『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 国内共著 (徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない))

登録情報の数

有効な情報: 3036件 + 無効な情報: 164件 = 全ての情報: 3200件

全ての有効な情報 (3036件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(999)
閲覧 閲覧 阿南工業高等専門学校 …(1)
閲覧 閲覧 英国物理学会 …(1)
閲覧 閲覧 大阪大学 …(3)
閲覧 閲覧 香川大学 …(2)
閲覧 閲覧 金沢大学 …(1)
閲覧 閲覧 京都大学 …(2)
閲覧 閲覧 独立行政法人 産業技術総合研究所 …(2)
閲覧 閲覧 四国歯学会 …(1)
閲覧 閲覧 島根大学 …(2)
閲覧 閲覧 触媒学会 …(1)
閲覧 閲覧 徳島県 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(999)
閲覧 閲覧 徳島文理大学 …(1)
閲覧 閲覧 日本機械学会 …(1)
閲覧 閲覧 社団法人 日本金属学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本歯周病学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本障害者歯科学会 …(1)
閲覧 閲覧 日本食品微生物学会 …(2)
閲覧 閲覧 社団法人 日本鉄鋼協会 …(1)
閲覧 閲覧 社団法人 日本非破壊検査協会 …(1)
閲覧 閲覧 日本放射線腫瘍学会 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学総合科学部 …(1)
閲覧 閲覧 Elsevier Science B.V. …(1)
閲覧 閲覧 IEEE …(5)
閲覧 (未定義) …(1862)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

3036件の情報を発見しました.(表示情報数の上限を越えたため表示を省略します.)

表示する情報数の上限を増やすには,[BROWSER]→[環境設定]で,[閲覧&編集変数の設定]の閲覧モードの「1頁に表示する情報の件数の上限」を増やして下さい.

過去3日以内に登録・変更された情報

閲覧 三村 一暉, 高橋 孝, 山口 誠, 小林 洋平, 富田 卓朗 : 粗面化したSi におけるレーザ加工痕のパルス幅依存性, 2020年度 応用物理・物理系学会 中国四国支部 合同学術講演会 講演概要集, (巻), (号), Bp-10, 2020年8月.---(Modified by 富田 卓朗 at 2020年8月7日(金) 18:09:30) ...
閲覧 山本 健, 高橋 孝, 内海 慶春, 柴田 明宣, 山口 誠, 小林 洋平, 富田 卓朗 : ピコ秒レーザー照射による4H-SiC上DLCの改質, 2020年度 応用物理・物理系学会 中国四国支部 合同学術講演会 講演概要集, (巻), (号), Bp-8, 2020年8月.---(Modified by 富田 卓朗 at 2020年8月7日(金) 18:06:04) ...
閲覧 丸一 優理子, 矢野 隆章, 原 正彦 : 金属ナノギャップアンテナ構造を用いた単一生体分子のラマン分光分析, 2019年日本表面真空学会学術講演会, 3Ga05, 2019年10月.---(Modified by 加藤 真樹 at 2020年8月7日(金) 13:03:45) ...
閲覧 川瀬 道啓, 矢野 隆章, 原 正彦 : 探針増強ラマン分光法を用いたナノスケール異性化反応制御とその場分光分析, 2019年日本表面真空学会学術講演会, 3Ga09S, 2019年10月.---(Modified by 加藤 真樹 at 2020年8月7日(金) 13:02:56) ...
閲覧 金 旻宣, 矢野 隆章, 原 正彦 : 酸化チタン表面におけるアミノ酸のヘテロペプチド形成メカニズム, 2019年日本表面真空学会学術講演会, 3Ca09, 2019年10月.---(Modified by 加藤 真樹 at 2020年8月7日(金) 13:02:12) ...
閲覧 小山 真莉子, 矢野 隆章, 原 正彦 : 単層カーボンナノチューブの表面吸着による二硫化モリブデン単層膜の発光特性制御, 第66回応用物理学会学術講演会, (巻), (号), (頁), 2019年3月.---(Created by 加藤 真樹 at 2020年8月7日(金) 11:43:17) ...
閲覧 川瀬道啓 (名), 矢野 隆章, 原正彦 (名) : 探針増強ラマン分光法を用いたナノスケール異性化反応制御とその場分光分析, 2019年日本分光学会年次講演会, (巻), (号), (頁), 2019年5月.---(Created by 加藤 真樹 at 2020年8月7日(金) 11:41:07) ...
閲覧 松方 妙子, 矢野 隆章, 羽田 真毅, 田中 拓男, 山本 直紀, 三宮 工 : 走査型透過電子顕微鏡カソードルミネセンスに よる磁気多極子モードマッピング, 日本顕微鏡学会 第75回学術講演会, (巻), (号), (頁), 2019年6月.---(Created by 加藤 真樹 at 2020年8月7日(金) 11:39:01) ...
閲覧 Sota Goto, Hiroaki Hayashi, Emi Tomita, Takashi Asahara, Natsumi Kimoto, Kazuki Takegami, Takumi Asakawa, Yuki Kanazawa, Tohru Okazaki and Takuya Hashizume : An idea to reduce angular dependence of dosimeter having a disk-shaped detection region, Radiation Measurements, Vol.in press, (号), (頁), (年月日).---(Modified by 大家 隆弘 at 2020年8月6日(木) 20:09:32) ...
閲覧 Takahiko Mizuno, Takuya Tsuda, Eiji Hase, Yu Tokizane, Ryo Oe, Hidenori Koresawa, Hirotsugu Yamamoto, Takeo Minamikawa and Takeshi Yasui : Optical image amplification in dual-comb microscopy, Scientific Reports, Vol.10, No.1, 8338, 2020.---(Modified by 大家 隆弘 at 2020年8月6日(木) 20:05:19) ...
閲覧 Keita Funada, Keigo Yoshizaki, Kanako Miyazaki, Xue Han, Tonami Yuta, Tian Tian, Kanji Mizuta, Yao Fu, Tsutomu Iwamoto, Aya Yamada, Ichiro Takahashi and Satoshi Fukumoto : microRNA-875-5p plays critical role for mesenchymal condensation in epithelial-mesenchymal interaction during tooth development, Scientific Reports, Vol.10, No.1, 4918, 2020.---(Modified by 大家 隆弘 at 2020年8月6日(木) 20:04:48) ...
閲覧 Aya Miyazaki, Asuna Sugimoto, Keigo Yoshizaki, Keita Kawarabayashi, Kokoro Iwata, Rika Kurogohshi, Takamasa Kitamura, Kunihiro Otsuka, Tomokazu Hasegawa, Yuki Akazawa, Satoshi Fukumoto, Naozumi Ishimaru and Tsutomu Iwamoto : Coordination of WNT signaling and ciliogenesis during odontogenesis by piezo type mechanosensitive ion channel component 1, Scientific Reports, Vol.9, No.1, 14762, 2019.---(Modified by 大家 隆弘 at 2020年8月6日(木) 20:04:12) ...
閲覧 Toshitaka Baba, Y. Gon, K. Imai, K. Yamashita, T. Matsuno, M. Hayashi and H. Ichihara : Modeling of a dispersive tsunami caused by a submarine landslide based on detailed bathymetry of the continental slope in the Nankai trough, southwest Japan, Tectonophysics, Vol.768, 228182, 2019.---(Modified by 大家 隆弘 at 2020年8月6日(木) 20:01:07) ...
閲覧 T. Saito, Toshitaka Baba, D. Inazu, S. Takemura and E. Fukuyama : Synthesizing sea surface height change including seismic waves and tsunami using a dynamic rupture scenario of anticipated Nankai trough earthquakes, Tectonophysics, Vol.769, 228166, 2019.---(Modified by 大家 隆弘 at 2020年8月6日(木) 20:00:44) ...
閲覧 S Kubo, Toshiyuki Yasui, Y Matsuura and M Tomotake : Differences in male climacteric symptoms with aging among rotating night shift workers, The Aging Male, Vol.9, (号), 1-9, 2019.---(Modified by 大家 隆弘 at 2020年8月6日(木) 19:59:28) ...
閲覧 Yuji Orihashi, Ryo Anma, S. Machida, M. Sasaki, K. Nakao, Y. Takaku and N. Abe : U-Pb dating of granitic cobble (dropstone) recovered from inner slope of the Chile Trench (48°S): Constraint for its provenance, Geochemical Journal, Vol.54, (号), (頁), 2020.---(Modified by 大家 隆弘 at 2020年8月6日(木) 19:48:25) ...
閲覧 Toshiyuki Yasui, Y Ideno, Y Onizuka, J Nakajima-Shimada, H Shinozaki and K Hayashi : Variation of urinary follicle-stimulating hormone level after menopause: From the results of Japan Nurses' Health Study, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.3.4, 297-302, 2019.---(Modified by 大家 隆弘 at 2020年8月6日(木) 19:45:47) ...
閲覧 E Sogawa, T Kaji, S Nakayama, A Yoshida, N Yonetani, K Maeda, Toshiyuki Yasui and M Irahara : Seasonal variation of serum 25(OH)vitamin D levels in maternal and umbilical cord blood in Japanese women, The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.1.2, 128-133, 2019.---(Modified by 大家 隆弘 at 2020年8月6日(木) 19:44:45) ...
閲覧 Toshiyuki Yasui, Y Ideno, Y Onizuka, J Nakajima-Shimada, Lee Jung-Su, H Shinozaki, M Kishi, R Suzuki and K Hayashi : The association of urinary estrogen levels with urinary isoflavone levels: Difference between premenopausal women and postmenopausal women, Maturitas, Vol.121, (号), 41-47, 2019.---(Modified by 大家 隆弘 at 2020年8月6日(木) 19:43:44) ...
閲覧 Kotaro Matsumoto, Yasunobu Nohara, Yoshifumi Wakata, Takanori Yamashita and Yukio Kozuma : Impact of a learning health system on acute care and medical complications after intracerebral hemorrhage, learning health system, 2020.---(Modified by 大家 隆弘 at 2020年8月6日(木) 19:21:21) ...
閲覧 Takaaki Yano, M. Hara and Takaaki Yano : Tip-enhanced Raman scattering microscopy: A step toward nanoscale control of intrinsic molecular properties, J. Phys. Soc. Jpn, Vol.87, No.6, 061012, 2018.---(Created by 加藤 真樹 at 2020年8月6日(木) 16:54:07) ...
閲覧 永松 謙太郎, 平山 秀樹 : AlGaN深紫外LEDの課題と最近の進展, ポストLEDフォトニクス研究所公開シンポジウム2019, 2019年10月.---(Created by 伊原 智子 at 2020年8月6日(木) 16:06:08) ...
閲覧 白井 里奈, 小林 未歩, 田端 厚之, 大国 寿士, 友安 俊文, 長宗 秀明 : Streptococcus mitisが産生する非典型CDCに対する細胞の応答反応, 第13回細菌学若手コロッセウム, 2019年8月.---(Modified by 友安 俊文 at 2020年8月6日(木) 11:44:48) ...
閲覧 Ikuho Kosaka, Yuki Kanazawa, Kotaro Baba, Hiroaki Hayashi and Masafumi Harada : Quantitative analysis of vibration waves based on Fourier transform in magnetic resonance elastography, Radiological Physics and Technology, Vol.in press, (号), (頁), (年月日).---(Modified by 金澤 裕樹 at 2020年8月6日(木) 08:44:20) ...
閲覧 金澤 裕樹, 前田 直輝, 原田 雅史, 谷口 陽, 松元 友暉, 阿部 考志, 林 裕晃, 伊藤 公輔, 尾藤 良孝, 芳賀 昭弘 : Quantitative Parameter Mapping(QPM) を用いたコンポーネント間スピン交換定数の導出, 第48回日本磁気共鳴医学会大会Web開催, (巻), (号), (頁), 2020年9月.---(Modified by 金澤 裕樹 at 2020年8月6日(木) 08:42:39) ...

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.74, Max(EID) = 367835, Max(EOID) = 984741.