応答の解明, LED総合フォーラム 2020 in 徳島 論文集, Vol.P-17, 105-106, 2020年..[著者] ...
閲覧 Satoru Hashimoto, Hiroki Takanari, Emmanuel Compe and Jean-Marc Egly : Dysregulation of LXR responsive genes contribute to ichthyosis in Trichonthiodystrophy, Journal of Dermatological Science, Vol.97, No.3, 201-207, 2020..[著者] ...
閲覧 Takeo Minamikawa, Mayuko Shimizu, Hiroki Takanari, Shiomi Ryosuke, Kusaka Hiroki, Tanioka Hiroki, Eiji Hase, Takeshi Yasui and Koichi Tsuneyama : Molecular imaging analysis of accumulated fats in non-alcoholic steatohepatitis by Raman microscopy, Asian Pacific Association for the Study of the Liver 2020 (APASL 2020), Bali, Indonesia, March 2020..[著者] ...
閲覧 Eiji Hase, Hiroki Takanari, Mayuko Shimizu, Hayashi Yuri, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui and Koichi Tsuneyama : Characterization of fibrosis in non-alcoholic steatohepatitis by use of second-harmonic-generation microscopy, Asian Pacific Association for the Study of the Liver 2020 (APASL 2020), Bali, Indonesia, March 2020..[著者] ...
閲覧 Fumitoshi Yagishita, Junichi Tanigawa, Masaki Okamoto, Eiji Hase, Hiroki Takanari, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui, Yasushi Imada and Yasuhiko Kawamura : Synthesis of Imidazopyridinium Salts Having Potential Application as Image-guided Photodynamic Therapy Agents, The 100th CSJ Annual Meeting, March 2020..[著者] ...
閲覧 Hiroki Takanari, Y Hayashi, Eiji Hase, Takeo Minamikawa and Takeshi Yasui : Quantification of liver fibrosis by SHG microscopy., Focus on Microscopy 2020, Osaka, April 2020..[著者] ...
閲覧 Y Kanemura, Hiroki Takanari and T Mizuno : Assessment of actin fibers in the cell using fluorescent polarization microscopy., Focus on Microscopy 2020 (poster presentation), Osaka, April 2020..[著者] ...
閲覧 髙成 広起, 加治佐 平 : 医光融合研究の最先端, 月刊 オプトロニクス, Vol.39, No.465, 111-116, 2020年9月..[著者] ...
閲覧 Eiji Hase, Hiroki Takanari, Keita Hoshi, Masaki Okamoto, Atsushi Tabata, Hideaki Nagamune, Takeo Minamikawa, Takeshi Yasui, Yasushi Yoshida, Keiji Minagawa, Yasuhiko Kawamura, Yasushi Imada and Fumitoshi Yagishita : Two- and three-photon excitable quaternized imidazo[1,2-a]pyridines for mitochondrial imaging and potent cancer therapy agent, Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.18, No.38, 7571-7576, 2020..[著者] ...
閲覧 納谷 友希, 髙成 広起, 加治佐 平 : 毛細血管の可視化を目指したNarrow Band Imaging(NBI)の光源特性の検証, 第81回日本応用物理学会秋季学術講演会, 2020年9月..[著者] ...
閲覧 梅林 隆太, 岡本 将輝, 長谷 栄治, 髙成 広起, 田端 厚之, 長宗 秀明, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 八木下 史敏 : 多光子励起可能な水溶性イミダゾ[1,2-a]ピリジニウム塩の合成とミトコンドリアイメージング, 2020年web光化学討論会, 2020年9月..[著者] ...
閲覧 楠本 一真, 佐名川 洋平, 長谷 栄治, 髙成 広起, 田端 厚之, 長宗 秀明, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 八木下 史敏 : 多光子励起を目指したA-D-A型N-へテロアレーン類のデザインと応用, 2020年web光化学討論会, 2020年9月..[著者] ...
閲覧 納谷 友希, 髙成 広起 : Narrow Band Imaging (NBI) を用いた炎症部位の特定, 生体医工学シンポジウム2020, 2020年9月..[著者] ...
閲覧 Takeo Minamikawa, Mayuko Shimizu, Hiroki Takanari, Yuki Morimoto, Ryosuke Shiomi, Tanioka Hiroki, Eiji Hase, Takeshi Yasui and Koichi Tsuneyama : Molecular imaging analysis of microvesicular and macrovesicular lipid droplets in non-alcoholic fatty liver disease by Raman microscopy., Scientific Reports, Vol.10, No.1, 18548, 2020..[著者] ...
閲覧 楠本 一真, 髙成 広起, 田端 厚之, 長宗 秀明, 荒川 幸弘, 南川 慶二, 今田 泰嗣, 八木下 史敏 : ­D-π­-A型ベンゾチアゾール誘導体の合成と光機能性, 2020年日本化学会中国四国支部大会島根大会, 2020年11月..[著者] ...
閲覧 谷岡 弘規, 南川 丈夫, 清水 真祐子, 森本 友樹, 髙成 広起, 塩見 涼介, 長谷 栄治, 安井 武史, 常山 幸一 : 非アルコール性脂肪肝炎の蓄積した脂肪に着目したラマン分光イメージング, LED総合フォーラム2021 in 徳島, P-14, 2021年2月..[著者] ...
閲覧 谷岡 弘規, 南川 丈夫, 清水 真祐子, 森本 友樹, 髙成 広起, 塩見 涼介, 長谷 栄治, 安井 武史, 常山 幸一 : 非アルコール性脂肪肝炎の蓄積した脂肪に着目したラマン分光イメージング, LED総合フォーラム2021 in 徳島, (巻), (号), P-14, 2021年2月..[著者] ...
閲覧 谷岡 弘規, 南川 丈夫, 清水 真祐子, 森本 友樹, 髙成 広起, 塩見 涼介, 長谷 栄治, 安井 武史, 常山 幸一 : 非アルコール性脂肪性肝炎診断に対するラマン顕微鏡法の適用可能性の検証計, 第68回応用物理学会春季学術講演会予稿集, 19a-Z04-9, 2021年3月..[著者] ...
閲覧 谷岡 弘規, 南川 丈夫, 清水 真祐子, 森本 友樹, 髙成 広起, 塩見 涼介, 長谷 栄治, 安井 武史, 常山 幸一 : 非アルコール性脂肪性肝炎診断に対するラマン顕微鏡法の適用可能性の検証計, 第68回応用物理学会春季学術講演会予稿集, (巻), (号), 19a-Z04-9, 2021年3月..[著者] ...
閲覧 植田 翠, 髙成 広起, 常山 幸一 : ラマン分光法による肺癌組織型の判別, 第98回日本生理学会・第126回日本解剖学会合同大会, 2021年3月..[著者] ...
閲覧 納谷 友希, 髙成 広起 : 血管強調画像観察に用いる光源の検証, 第98回日本生理学会・第126回日本解剖学会合同大会, 2021年3月..[著者] ...
閲覧 谷岡 弘規, 南川 丈夫, 清水 真裕子, 森本 友樹, 髙成 広起, 大西 湧太郎, 長谷 栄治, 安井 武史, 常山 幸一 : 表面増強ラマン散乱分光法を用いた非アルコール性脂肪肝疾患モデルの高感度ラマンイメージング, 第82回応用物理学会秋季学術講演会予稿集, 13a-N202-9, 2021年9月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.73, Max(EID) = 382711, Max(EOID) = 1022123.