『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 堀ノ内 裕也

登録情報の数

有効な情報: 256件 + 無効な情報: 70件 = 全ての情報: 326件

全ての有効な情報 (256件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 日本薬理学会 …(1)
閲覧 (未定義) …(254)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 井上 喜美子, 西谷 典子, 田崎 絵美, Yuya Horinouchi, 菅沼 雅美, 影近 弘之, 首藤 紘一 and 藤木 博太 : Antioxidant Activity of Retinoids, 6th Japan-Korea Workshop on Cnacer and Ageing Research, (巻), (号), (頁), Tokushima, Feb. 2004..[著者] ...
閲覧 Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Yasuhisa Kanematsu, Shinji Abe, Hideki Ohnishi, Soichiro Tajima, Keisuke Ishizawa, Toshiaki Tamaki and Yoshiharu Takiguchi : Production of nitrosonifedipine radical from nifedipine and its antioxidative activity in cultured cells, 13th annual meeting of society of free radical and biology of medicine, Denver, Nov. 2006..[著者] ...
閲覧 Koichiro Tsuchiya, Satoshi Iwanaga, Hideki Ohnishi, Yayoi Fukuhara, Chiaki Taoka, Soichiro Tajima, Yuya Horinouchi and Toshiaki Tamaki : In vivo and in vitro studies on NO formation from iron-quercetin-nitrite complexes, Second International Role of Nitrite in Physiology, Pathophysiology and Therapeutics Meeting, Bethesda, Maryland, Sep. 2007..[著者] ...
閲覧 Toshiaki Tamaki, Kunihisa Yamaguchi, Narantungalag Dorjsuren, Yayoi Fukuhara, Yuya Horinouchi, Yuki Motobayashi, Koichiro Tsuchiya and Keisuke Ishizawa : Olmesartan inhibits the TNF-α-induced cytotoxicity in human glomerular endothelial cells, ISN Nexus Symposium on Diabetes & the Kidney, Dublin, June 2008..[著者] ...
閲覧 Yuya Horinouchi, Koichiro Tsuchiya, Keisuke Ishizawa, Soichiro Tajima, Yuki Motobayashi, Kunihisa Yamaguchi, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki : Endotherial cell protective activity of nitrosonifedipine, Biomedical Redox Navigation (EPR2008), (巻), (号), (頁), Fukuoka, Sep. 2008..[著者] ...
閲覧 Koichiro Tsuchiya, Soichiro Tajima, Mai Hamamoto, Hideki Ohnishi, Yuki Motobayashi, Yuya Horinouchi, Kunihisa Yamaguchi, Keisuke Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki : Effect of angiotensin II on iron (II) turnover in HGEC, Biomedical Redox Navigation (EPR2008), Fukuoka, Sep. 2008..[著者] ...
閲覧 大西 秀樹, 土屋 浩一郎, 田島 壮一郎, 堀ノ内 裕也, 福原 弥生, 山口 邦久, 石澤 啓介, 冨田 修平, 玉置 俊晃 : 腎とフリーラジカル第9集, --- ハイドロエチジウム蛍光分析法による細胞内スーパーオキシド検出法の評価 ---, 株式会社 東京医学社, 東京, 2008年9月..[著者] ...
閲覧 Yuya Horinouchi, Koichiro Tsuchiya, 石澤 啓介, 田島 壮一郎, 元林 有紀, 山口 邦久, 川添 和義, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki : Endothelial cell protective activity of nitorosonifedipine, Biomedical Redox Navigation (EPR2008), (巻), (号), (頁), Fukuoka, Sep. 2008..[著者] ...
閲覧 Toshiaki Tamaki, Keisuke Ishizawa, Kunihisa Yamaguchi, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Fukuhara Yayoi, Yuya Horinouchi and Koichiro Tsuchiya : Nitoroso-nifedipine is a new class drug to protect kidney against oxidative stress, 41th ASN annual meeting, (巻), (号), (頁), Philadelphia, Nov. 2008..[著者] ...
閲覧 田島 壮一郎, Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, 石澤 啓介, 寺岡 和彦, 冨田 修平, 川添 和義, 芳地 一, Toshiaki Tamaki and 水口 和生 : ANGIOTENSIN II INCREASED INTRACELLULAR LABILE IRON IN THE PRESENCE OF TRANSFERRIN IN HGEC, Basic & Clinical Pharmacology & Toxicology, Vol.105, (号), 127, (都市), (month)2009..[著者] ...
閲覧 Keisuke Ishizawa, Kunihisa Yamaguchi, Yuya Horinouchi, Yayoi Fukuhara, Soichiro Tajima, Shuichi Hamano, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Toward drug discovery for overcoming CKD: Development of drugs on endothelial cell protection for overcoming CKD, Journal of Pharmacological Sciences, Vol.109, No.1, 14-19, 2009..[著者] ...
閲覧 田島 壮一郎, 土屋 浩一郎, 濱本 磨以, 堀ノ内 裕也, 冨田 修平, 石澤 啓介, 川添 和義, 玉置 俊晃, 水口 和生 : Angiotensin IIによるヒト腎糸球体血管内皮細胞(HGEC)内における鉄動態の検討, 日本薬学会129年会, 2009年3月..[著者] ...
閲覧 土屋 浩一郎, 大坂 祐貴 and Yuya Horinouchi : Adverse effects of anti-cancer drugs, Shikoku Acta Medica, Vol.65, No.3, 67-73, 2009..[著者] ...
閲覧 森 剛志, 西迫 寛隆, 中村 敏己, 三木 幸代, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 阿部 真治, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 : P1-121 外来がん化学療法における副作用モニタリング : クラスター解析を用いた患者背景・要因ごとの副作用予測の試み(一般演題 ポスター発表,がん薬物療法(外来化学療法),医療薬学の創る未来 科学と臨床の融合), 日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.19, (号), 313, 2009年9月..[著者] ...
閲覧 森 剛志, 西迫 寛隆, 中村 敏己, 三木 幸代, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 阿部 真治, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 : 外来乳がん化学療法におけるクラスター解析を用いた副作用予測の試み, 第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月..[著者] ...
閲覧 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 : KK-Ay マウスにおける鉄キレート剤Deferoxamineによる糖尿病病態改善効果の検討, 第83回 日本薬理学会, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 池田 康将, 土屋 浩一郎, 田島 壮一郎, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 石澤 啓介, 冨田 修平, 高石 喜久, 玉置 俊晃 : 徳島県名産スダチ果皮の抗生活習慣病作用, 第83回日本薬理学会年会 シンポジウム「 肥満の栄養ゲノミクスと薬理ゲノミクス」, 2010年3月..[著者] ...
閲覧 Takeshi Mori, Nishisako Hirotaka, Nakamura Toshimi, Yuya Horinouchi, Sakurada Takumi, Shinji Abe, Kazuhiko Teraoka, Kujime Toshihide, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi : Prediction of adverse effects based on cluster analysis by demography and clinical factor in the outpatients treated with cancer chemotherapy, 15th Anniversary Congress of EAHP, (巻), (号), (頁), Niece, March 2010..[著者] ...
閲覧 Soichiro Tajima, Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Masayuki Shono, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki : Effect of angiotensin II on iron-transporting protein expression and subsequent intracellular labile iron concentration in human glomerular endothelial cells, Hypertension Research, Vol.33, No.7, 713-721, 2010..[著者] ...
閲覧 田島 壮一郎, 土屋 浩一郎, 濱本 磨以, 久住 祥子, 堀ノ内 裕也, 八木 祐子, 櫻田 巧, 石澤 啓介, 池田 康将, 木平 孝高, 冨田 修平, 玉置 俊晃 : 腎とフリーラジカル第10集, --- アンジオテンシンII刺激による細胞内遊離鉄を介した酸化ストレス増強機構 ---, 株式会社 東京医学社, 東京, 2010年6月..[著者] ...
閲覧 石澤 啓介, 今西 正樹, Erika Tminaga, 堀ノ内 裕也, Takumi Sakurada, Zyunpei Taniguchi, Seiko Fujii, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 : Nifedipine代謝物はangiotensinⅡによる血管平滑筋細胞遊走および増殖を抑制する, 第63回日本酸化ストレス学会, 2010年6月..[著者] ...
閲覧 今西 正樹, 石澤 啓介, 富永 えりか, 堀ノ内 裕也, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : Nifedipine代謝物によるangiotensin II 誘発血管平滑筋細胞遊走及び増殖に対する抑制作用, 第117回日本薬理学会近畿部会, 2010年7月..[著者] ...
閲覧 Yayoi Fukuhara, Shuhei Tomita, Yuko Imamura, Yuya Horinouchi, Masaki Imanishi, Takumi Sakurada, Tetsuya Kitagawa and Toshiaki Tamaki : Role of HIF-1b in endothelial cells in monocrotaline-induced pulmonary hypertension in mice, 16th World Congress on Basic and Clinical Pharmacology, (都市), July 2010..[著者] ...
閲覧 藤井 聖子, 石澤 啓介, 今西 正樹, 富永 えりか, 桜田 巧, 谷口 順平, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 : AngiotensinⅡ誘発血管リモデリングに対するnitrosonifedipineの抑制効果, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2010, 2010年9月..[著者] ...
閲覧 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 山野 範子, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 : 2型糖尿病モデルマウスに対する鉄キレート剤による糖尿病改善効果の検討, 第34回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2010年9月..[著者] ...
閲覧 Keisuke Ishizawa, Masaki Imanishi, Yuya Horinouchi, Yayoi Fukuhara, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Nitroso-nifedipine is a new class drug to protect endothelial function for overcoming organ damage, International Society of Hypertension 2010, Vancouver, Sep. 2010..[著者] ...
閲覧 今西 正樹, 石澤 啓介, 富永 えりか, 櫻田 巧, 堀ノ内 裕也, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : Angiotensin II による血管平滑筋細胞の遊走および増殖に対するnifedipine代謝物の抑制作用とそのメカニズム, 第33回日本高血圧学会, 2010年10月..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 中村 敏己, 森 剛志, 小中 健, 三木 幸代, 田島 壮一郎, 西迫 寛隆, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生 : O1-07 血圧上昇を指標としたベバシズマブ投与結腸・直腸がん患者の効果予測に関する検討(一般演題 口頭発表,がん薬物療法(外来化学療法/入院化学療法),臨床から学び臨床へと還元する医療薬学), 日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.20, (号), 256, 2010年10月..[著者] ...
閲覧 田島 壮一郎, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 冨田 修平, 山野 範子, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 鉄キレート剤 deferoxamine は内皮細胞活性化により血管新生を促進する, 第20回日本循環薬理学会, 2010年11月..[著者] ...
閲覧 富永 えりか, 石澤 啓介, 今西 正樹, 櫻田 巧, 谷口 順平, 藤井 聖子, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 阿部 真治, 川添 和義, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 水口 和生 : アンジオテンシンII による血管リモデリングに対するニトロソニフェジピンの影響, 第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2010年11月..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 中村 敏己, 森 剛志, 小中 健, 三木 幸代, 田島 壮一郎, 西迫 寛隆, 阿部 真治, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 : 分子標的治療薬ベバシズマブによる血圧上昇について ∼発現状況調査ならびに効果予測の検討∼, 第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2010年11月..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 中村 敏己, 森 剛志, 小中 健, 三木 幸代, 田島 壮一郎, 西迫 寛隆, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生 : 血圧上昇を指標としたベバシツマブ投与結腸・直腸がん患者の効果予測に関する検討, 第20回日本医療薬学会年会, (巻), (号), (頁), 2010年11月..[著者] ...
閲覧 Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Yoshiyuki Yoshimura, Shuhei Tomita, Shuichi Hamano and Toshiaki Tamaki : Antioxidant effects of photodegradation product of nifedipine, 17th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM 2010), (巻), (号), (頁), (都市), Nov. 2010..[著者] ...
閲覧 Yayoi Fukuhara, Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Shuichi Hamano, Kazuyoshi Kawazoe, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki : Protective effect of photodegradation product of nifedipine against tumor necrosis factor alpha-induced oxidative stress in human glomerular endothelial cells, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.1, 2, 118-126, 2011..[著者] ...
閲覧 櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 富永 えりか, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : AngiotensinⅡ誘発血管リモデリングに対するニトロソニフェジピンの抑制作用, 第40回日本心脈管作動物質学会, (巻), (号), (頁), 2011年2月..[著者] ...
閲覧 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 山野 範子, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 : 鉄除去は脂肪肥大を抑制して糖尿病を改善する, 第40回日本心脈管作動物質学会, (巻), (号), (頁), 2011年2月..[著者] ...
閲覧 Yuya Horinouchi, Koichiro Tsuchiya, Chiaki Taoka, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Yuko Matsuda, Kozo Shishido, Masahiro Yoshida, Shuichi Hamano, Kazuyoshi Kawazoe, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki : Antioxidant effects of photodegradation product of nifedipine, Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.59, No.2, 208-214, 2011..[著者] ...
閲覧 櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 富永 えりか, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : AngiotensinⅡ誘発血管リモデリングに対するニトロソニフェジピンの抑制作用, 第40回日本心脈管作動物質学会, (巻), (号), (頁), 2011年2月..[著者] ...
閲覧 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 山野 範子, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 : 鉄除去は脂肪肥大を抑制して糖尿病を改善する, 第40回日本心脈管作動物質学会, (巻), (号), (頁), 2011年2月..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 土屋 浩一郎, 田島 壮一郎, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 冨田 修平, 川添 和義, 玉置 俊晃, 水口 和生 : Nitrosonifedipine の細胞保護効果に関する検討, 日本薬学会第131年会, (巻), (号), (頁), 2011年3月..[著者] ...
閲覧 今西 正樹, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 富永 えりか, 堀ノ内 裕也, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : Nitrosonifedipineによる血管リモデリング抑制効果の検討, 日本薬学会第131回年会, 2011年3月..[著者] ...
閲覧 Yuya Horinouchi, Takumi Sakurada, Toshimi Nakamura, Soichiro Tajima, Hirotaka Nishisako, Shinji Abe, Kazuhiko Teraoka, Toshihide Kujime, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi : Hypertension as a predictive factor of effect of bevacizumab in treatment of colorectal cancer, Journal of the Pharmaceutical Society of Japan, Vol.131, No.8, 1251-1257, 2011..[著者] ...
閲覧 Yuya Horinouchi, Takumi Sakurada, Toshimi Nakmura, Tsuyoshi Mori, Ken Konaka, Soichiro Tajima, Shinji Abe, Kazuhiko Teraoka, Toshihide Kujime, Kazuyoshi Kawazoe, Hitoshi Houchi and Kazuo Minakuchi : Correlation between development of hypertension and efficay in metastatic colorectal cancer patients treated with bevacizumab, Abstracts of 10th Congress of the Europian Association for Clinical Pharmacology and Therapeutics, Vol.109, No.S1, 57, Budapest, June 2011..[著者] ...
閲覧 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 山野 範子, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 : ヒト腎糸球体血管内皮細胞において細胞内遊離鉄はangiotensin ⅡによるICAM-1の発現を増強する, 第54回日本腎臓学会学術集会, 2011年6月..[著者] ...
閲覧 田島 壮一郎, 明石 晃代, 宮本 登志子, 渡邉 美穂, 池森 明, 堀ノ内 裕也, 伏谷 秀治, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 三ツ井 貴夫, 水口 和生, 楊河 宏章 : P-1130 治験終了後の情報提供に関する被験者の意識調査(一般演題 ポスター発表,治験・臨床試験,Enjoy Pharmacists' Lifestyles), 日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.21, (号), 370, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 片桐 由貴, 小中 健, 森 剛志, 中村 敏己, 田島 壮一郎, 山口 美代子, 三木 幸代, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 : P-0220 クラスタ解析を用いたオキサリプラチン投与大腸がん患者の過敏症発現に影響を与える因子の検討(一般演題 ポスター発表,がん薬物療法(外来化学療法),Enjoy Pharmacists' Lifestyles), 日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.21, (号), 218, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 山野 範子, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 : 肥満の脂肪組織における鉄の役割, 第35回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2011年9月..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 中村 敏己, 櫻田 巧, 森 剛志, 小中 健, 三木 幸代, 田島 壮一郎, 阿部 真治, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 水口 和生 : ベバシズマブ投与大腸がん患者における早期高血圧の効果予測因子として の意義, 第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月..[著者] ...
閲覧 Soichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Kaori Sawada, Noriko Yamano, Yuya Horinouchi, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Iron reduction by deferoxamine leads to amelioration of adiposity via the regulation of oxidative stress and inflammation in obese and type 2 diabetes KKAy mice., American Journal of Physiology, Endocrinology and Metabolism, Vol.302, No.1, E77-86, 2012..[著者] ...
閲覧 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 : 十二指腸からの鉄吸収に対するAngiotensinⅡの影響, 第36回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2012年9月..[著者] ...
閲覧 櫻田 巧, 田島 壮一郎, 柿内 聡司, 上松 卓, 森 剛志, 堀ノ内 裕也, 川添 和義, 西岡 安彦, 楊河 宏章, 水口 和生 : P1-373 癌薬物療法における薬剤性間質性肺炎の実態調査(がん薬物療法(その他),ポスター,一般演題,岐路に立つ医療~千年紀の目覚め~よみがえれ!ニッポン!薬の改革は我らが手で!), 日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.22, (号), 329, 2012年10月..[著者] ...
閲覧 Takumi Sakurada, Keisuke Ishizawa, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Shoko Fujii, Erika Tominaga, Teppei Tsuneishi, Yuya Horinouchi, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Ken-ichi Aihara, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Nitrosonifedipine ameliorates angiotensin II-induced vascular remodeling via antioxidative effects, Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology, Vol.386, No.1, 29-39, 2013..[著者] ...
閲覧 土屋 浩一郎, 石澤 啓介, 宮本 理人, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 木平 孝高, 冨田 修平, 玉置 俊晃 : 腎とフリーラジカル第11集, --- 亜硝酸塩による腎保護作用 ---, 株式会社 東京医学社, 東京, 2013年1月..[著者] ...
閲覧 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 川添 和義, 水口 和生, 玉置 俊晃 : The influence of angiotensin II on duodenal iron absorption, 第86回日本薬理学会年会, 2013年3月..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, Fiona A. SUMMERS, Marilyn EHRENSHAFT, 玉置 俊晃, Ronald P. MASON : フリーラジカル直接検出法immuno-spin trapping, In-Cell Westernとconfocal microscopyを用いた環境汚染物質の細胞毒性評価, 第40回日本毒性学会学術年会, 2013年6月..[著者] ...
閲覧 Takumi Sakurada, K. Miyako, Yuya Horinouchi, Kazuhiko Teraoka, T. Kujime, Kazuyoshi Kawazoe, Hitoshi Houchi, Toshiaki Tamaki and Kazuo Minakuchi : NITROSONIFEDIPINE, A PHOTODEGRADATION PRODUCT OF NIFEDIPINE, SUPPRESS THE PROGRESSION OF DIABETIC NEPHROPATHY WITH THE ENDOTHELIAL DYSFUNCTION, 11th EACPT Congress, (都市), Aug. 2013..[著者] ...
閲覧 Yuya Horinouchi, Fiona A. Summers, Marilyn Ehrenshaft, Hitoshi Houchi, Toshiaki Tamaki, Kazuo Minakuchi and Ronald P. Mason : Cytotoxity evaluation of environmental chemicals via free radical detection using newly technique immuno-spin trapping, In-Cell Western and confocal microscopy, 49th Congress of the European Societies of Toxicology (EUROTOX), (都市), Sep. 2013..[著者] ...
閲覧 池田 康将, 田島 壮一郎, 今尾 瑞季, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : フェリチンの炎症惹起作用, 第37回日本鉄バイオサイエンス学会, 2013年9月..[著者] ...
閲覧 Yasumasa Ikeda, Iori Ozono, Soichro Tajima, Mizuki Imao, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Iron chelation by deferoxamine prevents renal interstitial fibrosis in mice with unilateral ureteral obstruction, PLoS ONE, Vol.9, No.2, e89355, 2014..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, Summers A. Fiona, Ehrenshaft Marilyn, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, Mason P. Ronald : Investigating free radical generation in HepG2 cells induced by aromatic amine compounds using immuno-spin trapping, 第87回日本薬理学会年会, 2014年3月..[著者] ...
閲覧 今尾 瑞季, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 鉄によって引き起こされる骨格筋萎縮のメカニズム, 第87回日本薬理学会年会, 2014年3月..[著者] ...
閲覧 櫻田 巧, 田島 壮一郎, 柿内 聡司, 堀ノ内 裕也, 寺岡 和彦, 久次米 敏秀, 川添 和義, 西岡 安彦, 水口 和生 : ペメトレキセド治療における皮疹に対するデキサメタゾン投与量の検討, 日本薬学会第134年会, 2014年3月..[著者] ...
閲覧 Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Mizuki Imao, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Ferritin induces IL-1 production through inflammasome activation via NF-B-dependent manner in macrophages, Experimental Biology 2014, San Diego, April 2014..[著者] ...
閲覧 池田 康将, 田島 壮一郎, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : アンジオテンシンIIは鉄吸収制御と生体内鉄分布変化に関与する, 第125回日本薬理学会近畿部会, 2014年6月..[著者] ...
閲覧 櫻田 巧, 柿内 聡司, 堀ノ内 裕也, 森 剛志, 西迫 寛隆, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 川添 和義, 西岡 安彦, 水口 和生 : 27-O5AM-06 ペメトレキセドによる皮疹予防としてのステロイドの有効性と至適投与量の検討(がん薬物療法(副作用対策)2,一般演題(口頭),新時代を拓く医療薬学フロンティア), 日本医療薬学会年会講演要旨集, Vol.24, (号), 222, 2014年8月..[著者] ...
閲覧 池田 康将, 今尾 瑞季, 佐藤 明穂, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 鉄による骨格筋萎縮メカニズムの検討, 日本鉄バイオサイエンス学会 第38回学術集会, 2014年9月..[著者] ...
閲覧 Yuya Horinouchi, A Fiona Summers, Marilyn Ehrenshaft and P Ronald Mason : Free radical generation from an aniline derivative in HepG2 cells: a possible captodative effect., Free Radical Biology and Medicine, Vol.78, (号), 111-117, 2014..[著者] ...
閲覧 櫻田 巧, 柿内 聡司, 堀ノ内 裕也, 西迫 寛隆, 岡田 直人, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 川添 和義, 西岡 安彦, 石澤 啓介 : ペメトレキセドによる発疹に関与する因子の同定とステロイド追加投与の有効性の検討, 第53回中国四国支部学術大会(広島), (巻), (号), (頁), 2014年11月..[著者] ...
閲覧 池田 康将, 金井 佑亮, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : ビリルビンは血管内皮細胞を活性化させて,虚血後血管新生を促進する, 第24回 循環薬理学会, 2014年12月..[著者] ...
閲覧 Yuya Horinouchi, A Fiona Summers, Marilyn Ehrenshaft, Kazuyoshi Kawazoe, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and P Ronald Mason : Investigating free radical generation in HepG2 cells using immuno-spin trapping., Free Radical Biology and Medicine, Vol.75 Suppl 1, (号), (頁), (都市), Dec. 2014..[著者] ...
閲覧 池田 康将, 金井 佑亮, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : ビリルビンの血管新生促進作用の検討, 第44回 日本心脈管作動物質学会, 2015年2月..[著者] ...
閲覧 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : ビリルビンは虚血後血管新生を促進する, 第88回 日本薬理学会年会(愛知), (巻), (号), (頁), 2015年3月..[著者] ...
閲覧 Yasumasa Ikeda, Yusuke Kanai, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : The Effects of Bilirubin on Angiogenesis in Mice with Hindlimb Ischemia, Experimental Biology 2015, (巻), (号), (頁), Boston, March 2015..[著者] ...
閲覧 Takumi Sakurada, Souji Kakiuchi, Soichiro Tajima, Yuya Horinouchi, Naoto Okada, Hirotaka Nishisako, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Kazuyoshi Kawazoe, Hiroaki Yanagawa, Yasuhiko Nishioka, Kazuo Minakuchi and Keisuke Ishizawa : Characteristics and risk factors of interstitial lung disease induced by chemotherapy for lung cancer, The Annals of Pharmacotherapy, Vol.49, No.4, 398-404, 2015..[著者] ...
閲覧 池田 康将, Kanai Yusuke, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : Bilirubin Promotes Ischemic-Induced Revascularization through Akt-eNOS Pathway, 第79回 日本循環器学会学術集会, 2015年4月..[著者] ...
閲覧 Soichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Hideaki Enomoto, Mizuki Imao, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Angiotensin II alters the expression of duodenal iron transporters, hepatic hepcidin, and body iron distribution in mice, European Journal of Nutrition, Vol.54, No.5, 709-719, 2015..[著者] ...
閲覧 Yasumasa Ikeda, Hirofumi Hamano, Akiho Satoh, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Bilirubin exerts pro-angiogenic effects through an Akt-eNOS-dependent pathway, Hypertension Research, Vol.38, No.11, 733-740, 2015..[著者] ...
閲覧 池田 康将, 佐藤 明穂, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 鉄欠乏は骨格筋量減少の原因となる, 第39回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2015年8月..[著者] ...
閲覧 Takumi Sakurada, Souji Kakiuchi, Soichiro Tajima, Yuya Horinouchi, Ken Konaka, Naoto Okada, Hirotaka Nishisako, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Kazuyoshi Kawazoe, Hiroaki Yanagawa, Yasuhiko Nishioka and Keisuke Ishizawa : Pemetrexed-induced rash may be prevented by supplementary corticosteroids, Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.38, No.11, 1752-1756, 2015..[著者] ...
閲覧 今尾 瑞季, 池田 康将, 佐藤 明穂, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 宮本 理人, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 : 鉄蓄積によって引き起こされる骨格筋萎縮のメカニズム, 第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2015年11月..[著者] ...
閲覧 Yasumasa Ikeda, Hamano Hirofumi, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Bilirubin Enhances Ischimia-induced Angiogenesis Through Akt-eNOS-Dependent Signaling Pathway, American Heart Association Scientific Sessions 2015, (巻), (号), (頁), Orlando, Nov. 2015..[著者] ...
閲覧 濱野 裕章, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 佐藤 明穂, 渡邉 大晃, 大島 啓亮, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 慢性腎不全における尿毒素によるヘプシジン制御機構, 第128回日本薬理学会近畿部会, (巻), (号), (頁), 2015年11月..[著者] ...
閲覧 池田 康将, 濱野 裕章, 渡邉 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 慢性腎臓病におけるヘプシジン制御メカニズムの検討, 第25回日本循環薬理学会, (巻), (号), (頁), 2015年12月..[著者] ...
閲覧 大島 啓亮, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 鉄のエリスロポエチン発現への影響の検討, 第45回日本心脈管作動物質学会, 2016年2月..[著者] ...
閲覧 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邉 大晃, 佐藤 明穂, 大島 啓亮, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 尿毒素は慢性腎不全におけるヘプシジン発現に関与する, 第89回 日本薬理学会年会(神奈川), (巻), (号), (頁), 2016年3月..[著者] ...
閲覧 佐藤 明穂, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 濱野 裕章, 今尾 瑞季, 渡邉 大晃, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 鉄欠乏に伴う骨格筋萎縮メカニズム, 第89回 日本薬理学会年会(神奈川), (巻), (号), (頁), 2016年3月..[著者] ...
閲覧 大島 啓亮, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 鉄のエリスロポエチン発現への影響の検討, 第89回 日本薬理学会年会(神奈川), (巻), (号), (頁), 2016年3月..[著者] ...
閲覧 Yasumasa Ikeda, Keisuke Oshima, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Iron Supplementation Suppressed Erythropoietin Expression through HIF-dependent Pathway, The 80th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, March 2016..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 : ベバシズマブ投与患者における高血圧のリスクファクター, 日本薬学会第136年会( 横浜), (巻), (号), (頁), 2016年3月..[著者] ...
閲覧 佐藤 明穂, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 濱野 裕章, 今尾 瑞季, 渡邉 大晃, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 宮本 理人, 土屋 浩一郎 : 鉄過剰による骨格筋分化抑制作用の解明, 日本薬学会第136年会(横浜), (巻), (号), (頁), 2016年3月..[著者] ...
閲覧 渡邉 大晃, 池田 康将, 濱野 裕章, 佐藤 明穂, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : 慢性腎臓病におけるヘプシジン制御メカニズムの検討, 日本薬学会第136年会(横浜), (巻), (号), (頁), 2016年3月..[著者] ...
閲覧 Yasumasa Ikeda, Keisuke Oshima, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : The Involvement of Iron Supplementation on Erythropoietin Expression, Experimental Biology 2016, (都市), April 2016..[著者] ...
閲覧 Yasumasa Ikeda, Mizuki Imao, Akiho Satoh, Hiroaki Watanabe, Hirofumi Hamano, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Iron-induced skeletal muscle atrophy involves an Akt-forkhead box O3-E3 ubiquitin ligase-dependent pathway, Journal of Trace Elements in Medicine and Biology, Vol.35, No.5, 66-76, 2016..[著者] ...
閲覧 Yasumasa Ikeda, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa and Toshiaki Tamaki : The new insight of iron on tissue damage in metabolic disorders., The 9th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide/16th Annual Scientific Meeting of the Nitric Oxide Society of Japan., (都市), May 2016..[著者] ...
閲覧 Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yuya Horinouchi, Kenshi Takechi, Yoshito Zamami, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa : The effects of pitavastatin, a lipid-lowering agent, against aortic dissection model mice induced by L-NAME, a nitric oxide synthase inhibitor., The 9th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide/16th Annual Scientific Meeting of the Nitric Oxide Society of Japan., (巻), (号), (頁), (都市), May 2016..[著者] ...
閲覧 池田 康将, 佐藤 明穂, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 骨格筋分化における鉄の役割, 第129回日薬理学会学会近畿部会 (広島), 2016年6月..[著者] ...
閲覧 石澤 有紀, 細岡 真由子, 斎藤 尚子, 堀ノ内 裕也, 今西 正樹, 座間味 義人, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : ケルセチン代謝産物Q3GAの血管内皮膚細胞に対する短期及び長期効果の検討, 第129回日薬理学会学会近畿部会( 広島), 2016年6月..[著者] ...
閲覧 座間味 義人, 今西 正樹, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 宮本 理人, 石澤 有紀, 池田 康将, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : ドラッグリポジショニング手法を用いた新規循環器治療薬の探索研究, 第23回大阪市大フォーラム, 2016年8月..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也 : イムノスピントラッピング法を用いたフリーラジカル検出, 第23回大阪市大フォーラム, 2016年8月..[著者] ...
閲覧 三井 茉綸, 座間味 義人, 漆崎 汐里, 斉家 和仁, 森口 浩史, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 宮本 理人, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : ドラッグリポジショニングを切り口としたベバシズマブ誘発高血圧に対する予防薬の探索研究, 第27回霧島神経薬理フォーラム(福岡), 2016年8月..[著者] ...
閲覧 福永 豊, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 橋本 一郎 : 虚血性皮弁壊死モデルにおける抗酸化薬ニトロソニフェジピンの壊死抑制効果, 第25回日本形成外科学会基礎学術集会, 2016年9月..[著者] ...
閲覧 Yoshito Zamami, Mitsui Marin, Moriguchi Hiroshi, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Kawasaki Hiromu, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa : Search for a preventative therapy for Bevacizumab-induced hypertension using the drug repositioning approach, 7th Scientific Meeting of Asian Society for Vascular Biology, (都市), Oct. 2016..[著者] ...
閲覧 佐藤 明穂, 池田 康将, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 今尾 瑞季, 渡邊 大晃, 石澤 有紀, 宮本 理人, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 : 鉄欠乏が骨格筋に与える作用の検討, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 Ota Kazuma, Yoshitaka Kihira, Kishibuchi Reina, Yuki Izawa-Ishizawa, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda and Toshiaki Tamaki : Disruption of hypoxia-inducible factor-1a deteriorates renal ischemia-reperfusion injury through dysregulation of Kv2.2-induced apoptosis in tubules., ASN KIDNEY WEEK 2016, Chicago, Nov. 2016..[著者] ...
閲覧 細岡 真由子, 石澤 有紀, 斎藤 尚子, 今西 正樹, 座間味 義人, 宮本 理人, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 : Quercetin による血管内皮細胞保護効果の検討, 第130回日本薬理学会近畿部会, 2016年11月..[著者] ...
閲覧 石澤 有紀, 福永 豊, 西良 恵理子, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 橋本 一郎, 玉置 俊晃 : ニトロソニフェジピンは虚血性皮弁モデルにおいて皮弁壊死を抑制する, 第26回日本循環薬理学会, 2016年12月..[著者] ...
閲覧 池田 裕美子, 斎藤 尚子, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 : ケルセチンによる血管保護効果の検討, 西日本医学生学術フォーラム(第5回医学研究学生フォーラム), 2016年12月..[著者] ...
閲覧 石澤 有紀, 細岡 真由子, 斎藤 尚子, 鍵本 優有, 今西 正樹, 座間味 義人, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : ケルセチンによるマウス大動脈解離発症予防効果の検討, 第46回日本心脈管作動物質学会年会, 2017年2月..[著者] ...
閲覧 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邉 大晃, 堀ノ内 裕也, 佐藤 明穂, 大島 啓亮, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 慢性腎不全における尿毒素蓄積が生体内鉄代謝に与える影響の検討, 第46回日本心脈管作動物質学会, 2017年2月..[著者] ...
閲覧 今西 正樹, 田中 恭平, 生藤 来希, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : Angiotensin II誘発性血管リモデリングに対するfebuxostatの効果, 第46回日本心脈管作動物質学会, 2017年2月..[著者] ...
閲覧 座間味 義人, 石澤 有紀, 桐野 靖, 三井 茉綸, 漆崎 汐里, 斉家 和仁, 森口 浩史, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : 有害事象自発報告データベースを切り口としたベバシズマブと相互作用を起こす薬剤の探索研究, 第46回日本心脈管作動物質学会年会, 2017年2月..[著者] ...
閲覧 Yutaka Fukunaga, Yuki Izawa-Ishizawa, Yuya Horinouchi, Eriko Sairyo, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Yoshiro Abe, Ichiro Hashimoto and Toshiaki Tamaki : Topical Application of Nitrosonifedipine, a Novel Radical Scavenger, Ameliorates Ischemic Skin Flap Necrosis in a Mouse Model., Wound Repair and Regeneration, Vol.25, No.2, 217-223, 2017..[著者] ...
閲覧 土屋 浩一郎, 池田 康将, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 宮本 理人, 玉置 俊晃 : 鉄ストレスと代謝性疾患-鉄ストレスによる疾患と,鉄ストレスによる治療, 日本薬学会第137年会, (巻), (号), (頁), 2017年3月..[著者] ...
閲覧 Keisuke Oshima, Yasumasa Ikeda, Yuya Horinouchi, Hiroaki Watanabe, Hirofumi Hamano, Yoshitaka Kihira, Seiji Kishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Licht Miyamoto, Tasuku Hirayama, Hideko Nagasawa, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Iron suppresses erythropoietin expression via oxidative stress-dependent hypoxia-inducible factor-2 alpha inactivation, Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.97, No.5, 555-566, 2017..[著者] ...
閲覧 石澤 有紀, 細岡 真由子, 齊藤 尚子, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 座間味 義人, 武智 研志, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 : ケルセチンの内皮保護作用を介したマウス大動脈解離発症に対する効果, 第90回日本薬理学会年会, 2017年3月..[著者] ...
閲覧 Masaki Imanishi, 田中 恭平, 生藤 来希, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa : フェブキソスタットはアンジオテンシンII誘発性大動脈繊維化を抑制する, 第90回日本薬理学会年会(長崎), March 2017..[著者] ...
閲覧 今西 正樹, 田中 恭平, 生藤 来希, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : フェブキソスタットはアンジオテンシンII誘発性大動脈線維化を抑制する, 第90回日本薬理学会年会, 2017年3月..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : Xa因子阻害薬は一側尿管結紮誘導性腎線維化を抑制する, 第90回日本薬理学会年会, 2017年3月..[著者] ...
閲覧 生藤 来希, 今西 正樹, 田中 恭平, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : アンジオテンシンII 誘発性血管リモデリングに対するキサンチンオキシダーゼ阻害剤の影響, 日本薬学会 第137年会, 2017年3月..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : FXa 阻害剤の片側尿管結紮モデルマウスにおける腎間質線維化抑制作用, 日本薬学会 第137年会, 2017年3月..[著者] ...
閲覧 三井 茉綸, 座間味 義人, 石澤 有紀, 漆崎 汐里, 桐野 靖, 斉家 和仁, 森口 浩史, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : 有害事象自発報告データベースを基にしたベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究, 日本薬学会 第137年会, 2017年3月..[著者] ...
閲覧 Hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Indoxyl Sulfate Involves Abnormality of Iron Metabolism through Hepcidin Regulation, Experimental Bioogy 2017, Chicago, April 2017..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : FXa阻害剤は腎間質線維化を抑制する, 第60回日本腎臓学会学術総会, 2017年5月..[著者] ...
閲覧 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邉 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : インドキシル硫酸はヘプシジンを介した鉄代謝異常に関与する, 第60回日本腎臓学会学術総会, 2017年5月..[著者] ...
閲覧 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 玉置 俊晃 : 鉄摂取制限はタンパク過剰負荷による尿細管間質障害を軽減する, 第60回日本腎臓学会学術総会, 2017年5月..[著者] ...
閲覧 Yasumasa Ikeda, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa and Toshiaki Tamaki : DIRECT FACTOR XA INHIBITOR PREVENTS RENAL INTERSTITIAL FIBROSIS IN MICE WITH UNILATERAL URETERAL OBSTRUCTION, 54th ERA-EDTA Congress, Madrid, June 2017..[著者] ...
閲覧 Yasumasa Ikeda, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa and Toshiaki Tamaki : IRON RESTRICTION PREVENTS RENAL TUBULOINTERSTITIAL INJURY INDUCED BY ALBUMIN OVERLOAD IN MICE, 54th ERA-EDTA Congress, Madrid, June 2017..[著者] ...
閲覧 Masaki Imanishi, Kyohei Tanaka, Raiki Ikutoh, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa : THE EFFECTS OF FEBUXOSTAT ON ANGIOTENSIN II-INDUCED VASCULAR REMODELING, 27th European Meeting on Hypertension and Cardiovascular Protection, (都市), June 2017..[著者] ...
閲覧 Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, 田淵 正樹, Masaki Imanishi, Mai Takata, Eriko Sairyo, Yoshito Zamami, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : NITROSONIFEDIPINE, A NOVEL ANTIOXIDANT, AMELIORATES NEUROLOGICALSYMPTOMS AND PROLONGS THE SURVIVAL IN A MALIGNANT STROKE-PRONE SPONTANEOUSLY HYPERTENSIVE RATS, 27th European Meeting on Hypertension and Cardiovascular Protection, (都市), June 2017..[著者] ...
閲覧 Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : FACTOR XA INHIBITOR ATTENUATES RENAL INTERSTITIAL FIBROSIS IN MICE WITH UNILATERAL URETERAL OBSTRUCTION, THE 13TH CONGRESS OF THE EUROPEAN ASSOCIATION FOR CLINICAL PHARMACOLOGY AND THERAPEUTICS(EACPT2017), (都市), June 2017..[著者] ...
閲覧 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邊 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : インドキシル硫酸蓄積はヘプシジン制御を介して鉄代謝恒常性破綻に関与する, 第131回 日本薬理学会近畿部会, 2017年6月..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 第Xa因子阻害剤は腎間質線維化を抑制する, 第131回 日本薬理学会近畿部会, 2017年6月..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 今西 正樹, 座間味 義人, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 経口FXa阻害剤の腎線維化抑制効果, 医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2017年7月..[著者] ...
閲覧 座間味 義人, 石澤 有紀, 桐野 靖, 三井 茉綸, 漆崎 汐里, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : 有害事象自発報告データベースを切り口としたベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究, 医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2017年7月..[著者] ...
閲覧 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : 心肺蘇生後症候群治療薬の開発を目的としたドラッグリポジショニング研究-大規模医療情報を活用した検討-, 第255回 徳島医学会学術集会, 2017年8月..[著者] ...
閲覧 座間味 義人, 石澤 有紀, 桐野 靖, 三井 茉綸, 漆崎 汐里, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : 有害事象自発報告データベースを切り口としたベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究, 医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2017年8月..[著者] ...
閲覧 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邊 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 慢性腎不全における尿毒素蓄積はヘプシジンを介した鉄代謝恒常性破綻に関与する, 大阪市大フォーラム, (巻), (号), (頁), 2017年8月..[著者] ...
閲覧 Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Direct activated factor X inhibitor attenuates renal fibrosis on unilateral ureteral obstruction-induced nephrotoxicity., 53rd Congress of the European Societies of Toxicology (eurotox2017), (都市), Sep. 2017..[著者] ...
閲覧 Yasumasa Ikeda, Yuya Horinouchi, Hamano Hirofumi, Hirayama Tasuku, Seiji Kishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Hideko Nagasawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Dietary iron restriction alleviates renal tubulointerstitial injury induced by protein overload in mice, Scientific Reports, Vol.7, No.1, 10621, 2017..[著者] ...
閲覧 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 濱野 裕章, 平山 祐, 岸 誠司, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 啓介, 粟飯原 賢一, 永澤 秀子, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 鉄摂取制限による尿細管間質障害の抑制効果の検討, 第41回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2017年9月..[著者] ...
閲覧 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邉 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 慢性腎臓病における尿毒素蓄積によるヘプシジン制御と鉄代謝破綻のメカニズムの解明, 第41回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2017年9月..[著者] ...
閲覧 渡邊 大晃, 池田 康将, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : 肥満・糖尿病におけるマクロファージ鉄の役割の検討, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2017年10月..[著者] ...
閲覧 田中 恭平, 今西 正樹, 近藤 正輝, 生藤 来希, 村井 陽一, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : フェブキソスタットの尿酸合成抑制剤作用とは独立した血管線維化抑制作用の検討, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月..[著者] ...
閲覧 鍵本 優有, 石澤 有紀, 細岡 真由子, 斎藤 尚子, 鈴木 琴子, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 座間味 義人, 武智 研志, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : 急性大動脈解離易発症マウスにおけるquercetinの効果, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2017年10月..[著者] ...
閲覧 漆崎 汐里, 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 武智 研志, 今西 正樹, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : 大規模医療情報を活用して新規心肺蘇生後症候群治療薬の開発を志向したドラッグリポジショニング研究, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月..[著者] ...
閲覧 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : 心肺停止患者の予後に与えるニコランジルの影響-大規模レセプト情報を用いた検討, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月..[著者] ...
閲覧 三井 茉綸, 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 武智 研志, 今西 正樹, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : 有害事象自発報告データベースを基にしたベバシズマブと相互作用を起こす薬剤の探索研究, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月..[著者] ...
閲覧 座間味 義人, 小山 敏広, 石澤 有紀, 新村 貴博, 今西 正樹, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : 大規模医療情報を活用して心肺停止患者の生存率向上を志向したドラッグリポジショニング研究, 第27回日本医療薬学会年会, 2017年11月..[著者] ...
閲覧 新村 貴博, 座間味 義人, 小山 敏広, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : ドラッグリポジショニングを切り口とした心肺蘇生後症候群治療薬の探索研究, 第27回日本医療薬学会年会, 2017年11月..[著者] ...
閲覧 hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Indoxyl Sulfate Disturbs Normal Iron Metabolism via Hepcidin Upregulation in Chronic Kidney Disease, ASN Kidney Week 2017 Annual Meeting, (都市), Nov. 2017..[著者] ...
閲覧 渡邉 大晃, 池田 康将, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : 肥満・糖尿病におけるマクロファージ鉄制御機構の検討, 第132回日本薬理学会近畿部会, (巻), (号), (頁), 2017年11月..[著者] ...
閲覧 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : 臨床薬理学集中講座修了後の研究活動∼大規模医療情報を活用したドラッグリポジショニング研究を中心に∼, 第38回日本臨床薬理学会学術総会 臨床薬理学集中講座フォローアップ・セミナー, 2017年12月..[著者] ...
閲覧 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : 大規模医療情報を用いて新規心肺蘇生後症候群治療薬の開発を志向したドラッグリポジショニング研究, 第38回日本臨床薬理学会学術総会, 2017年12月..[著者] ...
閲覧 Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hirofumi Hamano, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : The effect of iron on skeletal muscle atrophy in chronic kidney disease., Free Radical Biology and Medicine, Vol.112, No.1, 204-205, (都市), Dec. 2017..[著者] ...
閲覧 石澤 有紀, 鍵本 優有, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 鈴木 琴子, 岩田 悠佑, 座間味 義人, 武智 研志, 池田 康将, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : ケルセチンによる動脈硬化性疾患発症に対する予防効果の検討, 第27回日本循環薬理学会, (巻), (号), (頁), 2017年12月..[著者] ...
閲覧 岩田 悠佑, 石澤 有紀, 鍵本 優有, 鈴木 琴子, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 : マウス大動脈瘤形成に対するケルセチンの効果, 西日本医学生学術フォーラム2017, (巻), (号), (頁), 2017年12月..[著者] ...
閲覧 日野 咲季子, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : 大規模医療情報を活用した薬剤性腎障害に対する予防薬の探索, 西日本医学生学術フォーラム2017, (巻), (号), (頁), 2017年12月..[著者] ...
閲覧 Takahiro Niimura, Yoshito Zamami, Toshihiro Koyama, Yuki Izawa-Ishizawa, Masashi Miyake, Tadashi Koga, Keisaku Harada, Ayako Ohshima, Toru Imai, Yutaka Kondo, Masaki Imanishi, Kenshi Takechi, Keijo Fukushima, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki, Shiro Hinotsu, R Mitsunobu Kano and Keisuke Ishizawa : Hydrocortisone administration was associated with improved survival in Japanese patients with cardiac arrest., Scientific Reports, Vol.7, No.1, 2017..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 第Xa因子阻害薬の腎保護効果, 第10回 心・血管クラスター・ミニリトリート, 2017年(99月)..[著者] ...
閲覧 Katsunori Tsuda, Licht Miyamoto, Shuichi Hamano, Yuri Morimoto, Yumi Kangawa, Chika Fukue, Yoko Kagawa, Yuya Horinouchi, Wenting Xu, Yasumasa Ikeda, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya : Mechanisms of the pH- and Oxygen-Dependent Oxidation Activities of Artesunate., Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.41, No.4, 555-563, 2018..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 石澤 有紀, 藤野 裕道, 玉置 俊晃 : 医療ビッグデータを活用した腎保護薬の探索, 2017年度 肥満・糖尿病クラスター・ミニリトリート, 2018年2月..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 第Xa因子阻害剤の腎保護効果, 第47回日本心脈管作動物質学会, 2018年2月..[著者] ...
閲覧 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : 大規模医療情報を活用した心肺停止患者に対するニコランジルの有効性に関する検討, 第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月..[著者] ...
閲覧 武智 研志, 座間味 義人, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 玉置 俊晃, 石澤 啓介, 楊河 宏章 : てんかん誘発性精神症状の行動学的解析および治療薬の探索と作用機序の解明, 第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), (巻), (号), (頁), 2018年2月..[著者] ...
閲覧 今西 正樹, 近藤 正輝, 田中 恭平, 生藤 来希, 村井 陽一, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : Febuxostatの尿酸合成抑制作用とは独立した血管線維化抑制機構の解明, 第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月..[著者] ...
閲覧 石澤 有紀, 鍵本 優有, 今西 正樹, 岩田 悠佑, 堀ノ内 裕也, 武智 研志, 座間味 義人, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 : マウス大動脈瘤形成に対するケルセチンの効果, 第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), (巻), (号), (頁), 2018年2月..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 濱野 裕章, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 大規模医療情報データベース解析と基礎研究の融合による新規腎保護薬の探索, 第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月..[著者] ...
閲覧 Yasumasa Ikeda, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa and Toshiaki Tamaki : Factor Xa Inhibitor Exerts a Protective Effect against Renal Injury, 第82回日本循環器学会学術集会, (巻), (号), (頁), March 2018..[著者] ...
閲覧 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : ドラッグリポジショニング手法を用いた心肺蘇生後脳症治療薬の探索, 日本薬学会第138年会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 座間味 義人, 三井 茉綸, 石澤 有紀, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 福島 圭穣, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 : 有害事象自発報告データベースを活用したベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究, 日本薬学会第138年会, 2018年3月..[著者] ...
閲覧 Hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : The uremic toxin indoxyl sulfate interferes with iron metabolism by regulating hepcidin in chronic kidney disease, Nephrology, Dialysis, Transplantation, Vol.33, No.4, 586-597, 2018..[著者] ...
閲覧 池田 康将, 堀ノ内 裕也 : 8章 血液・造血器・リンパ系( 新しい薬理学), 西村書店, (都市), 2018年5月..[著者] ...
閲覧 土屋 浩一郎, 宮本 理人, 濱野 修一, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 玉置 俊晃, 津田 勝範 : 抗マラリア薬artesunateからの鉄依存活性酸素生成メカニズムの検討, 第71回日本酸化ストレス学会,第18回日本NO学会 合同学術集会, (巻), (号), (頁), 2018年5月..[著者] ...
閲覧 今西 正樹, 近藤 正輝, 山川 裕介, 生藤 来希, 村井 陽一, 座間味 義人, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 福島 圭穣, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 : Angiotensin II誘発性心臓線維化は線維芽細胞特異的ERK5欠損マウスにおいて亢進される, 第133回日本薬理学会近畿部会, (巻), (号), (頁), 2018年6月..[著者] ...
閲覧 (種別) : 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 今西 正樹, 濱野 裕章, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 大規模医療情報データベースを活用した新規腎保護薬の探索, 医療薬学フォーラム2018 第26回 クリニカルファーマシーシンポジウム, (発行所), (都市), 2018年6月..[著者] ...
閲覧 座間味 義人, 新村 貴博, 石澤 有紀, 武智 研志, 今西 正樹, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 : 医療情報データベースを活用した抗がん剤誘発副作用に対する予防薬の探索研究, 第21回日本医薬品情報学会総会・学術大会, (巻), (号), (頁), 2018年7月..[著者] ...
閲覧 Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Keijo Fukushima, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa : Search for drugs that attenuate the anti tumor effect of bevacizumab using adverse event database, 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, (都市), July 2018..[著者] ...
閲覧 濱野 裕章, Yasumasa Ikeda, Yuya Horinouchi, Yoshito Zamami, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Licht Miyamoto, Koichiro Tsuchiya, Keisuke Ishizawa and Toshiaki Tamaki : Proton Pump Inhibitor Involves Abnormality of Iron Metabolism through Hepcidin Regulation, 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, (頁), (都市), July 2018..[著者] ...
閲覧 Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, kotoko suzuki, Yuya Horinouchi, Kenshi Takechi, Yoshito Zamami, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki, Keisuke Ishizawa and Yasumasa Ikeda : The effect of quercetin on aortic aneurysms in mice, WCP2018, (頁), (都市), July 2018..[著者] ...
閲覧 Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Hiromichi Fujino, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Renoprotective effects of edoxaban, a factor Xa inhibitor, 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, (都市), July 2018..[著者] ...
閲覧 Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Hirofumi Hamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Hiromichi Fujino, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Renoprotective effects of a factor Xa inhibitor: fusion of basic research and a database analysis., Scientific Reports, Vol.8, No.1, (頁), 2018..[著者] ...
閲覧 石澤 有紀, 鍵本 優有, 今西 正樹, 岩田 悠佑, 鈴木 琴子, 堀ノ内 裕也, 武智 研志, 座間味 義人, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 : 第40回徳島医学会賞受賞講演 動脈硬化性疾患発症に対するケルセチンの効果, 第257回 徳島医学会学術集会(平成30年度夏季), (巻), (号), (頁), 2018年8月..[著者] ...
閲覧 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 合田 光寛, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 : 大規模医療情報を活用した新規心肺蘇生後脳症治療薬の探索, 第29回霧島神経薬理フォーラム, (巻), (号), (頁), 2018年8月..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 渡邉 大晃, 濱野 裕章, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 座間味 義人, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : マクロファージ鉄の肥満・糖尿病における役割 第42回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会 2018/9/2 石川県 金沢医科大学病院北辰講堂, 第42回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2018年9月..[著者] ...
閲覧 Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Takahiro Niimura, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Masayuki Chuma, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Keisuke Ishizawa : Drug repositioning for post cardiopulmonary resuscitation syndrome using large-scale medical claims, FIP2018, (巻), (号), (頁), グラスゴー, Sep. 2018..[著者] ...
閲覧 Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Hiromichi Fujino, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Utilizing Real-World Big Data in the Search for New Renoprotective Drugs, Joint Hypertension 2018 Scientific Sessions, (巻), (号), (頁), (都市), Sep. 2018..[著者] ...
閲覧 Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, T Sakurada, Y Kohara, Yuya Horinouchi, E Sairyo, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Keijo Fukushima, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, M Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa : Nitrosonifedipine, a Photodegradation Product of Nifedipine, Suppresses Pharmacologically Induced Aortic Aneurysm Formation., Pharmacology, Vol.102, No.5-6, 281-286, 2018..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 石澤 有紀, 藤野 裕道, 玉置 俊晃 : リアルワールドデータを活用した新規腎保護薬の探索, 第48回日本腎臓学会西部学術大会, (巻), (号), (頁), 2018年9月..[著者] ...
閲覧 生藤 来希, 今西 正樹, 山川 祐介, 福島 圭穣, 前川 晃子, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 合田 光寛, 座間味 義人, 武智 研志, 中馬 真幸, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎 : 大腸がん増大におけるがん関連線維芽細胞由来ERKSの役割, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2018年11月..[著者] ...
閲覧 斉家 和仁, 合田 光寛, 伊勢 諒, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 岡田 直人, 武智 研志, 今西 正樹, 池田 康将, 演野 裕章, 堀ノ内 裕也, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 : シスプラチン誘発腎障害に対する脂質異常症治療薬の影響, 第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2018年11月..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 濱野 裕章, 今西 正樹, 福島 圭穣, 合田 光寛, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 慢性腎不全関連サルコペニアにおける鉄の関与, 第134回日本薬理学会近畿部会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 今西 正樹, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 : 救急・集中治療領域において大規模医療情報データベースを活用したトランスレーショナルリサーチ, 第29回霧島神経薬理フォーラム, (巻), (号), (頁), 2018年11月..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 濱野 裕章, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 武智 研志, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : リアルワールドビッグデータを活用した新規腎保護薬の探索, 第28回日本医療薬学会年会, 2018年11月..[著者] ...
閲覧 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 齊藤 広海, 今西 正樹, 武智 研志, 中馬 真幸, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 : 大規模医療情報データベースおよび遺伝子発現データベースを活用した薬剤性心筋炎に対する予防薬の探索, 第28回日本医療薬学会年会 シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2018年11月..[著者] ...
閲覧 Yoshito Zamami, Y Kouno, T Niimura, Masayuki Chuma, T Imai, M Mitsui, T Koyama, M Kayano, Naoto Okada, H Hamano, Mitsuhiro Goda, Masaki Imanishi, Kenshi Takechi, Yuya Horinouchi, Y Kondo, Hiroaki Yanagawa, Y Kitamura, T Sendo, Y Ujike and Keisuke Ishizawa : Relationship between the administration of nicardipine hydrochloride and the development of delirium in patients on mechanical ventilation., Die Pharmazie, Vol.73, No.12, 740-743, 2018..[著者] ...
閲覧 Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Toya Hiroki, Nagao Tomoko, Marin Morishita, Koichi Tsuneyama, Yuya Horinouchi, Yoshitaka Kihira, Kenshi Takechi, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa : Development of a novel aortic dissection mouse model and evaluation of drug efficacy using in-vivo assays and database analyses., Journal of Hypertension, Vol.37, No.1, 73-83, 2019..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 玉置 俊晃 : 肥満・糖尿病における鉄制御の意義, 第48回日本心脈管作動物質学会 シンポジウム4:心疾患腎代謝疾患の制御因子としての微量金属栄養素「鉄」の新たな展開, 2019年2月..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 渡邉 大晃, 濱野 裕章, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : マクロファージフェリチン欠損は肥満・糖尿病における脂肪炎症を抑制する, 第48回日本心脈管作動物質学会, 2019年2月..[著者] ...
閲覧 Masateru Kondo, Masaki Imanishi, Keijo Fukushima, Raiki Ikuto, Yoichi Murai, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya and Keisuke Ishizawa : Xanthine Oxidase Inhibition by Febuxostat in Macrophages Suppresses Angiotensin II-induced Aortic Fibrosis., American Journal of Hypertension, Vol.32, No.3, 249-256, 2019..[著者] ...
閲覧 Hirofumi Hamano, Marin Mitsui, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Takahiro Nimura, Naoto Okada, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Masayuki Chuma, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasushi Kirino, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Hiroaki Yanagawa, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa : Irinotecan-induced neutropenia is reduced by oral alkalization drugs: analysis using retrospective chart reviews and the spontaneous reporting database., Supportive Care in Cancer, Vol.27, No.3, 849-856, 2019..[著者] ...
閲覧 座間味 義人, 新村 貴博, 川尻 雄大, 合田 光寛, 岡田 直人, 濱野 裕章, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 島添 隆雄, 石澤 啓介 : 大規模医療情報データベースを活用した抗がん剤誘発副作用に対する予防薬の探索, 第92回日本薬理学会年会 年会企画シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2019年3月..[著者] ...
閲覧 新村 貴博, 座間味 義人, 川尻 雄大, 合田 光寛, 岡田 直人, 萱野 純史, 小山 敏広, 今西 正樹, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 小林 大介, 島添 隆雄, 石澤 啓介 : ドラッグリポジショニング手法を用いたオキサリプラチン誘発末梢神経障害の予防薬探索, 第92回日本薬理学会年会 学生セッション, (巻), (号), (頁), 2019年3月..[著者] ...
閲覧 鈴木 琴子, 石澤 有紀, 近藤 正輝, 今西 正樹, 座間味 義人, 堀ノ内 裕也, 武智 研志, 合田 光寛, 中馬 真幸, 池田 康将, 石澤 啓介 : 薬物誘発性大動脈瘤または大動脈解離モデルマウスに対するケルセチンの効果, 第92回日本薬理学会年会, 2019年3月..[著者] ...
閲覧 合田 光寛, 神田 将哉, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 濱野 裕章, 生田 賢治, 岡田 直人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 : シスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬の有効性の検証, 第92回日本薬理学会年会, (巻), (号), (頁), 2019年3月..[著者] ...
閲覧 合田 光寛, 神田 将哉, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 濱野 裕章, 生田 賢治, 岡田 直人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 : シスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬の有効性の基礎的検証, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2019, (巻), (号), (頁), 2019年3月..[著者] ...
閲覧 合田 光寛, 神田 将哉, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 濱野 裕章, 生田 賢治, 岡田 直人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 : ビッグデータを用いたシスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬の探索とその有効性の検証, 日本薬学会第139年会, (巻), (号), (頁), 2019年3月..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 玉置 俊晃 : 疾患における鉄の意義と治療応用, 第92回日本薬理学会年会 シンポジウム2:必須微量金属研究のパラダイムシフト, 2019年3月..[著者] ...
閲覧 池田 康将, 佐藤 明穂, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 鉄蓄積は骨格筋分化を抑制する, 第92回日本薬理学会年会, 2019年3月..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 濱野 裕章, 今西 正樹, 福島 圭穣, 合田 光寛, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 慢性腎不全関連骨格筋萎縮における鉄代謝異常, 第92回日本薬理学会年会, 2019年3月..[著者] ...
閲覧 近藤 正輝, 今西 正樹, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 石澤 有紀, 合田 光寛, 座間味 義人, 武智 研志, 中馬 真幸, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 : キサンチンオキシダーゼ阻害剤による新規血管線維化抑制機構の検討, 日本薬学会第139年会 大学院生シンポジウムGS03, (巻), (号), (頁), 2019年3月..[著者] ...
閲覧 武智 研志, 中馬 真幸, 石田 俊介, 坂東 寛, 座間味 義人, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介, 楊河 宏章 : 向精神薬の副作用対策を基盤とした臨床研究とその活用, 第139回日本薬学会年会 一般シンポジウムS48, (巻), (号), (頁), 2019年3月..[著者] ...
閲覧 武智 研志, 中馬 真幸, 石田 俊介, 坂東 寛, 座間味 義人, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介, 楊河 宏章 : 向精神薬の副作用対策を基盤とした臨床研究とその活用, 第139回日本薬学会年会 一般シンポジウムS48, (巻), (号), (頁), 2019年3月..[著者] ...
閲覧 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 : 医療ビッグデータ解析と基礎研究を融合した薬剤性副作用の機序解明および治療薬の開発, 第29回日本医療薬学会年会 シンポジウム13, (巻), (号), (頁), 2019年3月..[著者] ...
閲覧 鈴木 琴子, 石澤 有紀, 合田 光寛, 近藤 正輝, 今西 正樹, 座間味 義人, 堀ノ内 裕也, 武智 研志, 中馬 真幸, 池田 康将, 石澤 啓介 : 薬剤誘発性急性大動脈疾患に対するケルセチンの効果, 第135回日本薬理学会近畿部会, (巻), (号), (頁), 2019年6月..[著者] ...
閲覧 新村 貴博, 座間味 義人, 川尻 雄大, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 石澤 啓介 : ドラッグリポジショニング手法を用いたオキサリプラチン誘発末梢神経障害の予防薬探索, 第4回中四国臨床薬理学会, 2019年7月..[著者] ...
閲覧 合田 光寛, 斉家 和仁, 前川 晃子, 神田 将哉, 吉田 愛美, 村井 陽一, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 武智 研志, 濱野 裕章, 岡田 直人, 福島 圭穣, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 楊河 宏章, 石澤 啓介 : 医療ビッグデータを活用したシスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬の探索とその有効性の検証, 第4回中四国臨床薬理学会, (巻), (号), (頁), 2019年7月..[著者] ...
閲覧 定作 奈津美, 高橋 志門, 武智 研志, 中馬 真幸, 合田 光寛, 座間味 義人, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 : 大規模医療情報データベースを活用した新規抗てんかん薬の探索研究, 医療薬学フォーラム2019/第27回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2019年7月..[著者] ...
閲覧 齊藤 広海, 新村 貴博, 座間味 義人, 神田 将哉, 合田 光寛, 石澤 有紀, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 : 医療ビッグデータ解析を活用したドキソルビシン誘発心筋炎に対する予防薬探索研究, 医療薬学フォーラム2019/第27回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2019年7月..[著者] ...
閲覧 内藤 優太朗, 新村 貴博, 座間味 義人, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 石澤 啓介 : オキサリプラチン誘発末梢神経障害の予防薬探索を目的としたドラッグリポジショニング研究, 医療薬学フォーラム2019/第27回クリニカルファーマシーシンポジウム, (巻), (号), (頁), 2019年7月..[著者] ...
閲覧 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 : 大規模医療情報を用いたニコランジルの心肺停止後予後改善効果の検討, 医療薬学フォーラム2019/第27回クリニカルファーマシーシンポジウム, (巻), (号), (頁), 2019年7月..[著者] ...
閲覧 齊藤 広海, 座間味 義人, 新村 貴博, 神田 将哉, 合田 光寛, 石澤 有紀, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 : 大規模医療情報データベースを活用したドキソルビシン誘発心筋炎にたいする予防薬の探索, 第30回霧島神経薬理フォーラム, (巻), (号), (頁), 2019年8月..[著者] ...
閲覧 新村 貴博, 座間味 義人, 新村 貴博, 内藤 優太朗, 川尻 雄大, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 石澤 啓介 : 医療ビッグデータ解析と基礎研究を融合した抗がん剤誘発末梢神経障害の予防薬開発, 生体機能と創薬シンポジウム2019, (巻), (号), (頁), 2019年8月..[著者] ...
閲覧 新村 貴博, 座間味 義人, 新村 貴博, 内藤 優太朗, 川尻 雄大, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 石澤 啓介 : 医療ビッグデータ解析と基礎研究を融合した抗がん剤誘発末梢神経障害の予防薬開発, 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2019, (巻), (号), (頁), 2019年8月..[著者] ...
閲覧 Yasumasa Ikeda, Akiho Satoh, Yuya Horinouchi, Hirofumi Hamano, Hiroaki Watanabe, Mizuki Imao, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Yuki Izawa-Ishizawa, Licht Miyamoto, Hirayama Tasuku, Hideko Nagasawa, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Iron accumulation causes impaired myogenesis correlated with MAPK signaling pathway inhibition by oxidative stress, The FASEB journal, Vol.33, No.8, 9551-9564, 2019..[著者] ...
閲覧 Niimura Takahiro, Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Mitsuhiro Goda, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Keijo Fukushima, Yuya Horinouchi, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya and Keisuke Ishizawa : Nicorandil improve prognosis of cardiac arrest patient: A large-scale medical information analysis, FIP2019, (巻), (号), (頁), Abu Dhabi, Sep. 2019..[著者] ...
閲覧 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 小山 敏広, 濱野 裕章, 岡田 直人, 合田 光寛, 岡田 直人, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 : 大規模医療情報データベースを活用した周術期領域における薬剤疫学研究, 第29回日本医療薬学会年会 シンポジウム9, (巻), (号), (頁), 2019年11月..[著者] ...
閲覧 中馬 真幸, 合田 光寛, 新村 貴博, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 有紀, 濱野 裕章, 石田 俊介, 新村 貴博, 近藤 正輝, 坂東 貴司, 岡田 直人, 福島 圭穣, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 楊河 宏章, 石澤 啓介 : ドラッグリポジショニング手法を用いたバンコマイシン関連腎障害の予防薬探索とその有用性の検討, 第13回日本腎臓病薬物療法学会学術集会・総会, (巻), (号), (頁), 2019年11月..[著者] ...
閲覧 定作 奈津美, 高橋 志門, 武智 研志, 中馬 真幸, 合田 光寛, 座間味 義人, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 : ビッグデータを活用した新規抗てんかん薬の検討, 第29回日本医療薬学会年会, (巻), (号), (頁), 2019年11月..[著者] ...
閲覧 神田 将哉, 合田 光寛, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 濱野 裕章, 岡田 直人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 : シスプラチン誘発腎障害に対する各種 5-HT3 受容体拮抗薬の影響, 第29回日本医療薬学会年会, (巻), (号), (頁), 2019年11月..[著者] ...
閲覧 村井 陽一, 合田 光寛, 神田 将哉, 新村 貴博, 吉田 愛美, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 濱野 裕章, 岡田 直人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 : シスプラチンと各種5-HT3受容体拮抗薬の併用による腎機能への影響, 第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2019年11月..[著者] ...
閲覧 定作 奈津美, 高橋 志門, 武智 研志, 中馬 真幸, 合田 光寛, 座間味 義人, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 濱野 裕章, 岡田 直人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 : ドラッグリポジショニングによる大規模医療情報データベースを用いた新規抗てんかん薬の探索研究, 第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2019年11月..[著者]+[著者] ...
閲覧 内藤 優太朗, 座間味 義人, 新村 貴博, 川尻 雄大, 相澤 風花, 西内 栞, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 島添 隆雄, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 : 大規模医療情報データベースを活用したオキサリプラチン誘発末梢神経障害に対する予防薬探索, 第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2019年11月..[著者] ...
閲覧 齊藤 広海, 新村 貴博, 座間味 義人, 神田 将哉, 合田 光寛, 石澤 有紀, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 : 大規模医療情報データベースを活用したドキソルビシン誘発心筋炎に対する予防薬の探索, 第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2019年11月..[著者] ...
閲覧 齊藤 広海, 新村 貴博, 座間味 義人, 神田 将哉, 合田 光寛, 石澤 有紀, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 : 大規模医療情報データベースを活用したドキソルビシン誘発心筋炎に対する予防薬の探索, 第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2019年11月..[著者] ...
閲覧 鈴木 琴子, 石澤 有紀, 合田 光寛, 近藤 正輝, 今西 正樹, 座間味 義人, 堀ノ内 裕也, 武智 研志, 中馬 真幸, 池田 康将, 石澤 啓介 : ケルセチンによる薬剤誘発性急性大動脈疾患発症抑制効果の検討, 第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2019年11月..[著者] ...
閲覧 新村 貴博, 座間味 義人, 齊藤 広海, 神田 将哉, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介 : 大規模医療情報を活用した抗がん剤誘発心筋症予防薬の探索, 第29回日本循環薬理学会・第55回高血圧関連疾患モデル学会 合同学術集会, (巻), (号), (頁), 2019年11月..[著者] ...
閲覧 濱野 裕章, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 合田 光寛, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 : プロトンポンプ阻害剤はヘプシジンを介して鉄代謝異常に関与する, 第29回日本医療薬学会年会, 2019年11月..[著者] ...
閲覧 近藤 友宏, 宮本 理人, 福田 恵介, 高橋 梨恵, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 : スダチ果皮香気成分由来物質による糖脂質代謝の影響, 第58回 中国四国支部学術大会, 2019年11月..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 濱野 裕章, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : 慢性腎不全関連サルコペニアにおける鉄代謝異常, 第6回日本サルコペニア・フレイル学会大会, 2019年11月..[著者] ...
閲覧 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 濱野 裕章, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : シスプラチン腎障害における鉄依存性細胞死の検討, 第29回日本循環薬理学会/第55回高血圧関連疾患モデル学会 合同学会, 2019年11月..[著者] ...
閲覧 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 玉置 俊晃 : 肥満・糖尿病とその合併症における生体内鉄蓄積と鉄制限による治療応用への可能性, 日本薬理学雑誌, Vol.154, No.6, 316-321, 2019年12月..[著者] ...
閲覧 新村 貴博, 座間味 義人, 内藤 優太朗, 川尻 雄大, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 石澤 啓介 : 抗がん剤誘発末梢神経障害の予防薬開発を目的とした医療ビッグデータ解析および基礎研究, 第40回日本臨床薬理学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2019年12月..[著者] ...
閲覧 合田 光寛, 神田 将哉, 前川 晃子, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 武智 研志, 濱野 裕章, 岡田 直人, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 楊河 宏章, 石澤 啓介 : 大規模医療情報データベースを活用したシスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬の探索とその有効性の検証, 第40回日本臨床薬理学会学術総会, (巻), (号), (頁), 2019年12月..[著者] ...
閲覧 池田 康将, 堀ノ内 裕也 : シスプラチン腎障害における鉄依存性細胞死の役割の検討, 第23回日本心血管内分泌代謝学会学術総会【CVMW2019 心血管代謝週間 】, 2019年12月..[著者] ...
閲覧 Hirofumi Hamano, Takahiro Niimua, Yuya Horinouchi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Mitsuhiro Goda, Masaki Imanishi, Masayuki Chuma, Yuki Izawa-Ishizawa, Licht Miyamoto, Keijo Fukushima, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Keisuke Ishizawa, Toshiaki Tamaki and Yasumasa Ikeda : Proton pump inhibitors block iron absorption through direct regulation of hepcidin via the aryl hydrocarbon receptor-mediated pathway, Toxicology Letters, Vol.318, 86-91, 2020..[著者] ...
閲覧 濱野 裕章, 池田 康将, 合田 光寛, 福島 圭穣, 岸 誠司, 武智 研志, 中馬 真幸, 座間味 義人, 堀ノ内 裕也, 宮本 理人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 : シスプラチン誘発性腎障害を予防する既存薬物の同定, 第260回徳島医学会学術集会(令和元年度冬期), 2020年2月..[著者] ...
閲覧 津田 達也, 合田 光寛, 堀ノ内 裕也, 座間味 義人, 池田 康将, 石澤 啓介, 橋本 一郎, 石澤 有紀 : 血管平滑筋細胞石灰化シグナルにおけるRhoキナーゼーサイクロフィリンA経路の関与, 第260回 徳島医学会学術集会(令和元年度冬期), (巻), (号), (頁), 2020年2月..[著者] ...
閲覧 Tatsuya Tsuda, Masaki Imanishi, Mizuho Oogoshi, Mitsuhiro Goda, Yoshitaka Kihira, Yuya Horinouchi, Yoshito Zamami, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Ichiro Hashimoto, Toshiaki Tamaki and Yuki Izawa-Ishizawa : Rho-associated protein kinase and cyclophilin a are involved in inorganic phosphate-induced calcification signaling in vascular smooth muscle cells., Journal of Pharmacological Sciences, Vol.142, No.3, 109-115, 2020..[著者] ...
閲覧 池田 康将, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 合田 光寛, 座間味 義人, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎 : シスプラチン腎障害における鉄依存性細胞死の検討, 第93回日本薬理学会年会, 2020年3月..[著者] ...
閲覧 Masaki Imanishi, Yusuke Yamakawa, Keijo Fukushima, Raiki Ikuto, Akiko Maegawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Yuya Horinouchi, Masateru Kondo, Masatoshi Kishuku, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Hiromichi Fujino, Koichi Tsuneyama and Keisuke Ishizawa : Fibroblast-specific ERK5 deficiency changes tumor vasculature and exacerbates tumor progression in a mouse model., Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology, Vol.393, No.7, 1239-1250, 2020..[著者] ...
閲覧 Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Tetsuya Shiuchi, Hirofumi Hamano, Yuya Horinouchi, Masaki Imanishi, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Yuki Izawa-Ishizawa, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki : Deletion of H-ferritin in macrophages alleviates obesity and diabetes induced by high-fat diet in mice, Diabetologia, Vol.63, No.8, 1588-1602, 2020..[著者] ...
閲覧 Kenta Yagi, Marin Mitstui, Yoshito Zamami, Takahiro Niimura, Yuki Izawa-Ishizawa, Mitsuhiro Goda, Masayuki Chuma, Kimiko Fukunaga, Takahiro Shibata, Shunsuke Ishida, Takumi Sakurada, Naoto Okada, Hirofumi Hamano, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Yanagawa and Keisuke Ishizawa : Investigation of drugs affecting hypertension in bevacizumab-treated patients and examination of the impact on the therapeutic effect., Cancer Medicine, 2020..[著者] ...
閲覧 Hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Mitsuhiro Goda, Keijo Fukushima, Seiji Kishi, Masayuki Chuma, Michiko Yamashita, Takahiro Niimura, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Yuya Horinouchi, Izawa-Ishizawa Yuki, Licht Miyamoto, Ishizawa Keisuke, Hiromichi Fujino, Toshiaki Tamaki, Ken-ichi Aihara and Koichiro Tsuchiya : Diphenhydramine may be a preventive medicine against cisplatin-induced kidney toxicity, Kidney International, Vol.99, No.4, 885-889, 2021..[著者] ...
閲覧 Shimon Takahashi, Kenshi Takechi, Natsumi Jozukuri, Takahiro Niimura, Masayuki Chuma, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Hiroaki Yanagawa and Keisuke Ishizawa : Examination of the antiepileptic effects of valacyclovir using kindling mice- search for novel antiepileptic agents by drug repositioning using a large medical information database., European Journal of Pharmacology, Vol.902, 2021..[著者] ...
閲覧 Yasumasa Ikeda, Hirofumi Hamano, Yuya Horinouchi, Licht Miyamoto, Hitayama Tasuku, Hideko Nagasawa, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya : Role of ferroptosis in cisplatin-induced acute nephrotoxicity in mice, Journal of Trace Elements in Medicine and Biology, Vol.67, 126798, 2021..[著者] ...
閲覧 池田 康将, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 宮本 理人, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 : シスプラチン誘発性腎毒性における鉄依存性細胞死の役割の検討, 第64回日本腎臓学会学術集会, 2021年6月..[著者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.11, Max(EID) = 383335, Max(EOID) = 1024622.