『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 徳島大学.先端酵素学研究所.プロテオゲノム研究領域 (2016年4月1日〜2020年3月31日) または
閲覧 徳島大学.疾患プロテオゲノム研究センター (2008年4月1日〜2016年3月31日/->組織[徳島大学.先端酵素学研究所.プロテオゲノム研究領域])

登録情報の数

有効な情報: 87件 + 無効な情報: 9件 = 全ての情報: 96件

全ての有効な情報 (87件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(30)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(30)
閲覧 (未定義) …(1)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 山岡 孝, 板倉 光夫 : 糖尿病学展望, --- 21世紀を迎えるにあたって,糖尿病の遺伝子治療の将来, ---, 糖尿病学2000, 191-198, 2000年5月. ...
閲覧 新田 剛, 高浜 洋介 : 胸腺クロストークシグナルと髄質形成, Annual Review 2008 免疫, (巻), (号), 162-168, 2007年(0月). ...
閲覧 Taisuke Matsuo, Naoshi Yamazaki, Tatsuhiro Ishida, Hiroshi Kiwada, Yasuo Shinohara and Masatoshi Kataoka : Mutant coat proteins of Pf3 bacteriophage as models of membrane proteins and their interactions with lipid bilayer membrane, Pre-Satellite Meeting of the 3rd Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC 2007) for and by Ph.D. students and postdoctoral fellows, (巻), (号), (頁), Amsterdam, April 2007. ...
閲覧 Taisuke Matsuo, Naoshi Yamazaki, Tatsuhiro Ishida, Hiroshi Kiwada, Yasuo Shinohara and Masatoshi Kataoka : Design, preparation and directional insertion of peptides into lipid bilayer membrane and heir application for the preparation of liposome of which surface could be coated by externally added antibody, International symposium on system cell engineering by multi-scale manipulation, (巻), (号), (頁), Nagoya, Nov. 2007. ...
閲覧 上野 智雄, 高浜 洋介 : 胸腺におけるT細胞の正負選択, Medical Bio, Vol.5, (号), 39-44, 2008年(0月). ...
閲覧 斉藤 ふみ, 新田 幸子, 高浜 洋介 : 共焦点レーザー顕微鏡を用いた凍結組織切片 の免疫蛍光多重染色解析法, 注目のバイオ実験シリーズ改訂版抗体実験マニュ アル, (巻), (号), 31-39, 2008年(0月). ...
閲覧 森谷 眞紀, 高橋 章仁, 桐野 友子, 近藤 郁子, 安藤 美智子, 横田 一郎, 板倉 光夫 : X連鎖優性遺伝性疾患患者におけるMECP2遺伝子の変異解析, 第83回日本小児科学会香川地方会, 2008年(0月). ...
閲覧 森谷 眞紀, 山口 裕加, 横田 一郎, 板倉 光夫, 中川 義信 : 3p24.3-22.1領域における2型糖尿病疾患感受性遺伝子の探索および機能解析, 第62回国立病院総合医学会総会, 2008年(0月). ...
閲覧 森谷 眞紀, 高橋 章仁, 桐野 友子, 近藤 郁子, 横田 一郎, 板倉 光夫, 中川 義信 : X連鎖優性遺伝性疾患(Rett症候群)患者におけるMECP2遺伝子の変異解析, 第26回日本染色体遺伝子検査学会総会・学術総会, 2008年(0月). ...
閲覧 Takao Suzuki, Maki Moritani, Masayasu Yoshino, Mitsuhiro Kagami, Shoji Iwasaki, Kouichi Nishimura, Masahiko Akamatsu, Masato Kobori, Hitoshi Matsushime, Masao Kotoh, Kiyoshi Furuichi and Mitsuo Itakura : Diabetic modifier QTLs in F(2) intercrosses carrying homozygous transgene of TGF-beta., Mammalian Genome, Vol.19, No.1, 15-25, 2008. ...
閲覧 Toshihito Tanahashi, Keiko Shinohara, Parvaneh Keshavarz, Yuka Yamaguchi, Katsuyuki Miyawaki, Kiyoshi Kunika, Maki Moritani, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Hiroshi Shiota, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : The association of genetic variants in Krüppel-like factor 11 and Type 2 diabetes in the Japanese population., Diabetic Medicine, Vol.25, No.1, 19-26, 2008. ...
閲覧 Hisaaki Taniguchi : Application of mass spectrometry-based proteomics to medical research, IGM-COE Symposium Uniderstanding Health and Disease Through Functional Genomics, (巻), (号), (頁), Jan. 2008. ...
閲覧 Parvaneh Keshavarz, Hiroshi Inoue, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Toshihito Tanahashi and Mitsuo Itakura : Single nucleotide polymorphisms in genes encoding LKB1 (STK11), TORC2 (CRTC2) and AMPK alpha2-subunit (PRKAA2) and risk of type 2 diabetes., Molecular Genetics and Metabolism, Vol.93, No.2, 200-209, 2008. ...
閲覧 Akihiro Iwahashi, Aoi Ishii, Naoshi Yamazaki, Mutsuru Hashimoto, Kazuto Okura, Masatoshi Kataoka, Eiji Majima, Hiroshi Terada and Yasuo Shinohara : Functionally important conserved length of C-terminal regions of yeast and bovine ADP/ATP carriers, identified by deletion mutants studies, and water accessibility of the amino acids at the C-terminal region of the yeast carrier., Mitochondrion, Vol.8, No.2, 196-204, 2008. ...
閲覧 松尾 泰佑, 山﨑 尚志, 新山 加菜美, 山本 武範, 石田 竜弘, 際田 弘志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 : タグを付加したPf3 coat protein変異体の調製およびリポソームとの相互作用の解析, (誌名), 2008年3月. ...
閲覧 工藤 英治, 板倉 光夫 : )高尿酸血症診療の最新動向 原発性高尿酸血症の病因・診断法研究の進歩, --- 家族性若年性高尿酸血症性腎症(FJHN) ---, 日本臨牀, Vol.66, No.4, 683-686, 2008年4月. ...
閲覧 S Murata, Yousuke Takahama and K Tanaka : Thymoproteasome: probable role in generating positively selecting peptides, Current Opinion in Immunology, Vol.20, No.2, 192-196, 2008. ...
閲覧 Masahiro Watanabe, Takenori Yamamoto, Chihiro Mori, Naoto Okada, Naoshi Yamazaki, Kazuaki Kajimoto, Masatoshi Kataoka and Yasuo Shinohara : Cold-induced changes in gene expression in brown adipose tissue: implications for the activation of thermogenesis., Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.31, No.5, 775-784, May 2008. ...
閲覧 Yousuke Takahama, K Tanaka and S Murata : Modest cortex and promiscuous medulla for thymic repertoire formation., Trends in Immunology, Vol.29, No.6, 251-255, 2008. ...
閲覧 山本 武範, 吉村 勇哉, 山﨑 尚志, 山下 菊治, 片岡 正俊, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 呼吸基質非存在下でミトコンドリアに誘起される透過性遷移の解析, 日本生物物理学会 第1回中国四国支部大会, (巻), (号), (頁), 2008年5月. ...
閲覧 Katsuyuki Miyawaki, Hiroshi Inoue, Parvaneh Keshavarz, Kuniko Mizuta, Aya Sato, Yukiko Yamashita, Maki Moritani, Kiyoshi Kunika, Toshihito Tanahashi and Mitsuo Itakura : Transgenic expression of a mutated cyclin-dependent kinase 4 (CDK4/R24C) in pancreatic beta-cells prevents progression of diabetes in db/db mice., Diabetes Research and Clinical Practice, Vol.82, No.1, 33-41, 2008. ...
閲覧 N Iwanami, T Higuchi, Y Sasano, T Fujiwara, V Hoa, M Okada, S Talukder, S Kunimatsu, J Li, F Saito, C Bhattacharya, A Matin, T Sasaki, N Shimizu, H Mitani, H Himmelbauer, A Momoi, H Kondoh, M Furutani-Seiki and Yousuke Takahama : WDR55 is a nucleolar modulator of ribosomal RNA synthesis, cell cycle progression, and teleost organ development., PLoS Genetics, Vol.4, No.8, e1000171, 2008. ...
閲覧 Taisuke Matsuo, Takenori Yamamoto, Katsuda Chie, Naoshi Yamazaki, Yasuo Shinohara and Masatoshi Kataoka : Substitution of Certain Amino Acids in a Short Peptide Causes a Significant Difference in Their Immunoreactivities with Antibodies Against Different Epitopes: Evidence for Possible Folding of the Peptide on Nitrocellulose or PVDF Membrane, International symposium on system cell engineering by multi-scale manipulation, Nagoya, Nov. 2008. ...
閲覧 Kiyoshi Kunika, Toshihito Tanahashi, Shusuke Numata, Shu-ichi Ueno, Tetsuro Ohmori, Naoto Nakamura, Kazue Tsugawa, Katsuyuki Miyawaki, Maki Moritani, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Common coding variant in the TCF7L2 gene and study of the association with type 2 diabetes in Japanese subjects, Journal of Human Genetics, Vol.53, No.11-12, 972-982, 2008. ...
閲覧 高浜 洋介 : T細胞の分化と機能, 免疫学最新イラストレイテッド改訂第2版, (巻), (号), 101-118, 2009年(0月). ...
閲覧 Taisuke Matsuo, Eriko Obana, Takenori Yamamoto, Rei Kakuhata, Naoshi Yamazaki, Masatoshi Kataoka, Yoshinobu Baba, Tomoshige Hori and Yasuo Shinohara : Construction of plasmids suitable for in vitro synthesis of full-length mRNAs having a 3'-poly(A)+tail., Biotechnology Letters, Vol.31, No.2, 203-207, 2009. ...
閲覧 尾華 絵里子, 山本 武範, 渡邊 政博, 角幡 玲, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 大家 利彦, 馬場 嘉信, 堀 友繁, 篠原 康雄 : マイクロアレイを用いた遺伝子発現の定量的評価におけるプローブ設計領域の重要性, 第129回 日本薬学会, (巻), (号), (頁), 2009年3月. ...
閲覧 新山 加菜美, 山本 武範, 渡邊 政博, 森 千尋, 岡田 直人, 荻野 真理, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 : 脂肪組織に選択的に発現した遺伝子の同定とその発現プロフィールの解析, 第129回 日本薬学会, 2009年3月. ...
閲覧 山本 篤司, 山本 武範, 渡邊 政博, 松尾 泰佑, 片岡 正俊, 篠原 康雄 : 種々の組織におけるFABPアイソフォームの定量的な発現プロファイル解析∼定量的評価に基づいたアイソフォームと組織の分類∼, ファーマバイオフォーラム2009, (巻), (号), (頁), 2009年11月. ...
閲覧 勝田 千恵, 新山 加菜美, 尾華 絵里子, 山本 武範, 松尾 泰佑, 大倉 一人, 片岡 正俊, 寺田 弘 : Specific formation of trypsin resistant micelle structure on a hydrophobic peptide observed with Triton X-100 but not with ocytlglucoside, MHS 2009, (巻), (号), (頁), 2009年11月. ...
閲覧 山本 武範, 吉村 勇哉, 山田 安希子, 合田 俊一, 山﨑 尚志, 山下 菊治, 片岡 正俊, 寺田 弘, 篠原 康雄 : 呼吸基質非存在下において透過性遷移を誘起したミトコンドリアに観察される特徴的なタンパク質の放出様式, 第31回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2009年12月. ...
閲覧 Takeshi Nitta, Shigeo Murata, Katsuhiro Sasaki, Hideki Fujii, Adiratna Mat Ripen, Naozumi Ishimaru, Shigeo Koyasu, Keiji Tanaka and Yousuke Takahama : Thymoproteasome shapes immunocompetent repertoire of CD8+ T cells., Immunity, Vol.32, No.1, 29-40, 2010. ...
閲覧 山本 篤司, 山本 武範, 渡邊 政博, 松尾 泰佑, 片岡 正俊, 篠原 康雄 : 寒冷暴露したラットの褐色脂肪組織におけるFABPアイソフォームの発現レベルの定量的比較, 第130回 日本薬学会, (巻), (号), (頁), 2010年3月. ...
閲覧 勝田 千恵, 新山 加菜美, 尾華 絵里子, 山本 武範, 松尾 泰佑, 大倉 一人, 片岡 正俊, 篠原 康雄 : 疎水性タンパク質と界面活性剤の相互作用の生物化学的な解析, 第130回 日本薬学会, (巻), (号), (頁), 2010年3月. ...
閲覧 秦 拓也, 山本 武範, 森 千尋, 森田 結貴, 新山 加菜美, 山﨑 尚志, 片岡 正俊, 篠原 康雄 : 初代培養した脂肪細胞と3T3-L1細胞の遺伝子発現プロファイルの違い, 第130回 日本薬学会, (巻), (号), (頁), 2010年3月. ...
閲覧 川島 聡, 堀内 優加, 山本 武範, 山下 菊治, 寺田 弘, 篠原 康雄 : ミトコンドリアの透過性遷移に対するS-15176の阻害作用, 第130回 日本薬学会, (巻), (号), (頁), 2010年3月. ...
閲覧 山本 武範, 山田 安希子, 吉村 勇哉, 合田 俊一, 川島 聡, 寺田 弘, 篠原 康雄 : Ca2+によって酵母ミトコンドリアに誘起される透過性遷移の解析, 第2回 日本生物物理学会 中国四国支部大会, (巻), (号), (頁), 2010年5月. ...
閲覧 Naozumi Ishimaru, Akiko Yamada, Rieko Arakaki, Yousuke Takahama and Yoshio Hayashi : Critical signaling pathway via CCR7 of Foxp3+CD25+CD4+ regulatory T cells for the egress from lymph nodes., 第14回国際免疫学会, (巻), (号), (頁), Kobe, Aug. 2010. ...
閲覧 Andrea J. White, Kyoko Nakamura, William E. Jenkinson, Manoj Saini, Charles Sinclair, Benedict Seddon, Parth Narendran, Klaus Pfeffer, Takeshi Nitta, Yousuke Takahama, Jorge H. Caamano, Peter J. L. Lane, Eric J. Jenkinson and Graham Anderson : Lymphotoxin signals from positively selected thymocytes regulate the terminal differentiation of medullary thymic epithelial cells, The Journal of Immunology, Vol.185, No.8, 4769-4776, 2010. ...
閲覧 Kazuna Takahara, R Murahashi, K Mori, Seiichi Oyadomari and Eiji Tanaka : ATF6 links endoplasmic reticulum (ER) stress to intestinal inflammation in mice., International Joint Symposium: The University of Tokushima, Universitas Gadjah Mada, Niigata University, Denpasar, Bali, Dec. 2010. ...
閲覧 Takeshi Nitta, Izumi Ohigashi, Yasushi Nakagawa and Yousuke Takahama : Cytokine crosstalk for thymic medulla formation, Current Opinion in Immunology, Vol.23, No.2, 190-197, 2011. ...
閲覧 A Ripen Mat, Takeshi Nitta, S Murata, K Tanaka and Yousuke Takahama : Ontogeny of thymic cortical epithelial cells expressing the thymoproteasome subunit β5t, European Journal of Immunology, Vol.41, No.5, 1278-1287, 2011. ...
閲覧 山本 篤司, 山本 武範, 渡邊 政博, 篠原 康雄 : 寒冷曝露したラットの褐色脂肪組織に発現するFABPアイソフォームの定量的解析, 第2回 日本生物物理学会 中国四国支部大会, (巻), (号), (頁), 2011年5月. ...
閲覧 Izumi Ohigashi, Takeshi Nitta, E Lkhagvasuren, H Yasuda and Yousuke Takahama : Effects of RANKL on the thymic medulla, European Journal of Immunology, Vol.41, No.7, 1822-1827, 2011. ...
閲覧 Hiroshi Inoue, Tokuo Mukai, Yukiko Yamashita, Chizuko Kimura, Natsumi Kangawa, Mitsuo Itakura, Tsutomu Ogata, Yoshiya Ito and Kenji Fujieda : Identification of a novel mutation in the exon 2 splice donor site of the POU1F1/PIT-1 gene in Japanese identical twins with mild combined pituitary hormone deficiency., Clinical Endocrinology, Vol.76, No.1, 87, 2011. ...
閲覧 高原 一菜, 伊藤 太二, 森 智子, Robert Zeng, 船橋 茉莉, 宮本 千伸, 香川 聖子, 三宅 雅人, 親泊 美帆, 田中 栄二, 森 和俊, 親泊 政一 : DSS誘発性大腸炎におけるATF6αとATF6βの役割, 第84回日本生化学会大会, 2011年9月. ...
閲覧 Naozumi Ishimaru, Akiko Yamada, Takeshi Nitta, Rieko Arakaki, Martin Lipp, Yousuke Takahama and Yoshio Hayashi : CCR7 with S1P1 signaling through AP-1 for migration of Foxp3+ regulatory T-cells controls autoimmune exocrinopathy., The American Journal of Pathology, Vol.180, No.1, 199-208, 2012. ...
閲覧 Shigeru Takeshita, Takao Suzuki, Susumu Kitayama, Maki Moritani, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Bhlhe40, a potential diabetic modifier gene on Dbm1 locus, negatively controls myocyte fatty acid oxidation., Genes & Genetic Systems, Vol.87, No.4, 253-264, 2012. ...
閲覧 Shigeru Takeshita, Susumu Kitayama, Takao Suzuki, Maki Moritani, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura : Diabetic modifier QTL, Dbm4, affecting elevated fasting blood glucose concentrations in congenic mice., Genes & Genetic Systems, Vol.87, No.5, 341-346, 2012. ...
閲覧 佐藤 亮祐, 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 高原 一菜, 野村 明利, 津川 和江, 小倉 淳, 親泊 政一 : 小胞体ストレス伝達タンパク質ATF6βは成長軟骨細胞の機能成熟に重要である, 第7回小胞体ストレス研究会, 2012年11月. ...
閲覧 三宅 雅人, 野村 明利, 高原 一菜, 小倉 淳, 佐藤 亮祐, 倉橋 清衛, 親泊 美帆, 井上 寛, 親泊 政一 : 骨格筋での小胞体ストレスなどによる eIF2a リン酸化はエネルギー消費を増大させて肥満を抑制する, 第7回小胞体ストレス研究会, 2012年11月. ...
閲覧 三宅 雅人, 野村 明利, 高原 一菜, 佐藤 亮祐, 倉橋 清衛, 親泊 美帆, 井上 寛, 親泊 政一 : 骨格筋での小胞体ストレスなどによる eIF2αリン酸化はエネルギー消費を増大させて肥満を抑制する, 第7回臨床ストレス応答学会大会, 2012年11月. ...
閲覧 三宅 雅人, 野村 明利, 高原 一菜, 佐藤 亮祐, 倉橋 清衛, 親泊 美帆, 井上 寛, 親泊 政一 : 骨格筋での小胞体ストレスなどによる eIF2a リン酸化はエネルギー消費を増大させて肥満を抑制する, 第 24 回 分子糖尿病学シンポジウム, 2012年12月. ...
閲覧 高原 一菜, 伊藤 太二, 森 智子, ロバート ゼング, 船橋 茉莉, 宮本 千伸, 香川 聖子, 三宅 雅人, 親泊 美帆, 津川 和江, 田中 栄二, 森 和俊, 親泊 政一 : DSS誘発性大腸炎モデルを用いたATF6αとATF6βの機能解析, 第85回日本生化学会大会, 2012年12月. ...
閲覧 佐藤 亮祐, 三宅 雅人, 倉橋 清衛, 高原 一菜, 野村 明利, 津川 和江, 小倉 淳, 井上 寛, 安井 夏生, 親泊 政一 : FGFR3遺伝子異常による軟骨異形成症における小胞体ストレスの関与, 第85回日本生化学会大会, 2012年12月. ...
閲覧 野村 明利, 三宅 雅人, 井上 寛, 小倉 淳, 森 智子, 津川 和江, 宮本 千伸, 親泊 美帆, 親泊 政一 : 小胞体ストレスなどにより活性化されるPERK-eIF2αリン酸化シグナルによる脂肪細胞機能調節の解明, 第85回日本生化学会大会, 2012年12月. ...
閲覧 倉橋 清衛, 森 智子, 井上 寛, 小倉 淳, 津川 和江, 三宅 雅人, 井上 寛, 松本 俊夫, 親泊 政一 : 飽和脂肪酸による膵β細胞のインスリン分泌低下には小胞体膜流動性の変化による小胞体ストレスが関与し,PERK経路の活性化により改善される, 第85回日本生化学会大会, 2012年12月. ...
閲覧 三宅 雅人, 野村 明利, 高原 一菜, 佐藤 亮祐, 倉橋 清衛, 親泊 美帆, 井上 寛, 親泊 政一 : 骨格筋における小胞体ストレスなどからのeIF2αリン酸化はエネルギー消費を制御して食事性肥満を防ぐ, 第85回日本生化学会大会, 2012年12月. ...
閲覧 高原 一菜, 三宅 雅人, 野村 明利, 小倉 淳, 親泊 美帆, 森 智子, 宮本 千伸, 三浦 直子, 津川 和江, 田中 栄二, 森 和俊, 親泊 政一 : 小胞体ストレス応答伝達タンパク質ATF6-alphaとATF6-betaの代謝における役割, 第86回日本生化学会大会, 2013年9月. ...
閲覧 Ryohei Yamagoshi, Takenori Yamamoto and Yasuo Shinohara : Functional expression of the human mitochondrial phosphate carrier in yeast cells, The EMBO meeting 2013, A100, Amsterdam, Sep. 2013. ...
閲覧 泰江 章博, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 渡辺 崇人, 佐久間 哲史, 親泊 政一, 山本 卓, 野地 澄晴, 三戸 太郎, 田中 栄二 : TALEN,CRISPR/Casシステムを用いたマウス1細胞期胚における標的遺伝子破壊, 第3回ゲノム編集研究会, 2013年10月. ...
閲覧 Akihiro Yasue, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Teppei Watanabe, T Sakuma, Seiichi Oyadomari, T Yamamoto, Sumihare Noji, Taro Mito and Eiji Tanaka : A high efficient gene targeting in one-cell mouse embryos mediated by TALEN and CRISPR/Cas system, 第36回日本分子生物学会, Dec. 2013. ...
閲覧 Akihiro Yasue, Silvia Naomi Mitsui Akagi, H Watanabe, T Sakuma, Seiichi Oyadomari, T Yamamoto, Sumihare Noji, Taro Mito and Eiji Tanaka : A high efficient gene targeting in one-cell mouse embryos mediated by TALEN and CRISPR/Cas system., International Symposium on RNAi and Genome Editing Methods, Tokushima, March 2014. ...
閲覧 Akihiro Yasue, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Takahito Watanabe, Tetsushi Sakuma, Seiichi Oyadomari, Takashi Yamamoto, Sumihare Noji, Taro Mito and Eiji Tanaka : Highly efficient targeted mutagenesis in one-cell mouse embryos mediated by the TALEN and CRISPR/Cas systems., Scientific Reports, Vol.4, 5705, 2014. ...
閲覧 Akihiro Yasue, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Teppei Watanabe, T Sakuma, Seiichi Oyadomari, T Yamamoto, Sumihare Noji, Taro Mito and Eiji Tanaka : Highly efficient targeted mutagenesis in one-cell mouse embryos mediated by TALEN and CRISPR/Cas systems, X meeting for Spanish Society for Developmental Biology (SEBD), (頁), Madrid, Oct. 2014. ...
閲覧 河野 仁美, 泰江 章博, 石丸 善康, 井上 順治, 渡辺 崇仁, 板東 哲哉, 親泊 政一, 野地 澄晴, 三戸 太郎, 山本 卓, 田中 栄二, 大内 淑代 : CRISPR/CasシステムによるPax6 遺伝子破壊マウスの解析, 第37回日本分子生物学会, 2014年11月. ...
閲覧 Akihiro Yasue, Kono Hitomi, Bando Tetsuya, Yoshiyasu Ishimaru, Inoue Junji, Watanabe Takahiro, Seiichi Oyadomari, Sumihare Noji, Taro Mito, Hideyo Ohuchi and Eiji Tanaka : Study of Pax6-deficient mosaic mice generated by the CRISPR/Cas system, 第48回日本発生生物学会, (巻), (号), (頁), June 2015. ...
閲覧 Namhee Kim, Tetsuro Yoshimaru, Yi-An Chen, Taisuke Matsuo, Masato Komatsu, Yasuo Miyoshi, Eiji Tanaka, Mitsunori Sasa, Kenji Mizuguchi and Toyomasa Katagiri : BIG3 Inhibits the Estrogen-Dependent Nuclear Translocation of PHB2 via Multiple Karyopherin-Alpha Proteins in Breast Cancer Cells., PLoS ONE, Vol.10, No.6, 2015. ...
閲覧 金 南希, 吉丸 哲郎, 片桐 豊雅, 田中 栄二 : 乳がん細胞におけるがん抑制分子PHB2のエストロゲン依存性核内移行機序の解明, 第74回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, (巻), (号), 194, 2015年11月. ...
閲覧 粟飯原 圭佑, 吉丸 哲郎, 小松 正人, 重永 章, 片桐 豊雅, 大髙 章 : Development of stapled peptides targeting BIG3-PHB2 interaction in breast cancer cells, 第53回ペプチド討論会, (巻), (号), (頁), 2016年10月..[組織] ...
閲覧 粟飯原 圭佑, 寺中 孝久, 山岡 浩輔, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : ケミカルバイオロジー研究を指向した環状ペプチドtrichamideの合成研究, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本大学病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2016年11月..[組織] ...
閲覧 成瀬 公人, 佐藤 浩平, 中村 太寛, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章 : マンノース6リン酸修飾型GM2活性化タンパク質の合成研究, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本大学病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2016年11月..[組織] ...
閲覧 Silvia Naomi Mitsui Akagi, Akihiro Yasue, Issei Imoto, Seiichi Oyadomari and Eiji Tanaka : Biological validation of tooth agenesis causing mutation using CRISPR/Cas system in mice., The 75th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society, Nov. 2016..[組織] ...
閲覧 Akihiro Yasue, Daishi Arai, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Seiichi Oyadomari and Eiji Tanaka : Functional verification of each Msx homology domain of Msx1 gene for tooth morphogenesis using CRISPR/Cas system., 第50回日本発生生物学会, (巻), (号), (頁), May 2017. ...
閲覧 荒井 大志, 泰江 章博, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 親泊 政一, 田中 栄二 : CRISPR/Casシステムを用いたMsx1遺伝子各ドメインの形態形成における機能検証., 第76回日本矯正歯科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2017年10月..[組織] ...
閲覧 Silvia Naomi Mitsui Akagi, Akihiro Yasue, Shinya Horiuchi, Seiichi Oyadomari and Eiji Tanaka : The role of Rogdi in enamel biomineralization., 第76回日本矯正歯科学会学術大会, Oct. 2017. ...
閲覧 古曳 泰規, 加藤 有介, 西川 祐輔, 頼田 和子, 佐川 幾子, 傳田 将也, 猪熊 翼, 重永 章, 福井 清, 大髙 章 : N-Sアシル基転移を基盤としたタンパク質ラベル化法を用いたD-アミノ酸酸化酵素阻害剤の結合サイト解明研究, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本大学病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2017年10月..[組織] ...
閲覧 大川内 健人, 成瀬 公人, 重永 章, 大髙 章 : On-resinチオエステル化を利用した環状ペプチド合成法の開発, 第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本大学病院薬剤師会中国四国支部学術大会, (巻), (号), (頁), 2017年10月..[組織] ...
閲覧 Akihiro Yasue, Daishi Arai, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Seiichi Oyadomari and Eiji Tanaka : In vivo deletion assay of mouse MSX1 gene using CRISPR/Cas system., 第65回国際歯科研究学会日本部会総会・学術大会 JADR, (巻), (号), (頁), Nov. 2017. ...
閲覧 Silvia Naomi Mitsui Akagi, Akihiro Yasue, Shinya Horiuchi, Seiichi Oyadomari and Eiji Tanaka : CRISPR/Cas9-mediated targeting for the analysis of ROGDI in enamel mineralization., 第65回国際歯科研究学会日本部会総会・学術大会 JADR, (巻), (号), (頁), Nov. 2017. ...
閲覧 Keitaroh Anyohji, Keisuke Aihara, Tetsuro Yoshimaru, Akira Shigenaga, Toyomasa Katagiri and Akira Otaka : Development of anti-cancer peptide based on prohibitin 2, 10th International Peptide Symposium, (巻), (号), (頁), Kyoto, Dec. 2018..[組織] ...
閲覧 安養寺 啓太央, 粟飯原 圭佑, 吉丸 哲郎, 重永 章, 片桐 豊雅, 大髙 章 : がん抑制タンパク質PHB2を基盤とした新規創薬シーズの開発, 日本薬学会第139年会, (巻), (号), (頁), 2019年3月..[組織] ...
閲覧 安養寺 啓太央, 粟飯原 圭佑, 吉丸 哲郎, 重永 章, 片桐 豊雅, 大髙 章 : がん抑制因子PHB2の部分配列を基盤とした乳がん阻害ペプチドの開発, 創薬懇話会2019 in 秋保, (巻), (号), (頁), 2019年6月..[組織] ...
閲覧 小林 大志朗, 成瀬 公人, 重永 章, 大髙 章 : 銅塩を基点とする,タンパク合成を指向した反応開発研究, 創薬懇話会2019 in 秋保, (巻), (号), (頁), 2019年6月..[組織] ...
閲覧 Silvia Naomi Mitsui Akagi, Akihiro Yasue, Shinya Horiuchi, Seiichi Oyadomari and Eiji Tanaka : Rogdi plays an important role during bone and enamel development, 第78回日本矯正歯科学会学術大会: 日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集 78回 Page283.(2019), (巻), (号), 283, Nov. 2019..[組織] ...
閲覧 Aki Ichihara, Akihiro Yasue, Silvia Naomi Mitsui Akagi, Daishi Arai, Yoshiyuki Minegishi, Seiichi Oyadomari, Issei Imoto and Eiji Tanaka : The C-terminal region including the MH6 domain of Msx1 regulates skeletal development., Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.526, No.1, 62-69, 2020..[組織] ...
閲覧 Munenori Habuta, Akihiro Yasue, T Ken-Ichi Suzuki, Hirofumi Fujita, Keita Sato, Hitomi Kono, Ayuko Takayama, Tetsuya Bando, Satoru Miyaishi, Seiichi Oyadomari, Eiji Tanaka and Hideyo Ohuchi : Fgf10-CRISPR mosaic mutants demonstrate the gene dose-related loss of the accessory lobe and decrease in the number of alveolar type 2 epithelial cells in mouse lung., PLoS ONE, Vol.15, No.10, (頁), 2020..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.53, Max(EID) = 375407, Max(EOID) = 1006122.